景気

景気は良くなると思いますか。景気

景気が悪いというならお金を印刷して増やしたらいいと思うのですが何故それは行け...

景気が悪いというならお金を印刷して増やしたらいいと思うのですが何故それは行けないのでしょうか?わかりやすいものに例えたりして小学生にもわかるように教えてください。

別にいけなくはありません。
また、すでに量的緩和を実施しています。
しかし思ったほどの効果はなく、これ以上お金を増やしても景気が良くならないので、最近お金を増やせばいいと言っている人が減っただけです。

景気回復について独り言

景気回復について独り言ぶっちゃけ無理ですよ?団塊世代がいきなり消えて居なくなるか、労働者世代がいきなり増えるでもしない限りどこの政党がやっても現状絶対に景気は回復しないと思います。
与党は当然その点は理解しているはずであり、如何に現状の景気を維持させるか、急激にではなく緩やかに下がるように如何に抑えるかをやっているわけですよ。

お前みたいな凡人。
経済の(け)の字もわからん無能が経済語るな

鏡見て喚いてるブーメラン野郎キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!>

最近景気が回復して来てるって本当ですか?

最近景気が回復して来てるって本当ですか?本当だとしたらなんで値上げするんですか?

景気は回復していません実質賃金は安倍政権で下がってしまいました

世界中の資源価格が上がってるから。資本主義は搾取するものだから、搾取対象が生活レベルを上げれば価格に上乗せするしかない。>景気が回復しているから値上げするんですよ。>

景気が悪くなっているので消費税は5%に下げるべきですよね?

景気が悪くなっているので消費税は5%に下げるべきですよね?

ところが 日本には身を切る改革をさせずに国民負担を増やそうと考えている「極悪非道派」が存在しているのですね。
中には 帳簿上のダマシやGPIFで株価をごまかしているのにそれを認めない悪がいるでしょ?detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1417070709...国家財政を考えろ国民負担増を受け入れろとか言う人間に限って マイナンバー利権も批判しないし官僚の天下りも批判しない。
駄々をこねて抵抗勢力になっていれば改革など一切せずに済むと思っている極悪非道派に分類されるでしょう。
今の税金の議論は 「極悪非道派」の増税賛成論と「良識派」の増税反対論の対決構図です。
・天下りなどの利権を維持して、増税などで国民負担をかぶせたい「極悪非道派」・天下りなどの利権を潰して国民負担をかけさせない「良識派」で 今の政策方針を支持しているとマイナンバーや消費税で国民の財産を身ぐるみはがしに来るので 消費を抑えて 財産を隠す人間にならないとぶっ潰されます。
極悪非道派はこの現実を教えないから卑劣なのです。
利権関係者は「悪」 そうでなければ「愚」、右傾化思想で国家の従順な犬に仕立てるために国民の社会地位を落とすことを目的としているなら「屑」でしょうね。
消費税増税して高福祉国家など日本ではまず起こりえません。
騙し討ちにされて先食い消費税増税されるだけです。
ひたすら節約と円建て資産からの逃避こそ資産防衛の道でありそれが認識できない人間ははっきり人生の負け組ですね。
消費税の高い国の場合イギリスは外国人労働者は財源と見做しているのです。
外国人であっても働いていれば社会保障費や社会保険料を取られます。
通常ワーキングビザは5年でそれが切れたら外国人は本国に帰国しないといけません。
ところが5年間社会保険料を払った程度では年金をもらえません。
日本人労働者の場合サラリーマン駐在は日本とイギリスで二重取りされているのです。
つまり、社会保障の財源不足を補うために外国人を狙い撃ちしてふんだくる目的があります。
そして消費税も高く その代り医療費無料(予約してから診てもらうのに時間がかかるなどの弊害もあるようですが)など高福祉国家を支えているのです。
ちなみに この社会構造は北欧型高福祉高負担にも当てはまります。
裕福で社会保障制度に守られている高齢者と消費税や社会保険料をふんだくられる若い外国人労働者の感情的対立を懸念しているため自己防衛のために銃社会が容認されています。
さて、日本のように官僚利権のために増税しても社会保障に回さずに低福祉で済まし、かつ銃刀法違反で武器所有も制限され、ヨーロッパのような人件費格差が少ない地域と違ってアジア諸国から低賃金労働者が押しかけると自国民の雇用条件がますます悪化する日本でイギリスの真似ができると思いますか?消費税が社会保障に使われるなんてありえません。
震災後の復興増税を震災地に使うと宣伝して全然違う税金の使われ方がされたり、安倍首相が就任する前は「集団的自衛権が違憲」と書いていたにもかかわらず安倍首相就任後その文言を削除する政府広報など戦時中の大本営発表同然です。
消費税増税は全額社会保障に使うと説明されていますがありえません。
と言うよりできません。
特定の目的で使う税金は特別会計となり一般会計と分離されるのが普通ですが、消費税は一般会計に繰り入れられるため、法人税など他の税と一緒に単年で予算編成の対象になります。
翌年の予算が確保されているわけでもありません。
消費税法の条文を読んでも「制度として確立された年金、医療及び介護の社会保障給付並びに少子化に対処するための施策に要する」と抽象的表現を使っているだけで具体性は何一つなく目的外の使い方をしても「施策に要している」と言い張れば良いだけです(抽象的な表現で抜け道を作るのを霞が関文学などと言われています)。
たとえば、一般社会で使う『社員』とは「従業員」を指しますが、商法では意味が変わって「株主」になります。
たとえば、一般社会で使う『果実』とは「果物」を指しますが、民法では意味が変わって「家賃などの不動産から得られる収入など」の意味になります。
このように一般で使われる言葉と法律で使われる言葉は違います。
だから震災後の復興増税のような関係のない税金の使われ方、いかさまが通るのです。
これを知りながら、あくまで 一般会計に入る税金を社会保障に使われると言い張る人がいるとすれば、腹黒いと言われても仕方がないと思います単に天下りなど国民に還元しない税金の使い方をして国家財政を悪化させたためにしわ寄せを国民にかぶせる増税をしたいだけです。
だからこそ安倍政権下で消費税以外にも相続税や個人所得税など数多くの増税がされ それどころか低福祉の計画を立てています。
日本の場合発行している国債の95%が国内で消化され、更に個人金融資産の85%が預金や債券や保険で国債購入の原資になっていることに付け込んで 個人資産を吸い上げるなり吐き出させる方針で徹底しています。
お金の価値を下げて少しずつ国の借金を踏み倒していくか、増税や預金封鎖で搾り取ることです。
①増税シナリオ2000年に経団連が財務省と検討した内容を経団連が勝手に暴露してしまったことはあります。
(これは歳出構造を見直さないシナリオですが)・消費税率は段階的増税で 25.5%・基礎年金給付は賃金スライド実施。
報酬比例部分の給付水準は既定路線を維持(5%抑制)・基礎年金国庫負担割合は2分の1に引き上げ・厚生年金保険料率は段階的に34.5%にまで引き上げ・一人当たりの医療費は毎年前年比4%ずつ増額していく・高齢者医療費は自己負担2割・医療保険負担は現行制度を前提とした負担増の1.4倍・その他所得税増税などで国民負担率を72%~80%超にまで引き上げる。
ちなみに、歳出構造を見直し 特殊法人などを徹底的に整理した場合は国民負担率は47~48%で済ませられる試算も出しています。
現在が約4割ですのでほとんど増えないことになります。
普通に考えればこんなことをすれば財布の紐は固くなり消費が冷え込んで当然。
しかしこの国民負担増のシナリオでは名目経済成長率を+3.5%と設定していることです。
名目経済成長率がこんな高いのは金融緩和などをして円資産の価値を落とす前提であるを意味しています。
安倍政権は日銀総裁に大蔵省主税局出身の人物を送り込んで金融緩和をして「この道しかない」と主張しているのです。
つまり紙幣を刷って市場に流すことで強制インフレをすれば見かけ
の税収減は増やすことができ、それを景気回復と称して更に増税の口実を作る。
結果円安は進み物価は高騰し国民の資産価値は目減りしさらに増税で預金を持っている限り富裕層でも貧困層に叩き落される可能性が高まっているのです。
②預金封鎖シナリオ1997年から預金封鎖の検討が始まり それは2002年に塩川正十郎が国会答弁で認めています。
国会以外にも複数筋から情報が漏れており日経新聞の役員などが事実として公表しています。
1946年に発生した預金封鎖に関する法律は全て廃止されていますが、1997年以降それに代わる法整備が急速に進んでいます。
detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1215576366...その内容は以下のようなものだったそうです・国債・地方債の利払いを停止し、利払いは将来にわたっても一切行わず、元本は一律5割カット、30年償還とする・郵貯、簡保は貸し出している特殊法人への融資金約200兆円は全てを債権放棄する。
このため預金者などに対しては一切の払い出し・解約を停止し、一律5割カットの上国債のように無利息で30年償還とする。
・民間金融機関に預けている国民の預金は全て5割カットする消費税収は5%の時で国税地方税合わせて約12兆円ですが、そんなものは目ではなく1500兆とも1600兆とも言われる個人金融資産を狙い討ちにするシナリオです。
なお 8%増税の時も その直後に医療負担を引き上げましたね

景気は最近どうですか?

景気は最近どうですか?

ぼちぼちでんな。


景気はよくなってきているのでしょうか?

景気はよくなってきているのでしょうか?

バブル以上の世界の破たんが秒読みです。
見込みの無い株に踊らされる投資家は自爆で死亡します。
本当にヤバイ感じです!日銀の大ウソGDPは兎も角、原油が下がって行くでしょう。
ドル立てでアメリカもヤバイのです。
実体の無い株ギャンブルは完全崩壊が近いです。
GDPにウソが有ります。
気を付けましょう!

経済の成長率を見ればまだ、ほぼ0%です。だとしたら景気は良くなっていないということです。景気が良くなっているかどうかはGDPの伸び率が上がっているかどうかを見れば判ります。
ただ伸び率0%というのは日本全体の平均値です。平均ですから良くなっているところと悪くなっているところ、変わらないところがあるはずです。>ちょこっと良くなって現状足踏み。やや悪くなる気配あり。って感じ☆>難しい事はよくわからんけど、ボーナスはどんどん上がってきたね。>自称エリートさんなら、その位肌で感じることが出来るのではありませんか?>少しは良くなってるんじゃないかな。
だってみんなけっこういろいろ買うようになったもん。>

景気悪化が〔危惧・懸念〕されている。

景気悪化が〔危惧・懸念〕されている。
どちらが日本語的に正しいですか?

深刻さの度合が違うだけで、どちらも正しいです危惧>懸念

景気対策なんて簡単だよ

景気対策なんて簡単だよ消費税を撤廃すれば良い。
但し、同時に行わなければならない事は徹底した行政改革。
取り敢えず公務員と政治家の給与を半分に減らし、企業献金と天下りを禁止し、違反者には厳罰を与える。
消費税増税など論外ではないか?

少なくとも現在の政治は身を切る改革なく国民負担を増やし高負担低福祉を目指す論外な方向に突き進んでいると認識すべきでしょう。
それでも増税があたりまえと言う人が多ければ本当に日本は「オシマイ」です。
消費税増税して高福祉国家など日本ではまず起こりえません。
騙し討ちにされて先食い消費税増税されるだけです。
ひたすら節約と円建て資産からの逃避こそ資産防衛の道です。
消費税の高い国の場合イギリスは外国人労働者は財源と見做しているのです。
外国人であっても働いていれば社会保障費や社会保険料を取られます。
通常ワーキングビザは5年でそれが切れたら外国人は本国に帰国しないといけません。
ところが5年間社会保険料を払った程度では年金をもらえません。
日本人労働者の場合サラリーマン駐在は日本とイギリスで二重取りされているのです。
つまり、社会保障の財源不足を補うために外国人を狙い撃ちしてふんだくる目的があります。
そして消費税も高く その代り医療費無料(予約してから診てもらうのに時間がかかるなどの弊害もあるようですが)など高福祉国家を支えているのです。
ちなみに この社会構造は北欧型高福祉高負担にも当てはまります。
裕福で社会保障制度に守られている高齢者と消費税や社会保険料をふんだくられる若い外国人労働者の感情的対立を懸念しているため自己防衛のために銃社会が容認されています。
さて、日本のように官僚利権のために増税しても社会保障に回さずに低福祉で済まし、かつ銃刀法違反で武器所有も制限され、ヨーロッパのような人件費格差が少ない地域と違ってアジア諸国から低賃金労働者が押しかけると自国民の雇用条件がますます悪化する日本でイギリスの真似ができると思いますか?消費税が社会保障に使われるなんてありえません。
震災後の復興増税を震災地に使うと宣伝して全然違う税金の使われ方がされたり、安倍首相が就任する前は「集団的自衛権が違憲」と書いていたにもかかわらず安倍首相就任後その文言を削除する政府広報など戦時中の大本営発表同然です。
消費税増税は全額社会保障に使うと説明されていますがありえません。
と言うよりできません。
特定の目的で使う税金は特別会計となり一般会計と分離されるのが普通ですが、消費税は一般会計に繰り入れられるため、法人税など他の税と一緒に単年で予算編成の対象になります。
翌年の予算が確保されているわけでもありません。
消費税法の条文を読んでも「制度として確立された年金、医療及び介護の社会保障給付並びに少子化に対処するための施策に要する」と抽象的表現を使っているだけで具体性は何一つなく目的外の使い方をしても「施策に要している」と言い張れば良いだけです(抽象的な表現で抜け道を作るのを霞が関文学などと言われています)。
たとえば、一般社会で使う『社員』とは「従業員」を指しますが、商法では意味が変わって「株主」になります。
たとえば、一般社会で使う『果実』とは「果物」を指しますが、民法では意味が変わって「家賃などの不動産から得られる収入など」の意味になります。
このように一般で使われる言葉と法律で使われる言葉は違います。
だから震災後の復興増税のような関係のない税金の使われ方、いかさまが通るのです。
これを知りながら、あくまで 一般会計に入る税金を社会保障に使われると言い張る人がいるとすれば、腹黒いと言われても仕方がないと思います単に天下りなど国民に還元しない税金の使い方をして国家財政を悪化させたためにしわ寄せを国民にかぶせる増税をしたいだけです。
だからこそ安倍政権下で消費税以外にも相続税や個人所得税など数多くの増税がされ それどころか低福祉の計画を立てています。
日本の場合発行している国債の95%が国内で消化され、更に個人金融資産の85%が預金や債券や保険で国債購入の原資になっていることに付け込んで 個人資産を吸い上げるなり吐き出させる方針で徹底しています。
お金の価値を下げて少しずつ国の借金を踏み倒していくか、増税や預金封鎖で搾り取ることです。
①増税シナリオ2000年に経団連が財務省と検討した内容を経団連が勝手に暴露してしまったことはあります。
(これは歳出構造を見直さないシナリオですが)・消費税率は段階的増税で 25.5%・基礎年金給付は賃金スライド実施。
報酬比例部分の給付水準は既定路線を維持(5%抑制)・基礎年金国庫負担割合は2分の1に引き上げ・厚生年金保険料率は段階的に34.5%にまで引き上げ・一人当たりの医療費は毎年前年比4%ずつ増額していく・高齢者医療費は自己負担2割・医療保険負担は現行制度を前提とした負担増の1.4倍・その他所得税増税などで国民負担率を72%~80%超にまで引き上げる。
ちなみに、歳出構造を見直し 特殊法人などを徹底的に整理した場合は国民負担率は47~48%で済ませられる試算も出しています。
現在が約4割ですのでほとんど増えないことになります。
普通に考えればこんなことをすれば財布の紐は固くなり消費が冷え込んで当然。
しかしこの国民負担増のシナリオでは名目経済成長率を+3.5%と設定していることです。
名目経済成長率がこんな高いのは金融緩和などをして円資産の価値を落とす前提であるを意味しています。
安倍政権は日銀総裁に大蔵省主税局出身の人物を送り込んで金融緩和をして「この道しかない」と主張しているのです。
つまり紙幣を刷って市場に流すことで強制インフレをすれば見かけの税収減は増やすことができ、それを景気回復と称して更に増税の口実を作る。
結果円安は進み物価は高騰し国民の資産価値は目減りしさらに増税で預金を持っている限り富裕層でも貧困層に叩き落される可能性が高まっているのです。
②預金封鎖シナリオ1997年から預金封鎖の検討が始まり それは2002年に塩川正十郎が国会答弁で認めています。
国会以外にも複数筋から情報が漏れており日経新聞の役員などが事実として公表しています。
1946年に発生した預金封鎖に関する法律は全て廃止されていますが、1997年以降それに代わる法整備が急速に進んでいます。
detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1215576366...その内容は以下のようなものだったそうです・国債・地方債の利払いを停止し、利払いは将来にわたっても一切行わず、元本は一律5割カット、30年償還とする・郵貯、簡保は貸し出している特殊法人への融資金約200兆円は全てを債権放棄する。
このため預金者などに対しては一切の払い出し・解約を停止し、一律5割カットの上国債のように
無利息で30年償還とする。
・民間金融機関に預けている国民の預金は全て5割カットする消費税収は5%の時で国税地方税合わせて約12兆円ですが、そんなものは目ではなく1500兆とも1600兆とも言われる個人金融資産を狙い討ちにするシナリオです。
なお 8%増税の時も その直後に医療負担を引き上げましたね

そんな大口叩いてんならやってみせろよw>

景気は良くなると思いますか。

景気は良くなると思いますか。

easy a cake朝飯前だ

-景気

© 2021 給付金とかで結構ウハウハごめんなさい