財務

福田財務省事務次官がセクハラした女性記者が朝日新聞の記者ってほん...財務

福田財務次官がセクハラ報道の件で

福田財務次官がセクハラ報道の件で新潮社を名誉棄損で訴訟を起こすようですが、報道は事実と違うのですか?

これから係争されると思いますよ。
ここまでハッキリ無いと福田財務事務次官が言い切っているという事は自信があるのだと思いますよ。
この女性記者にあった事は無いといっているという事はキャバマラなどの女性の中にテレビドラマ的になってしまいますが潜り込んで彼が来るのを待っていたという事になりますよね。
そして福田事務次官のとの会話を盗聴したという事になりますよね。
まだまだ、この盗聴には不可解な処が多いと思いますよ。
マスコミの報道は余り信用出来ないと思いますよ。
これからだと思います。
あまり決め付けない事ですよ。

16日午後、財務次官、セクハラ報道否定「提訴へ準備」。福田氏は「この女性記者と会食をした覚えもない」と疑惑報道を否定。これを事実とするなら、捏造記事だったということで野党は窮地に成りませんか?
www.nikkei.com/article/DGXMZO29424430W8A410C1EAF000/ 日本経済新聞>こんにちは・・・・
訴えるとあるからには「事実無根」の記事という事でしょう。
事務次官ともれば東大卒で同期10人のうちから選ばれた1人ですよ。
10人局に入り10人が局長となり、その内の一人が事務次官になったら他の9人は天下りして出て行くというジンクスがありますよ。
それだけの人材がセクハラ等するものですかね。>音声のみなので、それを福田財務次官が逆手に取りました。その音声が福田事務次官の音声だとして、いつ・どこで・誰に言ったのかははっきりしませんから。福田事務次官は公人なので、違法性が阻却されるので、名誉棄損罪は成立しないと思われます。>セクハラ被害に遭った女性記者は複数いますんで、
福田が、セクハラ野郎なのは間違いないですよ。
「キスして良い?」とか女性記者に聞くのは、
普通だったらしい。>「ホステスは人間ではない!セクハラにはならん!」の安倍政権。
やばすぎ。>

公文書偽造の財務省に再び怒りのデモ!麻生財務相の「デモ隊は普通じゃない」発言...

公文書偽造の財務省に再び怒りのデモ!麻生財務相の「デモ隊は普通じゃない」発言にも主催者が真っ向反論=どう思いますか?lite-ra.com/2018/03/post-3838.html「納税者一揆」発起人 醍醐聰・東京大学名誉教授インタビュー2018.03.03「国民の財産を横流しするな!」「嘘つき佐川を罷免しろ!」「安倍の逃げ切り許さない!」 3月3日に都内で行われた「モリ・カケ追及第2段 国税庁包囲&納税者一揆デモ」に集まった参加者の数は、前回2月16日の「納税者一揆」を上回る1500人(主催者発表)。
「虚偽答弁で昇進するな!佐川は辞めろ」「国民なめるな麻生・安倍」などと書かれたプラカードを掲げた人々は、まず、財務省・国税庁を取り囲み、その後、銀座の街をデモ行進した 参加者の男性は「自分たちは文書偽造までしておいて、何食わぬ顔で国民から税金を取っているなんて、とてもじゃないが許せない」と心境を吐露。
この日ために東北地方から手弁当でやってきたという女性は「娘からも『一家を代表して抗議してきて!』とエールを送られました」と「麻生はふざけた答弁やめろ!」「ふざけた国会答弁許さない!」というコールが繰り返されるなど、政府側のごまかし答弁に対する怒りも噴出した。
当然だろう。
森友問題をめぐっては、昨日、朝日新聞が国有地売却をめぐる決済文書の重要箇所が書き換えられた疑惑をスクープ。
文書を確認したという朝日によれば、森友側との契約当時の文書には「特例的な内容となる」「学園の提案に応じて鑑定評価を行い」「価格提示を行う」などの文言が記載されていたというが、問題発覚後に国会議員らに開示された文書では、それらの文言が削除されていた。
〈複数関係者によると、こうした内容の変更は、昨年2月に朝日新聞が問題を報じた後に行われた疑いがある〉(3日付朝刊)と「納税者一揆」を主催した市民団体「森友・加計問題の幕引きを許さない市民の会」の発起人である醍醐聰・東京大学名誉教授は、デモの終了後、本サイトの取材に対して「国会議員に開示した文書とオリジナルの内容が違うということは、まさに偽造されたということでしょう。
さらに元は『価格提示を行う』と書かれていたというのだから、『事前交渉はない』と言ってきた佐川氏の虚偽答弁の確たる証拠になります。
しかも、公文書偽造となれば佐川氏一人でできることではない。
財務省ぐるみで、意図的に“情報隠し”が行われたのでしょう。
これは明らかに証拠隠滅罪であり、犯罪と言っていいと思います。
私たちはすでに佐川氏に対して証拠隠滅容疑で検察に告発し、受理されていますが、大阪地検もいい加減ちゃんと捜査するべきです」朝日の「文書改ざん」スクープによって、森友問題は新たなステージへと向かうことになるだろう。
問題を隠蔽するため組織ぐるみで公文書を改ざんしていたのならば、政権が吹き飛ぶレベルの決定的なスキャンダル麻生太郎財務相は昨日の国会で、大阪地検の捜査に影響を与える恐れがあるとの詭弁を弄し、「答弁を差し控えねばならない」と繰り返した。
財務省は2日夜になって6日までに何らかの調査をすると表明したが、これまでの経緯を考えると素直に改ざんを認めるとは到底思えない当時の理財局長である佐川国税庁長官は、文書改ざんの経緯を知りうる責任者に他ならないが、3日現在、当然のように報道各社とも佐川氏のコメントを取れていない。
野党は佐川氏の国会招致を求める方針だが、官邸は退官まで“佐川隠し”を続けるつもりだろう麻生財務相は、佐川長官の罷免を求める抗議運動に対しデマ攻撃まで展開した。
2月19日の衆院予算委で麻生財務相は野党議員の質問に対し、「納税者一揆」に関して「御党(立憲民主党)の指導で、街宣車が財務省の前に当日やっておられたという事実は私ども知っております」「なんとなくそういうもの(街宣車)が出ているというのは、少々普通じゃないなとは思いました」 集まった市民を“組織化されたプロの政治集団”であるかのごとく言いふらし、抗議の矮小化を狙ったわけだ。
しかし、当然ながら麻生財務相の答弁は事実ではない。
本サイトは1日に、こうした麻生発言等について醍醐氏は「この発言について、2月21日に文書で、麻生大臣宛に謝罪と訂正を求める申し入れをしました。
大きく言えば2つの問題があります。
ひとつは『立憲民主党の指導・主導で』と言ったことですけど、麻生大臣は『御党(立憲)がそうでないと言うのなら訂正する』と国会で言いましたあの発言は私たちが何かの政党に指導されていたという話になってしまうわけでして、私たちに対して訂正なり謝罪なりがあってしかるべきじゃないですかもう一つの問題は、『街宣車を持っているのは少々普通じゃない』と麻生大臣は言いましたね。
職業的政治集団であるというような“印象操作”そのものでないか知人を通じて宣伝カーを有償で借り、使ったまでのこと転載(抜粋補足「公文書等」とは、(1)行政文書、(2)法人文書、(3)特定歴史公文書等をいいます(公文書管理法第2条第8項)。
◆ 行政文書行政機関の職員が職務上作成し、又は取得した文書であって、当該行政機関の職員が組織的に用いるものとして、当該行政機関が保有しているもの(公文書管理法第2条第4項)「公文書等の管理に関する法律」は国及び独立行政法人等の有するその諸活動を現在及び将来の国民に説明する責務が全うされるようにすることを目的として作られた法律です。
公文書等の管理に関する法律第一章 総則(目的)第一条 この法律は、国及び独立行政法人等の諸活動や歴史的事実の記録である公文書等が、健全な民主主義の根幹を支える国民共有の知的資源として、主権者である国民が主体的に利用し得るものであることにかんがみ、国民主権の理念にのっとり、公文書等の管理に関する基本的事項を定めること等により、行政文書等の適正な管理、歴史公文書等の適切な保存及び利用等を図り、もって行政が適正かつ効率的に運営されるようにするとともに、国及び独立行政法人等の有するその諸活動を現在及び将来の国民に説明する責務が全うされるようにすることを目的とする。

こんばんは??*???*??麻生財務相の【開き直り発言】は、本当に許せませんね(怒)『普通じゃない』のは、お前の頭の方だろう?と、思いましたわ。
これは、【政権】が都合の悪い文書を書き換え、『改ざん』することで国民を欺くという、国家の根幹を揺るがす犯罪の疑惑ですから?問題を『隠蔽』するため組織ぐるみで公文書を『改ざん』していたのならば、【政権が吹き飛ぶレベル】の決定的なスキャンダルですね?(#`皿´)<怒怒怒怒怒怒朝日が確認した『契約当時の文書』によると・・・森友との取引を「特例的な内容となる」「本件の特殊性」などと記載されていた訳ですから・・・それを『隠蔽』する為に【公文書偽造】という犯罪を“国ぐるみ”で犯したこともあきらかになってしまいます。
しかも、『文書の書き換え』が行われたのは「昨年2月下旬以降」と関係者が証言しています?これはまさに森友問題に火がついた時期であり、官邸側が財務省に『隠蔽工作』を命じた可能性は濃厚です。
デモ参加者の男性は「自分たちは文書偽造までしておいて、何食わぬ顔で国民から税金を取っているなんて、とてもじゃないが許せない」と心境を吐露されていますが、至極真っ当なご意見です?(・`□´・)ふざけんなっ?

おはようございます。
全くその通りだと思います。>共産党と連合の街宣車兼選挙カーだったからですw
ツイッターとかで流れている画像動画と一致していますw>まともでない男が言うべきセリフではないな。>あれが、「公文書偽造」に当たるか否かは、検察 裁判所が判断する事かと思います。もちろん、不正確なデーターを提供した責任は有りますよ。それを、否定する気はありません。ただ、未だにモリカケで騒いでる方は、阿呆かとは思いますね。>

財務省が森友学園土地取引文書を改ざんした犯罪行為が発覚!

財務省が森友学園土地取引文書を改ざんした犯罪行為が発覚!当時の責任者、佐川国税庁長官を徹底追及せよ=どう思いますかlite-ra.com/2018/03/post-3835.html2018.03.02到底あり得ない問題が発覚した。
昨年2月、財務省が国会議員に開示した森友学園との土地契約の際に作成された決裁文書が、じつは書き換えられた「改ざん文書」だったと このスクープを報じたのは、今朝の朝日新聞。
記事によれば、問題が発覚したのは2015~16年に財務省近畿財務局の管財部門が局内の決裁を受けるためにつくったという文書。
朝日は契約当時の文書を確認したといい、そこには森友学園との交渉で受けた要請にどう対応したかの記述のほか、森友との取引を「特例的な内容となる」「本件の特殊性」などと記載、さらには「学園の提案に応じて鑑定評価を行い」「価格提示を行う」など、事前の価格交渉がおこなわれていたことを示す文言も書かれていた。
しかし、こうした部分が開示文書では削られたり、文言が書き換えられていたと 安倍政権では捏造データ問題が発覚したばかりだが、今回の問題は事実を国民から隠蔽するために公文書を改ざんし偽造するという、明確な「犯罪」であり、これだけで政権が吹き飛ぶ大疑惑 しかも、文書の書き換えがおこなわれたのは「昨年2月下旬以降」と関係者が証言している。
これはまさに森友問題に火がついた時期であり、官邸側が財務省に隠蔽工作を命じた可能性は濃厚 実際、本日の参院予算委員会では「元の文書を開示せよ」という野党からの追及に、麻生太郎財務相も財務省の太田充理財局長も「大阪地検で捜査中」ということを理由に「答弁は差し控える」の一点張り。
今後については、「捜査に対する影響を十分配意しつつ調査したい」(太田理財局長)としたものの、これは文書の開示を「捜査中」を理由に拒否するための予防線を張ったとしか思えない 元の文書を開示したら、森友学園の土地取引が特例であることも、それを隠蔽するために「公文書偽造」という犯罪を国ぐるみで犯したこともあきらかになってしまう。
それを避けるために、「捜査中」を理由に開示を引き延ばしつづける作戦では佐川国税庁長官の土地格安購入、公金ホテル疑惑を追及しないマスコミ こうした国民不在の隠蔽工作を阻止するためにも、安倍首相、麻生財務相への徹底追及が必要だが、この問題にはもうひとり、追及すべきキーマンがいる。
それは、国税庁長官である佐川宣寿前理財局長文書が改ざんされたその時期は、佐川氏の理財局長時代。
文書改ざん問題の当事者であり、今回の文書は前述したように事前の価格交渉をおこなっていたことの決定的証拠でもある。
あらためて、国税庁長官である佐川宣寿前理財局長の答弁が虚偽であったことが実証されることになるからだ 佐川長官をめぐっては、先週発売の「週刊文春」(文藝春秋)が大特集を展開。
世田谷の好立地にある佐川長官の邸宅は、じつは国税庁が差し押さえた土地を2003年に「格安」で購入したものだと報じた。
購入当時の当該地域の相場などから土地の価格は7500万円にものぼるというが、これを佐川長官は3000?3500万円で購入したと 当時の佐川氏は塩川正十郎財務相の大臣秘書官。
競売物件の購入が内規等で禁止されているわけではないが、財務官僚は差し押さえや競売物件についての情報が仕入れやすい立場にあり、佐川氏がそうした立場を利用して格安で土地を手に入れたとみられても仕方がない佐川長官は現在、皇居に隣接する「KKRホテル東京」に身を隠し、公用車で国税庁に登庁している。
ホテルの宿泊費はシングルルームで1泊8000円だが、佐川長官が宿泊しているのではとみられているスイートルームだと1泊4万4千円。
同ホテルは財務省所管の国家公務員共済組合連合会が運営しており、佐川長官は組合員割引の3割引で宿泊している可能性があるが、それでもスイートルーム利用なら1カ月で約92万円にもなり、こうした暮らしを何カ月もつづけているとしたら数百万円の金額がかかっていることになる。
いくら国税庁長官とはいえ、これはかなり厳しい出費であり、とても私費で賄っているとは思えない。
国税庁の藤井健志次長は「宿泊費を公費負担した事実はない」と答弁しているが、官房機密費が流れていることも十分考えられる 国会から逃げ、会見も開かず、税金でホテル暮らしをしている疑惑まで浮上している佐川長官。
そこに降って湧いた、森友とよく似た自身の「土地格安購入」問題──。
しかも、ちょうどいまは確定申告期間中とあって、マスコミも大きく佐川追及をおこなうかと思われたが、蓋を開けてみれば、確定申告スタート日に実施された佐川長官に抗議する「納税者一揆」の模様をストレートニュースで少し紹介するのが関の山マスコミの弱腰の背景にあるのは、「報復」への恐れであることは明白厳しい税務調査をおこなうことで報復してきた前例転載(抜粋

戦前の政権&軍部&右翼がグルになって国民を騙し侵略戦争を選択した暗黒の時代と重なります。
安倍政権はそこまで腐っているのです。
理財局長の単独犯行などあり得ません。
もとはと言えば安倍夫人が森本学園に足を突っ込んだことが発端です。
日本を崩壊させたくなければ安倍氏は自らの意思で議員辞職すべきです。
朝日がすっぱ抜いた記事です。
言いっぱなしで終わらないよう「徹底的に追及してほしい」と意見を電話で伝えておきました。
電話番号は0570-05-7616です。

ご回答戴き有難うございます。
全く同感です。
行動を起こして戴き感謝致します。>一番可哀そうなのは、佐川長官の家族です。
住み慣れた官舎出て、人目に付かない土地に引っ越したそうです。
子供たちも転校したそうです。>antachigauyo04 とかいう、思考停止の馬鹿サヨどもが安倍総理・安倍政権を盲目的に悪と決め付け、フェイクニュース朝日新聞をありがたがって購読し、フェイクニュースを信じてそれを元にで批判している日本の現状は異常。森友で追及している朝日新聞など、特定秘密保護法・集団的自衛権の行使容認・組織犯罪処罰法などの法律を通され、自社の政治観に合わない安倍総理を排除したいだけであり、そのためならねつ造であろうが何でも構わないという姿勢が見え見えである。馬鹿サヨ低脳サルに理解出来る知能があれば、そもそも自ら進んで馬鹿サヨになんてならないわけで、無理問答のような話だが。自虐史観にまみれた馬鹿サヨの工作によって、日本がまともな国に生まれ変わることを阻まれており、政府・国民は朝日新聞などの左翼メディアや議員、それに感化された馬鹿サヨの動向を注視せねばならない。>これは財務省の大チョンボ。
佐川元局長も是非追及してもらいたい。
財務省の力が弱まれば
消費税の増税も凍結又は減税も可能になるし
大型財政出動も現実味を帯びる。
早くデフレを完全脱却して
日本に本物の好景気が来ることを期待したい。>sayoku_baikokudo_shine バカ丸出しだな、おまえって。
日本を崩壊させようと企む安倍からいくら貰ってんだ?
戦前もおまえのような屑がいたから300万人も命を落としたのだ。>口が堅かった財務省もいよいよ内部告発。1年以上の長きに渡って繰り広げられたこの物語の大半の謎解きは終わり、ストーリー展開としてはそろそろ安倍城落城。そして安倍総理入院辞任というフィナーレを迎えないと物語としては面白みがない。
”事実は小説より奇なり…籠池泰典”
切っ掛けは財務局の担当者の違法行為指示から始まった。当該土地の汚染の指定を解除すべく土壌の改良工事を行った際、国は籠池さんに話を通さずゴミの埋め戻しを指示した。一口にゴミといっても生活ゴミや木くず、ビニール片程度なら校舎建設の施工には全く影響せずかつ、国側は産廃処理費用を抑えられる。実際、どの程度ゴミを撤去すべきだったかは微妙で、8,000平米を例えば1m掘削しゴミをすべて撤去するとなると産廃処理費用は相当な金額になるでしょう。ただしかしながら発生土に含まれるゴミを撤去せずそのまま埋め戻すのは産廃処理法違反であって、国は業者に違法埋め戻しを指示したことになる。そしてそれは森友学園側には告げられていなかった。
ゴミの存置を知った森友学園側は、おかしいやんけ!何やねんこのゴミは!…と国側に抗議した。しかしながら国側は我々の知るところではない「新たなゴミ」だと主張しで違法埋め戻し指示の隠ぺいを図った。…以降、交渉のペースを森友学園側に握られることとなったようだ。この辺の経緯に関しては、会計検査院の調査報告によると「森友側から新たなゴミが見つかったと指摘があった」的な記載になっており、財務省内では虚偽の情報を共有し会計検査院に報告していたようだ。
近財担当
「『無理に本地を借りていただかなくてもよい』と投げかけることも考えている」
法務担当
「契約条件が整わない場合に相手の要請を受諾する義務はない」
これは財務省内での相談記録の一節ですが、籠池さんのご意見のように「限りなくゼロ円にせにゃアカンよ」…などと言われたからといって実質ゼロ円にするのはやりすぎだった。
近財担当
「国としては平成28年4月開校に協力する姿勢は堅持したいと考えているため…」
…国としてはって何だ?国としての意思が介在しているのかそれとも担当官が勝手に言っただけのことなのか?普通は「自分としては」ではないのか?微妙である。
いずれにせよ、森友学園問題は去年の今ごろ語られていた話はかなり大嘘で、「新たなゴミ」が見つかったと言ったのは森友側ではなかったことだけではなく、9m下からゴミが見つかったというのも担当官側から言い出した虚偽だったことも分かっている。これも財務省は会計検査院には虚偽の報告をしていた。会計検査院の指摘としては、9m下どころか3.8m下にもゴミがあることを確認できる資料は無いというお話でしたがそれは当たり前のことでした。9m下からのゴミというのは役人側から言い出した虚偽だったからです。
さ、謎解きも大半が終わりました。
役人側は違法埋め戻し指示の事実を隠すため、どうしても森友側からの損害賠償請求は避けたかった。だから不法な値引きを行った。残る伏線の回収は「国としては平成28年4月開校に協力する姿勢は堅持したいと考えているため…(管財部)」これかな?と。
昭恵夫人の口利きで財務省の本省から「森友学園に協力しろ」という指示があった。即ちそれが「国としては…」に該当する部分なのではないか。だから数多くの特例が森友学園側に与えられた。とあたくしは思うけど、あともう一押し証拠が必要だ。内部告発歓迎。
余談としましては、スイートルーム問題。
あたくしは佐川さんがホントにスイートに泊ってるかどうかや金額などは分からないが、昔あたくしが勤めていた会社のボスは佐川さんが泊ってるホテルの3倍以上の値段のスイートで生活していた。月極契約で安くしてくれてたそうで、佐川さんのホテルも月極契約割引…そーいう事もあり得るかなと。ホテル暮らしはメシや掃除・洗濯の心配がなくメイドさんを雇ってるようなものだし、スイートだと執務や仕事関連のお客さんを呼んだりもできて便利だったりする。従ってあまり追及しても仕方のないよーな気はします。>

財務次官のセクハラ問題について、どうしてもわからないことが一つだけあります。
...

財務次官のセクハラ問題について、どうしてもわからないことが一つだけあります。
被害者の女性はテレビ朝日の記者だとききましたが、彼女もジャーナリストであるならば、なぜ問題を自分の務めているテレビ朝日の力で解決しようとせず、よりによって週刊誌に売ったのでしょうか。
同じメディアであっても、テレビと大衆紙では格がちがうと思います(週刊誌さんごめんなさい)しかも自分は報道の花形であるテレビの女性記者です。
報道に関する意識というのは他の媒体の記者よりも絶対に高いと思います。
財務次官のセクハラという大問題をなぜ大正義テレビではなく、一般大衆紙という薄い紙で伝えなければならなかったのでしょうか。
そして、これが一番問題だと思うのですが、仮に今回のセクハラを上司に相談したとして、なぜ会社として何も解決できずに、後出しじゃんけんのような形で被害者ずらして外務省抗議なんて言ってるのでしょうか。
まあ一番悪いのはセクハラした本人ですが。
年をとって権力を手にすると、男はみんなあんな口説き方をするようになるのでしょうかね。

最後に録音した4月4日のあとに女性記者は上司にセクハラがあったことを報告した。
上司はなるべく2人きりで会わないようにと指示し、この時期に報道すると政治的な意図があると誤解を招く、セクハラ報道は難しく仮に放送しても2次被害がある、ということで報道は見送られた。
で、女性記者はこの話を知り合いの新潮の編集者に話をしたら、じゃあ うちで扱いますよということで新潮での報道となった。
謝礼等は無し。
で、実際に報道してみたら案の定、ハニートラップだの倒閣運動だの言い出す輩がわらわら出てきて まぁ上司の予想通りでしたねと、そんな感じ。
テレ朝の上層部が報告を受けたのが16日のおそくだそうで、テレ朝本体としては社員を守るもなにも報告を受けていないので何もできないってのが実態で、直近の上司としては2人きりで会わなければ女性記者の身に危険は及ばないだろうと判断したようだ。

結局、メディア側にも「セクハラおやじを逆手に取って、利用するくらいの器量がないと、女記者なんて務まらないんだよ。いちいちガタガタうるせえな」という頭があるのでしょうね。だから社内でもみ消された。そういう意味では財務次官と似たようなもんですよね。
週刊誌くらいになると、政治家や官僚と持ちつ持たれつよりは、とにかく話題になるものには食いつく、ある意味純粋な姿勢だということなんでしょうね。>●日本はいつから根拠薄弱な証拠を基にして「真偽不明」のままでも「セクハラ発言だ」と言えば官僚をクビにできる無法社会に成り下がったのか?
事実解明をする気は全くなくそれどころか真実を隠蔽して検証しようともしない。
週刊誌に書かれれば事実に関わりなく辞任するのは当然だと主張する者の言い分を平気で載せるマスコミ。
その傾向は左派に特に強いが保守のマスコミも例外とは言えない。
●福田財務事務次官が言ったとされるセクハラ発言は、週刊新潮によると音声は福田事務次官の自宅近くのバーで録音されたものと報じられている。
しかし、日本音響研究所・鈴木創所長によると後ろの音から3つの異なった場所で録音された可能性があり、異なるシチュエーションでとられた録音をつなぎ合わせている可能性があるという。
3つの異なった場所とは
①男性のボーカル入りの楽曲がある所
②ホステスのいる店
③鉄板焼きがあり&バーテンダーがいる所
の3カ所だ。
本当にテレビ朝日女性記者に対して言った言葉なのか?
本当はキャバクラでホステスに対して言った言葉じゃないのか?
音声データ解析という科学は、テレビ朝日や週刊新潮の主張がかなり疑わしいこと示している。
テレビ朝日や週刊新潮はテレビ朝日女性記者と福田財務事務次官の声が同時に入った音声データを出せ。
そしてテレビ朝日女性記者と福田財務事務次官の声紋鑑定をさせろ。
さらに週刊新潮は音声データを入手することが出来るのだから、録音場所と報じられた福田財務事務次官の自宅近くのバーの防犯カメラの映像を入手することくらい容易にできるだろう。
いや、それ以前にテレビ朝日ならもっと入手が容易だろう。
テレビ朝日女性記者と福田財務事務次官が会ったとされるバーに2人が映っている映像が確認できなければ、福田財務事務次官側のみの音声データとテロップを繋ぎ合わせた動画をセクハラ音源として公開した週刊新潮や、情報を提供したテレビ朝日は、捏造と言われても仕方ないだろう。
●福田淳一財務事務次官セクハラ音声は複数の音源を合成疑惑-週刊新潮
2018/04/16 に公開
www.youtube.com/watch?v=cEEhZ7m7szQ&feature=youtu.be
声紋鑑定していない音声を徹底分析
分析 音声データは3カ所の合成?
ビビットは音声データを日本音響研究所に持ち込み徹底分析しました。
■日本音響研究所・鈴木創所長
「今回『触っていい?』というのと『借金を増やしていい』というのと同じ「ていい」というのがあったのでそこを比較しているんですが、この部分ですね、あとここの「ていい」と「て」の部分ですね、この入りが非常に近いです。
(福田次官と同一人物かは)90%を超えるかどうかという感じですね。
かなり似た響きのある音声だと思います。
異なるシチュエーションでとられた録音をつなぎ合わせている可能性があると思います。
「顔も見たくないから」と言う男性がかなり近い所でなり大きい声で言っている。
「浮気しないタイプ?」と言っているところなんですが、ここはBGMがないんです。
■インタビュー女性
さっきの男性ボーカルの曲のようなものはここでは聞こえない?
■日本音響研究所・鈴木創所長
聞こえないです。
で、あと福田さんとされる音声もかなり遠いというか小さくなっていて、周囲のノイズに紛れています。
なので距離感がちょっとひょっとしたら違うのかなと。
女性が接客するような飲食店というのは・・・。
■インタビュー女性
いわゆるホステスさんがいるようなお店の可能性が考えられる?
■日本音響研究所・鈴木創所長
そうですね。
■インタビュー女性
えー。
■日本音響研究所・鈴木創所長
ちょっとサックスとかトランペットが鳴るようないわゆるジャズなんですけど、
”カンカンカンカン”という音が入ってきます。
■インタビュー女性
これ何の音ですか?
■日本音響研究所・鈴木創所長
あの、これ恐らく氷を削るようなバーテンさんが丸く氷を削るとかそういうような音なんじゃないかと思われます。
■インタビュー女性
アイスピックで氷を砕いている?
■日本音響研究所・鈴木創所長
前半は氷を削る音、後ろのほうに関しては鉄板焼きで何かを作っているもしくは掃除しているとか、そういうことが想像できます。
バーテンダーさんが氷を削ってなおかつこの鉄板焼きが出るような店ということになるんじゃないかなと思います。
■ナレーション
専門家によると後ろの音から3つの異なった場所で録音された可能性があるというのです。
①男性のボーカル入りの楽曲
②ホステスのいる店
③鉄板焼き&バーテンダー
●2018/04/18 09:01:18
財務省福田事務次官セクハラ疑惑 複数の音声を繋ぎ合わせた可能性あり 新潮「全て事実」
gogotsu.com/archives/39141
財務省の福田淳一事務次官が女性記者相手にセクハラ発言を繰り返したとして週刊新潮が報じて騒動になっている。
音声データの中には
「おっぱい触って良い?」
「縛って良い」
「しばってもらっていい?」
という会話が確認できセクハラともとれる。
この音声を公開したところ福田事務次官本人の声に類似しているとしており批判が相次いだ。
しかし、福田事務次官は捏造されたものだと否定し更に被害者女性に名乗り出るように要請。
4月17日に放送された『ビビット!(TBS系)』と『情報ライブ ミヤネ屋(日本テレビ系)』が日本音響研究所に音声解析を依頼。
偶然にも局が違う2つの番組は同じ音響研究所に解析を依頼していた。
日本音響研究所の鈴木氏は
「声は90%福田事務次官のもの」
とした。
しかしながら問題は録音された場所にある。
週刊新潮によると音声は福田事務次官の自宅近くのバーで録音されたものと報じられているが、鈴木氏は
「異なるシチュエーションで録られた音声を繋ぎ合わせている可能性がある」
と説明した。
1分の音声データは冒頭部分が男性ボーカルがバックに流れており、違う男性の声も聞こえる。
2箇所目では福田次官が
「手を縛ってあげる 胸触って良い?」
と言う箇所で“カンカンカン”と何かを砕く音が聞こえる。
これはアイスピックで氷を砕く音だという。
BGMもジャズ風になっており最初の音声の男性ボーカルとは雰囲気が異なっている。
最後の方では福田次官が
「エロくないね、洋服服 その前エロいやつだったの?」
と発言している箇所では先ほどの“カンカンカン”とは別の響きのある音が聞こえる。
これはヘラで鉄板料理をしている音だと説明。
つまり、男性ボーカルが流れる箇所、アイスピックで氷を砕く箇所、鉄板料理をしている箇所の3つの音声を繋ぎあわせ、1分の音声にしたという。
福田次官が
「おっぱい触って良い?」
「縛って良い」
と発言したのはほぼ間違い無いが、これがどういうシチュエーションで発言したのだろうか。
単純に福田次官が全てのシチュエーションでセクハラ発言したともとれるし、仮にキャバクラのホステス相手に発言したものだとすれば、また違う展開になりそうだ。
●≫財務事務次官のセクハラ疑惑、週刊新潮が音声データ公開
─2018年4月13日23時50分─
news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3342016.htm?1524042594037
●福田淳一のセクハラ音源データは捏造の可能性が!
◆TBSの取材では?
JNNすなわちTBSの取材では福田事務次官はセクハラ発言を認める
供述をしていると言うことです。
<“セクハラ発言”疑惑、福田事務次官“公開音声は自分のもの”
─16日10時56分─
女性記者へのセクハラ発言疑惑をめぐり財務省の福田淳一事務次官が内部調査に対して
“公開された音声は自分のものである”
と認めていることがJNNの取材でわかりました。
政府・与党内からは“早期の辞任は避けられない”という見方が強まっています。>
問題となっているのはTBSのニュースサイト「TBS NEWS」が2016年4月16日10時16分に掲載したニュースです。
このサイトのテキスト部分には
「公開された音声は自分のものである」
と福田事務次官が認める発言をしたとされているのですがサイトに埋め込まれている動画を確認したところ、テロップとキャスターが読む原稿や音声では
「公開された音声は女性記者に対する自分の発言」
と不自然に”女性記者に対する”という文言が付け加えられているのです。
これに対してネット上からは
「明確に追加された文言があるというのは間違いなくフェイク」
という指摘が挙がっています。
◆週刊新潮も捏造か?
この動画でおかしな点は福田事務次官の声は肉声で聞こえているのに対して女性記者の声はテロップのみで掲載されているという点です。
女性記者に対してセクハラ発言をしているのであれば肉声があってもおかしくありませんし、身元がバレるのが怖いのであれば音声を変えてでも公開できたはずですが週刊新潮の動画には肝心の女性記者の肉声は記録されておりません。
そしてTBS系列の情報番組であるビビットではこの週刊新潮の声紋分析を行った結果、別々の場所で録音された異なる福田事務次官の音声をつなぎ合わせたデータをセクハラ音源として公開した可能性があることを示唆しています。
つまりこれが事実であるとするならば週刊新潮の音声データは全くのデタラメで女性記者に対するセクハラの事実はないということになるでしょう。
もしも仮にこの女性記者と会合したとされる場所があるのであれば週刊新潮は音声データを入手することが出来るのですから防犯カメラの映像を入手することくらい容易にできるのではないでしょうか?
もしも女性記者と福田事務次官が会ったとされる飲食店に2人が映っている映像が確認できればセクハラの事実はよっぽど信憑性が高まりますが福田事務次官側のみ
の音声データとテロップを繋ぎ合わせた動画をセクハラ音源として公開した週刊新潮は捏造と言われても仕方ないでしょう。>

セクハラ疑惑の福田財務事務次官の件についてですが、この疑惑は裁判を起こすこと...

セクハラ疑惑の福田財務事務次官の件についてですが、この疑惑は裁判を起こすことでしか解明出来ないと思います。
なぜならば、公になったICレコーダーの録音で女の音声は全て消されていますから。
福田氏一人がサンドバッグのように叩かれ続けているのには違和感を感じます。
福田氏の言葉の一部だけを切り取って報道するのは異常ですよ。
なぜ、あのような発言になっていったのかを知るには会話の全てを知らなければ始まりません。
女の音声も含めて全ての会話を公にしなければ事件の全容は掴めないと感じています。

調査の段階でも、録音全部の内容を開示しないとこの問題の判定はできません。
訴訟になれば、嫌でも録音の提出に追い込まれてくるわけで、セクハラ問題だけが争点でなくなる可能性は極めて高いものとなります。
週刊新潮が公開した録音は、セクハラ言動と森友問題における安倍総理夫人関与はないという財務次官個人の見解だけですので、この公開録音自体が意図的な編集をしているという誹りは免れないわけです。
女性記者が編集してテレビ朝日(てれびちょうにち)に提出したのか、テレビ朝日が編集して新潮社に提出したのか、それとも新潮社が録音のオリジナルから編集したのか、そこも定かではないわけです。
いずれにしても、この録音のオリジナルを持つ者が全部開示をして、まず「取材」の性格を確定させることが優先されるでしょう。
女性記者はまじめに取材していて、森友問題でかなりの質問をして、財務次官もそれなりの回答をして、一応取材の本質は満たされているとなれば、エロトークの部分でセクハラ認定をされるとしても、取材の他の部分を隠したのは誰だという問題が発生します。
誰なんでしょうね?

そこまで被害者意識あるなら週刊誌でなく、警察か弁護士に相談するのが当たり前です。
実名は公表したくないと言うのに、週刊誌で公表されて社会問題にまで発展してるのは矛盾もいい所です。どんな馬鹿でも、こうなるのは分かることです。
どのマスメディアもまったく同じ口調で福田、財務省を叩き、一方的に女性を被害者とする報道はまさに眉唾物です。ネットニュースでさえ規制が掛けられてるのか、テレビなどと全く同じスタンスです。
異常を通り越して、気味悪ささえ感じます。
何か裏があると考えるのが妥当です。例の#MeTooと関係がありそうです。だからさっそく女として終わったような議員の女どもが動き始めたでしょう?>私もあのぶつ切りのレコーダーの音声を聞いて違和感を感じました。
今時は音声を変換することなど簡単にできるのに、
なぜ前後の会話なしでそこだけ切り出すのか?
確かに、福田事務次官らしき人が言っていることはアレなのですが、
飲み屋のおねーちゃんとの会話であれば別に普通のことです。
可能性の一つとして、あの発言は新聞記者に対してではなく、
飲み屋のおねーちゃんを買収して、あの発言を録音させた可能性が考えられます。
これは消された女性の音声が聞ければハッキリします。
別の可能性として、ガンガンに酔わせた後に、
相手を安心させるために女性が積極的に下ネタを連発して
福田事務次官の発言を誘導することが考えられます。
これも、録音した前後の女性の音声が聞ければはっきりします。
私自身はセクハラはあったんじゃないかと考えていますが、
前後の文脈なしでセクハラ発言だけ切り出して
そこだけで判断するのは非常に危険なことです。
マスコミの危険性を説明するときに
「自分に都合の良い部分だけを切り出して、そこを強調する」
というやり方はよく指摘されることで、
今回の件がその例に当てはまっていないのかをよく考える必要があると思います。>そうですね。
おそらくは男の方も女の方も、お昼のテレビでは到底流せないような卑猥な言葉を連発していると思います。
福田の救いにはならないと思いますが、実体や真相を正確に知るためには、どんな放送禁止用語や行為も証拠として提示できる場での議論は必要だと思います。>>この疑惑は裁判を起こすことでしか解明出来ないと思います。
そんなことはありませんね。
女性に対してあのような言葉を発し、それが録音されて公にされたというだけでもセクハラとしてはアウトです。
女性の声が消されていたってその事実が揺らぐことはありませんから。
>なぜ、あのような発言になっていったのかを知るには会話の全てを知らなければ始まりません。
では、具体的にどんな理由があれば、あのような発言が許されるというのです?
本の朗読でもしていた、ドラマや映画のセリフを真似ていた、とでも言わない限り、許されるような余地はありませんよ。
セクハラは、相手が不快だと思えばそれで成立するのです。
女性が口では嫌がっていないようなセリフを言っていたとしても、内心で不快に思っていたらそれでアウトです。
ですから、会話の全てを知る必要などないのです。
そして、女性が不快になったかどうかは、この件が公にされたという事実で立証済みです。
>女の音声も含めて全ての会話を公にしなければ事件の全容は掴めないと感じています。
典型的なセカンドレイプですね。
そして、こうやって晒し者にしてやるから、それが嫌ならいちいちセクハラなどと騒ぎ立てるな、あなたはそうおっしゃりたいのでしょ。>女性記者は、福田に、モリカケの話をするから来いと言われた。
モリカケの取材だから、録音するのは当然ですよね。
それと、録音音声が編集されていたのは、モリカケに関する部分を省いたからでしょうね。
そもそも、福田が呼び出したということから、女性記者がトラップに嵌められた可能性もあるのでは?と思いました。
福田の言い分を鵜呑みにして、女性記者を批判する人もいるようですね。
麻生が、「一方の言い分だけでは判断できない」と言っていましたよ。
まあ、麻生自身が、一方の言い分(福田の言い分)を鵜呑みにして、女性記者を批判する始末ですからねぇ...
それと、福田、林、自民党は、山口メンバーの報道に喜んでいるでしょうね。
山口の件は、2ヶ月前に示談が成立しています。
それが、この時期に書類送検されて、マスコミが大々的に報道というのには違和感があります。(示談が成立している案件は、マスコミ報道されないのが通例です)
自民党への忖度なのかな?>

福田淳一財務次官の「おっぱい触って良い?」発言の肉声データが公開されましたが...

福田淳一財務次官の「おっぱい触って良い?」発言の肉声データが公開されましたが、皆様はこの愚鈍なオジサンのことをどのように思われますか??とにかく・・・情報が錯綜しまくっていて・・・なんだか・・・・・・・・・・・・・・与党から福田淳一財務次官辞任論 セクハラ疑惑で批判 山口那津男公明代表「正すべきだ」産経ニュース12時間前やっぱり「アウト」な福田財務次官セクハラ疑惑 週刊新潮が音源公開zakzak18時間前福田淳一財務次官更迭へ セクハラ疑惑で産経ニュース1時間前「福田事務次官」のその他のニュース財務省の福田事務次官セクハラ疑惑「浮気しようね」 - 社会 : 日刊スポーツ3 日前 - 森友学園をめぐる決裁文書改ざんで、厳しい目が注がれている財務省の事務方トップに「セクハラ疑惑」が飛び出した。
福田淳一事務次官が、自宅近くのバーに女性記者を呼… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)。
福田淳一 - Wikipedia福田 淳一(ふくだ じゅんいち)は、日本の財務官僚。
岡山県出身。
妻は高石邦男元文部事務次官の娘。
篠沢恭助の紹介で見合い結婚した。
神奈川県立湘南高等学校卒業。
旧司法試験合格。
東京大学法学部卒業。
1982年大蔵省入省。
82年入省組は、渡辺美智雄蔵相の変わり者を採用すべしとの発案で、中島義雄秘書課企画官の裁量で多様な人材が採用されたが、1名の自殺者、1名の病死者、大蔵省接待汚職事件での1名の逮捕者、同事件での処分を受けた退職者1名などが出た。
当時の秘書課長を務めた小粥 ..福田淳一財務省事務次官の女性記者に対するセクハラが報道 関係者から ...news.nifty.com ? 国内 ? 政治19 時間前 - 森友問題で財務省が大揺れの折も折、省トップの福田淳一事務次官のセクハラ発言が報道 財務省関係者や担当記者に取材すると、意外なことに、擁護する声も上がったという 財務省職員は「明るい下ネタオヤジのイメージ」「更迭となれば残念」などと証言も.福田淳一財務次官更迭へ セクハラ疑惑で - 産経ニュース1 時間前 - 安倍晋三首相は15日、女性記者へのセクハラ疑惑を週刊誌で報じられた財務省の福田淳一事務次官の更迭は不可避だと判断した。
財務省が森友学園への国有地払い下げをめぐる…与党から福田淳一財務次官辞任論 セクハラ疑惑で批判 山口那津男公明 ...12 時間前 - 与党内で15日、女性記者に対するセクハラ疑惑が取り沙汰される財務省の福田淳一事務次官の辞任論が強まった。
自民党幹部は「自発的に辞任しなければ、尾を引きかねない」…週刊新潮:福田財務次官のセクハラ音声を公開 自社サイト - 毎日新聞2 日前 - 週刊新潮は13日、福田淳一財務事務次官が女性記者にセクハラ発言したとされる音声を、自社のニュースサイト「デイリー新潮」で公開した。
音声は「抱きしめていい?」などと言う福田次官とされる男性の声が流れ、飲食店のBGMのような音も聞こえる。
補足彼は余生を・・・福田おっぱい揉み次官として過ごすのかと思うと・・・なんだか・・・・・・・・・・・・・<財務省>福田次官が辞意表明 セクハラ発言疑惑4/18(水) 18:31配信 毎日新聞 麻生太郎財務相は18日夕、セクハラ発言疑惑が報じられた福田淳一財務次官が辞意を表明したことを明らかにした。

従来は政治家は責任を問われても、官僚は個人では絶対と言っていいほど責任は負いませんでした。
その官僚が『お客様』扱いの大臣を手玉に取り、人事権を掌握し、邪魔者がいなくなって作り上げたのが『天下り』システムです。
ここに手を突っ込んだのが自民党であり安倍政権です。
内閣人事局が人事権を取り上げ、前川前文科事務次官の時に天下りシステムを破壊したのです。
国は自分達が動かしているのだというおごり高ぶりが、トップである事務次官になれば、何をやっても許されるという錯覚に陥らせるのでしょう。
今回もセクハラだなんて夢にも思っていなかったと思います。
事務次官様の仰せの事は、大臣の一言にも勝るものだった筈です。
下手に逆らえば、そのメディアは排除されたと思われます。
事務次官の実力は事実上大臣よりも上だったからです。
今回のこのセクハラ発言など、氷山の一角にもならないような、極々一部に過ぎないと思います。
民主党政権時を見れば分かります。
官僚からそっぽを向かれた民主党議員には、まともな仕事が出来ませんでした。
偉そうに安倍政権を攻撃していますけど、野党議員の能力なんてその程度でしかありません。
野党を含めて官僚の暴走を止めて、選挙で選ばれる政治家の手に取り戻さなければいけません。
ここで仲違いして『安倍辞めろ』で成功して、大喜びするのは官僚です。

なるほど・・・>↓は気持ち悪い面の残念なオッサンです(笑)>合コンで酔っ払って、おっぱいおっぱいとか言ってるやつがよくいるが、
その程度の事で、大きく人格に問題があるとか、袋叩き、辞職とか騒ぐレベルじゃないねw
騒いでる輩は、ワイドショーを本気で見ているセンベイおばさんレベルと見たw
それよりも、あの、女性記者は、資質が無いかお馬鹿だね。(犯罪者予備軍)
朝日も同罪。
日本は平和なんだね、・・・なぜもっと大事な事に目が向かないんだろう、?
低能向けテレビ番組に国民が相当汚染されてますよ、
ほんと。><>テレビ朝日よ、週刊新潮よ、
福田財務事務次官が言ったとされる
「おっぱい触って良い?」
「縛って良い」
「しばってもらっていい?」
「手を縛ってあげる 胸触って良い?」
「エロくないね、洋服服 その前エロいやつだったの?」
というのは、週刊新潮によると音声は福田事務次官の自宅近くのバーで録音されたものと報じられている。
しかし、日本音響研究所・鈴木創所長によると後ろの音から3つの異なった場所で録音された可能性があり、異なるシチュエーションでとられた録音をつなぎ合わせている可能性があるという。
3つの異なった場所とは
①男性のボーカル入りの楽曲
②ホステスのいる店
③鉄板焼き&バーテンダー
の3カ所だ。
本当にテレビ朝日女性記者に対して言った言葉なのか?
本当はキャバクラでホステスに対して言った言葉じゃないのか?
科学はテレビ朝日や週刊新潮の主張がかなり疑わしいこと示している。
テレビ朝日や週刊新潮はテレビ朝日女性記者と福田財務事務次官の声が同時に入った音声データを出せ。
そしてテレビ朝日女性記者と福田財務事務次官の声紋鑑定をさせろ。
さらに週刊新潮は音声データを入手することが出来るのだから、録音場所と報じられた福田財務事務次官の自宅近くのバーの防犯カメラの映像を入手することくらい容易にできるだろう。
いや、それ以前にテレビ朝日ならもっと入手が容易だろう。
テレビ朝日女性記者と福田財務事務次官が会ったとされるバーに2人が映っている映像が確認できなければ、福田財務事務次官側のみの音声データとテロップを繋ぎ合わせた動画をセクハラ音源として公開した週刊新潮や、情報を提供したテレビ朝日は、捏造と言われても仕方ないだろう。
●福田淳一財務事務次官セクハラ音声は複数の音源を合成疑惑-週刊新潮
2018/04/16 に公開
www.youtube.com/watch?v=cEEhZ7m7szQ&feature=youtu.be
声紋鑑定していない音声を徹底分析
分析 音声データは3カ所の合成?
ビビットは音声データを日本音響研究所に持ち込み徹底分析しました。
■日本音響研究所・鈴木創所長
「今回『触っていい?』というのと『借金を増やしていい』というのと同じ「ていい」というのがあったのでそこを比較しているんですが、この部分ですね、あとここの「ていい」と「て」の部分ですね、この入りが非常に近いです。
(福田次官と同一人物かは)90%を超えるかどうかという感じですね。
かなり似た響きのある音声だと思います。
異なるシチュエーションでとられた録音をつなぎ合わせている可能性があると思います。
「顔も見たくないから」と言う男性がかなり近い所でなり大きい声で言っている。
「浮気しないタイプ?」と言っているところなんですが、ここはBGMがないんです。
■インタビュー女性
さっきの男性ボーカルの曲のようなものはここでは聞こえない?
■日本音響研究所・鈴木創所長
聞こえないです。
で、あと福田さんとされる音声もかなり遠いというか小さくなっていて、周囲のノイズに紛れています。
なので距離感がちょっとひょっとしたら違うのかなと。
女性が接客するような飲食店というのは・・・。
■インタビュー女性
いわゆるホステスさんがいるようなお店の可能性が考えられる?
■日本音響研究所・鈴木創所長
そうですね。
■インタビュー女性
えー。
■日本音響研究所・鈴木創所長
ちょっとサックスとかトランペットが鳴るようないわゆるジャズなんですけど、
”カンカンカンカン”という音が入ってきます。
■インタビュー女性
これ何の音ですか?
■日本音響研究所・鈴木創所長
あの、これ恐らく氷を削るようなバーテンさんが丸く氷を削るとかそういうような音なんじゃないかと思われます。
■インタビュー女性
アイスピックで氷を砕いている?
■日本音響研究所・鈴木創所長
前半は氷を削る音、後ろのほうに関しては鉄板焼きで何かを作っているもしくは掃除しているとか、そういうことが想像できます。
バーテンダーさんが氷を削ってなおかつこの鉄板焼きが出るような店ということになるんじゃないかなと思います。
■ナレーション
専門家によると後ろの音から3つの異なった場所で録音された可能性があるというのです。
①男性のボーカル入りの楽曲
②ホステスのいる店
③鉄板焼き&バーテンダー
●2018/04/18 09:01:18
財務省福田事務次官セクハラ疑惑 複数の音声を繋ぎ合わせた可能性あり 新潮「全て事実」
gogotsu.com/archives/39141
【簡単に説明すると】
・財務省、福田次官がセクハラ発言?
・音声データをTBSと日本テレビが解析
・3つのシチュエーションで録られた音声の可能性大
財務省の福田淳一事務次官が女性記者相手にセクハラ発言を繰り返したとして、週刊新潮が報じて騒動になっている。
音声データの中には
「おっぱい触って良い?」
「縛って良い」
「しばってもらっていい?」
という会話が確認でき、セクハラともとれる。
この音声を公開したところ福田事務次官本人の声に類似しているとしており、批判が相次いだ。
しかし、福田事務次官は捏造されたものだと否定し、更に被害者女性に名乗り出るように要請。
4月17日に放送された『ビビット!(TBS系)』と『情報ライブ ミヤネ屋(日本テレビ系)』が日本音響研究所に音声解析を依頼。
偶然にも局が違う2つの番組は同じ音響研究所に解析を依頼していた。
日本音響研究所の鈴木氏は
「声は90%福田事務次官のもの」
とした。
しかしながら問題は録音された場所にある。
週刊新潮によると音声は福田事務次官の自宅近くのバーで録音されたものと報じられているが、鈴木氏は
「異なるシチュエーションで録られた音声を繋ぎ合わせている可能性がある」
と説明した。
1分の音声データは冒頭部分が男性ボーカルがバックに流れており、違う男性の声も聞こえる。
2箇所目では福田次官が
「手を縛ってあげる 胸触って良い?」
と言う箇所で“カンカンカン”と何かを砕く音が聞こえる。
これはアイスピックで氷を砕く音だという。
BGMもジャズ風になっており最初の音声の男性ボーカルとは雰囲気が異なっている。
最後の方では福田次官が
「エロくないね、洋服服 その前エロいやつだったの?」
と発言している箇所では先ほどの“カンカンカン”とは別の響きのある音が聞こえる。
これはヘラで鉄板料理をしている音だと説明。
つまり、男性ボーカルが流れる箇所、アイスピックで氷を砕く箇所、鉄板料理をしている箇所の3つの音声を繋ぎあわせ、1分の音声にしたという。
福田次官が
「おっぱい触って良い?」
「縛って良い」
と発言したのはほぼ間違い無いが、これがどういうシチュエーションで発言したのだろうか。
単純に福田次官が全てのシチュエーションでセクハラ発言したともとれるし、仮にキャバクラのホステス相手に発言したものだとすれば、また違う展開になりそうだ。
週刊新潮は「全て事実に基づいたもの」と説明している。
●≫財務事務次官のセクハラ疑惑、週刊新潮が音声データ公開
─2018年4月13日23時50分─
news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3342016.htm?1524042594037>福田淳一
笑っちゃうな~
VAIBS>「オッパイ触っていい?」
ちょっと控えめでそれでいてウレシそうな福田さんの声を聞くと、この人、ホントはただのスケベな「小役人」に過ぎないんだということがよーくわかります。
世界に冠たる経済大国で財政を司る要路の大官とは、とてもじゃないけど言えませんわな。
家族がかわいそう。>

福田元事務次官のセクハラ疑惑問題。
財務省の被害女性に対する聞き取り調査手法が...

福田元事務次官のセクハラ疑惑問題。
財務省の被害女性に対する聞き取り調査手法が、間違っているとかズレているとかメディアや野党議員が批判してますが、ホントにそうなんでしょうか?両者の主張が食い違っている以上、財務省もフェアに聞き取りしないと事務次官の処罰ができないのは当たり前ですよね。
財務省が直接じゃなく、女性弁護士を含む第三者の聞き取り調査の協力。
匿名でもいい、弁護士なりの代理人でもいい、職場上司・親同伴でもいい、電話でもいいと女性には二次被害が出ないよう最大限の配慮をしていると思います。
これでもダメだとするなら、どんな方法があるのでしょうか?

>財務省が直接じゃなく、女性弁護士を含む第三者の聞き取り調査の協力。
匿名でもいい、弁護士なりの代理人でもいい、職場上司・親同伴でもいい、電話でもいいと女性には二次被害が出ないよう最大限の配慮をしていると思います。
勉強不足ですが、そこまで財務省が言ったのですか?で、第三者というのは財務省の顧問弁護士ではないのですね。
加害者の弁護士が被害者を聴取する穂はおかしいという意見が多数ですが。
中には菊地幸夫弁護士のように、加害者の顧問弁護士でも、加害者の見方をするとは限らない公平にやる、弁護士を信頼してほしいと、とんでもない意見を言う人もいます。
弁護を頼まれてその人の不利になることもすると言う呆れた人もいますが。
どうしても財務省が女性記者を調べたいのなら、テレビ朝日の顧問弁護士をつけるべきでしょう。
あとは、元衆議院議員の若狭氏なんかもいいと思います。
福田氏にかなり批判的でしたから。

財務省の言ってることは至極まともです
安倍おろしに使えるものは何でも使えという、アタマのデキのよろしくない野党とマスゴミだけが異を唱えているのです
ココはシッカリと司法に判断してもらうのがいいでしょう
つまり、裁判です
S記者はテロ朝の職務命令で動いただけですから、その取材の不当性の責任はテロ朝にあります
また新潮社はキチンとした取材もせず、事実が確定していないにもかかわらず個人を攻撃していますから名誉毀損での裁判が妥当でしょう
裁判になれば全録音データを証拠として提出せざるを得ません
切り貼り無しのオリジナルをね
それを元に、福田氏とS記者の関係性や会話の正当性を判断してもらい、どちらに否があったか決定してもらうだけです
もはや被害女性の実名が民進党の大塚議員とテロ朝によって明かされたのですから、直接の被害者からの聴取も可能なはずです
早急に解決したいのなら裁判ではなく事情聴取に応じて欲しいですね
録音データの提出も被害者の身の潔白を証明する証拠として快く提供してくれるでしょう
まさか記者ともあろうものが『重要な一次資料を破棄』するなんてことはないでしょうし
本人が消去したとしても、テロ朝なり新潮にバックアップコピーは残っているでしょう
このままではS記者はハニトラ疑惑、無断での録音、取材ソースを勝手に外部に売る記者として認知されたままです
こんな危険な記者、誰が取材に応じてくれるのでしょう?
記者生命を守るためには、これらの行為がテロ朝の業務命令で行われたという証明が必要です
自分がいったい誰の被害者なのかということに早く気付いて欲しいですね
美人で聡明な彼女が、テロ朝から責任を負わされて切り捨てられるのは悲しいです
あ、それから野党とマスゴミは『セクハラ!』と騒いでいますが、所属団体の異なる二人の間にセクハラが成立するのでしょうか?
せいぜいが迷惑防止条例違反ですよね
誤った事実に基づいて他人の業務を妨害し著しく社会的地位を貶めようとしているのですから、テロ朝と新潮社には偽計業務妨害と名誉毀損の疑いがあります>財務省が雇う弁護士は事件を無かったことにしろ、
揉み消せと依頼を受けているので被害者のアラを
探して突いていきセクシャルハラスメントを
無かったことにしていく危険性が濃厚。>麻生さんが「どうすればいいわけ?」と聞いたのにマスコミは誰も答えませんでしたね。批判したいだけの汚いやつらです。>第三者による調査です>

森友文書問題で自殺された方がいましたが、筋どおり財務省の問題として財務省で解...

森友文書問題で自殺された方がいましたが、筋どおり財務省の問題として財務省で解決させてから国会に上げれば、日本全体で大きく取り上げられることもなかったはずなので、自殺させずに済んだのでは無いですか?.まずは行政文書なのだから行政で解決してから国会へ、と言う手順を踏めば、証拠も十分に揃ってからの事になるため、国会という多額の国費がかかる場での議論も短時間で済んだはずです。
野党が筋を通さずにいきなり国会へ上げたために、自殺者を出し、多額の国費を無駄にしたのでは無いですか?

財務省の問題として財務省で解決…ってこれが無理なんですよね。
財務省っていっても細かく言えば財務省の中の理財局ですが嘘ばっかりだったじゃないですか。
書き換え前の文書はありません、いやいや電子決済ならデータ残ってるでしょ、ありました…とか、近畿財務局の方の文書も最初は「記憶をたどって復元しました」みたいなことを言ってたよーに記憶するけど実際は職員が手控えで持っていた文書があったとか。
文書の書き換えの問題の前から理財局は、ウソ、ウソ、ウソで、これでいて「財務省の問題として財務省で解決」…これは無理と言わざるを得ないところかと。
今回わかったことは、理財局は理財局で通常業務+国会対応…これは相当な負担で、自殺された方は月の残業100時間を超えることが数ヶ月にわたったとか、佐川さんも証人喚問の時に、ご自身の答弁があるときはあんま寝る間もなく答弁書を読み込んでいたとか現在の太田局長さんもあまり時間がないのですぐに対応というのは難しいというお話でした。
であるならば?ここに至っては、理財局は一切の業務を停止し建物内のパソコンや職員をこの問題を調査するすべての与野党議員や有識者へ解放し神妙にお縄を頂戴するのが筋だと思う。

>財務省の問題として財務省で解決…ってこれが無理なんですよね。いきなり無理という理論から入るんですね。やらずして国会にあげてますから、無理だという理論にせざるを得ないのは分かりますけどね。>そうですね。
財務省が年度末で多忙な時期に国会に提出する書類を急いで作れと恫喝したりしてしまった為に、そうではなくても多忙な時期に仕事が激増してしまったという事で自殺者を出してしまったという事ですよ。
それを与党の責任にしてしまう野党は何なのですか。
もっと北朝鮮とか中国との問題を審議して欲しいですね。>昭恵案件と言われていたらしいし、筋を通してないのは安倍総理の方だと思う。>そもそも、何も問題はないのです。確かに「公文書の書き換え」は犯罪行為です。しかし、それさえもグレーゾーンなのです。買い替え後の文書と書き換え前の文書を比較したときに、「書き換える意味が認められない」というのが第一印象です。二つの文章を比較したときに、何らかの行為を隠蔽するために書き換えられていれば、その対象の人物の調査(尋問)をすれば真相解明ができますが、今回のケースでは「得をする人物」が見当たらないのです。「書き換え」が「表現の修正」の範囲であれば、検察が裁判に持ち込んだ時に公判の維持が困難になり扱いが「保留」になって終わりになります。つまり、「財務省で取り扱う」「国会で取り扱う」のではなく、法(検察)に任せるべき事件だったのです。しかし、元の(森友)問題が野党の政権攻撃のための材料として扱われているので(書き換え問題も)国会で取り上げたのです。>本当に自殺なのかなぁ 死人に口無しって言うからね その人の組織の縦筋で追えば良いだけでしょ 誰かが自殺と言う名目出せば追及が緩くなり 逃れる輩が出る 自殺者の直属上司を徹底追求すれば証拠は上がるよ 自殺した事実が証拠でもあるからね 公僕が悪事を明るみにせず死んで済むと思う方が馬鹿なんだよ 公僕は一族同責>野党(維新をのぞく)が野党であるが所以は
筋も法律も民主主義の手続きさえも
目的や目標のためなら何もかも無視して良いみたいな
そんな所業を平気で行えるところ。
要は社会オンチなんです。
それは昔の社会党の時代からそんな感じでした。
ただ、今がその当時と何が違うのかといったら
マスコミが変質したことです。
昔の社会党の頃はまだ、そうはいっても
事実や理論・理屈から外れる報道については
一定の矜持や良心に従って、報道を差し控えるところがありましたが
今は全く違う。
嘘八百が分かってても、政権打倒のために目をつぶる。
そこが違う。
さらに、そんな人たちのやり口に共感する官僚が各省に紛れ込んでて
内閣も知り得ない極秘情報を野党やマスコミに平気で流したり
ウソを記者会見で言ったりする。
こんなことやってたら、日本は間違いなく民主主義が崩壊します。
安倍首相が放送法に手をつけ、放送の自由競争に踏み込もうとするのは
もう致し方ない。>

福田財務省事務次官がセクハラした女性記者が朝日新聞の記者ってほんとうですか?!

福田財務省事務次官がセクハラした女性記者が朝日新聞の記者ってほんとうですか?!

あの音声データは3か所で別々に録音されたものをつなぎ合わせてとられたものであり、相手の女性記者の声も消されています。
明らかに編集されたものであり、言葉の切り取りも行われている可能性が高いです。
福田事務次官が「全体を聞いてもらえばわかる」と言っていたのは、そういう意味だったのだと思います。
相手の女性記者の名前や顔写真やその背景までネットではもう公開されているにもかかわらず、テレビ、新聞、マスコミの報道は全くなし。
でこの件を質問すると即座に削除。
これはまさに安倍政権打倒の為に仕組まれた壮大な仕込みでしょう。
福田財務事務次官はその生贄にされたんだと思います。

テレビ朝日改めテロル朝日略してテロ朝の経済部記者だそうですが、実態はテロ朝が放ったハニートラッパーと判断されてもしかたがありません。
工作相手の性癖を調べ上げて、そこを突いていくというのは、ハニートラップの基本中の基本ですから。
何も性癖をネタに相手を強請るだけではなく、テロ朝を含む朝日新聞グループにとって都合の悪い人物をスキャンルで放り出すなんて、諜報工作の基本中の基本ですから。
もっとも、この女性記者はテロ朝に24時間監視体制で軟禁状態となっているというウワサもあり、テロ朝もやがてこの女性記者を始末しようとするのでしょうかね。
工作に失敗したエージェントを放置しておくと、テロ朝がダメージを受けますからね。いや、既に朝日の本性を暴露されて、相当なダメージということらしいですが。>あの程度の会話でセクハラと、しかも他社の媒体に持ち込むなど、ふざけるなといった感じだ。
ジャーナリストなら、泥臭く取材対象に肉薄しなければならないのに、この女性記者は、女をチラッと出しながら、仕事をしていたに違いない。
伊藤詩織とかいう女もいたが、こんな格好をして気取って、何がジャーナリストだ。
okutta.blog.jp/archives/19518649.html
ジャーナリストというのは、本来こういうものだ。
matome.naver.jp/odai/2137457220522512301
シリアで亡くなった、山本美香という女性ジャーナリストがいたが、彼女は美人だったが、セクハラとか聞いたことがない。
それは、ジャーナリスト魂をもって仕事をしていたからだ。彼女を見習え。
asanogawa.exblog.jp/18377421/>そんなところだろうと思ったよ情けないな朝日とうとうこんな手まで使ったか財務省より腐ってるわ正直、この女記者被害者とは思えないむしろ被害者は男性側こんな女がいる限り働く女性の向上なんて無理やな>記者ではなく朝日新聞が仕掛けたハニートラップ的、女性記者の登竜門。
若く綺麗な女性を近づけて、ホステスまがいの色気で、男性が下心を見せたところでスクープ発言を狙うってわけ!
はめられた福田さんに同情。>やっぱり朝日ですよ。それも系列のテレビ朝日です。それにしても痴漢冤罪だって一方的に女性からの告発を無条件に真実だと決めつける風潮は変えなければ駄目でしょうね。それと民主党議員の山岡議員は政党から離脱しながら議員生活を継続したのですから福田次官は辞職したのですから問題は終了でしょう。もしも野党が継続して政府に対するヘイト工作をするのなら山岡議員の不倫略奪問題もマスコミは追求すべきです。山岡議員は「文春の記事は事実無根のデッチアゲ記事だ」と完全否定した事柄をマスコミ側は反論していません。つまり「創作のデッチアゲ記事です」と文春側は認めた事になりますから・・・。>

-財務

© 2021 給付金とかで結構ウハウハごめんなさい