投資信託

投資信託を、株式売買みたいに、頻繁に売ったり買ったりする手法とい...投資信託

投資信託下回ったら…どうなるんですか?

投資信託下回ったら…どうなるんですか?最近投資信託75万円かってもう一週間で3500円のマイナスが出ています、それで慌てて解約しようと思ったら、なんと手数料がかかります!しかも7万円ぐらいの解約手数料がかかることにびっくりしました!正直一ヶ月10000円儲けたとしても、一年で12万、でも私が買ったのは安定型で、一年せいぜい5パーセントぐらいの儲けか損です、本当に初めて投資やろうと思ったらやられましたね!質問なんですけど、投資信託赤字になったら、その分自分の口座から引き落とされますか?もしくわ口数が減ってしまいますか?株みたいにゼロにはならず、ずっと待てばいいでしょうか?あとは決算日の時に解約してもその手数料はかかりますか?7万の手数料なんて、その信託買って1年半儲けたとしても解約すればその分手数料になるだけと考えれば、悲ししですね!

www.morningstar.co.jp/FundData/FundRankingReturn.do急激に上がり過ぎたので調整、利益確定売りが大きいと値下がりする。
」購入する時ネット証券限定、店頭で買うと手数料の高い銘柄を優先して売りつけるからネット証券で「ノーロード」そして「管理費の安い」「解約が無料」の銘柄の身に投資すると利益が出る仕組みになって居る。
銀行や証券会社が勧めるのは銀行や証券会社に有利な銘柄、。
これを昔は「客ころし」と呼んだ。
昨年買った銘柄は、全部がプラスになりました。
今、買うのは考えもの。
「下がったら買う」が基本スタンス。
これは上がり過ぎですよ。
www.morningstar.co.jp/FundData/FundRankingReturn.do1年で2倍になった銘柄も在ります。

凄い勘違いされていますね。購入する時にスマート・クオリティ・オープン(安定型)の目論見書を読みましたか。説明書も読まずに使い方が分からないと言っているようなものです。スマート・クオリティ・オープン(安定型)は解約時の手数料は要りません。売却の約定日の基準価格×口数(1万口単位)のお金が返ってきます。あなたの場合は基準価格×74.0888=00円が返ってきます。(約定日の基準価格)質問日の1月16日に約定してるのなら747778円(概算)ほど戻ってきます。672,066円というのは少なめに表示しているんだと思います。投資信託はその日の夜にならないと基準価格が分からないので少なめに金額を表示します。例えばSBI証券では5%割引いて表示されます。あと、75万円分んも投資信託を購入しているので1週間で3500円程の下落は普通の事です。1万口あたり約47円程の下落です。投資信託も株と同じ投資なので上がることもあれば下落もあります。>買う前に質問をする選択は無かったんですか?
投資信託で一括購入を俺は勧めていません
特に今の現状だと騰落の騰だと思うのですよ
3番4番煎じなんて儲かっても薄い利益
そんなところで大勝負してもリスクが高いだけ
それも薄利益の投資信託で!
儲からないとは言いませんよ
投資信託なんて10年20年ぐらいを想定して買う投資なんです
短くても5年は放置して上がるのを待つのが普通なんです
>もう一週間で3500円のマイナスが出ています
こんな考えで投資信託なんてするなよ
呆れ果てるw>解約時の受取額が672,066円となっていますが、これはいつのことでしょうか?今日1万口当たりの基準価額が10,092円となっています。74万口ですと、やく74万7千円になります。3千円ほどの損がでているので、売れば損するだけです。 手数料ですが、申込時および解約時にはかかりません。年約1.7%の信託報酬が日割り計算で取られます。基準価額がその分減ります。 お買いになった投資信託が値下がりしても口座から引き出されることはありません。その投資信託の評価額が下がるだけです。また、口数が減ることもありません。>単純に基準価格がさがったからでしょ
そもそも、なぜその投信を購入したのでしょう
投信なんかは、長期かん保有して利益をだしていきます
必ずりえきがでるとは限りませんがね
銀行あたりで、やると手数料はたかいですよ>勘違いでしょう
10%の手数料なんて普通はないです>

NISAで、投資信託を始めようと思います。

NISAで、投資信託を始めようと思います。
投資初心者です。
証券会社はSBIにします。
質問です。
5年間の期限?があるようですが、例えば投資信託などは、長期に運用しないと意味がないと思います。
5年後は、自動的に次の5年間の枠に移動してくれるんでしょうか?それとも、年間120万円以内×5年間=600万円以内なら、5年を超えてもいい??頭が混乱しそうです。
なんのために始めたいかと言うと、子どもが今2歳なので、18歳になるまでに、教育資金を貯めたいです。
あと16年あるので、最低16年運用したいですが、NISA口座で16年運用はできないでしょうか。
それから、意見としてお聞きしたいのですが、現在、毎月の貯蓄として、財形15000円定期預金8000円終身保険15年払い、月32000円→15年以降600万円児童手当15000円→定期預金口座に移す確定拠出年金月掛け金7000円です。
このうち、終身保険はもう動かせません。
15年払いで15年以降は全解約すれば600万円になります。
確定拠出年金も、企業型なのでやめられません、7000円の額は変えられます。
もったいないのは、絶対に15歳まで使わないと決めている児童手当月15000円を定期預金口座に移していることと、ただ積みたてている定期預金、財形です。
この38000円が、今回の投資の対象です。
しかし全く流動性がないのも困るので、とりあえず、毎月15000円程を投資信託にかけようと思っています。
この15000円は少なくとも15年は引き出さないとして、バランス型の投資信託にかけようと思いますが、この考えはどうでしょうか。
15000円を15年間複利運用すると、幾らくらい増やせるもんでしょうか。
金利計算機で計算すると、まあまあ増えるのかな?と思いますが、実際の投資信託では、年率何パーセントくらいが現実的に狙える範囲なのでしょうか?リターンが狙えるなら、多少リスクを負っても構わないと考えています。
意見をお聞かせください。
よろしくお願い致します、

通常のNISAは、年間の上限が120万円までなので、使わなかった分は無駄になります。
毎月15000円とのことでしたら、来年から導入される「つみたてNISA」のほうがいいような気がします。
今までのNISAとつみたてNISAは全く別の制度で、上限が40万円までのかわりに20年間非課税で運用できる制度です。
15年間は引き出さないでバランスファンドなら、つみたてNISAを利用することをオススメします。
期待できるリターンは、バランスファンドの内訳によりますが、年利回り3~7%ほどが見込めるかと思います。
投資期間が長くとれるのであれば、債券より株式は元本割れのリスクが低く、リターンも高いので、株式比率が高い投資信託を選ぶことをオススメします。
tumitatenisa.com/hokanoseidotonotigai/nisa-chigai現行NISAと、つみたてNISAの詳しい違いはこちらをご覧ください。

ありがとうございます。つみたてNISAの方向で検討します。大変参考になりました!>2017年にNISAで買った投資信託は2021年までの5年間NISAに置けます。
その間売らなければ、2022年にはNISAから外れたの口座、例えば源泉徴収ありの特定口座に移さなければいけません。
NISAは期間限定の特別措置です。>

投資信託に詳しい方、お願いします

投資信託に詳しい方、お願いします10年前に購入(リーマンショック以前)の投資信託が、ようやく元金に戻ってきた感じなのですが、取引報告書の解説をお願いします。
銘柄名:ダイワ日本好配当 数量 :914329口ご投資額 :1000000円 平均取得単価: 10936.98円 評価金額: 906922円 評価単価: 9919円評価損益額: -93078円 評価損益率:- 9.30% ですが、トータルリターンは+¥4万くらいです・・私の場合、今売却すれば、投信価格としては¥-930、78ですが、今までの配当を加えると¥104万くらいと解釈して良いでしょうか・・

koutarou_1228さん>私の場合、今売却すれば、投信価格としては¥-930、78ですが、今までの配当を加えると¥104万くらいと解釈して良いでしょうか・・配当を再投資していないのであれば、その考えで正しいです。

回答ありがとうございます、毎月分配型ですから(ほとんど特別配当)斎藤氏は無いと思いす・・>

投資信託の初心者です 以前にjリートで利益がでたことがあります

投資信託の初心者です 以前にjリートで利益がでたことがあります今チヤートでみると下降していますが 今後を考えて購入する予定です大和証券でと思っていますが手数料を考慮すると口座もあるsmbc日興証券がいいのでしょうか? アドバイスをお願いします。

どこの証券会社を利用するかは、あなた次第では?J-REITの投信は沢山あります。
要は運用会社の選択ではないでしょうか?証券会社はあくまで、販売するだけです。
確かに、販売会社(証券会社、銀行)によって、同じ商品でも販売手数料は異なります。
投信は信託財産によって、信託報酬も異なります。
あなたが、何を重視されているのか?何を証券会社に求めているのか?そこをちゃんとお考えになるのが宜しいかと思います。

ありがとうございます 勉強します。>手数料を考慮するなら、ネット証券しかない。
分散投資でJ-REITを持つならいい。
投信よりも、株式のほうがいい。>はじめまして。
私もリート研究中です。
下記は、日本REITの各銘柄の情報です。
j-reit.jp/
投信を考えられてるとのことですが、その投資先がこれらの銘柄と思います。
ご参考です。>

積立投資信託の全額売却の場合の売却額の計算方法を教えてください。
私は投資初心...

積立投資信託の全額売却の場合の売却額の計算方法を教えてください。
私は投資初心者です。
いろんなところで見かける計算式に従った私の考えた計算結果と、某ネット証券で表示される「概算受渡金額」に開きがあり、このまま引き続き積立を継続するべきか、売却注文を出すべきか判断が付きません。
次の条件で計算してください。
基準価額 14252円(1万口当たり)保有口数 22146口信託財産留保額 0.3%売却手数料無料NISA口座(上限は超えていない)約定日は注文の翌営業日今迄に分配金はありません私の計算式14252×0.997×2.2146=31467円注文画面に表示される「概算受渡金額」 29987円ざっくり計算すると14252×0.95×2.2146=29984なので、信託財産留保額が約5%であるかのような表示です。
私の計算式が何か大きな間違いをしているのでしょうか?約定日が翌日なので、値下がりする可能性を考慮して、あくまで「概算」として少なめに表示しているだけでしょうか?仮に翌日の基準価額に変動がなかったとしたら、実際の売却額は31467円として処理されるでしょうか?それとも29984円で処理されてしまうでしょうか?小数点以下の端数処理で生じるかもしれない数円の変動は無視してください。
私の理解に間違いがあり、計算に必要なパラメタが抜けてたら教えてください。
補足を使って追記いたします。

概算受け渡し金額は、急落した場合その程度は変動する可能性がありますよー、という表示であくまでも概算値。
変動値を5%~10%で仮計算するところが多いみたい。
信託財産留保額は14252×0.3%=42円(小数点以外切り捨て)14252-42=1421014210×2.2146=31469円

個別元本は!?>売却基準価額は 売ってみないと、決まりません(翌営業日の基準価額?)。なので概算受渡金額は 少なめに表示されます。
実際には、その金額より多い場合が多いです。信託財産留保額は 表示どおりの0.3%しか取られません。>

投資信託の積立、五年というのは

投資信託の積立、五年というのは長期ですか、短期ですか

投資信託の積立期間としては、5年は短期でも長期でもなく、中期ということになると存じます。
一般的に、短期は?1年前後、長期は10年以上を指しているケースが多いです。
積立投資を行っていくことは非常に堅実な資産運用です。
納得のいくご選択ができると良いですね。
ご参考になれば幸甚です。

投資信託に限らず、短期が1年未満、中期が1年以上5年未満、長期が5年以上かなと思います。>中期なんじゃないかしら。>

投資信託の商品の違いと特徴について、

投資信託の商品の違いと特徴について、現在、積立nisaでの商品選びをしております。
米国に投資するiFree S&P500インデックスと楽天・全米株式インデックス・ファンドでは前者がアメリカ代表500銘柄、後者が大小企業問わず全体的に網羅する、といった認識です。
両者では、値動きや向き不向きに特徴があるのでしょうか。

2つに対する認識はほぼ間違いありません。
基本的に小型株は、リスクが大きくリターンも大きいです。
とはいっても、S&P500と米国全体では大きな差は出ません。
分散投資という意味では、より広い範囲をカバーしていて、なおかつ信託報酬も安い楽天のほうがオススメです。
tumitatenisa.com/rakuten-zenbeikabushiki

iFree S&P500インデックスは500銘柄。
楽天・全米株式インデックス・ファンドが投資するVTIは約3800銘柄。
同じアメリカで500銘柄と約3800銘柄の違いだけなので質問者さんの認識で良いと思います。
値動きの向き不向きの特徴は無いでしょう。
一般的には分散してる方が下がりにくい、上がりにくいと言われてます。
iFree S&P500インデックスが運営管理料は0.243%
楽天・全米株式インデックス・ファンドの運営管理料が0.1696%
この差で考えるなら僅かに楽天・全米株式インデックス・ファンドが有利かなと思います。>iFreeの該当インデックスは、S&P500に取り上げられている全米500の株式を実際に購入するファンドです。
一方、楽天の該当インデックスは、全米の株式の動きを目指すETF「バンガードトータルマーケットインデックス」を購入するファンドです。
前者は現物株を保有、後者はETFを保有するファンドです。
保有するためのコストは、前者の信託報酬が0.243%、後者が0.1296%で、後者のほうが低い様に見えます。しかし、後者にはETFの段階での信託報酬が入っていません。
また、後者にはETFが受け取る株式配当への現地での税金がどうなっているのかも不安な点です。
どちらも、ほぼ全米の株式に投資する点では同じと考えてよいでしょう。しかし、前者は米国株を直接保有する、後者は米国上場のETFを保有するとの形式です。
保有するコストはほぼ似たようなものですが、詳細には後者のETFの信託報酬や配当の税金関係を調べなければ分かりません。これ以上を知るためには証券会社(楽天証券?)に相談して下さい。>日本で言うところの日経平均225とTOPIXの違いみたいなもん。
とくに向き不向きは感じませんけどね。>

投資についての質問です。

投資についての質問です。
投資信託で月3000円投資しようと考えています。
手数料などあまりコストがかからない投資信託の方がいいのですが現在イオン銀行の口座を持っていてそのままイオン銀行の投資信託口座を開設した方がいいのか他にSBIネット銀行に口座を開設して同時に投資信託の口座を作った方がいいのか悩んでいるので手数料や手間など総合してどこがいいのか教えていただけたらと思います。
あまり口座をいっぱい持っているのもよくないのでしょうか?そこも含めて教えてください。
お願いします。

積立の投資信託なら、ネット証券でノーロード(購入手数料なし)で信託報酬の低いインデックス投信が一番いいです。
SBI証券なら扱っている銘柄も多いので悪くないと思います。

投資信託を買うなら、購入手数料無料のものをネット証券で買えばいいでしょ
SBI証券あたりで
銀行で投資信託を買ってしまう人は、勉強をしていない落第生です
口座は必要に応じてどんどん開設していけばいい>

投資信託を、株式売買みたいに、頻繁に売ったり買ったりする手法というか、そうい...

投資信託を、株式売買みたいに、頻繁に売ったり買ったりする手法というか、そういうやり方ってどうなんですか?補足すみません。
TOPIX連動のやつです。

投資信託には2種類ある。
上場された投資信託(ETF)と非上場の投資信託だ。
ETFは、株式と同じように時価で売買できるので、頻繁な売買は可能だ。
しかし、非上場の投資信託は、時価で売買できないので、頻繁な売買には向かない。
しかも、購入手数料が必要な事も多く、この場合は全く頻繁な売買は不可だ。
TOPIX連動のETFなら頻繁な売買も可能だが、妙味は少ない。
「1570」のようなレバリッジが効いたETFなら、短期売買は妙味が多い。

投資信託の売却価格は翌日の基準価額で決まるので、売却注文出してもいくらで売れるか分からない。
一方株式売買は売買価格はすぐ分かるし分からないと困る。
投資信託を株取引と同じにはできません。>「1306 TOPIX連動型上場投資信託」なら十分に流動性もあるから、株と同じように売買できるので何の問題もないよ
原発事故のときの東京電力みたいに数十%も急落することもないし
まあ、変動幅が少ないので、そこを許容できるかどうかだね>指値売買できませんし、売値も買値も(基準価額)売買してからしか わかりません、翌営業日判明。
取らないものもありますが、販売手数料(1-4%程度)と信託財産留保金(0.1-0.5%程度)を取るものも あります。
あまり効率がいいとは 思えませんが。そう言うやり方なら ETF(上場投資信託)の方が 向いています。>あの、信託ってのは、信用のある人に託すって意味ですよ。>

-投資信託

© 2020 給付金とかで結構ウハウハごめんなさい