投資信託

投資信託と株式はどちらが投資メリットありますか?投資信託

投資信託は積み立て購入か?一括購入か?

投資信託は積み立て購入か?一括購入か?投資信託の指南書をいくつか読んだのですが、「積み立て派」と「一括派」で分かれています。
販売手数料がかかる商品を積み立てで買い続けると、都度手数料がかかるのでだいぶコストががかかりますが、販売手数料0(ノーロード)の商品を買う際はどちらでもいい、という認識でいいでしょうか?何卒宜しくお願いいたします。

将来の資産形成という目的なら、インデックス投信の積立をおすすめします。
現役を引退した年金世代の人が、生活費の拡充という意味で利用するなら、毎月分配型を一括購入するというのも選択肢の一つです。
ただし、毎月分配型はファンド自体の収益以上の分配金を出して、純資産高が減り続けるものが多いので、良好な運用成績を納めながら適切な分配金を出し続ける商品を見つけ出すことが難しいと思います。
積立、一括いずれにしても、販売手数料に関しては極力ノーロードがいいです。
インデックスファンドであればノーロードのものがほとんどですが、アクティブファンドは販売手数料が必要なものが多いです。
また信託報酬は限りなく低めのものがベターです。
購入、保有にかかるコストは小さいに越したことはありません。

手数料が1%の時、毎月積立1万円なら100円で年間1,200円一括12万円なら1回で1,200円。パーセントの意味わかる?『都度手数料がかかるのでだいぶコストがかかる』ってどんな計算したの?同じファンドを積立で買おうが一括で買おうが大して変わりないと思いますが。また、ノーロードのファンドと手数料がかかるファンドはそもそもモノが違うのだから、手数料比較をするのってナンセンスです。ファンドを選ぶとき手数料から入る人ってお馬鹿だと思います。あなたが何に投資するを考えて決めてください。手数料が1%かかっても5%のリターンを目指せばいい話です。そもそも、投資ってリスクとリターンのパレート最適点を見つけるゲームです。手数料がかかるのは駄目なファンドって直ぐ受け売りの知識をひけらかすお馬鹿が本当に日本人は多いね。白痴のレベルです。笑>はじめまして、投資ブログを運営しているJackと申します。長期投資を前提とする場合は積立、短期投資を前提とする場合は一括で購入したほうが収益率は高くなる傾向があります。もちろん、一括購入する場合はタイミングが重要です。また、基本、積立を行い、金融危機などの明らかな市場暴落時に追加購入する方法も有効です。その他にも投資手法は様々ですので、ご自身に合った方法を見つけられるとよろしいかと思います。販売手数料がかかる商品はやめておいたほうが良いでしょう。>「積み立て派」と「一括派」
経済には騰落がある
この辺りで買っても損しないだろう利回りや差益で儲かるだろう線引きが分かれば一括購入するのも一つの方法だと思う
日本の場合で底や上昇手前の2012/9から日経平均株価で始めたとすれば最大の2.5倍に利回りがプラスα
米国株式で未だに上がり続けているのか?高値圏にある
サブプライムロ-ン問題の元凶の国がサブプライムロ-ン問題前よりも大幅に上昇している訳ですから底で買っていれば儲かるのは必然
更に為替ヘッジを利かせていなければ為替差益でも儲かる
90円で買って110円で売っても20円分が換金時に上乗せ
これだと相当にリタ-ンが期待できる
騰落の落で買っていればの話しで現状が落にあるかと言えばそうでは無い
これが一括購入のリスク
経済が悪くなれば価値も下がり利回りも下がる
買うタイミングによりけりで大きくリタ-ンも期待できる場合もあるが騰落の騰で買えば利回りも少ない
次にそこまで戻る保証はない
元本割れのリスクも無いとは言えない
それに対して積み立ては長期で平均化が出来る
どちらかに偏る可能性が低く安定しやすい
おすすめは経済の底に付いた時に一括購入がオススメ
それが出来ず直ぐにでも運用したい人は積み立てがオススメ>ノーロード以外のものを選ぶのはありえない。一括が有利になるのは、購入以降基準価額が上昇し続ける場合のみ。この場合に限り積立てより有利になる。積立てならば、たとえ購入してから基準価額が下がっても、そこで平均購入価額を下げられるため(ドルコスト平均法)、基準価額が上がり続けていなくても利益は出る。結論:素人は積み立てましょう。>

投資信託初心者です。
NISA口座を A金融会社で つくって 手数料が高いので B金融会...

投資信託初心者です。
NISA口座を A金融会社で つくって 手数料が高いので B金融会社で購入したいのですが NISA口座は移せますか?そしてA金融会社で買ったものは B金融会社でも 販売していたら 今まで購入したのに付け足して買えるのでしょうか?毎月積み立て投資の話です。

AのNISA口座を廃止して、Bに開設すればよいAでの購入は8月でやめて、廃止届を出して、廃止できたら、Bに開設、翌年1月から購入を再開付け足しはできないwww.jsda.or.jp/sonaeru/oshirase/files/150109_NISAkouza.pdfしかし、miura423とtwhi8311が揃って回答とは災難だな

NISAは受渡日ベースで1/1-12/31が 一年で、その間は 一社としか取引できません。
ですので、移せません(買い前だったら A社のNISAを廃止して、B社に移せました)。A社で売ったら NISAから外れます。
なのでNISAでの買い足しは B社ではできません。来年B社に NISAを移せば、同じ銘柄の買い足しはできます。>年度内は 変更出来ません。>NISA口座は数年間の縛りがありますので、B金融会社へは移せません。
同じ金融商品を両方の金融会社の一般の口座で購入することは可能です。>

10兆円分の投資信託を買うことってできますか?それとも買うのに限度額ってある...

10兆円分の投資信託を買うことってできますか?それとも買うのに限度額ってあるんですか?よろしくお願いします。

投資信託を分散して購入すれば可能だと思いますが、かなりの数になるので、国外の投資信託も買わないとね。
でも、おそらく、その様な大口は、外資系ファンドの中に、オイルマネー産油国の何兆円の資金運用しているファンドに一括依頼が楽かな。

そうだったんですか(*´ω`*)目からウロコです。教えてくれてありがとうございます!>他の回答者さんも言っておられますが、
10兆円分買う事が出来る投資信託はないと思います。
信託金の限度額はそれぞれの投資信託ごとに予め決められています。
交付目論見書の中の手続・手数料等お申込みメモのページに
明記してあります。
予め決められている信託金の限度額を
引き上げることはあるようです。
ためしにいくつかの投信の信託金限度額を調べてみました。
グローバルソブリンは10兆円、
それ以外は多いものでも1兆円、2兆円くらいでした。
eMAXIS Slimインデックスシリーズは5,000億円、 3,000億円でした。
信託金限度額はその投信が投資する資産の市場規模の
大小によって違って来ます。
理由はわかりませんが、
インデックスファンドよりアクティブファンドの方が
信託金限度額が大きくなる傾向が有るようです。>日本の投資信託史上最大のグローバルソブリンが純資産高5兆円でしたからその倍ですね。投資信託は、一般的に信託金の限度額を儲けていますから、いきなり10兆円は買えないでしょうね。
人気が出て購入額が増えたり、運用成績がよく純資産高が信託金の限度額に近づいた時は信託金の限度額を引き上げることがあります。>10兆円あるなら投資することないんやで?>

投資信託の普通分配金には20.315%の税金がかかりますよね。
そこで質問です。

投資信託の普通分配金には20.315%の税金がかかりますよね。
そこで質問です。
①二重課税となるため、分配金は相続税の対象になりませんよね?②投資信託を相続する際、被相続人が分配金を再投資していた場合、分配金再投資分は相続税対象となりますか?

分配金にかかる税は、被相続人の所得にかかる税であり、被相続人が払う税金です。
相続税は、相続する人が相続する財産にかかる税金なので、2重課税とはならないから、①の場合分配金も相続税の対象となるし、②の場合分配金の再投資分も相続税の対象となります。
2重課税というなら、相続人が相続した財産に対して2度税金を払う場合ですが、今回の場合は違います。

①二重課税となるため、分配金は相続税の対象になりませんよね?
残った分配金が現金預金など何らかの財産として存在していれば、相続税の課税対象財産になります。
②投資信託を相続する際、被相続人が分配金を再投資していた場合、分配金再投資分は相続税対象となりますか?
上記①の回答のとおり、再投資分も相続税の課税対象財産です。
ちなみに今の日本の相続税は、考え方が遺産取得税ですから所得税との2重課税は起きませんよ。
英米などの遺産税という考え方なら2重課税となります。>

投資信託と株式はどちらが投資メリットありますか?

投資信託と株式はどちらが投資メリットありますか?

それなりの知識があって手間暇かけられるなら株式。
そんな暇がないなら投信。
当たり前のはなしだけどコストは投信のほうが高いです。
ノーロードでも信託報酬はかかるし、銘柄売買時の手数料はファンド内で負担して基準価格に反映されます。
なのでノーロードだから投信のほうが有利なんてことは起こりえません☆

株式型の投資信託と比べた場合ですが、投資信託は信託手数料以外に、購入手数料や信託財産留保額が発生する可能性があります。メリットとしては、複数の株式を購入しているので、どこかが破綻してもゼロにはなりません。株式は前者とは逆に証券会社による購入手数料のみで済みます。但し、投資信託がノーロード(購入手数料無料)の場合は、「買付けだけ」で言えば投資信託の方がメリットになります。株式のメリットは個別株ですので、株価が大きく上がれば、その分利益が増えます。反対に、会社が破綻すれば株は紙切れと化します。どちらがメリットを取るかはご質問者様のリスク許容範囲に合わせられるかどうかかと存じます。ご参考にして頂ければ幸いです。>

-投資信託

© 2020 給付金とかで結構ウハウハごめんなさい