経理

現在経理として勤務しています。 今後excel VBAを勉強していきたいと...経理

何故、経理職は実務経験を重視されるのでしょうか?

何故、経理職は実務経験を重視されるのでしょうか?簿記三級の知識がない人が経理をやっている場合もありますが、経理経験者よりもAFPやCFP、簿記二級以上の有資格者の方がお金の仕組みを良く知ってると思いますし、それなりに地頭も良く、飲み込みも早いので業務に早く慣れると思うのですが…。

経理は会社の預貯金に直接アクセスできる仕事ですから、実は「人物的信用度」が重視されます。
金銭上の会社の機密も知るでしょうし、各社員に振り込まれる給与額も知ることになるでしょう。
経理の実務経験がある人は、前職でも信頼されて経理をやっていたということになり、信頼して採用しやすいわけです。
他に、未経験者でも、親族だとかコネでの紹介だとか、人物的信用度が上がり、未経験かつ無資格でも採用されたりします。
経験もコネもない人がいくら簿記2級以上を持っていても、「口の軽い人ではないか」とか「会社の金を使い込むのではないか」という可能性は下がりません。
かえって知識があるぶん、不正経理もやりやすいでしょう。
一見さんは、なかなか信用してもらえないわけです。

そんな事ないですよ。
私の会社は、日商簿記1級とUSCPAを持っていれば、それなりに重視されます。
ちなみに簿記2級程度では、経理部門の知識としては使い物になりません。
その程度の知識はむしろ営業部門が知っておくべき知識レベルです。
簿記3級の知識がない人でも、3年も実務経験を積めば、簿記1級程度の知識は付きます。従って、簿記2級で経理を知っているなんて言えませんので。>勉強は出来るが、仕事は出来ない!
と言う人を雇っている暇がないのが本音でしょう。
また、実際に仕事で必要な知識と、資格試験で必要な知識に違いがあるというのも大きいと思います。>経理職に限らず、採用する側としては【即戦力】を求めるのは常であり、書類や面接で真に即戦力かを見極めるわけで、その指標のひとつになるのが実務経験となります。
仮に簿記3級すら持っていなくても、企業の経理部に配属されて数年でも勤務していた人がいたとして、その人はまず間違いなくOJTや実務経験の中で相当なスキルを所持しているはずで、即戦力を求める企業のニーズに合致することが多いと思われます。
確かに、フィナンシャルプランナーなどの有資格者も立派なスキルかと思いますが、実務経験というのは、経理的な日次、月次、決算その他はもちろん、税理士、監査法人等との折衝、部下の育成・管理、銀行・証券会社との取引、社内他部署との折衝、諸々を含んでのことであり、特に経理部門管理職や幹部候補の募集において実務経験を求めるのはこういったことだからです。
単に、経理事務者を募集する場合でも、実務経験があれば応用力で対応が容易なので、確かに高度な資格を持っているに越したことはありませんが、どちらが優先かといえば実務経験となるのは企業側の事情からするとやむを得ませんね。
蛇足かもしれませんが、高度な有資格者が果たして企業の一員として適合できるかは不透明で、少なくとも実務経験者は数年またはそれ以上にわたって、企業の中で適合してきたという安心感もあります、採用する側としては。>採用する側としては
①資格があって頭が良い、飲みこみも早いのでこれから成長する可能性がある
②資格は無いがずっと経理の仕事をこなしてきている経験値がある
①と②を比較して単純に②が欲しいと思うだけではないでしょうか?
資格の有り無しは採用の判断材料にはなりますが、実際問題仕事をする上で資格が有る無いは全く関係ないですから。
有資格者募集!と経験者募集!でどちらがこちらの求めている人物に出会える確率が高いかで後者を選ぶ企業が多いのでしょう。
不景気で育てている余裕が無いのもあるかもしれませんね。>すべてがそうではないと思う。
未経験でも資格をもっていたら、応募できますし、採用されないこともないです。
逆に資格をもっていない人ならば、経験が長ければ長いほど、実際に実務に携わっていた分有利なのは確かかと。
経理に限らず、貿易だって、医療だって”経験者”のほうが有利です。
(一般、総務(雑務の方)は誰にでも出来る分経験者でなくてもというのはあるのではと思うけど)
経理だけに限ったことではないように思う。>

経理の仕事をしています。
会計ソフトの前年度の決算書をこじあけてしまい、未払金...

経理の仕事をしています。
会計ソフトの前年度の決算書をこじあけてしまい、未払金などの数次が合いません。
このようなミスをしないようにどうしたら良いでしょうか。
よろしくお願いします。
補足数次出はなく、数字です。
誤字すみません。

バックアップ取っていませんか?無ければ、去年の決算書(内訳書)と照合してみては?あと、仕訳を入力順に並べ替えできる機能があるなら、最後に何を入力したか分かると思います。
(仕訳を削除していたら出てきませんが…。
また並べ替えをするのであれば、必ずバックアップを取りましょう)

何の会計ソフトを使用されていますか?前年度の仕訳は、弄れないようにソフト上の制限がかけられていなかったのでしょうか?今回のミスは、ヒューマンエラーですが、ソフトによって防げた事案だと思います。社内で共有し、可能であればソフトの改修、もしくはソフトの変更をすべきではないでしょうか。>何と何の間の金額が合わないのでしょう?いずれにせよ原因がわかってるようですから、対処も容易ではないでしょうか?>

経理配属後の勉強

経理配属後の勉強私は今年度入社した新入社員です。
大学時代に簿記二級を取得したのがきっかけで今の会社に採用されました。
今は他部署の応援をしており、正式に経理の仕事が始まるのは来年3月からになります。
学生の時分に取った簿記ですが、仕分けなどの簡単な問題は忘れることがありません。
しかし決算前整理仕分けや工業簿記の分野など、当時はやり方ばかり覚えてといていたものは頭から抜けてしまっています。
ネットなどで簿記、経理について調べると「経理の本質を学びながら覚えれば知識は定着する」と書かれていることが多いです。
経理系の仕事をされている方、あるいは資格の知識を活用して働かれている方、具体的にどのようなことを考えながら勉強されましたか?正式に仕事が始まるまで後数ヶ月しかないので、知識を思い出すことに加えて知識の定着を目指したいです。
アドバイスを下さい。
よろしくお願いします。

簿記の知識どうこうよりも、まずは会社の事をよく理解することに集中しましょう。
経理の仕事と言っても簿記のような仕訳だけをするなんて事はありません。
請求書の作成であったり、領収書の作成、銀行振込等やることは沢山あります。
また、会社によってのローカルルールがあるので、会社の事をよく理解しておくことでそのローカルルールが理解しやくすなります。
後は、書店で売られている経理の本を読んで、1年間でやるべきこと(いつ、何をしなければいけないのか?)をある程度把握しておけばOKです。

仕事自体は先輩社員が引き継ぎ(説明)してくれるので大丈夫ですよ。
簿記に関しては、とりあえず資産・負債・費用・収益・・・科目がどれに当たるか理解してればなんとかなります。>資格の知識の抜け自体に不安があるのでしたら、大原、TAC、東京CPAなどの予備校の先生の講義を受けて本質を理解するのが最も応用が効くと思います。>貴社が使用している会計ソフトのマニュアル読んでおくなんて如何ですか?それと過去5年分の財務諸表を分析してみるとか?>

仮装経理について

仮装経理についてやむを得ず粉飾決算をして売上を過大に計上したとします。
これを修正するために修正経理をして、修正経理をした確定申告書を税務署長に提出。
修正経理をした前期に法人税を支払っていれば、支払った金額の範囲内で還付。
還付しきれなかった場合、修正経理をした事業年度から5年間はその事業年度の法人税から控除。
控除しきれなかった分はその後還付。
以上の流れで宜しいのでしょうか??修正経理した期の前期修正損は、仮装経理した事業年度の損金に算入されるのでしょうか?流れがよくわからないので教えて頂ければと思います。

流れはおっしゃる通りで正しいです。
前期損益修正損は、損金の額に算入されません。
手続きとしては、修正経理をした後、仮装経理した期の更生の請求をします。
更正の請求には別表4はつけませんが、処理としては過大な売り上げ分を減算処理し、所得を正しくします。
この減算処理をしたときの売上過大計上分は、留保項目ですので、その次の期の別表5の1に現れます。
そこで、前期損益修正損を加算調整してやれば、その分と相殺されて別表5の1もきれいになります。

税というのは申告制ですから申告した額で納税しなければなりませんね。その申告で次年度に還付金が有るような申告をし続けることは技術的に不可能です。また税務調査が入らなくても、不審をもたれたら、呼び出しが有りますから、その時に説明しなければなりません。適当な申告をしていると、当然説明が出来ませんから、前期に遡って税金を支払う羽目になるのです。まともに計算していれば、税務当局から間違いを指摘される場合がありますが、その場合は、なるべく納税額が公平になるように、取り計らって呉れるものです。申告は真面目にするのが結果的には良いのですが、税務署だけに財務諸表はつくるものでも有りませんから、どうしても作為的なものが入るのです。対外的な関係が無い場合は、税の申告は正確の方が余程マシです。>

経理の仕事は初めてです。

経理の仕事は初めてです。
個人事業主の小さなところで経理として働き始めました。
前任の引継ぎもなかったため、会計についていろいろ調べていましたところ、数年前に働いていた従業員に現金を立替、清算されていないものがあることがわかりました。
聞くところによると、その従業員はすでに他界しており、家族もいなかった為回収できずにいるそうです。
その為、会計ソフト上、何年も立替金が残ってしまっています。
本人が他界してる今、絶対に回収できませんが、この立替金を消すにはどのような処理ができるのでしょうか。

(借)貸倒損失xxxx(貸)従業員立替金xxxx

現在経理として勤務しています。

現在経理として勤務しています。
今後excel VBAを勉強していきたいと思っていますが、勉強すべきかどうか助言お願いします。
初心者用のサイトを見てみると、結構楽しく(コードの美しさに感動しました(笑))、効率的な業務推進のためにもVBAは勉強する価値あり(、勉強したい)と思っています。
しかし、経理として勤務していく場合、転職サイトを見ても「VBAが使える人」といったような記述はなく、会計士・税理士寄りの資格保有者が欲しいようです。
今簿記1級を勉強しています(会社から勉強させられている)が、税理士受験資格は持っているので、簿記1級に合格してもあまり意味がないようにも思えます。
現在の資格関連は下記のとおりです。
TOEIC760簿記1級勉強中(税理士受験資格あり)、PC関係の知識はあり(ワード、エクセル、パワポは使えます)マクロを多少使える(他にも資格を持っていますが割愛)現時点で英語の勉強(TOEIC最低800越えを目指している)、簿記1級の勉強をしているので、仕事をしながらマクロの勉強も・・・となると結構きつい状態です(やれなくはないですが)客観的に見て、VBAは勉強すべきでしょうか。
または、英語・会計系・PC系どの勉強をすべきでしょうか。

自分の業務の効率化という意味ではVBAの勉強をしておいて損はないでしょう。
ただ、経理職としてはそこまでのスキルを求められる機会は少ないです。
と言うよりも、経営者が求めているのは、会計数値とその分析結果、節税効果等です。
簿記1級が求められるのは単純に簿記の検定試験の最高峰と言う単純な理由が多いのが現状でしょう。
経理のスキルを高めるのであれば税理士の資格までは必要ないですが、法人税、消費税の知識を高めておくと役立ちます。
経理以外の事務職等であれば、VBA等のプログラムの勉強は+αとしていいと思います。
とはいえ、VBAがどう役立つのかを理解していない経営者は多いと思うので評価としてはあまり高くはないと思いますが・・・。

>今簿記1級を勉強しています(会社から勉強させられている)が、
税理士受験資格は持っているので、簿記1級に合格してもあまり意味がないようにも思えます。
⇒税理士受験資格を持っていることに何の価値もないですよね。なんで簿記1級に合格することが意味ないんでしょうか。
会計の道で上に行く可能性を作るという意味で、会社から受けろと言われているのではないんですかね。
>客観的に見て、VBAは勉強すべきでしょうか。
⇒何を勉強すべきかって、今何が必要となっているか?と将来どうなりたいか?で決まるものじゃないんですかね。
簿記1級は会社で言われている以上は「今必要なもの」ですよね。
英語とVBAは「将来なりたいもの」への勉強ですよね。
英語かVBAのどちらかをいったんあきらめるのがいいのではと思います。>どうでしょうね。
英語はいいと思いますけど…
正直、私もたまにマクロを組んで資料を作ることもありますが、マクロで資料を作ることは少し特殊な感じがして、エクセルとかアクセスで組んでもらった方がありがたい感じはしますね。
見た目が美しいとか、処理が早いとかでも、誰もメンテナンスできないのでは使い勝手が悪いですし、私も他人が作ったマクロをメンテナンスをするのは、なんか気持ち悪くてできないです。
まずは英語、その次であればオフィス系をもっと極めるとかでもいいのではと思います。アクセスは?>

-経理

© 2021 給付金とかで結構ウハウハごめんなさい