投資信託

投資信託とは何ですか?投資信託

最近投資信託を購入し、10月23日に約定日になりますが、今後株価は下がっていく...

最近投資信託を購入し、10月23日に約定日になりますが、今後株価は下がっていくものでしょうか?もっと時期をずらしたほうがよかったでしょうか?

投資信託は株式投資と同様で、5年以上の投資期間が必要でしょう。
投資銘柄が分かりませんが、株式や債券等の投資の種類や投資期間の分散で評価損益が積み上がっていきます。
経済が成長する限り投資信託の評価損益も上がります。
中長期の投資と考えましょう。

株価の将来は見極めが難しい。
そのため一時期にまとめて買うより時間分散の積立購入が良いでしょう。>

投資信託のオススメの銘柄はありますか

投資信託のオススメの銘柄はありますか

そもそも投資信託はお勧めできません。
なぜなら、信託報酬といった投資家観点からみた無意味な手数料があるからです。
プロに任せたら安心・・という嘘ばかりのキャッチフレーズで内容は適当そのもの。
まともにやっているところは1%未満です。
この1%未満の中身ですが、投資信託専門でやっているところは、まだ使う価値があるところもわずかにあります。
ただ、基本ロング(買い)からしか入らない投信を今の時期から買いますか?。

個人的意見ですが、ひふみ投資 ひふみプラスが お奨めだと思います。
後は下記。いずれも 販売手数料ゼロ 0.4%以下の低信託報酬です。
たわらシリーズ
購入換金手数料なし ニッセイインデックス・シリーズ
eMAXIS Slimシリーズ
三井住友DCシリーズ>毎月分配型じゃなくて、通貨選択型じゃなくて、ハイイールドじゃなくて、デリバティブじゃなくて、コストが安くて自分が理解できるもの☆>下記のサイトで運用成績が良いファンドが良いのではありませんか?ご自分で検索してみてください。www.morningstar.co.jp/FundData/FundRankingReturn.do>ありますよ。
投資金額 倍になり
個人的予想ですが 此れから 数倍 期待。
数千程度の 数だそうです。
ひとつひとつ 投資先 御自分で、確認して…
此れから 電話して 基準価格確定しているものです。
御自分に 合うのが 見つかると いいですね。>

投資信託初心者です。

投資信託初心者です。
すぐに使わない余裕資金400万で運用しようと思います。
積み立てNISA開始により、私のように投資信託初心者が、投資信託を始める方が多いと思いますが、素人的な考えで、指定銘柄の投資信託購入者が今より増える(積み立てにて。
売りもあると思いますが)ので、今よりほとんどの指定銘柄の基準価格が徐々に上がるように思いました。
この考えは甘いでしょうか?また、どの運用が良いでしょうか?また、なぜでしょうか?1.コツコツじゃなくて、今の基準価格で買う。
複数まとまった金額を先行投入。
2.積み立てNISAを利用して、10年コツコツ積み立て。
補足回答ありがとうございました。

投資信託の基本ですが、そのファンドが売られようが、買われようが、それを理由に基準価額は変動しませんよ。
基準価額=純資産÷口数×10000なので、購入で純資産が増えても口数も増えるから基準価額の変動要因ではないです。
結局、純資産が今後どう変動するかどうかですよ。

コツコツか一括買いのどちらがいいかですが、安いときに買えるなら一括がいいですが、そのタイミングがわからず、時間でのリスク分散をはかるなら、積立が安心です。結局いつ売るかが最後は大切ですけどね。>働いているならideco併用がよいです。
日本株は外国人投資家の割合が高いので
あなたのような初心者が買って割高になったところを
売り抜けられる可能性があります。>こつこつがよいかと思います
投資にはリスクがありますが
下記の投資法でリスクを軽減できるといわれています
長期
銘柄分散
時間分散(積み立て)
です
価格には上げ下げがありますので
分散して購入することで
ドルコスト平均法など でいわれる効果なども期待できます
一つのかごに卵をもるな
とかね
用語等はしらべてみてくださいね。>

投資信託 初心者です。

投資信託 初心者です。
SBI証券のランキング等を見ると、上位にあるものでも、基準価額が下がり続けていたり、設定来もマイナスだったりするのに、なぜランキング上位なのですか?ハイリスクでもハイリターンも求める人が多いからですか?

分配型の投資信託は分配金を支払うとその分基準価額が下がります。
基準価額が下がり続けていても、受取分配金を加えたトータルリターンでみれば、プラスになっているファンドもあります。
将来の資産形成を目的とする若い投資家にとっては毎月分配型の投資信託は不向きですが、まとまった資金を投資して分配金を受取ることを目的とする高齢者には魅力的な金融商品です。
投資信託を購入している投資家には高齢の年金生活者が多いので、毎月分配型投資信託はよく売れています。
将来の資産形成が目的の投資家には無分配のインデックスファンドが好まれている傾向があります。

投資信託なんかを買うのは、ほとんどの人が、初心者やド素人です。
少し勉強して、金融に関する基礎知識を身につければ、投信を買うことを卒業するでしょう。
入れ替わり立ち替わり、常に初心者が買っています。ハイリスクであることすら理解していないと思われます。>SBI証券の投資信託販売週間ランキング(9月11日~15日)がありますね。
①SBI-グローバル・リート・トリプル・プレミアム・ファンド(毎月分配型)★★
②レオス-ひふみプラス ★★★★
③SBI-SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ ★★★★★
④楽天-楽天USリート・トリプルエンジン・プラス(レアル)毎月分配型
⑤ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド ★★★★
⑥SBI-SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ(年2回決算型)
⑦ニッセイ-ニッセイ日経225インデックスファンド ★★★★
⑧ニッセイ-ニッセイグローバル好配当株式プラス(毎月決算型) ★★★
⑨大和-通貨選択型 米国リート・αクワトロ(毎月分配型)
⑩三菱UFJ国際-JASDAQオープン
解説すると・・・・
ランキングに出てくるファンドはまさに玉石混交です。
①④⑧⑨は「毎月分配型」ファンドであり、買ってはいけない投資信託です。
資産運用の常識が欠如した方々が買うファンドです。
ランキングを見てわかるのは、日本には金融常識のない投資家が山ほどいるということです。
②は日本株(中小型株)を投資対象とするアクテイブファンドであり、インデックスより格段に上回る運用成績を残しており、お勧めファンドです。
③も②同様、運用成績が良く、お勧めファンドです。
⑤は外国株式のインデックスファンドを代表するファンドであり、信託報酬が格安で、お勧めファンドです。
⑥は③の姉妹ファンドですが、分配金を出すので長期運用には不向きです。
⑦日本株を対象とするインデックスファンドです。信託報酬が格安でお勧め。
⑩新興市場を対象とするアクテイブファンドです。運用成績が良くお勧めです。
>上位にあるものでも、基準価額が下がり続けていたり、設定来もマイナスだったりするのに、なぜランキング上位なのですか?
上記のように、無知な投資家が多過ぎるということです。>

投資信託を相続しました。
HSBCインドネシア債券オープンと、ピクテグローバルイン...

投資信託を相続しました。
HSBCインドネシア債券オープンと、ピクテグローバルインカムというものです。
自分自身あまり投資信託について知識がないのですが、それぞれの商品の今後の見通しがわかれば、と思います。
今後も成長が期待できそうならば、継続保有したいと思います。
それぞれのパンフレットは相続時にもらいましたが、あまり関心もなくそのまま。


運用レポート?のようなものをもらってみましたが、用語も難しく自分ではどうも理解できずじまいです。
また、自分自身でこの商品をきちんと保有する場合、何を指標にして情報収集していけば良いのか(為替なのか、金利なのか…)も教えていただきたいです。
詳しい方おられましたら、よろしくお願いします。

毎月分配型や信託報酬が高い投資信託の敬遠される理由は、先の回答者様にお任せします。
その内容を見て、解約するのか保有し続けるのかは質問者様次第です。
しかし、質問者様は二つの投資信託についての今後の見通しが気になっておられるようなので、あえてそこに特化して私なりの理解でお答えします。
まず、ピクテ・グローバル・インカム株式ファンドでですが、世界の公益株(電力・ガス・水道・電話・通信・運輸・廃棄物処理・石油供給などの企業)に投資しています。
つまり、投資先の企業がその分野で儲かれば株も騰がりますから、基準価額が上昇してファンドとしての収益も騰がります。
投資先を見れば判る通り、主にインフラに関するところが多いですね。
世界中でインフラ整備が加速すればいい調子となるのですが、先進国に関してはインフラはほぼ整備済みか追加改修程度で大きな伸びそれほど期待できない、新興国なら未整備が多いので今後に期待できるはずなのですが、運用報告書を見るとこのファンドの投資先の大部分が先進国です。
つまり、過度な期待はできないということです。
分配金に関しては、収益の範囲内で支払われているので、保有していても大きな下落はないと思います。
ただし、ほぼ100%株式に投資しているので、外部要因での株価下落リスクは常にはらんでいます。
また、為替変動(円高リスク)に弱いと思います。
HSBCインドネシア債券オープンですが、インドネシアの政府、政府機関もしくは企業等の発行する現地通貨建債券に投資しています(直近の月報ではほぼ100%国債です)。
現地通貨建てなので、インドネシアルピア高円安になると基準価額が上昇します。
また、新興国ですから金利は先進国に比べるとはるかに高いです。
分配金を徐々に引き下げているので、運用そのものは順調とは言えないようです。
インドネシアを含む東南アジアやインドは、成長著しいところもあるのですが、市場規模が小さいためちょっとした内外部の影響を受けやすい地域です。
よって、多額を一括投資するよりもコツコツ積立をするほうがいいと思います。
長い目で見れば投資先としては悪くないと思いますが、どうしてもコスト高くなるところがネックです。

ご相続のご資金という事であれば、まず、そのご相続のご資金に思い入れがあるかどうか大切ですね。この資金をきっかけにして、資産運用をされてみては如何でしょうか?資産が如何程かわかりかねますが…。投信は数多くありますから、ご自身がご興味を持てる分野への投資をしている投信を買われるのも良いかもしれません。まず、興味を持つ事が大切です。取引金融機関のHPで取扱い投信のリストが出ているかと思います。また、運用方法、運用レポート等も見る事が出来ます。そこから初めてみられては如何でしょうか?ご相続した資産ですから、たとえ損失が発生していても、ご自身の資産が減少した訳ではないので、慌てず、色々、ご覧になって、お決めになられても宜しいかと思います。>投資信託は実は素人向きではない。利益確定が難しい。>どっちも毎月分配型投資信託なので、明日にでも解約するのが正解
今後はじわじわと下がって行くだけ
元々1万円だったものが6000円とか4000円になったわけ
成長とは無縁の商品
毎月決算、毎月分配ってのは典型的な買ってはいけない・保有してはいけない商品>投資信託を見るとき最も重要なのは手数料(信託報酬)です
相場観ではありません
相場観を発揮したいなら自分で投資するべきです
相場はどうなるかは分かりませんが、手数料は確実なマイナスです
さらに信託報酬とリターンは全く関係ないという調査があります
多く払っても同じリターンなら最初から手数料の安いものを選んだほうが良いとは思いませんか?
具体的には、税抜信託報酬1%以下のものを選びましょう
もし税抜信託報酬1%を超えるものに投資していたら、売却して1%以下のものに乗り換えましょう
業者は手数料の高い投信を勧めるインセンティブがあるので、手数料の高い投信を勧める声には注意しましょう>

投資信託でも毎月分配型を全く理解されていない人が多い

投資信託でも毎月分配型を全く理解されていない人が多いボケ老人だから?zuuonline.com/archives/1045これを読んでも多分、分配型を崇拝されるんでしょうか?毎月分配型を理解されている人はどれぐらいこのカテにいると思いますか?補足毎月分配の意味を理解されているんですかね?わざわざ毎月分配で再投資する意味があるの?年1回の分配で再投資すればいい話何が違うの?その手間で信託報酬が高く設定されているとすれば利回りの一部が削られるとは思わないのかな?森を見てなんて書く人いるけど森すら見てないから毎月分配型になっているとしか思えん老い先短い爺さん?

試しに1年前、海外債券型の投資信託(毎月分配型・分配金受取り)を300万円分購入し、元本割れせずに20万円程分配金を得たので最近解約しました。
崇拝はしていませんし(崇拝者は目先の分配金に目が眩み高い信託報酬を支払い、かつ買付手数料まで支払う銀行のカモ)、 毎月分配型は理解しているつもりですが、タコ足商品ばかりではないと思います。
上記から本当に理解している人はいない(利益を出せる商品もあるし、買った事も無いのにマニュアルを鵜呑みにしてご回答)と思います。
因みに私は毎月受取りで再投資はしませんでした。
(基本的に基準価格は下がっていくので再投資は毎月分配型の意味が無い)極端な話ですが、100万円の投資で毎月2万円の分配金が恒久的に貰えるとして(そんな訳ないけど)1年で24万円の分配金、10年で240万円の分配金が貰えるから元本は要らねーし、投資とか面倒くせーと言う老害には適した商品かも知れませんよ。
(再投資型は論外ですけど)

>投資とか面倒くせー!と言う老害には適した商品かも知れませんよ。
オレオレ詐欺で騙されるのは自己責任だからほっとけ
個人的にはそう思う
年金の足しに運用したのに配当を足してもマイナスなんてことが起こり易いのが毎月分配型
仮に日経平均連動型で一括購入するとして毎月分配型
さて質問者は今の相場で買う?
理解している人は買わない
その判断をボケ老人に出来るはずも無く勧める悪党が要るんです
だから否定するんですよ>売る側が
口が旨い。
そもそも定年になるまで投資何て無縁だった人が多く
退職金が振り込まれた銀行がすっ飛んできて、いろいろと美味しい話を延々と繰り広げるから「洗脳」されやすい。
ただし、短気勝負の場合は利益が取れる場合も多い。
死んでまで金は持って居る意味が無いから、年金代わりに利用する人も多い。
老い先が短ければ、先の事なんて関係ないのです。
遺産を残したくない人も増えたのが現代です。>毎月分配型を理解してます。
その上で購入してます。
もう少し投資額を増やそうとも考えてます。
質問者さんの長期ではなく短期なのでちょっと違うかもしれません。
毎月分配型は基本、2年ほどで売却するので出口戦略を考え安やすいです。
みなさんが最悪という分配金の再投資もしてます。
(金額が少ないので「まっいいか」です)
タコ足分配に関してもお金が戻ってくるだけなので気にしていません。
それに無分配のインデックス投信は10~20年ほどの積立てる長期間とは違い毎月分配型は2年ほどの短期間です。
元々、考え方も違うので比較対象にもなりません。
無分配のインデックスにも複利の効果(定期預金の複利と同じ)は無いと思ってます。
複利のような効果はありますが。
>年1回の分配で再投資すればいい話、何が違うの?
その通りなので年1回分配の投信も購入してます。
毎月でも年1回でも儲かればどちらでもいいわ、という考えなのと性格上、いろいろなパターンの投信を買いたくなるので無配当から毎月分配まで購入してます。>iranaiyahpphakuzuさんのお怒りは分かりますが・・・
金融庁の森長官が「毎月分配型」投資信託の販売を自粛するよう、金融機関に通達を出しています。
そして、下記記事にあるように、金融庁が主な金融機関に、顧客を騙すような金融商品(毎月分配型投資信託とか・・・)を販売していないか?検査に入るようです。
randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-3272.html
毎月分配型投資信託への規制ですが、少なくとも、元本を取り崩して分配する「タコ配」は早急に禁止するよう金融庁は動くべきでしょうね。>大抵の人は簡単な数字の理屈を語ると逃げ出します。売り手はそれを利用してわかりやすい商品を売っているだけです。>まあ、基本的に回答者側は毎月分配型を理解しているよ
twhi8311はわかってないみたいだけど
qa/question_detail/q111789569...
そのうち老害と呼ばれるようになるんじゃないかなあ、この人>

投資信託について詳しい方に質問します。
投資信託は政治の影響も少なからずあると...

投資信託について詳しい方に質問します。
投資信託は政治の影響も少なからずあると思いますが、この度の衆議院選挙により自民党圧勝となり、これから投資信託を始めてもいい時期でしょうか?金融機関の方から投資信託を以前から勧められており、そろそろ始めてもいいかな、と思っています。

影響があるのは投資信託が対象としている資産クラスのことでしょう。
ものによっては値上がりするもの、値下がりになってしまうもの、それぞれです。
投資信託全部が値上がりするわけではないです。

自民党には、景気を良くする力があるんですか?(笑)
アベノミクスが成功したのは、世界の景気回復に乗ったからですよ。
もちろん安倍総理だから、期待した投資家もいた。
日経平均も、バブル崩壊後にしては良い線まで行ったと思います。
もし、安倍総理、黒田日銀総裁じゃなかったら、ここまでは行かなかったかも。
ですが、政治家や単純な金融政策だけで、世界の景気を動かす。
まして、一国の力だけでなんとかなるとは思えません。
もう少し、基本、簡単なことから考えましょう。
ここ2,30年の株価の動きを見てください。
ずーっと、2万円台をキープなんかしてませんよ。
不景気には1万円を切ったりするんです。
株を買うなら、何時買うべきですか?
安い時に買うべきじゃないでしょうか?
何時始めるか?
今じゃないでしょ!
金融機関は、とにもかくにも「今でしょ!」といいます。
彼らの月給がかかっていますからね。
金融機関の人は、吸血鬼。
他人には手数料のかかる金融商品を買わせますが、自分は預貯金だけって人も多いです。
信じちゃいけません。>投資信託を始めるにはとても良い時期だと思いますが
金融機関のススメというのが気になります。
金融機関、ましてや対面での投資信託は酷い物が多く
良質なものでも(ネット証券では無料なのに)本来不要な手数料を取られます。
とりあえず「日本や他先進国の株価に連動したインデックス型のもの以外買わない」
ぐらいでいいと思います。>積立投資であれば、むしろ割高な時からスタートするのは悪くありません。現在は株価が好調なので、近いうちに大きな下落もあるかもしれませんが、下落を前提に積立していけば気も楽だと思います。
とりあえず金融機関から進められるような商品は、ほとんど投資価値がないものが多いので、じっかり自分で判断していかなければなりません。
政治情勢はあまり気にしなくてもいいので、それよりも正しい商品を選ぶことに注意していきましょう。
tumitatenisa.com/fuan/ganponwareshinaino>積み立て投資であれば始める時期を選ぶくらいなら今日にでも買い始めた方がいいです。>質問者のような知識レベルでは投資は止めた方がいいですね。
投資信託というのは、株式に投資する投資信託、債券に投資する投資信託、不動産に投資する投資信託、金や原油など商品に投資する投資信託・・・・多様な投資対象があり、それぞれ性格が違います。
また、日本国内に投資するもの、海外に投資するもの・・・多種多様なんです。
そういう知識も無く、政治の影響がどうとか?頓珍漢も甚だしいです。
最低限の知識を持つまでは投資は御法度です。
ましてや金融機関の営業マンから薦められた投資信託を買うなんて、お金をどぶに捨てるようなものです。>

投資信託で毎月分配型は効率が悪いと聞きましたが、再投資型にすれば問題はないよ...

投資信託で毎月分配型は効率が悪いと聞きましたが、再投資型にすれば問題はないように思えますが、どうなんでしょうか?何卒、教え下さい!

課税繰り延べ効果とか複利に関しては既に皆さんのおっしゃっている通りです。
本筋の議論とは異なるかもしれませんが、毎月分配するという事は、毎月決算して毎月各口座に振り込んだり再投資したりするという事務手続きがファンドの内部で発生しているので、結構な手間暇(=コスト)が発生しています。
毎月分配型投資信託では、この表面からは見えずらいコストを十分回収できるように最初からやや高めの運用管理費用(信託報酬)が設定されています。
それに、あなたは再投資に設定しているとはいえ、毎月分配ファンドなら他の人は受け取っている人も少なからずいるはず。
毎月いっせいのせっって感じでお金をばらまいたり税金を払ったりしてるので、表面的には基準価額低下の要因となっているはずです。

再投資型は最悪です。再投資型は分配金支払いの都度課税されるので(普通分配金の場合)、無分配型に比べて課税繰り延べ効果がありません。そもそも、毎月分配型投資信託は手数料が高く(購入手数料は1~3%、信託報酬は1.5~2%)、無分配型のインデックスファンド(購入手数料は無料、信託報酬は0.3%未満)の手数料の数倍もあり、、存在価値がありません。style.nikkei.com/article/DGXMZO10286770V01C16A2000000?chann...>分配金が元本払い戻しばかりなら 変わりませんが、普通分配金ならその都度20%強課税されます。
課税繰り延べ効果を 大きく損ないます。金融庁が言うように、「経済的合理性がない&顧客本位でない」金融商品です。販売手数料と信託報酬がバカ高い、売る方のメリットばかり 目立ちます。>毎月税金が控除される場合は、複利効果がその分悪くなるので決算回数の少なさ、分配金のないほうが効率がよい。>

投資信託を今日解約するといつの基準価格が最終的に適応されるのでしょうか?

投資信託を今日解約するといつの基準価格が最終的に適応されるのでしょうか?今日の夜中に出る基準価格でしょうか?昨日の基準価格でしょうか?

営業時間内に売れば 翌営業日の基準価額です。
投資信託(公募型)は 売買してみるまで、基準価額はわかりません。

いわゆるブラインド方式ですね。
わかりました。
ありがとうございます。>日本の株式や債券に投資する投資信託と、海外に投資する投資信託では違います。
下記サイトを熟読して下さい。
www.rakuten-sec.co.jp/web/fund/guide/timing.html>

投資信託とは何ですか?

投資信託とは何ですか?

投資信託を扱っている会社を『信じて』、自分の資金を『託す』と言う事です。
投資信託を扱っている会社は託されたお金を株式や社債、国債やファンドなどに投資し運用し利益(運用益)が出ればそれだけ多く配当されますが、元本保証では有りません。
ちなみに私は投資信託を扱っている会社など、まったく信用していませんので自分の金を託すと言う冒険をする人はバカに見えます。

投資といってまず思いつくのは株式への投資です。
ただ株投資はいろいろ勉強して常に情報収集していなければ失敗します。
そこで若干の手数料を払って、専門家に投資をお任せする(信託する)のが投資信託です。
ハイリスクハイリターンからローリスクローリターンまでいろんな投資信託があります。
投資信託の商品プランをみて、自分に合ったものをえらびます。ここでもそれなりに勉強をしなければなりませんが、株投資に比べれは負担はぐっと減ります。>

-投資信託

© 2021 給付金とかで結構ウハウハごめんなさい