市場リサーチ

ネットショップを開店しようと考えています。ある程度のコンセプトは...市場リサーチ

今でこそインターネットで情報収集が出来ますけど、インターネットが登場する前、...

今でこそインターネットで情報収集が出来ますけど、インターネットが登場する前、企業は、市場(消費者)がどんな商品が求めているのかとか、どうやって調べていたんですか。

インターネットは本当に便利ですよね。
この辺りは電通などの広告代理店やリサーチ会社が得意としていた分野ですね。
おもに電話です。
中には街頭調査や文書(DM等)によるアンケート調査もありましたね。
余談ですがそう言った調査には数千万掛かっていたと聞いています。

タコの美味しい季節は真夏とされているのは何故ですか?

タコの美味しい季節は真夏とされているのは何故ですか?

夏頃に産卵するため栄養が少なくなり逆に柔らかく美味しくなるのだそうです。
(リサーチの二番煎じですが・・・)意外なのは蟹です。
10月から解禁で市場に出回るのですが夏に脱皮や食欲旺盛で卵もまだ先なので栄養が乗り小ぶりですが身は美味しいそうです。
でも日本は解禁待たないといけないですし海外は大きい身が日本向けにも加工向けにも好評なのでやはり10月過ぎの漁となるようですね。

日本商工リサーチという会社について質問です。

日本商工リサーチという会社について質問です。
大阪に住む弟が、日本商工リサーチという会社に就職をしたそうです。
名前を聞いたとき、""その会社何か聞いたことがある気がするなぁ""と思っていたんですが、その疑問の原因がわかりません。
正直不仲なのですが、やはり弟の就職先ということもありなんとなく気になっているので、どのようなことをしている会社なのか教えていただけますか?

こんにちは。
日本商工リサーチは、大阪に本社を置く情報サービス企業ですね。
銀座と名古屋に支社があるそうで、主な業務内容は・企業信用調査・市場調査・テレホン企業調査・国外企業調査・総合コンサルティング業とのことです。
インターネット関連事業もちょこっとおこなっているようですが、やはり調査業務が主のようですね。
ホームページをご覧になってみてください。
何か聞いたことがある気がする、というのはよくわかりませんが...。
(勤め先に電話がかかってきたとか?)弟さんの就職先ということですが、きちんとした会社だと思いますので安心して良いかと思います。
それにしても不仲なのに気になるなんて、微笑ましいです。
せっかく血を分けた兄弟ですので、これを機に仲良くしてみてくださいね。

会議で使う資料について

会議で使う資料について営業の受注・売上について①年間計画②月次計画③実績などの数字を営業マンが各人、エクセル表に入れて月に1~2回会議で打合せに使っております。
ただ、毎回毎回、数字がきちんと入っていなくて誰かが入れなおしている時間があります。
こんな会議で半日もかかっているのってとても疑問です。
私は電話番の名目でもう会議には参加していませんが・・・リーダーに責任感や尊敬の念を感じられないこともあるのですが働く人は働くんだけどダメなのはダメだ・・・という営業所です。
みんな仲良くしてたらいいじゃん、っていうゆるさを日々感じられて結構いらだちます。
やる気のない営業所って、もう腐っていくしかないでしょうか。
転職を考えていろいろ勉強したり資格を取ってはいるのですが。
ひとまず、「皆さんの会社では会議で営業の数字を話し合うのにどういう資料を用意されていますか?」という疑問です。
補足みなさん、たくさんのご意見いただきまして有難うございます。
大変参考になり、励みにもなりました。
そうです、私も日々感じていたのは「事務作業は事務にやらせた方が正確じゃないか」ということです。
営業マンにやらせても効率が悪いのです。
なんでやらせてるのか・・・自分の数字を把握して危機感をもたせたいのかもしれませんがまるで意味ない様子に見えますね。
こんなにやる気ない人間連れてきちゃって笑っちゃいますね。

私の以前勤めていた職場も同じです。
そもそも営業の数字ってみんなで相談して決めるもの?という疑問があります。
会社の経理面の整理をしたら、自ずと必要な目標額が出るような気がしますし、前年度の実績や市場リサーチから個々の目標額も設定できるはず。
これを営業所長が会議で発表してみんなの承諾を得ればいいと思うのですが・・・これらの情報管理ができないトップだと「みんなで話し合いましょう」みたいになるのだと思います。

会議なんて基本的に無駄だと思います。
ただ、状況は皆のレベルを統一しておかなければ
ならないので、会議と言う名の状況報告で十分です。
月次計画、前月の総括、今月の目標(予定)程度で
十分でしょう。
誰かが発言したことに、疑問を感じて質問する人が
いれば、充実した会議になります。
又、仲良し会社は成長しません。>同じようなものですね
前の会社では 営業マンの実績を事務員(私)が 会議資料として作成していました
売上金額実績比較表 利益金額実績比較表 私は会議に出ていましたが 毎回毎回同じ言い訳(笑) 同じ見通し.....
「意味ないじゃん」と 思っていました
営業とは言え 売り先からの注文を事務員が発注し ただの配達のおじさんという名の 営業さんもいました
まぁ結果吸収合併...事業所人員縮小 2年後営業所閉鎖になりました....
営業所トップの考え方もありますが 長年ぬるま湯状態で来ていたおじさんは 「別に 売上あげたって給料上がるわけじゃないし」と 平気でのたまっておりました
同じような気持ちの所長が本社に転勤させられ 配達のおじさんも本社に転勤させられ(この二人ががんだった) 利益率が上がったのですが 吸収合併した会社の思惑が大きく 閉鎖となりました
質問者さんの会社は こういう状況はありますか?
該当者(営業所の人)たちには 秘密裏に 動きますので 「えっ?」と思った時には 3か月後事務所閉鎖.....の準備が整っていました
転職も視野に入れて色々勉強したり資格を取っていくことは とても良いことです>月次資料は得意先別 日次毎になっているのでしょうか それを営業マンが打ち込んで その月次資料を別の表に打ち込むのであれば その仕事は通常事務スタッフになりますね 月次 年次資料は全社的な資料なので 本社会議などに使用するので間違っていてはいけませんね でも日次資料は入力ミスなどがあっても所内で修正できるので問題はないですね これを同じ人がやると間違いも気付かず効率も悪いですね 営業本来の仕事を効率よくこなすにはこの方法がいいと思いますが もし事務スタッフもいない営業所ならば 顧客数も多くなくそれぞれが処理できるレベルではないかと思いますが・・・・>

インターバンクさんや証券会社さんはそれぞれチャートは

インターバンクさんや証券会社さんはそれぞれチャートは違うものを使用しているのでしょうか?それぞれ違うチャートで日足ベースでトレンドラインや水平線を引くとかなりズレがあるような気がするのですが大半はMT4を使っていたりするのでしょうか?

リサーチしたわけではないので推測にすぎないのですが、会社によってというより、取引部門によって、チャートなども異なるのではないでしょうか。
というのも、外国為替(インターバンク)市場では、①ボイスブローカー経由、②電子ブローキングシステム利用、③電子トレーディングシステム利用、④その他(電話など)という主に4つのルートで取引されていて、ルートによってレートの水準や桁数(108.50~52=小数点以下第二位までと、108.510~515=同第三位まで、がある)、スプレッド(売値と買値の差)がすべて異なるからです。
同じ時刻に複数のレートが存在しているのですから、全セクション同じチャートにはならないですよね。
なので、チャートの表示やその使い方も、個人とプロの世界の人とでは、かなり違うのではないでしょうか。
ご参考になれば幸いです。

建売住宅で売れ残りってみたことないのですが、やっぱり建売は人気なんですかね?

建売住宅で売れ残りってみたことないのですが、やっぱり建売は人気なんですかね?

建売住宅は、通常一団の土地に数棟建築しますが、その分1棟当たりが安く建築出来るので、お手ごろ感が生じて人気となるケースが多いようです。
それと、販売業者も、長期間売れなくて「さらし物件」になるのを避ける為、念入りに市場リサーチを行い、売れ行きが悪ければ、指値に応じたり、柔軟に価格を見直しているので、一層「売れ残りが少ない」という印象をもたれるのでしょうね。

自分のペースで進められる仕事ってどういうものがありますか?

自分のペースで進められる仕事ってどういうものがありますか?出来たら残業も少ないと良いんですが…締切や時間に追われる仕事内容に疲れて来てしまいました(+_+)

考え方は二つあり、①お客さんとばりばりやりとりすることがない仕事(客に振り回されず進められる)、②いちいち上司に確認せずとも一人で遂行出来てしまう仕事、です。
①、②を両方充足するものは、教員、研究職(理系ばかりでなく市場リサーチなどの文系職も含む)などが私の知る限りでは該当します。
総務系もいいでしょうが、たいてい上司報告を強要され、うざい所が多いと思います。

大塚家具が赤字らしいですけど匠大塚の業績はどうでしょうか?

大塚家具が赤字らしいですけど匠大塚の業績はどうでしょうか?こりゃCEOのジョブズが自分の作った会社を追われるのと良く似てますね。
結局アップルは赤字になり潰れそうになった時にジョブズが戻ってきて息を吹き返しましたが、大塚前社長も戻ってきてと言われて復帰する事はあるのでしょうか?その場合、ピクサーの存在のような後から会社を作った「匠大塚」は大塚家具に吸収される可能性はありますね。

2016年7月に埼玉県春日部市に 大塚家具がオープンしましたけれど 以外に売り上げも期待外れで 親父と娘のお家騒動で、いたずらに時間が過ぎたような感じです。
日本製にこだわる親父の考えとローコストプライスで提供したい娘の考えだけでいたずらに時間が過ぎたこと。
市場の販売リサーチを知らないまま 親父と、娘の経営反論だけで時間が経過したことでしょう。
お客さんの考えを聞かずに 親父と、娘のバトルのそれだけでやっていたのですから。
30年前のやり方で30年後もやっていても大きく社会情勢が変化していることに気づかなかったのと思います。
和ダンスなんて家に置く人1970年代と比べたらいないと思います。
私は両親が和ダンスブームで育っていた世代の子供です。
1970年代より前は、祖母も一部屋に和ダンスがあるのが当たり前の時代だった。
今は部屋にパソコンがあってプリンターがあってという時代なんです。
税金が上がらなければ 大塚家具は売れたかもしれないけれどね。
土地の価格は1986年には、バブルに上がりましたから 一戸建ての家は小さくなりました。
1立方メートルの土地の価格が、1985年当時の5倍の値上げですね。
世間知らずは困ります。
アップルは、同じものを中国や韓国、日本でも同じものを大量に生産をした結果アップルをつぶしてしまったようなものですね。

日本商工リサーチという会社は信用調査を実施しているようですが、信用能力という...

日本商工リサーチという会社は信用調査を実施しているようですが、信用能力というのは銀行をはじめとする金融機関でないとわからない機密情報を含んでいるのではないでしょうか。
どうやって調査を実施しているのでしょうか。
また調査を実施することができたとして、電話調査や市場調査といったレベルではあくまでも噂のレベルだったり、そういうふうに見えるといった外見からの状況判断になってしまうのではないでしょうか。
そのため信憑性にかけるのではないかと思いますが、会社として成立するための調査のノウハウや方法はどこから手に入れているのでしょうか。
第三者機関に依頼して結果だけをレポートしているというのであれば、より信憑性にかけると思うのですが。

日本商工リサーチでは登記に掲載されている情報だけでなく、系列や業界地位、将来性や経営者の学歴、出身地、趣味、従業員の平均給料や平均勤続年数、生産能力や所有機械、不動産の権利関係や仕入れ先、売上額、仕入れや販売先の見解まで幅広く調査しています。
もちろん金融状態や営業状況についても詳しく調査します。
調査方法は非公開ですが信憑性や信頼性に欠ける情報を提供するようなら企業として成立しませんよね。

日本商工リサーチはもともと新製品開発にかかわる調査や販売促進のための計画を立てるための事前調査、広告や流通、地域性の調査や地域購買力の調査など企業そのものの調査よりも経営のための重要な調査を任されています。
企業の成長性と収益力のもとになる調査を任され、
需要や販売予測、事業計画などの難しい調査と報告を実施しているのですから、
企業のオーナーに関する細かい事項は当然調べがつくでしょう。>海外の調査機関も利用しているようですよ。
国外企業の調査もできるくらいですから、国内企業の調査なんて軽々とできてしまうのではないでしょうか。
専門調査で正確性を評価されて企業として成功しているわけですから、内容のほうが調査方法よりも重視されてしかるべきです。>わが社にも時々商工リサーチから調査依頼があったので協力してくださいと電話があります
調査員がやってきて、主要取引先、主要取引銀行などを尋ねて帰ります
当然ながらマル秘データは教えません
建設会社ですが、信用調査は参考程度に利用
目に見える問題がない限り、それなりの規模の会社の信用調査はほとんどがCランク(中程度)、新しい会社はDランクかな
課長の話だと、昔ある会社から工事の引き合いがあり、調査かけたら結果はCランク
見積りに参加したけど値段合わなくてボツ
半年後、その会社は日本中が大騒ぎになる詐偽事件を起こし、経営者はマスコミの目の前で銃殺された
もし契約してたらと思うとゾッとする
課長の口癖
20年以上前ですが、私も設計事務所からある会社がコンビニの建設を計画していると紹介され
商工リサーチに調査を依頼した
報告書はCランクで○○市内に賃貸マンション、賃貸ビル、コンビニ3件を所有している
将来性は有望とあった
自分で調べたら電話帳にはその会社の経営するコンビニが6件記載されていた
法務局で調べたら全てのビル、店舗に銀行の抵当権が設定されていた
それほど大きな借入ではないのに、十数年残っている借金もあった
商工リサーチに電話して、電話帳に載ってる情報すらない調査結果に代金は払えないとクレームつけたら、契約社員に依頼して調査している
商工リサーチは内容は関知していないとね回答にぶち切れました
料金は高いけど帝国データバンクに変えたのでその後は知らない>

ネットショップを開店しようと考えています。
ある程度のコンセプトは出来上がって...

ネットショップを開店しようと考えています。
ある程度のコンセプトは出来上がっているのですが、運営方法や、商品の仕入れ方法、市場のリサーチ方法など教えていただけるとありがたいです。
コンセプトは、安全、安心の生活雑貨です。
ターゲットは、やはり食や生活の安全、安心にこだわる方。
となると富裕層の主婦がターゲットになるかと思います。
ですが、ビジネスは素人で、パソコンはワード、エクセル(POPなどを作るのみ)で、インターネットは、ホームページを閲覧したり、ネットショップで買い物をしたりするぐらいです。
ネットショップに関する本を買って、今勉強しておりますが、勉強する中で、やはり、一番難しいのが、商品の仕入れ方法、次に、市場の調査、商品や顧客の管理なのかなぁと認識いたしました。
そこで、今現在ネットショップをやられている方が一番ありがたいですけれでも、商売はネットでもリアルでも一緒だと思うので、ビジネスをおやりになっている方、是非、良いアドバイスをいただけたら大変ありがたいです。
尚、ホームページを作成しなければ何事も始まらないと思うので、今現在パソコンスクールにも通うか迷っております。
と言いますのも、商売は投資も必要なのですが、それほど資金があるわけではないので、もし、パソコンスクールに通わなくても済むのであれば、その分、商品を仕入れたり、開店資金にしていきたいと考えております。
むしろ通わないでホームページを作って運営されている方がいらっしゃいましたら、是非アドバイス頂きたいと思います。
又、開店資金はいくらぐらいかかったかも、差し支えなければ教えていただけると嬉しいです。

月いくら売るかによります。
生活雑貨なら、月の最低必要な売り上げは150万円。
仕入れは月75万は必要です。
経費は75万円です。
これでも会社に残る金は0です。
これなら素人で給料は20万くらいは取れます。
それくらいないと生活できないでしょ。
月に1000万位売っても利益は200万円もありません。
楽天だったらアクセス使えないと無理です。
エクセルだけじゃ駄目です。
習いに行くほどじゃありませんが、使い方の本がダイソーに売っていました。
ヤフーショッピングがいいんじゃないでしょうか?ビッターズも携帯ユーザーがお客さんなので意外と売れます。
楽天だとオークションと、ショッピングがセットなのでお得ですが、スキル的に無理なので、ヤフーショッピングのほうが良いと思いますよ。
自社のホームページの場合売れ出すまでに時間が必要です。
なのである程度の資金が必要です。
まともに稼ごうと思ったら開業資金は500万円くらいないと、後々厳しいと思います。
ショッピングサイトの開店だけなら100万円くらいあればどれでも1個なら出来るんじゃないでしょうか?現在以上のサイトの管理と構築、実店舗を現在1人でやって、+ネットショップ5店舗を従業員に任せてやってもらっています。
商材を見ていないので100%ではありませんが数字で言うとたぶんそんなもんです。

コンセプトとともに必要なのが事業戦略です。
>ターゲットは、やはり食や生活の安全、安心にこだわる方。となると富裕層の主婦がターゲットになるかと思います。
本当にそうですか?間違いないですか?絶対にそうだと言い切れますか?根拠はどこにありますか?
と、聞かれて明確に何らかの根拠を元に答えられますか?
もしできなければ、ターゲットも見直す必要があるでしょう。
市場リサーチは、3C分析してSWOT分析をしてSTPを行い、4Pを構築し、KBF(KeyBuyingFactor)を割り出す、というのが一般的です。
※全部マーケティング用語ですので、検索すれば意味は出てきます。
こういうことをやって、本当に勝算があるのか?あるとすればどうすれば勝てる(儲かる)のか?
という戦略を立てましょう。
仕入れはSWOTや4Pのところで出てくるでしょうが、制作ができるかどうかなんてこれが全て終わってからの話。
ただ、パソコンスクールなんて通わなくていいでしょう。
ショッピングモールはいくらでもあるし、制作会社に頼むという手もあります。(これも事業戦略の中で策定することです)
パソコンスクールに通うくらいなら、ビジネススクールに通ってマーケティングの勉強をするほうが役立ちますよ。
ネットショップというと、どうしてもサイト運営(SEOや広告、メルマガとかアクセス解析など)のテクニックに走りがちですが、その前にしっかりと事業戦略を練らないと意味がありません。
まずはここからです。>一番難しい事が商品の調達(仕入)であるとわかっているなら
商品確保が先決でしょう。
いくら立派なショップを作って検索順位を上げようと
売る商品が無ければ商売になりませんから。
まずは売るものを確保しないとショップ構築も何もないと思います。
通常は売るものがあるから販路としてショップを開くというのが一般的です。
ショップをやるために商品を確保しようというのでは難しいと思います。
これだけネットショップが増えれば、他では手に入らないものか
他より安いもののどちらかで無いと難しいでしょう。
安いものは大手の大量仕入れには太刀打ちできません。
他では手に入らない物は当然ですが入手は難しい物でしょう。
ネットショップはあくまで商売の一手段でしかありません。>webデザイナーとseoをしています。
外注仕事として、以前アパレル屋さんで数年間ネットショップの運営を任されていました。
楽天とヤフーショッピングとビッダーズとヤフオクです。
もし質問者さんが独自のサイトを一から作って販売しようと考えているなら、かなりリスキーです。おすすめしません。
サイトは作ろうと努力すれば作れますし(あくまで作るだけなら、お客様を安心させるレベルとなると相当の努力が必要)、外注に出してもいいでしょう(ただこれも費用がかさむ)
完成したとしても、まず人を呼ぶのが至難の業です。
例えば食品として、無農薬野菜を売るとして、無農薬野菜で検索して上位に来なければ人は来ません。
上位表示できなければ独自サイトで集客は望めません。
経験から言うなら、楽天がいいでしょう。
サイト運営の際、楽天本社で担当者といろいろはなしましたが、20-40代の日本人の半数とまでは言わなくても4割近くが楽天の会員登録をしています。
楽天なら一番安いプランで確か月3万程度。半年先払いだった気がします。細かく覚えてませんが、ロイヤリティは5パー前後だったと思います。
楽天であれば、写真とって、紹介の文章書ければ、最低限のページは作れます。
ただしこれは素人まるだしの最低限レベルです。
売れるページ作りを考えるなら、モデルショップ(現に繁盛している店)を手本に勉強するしかありません。画像の作り方、キーワードの選び方など。
あとは物流というか、発送の手間と送料。これが大きいです。委託して梱包から送料込みで1件500円レベルを考えなくてはいけません。ただしこれは月にある程度件数(月1000件とか)見込めないと引き受けてくれません。
次に価格ですが、競合する他店の商品との価格比較をして、勝算があるかですね。
開店しても次は楽天内での戦いになりますから、価格順か、レビュー数順で上位に来るか、メルマガ・広告で集客するしかありませんが、これがとてつもなくでかい。20社合同広告で1回20-50万とかざらです。
安くないなら相当の付加価値があって、なおかつそれを最大限にアピールしないと売れません。
仕入先を開発したとしても、原価率を40パー以下に抑えないと難しいでしょうね。
まだまだあるのですが・・。
楽天でも出店後1年経過したら、25パーセントは脱落撤退するといわれています。
軽い気持ちではつぶれはせずとも、利益は出ません。
楽天以外ならなおさらというのが現状です。
軸足の収入が安定していて、ネットショップを1年損覚悟で勉強しようというならありだとおもいますが、これに賭けるというならいささか無謀です。
補足
一番いいのはお望みのショップに近いネットショップで2-3年働くのがいいと思います。
ノウハウも仕入れのコネもある程度出来ますから、素人相手に売ってくれるところもあるにはありますが、原価率を考えると論外のところが多いです。
かといって業者に飛込みでは現金問屋以外なかなか対応してくれないでしょう・・。うーん。。>

-市場リサーチ

© 2020 給付金とかで結構ウハウハごめんなさい