投資信託

投資信託 ひふみプラス!! しばらく保有してても平気でしょうか 直近...投資信託

投資の税金について質問です。

投資の税金について質問です。
現在株、投資信託、社債等の投資をしています。
ある1社では『特定口座源泉徴収あり』を選択しているので、配当金の通知を見ると毎回所得税と地方税が引かれています。
ネットを見ているとパート収入とは別に投資での収入が年間20万を超えなければ確定申告不要というような記事を見ます。
私は主人の扶養内でパートをしていますが(年間110万円程で所得税と住民税は納付しています)、投資の分だけでは配当20万円は超えていないので今まで自動で引かれていた税金は還付されるのでしょうか?つい最近気づいたので、過去3年分くらいはあると思います。
通知も破棄してしまったものも多々あるのですが、証券会社に言えば再発行などもしてもらえるのでしょうか?どうぞよろしくお願いします。

少し回りくどく、長い回答になりますが、株式等に投資しているのであれば知っておいた方がいいことだと思いますので、基本的なことから説明します。
株式等を譲渡して得た所得は「譲渡所得」に該当しますが、株式等による「譲渡所得」は「分離課税」と言って、給与所得などとは分離・独立して課税されることになっています。
その際の税率は、所得税が15.315%、住民税が5%です。
配当金による所得は「配当所得」に該当し、原則は「総合課税」と言って、給与所得などと合算して課税されることになっています。
証券会社に特定口座を開設していて、配当金をその口座に受け入れる形にしていると、株式等の譲渡で損失が出たときに、その分を配当所得から差し引いて計算できる特例があります(損益通算と言います)。
さらに、「源泉徴収あり」の特定口座の場合、譲渡所得、配当所得に対する税金が源泉徴収されて、それで課税関係を完結することができます。
つまり確定申告が「不要」になるのです。
この場合、譲渡所得だけでなく、配当所得も、所得税15.315%、住民税5%の税率で源泉徴収されます。
しかし、前述のとおり、配当所得は、本来は「総合課税」が原則ですので、敢えて給与所得等と合算して確定申告をすることも可能です。
質問者様の場合、給与所得と配当所得を合計しても所得税率は5.105%が適用されるので、15.315%で源泉徴収された所得税が15.315%-5.105%=10.21%分だけ還付されることになります。
ただし、住民税は、源泉徴収の税率が5%であるのに対して、総合課税の税率は10%なので、10%-5%=5%分だけ高くなります。
この場合、所得税は「確定申告あり」にし、住民税は「確定申告不要」のままにすることが可能です(そのかわり、市役所などに「住民税申告」をすることが必要です)。
さらに、確定申告をする際に、「配当控除」を使うことが可能です。
株の配当金は「配当金×10%」、投資信託は「分配金×5%」が所得税額から税額控除(所得控除ではありません)されます。
社債は「配当所得」ではなく「利子所得」に該当するので、配当控除を使うことはできません。
以上のことから、質問者様の場合は、「給与所得以外の所得が20万円以下か20万円超か」とは無関係に、確定申告(所得税)と住民税申告をするのが最も有利ということになります。
なお、3年分であれば、過去の分も今から申告して還付を受けることは可能です。

>『特定口座源泉徴収あり』を選択しているので、配当金の通知を見ると毎回所得税と地方税が引 かれています。→配当は、特定口座(源泉徴収有り)、特定口座(源泉徴収無し)、一般口座に関わらず源泉分離課税で毎回、所得税、復興特別所得税、住民税が引かれるものです。ただし、配当は源泉分離課税のままで確定申告しないでいいですし、「総合課税」または「申告分離課税」で確定申告することも可能です。(社債の利子は除く)特定口座(源泉徴収有り、配当受け入れ有り)の場合には、配当の確定申告には「特定口座年間取引報告書」と別紙の「配当等の交付状況」が必要になります。再発行には普通1080円かかります。例えば配当10万円(社債の利子は除く)で、総合課税で確定申告すると株と一部の投信には配当控除がありますから、所得税+復興特別所得税10210円~15315円が還付されます。住民税は申告不要制度を使って源泉分離課税のままで申告しないという申告を市区町村役所ですれば税額5%のままで増額はありません。(ただし平成29年分以降のもの、平成28年分以前のものは5%→7.2%~10%の増税になる)パート収入110万円に配当収入20万円なら130万円の収入になり、旦那の社会保険の扶養から外れる可能性がありますので、確定申告は慎重にした方がいいです。(130万円を超えてでなく130万円から外れます。)公立学校共済以外の健康保険組合では、株式譲渡所得は一時的な収入で130万円に含みませんが、健康保険組合によっては配当は「継続的な収入」とみなし130万円に含みます。>源泉徴収有の特定口座での利益は所得税、住民税が源泉徴収されます。その所得については確定申告不要です。
給与を年末調整すれば、その給与以外の所得が20万円以下なら確定申告は不要です。
しかし、源泉徴収有なら既に納めています。確定申告しても還付はありません。
確定申告不要というのと確定申告したら還付があるというのは別です。
還付があるかどうかは確定申告書を書いてみなければわかりません。
なお、確定申告すると所得が増えるのでご主人の扶養から外れることがあります。>下のfat**さんの回答は間違いです。たしかに20万円以下でも非課税ではないですが、配当の場合は配当を総合課税で申告することにより配当控除が使えて税金が還付されます。配当を足しても130万円以下なら保険の扶養規定にも引っかからないはずです。例給料110万円で基礎控除以外の控除がないとする。110万円で課税所得が7万円で所得税が3500円。配当20万円を総合課税で申告すると配当の所得税3万円(復興課税は省略)、住民税1万円。所得税は13500円だが配当控除が20000円あるので所得税は0円になり、3500+30000=33500円還付される。(投資信託は配当控除の額が少ないので、上の計算はすべて株の配当の場合)住民税は申告不要制度を使えば5%のまま。去年までは申告不要制度を使えないので住民税は7.2%となり4400円ほど増える。>>自動で引かれていた税金は還付されるのでしょうか?
還付されません。
20万円以下云々と言う規定は
「確定申告と言う作業をしなくて良い」と言う規定です。
「20万円以下が非課税」と言う規定では有りません。>

投資信託について質問です。

投資信託について質問です。
投資信託素人です。
数ヶ月前に投資信託を銀行にすすめられ手数料が気にはなりましたが試しに2種類はじめてみました。
1つは金利よりだいぶプラスにはなっていますが、もう1つが全く上がる気配が無く、早々に取引を停止しました。
そこでこの取引停止したのを売却するには、その売却時の価格が影響するのでしょうか?少しでも上がってくれば売却したとき損した金額に変わりはありますか?現段階では損も少しですけが、損は損なので少しでも損の金額減らしたいです。
どなたかこの素人に教えてください。
補足説明不足ですみません。
積立投信をしており、その購入を停止しました。
実は停止イコール売却になるのだと思っていました。

取引を停止したとは、積み立て購入を停止したということでしょうか。
思惑違いであると気が付いて、積み立てを停止したなら、傷が深まらないうちにすでに積み立てた分も即刻売却するべきです。
もう少し待てば傷が回復するのではないかと思っているうちにもっと損が拡大するのが常です。
間違ったと気が付いたなら、早く退却するのが戦いの常識です。
念のため、もう一つの投信の方は大丈夫でしょうか?今からでも、投信の勉強をしてください。
その上でどのような投信を選ぶかは、あなたの判断です。
私なら、銀行でなく、ネット証券に口座を作って、低コストのインデックス投信を使って投資を行います。

取引停止しましたのくだりが意味不明ですね。
投資信託は、売却(解約)処理しない限り、保有口数に応じた運用は継続されます。基準価額は毎営業日ごとに変化しますから、保有ファンドの時価評価額も変化します。できるだけ高く売りたいなら(損益は無視して)、基準価額が高い時に売却することになります。>取引が停止ってどういうことでしょうか?
買い付けできなくなった?
売却もできない?
運用終了?
何で取引が停止になったのかの理由がわからないと返答が難しいです。>

投資信託を定時定額で購入する場合、分配金を出した後に買う方が基準価格が下がる...

投資信託を定時定額で購入する場合、分配金を出した後に買う方が基準価格が下がるので口数が多く変えてトクですか?特に関係ないですか?

ほとんど関係ないです。
株と違って投資信託は それしか資産がなく、一日の価額変動を除いて 分配金を出した分だけ、正確に基準価額は下がりますから。
まあ 販売手数料の高い(2.5-3.8%程度)投資信託だと、分配前に買うと すぐに販売手数料を引かれた後の自分の出したお金が戻るので、多少損かも知れません。
販売手数料の高い投資信託は、不利なものが多いので 買わなければいいだけですが。

投資信託の積立の方法についてですが

投資信託の積立の方法についてですが資金の捻出についてはボーナスを充てたいと考えており、毎回のボーナスから使う金額を引いて余った20?30万を年3回分(60?90万)を使いたいと思っています。
よく投資信託は決まった金額を毎月積立たほうが良いとありますが、この様な方法でも変わりはないでしょうか?もしくはボーナスをまとめて口座に入れて定額引き落としにした方が良いでしょうか?何かデメリット等ありましたらご教授願いします。

積立投資信託は長期でコツコツがミソですから、ボーナスが出たからと言ってその時にドッカーンと買うのはもったいないです。
その分の資金をプールしておいて、毎月購入に分散したほうがいいと思います。
証券会社によっては、毎日、毎曜日、毎月、隔月などを選べたり、100円から積み立てできるようになりました。
それぞれの投資効率には賛否両論がありますが、できるだけ時間分散するのがいいと思います。

回答ありがとうございます。
一括買いと積立ではどのような差が生じるのかが知りたいのですが教えていただけないでしょうか?
リターンが違うとかリスクが違うとかなぜ毎月の積立が良いのか具体例はありませんでしょうか?>

投資信託をしてます。
最近株価が不安定ですが、解約したほうがよいでしょうか?

投資信託をしてます。
最近株価が不安定ですが、解約したほうがよいでしょうか?

売買は自己責任だからご自由に1度、利確でもいいかな安くなって、売却。
高くなって購入ならただの養分だから投資の考え方を見直しましょう

保有している投資信託の種類、現在の損益状況にもよります。今以上に損を拡大させたくないなら即売却でしょう。株はまだまだ下がりますよ。>御自由に。
私の 状況 下落しています♪
毎月分配 再投資
口数増加 と、判断。
買い付け後 下落して 放置しておいたのが…
評価額 現在 倍程度に。
此れから 評価額 数倍???
口数増加 時価が上昇で。
貴方の、運用判断。>今年の地合いは、早期に解約でしょうね。
投資信託は、株で運用しているのが殆どだが、
個人トレーダーに様に小まめに売り買いをしていないので、
ザラバ中に乱高下あると、株なら即、損切ができるが、
投信信託の場合は、額も大きいので、下げ相場でも放置なので、
マイナスを大きく食らう。仮にあくる日がプラスでも、
今日の下がった分を取り戻すだけで、収益とはならない。
昨年から、今年1月に掛けての様な、なだらかな相場なら美味しいが、
今年は、米国の利上げと、更に、貿易戦争、森友問題等あり、
投資信託は、非常にフリな条件が重なっているので、
早めに解約した方が良い。
人気のSBI-jcoolの様な信託の場合は、
買い手数料も無料なので、相場が安定してきたら、
買いに入り、何か、雲行きが怪しくなってきたら解約と、
小まめに信託を利用し、プラス部分だけを狙う方が良い。
マイナスを我慢する事は大きな「損」になる。>投資信託って、積み立て方かな。積立型はボラティリティーも味方ですから、激しく上下運動はウエルカムですよ。
このまま下降しっぱなしなら、そりゃ早めに逃げなければ被害甚大。
さてと、どっちになりますことやら。
一発型は、一旦降りて、下がりきったことろで再仕込みもいいですね。 でも、なかなか狙い通りにはいかないものです。>株価が下がったら慌てて売って、高くなったら買う。これは典型的な負けパターンですよ。>

投資信託もここまで下がったら、売りですかね?それとも、基準価格が下がって口数...

投資信託もここまで下がったら、売りですかね?それとも、基準価格が下がって口数が多く買えるからそのまま、保有ですかね?個人的にはニューヨークダウや日経平均株価がまだまだ下がると思うので、売りだと思いますが、投資に詳しい方のご教授いただければ幸いです。
(投資信託初心者です。

売りです保有です、買いです。
ダウも日経も、上がります、下がります。
証券マンと追証は、突然やってきます。
桑原、桑原、・・・><ものっすごく小額でゲーム感覚で売り買いしてれば、そのうち覚えてしまうw知らないモノには金を出さないのが、投資や株の鉄則です。
^0^

こんにちわ。
それは保有銘柄によりますね。
質問者様がどれくらいの投資期間を考えられているのか分かりませんが、インデックスファンド等であれば、これくらいの暴落で売っていては投資している意味がありません。
投資信託としては期間は少なくても10年はみたほうがいいと思います。
下げている今だからこそ、積み立て分散投資が基本です。
目先の値動き気にしていたらそれば投資というより投機になるので、あまり気になさらないほうがいいかと思います。
他にも投資に興味があれば、以下の記事をお読みいただくといいかもです。
mezaoku.com/sisanunyo-start-50man/
低リスクな運用をされたいならロボアドバイザーがおすすめです。>その投資信託のお金がすぐに必要かどうかにもよりますね。直近で生活費とかに使うのであれば解約してもいいと思いますが、予定がないのであればそのまま持ち続けてもいいと思います。一括投資か積立投資をしているのかわかりませんが、もし積立であれば、おっしゃるように口数が多く買えるため、下がったときも続けていくことで平均単価が下がって、将来の利益が出やすくなります。自分だったら下がっているときに売却は基本的にしません。過去の相場を見ても、大きく下げたあとは必ずそのあと戻していっています。>売りです!保有です!>

投資信託について

投資信託についてはじめまして。
今年40になる者です。
結婚しておりますが子供の予定はありません。
今年から積立nisaとidecoを始めることにしたのですが商品について悩んでおります。
諸先輩方のアドバイスを頂けたら幸いです。
現在預金が約500万円あり、毎月の余剰資金が約9万です。
毎月積立nisaに33000円、ideco23000円、現金積立30000円を考えています。
今考えているのが、以下の商品です。
1.楽天全世界株式インデックスファンド2.セゾン資産形成の達人ファンド3.emaxisslim 先進国株式インデックス4.楽天全米株式インデックスファンド5.ひふみプラス定年まである程度時間があることから、積極的に運用したいと考えているのですが100パーセント株式のみというのは無謀でしょうか。
自分としては個別株やfxに手を出す勇気がないので投資信託のみ、そしてアクティブファンドも取り入れたいと思うのですが、上記5つのファンドにそれぞれ分散するのは無意味でしょうか(アクティブファンドとインデックスファンドを取り入れることは間違いですか)。
毎月30000円現金で貯金するので、債券は不要と考えているのですが良くないでしょうか。
もちろん投資が自己責任であることは承知しております。
しかしあまりに自分の考えが無謀すぎるようであれば考え直したいと思っております。
どうぞよろしくお願いいたします。

>定年まである程度時間があることから、積極的に運用したいと考えているのですが100パーセント株式のみというのは無謀でしょうか?いいえ、無謀ではありません。
質問者の積立金総額の30%弱は「現金」ですから、投資信託の積み立ては全て「株式」で問題ありませんよ。
現在の債券価格は異常な状態にあるので、あえて積み立てる必要はなく、現金=債券と考えたらいいのです。
積立金額9万円のうち、株式分は63%ですが、個人的には70%でもいいのでは?と考えます。
>上記5つのファンドにそれぞれ分散するのは無意味でしょうか?無意味ですね。
1.楽天全世界株式インデックスファンドと、 4.楽天全米株式インデックスファンドの2ファンドで十分でしょう。
日本株は「1.楽天全世界株式インデックスファンド」に含まれるだけで十分であり、「ひふみプラス」に投資する意味はありません。
>(アクティブファンドとインデックスファンドを取り入れることは間違いですか)。
間違いではありませんが、長期投資(20年超?)ですから、コストが低いインデックスファンドで十分ではありませんか? >毎月30000円現金で貯金するので、債券は不要と考えているのですが良くないでしょうか? 現在の債券は不要と考えて構いません。
将来、債券価格が現在のような異常価格(異常な低金利)ではなく、正常価格に戻ったら、現金を債券にシフトすればいいのです。

無謀とは思わないけど投資をしたことのない方が下落の環境になったときに結構面を食らう方も多い。値下がりしても我慢できる資金なのか?まあ、下がったら増やす、くらいの気持ちが必要かも。
債券は株式の補完みたいなもの。両方儲かることはないと思った方がよいかも?俺的には株式だけではちょいと不安。リスクとれない人間なんて債券多目でもいいと思う。
ひふみは十分アクティブタイプ。20年後はファンドマネージャーの藤野氏が今みたいにアクティブに?活動してるか甚だ疑問。>

投資信託について質問します。

投資信託について質問します。
初心者ですのでお優しい方に答えて頂けると嬉しいです。
すでに半年前から投資信託を始めています。
プラス5万になっています。
本を10冊ほど読んだのでこういうときもあれば下がってしまう時もあることは承知しております。
すでに投資信託しているお金は今後20年くらいの目安で積み立て続けていくつもりではありますが、それとは別に向こう最低でも3年、もしくは6.7年くらい使わない100万円があります。
6.7年後には間違いなく必要です。
そのときにどんなに減ったとしても80万くらいはないとかなり悲しい気持ちになるし、辛い気持ちになりそうです。
それを踏まえて、今預けている投資信託が毎日見ていると毎日100円から3000円くらい上下しているようです。
それを繰り返しつつ半年でプラス5万円。
使わない100万円をポンといれて、一週間に一度、例えば2000円利益がでていたらおろして休みの日のランチ代にしたり、もし100万を切っているようならそのまま一週間でも半年でも一年でも放置し、100万に戻るのを待つ。
というような、やり方はおかしいでしょうか?複利のメリットがそこにないのでそういう面では損かと思います。
ただ、数千円が月に1.2回でもでる月があればその月はケーキ食べたり、お肉買ったりできたら楽しいかな?と思ったのですがなにぶん初心者のため、このやり方が変なのか、どうかすら、よくわかりません。
手をつけずに複利狙いで残していきたい積み立ての投資信託とちょっとでもでた利益はちょこちょこ小さく引き出してお得な気分を味わう投資信託と自分のなかで二つ持ってみたくなったのです。
おかしな部分や、やめといたほうがいい。
など、なにか、アドバイスがあるかたはぜひ、ご教授ください。
よろしくお願いいたします。

投資信託には2種類あります。
非上場の投資信託とETF(上場投資信託)です。
質問者が買ってる投資信託は(たぶん)、非上場の投資信託と推測されます。
非上場の投資信託はあくまで長期保有の商品で、機動的な売買には不向きです。
売買の申し込みと約定のタイミングが違うので、時価での取引ができないのです。
機動的な取引なら、ETFとなります。
stocks.finance.yahoo.co.jp/etf/?type=1しかし、機動的な売買で利益を売るのは難しいですよ。
ETFや株式(個別銘柄)の機動的な売買で利益を売るのは難しく、時間を取られるので、多くの素人投資家はインデックスファンドで長期保有(放ったらかし投資)をしているのです。
現在は世界的に経済状態が良く、運用環境が良好なので、投資で儲かるのは易しそう?といった感じの素人さんが多いですが、世界経済が反転したら、30%、40%の損失が出るのは当たり前ですから、あまり甘い考えはご法度です。

ETFというのは聞いたことがあり気になっていました。よくわかっていませんが。。難しいのですね。40%マイナスは悲しすぎます。よく考えてみます。貴重なお時間を頂戴して回答していただきありがとうございます!>投資信託アプリケーションでやればプロより金になると思う。スマホでもうけたらどうか。>6年後に確実に必要なお金で株式投資信託を買うのはおすすめしません。
損失に耐えられないからです。
20万円損したら撤退しますか?
撤退すれば確実に損失で終わるし、そもそも、事前に決めた撤退ルールを守れない人も多くいます。
投資に勝つためには、損失を許容できる資金であることが重要と思います。
株式投資信託で損失が出るということは不況ということであり、不況は一時的なものです。(一企業の業績悪化は一時的かどうか分かりませんが)
不況で買うくらいの心構えでなければ、投資で儲かりません。
といっても、投資手法は人それぞれなので、お好きにやればいいとも思います。
質問主殿の取引であれば、頻繁に取引しそうなので、買付手数料、信託財産留保額が無いことを重視すべきかと。
あと、NISA口座の枠は、長期投資を優先すべきと思います。>

今やってる投資信託を売りたいのですが、

今やってる投資信託を売りたいのですが、売る基準価額を指定できるんですか?できないですか?たとえば購入価額より200円上がったら売って下さいと、とか。

現物株式や上場投資信託は購入、売却方法で「指値」と云う方法があり、質問者さんの仰るような注文の出し方は出来ます。
具体的に単価を示す必要は有るでしょうが、、売れるまで出すことも出来ます。
逆に○○円まで下がったら買う、そういう事も出来ます。
でもどうなんでしょう?投資信託はその様な指値での購入や売却は出来るのでしょうか?あまり聞いたことは有りません。
出来ないかも知れませんね、、僕自身は株式をやって20年近くなります、現物なら、昔からのお付き合いで担当者に直接電話をして売買します。
そういう窓口で買われるなら、担当者にお願いして、希望の売却額を伝えて置き、希望額に近く成れば連絡を貰う、、と言う事は良くしますね、その時に、勢いがイイから、買い増しを提案されたり、利食いした方がイイとか、また、反対に動いた場合も損切やナンピンの提案があります。
取り合えず出来る出来ないは別にして、取引のある会社に問い合わせるのが確実です。
ネット上の情報が全て正しいとは限りませんから、、参考程度にしてください。

回答ありがとうございます!
明日会社に行って聞きます。>できません。投資信託(ETFではない、普通の投資信託)の売買は全て「成り行き」になります。投資信託の基準価格は1日に1回しか更新されません。指値注文をしたければ、普通の投資信託ではなく、ETF(上場投資信託)にしてください。>

投資信託

投資信託ひふみプラス!!しばらく保有してても平気でしょうか直近落ちますかね??

私は平気だと思うので保有しています。
そもそも長期保有でリスクを減らすというのが利点です。
再々プラスマイナスも気にするようでしたら投資信託は向いていないような気がします。
またNISA枠を使って短期運営はしない方がいいと思います。

投資ってのは絶対に全力でやってはいけませんよ。
保有資金の3割位に抑えて於けば、急落しても傷が浅いのです。
株も含めて、何時急落するのかは誰にも不明、
バブル崩壊
リーマンショック
オイルショック
ニクソンショック等色々ありましたが
全力勝負の人は引退に追い込まれ、樹海行とか新小岩行きなんて言われて来ました。
ひふみプラスは保有して居り、模様眺めです。
昨年11月から各銘柄が急騰しすぎた感じもしますが
www.pwalker.jp/kabu1.htm
昨日はニューヨークが0.9パーセント近く上昇。
adr-stock.com/japan/
ADRもまあまあ。
日銀と
年金機構が株式市場で様々な銘柄を買った結果の今ですね。>5頭のクジラがバンバン株式市場に投資していますから、リーマンショックのような出来事がない限り、安泰でしょう。>「ひふみプラス」は主に、日本の成長率が高そうな中小型株に投資するファンドです。従って、日本株が上昇すれば、「ひふみプラス」の基準価格も上がります。逆に、日本株が下落すれば、「ひふみプラス」の基準価格は下がります。「ひふみプラス」は長期保有が基本ですから、長期で日本株が3万円になるとか?質問者が予想すれば、長期保有でいいのです。>

-投資信託

© 2020 給付金とかで結構ウハウハごめんなさい