投資信託

投資信託について。親が投資信託しています。封書とハガキが来る時は...投資信託

投資信託って廃れていってますか?今の主流ではないのでしょうか?

投資信託って廃れていってますか?今の主流ではないのでしょうか?

世界的にはアクティブ運用の投資信託から、インデックス運用の投信へ資産が流入していますから、インデックス運用に限れば廃れると言ったことはないかと。

すいません。一つ質問させてください。アクティブ運用はなぜ避けられているのですか?株初心者でNISAにてアクティブ・インデックス・好みの株で購入を考えています。この3本の購入はおかしいでしょうか?いろいろ質問してすいません。>うーん、自分はファンドはしないですね。。。なんか好きじゃない。。。>

投資信託で、解約(売)をする時に、

投資信託で、解約(売)をする時に、例えば10日のAM9時に解約発注した場合、発注時点の値段(前日、9日の15時に決定)になるのか?10日の15時の値段になるのか?どちらになるのでしょうか?

当日決定される基準価格で約定されます。
つまり10日の約定であれば10日の夜間に更新される価格です。

ありがとうございます
次の日に値段が分かる仕組みなんですね。
難しい>

投資信託について。

投資信託について。
投資信託を始めようか悩んでます。
でも全く何をしていいのかわかりません。
まず何をするべきですか?投資信託などを教えてくれる勉強会などはありませんか?アドバイスお願いします。

悩むことは無いですしなければいいだけ投資は減らす無くすリスクを背負います安易に儲かると考えるアホが多いのか無作為に始める人もいますが今や誰でもスマホを持つ時代少し検索して学習すれば投資信託とは何かぐらいは分かりますその上でどんな投資の仕方やリスクの抑え方など人の意見として聞くのであればそれも一つの方法だとは思いますそれを放棄して質問をされる人は投資なんてしない方がいい高確率で損をします勉強会なんて買わせることが目的なような集まりになるので偏った都合のいい話しかされない投資信託なんて運営する側が全くリスクを背負わずに蚊やノミのように血を吸い続ける為にあるような商品自身で見極めて買い方など考えないとリタ-ンの少ないハイリスクな商品になりかねないまず、自身で検索して学習しましょう

お金を増やしていきたいと思っても、銀行預金など金利が低いのでなかなか増えてくれませんよね。
一方、投資信託は、上手に利用することで効率よく増やすことが可能です。
といっても投資なので、分からずに始めてしまうというのは、ためらってしまいますよね。
勉強会やセミナーは、銀行や証券会社で開催しているところもありますよ。
投資信託がどういうものか、しくみを学ぶことができます。
ただ1つ注意点があります。
窓口のある金融機関が開催しているセミナーは、コストが高い商品の取り扱いが多いです。
最終的には、その金融機関が取り扱う商品ラインナップを目にすることになると思います。
それらの商品を見た時に、手数料の高いものが多いということです。
なぜだと思いますか?
そのような金融機関があるビルは、立地の良いところに建ってたりしますよね。
そのオフィス賃料や従業員の給料を毎月払っていかなければなりません。
そのお金をどこから回収するかというと、お客さんからもらう手数料ということになります。
でも、これが悪いということではありません。
ビジネスとして運営していくためには仕方のないことなのです。
ただ、私たち側からすれば、引かれる手数料が低ければ低いほど、資産は増えてくれる、ということになります。
それが可能になるのが、ネット証券です。
では、ネット証券をどのように活用していけばよいのか?
こちらに分かりやすくまとめていますよ。^^
「初心者の方が効率よく増やす投資信託の活用法」
fp-onizuka.com/mailmagazine>投資信託の、セミナーは日本証券業協会が無料でネットにて動画を配信しています。www.jsda.or.jp/manabu/trust/>勉強会なんて言っても無駄です。下記サイトを3回読めば、だいたいのことが理解できますよ。noload.558110.info/growrichslowly.net/comparison-of-sp500-etfs/>口座がある銀行か証券会社に行って聞いてみてください。>

投資について。

投資について。
最近idecoや積立NISA、投資信託など投資が流行ってますが、よくわからないです。
主婦で最近生まれた子供の学資保険の代わりに利率が高い貯蓄ができればと思いますが、サイト等を見てもしっかり理解できません。
わかりやすく説明出来る方、教えてください。

まぁ「ワザと素人にはわかりにくくしている」んでしょうねぇ。
積立NISA・・・・基本的にねずみ講と同じ仕組み。
NISAとは本来金融庁の決めた制度で、年間120万までの投資利益は非課税にするという意味。
ただしそんな人は存在しない。
=========================積立NISAの仕組み・顧客に上手い話を持ちかけ口座を作らせる・少額で良いと毎月数千円から数万円を入金させる・入金した金は5年間引き出せない。
・集めた資金は銀行→ファンド→ヘッジファンド→投資家へ渡る・資金を株や為替で運用して儲ける(信託報酬は高額)・各ところで手数料を分捕る・残った僅かな金を「利益出ました」とうそぶく。
・投資額を増やすか口座を増やせと何度も勧誘・5年後、元本割れしても自己責任です。
(なんじゃそれ?)===========================Idecoは確定拠出年金のこと。
やり口は積立NISAと同じ。
===========================確実に安全で、元本は残り、シンプルで増やせる投資・ネット証券会社で口座をつくり、有名銘柄株を買っておく。
これが貯金代わりになる。
優待ももらえるので、お小遣いにもなる。
・国債を買う。
1年債、5年債、10年債とあるので、金額は自由で1年債でも年2回利息がつく。
1年債は1年後、5年債は5年後に元本が全額戻される。
税金は利息から引かれるが、利回りは低いが手元に必ず残る。
個人向け国債は最低金利として0.05%が保証されており、国は国債を買い取らないことは絶対にない。
しかも、1万でも5万でも構わない。
(国債はいくら投資するのも自由)・外国債を買う利回りが良い。
口数に制限があるが、買えるなら買ったほうが得。
大概、銀行などは国債は儲からないので買わせてくれませんが、ゆうちょ銀行に申し込めば、日本国債は誰でも買えます。
リスク完全ゼロです。
・個人年金保険生命保険会社で、個人年金だけ契約する。
いくつでも契約できる。
しかも利回りが良い。
もちろん解約しても完全な積立なので、全額戻る。
お薦めは日本生命。
ただし絶対に生命保険には入るな。
以上ですね。
金融機関が強く勧める投資商品ほど悪質なものはないです。
NISAは無視してください。
殆ど詐欺です。

何が分からないか説明してくれ。そんな思考停止していてはどうしようもない。>

投資信託について質問します。
毎月分配型投資信託って損するでしょうか?また、日...

投資信託について質問します。
毎月分配型投資信託って損するでしょうか?また、日本株アルファカルテットを保有してますが、この銘柄は、これからは、どうなりますか?何か、アドバイスあれば教えてください。

毎月分配型投信の仕組みが理解できれば買う気が失せると思いますよ。
基準価額の算出方法と分配金の仕組みを調べるといいですよ。
アルファカルテットは長期で持つほど運用効率が悪い商品だと思いますよ。

>毎月分配型投資信託って損するでしょうか?当たり前に、損をします。毎月分配型は購入手数料が3%程度、信託報酬が2%前後と、異常に高い手数料になっています。業者側(銀行&証券会社)が儲かり、顧客は損をする金融商品です。金融庁は毎月分配型ファンドは「買ってはいけない」と警告しています。>日本株アルファカルテットを保有してますが、この銘柄は、これからは、どうなりますか?何か、アドバイスあれば・・・ 「日本株アルファカルテット(毎月分配型)」は、歴史に残るキチガイ投資信託として有名です。購入したのは、投資のイロハも知らないカモ投資家ばかりでした。当該ファンドは日本株がかなり上昇しない限り、償還期限(2024年3月)を待たずして基準価格がゼロになります。(実際には、分配金を減額して生き残らせますが)ハッキリ申し上げて、こんなキチガイファンドを買ったことは恥ずかしくて口外できません。大至急、解約されてください。次回に投資信託を買うときは・・・購入手数料は無料、信託報酬は0.3%未満のファンドを買うように。investmenttrust.biz/nihonkabu-alfaquartet1.html>毎月分配型だから損をするわけではないですが、しくみが得をしにくくなっています。複利のパワーがかなり小さくなるからです。将来のことは誰にも分かりません。ただ、アベノミクスの恩恵を受けきれていないのは商品との相性のせいです。カンタンに言うと株の値上がり益はほとんどいらないですと言う代わりに固定収益をもらうような商品体系になっているのが主な原因です。かなりの値上がりが期待できないと持っていても意味はないと思いますよ。あくまで投資は自己責任でお願いします。>

投資信託とはどのようなものか簡単に教えてください。

投資信託とはどのようなものか簡単に教えてください。
よく「投資信託で損をする」という話がありますが、少々分配金が下がってもそのまま貰っておけばいつかは元を取れるイメージがあります。
実際には貰える期間が決まってたりするのでしょうか?それとも分配金が下がり過ぎて「一生かかっても取り返せないぞ」って意味合いなのでしょうか?個人的には投資信託をするつもりはないのですが、家族でしてる者が居たのでどんなものか気になりました。

その昔・・・と言うか、今でのまだまだ問題は発生しているのですが、毎月分配型という形式の投信がありますこれは、その名の通り、その投信を保有していると毎月分配金が貰えるタイプの投信です営業マンの営業トークでは、毎月お小遣いが手に入る、みたいな言いぶりでお得ですよ、良いですよ、っていうので買わせるわけですが、この分配金は、別にどっかから降ったり湧いたりしてくるわけではありません例えば最初に100万円分買ったとすると、仮に毎月1万円の分配金があれば、基準価格が102万円に増えていたら101万円に評価額が減るだけですが、100万円のまま横這いなら99万円になりますこれが横ばいのままずっと続くとどうなるでしょうか?そうです、結局は、自分が投資した元本が単に毎月払い戻されているだけなので、お得でも何でも無く、むしろ手数料分も差し引かれて損なのですそれに、投信は、買い付け時には買付手数料、持ってるだけでも各種手数料、解約時には信託財産留保額という手数料が発生しますファンドが極めて優秀ならばそういった手数料を全て差し引いても有り余るくらいに基準価格は上がりますが、そういう投信はごく一部ですそして、悪名高い「グローバルソブリン」投資対象が債券なのですが、これにやられて元本が半分になったという人も多数現れましたはっきり言いますと、投信でも何でも、正しい銘柄を正しいタイミングに正しい数量を買い付ければ確実に儲かります一応、投信の運用者は一応にも、一応はプロですからねしかし、毎月分配型やら基準価格が上がっていないといけないタイミングに下がってる投信、無駄に手数料が高い投信など、世の中には、顧客からの手数料だけが目的な、買い付ける価値の無いゴミクソ投信がいくらでもありますこれを危惧して以前金融庁が運用各社にその指針を明示した経緯もありますが、あまり浸透しきっていないですね・・・損してしまうのは、営業マンの口車に乗せられてそういう無能投信を買ってしまうのが最大の原因です

毎月や隔月分配するような 投資信託は、損する場合が多いです。
多くのそのような投資信託は、まず買う時に2.5-4.0%くらいの販売手数料を引かれます。それに 毎年信託報酬を1.5-2.0%くらい日割りで必ず引かれます。
今は販売手数料ゼロ 0.4%以下の低信託報酬の、投資信託が沢山あります。これだけでも かなり不利なのに、通常元本を取り崩して 過剰に分配します。どんどん元本が減って 多少利益の%が上がっても、元本が減っているので 利益の絶対額は大きくなりません。
その内に 分配金を減らしたり ゼロにしたり、あまり資産総額が減ると、損失をかかえたまま 繰り上げ償還します。
リーマンショック直後の暴落した時に買ったとか、そう言う状況でない限り 下記のようになる場合が 多いです。
購入金額 > 分配金累計+解約時の総額
また 儲かった場合でも、複利効果と課税繰り延べ効果を損なうので、同じ利益率なら 必ず下記のようになります。
分配しない投資信託の解約総額 > 分配する投資信託の解約総額>ファンドマネージャーが運用してそれに投資して分配をもらう。あの、グローバルソブリンでもうまく儲けさせてもらいました。現在も株で儲けたお金を海外の株式投資信託をしてます。買い付けの手数料はネットからだと無料ですしね。>下記サイトを読んで下さい。www.nikkei.com/article/DGXMZO25735580W8A110C1000000/毎月分配型投資信託は「買ってはいけない」金融商品の筆頭です!分配金は大半が元本の取り崩しですから、ご自分の預金を取り崩すのと同じですよ。>どうしてこんな単純なことが分からないのかが分からん
1万円を何も無く毎月1000円として10カ月でゼロ
なんの損もしません
景気のいい時は上がる訳です株や土地などが!
景気がいい時に上がる運用であれば当然に下がればどうなるかぐらいは想像が出来るはず
頭の悪い人は景気のいいピ-クに近いところで一括購入されるアホがいます
景気が悪化すればどうなるでしょう
株価は下がり土地も下がる
株の配当なども減る可能性が高い
1万円だったのが価値がさがり9000円、8000円・・・・なる訳です
そんな中で配当を出せば想像が出来るはず
極端な例ですけど
下がる時に利回りが上回るなんてことは無い
投資信託は安い時に買い高くなって売るか長期で買い平均化してそれ以上で売ることが一般的
日本人は馬鹿なのか?
それを理解しようとせずに始める
10数年前に銀行の勧めで証券会社の説明会に参加したが、どうして、運用の仕方が多分配なんだと聞いたら周りで聞いていたアホがそんなことはどうでもいいと言う始末
呆れて直ぐに出て行った
オレオレ詐欺に引っかかって当然の馬鹿ばっかり
疑う、疑問に思わないのが日本人
平和ボケなんだろうね>手数料などを引かれるんですよ。
信託報酬やら売買手数料やら、口座管理費なんてのもあったりします。
儲けがそうした手数料を上回らないと、マイナスになります。>

投資信託について。
親が投資信託しています。
封書とハガキが来る時はドサッと来る...

投資信託について。
親が投資信託しています。
封書とハガキが来る時はドサッと来るのですが、封書とハガキでは何が違うのですか?また、株やFXよりリスクが少ないと聞きましたが、儲かるのですか?封書やらハガキやらが来ると、両親が嬉しそうにパソコンをのぞいています。

封書とハガキというだけではなんとも回答しずらい封書で半年ごとにとどくなら決算資料ですしハガキで決算による配当の通知もくるかもしれないですハガキが不定期にとどくなら 取引の都度 届く 取引報告書などがあります株やFXよりリスクが少ないと聞きましたが、儲かるのですか リスクは少ないですが もうかるとは限らないのが投資です。
ただ 安倍政権になって右肩上がりでしょうから今は儲かっていると思いますよ

-投資信託

© 2020 給付金とかで結構ウハウハごめんなさい