財務

財務省の事務次官は辞職しましたが、 セクハラをしてないのなら辞職す...財務

財務省の政務次官のセクハラってテレ朝のハニートラップなんでしょうか?一年半も...

財務省の政務次官のセクハラってテレ朝のハニートラップなんでしょうか?一年半も放置していたのも疑問が残る

さすがに、あんな恥ずかしい話録音されていたら、裁判だ、ハニートラップだと言いたくなると思うが、報道局員とわかっていての話なんで日ごろの態度が表に出ただしょう。
まさか、こんなわかり易いハニートラップに掛かるほど、頭が悪いわけじゃ無いでしょう。
事務次官VS女性記者 という力関係からも、また会話の幼稚な点からも単に相手をなめきっても良い立場に慣れ切っていたんでしょうね そういう店でもね なお、ハラスメントの告発に時間がかかるのは、立場の強さの違いから当然です。
自分が立場の強いものからハラスメント受けた時のこと考えればわかりませんか?

「テレ朝」自体が、平気で視聴者にウソをついたり、騙したりする会社だから仕方がない。
あの会社有りて、あの女性記者有り、なんでしょうな。
土壌が悪くて、ろくなものが育たない。
「テレ朝」が自分のところのワイドショー(モーニングショー)で流した「録音した会話テロップ」がある。これが今回の真相を解く「重要なカギ」となる。
「女」が
①どういう目的で『二人きり』で会いに行き、
②当初なぜ「テレ朝」は報道を控え、
③なぜ「新潮」に「ネタ」を売ったのか
という、「真相」に迫るカギ。
「思慮が浅すぎて、正直に編集」してしまい「思わず『馬脚』を露わした」場面。笑
●テレ朝ワイドショーでの一番最初の「録音内容」のテロップ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
福田「キスする?」
女性記者「じゃ、キスする記者になんか良い情報あげようとは思わない?」←ココ
福田「そりゃ思うよ」
女性記者「ええ?本当ですか?」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●これを放送した後に次のように慌てて修正
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
福田「キスする?」
女性記者「じゃ、キスする記者になんか良い情報あげようとは思わない」←ココ
福田「そりゃ思うよ」
女性記者「ええ?本当ですか?」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・・・テレ朝が「録音内容」に基づき、最初に「録音の通りに書き起こしたもの」が
『女性記者「じゃ、キスする記者になんか良い情報あげようとは思わない?」』の「?」のイントネーション部分。
これだと、いかにも「女から誘ってる」セリフに聞こえるから、「視聴者の指摘」だか「局内からの指摘」だか知らんが、放送中にそれを無理に『女性記者「じゃ、キスする記者になんか良い情報あげようとは思わない」』に訂正し、わざわざご丁寧に「ここは『?』ではなく、『語尾は断定』でした」と苦しい釈明をしていた。
「録音の通り」に書き起こし、複数のスタッフで確認し、リハーサルまでやったのだから、「最初の(訂正する前の)もの」が「録音を耳で聞いたとおりのイントネーション」に他ならない。
・・・それは、「無理に訂正」したもんだから、「その前後の会話が全く成り立たない」ものに変わってしまったことからも容易にわかる。
・・・おそらく、テレ朝サイドは、今は毎日必死に徹夜状態で「新たなるツギハギ編集」を行っているはず。
上司から「早くしろ!」と怒鳴られながら、「ったく、なんで俺がこんなこと・・・」ブチブチ独り言で文句言いながら編集する下っ端の担当者の姿が目に浮かぶよう。笑
・・・で、部分的に、ある程度出来上がった時点で「検討会議」にかけられる。
出来上がった編集録音を流しながら、「これはOK。いい出来だ」「これはダメ。再編集しろ」「もっとうまく編集できんのか?」とかなんとか、お粗末な(失礼!笑)頭を寄せ合って、なんとか、またまた「お人好し」程度の人間なら騙せるものを創り上げる。
そして、グイーンと胸張って、(ドヤ?すごいもんだろ?、と自画自賛しながら)お偉いさんが会見を開いて公表する。笑
・・・まあ、そんなチンケな偽りものはネット住民達には一発で見透かされますから、せいぜい「2~3日の話題」にしかなならないけどね。10日徹夜して、2~3日しか通用しないんだから、やらされている(?)担当者には気の毒な話ではある。
・・・結局、マスコミに就職したくせに、「皆さーん、この人は『二人きりで会っている時』にこういう事を言ったんですよー」と、「週刊誌」を通して「二人きりでいるときの痴話」をわざわざ「世間」にチクることしかできないんだから、幼稚としか言いようがない。
本当にイヤであれば、立派な学歴やキャリア・知識を持った大人なんだから「週刊誌」にチクってる暇があったら、弁護士等を通じてきちんと抗議すれば良いだけの話。>ハニートラップというのは売名だったり恐喝のネタを得る為とか何らかの利益を得るために行うものであり、テレ朝は今回のことで何も利益を得ていませんからハニートラップではないでしょうね。>被害者女性記者が告発して、次官らしき音声データが公開されているので、セクハラが濃厚ではないでしょうか、マスコミ・野党はそう決めつけて反対意見は排除しています。しかし、テレビ朝日の対応も不審な点が多いため、更に新たな犯罪?も現れてくるかも知れません。>さすがに、あんな恥ずかしい話録音されていたら、裁判だ、ハニートラップだと言いたくなると思うが、報道局員とわかっていての話なんで日ごろの態度が表に出ただしょう。
まさか、こんなわかり易いハニートラップに掛かるほど、頭が悪いわけじゃ無いでしょう。
事務次官VS女性記者 という力関係からも、また会話の幼稚な点からも単に相手をなめきっても良い立場に慣れ切っていたんでしょうね
そういう店でもね
なお、ハラスメントの告発に時間がかかるのは、立場の強さの違いから当然です。
自分が立場の強いものからハラスメント受けた時のこと考えればわかりませんか?>女性記者が上司にセクハラがあったことを報告したのは最後に録音した
4月4日の後で、報告を受け上司はなるべく2人きりで会わないようにと指示をした。
この時期に報道すると政治的な意図があると誤解を招く、セクハラ報道は難しく仮に放送しても2次被害がある、ということで報道は見送られた。
で、女性記者はこの話を知り合いの新潮の編集者に話をしたら、じゃあ
うちで扱いますよということで新潮での報道となった。謝礼等は無し。
で、実際に報道してみたら案の定、
ハニートラップだの倒閣運動だの言い出す輩がわらわら出てきて
まぁ上司の予想通りでしたねと、そんな感じ。
テレ朝の上層部が報告を受けたのが16日のおそくだそうで、テレ朝本体としては社員を守るもなにも報告を受けていないので何もできないってのが実態で、直近の上司としては2人きりで会わなければ女性記者の身に
危険は及ばず問題ないので上へは話を上げなかったようだ。>

財務省 福田淳一事務次官の辞任で、テレビ朝日以外の 財研 女性記者が me too 運動...

財務省 福田淳一事務次官の辞任で、テレビ朝日以外の 財研 女性記者が me too 運動に発展しないでしょうか、補足財研 = 財政研究会 (財務省記者クラブ)

女性の人権の低い日本では難しいでしょうね。
テレ朝の女性記者も、上司に相談したが放送はできないと言われて、週刊新潮に渡したと言っています。
日本人はセクハラは悪いという感情が、薄いように思います。

発展はしないな。
恐らく、「私も・・・」、という人は結構いるだろうが、
取材先のリークは、いかなる場合であっても、NGというのがブンヤ界の掟だ。
彼女らはそれを知っている。が、(それだけに)このリークした女性を守ろう、とする気持ちは大きいだろうな。>記者は出れないらしく、国会議員が代わりに財務省に押し掛けましたが、無視されたかで激しい言い合いになってましたテレビでは。>

財務省のセクハラ問題で、記者クラブが抗議文を出したとの

財務省のセクハラ問題で、記者クラブが抗議文を出したとの事ですが、その抗議文の中に名前を入れていない会社があるのはなぜですか?

この文面から察すると、貴方の方が詳しいのではないですか? どこが名前をいれず、どうしてなのですか?

財務省の福田事務次官は、たとえ新潮社との裁判に勝ったとしても、この先世間の目...

財務省の福田事務次官は、たとえ新潮社との裁判に勝ったとしても、この先世間の目が厳しいと思うんですが、精神的に耐えられるのでしょうか?

確かにそうですね。
おっしゃる通りです。
年齢が50代ですので。
家のローン、子どもがいたら学費がいる。
莫大な退職金もほしい。
奥さんは「歯をくいしばっても耐えてこい。
」と背中を押しているのかもです。
このまま辞職したら。
再就職先でも「セクハラのおっさん」と笑われますね。
お子さんも「お前の父ちゃんスケベ。
」とからかわれますね。
辞めたら「普通の人以下。
」の扱いを受けて生きていかないといけないし。
何とか名誉を回復したいのだとおもいます。
しかしあの会話を聞いていますと。
何となく、女性記者には気を許していたとおもいます。
プライベートな時間帯に彼をインタビューしていたら。
お酒が入っていたかもしれないですし。
ホステスさんのいる場所でふざけた会話が女性記者に飛び火した可能性があるとおもいます。
国会内の部屋や、業務中にあの会話はセクハラでアウトだと思いますが。
オフで、プライベートな時間帯で。
酒に酔った時に狙い撃ち的な「取材」でしたら。
女性記者にもややこわい部分を感じます。

相手がどこの誰とも分からないのに?
女の音声を消したテープじゃ、説得力はないと思うよ。
この程度で財務事務次官のクビを取れると思っている三流週刊誌とこのテープを垂れ込んだ張本人の浅ましさよ。
財務省はこの浅ましい「陥穽」と徹底抗戦する道を選んだのでしょう。>忘れ去られるのにどれほどの時間がたつでしょうか?
さほどかかりません、のほほんとどこかの理事長にでも収まっていますよ。>一応、事務次官の主張が嘘でないという前提でももし自分なら、恥ずかしくてまず自分から辞めて新潮を訴えます
辞めないってのは中々のメンタルです
まあ7月に定年迎えますけどね
事務次官は1年で終わると定年退職になります
とりあえず音声出てきたなら更迭当然と思ってたんですが
新潮のキャバクラ嬢相手か何かのやり取りを繋げたねつ造音声ならば面白そうな展開なんでとことんやって欲しい
どっちが嘘つきかはっきりさせて欲しいところ>

財務省 福田次官セクハラ問題で福田氏は女性記者と会った事がない、録音音声は自分...

財務省 福田次官セクハラ問題で福田氏は女性記者と会った事がない、録音音声は自分ではない、言葉遊びをした!と言ってますが言葉遊びしたと言うなら自分の声じゃないの?

>全体でみればセクハラではないと福田は発言しているので自身の声であることを認めてしまいましたね

痴漢冤罪と同じ構図の矛盾を感じます。
一方はやっていないと主張し、もう一方はやられたと主張する。世間が信じるのはいつも女性側のみ。事の全容の把握はぜずに一部分だけを抽出して責任追及しています。先週雑誌に出てからものの1週間で事務次官のキャリアを棒に振らせておいてまだ何を望むのでしょうか?
これは裁判でも何でもして事の全容を明らかにすべき。現在の報道機関がどのような取材行為をしているかを世間に晒した上で国民の判断を仰ぐべきだと思う。>真実を追求するために、
裁判で徹底的に争うべきです。
セクハラだったのか、
それとも騙されたのか、
どちらが正しいのか、判断つかない。
まだ確定していない状況で、さも犯罪者のような報道は、中立性がなく、単なる人権侵害です。>財務省も政治家も論理矛盾に気がついていないんです。テレビ朝日側がセクハラの事実はあったと認めている場合、「事実はあった」という認識を最初に持って、焦点は当事者同士にその意図の有無と、否定する側は否定の根拠を示す必要があるわけです。
しかし、財務省側は否定の根拠を示さず、今あるのはテレビ朝日の示す音声データと新潮社の根拠だけです。そこへ、今度は財務省が根拠を示した側に証拠を出せというアベコベな論理でやってるわけです。つまり、根拠を示しても財務省はセクハラ自体は事実でないと、根拠無しで主張してしかも提訴しているわけです。
通常の感覚で言えば、「お前は万引きをしただろう」と疑惑をかけられた当事者は、その当事者が持ち物全てを明らかにして、疑惑を晴らすのが正当な手段ですよね?ところが財務省は、疑惑を追求されたら、相手に「証拠を出せ」という悪魔の証明をやってるわけです。これでは、財務省が嘘を言い続ける限り、事実はいくらでも歪められます。
つまり、誰が関わろうが「セクハラは事実です」として双方が認め、財務省と被害者が事実を提出して、真相はわかり、真実は明るみに出来ます。当事者がものの善悪を判断するのは大きな間違いです。
交通事故でも、被害者、加害者の意見は、警察という当事者以外の担当者が、双方の言い分を聞いて調書を作成しますよね?加害者の疑惑を持たれている側が、調書を取ることは論理破綻しているんですよ。
セクハラは誰がどう見てもあったのは事実ですから、それを財務省が認めて、それが誰なのかを自分たちで調査しない限り、被害者に証拠を求めるのは論理的に狂ってるんです。証拠を出すべきは財務省です。被害者ではありません。>そうなんですよ。
発言してないとか言いながら会話の全体を見ればセクハラにはあたらないとも言ってます。
発言してないなら会話の全体の内容なんてわかるはずないのに。>

理財局の口裏合わせが証明されましたが

理財局の口裏合わせが証明されましたが森友側と財務省に行って両方に拒否されたということですが財務省は事実に反するから、というのがその理由でしたが事実でないと分かっていたという事はゴミがそんなに多くないという事を知っていた分けですね?又はトラックで運んでいない事を知っていたということになりますが矛盾しませんか?

質問文中、”財務省”ではなく財務局…近畿財務局かな?という感じです。
近畿財務局ってのは地方部署、いわば支店の営業所みたいなところで、 理財局ってのは本社の部署とそーいう位置づけかと。
話の流れとしては①近畿財務局の職員…森友学園の担当者に、「ゴミの撤去費用は不明」などと書かれた書面にサインするよう求めた。
→森友学園側に断られる(不明な訳が無いから)②理財局の職員…撤去費用に関して『相当かかった気がする、トラック何千台も走った気がする、という言い方をしてはどうか』と話した→森友学園側に断られる(事実と違うから)③理財局の職員→近畿財務局の職員…「(森友側に)念押しをするように」と指示。
→断られる(事実に反するから)…とこんな感じかと。
近畿財務局の人間は8億円分のゴミがないことは知ってますよ。
自分たちが言い出したウソなんですから。
(↓証拠)ただ、その辺に関しては理財局にも報告はされていたようですね。
わざわざ口裏合わせを依頼するのですからって感じです。

たぶん基本的には
そうなりますね>時系列に並べればすぐに解る。一年前にはみんな知っていた。
森友に売られる価格も、ゴミの処分費も 民主党政権時代に決まった価格。
この土地には三兄弟の土地が有る、みんな同じ価格 ゴミの処分の査定も同じ。
特に、隣の公園になった土地は 元々同じ土地 先に豊中市に販売され公園になっている。それは民主党政権時代の話。その価格と森友に売られようとした価格は同じ。面積換算しただけの事。ゴミの処分費も同じ価格。公園になった土地の
ゴミの処分費を面積換算して算出しただけの価格。だから単価は同じ。
結局 豊中市には 森友より大きな土地を、ゴミの処分まで国が行い2000万で
販売している。豊中市長はテレビで、民主党政権になると不思議なことが起きるものだと思ったと答えている。理事長が神風が吹いたと言う発言と同じだ。
結局、豊中市には 森友に販売し、ゴミ処分費の値引き以上に15億円ぐらい
値引きして売却したことになる。それも民主党政権時代の話。
元々 10億 20億の話なので 近畿財務局でも次長の耳に入るのが精いっぱい。
中間管理職どまりの案件。既に豊中市に販売した実績を使うと言うのは、担当者の
裁量の範囲だろう 同じ土地だから同じ単価を使おう・・・その程度の事はやるだろう。しかし、役人の仕事を正確にこなすなら、同じ土地だとは言っても 価格は同じとしても ゴミの再調査を行い、入札をするのが普通だろう。森友以外が応札しないと言う事が解っていたにしても 形だけは実施するし、ゴミの再調査もする。この程度の話は、近畿財務局の中間管理職どまりの小さな話だから、普通は
このままでも何も問題は無い。しかし、森友、森友と騒がれ始め 一番驚いたのは
近畿財務局の担当者だと言う事は想像に難くは無い。口裏合わせに奔走した。
この件は去年の今頃は既に話として世の中に出ていたはずだし、口裏合わせも
一年前にはニュースになっていた。何を今更 ぐらい遅い。それがどうした
程度にしか思わないが????>例えば
森友が近財から90万の中古車をローンで買いました
車の持ち主は大阪航空局です
途中で説明にない不具合、深刻な故障に気づいてクレームがきました
すぐに直すか、直せないならこっちで手配するから修理代を値引きをしろと言われて値引きしましたって話ですよ
で、大阪航空局は修理代をすぐに作れないので
車の価値を見積もりなおしたらエンジン載せ買えでそれに80万かかるということで値引きで売ってくれといった
近財は10万の価値しかないんで90万のローンを解約し、改めて10万で契約して売ったってことです
だから買い手が修理するかどうかは自由なんですよ
そもそもゴミを運び出してないとかそこはどうでもいいことで、重要なのはゴミが本当にあるのかどうか?ですよ
コレについては会計検査院が値引きの根拠、ゴミの積算がいい加減だと指摘してますよね?
でもゴミの積算をしたのは近畿財務局じゃなくて、土地の持ち主の大阪航空局なんです
土地の調査をやるのは民間業者なんです
つまり不正な値引きを表向き、合法に見せかけてあると言うことは
最初から「近畿財務局、大阪航空局、業者、学園、弁護士」の共謀なんです
役人側は背任罪に問われるし、民間側は詐欺罪になる不正なんです
だから隠すために口裏あわせをするのはいたって普通に考えられることなんです
御者や弁護士に断れたと言うのは加担してしまうと
自分たちの罪がさらに増えるんで拒否ったんでしょう
去年の二月は財務省は集中攻撃されてましたから、ボロがでないように
工作を図ろうとしたってこと
逆にいえば不正じゃなくて、本当にゴミがあって正当な値引きならそんなことをする必要もない、文書改ざんの必要もないですからね
そうじゃないので集中的に追求を受けてた財務省が隠蔽工作を組織ぐるみでやったんです
官邸の関与は無いです
なぜなら、官邸がもしも不正な値引きを知っていた、知った上で隠蔽工作を指示するならば、当然 財務省と国交省双方に隠蔽工作を指示します
会計検査院の調査に堪えれるように国交省のゴミの積算も改ざんさせますよ
中途半端な隠蔽工作なんかさせてもバレるんでは意味ないです
会計検査院が監査しても「値引きは合法です」と言うような結果がでるように改ざん指示すると考えるのが妥当です
財務省だけが改ざんや隠蔽工作をやっている、未だに改ざんに至った経緯などを明かそうとしないのも財務省の悪あがきです
真相解明は検察の仕事です
そもそも大阪航空局が土地の調査のデータが10年前のもので古すぎるとか、弱みもあったわけです
貸付契約にしたはいいが、その条件に2017年4月開学の条件を付してるんで
クレームついて開学が遅れるということになると損害賠償になりますよね
ゴミなんかないと突っぱねようにも土地の持ち主の大阪航空局の管理が杜撰だったから強気に出れなかった
7億で売ったあと掘り起こしたら14億のゴミがでてトラブルになっている給食センターの件もあったんでもしかしたら本当にゴミがあるのかも?って。
だから要求を?んだってことでしょう
学園と業者がグルの可能性も捨て切れません
有益費1億3000万国に払わせておいて、実際は1億1000万、2000万を業者が籠池にリターンしていた
1億3000万の嘘の請求書を作ったのは業者ですよね
去年、業者がメディアにゴミは校庭に埋め戻したと言ったことに対して籠池夫妻は辻本の工作員だ!とか喚いていたし
不正な値引きなんだろうけど真相解明に関しては証拠と事実関係を精査しないと分からないですよ>

財務省が文書書き換え認めるらしいですがこの後の展開は?

財務省が文書書き換え認めるらしいですがこの後の展開は?

実に面白くなってきましたね。
勝手な展開です結論「財務省を解体するチャンス」この1点のみ!!!①佐川元国税庁長官の参考人招致②文書書き換えの経緯とその書類に判を押した職員③毎日新聞の取材で「書き換えはないと答えた近畿財務局」④地検に誰がその書類を出したのか

文書には政治家の名前が書かれてるらしい
>そんなん、決まってんじゃん。
佐川一人に責任押し付けて、あとは開き直って終わり、だよ。
そうそう、エピローグとして、
1年後には、官邸が佐川にどこかの名誉職を用意する、があるな。
シナリオは、朝日が報道して騒いだころから既に決まっている。春闘と同じ。
国民とマスコミがシナリオに乗せられて踊らされているだけ。>ここでもmsigheu94125という自民党の三流誘導工作員が暗躍していますな。
長年の近親相姦と試し腹でDNAが破損して、脳細胞が腐って、思考回路が逝かれた姦国朝鮮人並みに、ダラダラと内容のない書込み。
改竄ではっきりしたのは、財務省は安倍内閣を見捨てたということです。
あとは安倍総理が財務省のご機嫌を取って、消費税率10%への引き上げ法案を提出するか、それとも粘るだけ粘って、9月の自民党総裁選では立候補しないことで幕引きを図るかでしょう。
あれだけ破棄したとか存在しないとか言っていたものが出てきたわけで、しかもご丁寧に改竄までしたのですから、連中も本気で怒っているのか、本気で内閣を支えるのをやめたということなんでしょう。>●官僚の文書「書き換え」疑惑に“前例” 民主政権時代に発覚も「減給処分」のみ
2018.3.8
www.zakzak.co.jp/soc/news/180308/soc1803080009-n1.html
財務省の決裁文書「書き換え」疑惑の“前例”といえる違法行為が、民主党政権の2010年に発覚していた。
厚労省東北厚生局の職員が、情報公開法に基づき開示した文書を改竄し、減給の懲戒処分を受けたのだ。
当時、菅直人内閣の長妻昭厚労相は記者会見で謝罪したが、辞任はしなかった。
改竄されたのは、東北厚生局が、福島県内の柔道整復師の養成専門学校に対して行った実地調査結果に関する文書。
07年に開示請求を受けて公開する際、職員は文書から
《未承認のカリキュラムで行っていたため、学則上での授業時間の不足が生じることになる》
などと指摘した部分を削除し、一部の行政文書を別の文書に差し替えたとされる。
10年に再び、同じ文書の開示請求があり、請求者が07年の文書にない記述に気付いたという。
東北厚生局の調査では、この職員以外の関与は認められなかった。
発覚時、独立行政法人に移っていた職員は
「再三、照会や苦情を受けてノイローゼ気味だった。
余計な情報を出さない方がいいと思った」
などと説明し、減給1カ月(10分の1)の処分を受けた。
長妻氏は10年6月、処分時の会見で
「民主主義の根幹である情報公開制度であってはならないことが起き、おわびする。厳重に再発防止に努める」
と述べた。
引責辞任はしなかった。
●森友文書「書き換え」の責任とるべきは誰なのか? 内閣総辞職にはなり得ない、本省指示なら財務省解体も
高橋洋一
2018.3.9
www.zakzak.co.jp/soc/news/180309/soc1803090003-n1.html
朝日新聞が、森友学園への国有地売却をめぐる財務省の決裁文書が書き換えられていたと報じた問題で、野党の一部からは
「事実なら内閣総辞職を」
との声も出ている。
書き換えが事実だった場合、責任をとるべきなのは誰なのか。
まず断っておくが、筆者は原稿執筆時点で、朝日新聞の報道が正しいとの確信はまだ持っていない。
報道では、証拠となる「ブツ」を「入手」して記事を書くのが通例である。
その際、「入手」した証しに「ブツ」の画像を出すことも多いが、朝日新聞の報道には現時点で画像はなく、「入手」ではなく「確認」という控えめな言葉を使っている。
以下は、あくまで事実ならばという前提での話である。
問題になったのは、近畿財務局での決裁文書である。
決裁文書は典型的な公文書であり、その改竄となれば、刑法犯の虚偽公文書作成等の罪にもなりうる。
決裁文書は、日常業務に使うこともあるので、通常の行政文書と一緒に担当部局で保管されることが多い。
この意味で、担当部局に出入りすることができる人であれば、決裁文書の一部を差し替えたり、書き直すことは物理的には可能である。
しかし、決裁文書では、複数の担当者以外にも内容をチェックする人もいるので、差し替えや書き直しは事後的に容易に分かるだろう。
これを隠蔽するには、担当者とチェック者の全ての口裏合わせが必要であり、事実上困難だろう。
なお、一般に近畿財務局の地元職員にとって、財務局長や財務省本省は関係のない人なので、法律違反をしてまでも尽くす対象ではない。
もっとも、筆者が本コラムなどで指摘しているように、森友学園問題は近畿財務局のチョンボが原因だったので、近畿財務局職員には自らのミスを隠蔽したいという誘因があると思われる。
問題となっている決裁は「委任決裁」になっている。
つまり、法律上の権限者は財務相で、法律に基づき財務局長に権限が委任されているが、近畿財務局内規により、さらに財務局長から主管部次長に判断が委任されている。
主管部次長が財務局長のハンコを使うわけだ。
ここで改竄が行われた場合、誰が責任をとるかといえば、改竄をした当人だ。
刑事罰ということであれば、懲戒免職となり、退職金は支払われない。
誰かが指示していれば、その人も共犯関係だろうが、基本的には個人の責任になる。
いずれにしても近畿財務局内の出来事であるので、形式的には財務省本省が責任を負うことにはならない。
せいぜい任命責任、監督責任という程度である。
まして、国会で野党の一部がいうような、内閣の責任とはなり得ない。
そんなことを前例にしたら、地方部局の改竄問題で総理を辞めさせることもできる、というとんでもない世界になる。
なお、万が一、財務省本省から近畿財務局に指示があったというのであれば、指示した人にとどまらず、これこそ組織的な関与となって、財務省解体までになるかもしれない重大事件になるだろう。
(元内閣参事官・嘉悦大教授、高橋洋一)>解散総選挙で、自民圧勝です。
財務省解体で新たな省が出来るのではないですか。
日本経済にとって足枷でしかなかった財務省が消えてくれるのは日本国民にとっては願ってもないチャンスです。嬉しいかぎりです。>内閣総辞職
自民党総裁選挙
首班指名
新たな総理
これまでの不正が一気に出てくる
籠池夫妻は放免
昭恵の追求は?
麻生の責任は?
山口逮捕
加計学園は仕方ないが
斜陽だな>

「財務省は文書は大阪地検に提出したとしていたが、コピーが残っていたという。
」...

「財務省は文書は大阪地検に提出したとしていたが、コピーが残っていたという。
」これって?いままで時間かけて用意したんですかね?朝日は正解を持ってるのですか?財務省が提出したら、「ハハハ、本物はコレだ!」ってやるんですかね?

今回、近畿財務局から出てきた書類とは「特例」との文言があるとのこと野党の国会議員に渡された書類には「特例」の文言を削除した文書らしいこの「特例」は、昭恵夫人が関与を意味したのでは?「私や妻が関与していたら・・・・」を裏付ける証拠とするためでは?と考えます文書の改竄の違法性よりも「特例」が何を指すのか?が大きな問題ではないでしょうか

ですよね
安倍さんは「辞める」と言っちゃいましたからね
しかし、安倍さんが指示したかどうかですよね
書類に「安倍さんが望んだ」と書いてあっても具体性はわかりませんね>

財務会計で、支店からの簿記情報を1万円単位で四捨五入であつめ、それをさらにまと...

財務会計で、支店からの簿記情報を1万円単位で四捨五入であつめ、それをさらにまとめて全体での貸借対照表として100万円単位で四捨五入するという2段階の四捨五入をすることはあり得ますか?財務会計以外ではどうでしょうか?すべて元情報を最も細かく見て計算するものですか(支店単位と全体では四捨五入単位は分かれていてもよいが)?ご教示よろしくお願いします。

資料作りならいざしらず、財務会計ではあり得ません。
財務会計では1円まで合致している必要があります。
経営会議等の資料作りのための情報収集ならあり得る話ですが。

財務省の事務次官は辞職しましたが、

財務省の事務次官は辞職しましたが、セクハラをしてないのなら辞職する必要ないのではないでしょうか?

認めたようなものですね。
因みに福田はセクハラの余罪が他にもあるようです。
www.j-cast.com/tv/2018/04/12326038.html?p=all

そうではなくて記者が非常識に財務省とか自宅にまで押しかけて仕事に成らないという事で事で辞めたのだと思いますよ。
ここまで大勢で取材するマスコミは異常だと思いますよ。
被告だって裁判で罪が確定するのでは推定無罪という解釈ですから。
被告でも無いのな加害者だと特定しているマスコミ取材は異常ですよ。
アンタ本当は、やっているでしょう、という言い方は、おかしいと思いますよ。
また相手の女性は何故盗聴なのでしょうか。
シッカリと、これから取材しますという声を録音してという事であるべきだと思いますよ。
つまり、この盗聴はシッカリした取材という形式ではなかったと思いますが、これは取材なのですか。
またセクハラ発言があったら盗聴器を持ったという事ですが、だったら相手に行き成りセクハラを告発するのではなく、最初の段階で相手に対して、これはセクハラになりますよ。
以降この様な発言をしたらセクハラで告発しますよと言って置くべきだったと思いますよ。
これくらいは記者でしたら言っておくべきだったと僕は思いますが間違いですかね。
そして下手をしたら、これはハニートラップギリギリの取材だったと思いますよ。
そして女性は上司に無理だと言っていた事もあってマスコミは何が何でもセクハラだと言っていますが相手に対して、これ以上セクハラ発言をしたら訴えますよ、という事を言っても良かったとは思いますがね。
一発退場という事は少し厳しいとは思いますよ。
そして盗聴という事はアウトだと思います。
やはり取材はお互いの信頼関係で成立している事もあって、この様な盗聴音声がポロポロ出てしまうとなると不信感が広まってしまいテレビ朝日は各省で締め出しされてしまうというか取材が全体的に難しくなってしまいますよ。
そして夜の街でも、女性記者に隠し録音機を持たせて盗聴してまで取材させているのかという事になってしまいますよね。
これは良いのですかね。>あれは間違いなくやってるでしょう、朝日放送の女性記者と言うのもわかったみたいですしね、もしやってない完全な濡れ衣なら辞める必要ないですね
以前、検察に濡れ衣着せられたどこかの省庁の女性課長がいましたが、最後まで罪を認めず、最後は検察がうその証拠で絵図を書いたと分かって晴れて職場復帰したというのがありましたからね、あの女性、相当たたかれたと思いますがガンとして認めず、辞職もしませんでしたからね、立派だと思います
でも今回のは自分はセクハラと思わないでも相手がそう取ればセクハラは成立しますからね、省のトップとして言い訳出来ないでしょう、その気がなくても冗談は通じませんしね、でもあれは間違いない気持ち悪い奴ですね、SMまがいの事しゃべってるし!!>やってなくても組織人として、組織に多大な迷惑をかけたので辞めたのだとおもいます。マスコミ対応なども公費で働いてる公務員がやるんです、通常業務に早く戻らなければ国家運営に支障が出ますから。また、民間企業のように左遷して風化させるなど内内に処理することもできませんからね。>確かにおっしゃる通りだと思います。
然し、本人は「このままでは仕事にならない」から辞めるのだと
訳の分からないことを言っています。>

-財務

© 2021 給付金とかで結構ウハウハごめんなさい