市場リサーチ

ネットショップの買い取りについて、みんさんどう思います?古本市場...市場リサーチ

『家庭用燃料電池エネファームの伸びが加速!年間5万台の販売台数に』 2016/10/28...

『家庭用燃料電池エネファームの伸びが加速!年間5万台の販売台数に』 2016/10/28⇒日本にとって最大の省エネは、家庭用燃料電池エネファーム?◆価格2009年:PEFCが300万円2015年:PEFCが136万円、SOFCが175万円(※2016年補助金制度:PEFCに15万円、SOFCに19万)2019年:PEFCが70~80万円(目標)2021年:SOFCが100万円(目標)◆累計の販売台数・現在:20万台・2030年までに全国で530万台(目標)◆熱効率(1次エネルギーからの変換効率)・原発:30%以下・石炭火力:従来型35~40%、最新型45~50%・石油火力:40%・LNG火力:従来型40~45%、最新型60%以上・家庭用エネファーム:90%※石油火力石炭やLNGに比べて2倍以上も燃料費が高く、発電コストは太陽光よりも高い。
世界の先進国で石油を発電用に使う国など無い。
中部電と東電では2018年までに廃止。
※石炭火力とLNG火力最新型への更新/転換が加速中。
2020年代前半までにほぼ置き換わる。
※原発とLNG火力の比較100万kWの電力を得るために、無駄に海に排出する熱量は、原発233万kW、LNG火力67万kW。
原発は火力の3.5倍の地球温暖化装置だ。
・・・『家庭用の燃料電池の伸びが加速、年間5万台の販売台数に』 2016/10/28 ITメディア 「ガスから電力と熱を作る家庭用の燃料電池「エネファーム」の販売台数が上向いてきた。
2016年度は5万台に達する勢いで、前年度から20%以上の伸びになる見込みだ。
価格の低下に加えて設置できる場所が広がり、国の補助金制度も後押しする。
ガスの小売全面自由化で販売競争が加速する。
2009年に世界で初めて「エネファーム」が日本市場に登場して以来、販売台数は着実に増えてきた。
ところが2015年度に過去最高の4万台を超えたものの、成長のペースは鈍化してしまった。
2016年度に入ると再び販売台数が伸び始めて、上半期だけで2.5万台に達している。
このペースで増えていけば、年間で5万台を超えて前年度を大きく上回る勢いだ。
エネファームはガスを改質して水素を作り、外気から取り込んだ酸素と反応して電力と熱を発生させる。
熱は給湯や暖房に利用できるため、エネルギー効率が高くなる利点がある。
政府は家庭や商店の省エネ対策としてエネファームの普及に力を入れ、2030年までに全国で530万台の導入を目指している。
現状では累計の販売台数が20万台に満たないため、強力なテコ入れ策が欠かせない。
政府は2016年度に総額55億円にのぼる補助金制度を新たに開始して、販売台数の拡大と製品価格の低下を促進している。
その効果が上半期の販売台数の増加に表れた格好だ。
エネファームには普及タイプのPEFC(固体高分子形燃料電池)と、高効率タイプのSOFC(固体酸化物形燃料電池)の2種類がある。
2009年の発売当初は1台の価格が300万円と高かったが、2015年度にはPEFCが136万円に、SOFCも175万円まで下がった。
さらに2016年度に開始した補助金制度でPEFCに15万円、SOFCに19万円の補助金を交付して販売価格の低下を加速させる。
政府はエネファームを広く普及させるためには、PEFC方式の販売価格を70~80万円まで引き下げる必要があるとみている。
その目標を2019年度に達成して普及にはずみをつける考えだ。
SOFC方式も2021年度に100万円まで低下させる。
■余剰電力の買取サービスも始まる その一方でガス会社と機器メーカーは製品のバリエーションを増やして、導入対象になる家庭の範囲を拡大している。
典型的な例がマンション向けのエネファームだ。
東京ガスとパナソニックが2016年7月に発売したPEFC方式の製品では3つのタイプを用意した。
燃料電池の本体と貯湯ユニットを分離できるタイプや、排気パイプを延長できるタイプがある。
マンションの住戸のレイアウトに合わせて選べるようにした。
大阪ガスが機器メーカー3社と共同で開発したSOFC方式の新製品もマンションに設置できる。
2016年4月に発売した「エネファームtype S」は発電ユニットを小型化したうえで、バックアップ用の熱源機を分離した。
マンションのバルコニーにも設置しやすくなり、既設のガス給湯器と組み合わせて使うことも可能だ。
さらにエネファームで発電した電力を買い取るサービスも4月に開始した。
通常の使用方法では家庭で必要な電力に合わせて発電量を調整するが、常に発電能力の上限まで電力を作ることによってエネファームの効率を高める。
ガスの使用量が増える代わりに、余った電力を大阪ガスが買い取る。
家庭では売電収入がガス料金の増加分を上回り、結果として光熱費を削減できる。
2017年4月にガスの小売全面自由化が始まると、競争によってガス料金が下がることは確実だ。
そうなるとエネファームの利用効果が高まる。
同時に電力会社が家庭向けにガスの小売を開始して、エネファームの販売にも力を入れていく。
2017年度から販売台数の増加にはずみがつく可能性は大きい。
」※

2016.8.9 21:17更新 太陽光事業者の倒産急増 電気買い取り価格引き下げ、安易な参入… 今年は過去最悪ペースwww.sankei.com/economy/news/160809/ecn1608090033-n1.html 太陽光発電に関連する企業の倒産件数が今年、過去最悪のペースで推移していることが分かった。
1~7月の累計倒産件数は前年同期比7件増の37件、負債総額は同比15.7%増の179億1300万円に上る。
再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度(FIT)が生んだ“太陽光バブル”の収束で市場は縮小を始めており、事業者の淘汰(とうた)が加速する恐れがある。
(田辺裕晶) 東京商工リサーチが太陽光発電パネルの製造や卸売り、施工、売電など関連企業を対象に調査した。
既に倒産件数は年間ベースで20件台後半だった24~26年を上回り、過去最多を記録した27年に次ぐ水準だ。
住宅リフォームの東海住宅サービス(愛知県)は、太陽光発電パネルの卸売り・施工の事業に参入後、一時は同事業が売上高の約7割を占めたが、今年4月に負債総額4億3800万円で倒産した。
倒産企業の負債総額は同社のような1億円以上5億円未満の企業が多いという。
FITは東京電力福島第1原発事故後、民主党政権が原発依存を減らそうと24年7月に導入した。
再生エネで発電した電力を一定期間、大手電力に全量買い取るよう義務付けている。
ただ、太陽光は買い取り価格が他の電源より高く、環境影響評価(アセスメント)が原則必要ないなど発電設備の設置も容易とあって参入が殺到した。
発電事業の認定を受けた事業者の約9割を太陽光が占める。
こうした官製市場に踊った一部の企業が、実現性に乏しい安易な事業計画で参入した結果、業績の見込み違いから倒産が増加した。
太陽光の急増で買い取り費用は27年度に約1兆8千億円まで増加し、電気料金への転嫁で家庭や企業の負担が重くなった。
政府は段階的に買い取り価格を引き下げた上、29年4月施行の改正再生エネ特別措置法で事業用の太陽光に発電コストの安い事業者の参入を優先する入札制度を導入するなど制度自体も見直した。
政府は今後、地熱など太陽光以外の再生エネに力を入れるとともに、太陽光は「FITに頼らない自立した事業者を増やす」(経済産業省幹部)方針だ。
優遇措置の見直しを受け太陽光の事業環境は急速に悪化しており、東京商工リサーチは「倒産の恐れがある信用不安の企業も増えている。
今後は売電事業者など事業規模が大きな企業が破綻するケースも出てくるだろう」と分析している。

ねぇねぇ、、、産油国で今まで原発なんか必要としなかった
UAEとサウジアラビアが2012年から原発の新設工事を開始して
もうあとは稼動開始を待つばかりだって知ってる?ププッ!
どうして『原発の新規稼動』が必要なのか知ってるかなぁ?クスクスクス・・・>→
原子力発電は、信頼出来ないものだから、これは無しとするとしても、その他の、非原子力方式発電というなら、発電電力コスト競争で良いのでしょう? 発電電力の原価競争があって次第に淘汰をされる事に成って来る。その競争へ税金を投入する?なんて言う馬鹿な考えは止めにしようと言い続けるものです。弱者への配慮をやらない様な政権は、ひっくり返して欲しいと思ってる。『世界エリート層の無責任化』現象は止めようよ!と言うものです。>

中古リサイクルショップの買取価格について

中古リサイクルショップの買取価格についてわたしたち主婦のあいだで買い取り価格調査をしております。
最近不景気なせいか大手家電量販店など撤退して空き店舗になるケースが多いです。
そこに中古リサイクルショップが入札してわたしの地域は中古リサイクルショップだらけになってます。
それと食品などを売っているヤXダ電器ばかりです。
大手XXオフなどで捨て値で買い取られたという話しを良くききますが、そのXXオフで買取価格1000円で買い取ってくれるものを平気で10円100円で買いと売る業者も多く存在します。
べつに買い取ったモノを買い取り価格なりに安く売れば別に問題ないと思いますが、どうして100円で買い取ったものが店内で8000円で売られているのでしょうか?酷いときは5円のものが2万円ですよ。
100円で買い取ったものを平気で2000円から5000円で売ってます。
こういった商売って合法的に許されるのでしょうか?さすがに、大手XXオフは1000円くらいの買値のものでは売る時の価格で高い価格のものでも5000円くらいですよ。
補足回答ありがうございます。
大店と他店で買い取り価格が5~10倍違います。
売値は2~5割他店の方が高くなります。
地域の理解力の乏しいお年寄りが他店で叩き値で買取価格をつけられてヤ店で売られている新品より高い価格で中古のものを中古=安いと思い込んで喜んで買ってしまうのです。
わたしたちのような機動力と理解力のある者は隣町の大店に行きますがお年寄りたちの事を考えるとあんまりです。

リサイクルの市場ならそんなモンだと思いますけどねぇ。
例えば機械モノならメンテ代金も加算されるでしょうし、付加価値もつくでしょう。
だから中古の場合、一概に仕入れの何%まで、と決められないでしょ。
業者を糾弾するための価格調査なんでしょうか。
それとも高く売るための自衛的な手段なんでしょうか。
ショップに持ち込む前にオークションサイトなどでリサーチするだけで事足りるんじゃないかな。
それを元に売値を交渉するとか。
追記あ~、なるほど。
それでも商売になっちゃうんだ…ただ、対象が膨大な数になりそうですね。
お年寄り自ら足を運んでるわけですから、宣伝・立地・接客等、それなりに営業努力をしいてる結果なんでしょう。
あまりにアコギな商売ばかりだと長続きしないと思いますしあなたの方が業務妨害にならない程度にがんばってください。

仮説を立てて検証するとは具体的に何をするんですか?

仮説を立てて検証するとは具体的に何をするんですか? 例えば「女子高の近くにお洒落なCafeがあれば流行るかもしれない。
駅前にはマクドナルドとコンビニしないぞ」という仮説を立てたら検証とは 直接その女子高の学生に聞き込み、リサーチをすることですか?教えてください補足回答ありがとうございます。
女子高の近くにcafeが流行るで仮説→検証をやるとしたらどんな感じになりますか?

下から目線な質問ですネェ市場性の創生はユーザーのニーズの少し上、先を提供しなければなりませんまずは簡単なところから 近隣成功事例店舗の検証と出店地域とのマッチィング検証から女子高生の尻を追いかけていては 論外振り向かせる戦略つくりから・・・しかしカフェに単価の安い女子高生 まともな客筋は 五月蝿くてまず来ないでしょうねよって その仮説とは 全く成り立ちませんよ・・・

何だよ
しばくって?
どこの言葉?
これでは、仮説にはなっていないです。
特に、駅前には・・・・のくだりがいけませんね。>

ネットショップの買い取りについて、みんさんどう思います?古本市場とブックオフ...

ネットショップの買い取りについて、みんさんどう思います?古本市場とブックオフの買い取りを比べてみたら古本市場の買い取りの安さに驚いた。
ブックオフの買い取りが1800円なのに古本市場は500円よ。
なんなのこの差は。
ぼったくってんのかな?あまりの価格の差に売るのをやめたよ。
リサーチって大事だね~。
今までに酷い買い取りがあった人がいたら教えてください。
ゲームでもCDでも参考にさせていただきますから。

ぼったくりとは言葉が悪い。
いくらで買い取るかはそのお店の自由だと思うし、今回たまたま古本市場のほうが査定が安かっただけだと思います。
他の商品で比較したら逆転することもあるかもしれません。
別に私は古本市場の関係者ではありませんが。
ただ、総じて買取価格の安い店であれば、利用しなければ良いだけのことです。
売りでなく買いの時も同じ。
価格の高い店で買おうと思う人は少ないってことです。

-市場リサーチ

© 2020 給付金とかで結構ウハウハごめんなさい