投資信託

投資信託は儲かるんですか? たくさん種類がありすぎてわかりません。投資信託

投資信託にかかる手数料について質問させて下さい。

投資信託にかかる手数料について質問させて下さい。
投資信託をする上で申込手数料や信託報酬、信託財産留保額等がかかると思います。
この料金は各銀行や証券会社によって違うのか、または各銀行や証券会社で購入する投資信託の銘柄によって違うのでしょうか?いまいち理解できないので教えて下さい。
よろしくお願いします。

販売手数料は、主に銘柄によって違います。
ですが同じ銘柄でも 銀行や証券会社等販売会社によって 違う場合もあります。
対面販売では 上限の手数料ですが、ネットでは無料か安い場合が多いです。
信託報酬、信託財産留保額は どこで買っても大概同じだと思います。
(4千以上ある公募型投資信託全部を チェックしたわけでは ありません)

回答ありがとうございます。
例えば、
宮崎銀行の場合、
申込手数料 (基準価額に対して最大 3.24%(税込))
SBI証券の場合、
申込手数料(基準価額に対して、最大4.0%(税込4.32%))
とホームページに記載されており、他の信託報酬とかもネットのSBI証券の方が高くなっています。この場合だと宮崎銀行の方が安いという事でしょうか?
自分が買いたい銘柄が宮崎銀行ではいくら、SBIではいくらというふうに比べた方が良いという事でしょうか?
お手数おかけしますがよろしくお願いします。>見てる画面がおかしいね!
購入手数料も信託報酬も信託財産留保額も投信ごとに違うから!あなたが見てるのはその金融機関で扱っている投信の最大値のものでしょ!それはヘッジ文言っていって載せないといけないルールになってるから載せてるだけのもの!全部の投信がそれなわけではない!
本当に見ないといけないのは買おうと思ってる投信の費用!個々に確認しないと!確認してみたら同じ投信なのに宮崎銀行よりSBIのほうが購入手数料が安かったりするかもよ!
ちなみに同じ投信だったらどこで買っても信託報酬と信託財産留保額は同じ!でも同じ投信でも購入手数料は購入する金融機関というか窓口とか方法によって違ったりする!>基本的には投資信託ごとに手数料や信託報酬、信託財産留保額は異なります。
そのうえで、販売会社(証券会社や銀行)でも違ってくる部分があります。
<<販売手数料>>
証券会社、銀行によって異なります。A証券だと2%だけど、B証券だと無料ということもよくあります。このあたりはネット証券とかがやっぱり安いです。
<<信託報酬>>
基本的にはどこで買っても同じです。ただし、一部の証券会社では投信の保有でポイントが貰えるところもあります。こうしたポイントは事実上の信託報酬の還元と考えることができるとすれば、そうしたポイントがあるところがお得といえそうです。
参考:投資信託ポイントサービスの比較
www.toshin-guide.com/sec_bank/ranking_point.html
<<信託財産留保額>>
どこで買っても同じ。>

投資信託をしようと思い、今勉強中です。

投資信託をしようと思い、今勉強中です。
まだ初心者なので、みなさんを呆れさせるかもしれませんが…教えてください。
投資信託は長期保有が原則、複利効果を狙って簡単に解約はしない、年に1回はリバランスでメンテナンスを、などとよく書いてありました。
ただ、分からないのは分配金が無い場合、投資信託は売り値でしか利益は出ないんですよね?基準価格が例えば1万円で購入して、10年で1万5千円になったとしてもそのままガマンした場合、実際売るときに1万円に下がってたってこともあり得るわけですよね?もちろん未来のことは分からないですが、それでも長期保有したほうが賢いのでしょうか。
ある程度「ここまで高値になったら売ろう」と決めて、高値のときに換金する、というやり方が良いように思いますが…。
また「利率年5パーセントで運営できれば…」というような文章を目にしますが、それは分配金がある投資信託の場合でしょうか?分配金が無ければ結局売るとき高値か低値かというだけで、結局は株取引のようにタイミング次第で、利率がどれくらいというのは分からないんじゃ無いかなと思うのですが。
定期預金や保険の返戻率のように、大体の利益の計算は全くできないものなんでしょうか。
(まぁそれが投資なんでしょうが) 「わからないことがわからない」という状況で…すみませんが回答お願いします。
実際に手を出すのはまだまだ先ですね。

資産運用を検討の方は、まず、下記の本を買って読むといいでしょう。
話をするのは、それからですね。
★全面改訂-ほったらかし投資術-朝日新書-山崎元 水瀬ケンイチwww.amazon.co.jp/>もちろん未来のことは分からないですが、それでも長期保有したほうが賢いのでしょうか。
長期保有が賢いでしょうね。
というのは、相場が上がるのか?下がるのか?投資家には分からないからです。
>「利率年5パーセントで運営できれば…」というような文章を目にしますが、それは分配金がある投資信託の場合でしょうか?違います。
キャピタルゲイン(基準価格の値上がり)+インカムゲイン(分配金)の合計です。
>定期預金や保険の返戻率のように、大体の利益の計算は全くできないものなんでしょうか?相場は毎日変動するのですから、計算しようがありません。

書籍ですが、下記サイトをクリックしてください。
www.amazon.co.jp/dp/4022736216/ref=dp_ob_image_bk>投資信託の分配金は利益とは限りません。分配金=利益、分配金が高い(多い)方が良い、というお考えで投資信託を選びますと失敗する可能性が高いです。投資信託自身の運用利益以上に分配金を出しているものも多く、結果として自分の投資元本を取り崩して受け取っているような状態になります。“分配金を沢山受け取って喜んでいたら、投資元本がそれ以上に下がっていた”というケースも少なくありません。また、分配金を受け取っていては複利運用にもなりません。
投資信託が分配金を出しますと、それだけ基準価額が下がります。分配金を出さない投資信託は、投資信託自身の運用利益を内部留保しているので、基準価額(時価)に反映されますし、複利運用になります。
同じ運用をしていて、分配金を出すものと出さないものがあった場合、簡単に説明すると下記のようなイメージです。
・分配金あり:10万円購入→分配金2万円受取→時価10万円
・分配金なし:10万円購入→(分配金なし)→時価12万円
実際には下記のようになっているケースの方が多いかもしれません。計算が合わないと思われるかもしれませんが、こうなるケースも多いです。
・分配金あり:10万円購入→分配金4万円受取→時価6万円
・分配金なし:10万円購入→(分配金なし)→時価11万円
いずれにせよ将来どうなるかは分かりません(損をする可能性もあります)。資産運用の目的、目標金額、運用期間、リスク許容度などのご意向に合った方法・商品を選ぶことが大切です。しかしながら、投資信託を一つ一つ分析するのは難しいと思いますので、せめて費用(手数料)には敏感になってください。基本的には低コストの投資信託を選んだ方が良いと思います。
購入手数料は0%(ノーロード)の方が望ましいですし、信託報酬(運用中の費用)もなるべく安い方が良いです。そして、分配金を受け取る必要が無いのであれば、分配金を出していない投資信託を選んだ方が無難です。
金融機関(証券会社や銀行)に相談に行きますと、手数料の高い投資信託を提案される可能性が高いのでお気を付けください。インターネットでいくらでも調べられますので、ご自身で良い投資信託(合理的な投資信託)を選ぶもの良いと思います。
タイミングを計って売買するのは難しいですから、NISA口座も活用して積み立てからスタートするのも一つの選択肢です。
株式やETFと違って投資信託はリアルタイムでの売買ができないので短期売買には不向きな面があり、長期分散投資が望ましいとは思いますが、目標設定や利益確定などはそれぞれのお考えやお好みでやれば良いと思います。資産運用の選択肢は投資信託だけではありませんので他の金融商品も調べてみるのも一考です。
以上、解り難いかもしれませんが、一つの情報としてお役立ていただければ幸いです。
長文失礼致しました。>大体、投資をするのに、投資信託から入ろうとするから、そう言う小難しい上に全く意味のない事に頭を悩ませて難しいのでは?
私は、思うのですが、投資信託は、色々、小難しく考える人には向いてないよ。
だって、分配金の構造しかり、投資先も海外だったり、時にはデリバティブとか、市場性がないモノを取り扱ってたりするのだし、初心者に分かる訳がない把握してから買おうと言うのが間違い。
そんなに研究熱心なら、株もしくは債券を買えば?と思います。
投資信託のメリットなんて、分からないし銘柄選べないからパッケージにしてくれる事と、パッケージだから倒産はしないって事でフンワリしてるのと、分配金受け取りたい人にはその構造を自分で細かくしなくても提供してくれる事と、個人では買えない知らない投資先(海外とか商品とか)に投資したい人のお手軽な投資手段ってだけな気がします。そんなモノを初心者があーだこーだと考えたり、理解しようとするなら、それは無理なので、株やった方がマシですよ。>

投資信託をしています。

投資信託をしています。
毎月積み立てです。
ニッセイ外国株式インデックスファンドニッセイTOPIXインデックスファンド上記2種類です。
ご存知の様に、1月は良かったのですが2月に入り株価が急落し、それ以降上がったり下がったりといまいちですね。
最も相場と言うのはその様な物でしょうが…収支も若干マイナスになってしまいました。
アメリカ経済もトランプ政権が色々問題あるし…日本もどうなのでしょうかね。
今年の株式相場に関してですが年末にはまた持ち直す傾向はありますか?まだ当面は上がったり下がったりで徐々に上がる可能性は少ないでしょうか?皆さまの見解を伺いたいです。
宜しくお願いします。

失礼ですが・・・lov********さんは長期積み立て投資の「イロハ」をご存じないようですね。
株式市場が上がったり、下がったり・・・そんなことを気にしてどうするっていうんですか? lov********さんは修行が足りなさすぎますね!長期積み立て投資の達人である梅屋敷先生の下記記事でも読んで、「イロハ」を勉強してください。
randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-3397.html

そんな博打みたいなことやってる儲けも少なく終わること多いよね。まずは勝ち方を自分なりに研究したらどうですか?>積立てなら値下がり時にたくさん口数が買える、くらいの気持ちでいた方がよい。相場なんて思惑通りに働かないようにできてる、そう思います。時間を味方に付ける。>そんなものです。投資信託は1-2ヶ月の短期で 考えるものではありません。短期で考えるのでしたら、個別株の方がリスクも大きいですが 余程ましです。少なくともETF(上場投資信託)です。
ドルコスト平均法でしょうから、これから割安で買えます。私は そのくらいのプラス志向の方が いいと思います。
投資判断は自己責任で 御願いしますが。>

投資信託は儲かるんですか?

投資信託は儲かるんですか?たくさん種類がありすぎてわかりません。

私自身は儲かっています。
日本と米国を対象にした投資信託を買っていますが両国共に経済が絶好調なこともあり、ここ2ヶ月で+7パーセントの運用益がでています。
銀行や証券会社の窓口ではなく、出来れば買付手数料のかからないネット証券で買付手数料ゼロで低信託報酬のインデックス型の投資信託をもしくはひふみプラスやジェイリバイブのような良質なアクティブ型の投資信託を買いましょう。

投資信託は情報弱者からお金を巻き上げるための商品なので、基本的に儲からないよ
ごく一部の例外があるだけ
ひふみ投信かニッセイ外国株式インデックスファンドでも買えばいいんじゃない?>儲かってる人がいるという事は損してる人がいるという事です。簡単に言えば賭けですね。損することが嫌なら又は必要なお金ならばやらない方が良いですね。>

-投資信託

© 2020 給付金とかで結構ウハウハごめんなさい