景気

景気とインフレ。どっちが原因でどっちが結果ですか?景気

政府は一体何がしたい?

政府は一体何がしたい?①「イザナギ超え」の好景気なら、税収も「イザナギ超え」でウハウハですよね?でも、税収がウハウハでないから、増税増税と税収を増やす行為を政府やめません。
好景気なら、税収もイコールで好景気になっているはずです。
つまり、好景気でないから、税収が増えない。
不景気で税収を増やされれば、国民は貧しくなりますね。
政府は、日本を貧国にしたい。
とお考えでしょうか?政府の意図を教えてください。
②コンビニやスーパーのおにぎり。
値上げが出来ない為、おにぎりは小さくなるかも知れないらしい。
二年前に新しく買ったパナソニックのエアコン、暖房を25度に設定すると、本体からはメリメリという音がし、室外機も尋常ではない音がします。
設定温度は、24度が限界。
不景気な上に、食べ物は同じ値段で少量になり、新品でも粗悪品しか買えない。
これが、実情の日本です。
政府は何がしたいのでしょうか?③経済対策無しで増税すれば、景気は余計に悪くなり、食べ物は同じ値段でももっと少量になり、物は粗悪品以外買えなくなる。
と言えるでしょう。
既に政府(政治家、官僚、金持ち、専門家)ではどうにでも出来ない事象というのは承知の上です。
問題は、政府の意図です。
政府が、日本を終わりにしようと言う考えなら、どうにでも助けられません。
よろしくお願いします。
補足政府支持派の皆様は、撃沈したみたいですね。
この調子で政府支持派のお望みどおり、日本経済も撃沈するでしょう。
あーあ。
沈没船。

景気拡大の「期間が」越えた、というだけ景気拡大の幅の事ではありませんまた税率も当時とは全然違う法人税税率など半額近い儲かっている法人は大減税個人消費は前年比マイナスだから消費税収は全く伸びないその辺、税収資料を確認されてみてはいかがでしょうか安倍は一番最初の時から「金持ちをより大金持ちに、きっとさせてみせる」と明言しています平民なんかどうでもいい貧乏人は死ねそれが政府の意図です政府の考えちゃんと言ってます当時の発言を読み返してみてはいかがでしょうか

>金持ちをより大金持ちに、きっとさせてみせる。
無理ですね。
土地で言えば、買う人がいなければ、価値は下がります。
貧乏人が日本の人口の半数として全員が死んだとしましょう。
すると、日本の人口は、約6300万人です。
買う人が激減する為に、土地の価値は下がる。
それと同時に国内の経済も悪くなる。
貧乏人を捨てれば、その分、金持ちにも貧乏が回ってくる。
世の中、そういうものですが。>確かに質が悪くなった物ある。いつも買ってたTシャツ、前は何回洗っても大丈夫だったのに、直ぐ伸びる。ティッシュペーパーは一回り小さくなった。
もっと細かく対策を練って実行してほしいわな。ただ良くする!だけじゃね。>税収は増えていますが、それ以上に歳出が増えているので
しょうがないのでは。少子高齢化が社会保障費が増大して
いますよ。>1、税収はバブル期並みに増加しています。平成29年度の国と地方の税収の総額(概算)が初めて100兆円を突破する見通しであることが6日、分かった。24年12月に第2次安倍晋三政権が発足して約5年で22兆円増を見込む。『税収の伸びは約30年前のバブル経済時と同程度』で、デフレ脱却を目指すアベノミクスによる景気回復の効果が鮮明になった。search.yahoo.co.jp/amp/www.sankei.com/politics/amp/170107/p...2、物価が上がることは基本的には良いことです。物価が上がれば、雇用の増大と失業の低下、賃金の増加、倒産の減少と企業利益の増加、起業の増加など経済の拡大を引き起こします。デフレでは逆のことが起こり経済は縮小します。3、は完全に認識が間違っているので上記の文章を持って反論といたします。質問があればどうぞ!!!!!>タバコ税を1円ずつ上げる構想こそ、セコイと言えます。
好景気を自負するなら、チマチマ増税をしちゃダメだ。
大多数の国民は、スーパーの値下げに感謝しています。>>「イザナギ超え」の好景気なら、税収も「イザナギ超え」でウハウハですよね? 好景気なら、税収もイコールで好景気になっているはずです。つまり、好景気でないから、税収が増えない。znsiyyuさんのような安倍ちゃんが嫌いな方っていうのは、客観的な事実を全く理解していないのが特徴ですね。まずは下記の記事を読んでくださいな。www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/700/280467.html2012年12月(安倍ちゃんが総理に就任)から始まった景気の拡大期間が戦後2番目になりましたが、これはあくまで「期間」の長さであり、景気の中身ではありません。「いざなぎ景気」時の経済成長率は11%だったのに、今回は1%です。高度成長期とは景気の中身が全く違うのに、税収がイコールで増えるはずがないでしょう。まあ、読者に笑われないように、もう少し勉強してから質問してくださいな。>

公務員って良いですよね?景気変動と給料が関係なさそうですから。
憧れます。

公務員って良いですよね?景気変動と給料が関係なさそうですから。
憧れます。
実際はそのような良さそうなものでないですか?「銀のアンカー」のマンガでは「地方では公務員になるのが良い」といった記述があったと思います。
通っていた予備校の先生は高校の教員の出身なのですが、「公務員を妬む人がいるが、そんなことを思うなら公務員になればいい。
試験を受ける権利はあるのだから。
実際は思われているほど待遇は良くないけど。
」などと言っていました。

景気によって というより、万博やらオリンピックやらで給料減らされ、新卒でも20万こえない自治体もある。
何かあったときの保障は手厚いですが、頑張ったからといって給料は上がらず、よほどの志がないと、、、って感じです。

おっしゃる通り、景気と給与にさほど関係は無いですね。しかし、民間企業の景気が良くなっても公務員の給与は維持。好景気が数年続いてやっと少し上がるかどうか。広報などに給与の掲載、有ります。小さな市町村の公務員で高給取りの地域も確かに有りますが、残業は当たり前の世界ですよ。うちの近所の市役所も、遅くまで薄暗い中(節電で、ほとんどは消灯)仕事を続けてらっしゃいます。また、帰宅された方々も、当然ですが資料整理や翌日の準備などです。職場で残業が続くと上や市町村民に税金泥棒扱いされるため、苦肉の策です。他にも沢山ありますが、先生はそう言った面も考慮して将来を考えましょうと助言されているのでしょう。>ただ、公務員なんてバイトでもできる低脳集団やからな。所詮、公務員なんて単なるゴキブリのチンカスやで 笑笑>景気変動と給料関係ありますよ。大体は遅れて緩やかに連動してます。>実際働いていた人の話を聞く事は大事な事ですよ。
だって、君のお父さんが偉そうな事を言ったって、働いた事がある会社ってせいぜい一社か二社でしょ?
本当の事は知りもしない業界?の仕事を、薄っぺらい知識で語ったって、信用できないですもんね。
それと、うまくやってる人は、その仕事が好きな人が多いと思います。
あのイチローだって公務員になってたら、ただの変わり者だったでしょうね?>公務員では無いですが、外野からの意見としては、どこも同じぐらい大変だろうって事です。公務員のデメリットとして、まず社会的な責任が強く求められます。国民からお金をいただいてそれが給料になるという事で、国民は彼ら公務員に対して冷たい対応をしがちです。とりわけ、政治家なんかが趣味で遊んだりオシャレしてると『国民の金で何やってんの?』みたいに言う馬鹿もいます。他にも不況になれば公務員に対して叩くような辛辣な言葉を放つ国民もいます。故に心理的なストレスも生まれてくるだろう。また、給料面もめちゃくちゃいいのか?と言われると全体的に見て普通程度ですよね。上を見ない人や底辺から上を見ている人なら高給と思ってしまうだろうが、民間企業で責任ある立場の人と比べるとそこまで高い給料をもらっているようには思えません。まあ、努力しない馬鹿なら羨ましい職場なのかもしれませんが、それでも仕事内容は大変そうですよね。だから、国民のより良い暮らしの為に献身的に働ける人がなればいいと思う。また、教師とかになると部活動の顧問とかで休日を潰されることも多いと聞きます。今回、デメリットばかり取り上げてしまいましたが、公務員として不正を働かず勤勉に働いている人は本当に偉いと思いますよ。私は民間企業や第3セクターあたりでいいですが…。>

ニュースで見たのですが、今は好景気なんですか?

ニュースで見たのですが、今は好景気なんですか?実は全然実感がないです。
今年は昇格と昇給が月あたり3万弱でしたが、昨年の手取りとあまり変わりません。
なんか、少なくなってる気すらします。
皆さんは、好景気なんですか?不安です。

景気は良くなっていません。

現在の状況は、世代交代で団塊世代の引退で働き手が減少し、
新世代の就職率が良くなり、賃金も上昇している職種もあります。
小泉構造改革の負の遺産、格差社会を反省して
安倍政権は同一賃金同一労働という政策で努力しています。
しかしながら、もう一方では
低賃金の海外労働者も増加していて、デフレは未だに続いています。
デフレの時の対処法は歴史に学び、高橋是清の政策で良いでしょう。
アベノミクスと比較してみると
第二の矢である財政出動が少ないので、大幅に増やせば良いと思います。
安倍政権・内閣官房参与の藤井聡教授が掲げた国土強靭化の推進、
台風や地震などの災害予防対策、社会インフラ整備が先ず浮かびますね。
更に人材を育てる教育インフラも将来への投資も大切です。
外国人留学生への補助ではなく、和が国の優秀な学生を優遇しましょう。
他には医療、福祉、介護などの充実や減税等々・・
特に介護士への手当は社会問題化しているので手厚くて良いでしょう。
近々ではミサイル防衛への大切さも理解されつつありますね。
消費増税は買い物する意欲が消えるので、中止で良いでしょう。
それから、いわゆる政府の借金は家庭の家計簿とは違うので、
プライマリーバランスの是正による緊縮財政策も中止で良いのです。
家計簿的発想で「国家のバランスシート」を見るなかれ クリック↓
business.nikkeibp.co.jp/article/money/20100816/215789/?P=1
むやみに米国みたいな自由な移民社会を目指すのではなく、
和が国/和が国民を豊かにする社会を目指せば、未来は明るいでしょう。>全くのねつ造です。株高は日銀が介入。世の中は、デフレになってきています。希望退職も始まっていますので。>数字自体は結果は出しているんですが、全く実感が無いですね。>統計上は、今回の景気拡大(2012年12月から始まった)期間は、戦後2番目の長さであり、「好景気」です。
しかし、1965年に始まった「いざなぎ景気」に比べると、内容が見劣りしています。
「いざなぎ景気」時代は、経済成長率が年率11%であり、今回の1%の10倍以上です。
また、景気の実感に直結する賃金の伸びですが、「いざなぎ景気」時代の実質賃金の伸びは8%に対し、今回はゼロです。
統計上は戦後2番目の景気拡大でありながら、実質賃金が増えないので、庶民には実感が皆無なのです(高額所得者は景気の実感がありますが)。
www.yukimatu-value.com/entry/2017/09/27/070000>好景気の実感がないのは、景気回復の効果が主に雇用の拡大という形で現れているためと思われます。これは不況下で休眠状態にあった労働力が、景気回復を受けて働き始めたことに起因します。
2012年の政権交代から現在までで、雇用者数は229万人増加しました。雇用者数は2017年10月時点で過去57か月間連続で増加しています。増加が始まった時期と第2次安倍政権発足の時期はほぼ一致します。
労働力は無尽蔵ではありませんから、景気拡大が継続すればいずれ労働力の枯渇が起こります。すると労働生産性の低い企業の人手不足による倒産が増加します。
その後労働生産性の高い企業へ労働力が移動することによる本格的な賃金の上昇が始まります。>

「景気がいい」ってどういう状態ですか?

「景気がいい」ってどういう状態ですか?そうなるまでの経緯も含めて、教えていただけるとありがたいです。
高校一年生です。

ものが売れると景気が良くなります。
なぜなら、売れると生産量が増える。
生産量が増えると給料が上がる。
給料が上がると物を買う。
物が売れると…っていう感じで循環します。
好景気になると欲しいものがすぐに買えるので物価(物の価値)が上がります。
これをインフレといいます。
物価が上がるとみんなが買わなくなるから景気が悪くなる。
そうなると今度はお金のほうが大事になるので物価が下がります。
これをデフレといいます。
物価が下がると物の値段が安くなるので、物が売れるようになります。
経済はこれの繰り返しです。
国民の生活に合うように自動的に調節されていくのですね。

ありがとうございます。とても分かりやすいです!
インフレ=景気がいいと言うことですか…?>

好景気のとき景気の過熱状態にならないように中央銀行が金融引き締めを行うが、果...

好景気のとき景気の過熱状態にならないように中央銀行が金融引き締めを行うが、果たして、経済の過熱状態のデメリットとメリットってなんでしょうーか?((経済用語))でもいいです。

景気が過熱状態になると、過剰な実物投資が行われます。
そして景気が通常の状態に戻ったとき、その実物投資が不良債権となって企業のバランスシート上に残ることにより、そのご長期間に渡って景気の足を引っ張ることになります。
株式のような金融資産だったら、価格が下がったとしても必ず売却できるので、そこで売却損を出して終わりなのですが、建物・工場等の実物資産はなかなか処分できず、不良債権処理がなかなか進みません。
だから景気過熱はデメリットが大きくメリットがないので、中央銀行は景気が過熱してバブルになる前に金融引き締めをしようとするのです。

この国でその心配は恐らく未来永劫ないと思います。>バブル経済のデメリットはバブル崩壊によるデフレ効果がバブル経済による経済成長効果を上回ってしまうことです。
バブル経済で資産分配を不平等化し、資源配分がゆがめられた結果、国の経済基盤は大きく傷つきます。
メリットはないです。>

景気が良くなったと言う報道ばかり目にしますが、自分は大ウソだと思います。

景気が良くなったと言う報道ばかり目にしますが、自分は大ウソだと思います。
消費者はみな、守りの消費に転じて、1円でも安く買える物を求めています。
それに、株価が上昇してもウチら一般人には何の関係もないのにそればかりを強調する今の政権はどうかしていると思いますが、皆様は如何お考えですか?また、最近では『おかげさまで』とか『お互いさま』とかと言う言葉も聞かなくなりました。
旧民主党の時は酷かったと言う人がいるかも知れませんが、今の自民党のお友達政治の方がもっと罪が重いと思います。
みなさまの見解をお願い致します。
補足ちなみに、自分は一日も早く今の政権に退陣してほしいと思います(´・ω・`)お金持ちの人だけを更に優遇するような政策は必要無いと思うし。
富裕層や大企業にこそ、課税強化をすべきで、公務員の人員や給与も大幅に削減すべきだと感じました。

安倍総理は、アベノミクスが成功し、株価が上昇し、景気が回復していると強弁しています。
が、政府・日銀のデフレ脱却政策による物価上昇誘導が実施される一方、消費者の多勢を締める勤労所得者や、中小企業経営者、自営業者にとってはまったく所得が増えない状態が続いています。
所得が増えずに、物価が上昇すれば、生活が苦しくなるのは自明の理ですから、安倍総理や政府が景気が良くなったと言い張っても、まったく実感がないのはあたりまえです。
経済指標で景気は回復しているといっても、国民の生活実感で景気の回復を感じないのでは何の意味もありません。

景気というのは一般的に前期よりも生産量が増えていれば好景気とされます。
しかしこれだと大不況で一旦生産量が大きく落ち込んでから少しづつ回復していてもその期間は景気拡大期とされます。
生産量が最大となるGDPを潜在GDPと言いますが、普通のインフレ経済では潜在GDPが達成されています。
常に需要の方が供給より多いので生産はフル稼働なので常に潜在GDPを維持できます。
需要の方が多いので少々の不況圧力では需要不足の不況にはなりません。
超過需要の分だけ物価が上昇するので潜在GDPを上回る需要がある経済はインフレとなります。
日本の場合は長らくこの潜在GDP水準まで回復していません。
それより下の水準の中で上下動をしていたに過ぎません。
つまり、深刻な不況とちょっとマシな不況をいったりきたりしていただけなのに、ちょっとマシな不況を好況と呼んでいたに過ぎません。
で、生産量から見た限界は潜在GDPですが、生産量の限界はすなわち労働力の限界ですので、労働の面から見た場合の限界は自然失業率と言います。
失業率は不況になると悪化し、好況になるほど改善されます。
しかし失業率はゼロにはなりません。
ある程度の数字まで下がるとそれ以上は下がらず物価だけが上昇することになります。
この関係はフィリップス曲線というもので表されます。
失業率が高いうちは景況が改善するにつれ失業率も低下しますが、それが賃上げには反映されないので物価上昇率もあがりません。
しかし労働力は無限ではないのでどこまでも景況が改善していくといずれ失業率が下がれる限界に達します。
そうすると企業は人材確保に苦労して賃上げを始めます。
賃金相場の上昇が商品価格に転嫁されるので物価も上昇します。
この物価が上昇を始めるポイントが労働力の限界であって、自然失業率と呼ばれます。
失業率は2000年代初めには5.5%くらいまで悪化しましたが、その後の小泉政権で3%半ばまで改善しました。
このとき、この3%半ばが自然失業率だからこれ以上の景気刺激は無意味であると言われ、これ以上の成長には構造改革が必要だと言われました。
しかし、アベノミクス以降の好況で失業率は2.8%まで下がりましたが、まだ物価はあがりません。
つまり、当時の自然失業率の推計は誤りだったことがわかります。
バブル期で2%前半なので、結局バブル期と大差ないんじゃないかと思われます。
しかし、ここまで失業率が低下したのはバブル崩壊以降初めてのことであり、そのくらい景気は改善しているのは間違いありません。
あと少し失業率が低下するくらい景気が加熱されると、誰の目にも明らかに賃上げが行われるようになり、それが価格に反映されて物価もじわじわあがることになります。>ご意見は「私はこうだ」という個人的感想として承ります。でも、今の政権が退陣したら、間違いなく経済は暗転します。200%間違いない。断言しますよ。賭けてもいい。ま、どうなってもあなたの生活は変わらないんでしょうね。数字じゃなく思想でモノをみてるのがありありです。ほとんどの経済指標を見ても「景気が悪化した、殆どの国民生活が悪化した」とはどう逆立ちしても読み取れません。株価が上がったり、失業率が低下したり、企業業績が良くなったり、そういう「資本主義的な事」が嫌なだけでしょ?>自分の給料って自分の会社から貰うんですよね?
自分の給料が増えるようにするには、自分の会社の売り上げ、業績がよくなればいいわけです
で、自分の会社の商品やサービスを買うのは誰なのか?
自分たちですよ
守りに転じて消費しないでどうやって給料が上がるえんですか?
大企業ばかり儲けさせてるって、よくいうけど大企業を儲けさせてるのも自分たちでしょ?
大企業の商品、サービスばかり利用するから富が集中し偏るんです
これは世界一貧しい大統領、元ウルグアイのホセムヒカ氏が世界に向けて訴えてたでしょう?
これは消費者批判だったんです
自由にいろんなものから好きなものを選んで買える。グローバル化
消費者が自分たちの国や産業、町を守ろうという意識を持てば富の集中は起こらない
そう訴えてたわけです
日本のマスコミはなんだか政治批判につなげてた気がしますけどね
あとアベノミクスで恩恵が無いとよく言いますよね?
でも考えてみてください
数年前って安倍首相は散々アベノミクスをアピールしてたでしょ?
民主党政権のときは円高株安です
このときに株ができない庶民でも自分のお金をドルにしておけば小遣い程度でも儲けるチャンスだったんです
円高なんだからドルを安く両替できたわけでしょ?海外旅行に安くいけたのがデフレですよね
で、安倍政権は円安株高にしたじゃないですか。
円に戻せば差額分儲かったんですよ
つまり、安倍政権はしつこくアピールしてみんなに平等にチャンスを用意したんです恩恵が無いとか言う人は自分が無知無関心だっただけです
マスコミはトリクルダウンとかっていってたけどミスリードも甚だしい
アベノミクスの狙いは、異次元の量的緩和でみんなの手元のお金を増やし、それを消費や投資に使ってもらうことで会社の売り上げを回復させる、給料が増える、雇用が増える、デフレから抜けていいループにもっていこう
その誤魔化しの間に改革を進めて、民間や地方自治体などのビジネスチャンスの障害を取り除いて新たなビジネスチャンス、投資を呼び込もう
これが狙いだったんです
そしたらお金が振ってくると思ってポカーンと口あけて文句言ってる人が多すぎたんで上手く行ってない
獣医学部を作るにしても、作りたい自治体や事業者がいるわけですよね
文科省がそれをさせない
だから国が専門家を用意し間に入ってその障害を取り除いてあげる
学校にしろビジネスにしろ、そこに投資が生まれ、雇用が生まれるわけでしょう?
何が悪いのか
お金というのは血液と同じで循環しないとどんどん不健康になるし、血流が悪いところが出たら手術もしないといけないんでしょ?
痛いんですよ 手術は。
手術も嫌、自分の血液を循環させるのも嫌ってじゃあどうしろってんですか?
日本の制度、社会の仕組みはサザエさん一家がモデルケースでそれに合わせてあるんですよ
社会保障、年金制度も雇用制度も
マスオと波平が終身雇用で正社員でサラリーマン
二人で長時間労働に耐えて家族を養えるだけの給料を持ち帰り、社会保険や年金を納める
サザエとフネは家にいてたらちゃんの面倒をみてた
教育費もマスオが若くて給料安い時は波平が援助しますよ
これが何十年も経つと波平とフネは年金暮らし
波平が定年退職と引き換えにカツオやタラちゃんが社会にでて波平の老後を支えるわけですよね
サザエは祖父母の介護です
一億総中流時代はこの時代です
世帯収入の話です
今、どうですか?
こんな家あんまりないですよね
未婚者も離婚者も増加、一人暮らしも増加、子供も作らない少子化でしょう?
正規と非正規の格差問題もありますよね
会社に守られている正社員が給料を貰いすぎなんじゃないんですか?
サザエとフネは無職なんですよね?
みんな正社員なんて時代はないし、マスオや波平は家族を養うための給料をもらってたんでしょ
何で独身でもこのように給料をもらうんですか?このしわ寄せが正社員じゃない人に行くから格差社会なんでしょ
改革しないといけないんじゃないんですか?
先に正社員になった人が20年のデフレも会社に守られて氷河期世代とか若者にしわ寄せがいくんでしょう?
バブル世代が今 大量に定年を迎えます
長いデフレでも雇用を守られ給料やボーナスを貰い続け、退職金を貰い、年金を貰います
そのしわ寄せは全部若い人の将来不安に直結でないんですか?
こういう社会の仕組みが原因で高齢者優遇社会なんですよ 日本ってのは。
カツオやワカメ、タラちゃんなどいないのにどうやって波平と同じ年金をもらうんですか?
無理に決まってるでしょう?
だから格差是正、格差の元凶を取り除くべく働き方改革をしたいのに、それも嫌
育児も介護も行政に押し付けるようになってるのに、増税も嫌
どうしようもないじゃないですか。
無理にやろうとするとその政権や内閣は潰れます
いちいち国民が嫌なことやろうとすると潰るから日本の政治はコロコロ内閣が変わってきたんですよ
欧州などはEU作ったり、福祉国家になったりですよね?
あれは少子高齢化、グローバル化、日本と同じ問題を考えてそういう風に民主的に制度改革したからですよね
国民が物凄く負担を伴う改革、税負担を受け入れたんです
20年以上前に。
日本は今 消費税8%です
1993年の非自民連立の細川内閣が一年持たなかったんですが、
倒れたのは消費税を辞めて国民福祉税7%の導入を打ち出したのが原因です
20年以上前に政治家はこういう危機感をもっていたわけですよね?
どう思いますか?
民主主義の欠点というのは主権者の国民があまりにも酷いと国が潰れることなんです
政治家は全体のことを考えてるけど、庶民は自分の給料を他人と比べてるだけで不満を言ってるんじゃないんですか?>株価が上がっても現金化され市場に出回らないと意味がない
政府はデフレ脱却を目指しているが、
株価により給与が上がってもインフレ率と同じでは上昇は実質0
銀行預金は逆に目減りしている
消費税10%でトドメを刺されるだろうね
まぁ それでも選挙で自民党が勝ったのだから仕方ない
私の持ってる株は上がってない(笑)>企業がもうかってれば景気が良いと政府は判断するんでしょうね。
ブラックばかりであっても求人が多ければ景気が良い。
問題がいろいろある商品でも売上額が増えれば景気はいい。
お友達内閣?やつらに信頼関係なんて無いですよ。
才能がない奴らが自分の立場を必死で守ろうとしてるだけで。>

景気は回復していると思いますか。

景気は回復していると思いますか。

オリンピック景気という名の見せかけの景気(笑)

未だに「日本の景気回復のために第二次朝鮮戦争が起こったら良い」とか思っている...

未だに「日本の景気回復のために第二次朝鮮戦争が起こったら良い」とか思っている人はいるのですか?とても、(第一次)朝鮮戦争の時のように「日本の景気が良くなる」とは思えないのですが?意見① 日本が北朝鮮の攻撃を受ける可能性がある。
そして(第一次)朝鮮戦争の時は北朝鮮に日本を直接、攻撃する能力はなかったが、今は地対地長距離がミサイルがあり、核兵器まで持っていて危険極まりない。
② アメリカに戦費の大量供出を求められる可能性大。
湾岸戦争の時ですら10兆円もとられた。
そうでなくてもパトリオットミサイルだのイージスシステム導入せざるおえなくなり、空海の自衛隊活動も活発化させなくてはいけなくなり日本の国防費も増大する。
③ 日本に北朝鮮、韓国から工作員やら難民やら、兵役逃れの連中が押しかけて、その費用供出や騒乱が起きる可能性大。
④ アメリカ軍の物資調達も物価が世界一高い、日本ではなく、東南アジアや台湾からの購入調達が多いと思われる。
⑤ そもそも、第二次朝鮮戦争が起きたらたくさんの人が死ぬだろうに、そんなので「日本の経済回復を期待」なんて不謹慎すぎる。
反論や意見があったら、誰でもください。

基本的に同感です。
「日本の景気回復のために第二次朝鮮戦争が起こったら良い」なんて考えている人がいたら、湾岸戦争やイラク戦争で米軍駐留した国が儲かったりしたか?と聞けば十分でしょう。
まぁ米軍に物資を売っている会社は儲かるかも知れませんがそんなのごく一部です。
後①に付け加えるとしたら「原発攻撃されたら景気も何もないだろ?」でしょう。
1994年アメリカが北朝鮮攻撃を計画したとき、当時の日本政府は「例えば敦賀原発、そこにミサイル一つぶち込まれたら、大変なことになるわね」と危惧していました。
www.huffingtonpost.jp/tomoko-nagano/north_korea_america_b_16...ミサイルだけでなく特殊部隊などが密かに上陸して原発を襲ったら…原子炉を破壊されたら…考えるだけでも恐ろしい。
景気どころか日本の1/3が住めなくなるようなことだって十分想定されます。

①そもそも日本は距離が近いのでICBMじゃなくても短距離~中距離ミサイルで簡単に攻撃されることをお忘れなく。
②日本円はアメリカドルと同等に信用があるため、輪転機で一万円札を刷ってはいってあげるだけ。隣に中国がある以上、どの道防衛費は青天井で上がり続け、日本でも軍事産業が重要な産業になるでしょう。
③北朝鮮から難民が押しかけても「攻撃目標」として武力で無力化しなければならないでしょう。あの国は「市民=軍人」なんで。日本政府内では朝鮮有事の際の韓国人の避難計画は既に進んでいて受け入れ規模は数万人、受け入れ先は九州とのこと。
④日本から戦費調達した以上食料品や日用品は一部でも日本企業から調達するでしょう。他の武器弾薬は調達ルートが厳密に決まっていてアジアからの調達はありません。それと今やデフレのせいで日本の食料品は外国人がぶったまげる安さになっています。
⑤戦費数兆円程度では日本経済には蚊が刺した程度の影響しかありません(個人消費が数百兆円規模のため)。北朝鮮をこれ以上放置すれば他の反アメリカの国も「核さえ持てばアメリカに攻撃されない」と考えるようになり世界中に核の拡散を招き、いずれは核戦争になります。そうなる前に「飢え死に」か「武力で焼き尽くすか」の2つしか選択肢は残っていません。>景気なんて知らない
核で世界人口を間引けば平和になる>いや、その通りだと思うよ。>>「日本の景気回復のために第二次朝鮮戦争が起こったら良い」とか思っている人はいるのですか?
いるかも知れません。
>とても、(第一次)朝鮮戦争の時のように「日本の景気が良くなる」とは思えないのですが?
実際のところ、日本が国際社会に復帰したことが大きかったので、もともとあまりインパクトは無い。
①北はそんなに馬鹿ではない。
②既に陸上イージスシステム導入が決まるようだ。米軍基地を守るところとしか思えないところに(笑)
③そもそも韓国軍がいったん福岡に後退して反攻する作戦を立てている。
④米軍は空爆しかやらないと思うのでほとんど需要はないと思う。
⑤北朝鮮の人民に対しては何の悪感情も無いが、韓国人は嫌いだ。>思っている人はいるのですか?→いるでしょうね?
「日本の景気が良くなる」とは思えないのですが?→そうでしょうね。天動説を唱える人に対して、そうじゃないと説明するほどみんな暇じゃない。君は違うようだけど。>

不景気なのに家がどうして売れるんですか?

不景気なのに家がどうして売れるんですか?世の中は不景気と報道でよく聞き、自分自身も身をもって実感しています。
けれどほんの隙間があればすぐに家が建ち、あっという間に完売。
こんなとこ誰が買うのだろうって場所にもすぐに家が建っては売れてるのをみると、世の中は本当は不景気じゃないのではと思います。

不景気といっても大企業に勤めている方は給与が増えていますので、金はあるところにはあるということです。
マイナス金利政策による金利低下が購入のきっかけになっていると思います。

35年ローンって35年は銀行の物だから!?w
自分の物と思っていても実際は銀行の物。
36年目から自分の物に!?w
その時には資産価値の無いオンボロの
負債になっているんだけどね!?w
あと数年もしたら空家率が13%超えて
向う三軒両隣の1件は空き家なる予定です。
住宅ローンは奴隷が逃げないように
付けられている足かせのようです。>来年以降、また銀行が貸し倒れしていきますので預金は郵貯・農協が無事得策となります。>金利安い、賃貸に住むなら物になる方が良いからとちゃう。>中には資産運用もあるし 税金対策もあります>そんなもの、景気には関係ありません。>

景気とインフレ。
どっちが原因でどっちが結果ですか?

景気とインフレ。
どっちが原因でどっちが結果ですか?

アレルギーと同じで、花粉は原因ではなくて、結果、原因はその方の嗜好物、生活習慣が原因。
インフレは原因ではなくて結果、原因はライフスタイル、価値観、が景気に作用です。
景気が原因です。
強引なこじつけでした。
でも、最初のアレルギーは本当の話。

-景気

© 2020 給付金とかで結構ウハウハごめんなさい