経理

経理の仕事で二度ミスをしました。今後ミスをしないための助言をくだ...経理

経理に関して質問です。

経理に関して質問です。
初歩的なことで大変恥ずかしいのですが取引先の会社と相殺することになりうちからの請求金額が1000円だったので、今回1000円の相殺の予定が誤って1005円の相殺となってしまいました。
帳簿上うちの会社が多くお金が入った(PCの画面上マイナスの入金状態になっています)形で、向こう会社からは「書き直しが面倒なので、次回の請求金額から引いてくれればいい」と言われました。
経理上これは問題ないのでしょうか?宜しくお願い致します。

問題が有ります。
相殺には現金は動かないのです。
帳簿上だけの処理です。
相殺差額分が有ってその分を支払う場合と、受取る場合がある場合には、受取る方はマイナスの入金になる場合は相手が間違わなければならないのです。
差額分を受取ることになっている、こちらの相殺処理が違って入金がマイナスになっている場合は、相殺処理の方法を知らないからです。

現在、経理課で派遣で働いている25歳男です。

現在、経理課で派遣で働いている25歳男です。
いずれ正社員として経理の仕事を転職しようと考えています。
派遣で働きながら、簿記の勉強をしていましたが、簿記3級は合格出来ましたが、2級はわずか2点届かず不合格でした。
2級は次回から試験範囲が改定されまた受験するかしないか迷っています。

そこで質問なんですが、正社員の経理職への転職で簿記3級と2級の取得では、だいぶ変わってきますでしょうか。
派遣ではありますが、実務経験があれば2級の取得と3級の取得はあまり差はないと考えたいのですが、いかがでしょうか。
また簿記以外の資格だとMOSのExcel2013 expert、Word2013、Access2013を取得しています。

人事責任者です。
ちゃんとした会社の経理の採用であれば、日商簿記2級以上を必須条件にしている企業が大半です。
求人に書いていなくとも、です。
実際、当社で経理財務の募集をした際には、日商簿記2級以上を持っていない応募者はほとんどいませんでした。
つまり、持っていない応募者はスルーされるということです。
数ヶ月で取得できるレベルの資格なのですから、持っていなければ話にならない、そう考える企業は少なくないです。

日商簿記1級合格者(第83回)の者です。
経理職の場合、ご指摘の通り、実務経験があれば資格面での条件は場合により減免されることは多いと思います。
公認会計士や税理士などと異なり、業法で独占業務が規定されているのではないので、ハローワークをはじめとした現実の求人案件をみてみても、実務経験が第一義的要件となっているものが多いことからも、2級受験の忌避は一見すると賢明に思えます。
ただ、それでもなお、将来キャリアアップする際などに2級を取得済みであれば文句なしの信頼を勝ち得ますし、ご質問者さまはこれから学習を始めるのでなく、既に受験済みであり、しかも大健闘の成績だったということですので、途中下車はあまりにもったいないと思います。
難易度と普及率からいっても、「落とす競争試験」へと質的に激変する1級とは異なり、2級以上でなければ原則評価されないとの社会通念もあいまって、2級はボリュームゾーンとして最も受験者と合格者の多い級であり、ことのついでに取得されたほうが後悔のリスクが少ないと思います。
仮免止まりで自動車教習所通いを辞めても、原付免許さえあれば何かの職にはありつけるかもしれませんし、身分証明には十分でしょうが、いっそ普通自動車免許を持っておけば何かと安心かつ便利なのと似ていると思います。
今後のご健勝をお祈りしています。>正社員の転職をお考えなら2級までは取得しておきたいところですね。
現在の経理系の求人だと3級は必須、2級以上で歓迎というものが非常に多いです。
この場合、本来は2級以上の方を採用したいけれど、このご時世だから少し緩めに出して応募数の増加を図ろうという狙いが見えます。
また他の方が仰っているようにあと2点であれば取得したほうが良いと思います。
そこまで大幅な改定はないと思いますし、たった一問であれば勉強して臨めば十分取得できると思いますよ。
資格以外にも例えば企業分析として資本回転率を出してみるとか売上債権回転率をすぐに出せるようにしてみるとか学ぶべきポイントや面接時にいえる内容だと思います。
資格取得は大変だと思いますが、頑張ってください。>資格は多ければ多いほど、高ければ高いほど有利です
しかし、上には上がいますし、縁の問題もあります
経理実務は定型化が進み、まともな企業ならカスタマイズされたソフトを使っています
簿記よりはシステム関連の資格のほうが有利だと思います
ペン字でも生花でもいいですよ その人の「積極性」の証です
意外にウケて実用的なのが書道の資格かな
字がきれいなのはいつの時代も有利ですね
採用30年やってきましたが、達筆な履歴書は強力です>人材紹介会社のコンサルタントです。
日商簿記3級は勘定科目と試算表までです。
日商簿記2級は決算処理と簡単な原価計算までです。
実際の経理職の求人票では、日商簿記2級と経理実務経験(1年、2年、3年のいずれか以上)が要求されています。
日商簿記3級はほとんど勘定科目を使っての仕訳作業しかできません。日商簿記3級は1-2週間で薄い問題集を習得すれば誰でも合格できるものです。日商簿記2級は必死に勉強すれば、2-3ヶ月で合格できるものですが、実務経験を伴えば充分な知識だと私は理解しています。しかし、日商簿記2級と日商簿記3級との間には大きな隔たりがあります。経理のセンスのない方には日商簿記2級はなかなか取れないようです。日商簿記2級を取れないようでしたら、経理職として転職は難しいですね!たった2点差でしたら、再度日商簿記2級に挑戦して資格を取得しましょう。
私は大学1年の時に、経理学校に通い全経1級を取得しましたが、その時に日商簿記1級を取っていればよかったと悔いています。意外とそんなチャンスは再び到来しないものですよ!
はい、日商簿記2級に加えて、MOSのExcel2013 expert、Word2013、Access2013の資格も持っていれば実務で役立つと私は思います。>

経理や領収証に関する質問です。

経理や領収証に関する質問です。
ある大手のメーカーの下請けで3月末に海外で仕事をし、月末だったため帰国後2日で「請求書をあげて」と言われ、徹夜して提出しました。
支払いサイトが「月末じめ翌々月払い」なのでしょうか。
しかし7月半ばにようやく「現金手渡し」で支払われました。
交通費や、立て替えた全員分の移動費食費が支払われていなかったので伝えると「成田エクスプレスの領収証がない」などと言われています。
成田エクスプレスの領収証は、チケットレスサービスを使ったせいか、持っていません。
過去の履歴をスマホ上に表示できるサービスがあるようですが3ヶ月間が有効期限のようです。
いくつか悩み事が絡んでいますが..、箇条書きにすると、・個人事業主なので、源泉や消費税ぬきで現金払いにされていますが、これは私にとって損はないのでしょうか...。
・成田エクスプレスのチケットレスで購入した分の領収証は3ヶ月以上たったいま、表示は可能なのでしょうか。
・公共交通機関の領収証は金額が決まっているため、以前いた会社では領収証がなくても検索して金額対応してくれていましたが、そのような融通はきかないものでしょうか。
・紙の領収証はほとんど、その日のうちに提出してしまっています。
先方が無くした場合、やはり支払われないのでしょうか。
・もう請求書処理が終わっている、と言われていますが、直接その会社の経理に問い合わせてもうまくいかないものでしょうか。

<・交通費や、立て替えた全員分の移動費「成田エクスプレスの領収証がない>これは元請の経理担当者が、確認されたら済むことです。
あなた方の移動日やルート、人数、空港使用料、何時発の航空機、外国に到着した日、現場に勤務された日などはチェックして、支払われるものと思います。
<・食費>これは、契約時点でどのようになっていたのかによるでしょう。
移動日も、会社に拘束されるわけですから1日とカウントされるのかどうかです。
であれば、日当に含めるのかもしれません。
・紙の領収証はほとんど、その日のうちに提出してしまっています。
先方が無くした場合、やはり支払われないのでしょうか。
これは、企業の場合、まとめて請求書に貼付して請求します・。
(1か月分ずつ)その日のうちに日払いとは異なります。
これはあなたが側のミスではないでしょうか。
<・個人事業主なので、源泉や消費税ぬきで現金払いにされていますが>個人事業主でも消費税は請求できます。
あなたが消費税課税・非課税にかかわらず、請求をして下さい。
例えば、小売店などでも、到底課税事業主には見えない場合でも、林檎1個に消費税はかかって販売されています。
源泉は、あなたがきちんと確定申告をされたら良いかと思われます。
常駐的に雇用されているのではなく、3か月間の単発ですから、徴収はしない場合もあります。
<・経理に問い合わせてもうまくいかないものでしょうか>経理では、それだけの決定権がありませんので分からないと思われます。
出来れば、請求処理が終わっていたとしても、正当だ思われる対価は支払われるべきですので、かかった交通費明細(個人で調べて記載)、消費税などをまとめて請求書に起こして、きちんとした形にされたうえで今回の担当者に直接交渉をされてみられたらいかがでしょう。
元請もあまり利益が出ない案件だったのかもわかりませんが、別途の案件として処理が出来る場合もあるかとは思います。
今後の事もお考えになり、きちんと対応処理されることが大切だとおもいます。
ただ、立場上、泣き寝入りのような場合も無きしもあらず、でしょうか。

社員の場合の出張経費と個人事業者の下請け企業の出張経費の請求方法が一緒になっている内容です。下請け企業に日当を支払う元請会社はないのです。下請け代金に含まれる出張経費で領収書の貼付は必要ないのです。その領収書は貴方が申告の時の証憑になるもので貴方が保管すべきものなのです。貴方は事実出張していれば、その事実で領収書は必要なく証明は出来るものなのです。元請企業が貴方の源泉徴収をしないのは、貴方が個人事業者として所得税の申告を行なっているとしているから外注費にしているからです。>

経理のことですが、士業の事務所なのですが、ある仕事を依頼され

経理のことですが、士業の事務所なのですが、ある仕事を依頼され成果品(製本化した書類)を仕上げて、渡す直前に一方的にキャンセルとなりました報酬的には、20万円前後の内容でした依頼者は、仕上がる直前でキャンセルして、成果品は受け取っていないのだから、料金は支払う義務はないと言います(報酬も支払うつもりはないということです)この場合は、経理的な何らかの処理はあるのでしょうか?経理に詳しい方に、お願いします

先方都合であれば実費請求くらいであれば出来ると思います。
経理的にはかかった費用は売上原価に計上しておき、代金回収できれば売上か雑収入に入れておくのが良いと思います。

経理の志望動機がまとまりません・・・・

経理の志望動機がまとまりません・・・・現在21歳フリーターで経理未経験です。
今回若者チャレンジ訓練という、働きながら、仕事に必要な能力を身につけることができる経理の募集に応募して来週面接ですが、自己履歴書に記入する志望動機がまとまりません。
・前職を辞めた理由はさまざまな場所で通用する、誇りを持ってできる仕事をしたいと思ったので辞めました。
・経理の仕事に就きたいと思ったきっかけは、会社のお金の流れ(利益や経費)などを管理する経理という仕事に興味を持ちさまざまな場所で通用する仕事なので、経理の仕事をしたいといと思いました。
・そのために、日商簿記3級を取得して、今現在2級を勉強中です。
・私は迅速かつ正確に作業をこなすことが得意なので経理の仕事に活かしたい(この内容は自己PRで記入しています。
)・私は第一線で活躍される方を支える縁の下の力持ちの存在でもある経理としても働きたい・未経験ということで、今回の若者チャレンジ訓練という未経験も歓迎している募集ということで、どうしても雇ってもらいたいという強い思いがあります。
現在この6点ほどが志望動機としてあるのですが、どれをピックアップすればいいでしょうか?やはり御社を選んだ理由というものを盛り込まなければならないでしょうか?是非アドバイスをお願いします。


あくまで私個人の考えとして、というのが前提になりますが…。
>>前職を辞めた理由はさまざまな場所で通用する、誇りを持ってできる仕事をしたいと>>思ったので辞めました。
退職した理由は面接でほぼ確実に「なぜ以前の仕事を辞めたのか?」と質問されるので志望動機に入れる必要はありません。
>>経理の仕事に就きたいと思ったきっかけは、会社のお金の流れ(利益や経費)など >>を管理する経理という仕事に興味を持ち>>さまざまな場所で通用する仕事なので、経理の仕事をしたいといと思いました。
なぜ経理を選んだのか?という点を説明するうえでは必須だと思います。
ただし、「さまざまな場所で通用する仕事」という表現は「将来的にウチ以外に行くつもり?」と思われかねないので削った方が良いかも知れませんね。
また、「なぜお金の流れを管理する仕事に興味を持ったのか」という点を説明できていないため、過去の経験を踏まえた具体的なエピソードが必要になってくると思います。
例:学生時代に生徒会に所属しており、会計を担当していたetc…>>そのために、日商簿記3級を取得して、今現在2級を勉強中です。
>>未経験ということで、今回の若者チャレンジ訓練という未経験も歓迎している募集と >>いうことで、どうしても雇ってもらいたいという強い思いがあります。
これは自らのスキルアップを目指しているというアピールになります。
未経験では即戦力になるのは難しいかも知れませんが、年齢も若いですし、向上心を持っていることは企業から見ると将来的に自社の中核を担う存在になることが期待できます。
なので、この二つは書いておきたいところですね。
二つ目の方は「スキルアップ出来る環境が整っている」という、「なぜわが社を選んだのか?」という疑問に対する答えにもなっています。
即戦力を欲している企業では「未経験の新入社員に十分な研修期間を設けることが出来ない」という理由で不採用になったり、仮に採用されても中途半端な育成で使いつぶしてしまう場合もありますからね。
スキルアップが出来る環境が整っていることは応募する企業を選ぶうえで重要な項目の一つです。
>>私は第一線で活躍される方を支える縁の下の力持ちの存在でもある経理としても働>>きたい採用担当がこの文章を読んだとき「ではあなたは第一線で活躍しないのですか?」と思うかもしれません。
この表現を用いる場合、「なぜ縁の下の力持ちになりたいのか」というこれまた過去の経験を踏まえた具体的なエピソードが必要になってくると思います。
例:かつて私は○○部に所属しており、そこで○○という経験をしました。
そのとき私は皆を支えることが出来る仕事をしたいと思いました。
etc…ただし、質問者様の以前の職種が違う場合は「その時そう思ったのになんで違う職に?」という疑問を抱かれると思うので、極力書かない方がいいでしょう。
文章が長くなってしまいましたが、少しでも参考になれば、と思います。
頑張ってください!

経理の仕事をして、24年になるものです
経理の仕事に興味を持つってのは、個人的に素晴らしいと思っています。
一つ一つ順番に、私の回答をさせて頂きますね
・経理の仕事が誇りを持ってできると思う事を、具体的に示して下さい。
実際仕事は、どんな仕事でも、誇りを持たないとできません
敢えて「経理」に拘る明確な理由を準備して下さい。
・下の方も書かれてますが、様々な場所で通用はすると思いますが
それを前面に出すのではなく、経理の内面を押しだして下さい。
どの様に興味を持ち、自分の良さをどの様に出して行き
かつ、それをどの様に会社に生かせるのか?を説いて下さい
・簿記は、持っていて良いって思うくらいですが
ないより、あるほうがまし程度です
が、2級くらいは取得しておくべきです。
・迅速な作業正確な作業を・・・・と書かれています
これって、どの仕事でも当たり前の事なんですよね
であれば、上にも書きました通り 経理と言う観点を通して
どの様に会社に貢献できるかを説く事です
質問者様は、経理=デスクワークって思ってるかも知れません
それは昔の話です。
私は現場におり、色んな無駄がないかを常に考えています
と言うのも、経理って仕事は売上を生まないんですよ
在籍するだけで、会社の数字上は赤字になります
ただ、いなければならない存在も経理です。
売上を生まないのであれば、経費の削減やコスト削減を提案できる
攻撃型の経理になって、自分の給料くらいは自分で稼ぐことでできるって位
前面に押し出して下さい。>

経理の仕訳について質問です。

経理の仕訳について質問です。
弥生会計を使っています。
ガソリンやETCのをクレジットカード払いにしています。
私としては請求書を残しているので未払金をたてる必要はないと思っていました。
ですので振替伝票もつけていません。
ですが、新しい税理士からは未払金にして振替伝票をつけてくださいと言われました。
必要でしょうか?詳しい方ご教示の程よろしくお願い致します。

今まで通りの処理だと、支払った時に経費になっているのではないでしょうか?それだと実際の使った月とズレが生じます。
月次で正確に見るなら未払経理は必要です。

経理をしてるんだよね?請求書を残して正規の簿記が成し得ると思ってるの?請求書をとるだけなら経理する必要ないよね?発生主義とかわかるかな?>

建設業経理士1級と日商簿記2級について

建設業経理士1級と日商簿記2級について建設会社に勤務している30代後半の社員です。
今年4月から経理課勤務となり、会社から建設業経理士1級の取得を命じられています。
建設業経理士の資格は2級を所有していますが、取得したのが10年以上前で当時勉強した内容は既に頭から抜けきっています。
財務諸表から勉強を始めたのですが、正直テキスト(ネットスクール社のパタ解き)を読んでいてもなかなか理解ができないまま無為に時間が過ぎています。
財務諸表の論点を一通り目を通したのですが、日商簿記2級と論点が重複しており、逆に建設業経理士2級の復習では不足では無いかと考えております。
日商簿記検定2級が難易度の高い資格であるということは認識しております。
(この秋に日商簿記3級を取得しています)日商簿記2級を学習し、その後建設業経理士1級に取り組む方が学習の順番として正しいのでしょうか。
各資格の位置付け勉強方針等についてご意見をお聞かせください。
宜しくお願い致します。

会社で建設業経理士1級を取得した人で日商簿記2級を取得していたので、1級の学習が取り組み易かったと聞いたことがあります。
日商簿記2級を先に取得しておいた方が、学習の順番としては良いのかもしれません。
しかし、建設業経理士1級が最終目標であるのであれば、そのまま建設業経理1級の学習をした方が効率は良いと思います。
日商簿記2級も取得したいと考えているのであれば、日商簿記2級を取得してから建設業経理士1級を学習すればいいと思います。
また学習の順番は、1、財務諸表2、原価計算3、財務分析と言った感じでしょうか?難しい科目から始めた方が、合格した時から始める有効期限のリミットに悩ませる必要はないと思い思います。

経理、転職について。

経理、転職について。
地方の21歳男です。
専門を卒業して、現在は経理の仕事をしてます。
会社の規模はそこそこあるのですが、給料が低いです。
現在、残業なしで142000円ほど。
その中に通勤手当で7500円なので、実質135000円。
ボーナスは求人票には計3.4ヶ月分でしたが、初年度1回目が3万円、2回目14万地元の友達は別の専門を卒業して有名な工場で働いています。
初任給は通勤手当なしで145000円程。
その友達は残業をたくさんしてます。
22時とか、酷いときは日をまたぐそうです。
そうして時間外手当で繁忙期は30万円もらえたそうです。
ボーナスは初年度1回目5万円、2回目40万円。
高校は私の方が頭がいいのですが。

なんとなくやることが見つからなくて、経理の学校に入ったのですが、失敗したのかなぁと思うようになりました。
残業がないことと、会社の人はみんな優しいという点はいいけれど、全然稼げないし、勉強頑張ったのになんでこんなにも差があるのかと思ってしまいます。
そして最近、地元の大企業の求人を見つけました。
自宅から近い上、給料はそっちの方が少し高く、休日も多いです。
しかし、日給月給制で転勤もあるとかないとか、、大企業だと、出世もできないと思いますし(そもそも社会人1年目で入れるかどうか。

)なにが1番いい選択なのでしょうか。
そして、経理という職種は稼げないものなのでしょうか。

もしも地元の大企業に就職できるならそれがベストでしょう。
簡単ではないと思いますが。
私も長年経理で働いてきました。
転職も何回かしましたが、決算から税務申告まで出来るようになれば、中小企業での需要は結構あります。
まずはその道のスペシャリストを目指してください。

ありがとうございます。失礼ですが、kolokololinta様のご年齢と役職、手取りの月給、手取りのボーナスを教えてください。>経理という仕事はあまり稼げない分野ではありますね。
大手企業でも初任給は大卒でも200,000円切るところが多いです。
私は以前メーカーで人事をしていましたが、経理の新卒の子は初任給178,000円でしたね。残業は月末等の締日が多く、月平均20時間ですね。
大手の方が福利厚生は良いので、将来的な事を考えるなら大手の方が良いかもしれません。しかし、仕事は結構ハードで辞める人も多々います。
大手の企業は、ほとんどがシステム化されており、直接手で何かをする、という事はあまり無いのですが、それらがキチンと反映されているかどうかは、結局、自分達がチェックしないといけないため、何千という書類とデータを1つ1つチェックする事になります。
また、社内のシステムを独自に構築している場合もあるため、そのシステムの事を勉強するだけでもかなりの時間を要します。
インプットデータが間違っているものは、その部署へ行き、データの再チェックを依頼するなど、結構、社内を動き回る事が多いですよ。
それと、大手の場合は経理でも転勤がよくあります。それは違う事業所を見る事で勉強させる、という方針があるからです。私がいたメーカーでは経理は約3-5年で転勤でしたね。
ですので、女性の新卒の経理の子、派遣の子はついていけなくてすぐ辞めていましたね。覚える事がとにかく多すぎます。
経理職でキャリアを積めば、財務部や経営企画などに移る事も可能ですね。その部門は企業の中でも花形です。財務は経理よりも上の部門なので、年収もそれなりに期待できます。>工場で時間外手当ついて、30万?稼げても、14万レベルで時間外手当それだけついてると結構キツイレベル働いてる。多分、あなた辞めたくなるよ(笑)給料が高い、低いは残業したからじゃないでしょ?基本の毎月かわらずもらえる金額どうこうだと思われますが。基本給あんまりかわらないから。 日またぐレベルの仕事したければいくらでも世の中ありますが、やったことあります?その分、体調に支障でます。>

経理職のやりがい、魅力、

経理職のやりがい、魅力、感じている方、感じた方、どういう理由経緯があって感じたか、どなたか教えていただけないでしょうか。

経理マンのタイプが2つあると思います。
受身の経理(与えられた実績等のデータを正しく、纏め上げる)と攻撃的経理(データを採りに行き、実績データに未来予想データを組み込み、先の道標を纏め上げる)があります。
中堅社員までに受身の経理を身に付け、数字のノウハウを学び、責任者となったら、攻撃的経理に化けると経営者から頼りにされる経理マンとして遣り甲斐を感じられると思います。

経理の仕事で二度ミスをしました。
今後ミスをしないための助言をください。

経理の仕事で二度ミスをしました。
今後ミスをしないための助言をください。
最近人員不足から、経理担当となりました。
ところが、相殺の際それに気づけず二重払いをしてしまいました。
相手の会社は別々で、相殺についても無知のままの事務作業で一度目は注意されて終わりました。
問題は2回目です。
流れや、相殺の意味もわかっていたつもりなのに見落としてしまい二重払いをしてしまいました。
上司からはなぜ相殺がわからないのかが分からないと言われ、感もないとなると救いようがないとも言われました。
他の仕事は初めてながらこなせているのに、相殺だけがうまくいきません。
相殺というものをどのように理解して、今後どうすば改善できるのでしょうか。
自分では、双方の請求書をよく覚えておかなければ!と思っているのですが。
アドバイスどうぞよろしくお願いいたします。

取引先の「取引条件一覧表」みたいなのはありませんか?その中から取引条件が「相殺」になっているものを抜き出して、一覧表に並べてみたらいかがでしょうか。
買掛金と売掛金を記入する欄も作れば、支払いの有無も把握できるんではないかと思いますよ。
私の職場では月末に売掛金(私の部署は営業なので)を「相殺一覧表」に記入して経理に提出しています。
同様に購買部でも同じ書類を作って提出することで、経理部では相殺金額を把握しています。

たいへんためになるアンサーをありがとうございます!!早速エクセルで表を作っていかしたいのですがどのようなものをつくれば把握しやすいのか教えていただけないでしょうか。>買掛金の相殺でしょうか?
私だったらパソコンに付箋でも貼っていつでも見れるようにしますよ。>

-経理

© 2020 給付金とかで結構ウハウハごめんなさい