財務

財務次官の福田淳一さんにセクハラ について、テレビ中継にて女性の記...財務

財務省のセクハラ疑惑で、被害者名乗り出ろはおかしいということで署名までやって...

財務省のセクハラ疑惑で、被害者名乗り出ろはおかしいということで署名までやっているどうですが?正直、被害者が親告するのは当然に過ぎないのに、何を揉めているのでしょうか??むろん、親告制に不信感を抱く人は自分も弁護士なりを雇って代理させるのが世の常だと思うのですが??元々、国家vs個人の構図で、国家側の用意した弁護士に親告できないというのでは、もうどーしょうもないでしょう??

財務省の顧問弁護士は信用しないでしょう。

それに、福田は飲み屋の言葉遊びといったのですから、その女性の声紋鑑定をすれば嘘か本当かわかるが、やらないで辞任した。つまり、福田の嘘だった可能性があるね。>

財務次官のセクハラ発言は、音声鑑定の結果、3か所で録音されたものを合成したよ...

財務次官のセクハラ発言は、音声鑑定の結果、3か所で録音されたものを合成したようですが、誰が何の目的で合成をしたのでしょうか。
本人が合成したのですかね?

おとしめるために、音声を、誰かが捏造したということは明白。
本人が音声を作るはずがない。
本人の声を録音。
本人の居ない別の場所で録音、これを合成して、一緒にする。
できあがった合成音声を、セクハラ問題として、でっちあげた、ということ。

酔っ払いはいつも決まった行動するから何回かに分けて証拠を残したのでしょう。本人に記憶が無いのですからしようがないですね。>いつでもどこでも同じ様な発言を繰り返していたから、
何度か録音をしたものを編集して並べたのでしょうね。
豊田真由子の時でも、
あれなら何度でも録音する機会があったと思われます。
この場合の編集は特に悪意がなくてもする範囲です。>もう、福田次官は辞任したよ。>政界は一寸先は闇です
之で誰が一番得をするかで考えてください
人生も一寸先は闇です
お互いに不倫を続けて
歳が寄った女房を追い出してくれと言われないようにしましょう
ビートたけしも長年お芝居がバレタ
女61ッ歳 彼71ッ歳
61ッ歳はあと40年生きる 100歳まで 当然お金の保証をせよです
彼儲けられてもても75歳あと4年、女が金の保証を求めるのも当然です>

財務省理財局でも責任押しつけの犠牲者が=皆さんはこのことをどう思われますか?

財務省理財局でも責任押しつけの犠牲者が=皆さんはこのことをどう思われますか?lite-ra.com/2018/03/post-3875.html自殺した近畿財務局職員が「自分1人の責任にされてしまう」のメモ! 財務省理財局でも責任押しつけの犠牲者が2018.03.16「このままでは自分1人の責任にされてしまう」「冷たい」──今月7日に自殺した近畿財務局の男性職員が遺したメモの詳細を、昨日夜、NHKが伝えた。
この男性職員が書き遺した言葉は、痛ましく、生々しい“告発”だった。
数枚にわたるメモには、こんなことが綴られていたという。
「決裁文書の調書の部分が詳しすぎると言われ上司に書き直させられた」「勝手にやったのではなく財務省からの指示があった」「このままでは自分1人の責任にされてしまう」 男性職員は仕事に真面目だったと報じられているが、本省から文書の改ざんを指示され、さらにマスコミ対応にも当たり、どんどんと心身ともに追い込まれていったとみられている。
実際、現在発売中の「週刊新潮」(新潮社)によれば、親族は男性職員から「(月に)100時間を超える残業が続いていた。
それも何カ月も」「鬱の反応が出ている。
薬も合わず、夜も眠れない」と聞いていたと語っている。
しかも、政府は当初、近畿財務局だけに責任を押し付ける方向で動いていた。
そうした状況が男性職員を死に追い込んだのは、「このままでは自分1人の責任にされてしまう」というメモの文章からも明らかだ。
安倍首相や麻生太郎財務相がまったく責任をとろうとしない一方で、現場の職員だけが追い詰められているこの状況には激しい怒りを感じるが、犠牲者は他にもいるようだ。
数日前から、今度は財務省理財局の職員が自殺したという情報が流れている。
しかも、2人の名前が挙がっている。
ひとりは、理財局国有財産業務課の係長だったAさん、もうひとりは、理財局の別の課の調査主任のBさんだ。
佐川局長の答弁チェックにかかわっていた財務省理財局職員にも自殺情報 調べてみると、まず、国有財産業務課係長のAさんについては事実である可能性が非常に高いことがわかった。
Aさんは今年1月29日に亡くなっており、これが自殺とみられているのだ。
しかも、Aさんは直接、森友学園の土地取引にかかわったわけではないが、当時は佐川宣寿局長らの答弁チェックも担当していたという。
また、亡くなった1月はまだ、改ざんは明らかになっていないが、すでに大阪地検の内偵捜査ははじまっており、土地取引問題が何らかの影響を与えた可能性がある。
ただ、Aさんについては、すでに複数の新聞、テレビが財務省に取材をかけているものの、財務省が「過労死」だとして自殺を否定しているようだ。
「警察は非公式に自殺と認めているんですが、財務省が認めないため、各社とも記事にできない状況です」(全国紙社会部記者) 一方、もうひとりのBさんについては、いま現在も「過労死なのか自殺なのか確認がとれない」「自殺でなく自殺未遂。
生存が確認された」とさまざまな情報が入り乱れている状態で、はっきりとした事実はわかっていない。
「とにかく、財務省理財局は責任を押し付けられ、疲弊しきっている。
ちょっと姿が見えないと『自殺したんじゃないか』と疑心暗鬼になっている状態です。
一昨日も官邸とのパイプ役である官房長が連絡が取れなくなって、『すわ自殺か』と大騒ぎになったばかり。
結局、官房長は見つかり、予算委員会の答弁に立つことになったらしいですが」(同前) しかし、少なくともたったの1?2カ月のあいだに、森友学園の土地取引をおこなった部署で、自殺、あるいは自殺が疑われる件が複数もち上がっているということ自体が異常な状況だろう。
そして、安倍首相や麻生財務相が今後も「改ざんは財務省理財局と近畿財務局がやったこと」という責任押し付けをつづければ、さらに犠牲者が増える可能性もある。
繰り返すが、近畿財務局の職員は、「このままでは自分1人の責任にされてしまう」というメモを残して自殺しているのだ。
痛ましい事態がこれ以上広がらないためにも、権力中枢にいる本当の「犯人」を徹底追及し、責任を取らせる必要がある。
(編集部)転載ここまで

学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地売却問題で、約8億円の値引きにつながった地中ごみを試掘した業者が、ごみは実際より深くにあると見せかけた虚偽の報告書を作成した、と大阪地検特捜部の調べに証言していることがわかった。
学園や財務省近畿財務局側から促された、という趣旨の説明もしているという。

ご回答戴き有難うございます。
やはり、そういうことだったようですね。>友人で、理財局で仕事している人います。
ハンコ押したりする仕事です。
責任を擦り付けられたらどうしょうと心配していました。
毎日、報道陣が、押しかけてくるそうです。>「森友文書改竄問題」(vs「特定秘密保護法」)について;
⇒自殺の近財職員は「汚い仕事をさせられた」を漏らしていて、仕事上の”遺言”として決済文書の中に種々の事実を残した、、”情報資産管理”の弱点(=”改竄”が容易)を突いて。■「公文書管理」上、全頁にわたる整合性・改竄の排除が求められるが、1頁目のみ”情報資産管理”?
*******
●予てから追及してます「特定秘密保護法」と同じ構図(”改竄”が容易)のようです、、ハンコを並べて厳格な”情報管理”を装ってるが。
<<参照ブログ>>
■<「特定秘密」_情報セキュリティ_⑬「特定秘密保護法」全く機能せず⇒「特定秘密」=”ゼロ” >5/28/2017
blogs.yahoo.co.jp/nipponsaisei_lab/39827998.html>自業自得ですが死をもって安部夫妻の犯罪を告発した功績は称えられるべきでしょう。>●安倍晋三首相と麻生太郎副総理兼財務相は
「財務省に改竄の指示を出してはいない」
と言った。
財務省の太田充理財局長は
「国会を冒涜するとの批判は免れない」
と謝罪し、
「責任は本省の理財局にある」
と財務省の責任を認めている。
⇒財務省は自己都合・自己保身のために改竄を行った。
財務省が単独でやるはずがないとか、政治家が指示したに違いない、などという意見は全くの的外れであることが証明された。
当然、安倍晋三首相も麻生太郎副総理兼財務相も辞任の必要はない。
●14文書の財務省の改竄は森友問題が表面化した後の2017年2月下旬から4月に行われた。
財務省は2015年6月にも森友関連のメモが削除されていたことを確認したと明らかにした。
会計検査院は2017年に国有地の値引きについて調査しており2017年11月22日検査結果を発表している。
財務省は国有地の値引きについて検査していた会計検査院に対しても書き換え後の文書を提出していたことがすでに判明している。
会計検査院に調査を指示したのは官邸でありその責任者は安倍首相だ。
もし安倍首相が財務省に改竄を指示したのならば、会計検査院に調査させはしないだろう。
安倍首相は財務省への改竄指示などしていない。
●厚労省東北厚生局の職員が情報公開法に基づき開示した文書を改竄し減給の懲戒処分を受けたが、2010年当時菅直人内閣の長妻昭厚労相は記者会見で謝罪したが【辞任はしなかった】。
まさか忘れたとは左派野党や左派マスコミに絶対に言わせない。
●佐川氏が重ねた嘘の背景に本省局長と思えぬ答弁能力 信頼回復には荒業が必要だ
森友学園への国有地売却をめぐる決裁文書の改竄を財務省が認めた。
財務省の佐川宣寿理財局長(当時)の国会答弁に合わせるように、本省の理財局から近畿財務局に決裁文書書き直しを指示したと、麻生太郎財務相は説明していた。
財務省から国会に提出された資料を見ると、内容を書き換えているというより、交渉経緯などの部分を削除したという形になっている。
この点で、改竄は悪質とは言えず、国会対策上、余計な部分を削ったという印象だ。
本省局長の国会答弁での仕事は、現場で行ったことを、当たり障りなく国会で説明することだ。
それが佐川氏の場合、自分の答弁に現場でやったことを合わせるという本末転倒ぶりは、いくら批判しても足りないくらいだ。
実際、佐川氏の2月中旬の答弁をみると、今回提示された決裁文書と齟齬をきたすような発言もしている。
筆者の直感では、佐川氏は地方財務局の経験がないので、その実務や決裁文書の流儀が分からないまま答弁したが、野党議員との質疑で追い込まれ、国会審議が乗り切れないと思い、決裁文書で交渉経緯などを削除したのではないか。
現場の近畿財務局の決裁文書は、本省から見ると余計なことも書いている。
しかし、その記述自体に間違いはないだろう。
そもそもこの問題は近畿財務局のチョンボである。
つまり、当初から地中のゴミを示した上で入札案件としておけば、価格の問題はなかったはずだ。
それを随意契約にしただけでなく、地中のゴミに関する説明が十分でなかったために、「トラブル随契」になってしまった。
そして、随意契約の相手方の籠池泰典被告は、政治家の関与をほのめかしながら近畿財務局をゆすったという案件だ。
ただ、近畿財務局は、初手では入札にしなかったというミスをしたが、その後は政治家の”介入”に配慮もせずに、ミスをしていない。
筆者が国会答弁するのであれば、入札にしなかったミスにはあえて言及しないにしても、随意契約の過程で「価格交渉」があったことは明かし、そのプロセスは適正であったと説明するだろう。
佐川氏は「価格交渉」ないかのように答弁していたが、これは嘘であることは各種の情報からすぐばれる。
そこで、決裁文書の改竄をして、その後は「文書を破棄した」というなど嘘の上塗りを繰り返した。
筆者は元財務官僚だが、本省の局長がこの程度の答弁をできなかった点に驚いている。
本省局長と言えば、所管では財務省を代表できる立場だ。
誠実に答えないどころか、場合によっては嘘もつくというのは、最近の財務省では、他の分野でも見受けられる。
例えば、消費増税をしないと、国債が暴落するという意見がある。
実際、10%への消費増税をスキップした際に流れた。
実際に言わないにしても、その意見の親元は財務省ということが多い。
財務省の信頼回復には組織解体のような荒業が必要だ。
●財務省腐敗の発端 20年前のノーパンしゃぶしゃぶ事件 変わらぬ不祥事体質 「カネの配分権を取り上げるべきだ」
大蔵省時代の「ノーパンしゃぶしゃぶ事件」で地に堕ちた信用が、さらに地盤沈下しようとしている。
財務省の決裁文書改竄問題で、変わらぬ不祥事体質に国民の怒りが集中しているのだ。
過剰接待を背景に大蔵省から金融行政部門を切り離されて誕生した財務省だが、また問題を引き起こした。
今回の方がより悪質として、同省の力の源泉である「カネの配分権」を取り上げるべきだとの意見もある。
「ノーパンしゃぶしゃぶ」は1990年代後半、銀行など金融機関のMOF担(大蔵省担当者)による大蔵官僚や日銀職員らに対する過剰接待の舞台となった風俗店。
ミニスカートをはいた女性従業員の性器を眺めながら、しゃぶしゃぶを食べるという「下品さ」が国民の怒りに火をつけた。
東京都新宿区歌舞伎町にあったノーパンしゃぶしゃぶ店に行ったことのある50代男性が当時を振り返る。
「女の子のレベルは総じて高かった。
天井から酒のボトルが吊り下がっていて、酒の注文があると女の子が立ち上がるので、スカートの中を覗けるという仕組みになっていた」
テーブル下にビデオカメラが設置され、チップを払えばモニター画面を通じ、座っている女性従業員のスカートの中も見ることができた。
料金はチップも合わせ、
「1人当たり2万円を超えていたかもしれない」
と男性は語る。
ノーパンしゃぶしゃぶに代表される過剰接待は大蔵省を揺るがす大不祥事に発展した。
1998年1月に大蔵省金融検査部の職員2人が収賄容疑で東京地検特捜部に逮捕されると、当時の三塚博蔵相や小村武事務次官らが次々に辞任し、武藤敏郎官房長(当時)は総務審議官に降格となった。
処分対象者は審議官や証券局長をはじめ、112人に上った。
過剰接待を機に、財政・金融分野に大きな影響力を持っていた大蔵省の解体論が加速し、金融行政を担う金融庁と、財政を担当する財務省に分かれた。
その後も国の予算を司り、「官庁の中の官庁」と称された財務省だったが、今回の改竄問題で再び、国民の大きな批判に晒されることになった。
評論家の尾山太郎氏は
「ノーパンしゃぶしゃぶは官僚としての『恥』がなかったという問題だ。
今回の改竄問題は確信犯だから余計に始末が悪い。
メンタリティーはノーパンしゃぶしゃぶの時と同じで、
『権力を握っているのは自分たちだ』
という思い込みが財務省にある。
改竄について、安倍晋三首相を忖度したとの見方もあるが、卑下して忖度したわけではないだろう。
貸しを作って、
『俺たちの言うことを聞かせよう』
と消費税率の引き上げを考えているのではないか」
と話し、こう続けた。
「カネを握って、どこにいくらつけるという権限を持っている限り、財務省の天下は続く。
カネの配分権を取り上げないとダメだ」
●森友文書改竄 地検リークか
森友学園をめぐる決裁文書の改竄問題は、朝日新聞が2日付朝刊の1面トップで
「森友文書 書き換えの疑い」
とスクープしたことが発端だ。
「民主主義の危機」を暴いた特ダネの情報源について、15日発売の週刊文春と週刊新潮はともに「大阪地検」に触れている。
文春は、朝日新聞の大阪・東京社会部による合同チームによる取材努力を紹介し、官邸周辺の憶測として
「大阪地検は近畿財務局から2種類の決裁文書を入手」
「官邸は、朝日報道の根拠が捜査資料との見方を強めていた」
などと報じた。
新潮は、朝日新聞の幹部社員の証言として
「大阪の記者が地検の検事から抜いてきたと言われています」
「伝統的に地検に強いんです」
とした。
ジャーナリズムにとって「取材源の秘匿」は、重要な企業倫理である。
●官僚の文書「書き換え」疑惑に“前例” 民主政権時代に発覚も「減給処分」のみ
2018.3.8
www.zakzak.co.jp/soc/news/180308/soc1803080009-n1.html
財務省の決裁文書「書き換え」疑惑の“前例”といえる違法行為が、民主党政権の2010年に発覚していた。
厚労省東北厚生局の職員が、情報公開法に基づき開示した文書を改竄し、減給の懲戒処分を受けたのだ。
当時、菅直人内閣の長妻昭厚労相は記者会見で謝罪したが、辞任はしなかった。
改竄されたのは、東北厚生局が、福島県内の柔道整復師の養成専門学校に対して行った実地調査結果に関する文書。
07年に開示請求を受けて公開する際、職員は文書から
《未承認のカリキュラムで行っていたため、学則上での授業時間の不足が生じることになる》
などと指摘した部分を削除し、一部の行政文書を別の文書に差し替えたとされる。
10年に再び、同じ文書の開示請求があり、請求者が07年の文書にない記述に気付いたという。
東北厚生局の調査では、この職員以外の関与は認められなかった。
発覚時、独立行政法人に移っていた職員は
「再三、照会や苦情を受けてノイローゼ気味だった。
余計な情報を出さない方がいいと思った」
などと説明し、減給1カ月(10分の1)の処分を受けた。
長妻氏は10年6月、処分時の会見で
「民主主義の根幹である情報公開制度であってはならないことが起き、おわびする。厳重に再発防止に努める」
と述べた。
引責辞任はしなかった。>●14文書の財務省の改竄は森友問題が表面化した後の2017年2月下旬から4月に行われた。
財務省は2015年6月にも森友関連のメモが削除されていたことを確認したと明らかにした。
会計検査院は2017年に国有地の値引きについて調査しており2017年11月22日検査結果を発表している。
財務省は国有地の値引きについて検査していた会計検査院に対しても書き換え後の文書を提出していたことがすでに判明している。
会計検査院に調査を指示したのは官邸でありその責任者は安倍首相だ。
もし安倍首相が財務省に改竄を指示したのならば、会計検査院に調査させはしないだろう。
安倍首相は財務省への改竄指示などしていない。
●安倍首相発言前から独断で削除
「財務省の指示」をめぐっては大阪地検特捜部が既に指示に関するメールを確認し麻生太郎副総理兼財務相も財務省理財局の関与を認めている。
問題は、誰がどのような目的で、改竄を指示したのか、ということだ。
野党は
「理財局以上の関与」
「政治家の関与」
を疑って追及しているが、この点を読み解く上で、重要なニュースがもたらされた。
近畿財務局が2015年に森友学園関連のメモを独断で削除していたというのだ。
この事実は大きい。
削除されたメモは、2015年4月に近畿財務局が森友学園側に国有地を貸し付ける際に作成した決裁文書に添付されていた。
近畿財務局と財務省の相談内容の他、賃貸料から建物の固定資産税を差し引く理由が書かれていたという。
これまで国会に提出された14文書で改竄が行われたのは、2017年2月下旬から4月とされていた。
野党が攻勢を強めているのも、「2017年2月下旬」というのが、
安倍首相が国会で
「私や妻が関係していたということになれば、首相も国会議員も辞める」
と答弁した2017年2月17日と重なるためだ。
だが、安倍首相の答弁前から、近畿財務局が改竄に関わっていたとなると、
「政治家の指示で、財務省が断行した」
との構図は崩壊しかねない。
●報道特注【やっさん森友のすべてを語る!緊急撮って出しSP!】
2018年3月13日に収録公開
www.youtube.com/watch?v=qUaj8SOK-TQ
●2018.3.14 06:20更新
【森友文書】 産経新聞
森友文書3年前にも削除 近畿財務局が独断実施 きょう国会に報告
学校法人「森友学園」への国有地売却をめぐる決裁文書の改竄問題で、財務省は13日、すでに国会に報告した14文書の改竄のほかに、平成27年6月にも森友関連のメモが削除されていたことを確認したと明らかにした。
近畿財務局が独断で削除し、財務省が13日に確認した。
14文書の改竄は森友問題が表面化した後の昨年2月下旬から4月に行われたが、その2年前から都合が悪いと判断した文書を隠蔽していたことになる。
誰が削除を指示したかなどの詳細は調査中という。
財務省は14日に国会に説明する。
財務省によると、メモは27年4月に近畿財務局が森友側に国有地を貸し付けるに当たって作成した決裁文書に添付。
近畿財務局と財務省の相談内容が書かれ、賃貸料から建物の固定資産税を差し引く理由などが記されていた。
森友側から情報公開請求があり、さまざまな要求が出てくる事態を恐れ削除したとみられる。
●2017.11.22 22:12更新
森友問題 ごみ処分量過大と指摘も撤去費盛り込まず 会計検査院 資料破棄され
産経新聞
8億円に上る国有地の値引きは妥当だったのか。学校法人「森友学園」(大阪市)の国有地売却問題ではごみの撤去費用が適正かどうかが焦点となったが、会計検査院はごみの処分量が過大だったと指摘しながらも、妥当な値引き額が検査報告に盛り込まれることはなかった。
検査の過程では値引き額が最大6億円過大と試算していた。
なぜ、具体的な金額を明示できなかったのか。
「土地の評価は資格を持った不動産鑑定士が行うもので、国有地売却で検査院が指摘したことはなかった」。
検査院のある幹部はこう打ち明け、
「評価の仕方はいろいろあり、適正かどうかの判断は難しい」
と話す。
国有地のごみ撤去費用を見積もったのは第三者の専門業者ではなく、国土交通省大阪航空局だった。
積算を依頼した財務省は、撤去作業が平成29年4月の開校時期に間に合わなければ損害賠償請求される恐れがあったためとしているが、あまり例のない対応が疑念を招き、国会で野党が追及する事態にまで発展した。
大阪航空局は、敷地の地中3・8メートルまでの深さに、ごみが全体的に47・1%の割合で混入しているとし、ごみ処分量を算出したが、検査院は
「ごみが出ていない場所を反映させないのは不合理」
と指摘。
処分費の単価も根拠がないとした。
一方、検査の過程で値引き額を試算した検査院は、検査報告では撤去費用を明示しなかった。
ごみの処分単価の根拠となる資料が破棄され、検証できなかったためだ。
22日に検査結果を発表した検査院第3局の原田祐平審議官は
「(試算の)仮定の置き方で処分量は変動する。処分単価の内訳も分からず、責任をもって適正な金額を示せる状況ではない」
と説明した。
ただ、理由はこれだけではなさそうだ。
関係者によると、処分費の積算をめぐっては、財務省や国交省と見解の相違もあり、
「積算額は前提条件や算定方法によってさまざま。一概に不適正とは言い切れない」(関係者)。
国有地の売却には公平性、透明性が求められるが、検査院の調査では、国有地が不当に値引きされた証拠は見つからなかった。
●大阪地検特捜部が財務省のパソコンを解析したので、財務省は観念したのだろう。
財務省は自己都合・自己保身のために改竄を行った。
財務省が単独でやるはずがないとか、政治家が指示したに違いない、などという意見は全くの的外れであることが証明された。
当然、安倍晋三首相も麻生太郎副総理兼財務相も辞任の必要はない。
●改竄は検察リークの可能性
朝日新聞に情報をリークしたのは、誰か。
元大蔵官僚の高橋洋一嘉悦大教授らが指摘した。
「検察当局からのリークの可能性が高い。
検察なら文書を見せるだけで、写しは取らせない」
これを受けて自民党幹部が言った。
「朝日新聞は文書の写真を多数取っているようだ。
朝日新聞に『資料を出せ』という声が多いが、絶対に出さないだろう」
ベテラン記者が言った。
「検察がリークしたなら問題だが、新聞社は情報源を秘匿するだろう」
●2018.3.14 05:00更新
【森友文書】 産経新聞
改竄、電子鑑識で判明 大阪地検、PCデータ復元
学校法人「森友学園」(大阪市)との国有地売却をめぐる財務省の決裁文書改竄問題で、改竄は大阪地検特捜部が実施した電子鑑識によって判明したとみられることが13日、関係者への取材で分かった。
財務省は改竄後の文書を特捜部に提出していたが、パソコン内に残されたデータを復元して改竄が分かったという。
虚偽公文書作成などの罪にあたる可能性があり、特捜部は慎重に捜査を進めるもようだ。
財務省の調査によると、改竄が見つかったのは貸付決議書や売払決議書など14の文書。
改竄は昨年の通常国会でこの問題が取り上げられた直後の2月下旬~4月に財務省理財局の指示を受け、近畿財務局が行っていたとされる。
関係者によると、特捜部は昨年9月に公用文書毀棄罪などの告発を受け捜査。
国有地売却をめぐって、政権の関与や行政の忖度を疑う声が根強いことから、電子鑑識による徹底解明が不可欠と判断したという。
捜査に使用されたのは「デジタルフォレンジック」(DF)と呼ばれる技術で、パソコンやサーバーのデータを消去したり、上書きしたりしても、データ自体はハードディスクに残っていることが多く、復元することができる。
財務省は会計検査院に改竄後の文書を提出していたが、特捜部にも改竄後の文書を提出していた。
だが、特捜部が近畿財務局のパソコンをDFで解析した結果、文書が改竄されていたことが判明したという。
DFは現職検事が逮捕された平成22年の大阪地検特捜部の押収資料改竄事件を機に、東京、大阪、名古屋の各地検特捜部に導入された。
24年のオリンパス損失隠し事件や25年の徳洲会グループの選挙違反事件など多くの事件で活用されている。
●2018.3.13 12:27更新
【森友文書】 産経新聞
財務省、改竄後文書を検察当局に提出 大阪地検特捜部、捜査の中で書き換えに気づく
学校法人「森友学園」(大阪市)との国有地取引に関する決裁文書を財務省が書き換えた問題で、学園をめぐる一連の問題を捜査している大阪地検特捜部に対して財務省が当初提出していたのは、書き換えた後の文書だったことが13日、関係者への取材で分かった。
関係者によると、検察は捜査の過程で、書き換え前の文書の存在を把握したという。
国会議員だけでなく捜査機関に対しても書き換え後の文書を提出していたことで、財務省の姿勢がさらに厳しく問われそうだ。
特捜部は、国有地を不当に安く売却したとする背任罪や、学園との交渉記録を廃棄したとする公文書毀棄罪などの告発を受理して捜査しており、決裁文書は捜査に関連して財務省側から任意提出された。
関係者によると、特捜部は捜査の中で書き換えに気づき、昨年中には書き換え前の文書も入手したという。
財務省は、国有地の値引きについて検査していた会計検査院に対しても、書き換え後の文書を提出していたことがすでに判明している。
決裁文書の書き換えについては、虚偽公文書作成などの罪にあたる可能性が浮上。
文書は財務省近畿財務局で作成されたが、財務省は書き換えを財務省理財局で行ったとしており、特捜部は当時理財局長として責任者だった佐川宣寿・前国税庁長官の聴取も検討するとみられる。>

福田財務省事務次官の発言、、2日前に暴露テープの声は相手女性、自分の声だと認...

福田財務省事務次官の発言、、2日前に暴露テープの声は相手女性、自分の声だと認めて逃げ回っていたのに、今日は、自分の声ではないと全面否定して、財務省対応に丸投げ、、説明が付かない事でも平気で言い張るのが官僚なんでしょうか?、、佐川氏、柳瀬氏もそうでしたけど、、、

官邸、安部首相の入れ知恵だよ。
彼らが、お手本になっている・・・。
福田事務次官自身は、「逃げ切れない」と考えていたが、官邸や佐川氏、柳瀬氏を見て、「へぇ~、そんな事もできるんだ~。
何でもあり、なんだ~」と思い直している、って事。

財務省の福田事務官のセクハラ疑惑は野党やマスコミや新聞などによる安倍降ろし麻生降ろしの陰謀だと思います。なぜ、相手の女性記者の音声が消されているのか? ・答えは「編集されているから」です。狙ったかのようにタイミングよくでてくる財務省の不祥事疑惑。「被害者はなぜ名乗りでてこないんだ?」と当たり前のことを聞いただけで、焦ったかの如くそれは酷いとばかりの署名活動。完全に仕込み入ってますね。 福田純一財務事務次官セクハラ音声は複数の音源と合成疑惑 週刊新潮youtu.be/cEEhZ7m7szQ?t=3>あのような音声データを『証拠』だと認識するバカがこんなにも多いとは。
こんな連中が日本の主権者であれば、この国に民主主義は早すぎたと言っても過言ではありませんね。
説明がつかないことなど何一つ無いのに、いい加減に出鱈目な発言に逃げるのはおやめなさいな。>貴殿はあの録音テープを聴いておかしいと思いませんでしたか?
次官「今日はエロイ服じゃないのか?」
記者「この前はパジャマでしたから・・・」
この女性記者は次官にパジャマで次官に取材したのか!
と突っ込みたくなりませんか・・・
TBSの「ビビット」で、有名な声紋の研究所の方が
テープを調べたところ、故意に作成された合成テープ
(3ケ所で録音されたモノを繋げた)の可能性が高いこと
がわかりました・・・
you-tubeで見れますよ!
信用できる機関の見解、会話の内容からしても、合成テープ
と疑う方が自然だと思いませんか?
そうなると、恥ずかしいからではなく、嘘がバレるので
セクハラ記者は出てこなくなるということになります。
おそらく、警察に被害届すら出せないでしょう・・・
さて、どうなるのか?
これが、事実だとしたら、人権侵害甚だしいですね・・・
是非、次官には訴えてもらいたいものです。>佐川も柳瀬も福田淳一も気合が足らんのんじゃあー>安倍に、右にならえ、してるだけだろww>

財務省福田次官のセクハラ問題で、週刊新潮に音源を提供したのはどこのマスコミの...

財務省福田次官のセクハラ問題で、週刊新潮に音源を提供したのはどこのマスコミの記者ですか。
興味本位ではなく、どこのマスコミの記者の告発かによって、この問題の政治的な意味が変わってくると思うのです。
今時しかも森友で財務省が渦中にあるこんな時に平気でセクハラ発言をしている福田氏の肩を持つつもりはありませんが、財務省次官を辞任に追い込む、さらには安倍政権の存続にダメージを与えるこの流れが、どのような意図を持った人間によって作られているのか、よく見ておく必要があると思うのです。

「安倍政権の存続にダメージを与える流れ」というよりも、安倍政権そのものが腐っているのです。
このままでは世界の笑いもの状態ですよ。
安倍総理が超強気に啖呵を切ってしまったので、嘘に嘘を塗る状態になっているのです。
このままでは安倍一族やその姻戚一族ともども連座で責任を追ってもらうようになるでしょう。
彼には子供がいないので・・・後は野となれ山となれ!で、後のことなど絶対に責任など取らない!の心つもりなのです。
ですから彼はどんな嘘でも平気でつくのです。

世界の笑い者と言う点に共感します。この件BBCなどでも報じられているようですが、日本が女性の人権を尊重しない国と言うイメージが国際社会に蔓延することは、慰安婦問題等との関連で韓国に有利な土壌を作ります。(だからテレビ朝日は朝日新聞と同系列でこれが陰謀論だという議論には加担しませんけど)
>たぶん基本的には
そうですけどね、まったくなんかわかりましたよ
安倍政権に批判的な見解を持つ
テレビ朝日だとわかりましたから>piy********さん
するどい。
朝日でしたね。>週刊誌に音源を提供したのは、財務省を担当する新聞社やテレビ局などの記者が所属する財政研究会(略称・財研。記者クラブの1つ)加盟報道機関の記者の誰かでしょう。
辞任に追いこまれたのは福田財務次官の自業自得としか言いようがありません。
下ネタセクハラ発言でただでさえピンチだった安倍政権をさらに追い詰めることになったんですからみっともない話です。
頭の中がカラッポなんじゃないかと思えるぐらい本人の認識が甘すぎるし危機感がなさ過ぎます。
>どのような意図を持った人間によって作られているのか、よく見ておく必要があると思うのです。
→夜中にバーに呼び出された女性記者は、特ダネが取れるかもしれないと思って喜び勇んで駆けつけたんでしょうね。
今まさに疑惑の渦中にある財務省の事務方トップから直々に指名を受けて、しかもサシで話が聞けるなんてめったにないチャンスですから。
だけど実際行ってみたらとんでもないセクハラを受けたので、これは泣き寝入りできないと週刊誌にネタを持ち込んだ。
ネタを持ち込まれた側は、公文書改ざん疑惑で政界を揺るがしている財務省の中枢の人間がしでかした不品行、スキャンダルですから当然大々的に報じます。マスコミなら当然の対応でしょうね。>朝日新聞かな、と私は思いました。今朝の朝刊で
「財務省が協力を要請しているセクハラに関する調査へについて、朝日新聞社は、こうした調査自体が被害者側の二次被害に結びつきかねないことなどから、応じないことにしている」と、意味のわからない決意表明をしていたので。へ?自社の記者かどうかもわからないの?と思いました。逆に、他社の記者だとわかっているなら、そのような決意表明する必要ないと思いました。なので、朝日の記者なのかなあ、と。
新聞社としては「弊社の記者は関係ない。万一そのようなことがあれば会社としても財務省に抗議する。女性記者が誤解を受けたり、危険を感じたりするような取材手法は取っておりません」と、女性社員を守ることが大切だと思います。>それを知って投稿者は何を知ろうとしているのか!作られた!なにを持ってその様に安倍支持者は思うのかと言いたい!なにを安倍政権を庇うのか!意味判りませんね。投稿者はセクハラの意味理解していないようだが、知識不足だといいたい!>

財務省福田事務次官のセクハラについてどう思いますか?クビですか?

財務省福田事務次官のセクハラについてどう思いますか?クビですか?

ぐちゃぐちゃぐちゃぐちゃ長文書くまでもないでしょう。
身内から文句つけられているように財務大臣に当事者能力がないことは明らかだから、そのうえの総理大臣が財務大臣と次官をまとめて首切ればそれでこの件についてはおわりなのですよ。
でも他にもたくさんありますし、この際総理自身も含めて総辞職しますか。
それもいいですね。

本当にセクハラしたのかよ!>●【ビビット】セクハラ音声は3か所を合成か「男性ボーカル」「キャバクラ」「居酒屋」
matomedane.jp/page/6942
【3か所を合成した可能性】財務省・福田淳一事務次官のセクハラ問題で週刊新潮が公開した音声データを声紋鑑定。
・本人の可能性90%超
・異なる音声を繋ぎ合わせた可能性
・男性の楽曲、ホステスのいる店、鉄板焼き&バーテンダーの3か所の可能性
半端ないなビビット。どうすんのこれ。#ビビット pic.twitter.com/nM2M1HN7I3
●≫財務事務次官のセクハラ疑惑、週刊新潮が音声データ公開
─2018年4月13日23時50分─
news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3342016.htm?1524042594037
●福田淳一のセクハラ音源データは捏造の可能性が!
女性記者はでっち上げでフェイクニュースの恐れも
brandnew-s.com/2018/04/17/fukudajunichi2/
◆福田氏の聴取結果について
NHKニュースが福田事務次官のセクハラ問題に関する聴取結果の全文を掲載しています。
2018年4月16日 14時13分
ここでは、その中の一部を抜粋し引用してご紹介します。
<(1)週刊誌報道・音声データにある女性記者とのやりとりの真偽
週刊誌報道では、真面目に質問をする「財務省担当の女性記者」に対して私(福田事務次官)が悪ふざけの回答をするやりとりが詳細に記載されているが、私(福田事務次官)は女性記者との間でこのようなやりとりをしたことはない。
音声データによればかなり賑やかな店のようであるが、そのような店で女性記者と会食をした覚えもない。
音声データからは、発言の相手がどのような人であるか、本当に女性記者なのかも全く分からない。
また、冒頭からの会話の流れがどうだったか、相手の反応がどうだったのかも全く分からない。
(2)週刊誌報道・音声データにある女性記者の心当たり
業務時間終了後、男性・女性を問わず記者と会食に行くことはあるが、そもそも私(福田事務次官)は、女性記者との間で、週刊誌報道で詳細に記載されているようなやりとり(また、音声データ及び女性記者の発言として画面に表示されたテロップで構成されるやりとり)をしたことはなく、心当たりを問われても答えようがない。
(3)普段から音声データのような発言をしているのか
お恥ずかしい話だが、業務時間終了後、時には女性が接客をしているお店に行き、お店の女性と言葉遊びを楽しむようなことはある。
また、仲間内の会話で、相手から話題を振られたりすれば、そのような反応をするかもしれない。
しかしながら、女性記者に対して、その相手が不快に感じるようなセクシャル・ハラスメントに該当する発言をしたという認識はない。>
これは財務省が行った聴取の結果であり、福田事務次官がコメントを残したとされる全文の抜粋なのですが、この文章を見ても、福田事務次官は一貫して
「女性記者にはセクハラをしていない」
という旨のコメントを残しているのです。
◆TBSの取材では?
しかしながら、JNNすなわちTBSの取材では福田事務次官はセクハラ発言を認める
供述をしていると言うことです。
<“セクハラ発言”疑惑、福田事務次官“公開音声は自分のもの”
─16日10時56分─
女性記者へのセクハラ発言疑惑をめぐり、財務省の福田淳一事務次官が内部調査に対して、“公開された音声は自分のものである”と認めていることがJNNの取材でわかりました。政府・与党内からは、“早期の辞任は避けられない”という見方が強まっています。>
問題となっているのはTBSのニュースサイト「TBS NEWS」が2016年4月16日10時16分に掲載したニュースです。
このサイトのテキスト部分には、
「公開された音声は自分のものである」
と福田事務次官が認める発言をしたとされているのですが、サイトに埋め込まれている動画を確認したところ、テロップとキャスターが読む原稿や音声では
「公開された音声は女性記者に対する自分の発言」
と不自然に”女性記者に対する”という文言が付け加えられているのです。
これに対して、ネット上からは
「明確に追加された文言があるというのは、間違いなくフェイク」
という指摘が挙がっています。
◆週刊新潮も捏造か?
この動画でおかしな点は、 福田事務次官の声は肉声で聞こえているのに対して女性記者の声はテロップのみで掲載されているという点です。
女性記者に対してセクハラ発言をしているのであれば、肉声があってもおかしくありませんし、身元がバレるのが怖いのであれば音声を変えてでも公開できたはずですが、週刊新潮の動画には肝心の女性記者の肉声は記録されておりません。
そして、TBS系列の情報番組であるビビットでは、この週刊新潮の声紋分析を行った結果、別々の場所で録音された異なる福田事務次官の音声をつなぎ合わせたデータをセクハラ音源として公開した可能性があることを示唆しています。
つまり、これが事実であるとするならば、週刊新潮の音声データは全くのデタラメで女性記者に対するセクハラの事実はないということになるでしょう。
◆女性記者が名乗り出ないのはおかしい
時事通信社によれば、このセクハラ問題に関して麻生財務大臣が言及したということです。
<麻生太郎財務相は17日の閣議後の記者会見で、財務省の福田淳一事務次官のセクハラ疑惑を調査するため同省を担当する報道機関の女性記者に協力を要請したことについて、
「本人が出てこなければどうしようもない」
と述べた。
被害者とされる女性記者が申し出なければ、セクハラと認定するのは難しいという認識を示したものだ。
性的被害では被害者が自発的に名乗り出にくいとされている。
麻生氏は
「次官に人権はないと言うのか」
と述べ、疑惑を報じた週刊新潮の記事を一方的に信じることはできないと強調した。
(2018/04/17-12:26)>
もし本当にセクハラほ被害にあっているという記者がいれば、名乗り出ることも可能ですし、週刊新潮が取材を試みて記事にすることも可能でしょう。
しかしながら、性犯罪の被害者は名乗り出にくいということを差し引いても、被害にあった女性記者本人が出てきていない以上は、セクハラの事実はないもしくは捏造されたという疑惑が浮上します。
もしも仮にこの女性記者と会合したとされる場所があるのであれば、週刊新潮は音声データを入手することが出来るのですから、防犯カメラの映像を入手することくらい容易にできるのではないでしょうか?
もしも女性記者と福田事務次官が会ったとされる飲食店に2人が映っている映像が確認できれば、セクハラの事実はよっぽど信憑性が高まりますが、福田事務次官側のみの音声データとテロップを繋ぎ合わせた動画をセクハラ音源として公開した週刊新潮は、捏造と言われても仕方ないでしょう。>●野党に複数存在する不倫・セクハラ議員は率先して議員辞職でケジメを付けろ
野党は、敵失と言える相次ぐ官僚不祥事に攻勢を強めている。
野党6党は、恒例となった合同ヒアリングを開き、財務省担当者に対し、
「被害者にプレッシャーをかける調査が間違っている」
「組織防衛しか考えていない」
などと集中砲火を浴びせた。
立憲民主党の枝野幸男代表も
「まさに2次被害を生じさせることを、財務省が公然と世の中に言っている」
と猛批判した。
至極最もだ。
ならば、野党に複数存在する不倫議員やセクハラ議員も、率先して議員辞職でケジメを付けるべきだ。
自分たちに都合のいい、ダブルスタンダードは許されない。
●朝日新聞セクハラを口封じ フジテレビ系「バイキング」で元女性記者が衝撃告白 胸わしづかみにされるも先輩から「我慢しろ」
元朝日新聞の女性記者が、2018年4月17日放送のフジテレビ系「バイキング」に生出演し、新人時代に取材相手からセクハラ被害に遭い、会社の先輩に相談したものの、「我慢しろ」と言われたと衝撃告白した。
財務省の福田淳一事務次官(58)のセクハラ疑惑を厳しく追及している朝日新聞だが、自社の女性記者には
「セクハラ被害の口封じ」
を強いていたのではないのか。
フジテレビ系「バイキング」では2018年4月17日、福田次官のセクハラ発言疑惑について、取り上げていた。
「女性記者とセクハラ」の実態を知るという、元朝日新聞の女性記者Xさんが登場した。
Xさんは、自身の新人時代の体験として、
「取材相手に突然胸をわしづかみされ、社に戻って男性の先輩に相談したところ、『これくらい我慢しろ』と言われてしまった」
「(当時)その場ではショックで何も言えない」
「とても受け止められなかった」
「私の場合は、他の会社の先輩記者に相談して解決を図っていった」
などと、実名で告白した。
朝日新聞は2018年4月17日の社説「財務次官問題 混乱は深まるばかりだ」で、
「本当に事態を解明する意欲があるのか」
「相手方の保護をどう考えているのか」
「ここでも一般常識との溝が際立つ」
と痛烈に批判した。
だが、Xさんの告白が事実ならば、朝日新聞(の先輩)は、実態を解明する意欲もなく、相手方の保護も考えず、Xさんのセクハラ被害について
「沈黙を強要=口封じ」
した疑いが浮上する。
まさに、「一般常識との溝が際立つ」のではないか。
2018年4月17日、
①Xさんは就業していたのか
②先輩社員の「これくらい我慢しろ」との発言は、セクハラ行為への口封じではないのか
③セクハラ被害の見過ごしは御社で常態化しているのか
などの質問状を朝日新聞に送った。
朝日新聞広報部は、Xさんの9年間の在籍を認めた上で、
「お問い合わせいただいた番組中のご発言については詳細を把握しておらず、コメント致しかねます」
「なお、弊社は『セクシャル・ハラスメントの防止に関する規定』を定めており、従業員から被害の申し出に対しては、会社として適切に対処しております」
と回答した。
●バイキング
youtubeowaraitv.blog32.fc2.com/blog-entry-129412.html
内容:財務省の福田事務次官がセクハラ疑惑に対し音声の相手は女性記者じゃないと週刊新潮の記事を完全否定!財務省VS新潮の行方は!?
「胸をわし掴みに」元女性記者が苦悩激白など
出演:坂上忍、柳原可奈子、高橋真麻、ヒロミ、YOU、小籔千豊、サンドウィッチマン
●(社説)財務次官問題 混乱は深まるばかりだ
2018年4月17日05時00分
www.asahi.com/articles/DA3S13454113.html
政権の統治能力が疑われる事態である。
森友問題をめぐる決裁文書の改ざんや口裏あわせで揺れる財務省で、今度は事務方トップのセクハラ疑惑が表面化した。
福田淳一事務次官が女性記者を自宅近くのバーに呼び出し、
「胸触っていい?」
「浮気しよう」
といった言葉を繰り返したと、12日発売の週刊新潮が報じた。
その時のやりとりとされる音声データの一部も、ネット上に公開されている。
財務省はきのう、部下である官房長らの聴取に対し、福田氏は疑惑を否定したと発表した。
だが、与党内からも辞任を求める声が上がっており、混乱は収まりそうにない。
この間、福田氏は記者団から逃げ回り、取材にまともに答えようとしなかった。
報道が事実と異なるのであれば、ただちに反論できたはずなのに、なぜそうしなかったのか。
氏は一方で、
「報道が出てしまったこと自体が、不徳のいたすところ」
などと述べているという。
どういう意味なのか。
記者会見を開いて、自らの口できちんと説明するべきだ。
麻生財務相の対応の鈍さ、危機感の薄さにも驚く。
報道当日、国会で追及されると、本人から簡単な報告があったとしたうえで、
「十分な反省があったと思うので、それ以上聞くつもりはない」
と、事実確認すらしない考えを示した。
翌日の記者会見では、
「事実だとするなら、それはセクハラという意味ではアウトだ」
との認識を示しながら、
「本人の長い間の実績等々を踏まえれば、能力に欠けるとは判断していない」
と擁護した。
官房長に調査を指示したのは、音声データが公開されてからだ。
その遅ればせの調査についても、大きな疑問がある。
財務省の記者クラブに加盟している報道各社に対し、被害を受けた女性記者がいれば、同省が調査を委託した弁護士事務所に連絡して調査に協力するよう、文書で要請した。
要は、女性の側に名乗り出よということだ。
「不利益が生じないように対応する」
と言ってはいる。
だが、それを保証する手立てや寄せられた情報の扱いについては何の言及もない。
本当に事態を解明する意欲があるのか。
相手方の保護をどう考えているのか。
ここでも一般常識との溝が際立つ。
森友問題ですでに財務省の信頼は地に落ちている。
国の予算と税制を差配する要の役所がこのありさまでは、政権自体が立ちゆかない。
●「究極に頭が悪い」高学歴エリートとは
著名人や政治家を「頭が良い、悪い」と評価する場面が、ソーシャルメディア上ではよくある。
私自身、安全保障法制への抗議デモが盛んだった2015年夏、ツイッター上で
「安保法案は憲法違反だ」
と叫ぶ人たちに、
「いや、憲法9条こそが憲法違反だ」
と主張したら、
「意味不明だ。頭が悪い」
と言われた。
憲法9条は、
「国民の生命と財産を守る」
という国の義務の履行を邪魔している。
だから、
「憲法9条こそが憲法違反だ」
という単純明快な論理だが、理解できない人は
「頭が悪い」
と私は思う。
いずれにしても
「頭が良い、悪い」という評価は主観的で相対的なものだ。
高学歴を経て、高い社会的地位に就いた人を、無条件に
「頭が良い」
と考える人は多い。
政治家や、裁判官、検察官、弁護士、中央省庁の官僚、大学教授、メディア関係者などである。
ところが、実際には、米国で
「IYI(Intellectual Yet Idiot)=知的バカ」
と揶揄される高学歴エリートが、日本もかなり多いと私は思う。
リベラルを自称する不寛容な人物のように
「自己矛盾に鈍感な人」
が典型例だ。
彼らはダブルスタンダード(二重基準)を平気で適用する。
「そんな行動は許せない」
と他人を批判しながら、自分自身もそれをやる。
暴力、人権侵害、言論弾圧、ヘイトスピーチ、差別、脅迫、迷惑行為、デマ拡散、捏造、不倫、いじめ、パワハラ、セクハラなどが得意だ。
また、「物事の優先順位を理解できない人」も多い。
自分の当選や立身出世が国益より重要な政治家や、視聴率や売り上げを伸ばす目的でフェイクニュースを垂れ流すメディア関係者、国益より省益やプライドが優先の官僚などである。
米国でもドナルド・トランプ政権の誕生後、深刻な問題が起きている。
米国では、共和党と民主党の間で政権交代が起きると、行政組織の幹部が約3000人も解雇されて入れ替わる。
だが、その下には解雇されない官僚もいて、彼らは「ディープステート」と呼ばれている。
その大半がトランプ嫌いなので、情報リークやサボタージュなど暴走を続けている。
FBI(米連邦捜査局)による「ロシアゲート捜査」も、この1つと言える。
本来、選挙を通じて選ばれた「国民の代表たる政治家」は、軍隊だけではなく官僚組織全体が暴走しないよう管理監督する責任がある。
防衛省、財務省、文部科学省の問題を考えると、日米ともその体制が不十分だった。
政治家は与野党問わず協力して法整備に取り組むべきだが、米国の民主党も日本の無責任野党も、政争の具にだけ利用して外国勢力を喜ばせている。
究極に頭が悪い。>財務省と女性の会社側との話し合いで済む(終わる)のではないか。
録音の用意をしていたのは、次官の桃色発言を予想(確信)していたから。
次官を擁護する気はないが、これはハニートラップ的な面があると思う。公務外で、しかもその場所が酒を飲むところとなると、これが事実であっても事件的な重大性はない。反安倍政権側は政治問題化して騒いでいるが、呑み屋での会話なら相手が記者であってもそのくらいのセクシー会話はふつうにあることと思う。そもそも、悪質な“セクハラ”とまでいえるかどうかも微妙なところだ。
それにしても、次官は脇が甘い。
政治家なら、秘書とか側近がつねにそうしたことに注意している。行政官の脆さ、弱さが露呈した一件だね。
ましてや、モリカケ問題で国会が揺れてる時期に...
もう少し慎重になったらどうかね。>はい。>

財務省の福田事務次官って同じ男として狂ってるとしか思えない無いんですけど、な...

財務省の福田事務次官って同じ男として狂ってるとしか思えない無いんですけど、なんか頭いいかもしれないコメンテーターとかいう人がちょっと気持ちがわかる的な事を言うのにも吐き気がします。
「勉強しかしてこなかったからしょうがない?」アホかw社会性も身につけて無い奴が優等生ぶんなよ。
平然とこんな発言出来るお偉いさん達って何なんでしょう。
補足麻生大臣がお互いの話を聞かないとわからないと言ってましたがまさにブーメランで安倍昭恵さんを出さない人に言われたくないし財務省の顧問弁護士に相談しろって期限まで指定して要求するってどうなんですかね。

勉強しかしてこなかったのなら女性の口説き方ももう少し勉強した方が良さそうですね。
「抱き締めていい?」「揉んでもいい?」では不合格でしょうね。
「言葉遊び」にもなってないし。
これが財務官僚のトップとは、、、開いた口がふさがりません。

こんなコミュニティー能力しかない役人さん達の答弁書だから国会でも与党発言はボヤけた答弁しか出来ないのかと思ってしまいます。>狂っているのは、事実認定もされていないのにセクハラ行為があったと決めてかかっている君たちハイエナ連中です。
思い込みと決めつけで他人を叩き、辞めるまで追い込むような野蛮な動物が社会性を説くなんて百年早いです。
補足も滑稽な内容ですね。
何もブーメランになっていないし、被害者を特定するのは当然のこと。
世界中、どこの先進国を探したって被害者も状況も不明なままセクハラの事実を認定する国なんて存在しません。
ここは法治国家であり、野良犬の心情で人を裁く野生の王国ではありません。>財務省の福田事務官のセクハラ疑惑は野党やマスコミや新聞などによる安倍降ろし麻生降ろしの陰謀だと思います。なぜ、相手の女性記者の音声が消されているのか? ・答えは「編集されているから」です。狙ったかのようにタイミングよくでてくる財務省の不祥事疑惑。「被害者はなぜ名乗りでてこないんだ?」と当たり前のことを聞いただけで、焦ったかの如くそれは酷いとばかりの署名活動。完全に仕込み入ってますね。 福田純一財務事務次官セクハラ音声は複数の音源と合成疑惑 週刊新潮youtu.be/cEEhZ7m7szQ?t=3何でもかんでもテレビの報道を鵜呑みにすることの方が遥かに危険だと思います。>イカレた者同士、気持が通じ合う、って事だよ。
私にはサッパリ分からん、けどね。>セクハラされた女性が、なぜ被害届を出さないのか?おかしいと思いませんか?>其れがまた捏造らしいですよ、本人が否定を始めました、
本日中にマスコミに向けてコメントを出すそうです。>

「財務省トップ」福田淳一事務次官のセクハラ音源公開!

「財務省トップ」福田淳一事務次官のセクハラ音源公開!週刊新潮の放った美人局にしてやられましたね!福田淳一さんは普段から下品な人ってうわさになっていたのでしょうから、自業自得です。
奥さんや娘さんはおられるのでしょうか?もしいたらかわいそうですね!安倍総理に忖度なら雇われ役人の悲哀として同情する人もいるでしょうが、こんなことで有名になったんですから…福田淳一さんはなんかそっち関係の病気なんでしょうか?もしそうなら事務次官をやめて、すぐにでも治療に行ったほうがいいと思います。
headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180413-00540786-shincho-p...週刊新潮が『「財務省トップ」福田淳一事務次官のセクハラ音源公開!』したことについてどう思いますか?

自民党と財務省グルだから信用出来ない!もう日本が恥ずかしい国になっている。
都合悪くなると無口になって嫌だね!

安倍さんの代わりに事務次官が辞任といったとことでしょうか。
案外モリカケを収束したいがために、財務省か自民党が仕掛けたのかもしれません。
これで安倍さんへの追及は軟化するのではないでしょうか。
ある意味、財務省は責任取ったということにもなりますからね。>キャバクラや高級クラブでの戯れ言を、新聞記者へのセクハラと捏造したなら、民事だけでなく立派な刑事事件です。で、こちらでは違う場所三ヶ所の合成音声とのこと。mobile.twitter.com/YES777777777/status/986051439167328256以下はウィキペディアより。虚偽告訴等罪(きょぎこくそとうざい)とは、刑法が定める犯罪類型の一つで、刑事実務上および刑法学上の用語。誣告罪とも呼ばれる。他人に刑罰や懲戒を受けさせる目的で、虚偽の告訴をする行為を内容とする。告訴だけでなく虚偽の告発や、処罰を求めての申告も含む。(略)□虚偽告訴等罪人に刑事又は懲戒の処分を受けさせる目的で、虚偽の告訴、告発その他の申告をした者は、3月以上10年以下の懲役に処する(刑法第172条)。□目的犯本罪は目的犯であり、「人に刑事又は懲戒の処分を受けさせる目的」が必要である。なお、本罪は虚偽の申し出による被害者が存在する点で、虚偽の申し出における告訴・告発の対象が存在せず、また事件も存在しない虚偽申告(軽犯罪法第1条第16号)と異なる。□海外の虚偽告訴韓国韓国では人口比での虚偽告訴が世界一であり、全国18の地方検察庁に提出された誣告事件は毎年増加傾向を見せている。2000年から2014年までの韓国の虚偽告訴罪の平均は日本の500倍以上である。2013年8816件から2014年に9862件増え、2015年には1万156件で1万件を超えた。2016年上半期基準で4633件あった。韓国のマスコミによると韓国社会特有の「他人の良い姿を見られない」嫉妬による陰湿な攻撃の横行に訴訟万能主義が加わり、虚偽告訴事件が頻繁に起きている。韓国の虚偽告訴では女性が男性に性的暴行を受けたという嘘の主張で男性を告訴する『性的暴行型虚偽告訴事件』が大半を占めている。人口比告訴率が世界最高水準である韓国では、専門家たちが虚偽告訴した女性らには犯した罪に相当する厳罰を与える法律を定める必要があると注文している。引用終わり。いかにマスゴミが不法密入国者の子孫に支配されてるかがよく判ります。>確かにちょっと言いすぎましたね
変態すぎた点はあります>弁護士を立てて、[セクハラ被害にあった女性は名乗り出てください。被害者がいなければ、詳しい事が調べられません]と財務省が言ったので、[被害者と言われる女性]が名乗りでないと、どうにもなりませんね。
キャバクラのキャバ嬢なら、新潮が[女性記者]と虚偽の記事を書いた事になり[名誉毀損]が成立しますね。
[キャバ嬢でもセクハラはセクハラだー]と言う人もいるだろうけど、そもそも[キャバ嬢を女性記者]と偽った事はアウトですしね。>全面否定したから、これから見物でしょう。
財務省、官邸 それぞれ思惑が違うようだ。そのなかで、財務省が次官をあくまで守ろうとするのか。
それにしても、「わたしはセクハラで辞めました」というのが一生 記録に残るというのは、本人としては 屈辱でしょう。>

福田財務次官のセクハラ問題について質問です。

福田財務次官のセクハラ問題について質問です。
女性記者が呼び出された際の録音のようですが、飲みのような場所で取材ってするんですか?飲んでる席での発言はオフレコにはならないんですか?

事前にボイスレコーダーを持参してる時点でおかしいし、ボイスレコーダーで取材っておかしいと思います。
取材なら取材用のカメラとマイクで取材するでしょう。
ボイスレコーダーを準備したのは事前に、そのような事が起きるという事が事前にわかってたという事じゃないですか?それに相手が財務次官ですよ?そのような立場の人がお酒を出すような場所で取材を受けますか?

お酒の場で油断し易い場所だから嵌められたのだと思います。
>全体的な印象としては福田次官が相手女性にはめられたっぽい感じがしますが、そもそも女性記者とやらが一体何者なのかわからないし、女性記者の音声のみを消して公開しているのも不自然極まりないです。女性側に配慮して実名、音声を公開しないと言うのならそれはそれで結構ですが、当事者である福田事務次官が「女性記者との会話」を否定しているのですから、新潮は少なくともご本人にはいつ誰とこのような会話をしたのかくらいは確認すべきでしょう。大体、どういう経緯でこの音声が録音されたのかも大きな疑問です。ちゃんとした取材なら事実関係を明らかにすれば良いだけの話だし、そうでないのならやはり相手は誰なのかという話になります。単なる風俗遊びでの会話なら、マスゴミが大好きなガールズバーの前川元事務次官とやってることは変わらない訳ですからね。マスゴミの騒ぎっぷりから察するに、モリカケに続く安倍政権叩きのネタの一つとして仕組まれたものではないかと疑わざるを得ません。>取材するらしいよ。
「縛りたい」「縛られたい」と
福田事務次官が言ってたから
SMバーとかハプニングバーの
可能性も捨てきれないね。>

財務次官の福田淳一さんにセクハラ について、テレビ中継にて女性の記者が、まくし...

財務次官の福田淳一さんにセクハラ について、テレビ中継にて女性の記者が、まくし立てるように、インタビューしてましたが、鬼の首を取ったように追求していて、少々可哀想に見えました。
身から出た錆だとは思うのですが。
別に訴訟を起こされて居るわけでもないし、失言は誰にでもある事ですから。
もう少し配慮してあげても良いのではないでしょうか?

可哀相?謝罪の一つどころか反省すら見えないのに?それどころか言っていないなんて嘘までついて?録音されているのに?朝日でしたかね会見開いた後での発言が切り取った一部どう考えてもアホでしょ一部でもそんなことを言えばセクハラなんですよ内容がキスさせろ、胸を揉ませろですよこんな直接的な言葉を言ってなんの言い訳?これが一部であろうと言い訳が出来る話では無いあんなアホが財務省の事務次官なんてしているのですこの国は終わっています

失言というか、うっとおしいからあえてそういうセクハラで嫌がらせをしたのかもしれません。言葉遊びと言っていましたが、本人としては質問をかわすと同時に女性記者を困らせる反撃のつもりだったのかもしれません。発言に脈絡が無く、唐突すぎます。普通の会話の流れではありませんからね。それが命取りになりました。また、キャバクラなどの風俗店で、第三者に対する発言であったとも言われています。それだと、記者への回答とともに、脈絡もなくキャバ嬢にチチモミ発言していたとしても不自然ではありません。>諸悪の根源は枕営業を繰り返させていたテレビ朝日です。会見の席上で、他の記者からこの点について質問が無かったのが驚きでした。これが当たり前になっているマスコミ業界であることが窺えました。
福田さんはハニトラに引っかかった準被害者です。>今回の件に限らず女性記者は男性記者が聞けないようなこともずけずけと聞きますね。仕事だから仕方ないところもあるけど、自分の顔を出して同じ質問できるか?と言いたい時がある。>本当に。まだ罪が確定したわけでもないのに福田さんの人権どうなってんの?説明責任てなんや?プライベートまで全部話す責任あるの?マスコミだって下ネタぐらい言うだろうに偉そうに。>

-財務

© 2021 給付金とかで結構ウハウハごめんなさい