景気

景気はよくなっていると思いますか?景気

株価がバブル全盛期並みなのに景気の実感がないのは何でしょうか?

株価がバブル全盛期並みなのに景気の実感がないのは何でしょうか?

景気が回復していないから。

好景気の実感がないのは、景気回復の効果が主に雇用の拡大という形で現れているためと思われます。これは不況下で休眠状態にあった労働力が、景気回復を受けて働き始めたことに起因します。
2012年の政権交代から現在までで、雇用者数は229万人増加しました。雇用者数は2017年10月時点で過去57か月間連続で増加しています。増加が始まった時期と第2次安倍政権発足の時期はほぼ一致します。
労働力は無尽蔵ではありませんから、景気拡大が継続すればいずれ労働力の枯渇が起こります。すると労働生産性の低い企業の人手不足による倒産が増加します。
その後、労働生産性の高い企業へ労働力が移動することによる、本格的な賃金の上昇が始まります。>銀行が一般人に金を貸さない、課さないから株投資、不動産投資が出来ない、時給の二倍を企業が出さない、1986年東京都最低賃金477円、当時は二倍から三倍は出すのが当たり前、現在は物価が安すぎる、1982年ラクトアイス、2リットルが2000円、今は2リットルが500円、コカコーラ、1、5リットル330円、シュークリーム、6個入り200円、今は68円、食パン200円、今は68円、>一言で言うならフィリップス曲線の水平部分を移動しているからですよ。
物価上昇率というのは景気の過熱具合を表します。
物価上昇率が高いほど景気は過熱気味であり、低いほど景気は停滞しています。
また失業率も景気の過熱具合を表します。
失業率が高い場合は景気が悪く、失業率が低いほど景気は過熱しています。
この両者の相関を表したのがフィリップス曲線です。
物価を縦軸に、失業率を横軸にとると、グラフは原点に凸型のグラフになります。
景気が悪くなると企業は賃下げせずに解雇を選択します。
賃金が下がらないので物価も下がりづらく、失業率は急上昇します。
なのでグラフは水平に近づきます。
景気が良くなるとこれと逆の動きになり、賃上げは行われずに失業者が吸収されます。
なので景気回復の初期は賃金も物価も上がらず失業率だけが下がることになります。
しかし労働力は無限ではないのでいずれ失業率の低下には限界がやってきます。
すると人材確保に苦しむようになった企業は徐々に賃上げを始めますんで、それが価格に転嫁され物価も上昇します。
すると、失業率が中々下がらず物価だけが上昇するようになり、グラフが持ち上がります。
さらに景気が加熱するとグラフはほぼ垂直になります。
つまり、失業率が全く下がらず物価だけが急上昇します。
この一歩手前のあたりがちょうど好景気と言われる部分で、物価上昇率はプラスの値をとります。
労働力を含む全ての価格は需要と供給によって決まりますんで、価格が低下する場合には供給過多であり、それは不景気と称されます。
賃金が上昇するような好景気になるには労働需要が労働供給より増えなければいけません。
値動きの激しい財なら需給に応じて上がったり下がったりするのでしょうが、労働力の価格である賃金はさがりづらいという点が特徴です。
そのため、賃金が下がりづらいので解雇されなかった人には不況を感じづらく、回復のときもまず賃上げではなく失業者が吸収されるので回復も感じづらくなります。
氷に熱を加えると氷が解けきるまで温度があがらないのと同じです。
しかし、氷が解けきるまで温めればいずれ温度が上がってくるのと同じように、景気も労働力の限界まで加熱すればいずれ賃上げを伴う本格的な好景気にいたります。
まだその道半ばというだけの話です。>ねつ造なんでw>株価は、金融緩和で上げただけです。
日銀が、この前、まだまだ続けると言っていました。
どうせは、元に戻さないといけないんですが、面倒を、また若者に背負わせるみたいですね。
本来、金融緩和は、売買によるお金の調整に使う為のものです。
それを、売買による値の向上ではなく、お金の調整による値の向上を図りました。
なので、株価は、上がります。
ですが、売買による景気の向上は、何一つ行っていない為、好景気の実感が湧くはずはありません。
要は、金融緩和で、売買による景気は上がりません。
それは、時間と空間の、空間が違うからです。
つまり、空間が違う為に、よその空間のものが良くなっても、自分の空間は良くならない為、実感が湧かない。
それどころか、金融緩和による値の向上は、売買に使うお金を奪ったものなので、売買する側は、余計に悪化しています。
別空間のお金は奪えるのか?と思うかも知れません。
例えば、エアコンにより、室内は涼しいですが、室外は、CO2により暖かくなります。
室外の涼しさを、室内が奪った。となります。
これと、同じ事です。
また、これは、矛盾経済を生み出しているので、経済の向上は不可の状態に陥っています。
例えば、室内に大人数いると暑いです。
ですが、外の方が寒いので、窓を開けると、そこそこ暑さは凌げます。
すると、大人数でも良い。また、もっと人がいても良い。となり、室内の人の数は、減る事はありません。
つまり、室内だけで言うと、大人数のままか、もっと人を増やすのみなので、悪化しかしません。
なので、矛盾経済による景気は悪化しかしない。という事です。
まあ、こんな難しい内容は、官僚、政治家、お金持ち、専門家でさえも、判りませんよ。
僕の説明を見れば、判るでしょうが、それも説明した部分のみでしょう。
つまり、景気回復に向け、どうすれば良いかは、誰も判らない。
なので、未来は、真っ暗ですね。
目を瞑って歩くような感じですね。
人類では手に負えない。という恐ろしさが、そのうち実感できるのではないでしょうか?>

景気良くなったと感じますか?

景気良くなったと感じますか?

収入額は増えませんが経済の資金循環から取りこぼされることが少なくなったという意味では景気が良くなったんじゃないですか。
景気の悪い話ですが。

景気悪いね。

景気悪いね。
セコくポイントを集めたり、カードで割り引きが反乱。
多くが参加していたら、当たり前。
バブルや好景気は釣は要らないだった?

基本的には確かにそうなりますね、だから景気が悪いのです

①囲い込み作戦ポイント貯めた客は、そのポイントでまた買い物するからポイント利用を提携している店にとってはリピーターになる。②店が儲かるポイント利用して買い物してもらうとポイントを発行した会社から利用額に応じてマージンが支払われている。③防犯と業務効率化電子マネーでの支払いは現金をやり取りしないから、店に現金をあまり置かなくていい。現金のやり取りにかかる手間やミスがなくなる。④キャンペーンの設定がやりやすい。電子マネーの場合だとキャンペーン価格など即時に対応できる。などなど、商業上のメリットがあるんですよ。景気にはあまり関係ないと思います。>確かにセコすぎて、けどね、あれは店側も客を集めるために
必死なんだよね。
あの手この手でよその店の客を自分の店に引っ張りたいんだよね。
バブルの頃はタクシーで釣りはいいです~とかわりと当たり前だし
あとはコンビニで買い物してもお釣りはコンビニには必ずある
募金箱に入れることが多かったなぁ。
ポイントに関してはホント、わけがわからないくらいに複雑で
確かにクレジットカードとかのポイントは月に1000円以上は
貯まるからデカイと言えばデカイかな。
さすがに千円となるとカードは選ぶね。
でもコンビニで、例えばセブンでナナコを探したり
サンクスで樂天のRポイントカード出してさらに支払いでは
樂天の普通のクレジットカード出して、アホかと思う。
おかげで財布の中はクレジットカードやらポイントカードで
いっぱいだから別にカード入れ作ってるよ。
ホント、あのカードは邪魔すぎる。100円買って1円のポイントなんて
別にいらないよね。
そこまで不便な思いして欲しいとは思わない。
でも店側としてはカードを持ってくれればまたこのカードを
使うかな となって再来店してくれるわけで
うちの店でもプリカカードを持たせようとあの手この手で
ひたすら勧誘、勧誘の毎日。
現金の客なんて、来るな、迷惑だ くらいの扱いだよ。
俺も店員やってるけど現金の客の場合は支払い方法とか手順とか
本当に面倒でさ、これが閉店間際に現金でしかも一万円なんて
出されたらブチ切れモードだね。
閉店して店を出た直後に外の照明、全消しにしてます・・・。>

景気や税金のときには賃金が高くなり物価も高くなっていると言われるのに、年金の...

景気や税金のときには賃金が高くなり物価も高くなっていると言われるのに、年金の話になると景気も賃金も低くなっているので年金を削減しなければならないと正反対の説明がされるのですか。
また、マスコミはこの矛盾を指摘しないのですか。

まず、マスコミが正しいことを言っていると思うならあなたはナンセンスです。
所詮、営利目的なので、都合の悪い事はいいません。
景気は良くなってないし、税金も、対して効果は無かったです。
なので、金がないので、増税、年金削減なだけです。

「好景気」「景気上昇」と「不景気」「景気下降」は要するにどういう状態を言うの...

「好景気」「景気上昇」と「不景気」「景気下降」は要するにどういう状態を言うのですか?何が上下しているのですか?

日本では主にDI指数を基に景気動向を判断しています。
これは雇用や生産などに関する28の経済指標を基に算出されます。

景気良くなったら税金上げる。
なんか景気よくなっても暗いやろ?

景気良くなったら税金上げる。
なんか景気よくなっても暗いやろ?昔は、景気良くなったら減税とかで更に加速させるんじゃねえの?逆じゃねえの?

景気が良くなって実態以上に加速しすぎるのがバブルです。
景気がいいから高値でもモノを買うようになってどんどんインフレが進んでしまいます。
そこで実際にはそこまで高い価値がないと判断されれば一気に買い手がいなくなってバブルが崩壊してしまいます。
そうなると一気に景気が悪くなってしまうのでで増税をして適度にブレーキをかけ、一時的なバブルになるのを防ぐのが増税の役目です。

なるほど。もう少し庶民に潤う税金政策してほしいわな。
ありがとう>

今の日本のやり方って景気回復っていうのでしょうか?

今の日本のやり方って景気回復っていうのでしょうか?表面的には株価があがり、賃金もあがっているのは事実。
しかし、株価があがっているのは、日銀がやる事がないからお金を大量に刷ってそれを流して行き場のないお金が株式市場に流れて株価が上がっている。
また自国貨幣の価値を希薄化させてインフレ誘導させているだけに過ぎないわけで。
賃金が上がっているのも、あまりにいすぎた団塊世代がリタイヤし、今の20代の労働者の数が団塊に比べ極端に少ないので人材確保等で上がっているにすぎない。
景気回復って自国貨幣の価値を強制的に落としたり、特に団塊みたいのが引退したから労働者不足がおきて賃金があがったとかそういうのでは言わないのではないのでしょうか?

景気の定義によりますが、需要が増大し賃金や物価が上昇すれば十分景気は良いと言えます。

需要って増えたのですか?たんに供給が団塊がいなくなり、減って人手不足などが起きているだけなのでは。>えっと、労働者不足についてはデーター上は深刻視しているけど
じっさいは、女性の進出や
そもそも労働者の数の必要性自体がなくなったり
つまり労働者はまたあまり出す要員や理由が多いのです。
外国人労働者っていう一気に労働者あまりにする奥の手もあるしな
個人的には必要な、外国人労働者もあるとおもうが労働者が慢性不足の一部業界とか確かにあるので
本当安部自民党は押せ押せだし、それを全面否定はしないけどどこかでコケそう。>基本的に景気というのはお金の量で悪くなったり良くなったりします。
お金が増えればみんながそれを使うので景気よくなる。
増えすぎると景気が良くなりすぎてインフレ率が高くなりすぎてしまう。
逆に減りすぎるとみんな何かを購入したいのにお金がないから購入できない、お金を得ようにもそのまた誰かもお金がないからその人を雇えない。
このように取引が停滞する、という風に考えてください。
お金というのは取引を円滑にするための媒体でしかありませんので、取引が停滞しているときにはお金の量を増やせば解決します。
このようなやり方は大昔から行われておりますんで特に変わったことでもなく弊害があるとかいう話でもありません。
よく、お金の価値が薄められて・・・なんて言いますが、お金を増やしただけでお金の価値なんて変わりません。
日銀がどんなにお金を増やそうが、わたしが今持っている1万円で今日買えるものは明日も明後日も買うことができ、そうである限り1万円札は1万円の価値があります。
通貨価値と物価というのは同じ現象を別の言い方をしているに過ぎません。
通貨価値が下がる=物価が上がるです。
因果も何もありません。同じ現象を別の言い方をしているだけです。
では日銀がお金を増やすと物価が勝手に上がるか。
あがりません。
わたしも商売をしていますが日銀がお金を増やしたからって明日から値上げなんてしません。
物価があがるときというのはその商品が需要に対して供給が間に合わなくなるときです。
つまり、お金を増やす、みんなが使う、モノが足りなくなる、そして物価上昇です。
これを一般に景気回復と言います。
また、物価というのは突き詰めていくとほぼ賃金の塊と言えます。
なので物価上昇=賃金上昇と言えます。
もちろんそれ以外の要因もありますよ?
ただ、長期的趨勢としての物価変動は概ね賃金要因に収斂します。
つまり、需給がひっ迫して物価が上昇するというのは、突き詰めると労働需要と労働供給の関係で、労働需要が超過した場合に市場原理により賃金が上昇し、それを企業が商品価格に転嫁することで物価上昇となります。
貨幣を増やすと上記ロジックが働いて物価が上昇し、それを別の言い方をすると貨幣価値の毀損、ということになります。
人手不足に関しては仰るように労働供給が減ることでも労働需給はひっ迫します。
しかし現実には就業者数は増えているのでまだその段階にはありません。
非正規ばかり増えているという反論もありますが、ここのところは正規雇用の方が増えています。
労働需要が増えた結果だと言えるでしょう。
また、どんなに労働供給が減っても金融政策が失敗し続けることで需要が創出されず常に需要不足を維持した場合、労働供給が減っているのに労働供給過剰という状態は維持できます。
重要なのは、成長力が低下しようが、人口が減ろうが、需給ギャップを解消することは財政金融政策で可能であり最低限その状態を維持する責務が政府にはあります。
当然、成長力が低下していれば需給ギャップを埋めても低成長でしょう。
しかし、働きたい人がほとんど働く環境にありつける、そういう状況にはなります。>え~
では一つくらい真面目な回答を
そもそもID非公開だからバカな回答しか来ないのです
株の上昇と景気とはほとんど関係ありません
今の株は「投機」で値上がりしている
「投資」ではありません
日銀自身も株を買い捲ってるし
安倍政府のヤラセです
庶民の実質賃金は上がってなどいません
国民一人あたり実質可処分所得は、三バカ総理の野田政権の時より下がっているのが数字の事実
安倍は、野田より、国民を貧乏にさせた
でも景気は緩やかな回復基調との報道
なぜだ
つまり金持ちがとんでもなく金持ちになり続けているのであり、それが安倍政権の目標でもある
内部留保も余剰資金も過去最高を更新し続けている金持ち
これがアベノミクス
安倍は麻生と組んで、明治政府以来史上最大の緊縮財政を強行した
三本の矢は大嘘
トリクルダウンとかは最初からデタラメ
要は金持ちのために働いてきたのですよ
安倍って最初からそういう奴だし
質問者さんは一番最初
「日本のやり方って」
と書いてる
ここからして既に間違い
「日本」となれば全部で日本
金持ちも平民も日本
でも質問者さんは金持ちの事を考えていない
金持ちは、とんでもなく景気回復した
安倍は最初から、金持ちをもっともっと金持ちにする、と言っている
有言実行です
矛盾はない
安倍は庶民など全く関係ないんです
自分は最初から政界人であり財界人だから
一つ適切な例を
売国TPPを安倍は何としてでもやりたかった
TPPは売国です
完全な売国行為
日本語訳は3分の1くらいしか読んでないけど酷いですね
呆れたどころの騒ぎじゃない
しかもマスコミの報道統制で中身を絶対伝えないようにさせてる

九州が地震で大被害に遭った
その
最中に
安倍はTPP国会を強行したのです
審議時間を消化したいという理由で
金持ちのカネのためなら、平民の命ですら屁とも思っていない確かな証拠
これが本心です>経済の基本的な理解が出来ていませんから、君自身が経済の基本をもう少しお勉強してから 謙虚に質問するようにして下さい。>バブル景気を基準とするならば、永久に不況
おっさんジジイの基準
若い人たちは、このような考えを持っている
「少ないほど豊か」、日本で高まるミニマリズム
jp.reuters.com/article/angle-minimalists-idJPKCN0Z704N>

『日本の景気は良くなっている』と思いますか?

『日本の景気は良くなっている』と思いますか?御自身の“立場”でお答え頂ければ有り難いです!(参院選投票の参考にしたいと思いまして・・・)ヨロシク!補足みなさん、色々な御意見ありがとうございます!もう少し意見を聞いてみたいです。
御意見をお待ちしています。

景気は一部は非常に良いでしょうがほとんどの人はよくないと思います。
私は良いとは感じません。
結局は富裕層が権限を強く持ちますので、景気が良いという風潮がでまわっているのでは?景気のデータ ↓sjump.net/c/5775d079328d9

民主党政権時代の景気の悪さは、民社党自身が引き起こしたモノではないにしても、先行きの見えないどん底をはいずらせたのは民主党の無能な政策ですね。
そのどん底に比べれば現在はずっとマシですね。>いつの頃と比べるかにも
よると思いますが…
私が社会人デビューした頃は
マジで悲惨でしたから
あの時よりは多少はマシなのかなぁと。
でも企業努力のせいか、賃金が低くても
それなりの生活水準が保てる世の中に
なりましたよね…>東京都のみは、景気はいいでしょう。
建設関係の予算が目白押しで、笑いが止まらない。。「東京都内経済」(東京一極集中の財政で、日本は廻っているじゃないか)
なぜ?地方交付税団体の自治体に予算が廻って来ないよ。我々が働いた国税は「永田町の構造改革体質を変えなければ、地方の景気は良くならないよ」。その他の自治体(府・道・県・住民は)は必死に働いても、繁栄してこない現実。>工作員が多くて困ります。
景気悪いです。
無駄に忙しいのに賃金上がらず、そんな印象です。
アベノミクスで低賃金労働者が増えたように思う。>景気いいよ。仕事も裁き切れない位の嬉しい悲鳴。景気いいのではないかな。ボーナスに期待するよ。うちの会社7月末だから。>

景気がいいとどうして企業の設備投資は増えるのですか?

景気がいいとどうして企業の設備投資は増えるのですか?

景気がいい状態ってモノがたくさん売れる。
販売店はもっと製品をよこせと言ってくる。
工場はフル稼働しても100個/日しか作れない。
工場をもう一個作るか(設備投資)となる。
または、200個/日作れる最新鋭の機械に変える(設備投資)。

古い設備で我慢するより新しい最新設備の方が企業が安心して製品を製造できるから。また新しい設備に変えると前より性能が上がります。コストダウンや品質が向上する。究極は利益で残すと税金で全部持って行かれちゃいます。適度に残して技術水準を保っています。>

景気はよくなっていると思いますか?

景気はよくなっていると思いますか?

絶対に良くならない金融緩和で実質賃金を下げて 貯蓄資産を喪失せしめマイナス金利で資産運用もままならず株をするには マイナンバーを提出させて不安に陥れる貯蓄が悪い悪いと言って 貯蓄税だの 相続税増税だの言う奴がいれば当然だそして 消費税は増税するわ 年金カットするわその一方で企業は法人税減税で内部留保をため込んでいるのに 個人の資産を吸い取ることしか考えていない個人が資産を貯めれる方策を潰しておいて貧乏になりたくなければ実質賃金が下がるなかで働け働けおまけに 非正規社員は 正規昇格目前で自由に解雇できる法律を作ったそして 一億総活躍の真の意味は 一億総奴隷であることがあきらかになったそれを戦時中さながらの精神論で押し切るために右傾化を進めて 特定秘密保護法や共謀罪などでじわじわと国民の権利を奪い言論の自由を封じようとして行くこれで 皆愛国心喪失でモチベーションも下がっているからね成功しているなんて言っているのはネトウヨのようなバカだけだよ。
奴らは円資産の価値が落ちているのに税収が増えているだの 所得が増えているなどキチガイ発言を繰り返している

思いません。
特に地方は疲弊しきっていて、もう限界です。>まずは、下記NHKニュースを読んで下さい。
www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/700/280467.html
安倍首相が2012年12月に再登板して以降、日本経済は戦後2番目の景気拡大期間の中にいます。
しかし、経済成長率が1%台と低く、実質賃金の上昇が無いので、庶民には好景気が実感できません。
大企業や高額所得者(株式保有者)は好景気の恩恵に預っていますが、一般庶民にまで恩恵が及ぶのは来年以降になりそうです。>はい>東京を見ればオリンピック景気もあるしリニア新幹線や大型再開発事業とかもある。 消費税アップ前の建設ラッシュとか需要もあるからかなり景気は良いと思う。
その証拠に株価もぐんぐん上がってる。 株式投資とかしてる人はかなり儲けてるんじゃないかな。>大手企業限定で 零細は厳しいかも
なので給料が上がっている人が
アベノミクス恩恵うけられない人が
います。
実感として 良く無いと感じる人がいます。
www.newsweekjapan.jp/kaya/2017/12/post-43.php
いざなぎ景気を超える好景気と言われるのに、実感が湧かない理由>

-景気

© 2020 給付金とかで結構ウハウハごめんなさい