投資信託

義母が投資信託を始めました。 義母が最近投資信託を始めたようで、私...投資信託

投資信託は続けるべきものなの?

投資信託は続けるべきものなの?皆さん積立されてたり、よく勧められたりしますが。


信託ってなんかやる気起きないんですよね。


自分で勉強してやったほうがいいんじゃないか?という考えがよぎります。
別に投資のスタートとして勉強になるならいいんですが任せている状態で勉強になるのだろうか?といった気持ちです。
時間がないから投資信託をするのか、投資とかわかんないけどとりあえず預金はヤバいなと思った人が投資信託するのか。


投資信託ってどういうときにやればいいんでしょう?

数年先まで寝かしておける金があればやればよい。
数カ月で右往左往する金なら銀行に置いておく。
先を見ることはできないが、世界の経済規模拡大の背景から、新興国などの発展の余地があれば飽和した先進国にも投資先があるし、技術革新は止まらないので、長期的トレンドはup方向。
積み立て継続は、波があってもドルコスト法でプラスになる。
現状プラスのものはしばらくup方向。
突発的な大不況は数年程度で脱却。
ファンドは、「任せている状態」ではない。
まとめているだけで、日経平均に連動するもののようにそれを運用するルール内で固定してるだけ。
個人株やFXのように運用担当が勝手に予想して売買やっているものでない。
投資分野をまとめている分野を応援するイメージで自分で決める・自分で運用すること。

個人で投資しにくい地域を対象としている投信は買ってました。
売り時が難しいです。>投資信託がご自分の性格に合わないと感じられるのなら、おやめになった方が良いのではないでしょうか?
自分に合わない投資を無理に続けるべきではありません。
あなたが良く勉強、研究されて、納得できる投資先に投資をしてください。>証券会社や銀行はすすめるでしょうね。手数料や信託報酬が入るんで。似たような性格のETFはすすめませんけどね。手数料低くて儲からないから。でも使い勝手はいいですけどね。資産の一部は投信で持ってますが、投信にもそれぞれ商品に個性があるので値動きは違います。この超低金利時代、10年15年スパンで手をつけなくてもいい資金があるなら投資信託にして持っておいても良いと思います。自由に出し入れも出来るので、もっと魅力的な金融商品を見つけたら、そっちに乗り換えたっていい。それまで一時的に投信にしておくってことでもいいと思います。売買手数料無料の商品もありますしね。私の投信の使い方はそんな感じです。個別銘柄も持ってます。これはこれで別の楽しみがあります。>投資信託を銀行の窓口で買った場合、手数料だけで3%は最初に取られます。100万投資しようとして、3万は引かれて97万です。自分でETF を買えば恐らくコストは1000円未満。ノーロードのインデックス投信を買えば手数料ゼロ。投資信託を買うのは全然悪くないけど、ある程度勉強して、銀行の窓口で高い手数料の投資信託をつかまされなきゃいいと思います。>投資信託も時代によって、違うでしょう。
高度成長の頃は銀行預金より儲かると
して人気でした。そりゃ、大金があれば
土地を買うのが良かった時代。住宅ローン
最も安い金融公庫の金利が5.5%の時代
です。労金の住宅ローンは12%だった。
私もその頃、よく投資信託を買いました。
当時は最低百万円は必要で満期は2年
だった。2年を過ぎると、皆さんが解約
するので投資効率は落ちる。そこで、
解約して、新しく次の投資信託を買う。
不動産バブルも終わりのころは、一口
10万円で半年満期になっていた。配当
金利は年率、16%でした。当時は
配当に税金は、かからなかった?
20%の税金がかかるように
なったのは、いつ頃でしたか?
最近は小口で申し込めるし、満期
というのもあるのかな? 日本の
高度成長時代に比べて、配当利回り
は、ぐーんと、少なくなっている。
私は今では、投資信託は、まったく
やりません。やっているのは主とし
て株です。今の投資信託は、銀行
貯金するくらいなら、投資信託の
方が金利は高い。株は自分で考え
なくちゃ、なりませんから、面倒な
方や、忙しい方には、投資信託は、
お勧めです。>

投資信託で複利?

投資信託で複利?投資信託のパンフレットなんかを見ると複利で増えるようなシミュレーションが出ています。
でも、投資信託で複利で増えるイメージが湧きません。
どういう仕組みなのでしょうか?株や債券を混ぜた金融商品を買っているだけというイメージでおり、それであれば値上がりの差益だけしか取れない気がするのですが。

株式からの配当や債券の利子を分配金に回さず、ファンド内部で再投資すれば複利効果が得られます分配金を出す場合、複利効果は得られないもしくは限定的です

はじめに選ぶ再投資/受け取りというのが複利に関係するんですね>

投資信託の質問です。

投資信託の質問です。
日本厳選プレミアムというのを購入したのですが、1万円を超えてたら、分配金がもらえるのですが、その分配金が、6月8日と12月8日です。
明日が、分配金の12月8日なんですが、12月7日の終値で、12月8日に振り込まれるのか、もしくは、12月8日の終値で、翌営業に振り込まれるのですか?わかる方教えて下さい。
宜しくお願い致します。

分配型の投資信託の分配金の支払日については下記サイトを読んでください。
www.morningstar.co.jp/moneyschool/fund/d53.html通常は、決算日から5日目(休日は含まない)以降に支払われます。
従って、12月8日決算の場合、分配金は15日以降に支払われます。
正確な日を知りたければ、国際証券・フリーダイヤル(0120-151034)へ電話されるといいでしょう。
★日本厳選プレミアム(年2回決算型)の評価は下記サイトを読んでください。
558110.info/nihongensen-premiumkabushikiopen.html

早々の回答ありがとうございます。今のところ、分配金がギリギリ入る1万円弱です。明日どうなるかです・・・。評価のデータもありがとうございます。確かに、銀行が素人の私に、勧めてきた商権です。やはり、勧められて購入するんじゃなく、自身で勉強しないとダメですね。>分配金もらって喜んでいても仕方ないですよ。分配金は純資産から出るから、運用している資金を解約してるのと同じですよ。>

投資信託についてです。

投資信託についてです。
100万投資しました。
毎月の分配型で解約時に毎月のプラス分が返ってくる感じです。
説明下手ですいません。
買ったときは基準額が12700円くらいでした。
今14500円くらいです。
解約するべきなんですか?補足NISSEI AI関連ファンドです!

>NISSEI AI関連ファンドです!「ニッセイ AI関連株式ファンド(為替ヘッジあり)」でしょうか?ファンド名は正確に書いてくださいね。
www.morningstar.co.jp/FundData/SnapShot.do?fnc=2016113004今のところは運用成績はプラスですが、このような「テーマ型」ファンドの命は短いのが通例です。
長期運用には向きませんから。
利益が出ているうちに解約するのがベターです。
「テーマ型」投資信託については下記サイトを読んでおくと勉強になるでしょう。
zuuonline.com/archives/140220「ニッセイ AI関連株式ファンド(為替ヘッジあり)」は過去1年間で30%近いリターンが出ていますが、下記サイトで検索すれば、もっと運用成績が良いファンドは山ほどあります。
「テーマ型」ファンドは止めて、一般的なファンドを長期保有されたらよろしいのでは?www.morningstar.co.jp/FundData/FundRankingReturn.do

損得関係ないので教えますけど、別の回答者さんが答えてるとおり、毎月の配当型は利益が出てるうちに止めたほうがいいです。そのあと投資したいなら、長期型で商品の運用バランスをなるべく回数を抑えて・かつ損切りを見極めて変更していけば(これがすごく難しいのですが・・)ほぼ確実に儲かります。短期での配当型(毎月とか2ヶ月に一回)はファンド会社を手数料で儲けさせるだけで投資家は騙されてるだけです。>基準価額+分配金が、今の基準価額よりも増えると思うなら保有しべきです。下がると思うなら解約して、利益を確定すべきです。ただ、株価が上がるか下がるかはファンドマネージャーでも、判断が難しいはずです。>

投資信託について質問です。

投資信託について質問です。
NYダウが、最高値を更新中にも関わらず、私の持っている『健次ファンド』は、まったく上がりません。
分野的に、ヘルスケアが不調なのでしょうか?また、この先、浮上する可能性は、あるのでしょうか?わかる方、教えて下さい。

ダウに連動はしないかもしれませんが、するかもしれません。
この辺は分かりませんが可能性としては連動し難いと思います。
目論見書を拝見した投資信託の個人的所所感ですが、かなりのハイリスク型ファンドかと存じます。
世の中の沢山の分野があるのにも関わらず、バイオテクノロジー・ヘルスケアに絞っていますので、安定した値動きは全くもって期待できません。
それと、無意味に尋常ではない程の分配金を出して一貫性がありません。
純資産は2358億円とかなり高い水準ですが、4000億円から逃げられています。
また、致命的なのが信託報酬が年率2.376%です。
100万円預けて基準価格が1年間動かなければ2万3760円も持っていかれます。
信託報酬は「バケツの底に空いた穴」です。
判定としては宜しくはないファンドかと存じます。
ただ、この先の未来の事は誰一人として予測はつきません。
このファンドが浮上する可能性は分からないです。
だからこそ、自己の目でしっかりとした投信を選ぶべきではないでしょうか。
ご参考にして頂ければ幸いです。

ありがとうございます。大変勉強になり感謝しております。素人の私に、銀行さんが、提案してきたアイテムです。>

投資信託について質問します。

投資信託について質問します。
よく雑誌などで「一度仕組みを作ればほったらかしでOK!」というような文を見かけるのですが、なぜほったらかしで利益が出るのか等の理由まで書かれたものをあまり見かけません。
プロが運営してくれるから大丈夫と言いますが、本当に損は発生しないのでしょうか?初心者丸出しの質問ですが、教えていただけると助かります。

「一度仕組みを作ればほったらかしでOK!」そんな話聞いたことないです。
あなたはどうせ素人で分からないんだから、むやみやたらと何かせずに放っておけば、というぐらいのニュアンスだと思いますよ。
> プロが運営してくれるから大丈夫と言いますそれも聞いたことはないです。
彼らは、我々が払う手数料で食っているという点では職業人(プロ)ですが、投資している金融商品の先が読めないことにおいては、我々とそう大きくは変わらないからですよ。
いろいろ理由を付けてアレがいい、コレがいいと考えますが、それが当たるかどうかは別の話だからです。
今は景気がいいので、利益が出ている投資信託が多いですが、このような時期であれば素人がやっても大差ありません。

「一度仕組みを作ればほったらかしでOK!」というのは、「積立での投資信託購入」を前提にした話だと思います。
毎月同じ金額ずつ投資信託を購入する場合(ドルコスト平均法といいます)、自動的に「値段が安いときには多く買い、値段が高いときには少なく買う」ことになりますので、平均購入単価を下げることができます。
例えば、金融機関で、「つみたてNISA」での積立を開始すれば、この仕組みができあがります。これを目安として10年以上続けると、かなり効果が出てきます。
とはいえ、最終的には、平均購入単価より高い値段で売らないと利益が出ないので、ある程度長期的な成長が見込まれるような対象に投資をすることが大切です。
その意味で、日本の株式で運用する投資信託よりも、海外の先進国・新興国の株式で運用する投資信託を個人的にはお勧めします。
値動きのあるものですので、「絶対に損をしない」ということはありえませんが、「損をしにくくなる」仕組みであることは間違いありません。
積立に関しては、以下の金融庁のサイトも参考にしてください。
www.fsa.go.jp/policy/nisa2/about/tsumitate/guide/index.html>>「一度仕組みを作ればほったらかしでOK!」そう書いている本は確かにあります。ほったらかしですが年に1,2度ほど確認してリバランスは必要とありました。(私が読んだ本には)理由の一つは投資先がインデックス投信で日経平均やTOPIX、先進国株式に国内・先進国債券なのでわざわざ基準価格を頻繁にみる必要は無いということでしょう。積立NISAを20年続けるのと同じです。同じ投信に20年も積み立てるのなら基準価格は関係ないわけで、お金を用意して積立設定をすれば後は自動的にしてくれる。ほったらかしともいえます。一応、世界経済は成長していくと前提の下でやっているので長い時間を掛ければ儲けになるという考えです。インデックス投信なのでプロがやっているというよりベンチマークに沿うようにコンピューターで配分を決めています。(株式の投信の場合)投資なので不景気になれば基準価格は下落するので損を出すこともあります。>何十年という期間でみれば、株価は上昇しているから
ただそれだけの理由
まあ、実際は「失われた20年」のように長期間株価が低迷することもあるし、リーマンショックで数分の一になることもある
「失われた20年」は例外だから、といって無視している無責任な人もいますけど>因みに50万円の損失出ましたね。リーマンショックでヤられました。>

投資信託の商品について質問があります。

投資信託の商品について質問があります。
投資初心者の30代女性です。
半年前より、iDeCo (個人型確定拠出年金)にてSBI証券にて毎月23000円運用しています。
まだ余剰金があるので、来月よりSBI証券にてつみたてNISAの運用を毎月約20000円予定しています。
そこで一つ質問です。
現在SBI証券のiDeCoで①EXE-i 新興国株式ファンドを毎月約7000円運用しています。
(信託報酬(税込) 0.23%)SBI証券のつみたてNISAの商品を調べたところ、②SBI-EXE-i つみたて新興国株式ファンド という商品がありました。
(信託報酬(税込)0.1948%程度)①と②の信託報酬の差が約0.04%あります。
長期投資の場合信託報酬が少ないほうがメリットがあるため①のiDeCoは他の先進国等に変更し、②のにて同額つみたてNISAで運用したほうがいいのでしょうか もしくは0.04%の差なのでそのままのほうがよいのでしょうか。

私が同じような状況なら、その程度の差は考慮しませんね。
0.3%を下回っているなら、長期投資ではほぼ無視できるでしょう。

投資金額が1000万円もあれば、0.04%というのは差が出てきますが、100万円、200万円なら「誤差」の範囲でしょうね。下記サイトには、信託報酬の違いによる20年間の計算があるので見てください。www.toushin.com/beginner/indexfunds/impact-of-cost/従って、どちらでもいいということです。しかし、先進国株式を保有していないなら、新興国株式より先に、先進国株式を保有すべきでしょうね。>「ペーパーマネーから実物資産へ」「株を売れ、金を買え」という主張があります。
欧米日の3地域で激しい量的緩和政策を実施しました。
NHKでは、世界の債務額は、史上最大と報道しました。
誰か忘れましたが、「史上最大のバブルがはじける」という意見もあります。
投資は、全体像が分からないと危険です。
かなり慎重に進むことをお勧めします。
ウォーレン・バフェットや、ジム・ロジャーズもかなり慎重な人です。>

投資信託について質問です

投資信託について質問です初心者で、よく分からないのですが、毎月分配型というのは、例えば、毎月の分配額が100円となってて標準価額が、3000円だとして、例えば、9000円分投資したとします。
その場合は、次回の分配額は、100円の3倍の300円なのでしょうか?

分配金の額は定額ではありませんが、その計算で基本的には合っています。
ただ長期的な視点で考えると、毎月分配型はおススメしません。
日本でしか人気のない商品ですが分配する度に標準価額が下がり、毎月ほんの少しのお小遣いをもらうに終始してしまいます。
投資信託をやめるときに投資した額とほぼ変わらない、又はその時より下がった額が帰ってくるだけで、損するケースが多いです。
毎月もらってるからなんとなく得した気になるだけです。
毎月運用するための手数料や、購入時も高い手数料取られますからね、毎月分配された額なんて毎月飛びますよ。
それよりも年に1回とかの決済でいいから、どんどん標準価額を上げてもらった方が儲かりますよ。
解約したときに大きな額が手に入ります。
分配しない方が、運用会社もどんどん投資できるので、成長性があるのです。
同じような理由で、配当が高い株もダメとはいいませんがあまりオススメはしません。
面白い例がありまして。
時価総額世界一位のiPhoneとか作ってるアップルって基本配当出さないんですよ。
配当金を出さない分、企業の成長にお金を使ってるんです。
ただ7年前だかに一度配当を出したことがあったんですが、その時ガクッと株価下がったんですね。
海外投資家からしてみたら、なんで分配金なんか出すんだ、と。
価値観の違いって面白いですね。

ありがとうございます~。
何かお勧め!というものは
ないでしょうか?>

投資信託の儲けのことで教えてください。

投資信託の儲けのことで教えてください。
評価額=保有口数×基準価額÷1万口ということは、保有口数が多い程、基準価額が高くなる程、評価額が上がり資産が増えると思うんですが、よくサイトを見ると基準価額の高さが儲けとは関係無いと載っていますが、例えば新しく出来た投資信託の商品が基準価額10000円で1口1円でスタートしたとして10000円で10000口買えたが、10年経って基準価額20000円になると1口2円になり、1万円で買えるのは、5000口になりますよね。
そうなると基準価額が低い時に買う方がお得な感じがするんですが…。

おっしゃる通り、基本的には基準価格が安い時に買って、基準価格が値上がりしてから売れば、利ざやが得られます。
特にインデックス型の投資信託の場合には、指数に基準価格が連動しますので、この利ざやで儲けるのがメインです。
ただ、多くの投資信託は分配金を出します。
分配金をたくさん出す投資信託の場合、単純に基準価格で価値を見ることはできません。
目論見書などには分配金込の場合の基準価格の推移のグラフなどが記載されていますので確認してみて下さい。

回答ありがとうござます。長期投資を考えており、複利の方ばかり目が行っていましたが、そういう儲け方があるんですね。参考になりました。>「よくサイトを見ると基準価額の高さが儲けとは関係無いと載っていますが・・・」
あなたはこの言葉の意味を勘違いしています。
基準価額が1万円だからお買い得だとか、2万円だから高いとは言えないという意味です。
儲かる儲からないは基準価額の高い低いでは判断出来ません。
その投信が保有する資産の価格がまだまだ上がるなら、基準価額が2万円・3万円でも高いとは言えませんし、上がらないなら1万円でも安くはありませんしお買い得でもありません。
ある投信の基準価額が1万円でスタートしたものが時間をかけて2万円まで上昇するとしたら、1万円の時に買った方がお得なのは当たり前の話です。>

義母が投資信託を始めました。

義母が投資信託を始めました。
義母が最近投資信託を始めたようで、私たち夫婦にも投資信託をおすすめしてきます。
確実に儲かるものではないですし、私は乗り気ではありません。
義母は「投資信託はギャンブルじゃない」「私が絶対損させないから」「いろんな種類を買って、どんどん良いものを選べば損することはない」と、漫画のようなセリフを言います。
私はやりませんと言っていますが、夫は言い負かされて「ちょっとくらいなら」と言い出しています。
私が思っているほど投資信託は大損するような商品ではないのでしょうか…?わたしがビビりすぎなだけなのでしょうか。

話を聞く限り義母は投資信託のメリットしか見えておらずデメリットや損する人もいるということがわかってないのか見えていないように思います。
私自身、投資信託のことを少しネットで調べたら程度なのでうまく伝えられないのですが、義母に投資信託でも損することがある、デメリットもあるということをうまく伝える方法はないでしょうか??

投資と言うのは、自分が分からない物に手を出してはいけません。
義母さんは、素人ですね。
日本株はここ数年アベノミクス相場で上昇トレンドが続きました。
猫でも猿でも儲かる地合いだったのです。
おそらく、義母さんは、儲かっている時期しか知らないのでしょう。
でも、これからはそうはいきません。
ダウ30は9年間上昇の現在バブルの終わり頃?と言われ、いつ、リーマンショック並みの大暴落が起きてもおかしくはない地合いです。
中国の不動産もすっ高値のチャート形状で、いつ暴落してもおかしくないです。
今から始めると、大きな暴落に巻き込まれる可能性大ですよ。
義母さんは、のらりくらりとかわしましょう。
もっと勉強してから、とか何と言って、適当に誤魔化して。
そのうち暴落が来れば、彼女も身をもってわかる日が来るはずです。
旦那さんには、説得ですね。
投資信託で儲けるためには、相応のロジックがあるのですが、それをちゃんと書かれている本も少ないし、きちんと教えてくれる場所はまず皆無です。
銀行や証券会社主催のセミナーなんてダメですよ(いいことしか言わないから)。
そして、投資信託で儲かるロジックが分かる位の金融知識が身に付いた人は、もう投資信託なんて馬鹿らしくてやらなくなる。
うーん、投資信託の達人が、この世にいないゆえんですな。
とにかく分からない物はやらない。
やりたければ、解るまで勉強する。
これに付きます。

大人のたしなみとして、投資信託ごときで何をビビっているのか。笑『絶対損させない』は間違いですが、頭の体操みたいなものです。いい大人が経済もわからないのもちょっとどうかと思います。チャート見せて、損するパターンを示せばいいんじゃない。>投資信託は、手数料が複雑で、買付手数料、信託報酬、信託財産留保額等、いろいろとられる上に、基準価格の設定も曖昧なため、運用会社と販売会社が儲かる仕組みになっていて、投資家が損をする商品です。
しかも営業マンは投資信託を売りたいがために、手数料の説明はほとんどしません。
少なくとも上記3つの手数料がいくらなのか、義母がきちんと答えられるか試してみてはいかかでしょうか?
投資信託はハイリスクローリターン商品です。>投資信託自体は、そんなに悪い商品とは言い切れませんが、身内に無理に勧めるものじゃないと思います。気持ちはわかりますよ。自分なら、人様が己れを差し置いて他人様に利益をくれるわけ無いじやないか、投資信託なんて、投資するお金を誰かを信じて託すわけだから、私はそこまで誰かを信じませんよと言いますね。資金運用の手段ですが、自分に運用していく自信がないからプロに任せる理屈ですが、いつでも資金を引き上げるようにしておかないと。>思ったようにはなりません。
リスクがつきものです。
素人が簡単に始めますが、ほとんどは大損こいてる事実を認めることです。
かく言う私もUリートBという投信で180万円損しました。>

-投資信託

© 2020 給付金とかで結構ウハウハごめんなさい