市場リサーチ

勤めている会社は 生産管理は、トヨタ方式か、カンバンシステムですか市場リサーチ

Canonって日本の電機企業から外されてません?

Canonって日本の電機企業から外されてません?

abc15294545さん 恐縮です!頓珍漢なカテゴリになっていますヨ!質問は適切な「カテゴリ」で投稿するようになっているのをご存じないのか、うっかりミスなのかはわかりませんが、ここは、【教養と学問、サイエンス】>【言葉、語学】 > 【日本語】のカテゴリで、残念ながら、カテゴリが違います。
あなたのこの質問のどこが、この「言葉、語学>日本語」のカテゴリに該当するのでしょうか?のQ&Aは、日本のサイトですので、原則として質問は日本語で行い、外国語での回答を求められなければ、どのカテゴリでも、日本語で回答されます。
≪日本語で質問するから【日本語】カテゴリ≫ということではなく、≪日本語で回答してもらいたいから【日本語】カテゴリ≫だということでもありません。
中分類が【言葉、語学】になっているように、【日本語】そのものの疑問について質問する場なのです。
『日本語』カテゴリの閲覧中に、関係のない場違いの質問が出てきても、希望するふさわしい回答は得られません。
『日本語』カテゴリで閲覧中の者にとっては目障りなだけです。
「餅は餅屋」ということわざもあるように、【ビジネス、経済とお金】>【企業と経営】>【会社情報、業界市場リサーチ】あたりのカテゴリでに変更するようお薦めします。
※≪過ちては改むるに憚ること勿れ≫投稿済みの質問のカテゴリは、変更ができる仕組みになっていますので、ただちにカテゴリを変更してください。
blogs.yahoo.co.jp/yjchiebukuro_staff/70416421.html上記の変更の操作ができないのでしたら、この投稿をひとまず削除して、上記のカテゴリで投稿し直してください。
質問を投稿されるときは、<カテゴリ一覧>から適切なカテゴリを選んでください。
chiebukuro.yahoo.co.jp/dir/dir_list.php<質問するときのカテゴリの選びかた>で、≪質問を投稿する際に、入力された質問内容から類推して適していると考えられるカテゴリ(候補カテゴリ)を表示します。
≫と書かれていますが、自分で選んだほうが無難です。
detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1295362322...

日本語カテゴリーでキカレテモ>

【日本商工リサーチ】についてお尋ねします。

【日本商工リサーチ】についてお尋ねします。
取引先の企業について独自にリサーチしていたところ、相手先の企業情報を調べてくれるリサーチ会社を見つけました。
ホームページを拝見すると企業新調査、市場調査だけでなくビジネスに関わるあらゆる分野の総合コンサルティングもしているようです。
取引先が海外になるために、独自調査では限界を感じています。
このような企業にリサーチをお願いすることには確かなリターンが見込めるでしょうか?またこうしたリサーチ会社自体を信用することはできますか?これまでリサーチ会社に依頼したことはなく、大事な取引のため慎重に考えています。
利用経験のある方やビジネスコンサルティングの方からの視線でアドバイスをいただけると助かります。

日本商会リサーチとは、関西を中心に全国に展開するリサーチ会社です。
創立から20年近くが経過しており、全国をはじめ最近では海外の企業でもリサーチを行ってくれるようです。
こうした企業は多くありますがほとんどが個人レベルで規模も小さく僅か数年で実働しなくなるパターンが多いはずです。
この会社は実績からも信用に値するのではないでしょうか。

日本商工リサーチは、個人では調べきれない情報(取引先の実績、業務内容、役員の背景)などかなり細かい情報まで調べてくれるようです。
情報は多くなれば、判断材料も増えて逆に正解が分からなくなることもあります。
リサーチ会社なら、入手した情報を基にコンサルティングもしてくれるので依頼してみる価値はあると思いますよ。>インターネットが発達した現代社会では、いつでも膨大な情報を取り入れることができるようになりました。
ところが受け手の側だと必要な情報を最適な時に入手できないと、不必要な時間と労力を消費することになります。
リサーチ会社はノウハウがあるので分かりやすく整理された情報を適時教えてくれます。依頼する価値があるかどうかは、取引の重要性との比較の問題でしょう。>

企業の市場調査結果、またはニーズ調査というものは、リサーチ業者、古いものも含...

企業の市場調査結果、またはニーズ調査というものは、リサーチ業者、古いものも含め一般には公開されてないのですか?

なんで費用投下した企業の所有情報を開示する必要があるのかよくよくお考えくださいませマーケ屋ですが 契約時に基本秘密保持条件は当然付きますのでわれわれから開示する事はありません

焼肉業界について調べています。

焼肉業界について調べています。
市場規模やシェアなどを調べられるサイトなどはありますでしょうか?

ありませんよそれは、リサーチ会社から、有料で得る情報です。

マーケティングについて質問です。

マーケティングについて質問です。
市場調査をし、その結果で陳列の仕方を変えることはマーケティングの内容になりますか?

マーケティングの結果、商品の販売施策を変更する事は、マーチャンダイジングになります。
マーケティングという言葉は、市場を分析し、仮説を立案するまでが仕事です。
たとえば、ABCという三種類の新商品を並べて売る場合に、どの商品をメイン展開にして、売場作りをするかを決めるため、他店の陳列状況をリサーチしたとします。
ここまでの一連の行為は、マーケティングになります。
しかし、具体的に自社の棚割りやフェイシングを決める行為は、マーチャンダイジングになります。

海外飲食チェーンをフランチャイズ運営しているものです。

海外飲食チェーンをフランチャイズ運営しているものです。
テラス席をスタンディングでアルコール提供しようととしておりますが、海外のフランチャイザーより、店先の道路に酔ったお客様がはみ出すかもしれなので、その場合にも法的にテラス営業が継続できる証明を提出せよと言われました。
はみ出すことに注意を促すしか、手はないと思いますが、はみ出すかもしれないので、道路使用許可を取る。
ことも証明になるかと考えております。
何か酔った客が道路にはみ出した場合、注意をすればテラス営業ができるというような証明は取れないでしょうか。
場所は六本木です。
できれば英語での資料があれば助かります。

当方、飲食業経営は未経験ですが、もしも自分がその立場だったらという仮定で調べてみました。
結論としては、> 法的にテラス営業が継続できる証明は、得ることはできません。
屋外客席の許可は、保健所の管轄で、衛生管理に対するものです。
取扱要綱www.city.minato.tokyo.jp/reiki/reiki_honbun/g104RG00001697....第7条にあるとおり、近隣住民等からの苦情がないよう気をつけよ、と注意があるだけで、取扱要綱を守れば営業が保護される、というものではありません。
同じく第7条に「設置場所が公有地等である場合は...占用許可等を受けたものに限る」とあり、道路占用許可・道路使用許可が必要と解せます。
国土交通省道路局 の道を活用した地域活動の円滑化のためのガイドライン www.mlit.go.jp/road/sisaku/senyo/pdf/guide.pdfによると、地域のお祭りなどには積極的に道路使用許可を出すこととあります。
しかし、「特定の者の利害とならないよう」にひっかかります。
上記がクリアできれば、ガイドラインに掲載されている例として、山口県のオープンカフェの道路占用許可条件として、「計画書の内容遵守(清掃美化、閉店時の物件撤去、緊急連絡体制整備、設置状況の定期的な確認) 等」とありますので、「常時従業員がテラスに常駐し、客の安全を監視」とすれば許可は出るかもしれません。
しかし、現実に従業員を常駐は難しいでしょうし(防犯カメラによる監視にするか?)、道路使用許可は警察署長が出すものなので、地域から苦情があれば取り消されるでしょう。
これ以上詳細な情報が必要であれば、私ならば行政書士にお金を払って相談します。
市場リサーチの専門家ではなく、行政手続きの専門家で、飲食店許可の経験が豊富な方であれば、何かアイデアがあるかもしれません。

起業して家事代行サービスをやろうと思っています。

起業して家事代行サービスをやろうと思っています。
いろいろ調べている所なのですが、開業しているところは主に都心部が多く、地方はありません。
FC展開しているところもありますが、独自のやり方でやりたいのでFCは考えておりません。
大手に対抗する訳ではなく、地元密着、低価格がウリでです。
資金、人材は揃っていますが、ここで問題なのは地方でも需要があるかです。
地方でこのようなサービスをやっていらっしゃる方、いかがですか?またこのようなサービスを利用したいと思いますか?ちなみに岐阜県です。

市場のリサーチを行うべきだと思います。
次に損益分岐点(予想)を算出し売上が損益分岐点を上回るか考慮すべきです。
わたしは新商品の売り上げ予想が1億以上で無ければ市場に投入しません。
諸経費がバカになりません。
特に地方ですと、移動に掛かる時間が多く、業務時間が短くなる傾向があります。
単位時間当たりの売上が悪いと結局、損益分岐点を上回る売り上げが立たず、毎月赤になる事が予想できます。
良く考える事をお勧めします。
これは、商売全般に言える事ですが、同業他社との競争は激しいもので商品ラインアップも同業に合わせないと受注はありませんし、なのであえて赤でもラインアップしてる商品もあります。
また、儲かっているからと言っても、将来は分かりませんので、くれぐれも将来を検討して起業すべきと考えます。
わたしの友人(自営)で、得意先からの受注が少なくなり、もうボロボロの人がいます。
一時は、車はベンツ、時計のRoLexでしたが、おれ来月から連絡取れなくなるかも知れないと言っていました。
また、銀行も追加融資に関しては厳しくなっています、年度報告で業績が悪いと分かると追加融資はおろかリスケもしてもらえません「上と相談します」で終わりです。

先日 介護保険絡みで放送していましたが、移動距離などが広範囲なので、経費が合わない と…
介護保険の場合、単価は高そうですが、必要経費が乗せきれないのも有りますが…
フランチャイズじゃないと 広告宣伝費もバカになりませんよ(^_^;
物品売りなら 大手ショッピングモールを入口に出来ますが、HPを作る程度では難しいですね。
そのあたりも試算して考えないと 危険だと思いますよ。>

楽天リサーチ退会後のアンケートについて

楽天リサーチ退会後のアンケートについて楽天リサーチでアンケートに取り組んでいたのですが、面倒になり退会しました。
その後某メーカ独自のアンケートメンバーに当選し惰性で取り組んでいました。
その後某メーカより楽天ポイントの還元がありますとアナウンスがあったのですが、受け取れるのでしょうか?謝礼が欲しくてアンケートに答えていたわけではないので、無理なら無理で諦めます。
ご存知の方いらっしゃったらお教えください。

確実な自信は無いですが、たぶん受け取れます。
ポイントの付与者は、楽天市場ではなく、あくまでアンケート実施企業なので、理屈としては、楽天会員そのものを退会していなければ、リサーチの退会とは関係なく付与される筈です。

中国の企業の市場調査を行っています。

中国の企業の市場調査を行っています。
日本の企業では公開が一般的な、売上の数値等が出ていません。
中国の企業では、公開しないのが普通なのでしょうか?

日本の企業では上場企業のほか帝国データ、東京商工リサーチ等が非上場企業の業績等の概略を出しています。
が企業全体のごく微々たるもので殆どの非上場企業はオープンにしていません。
その必要性がないからです。
中国、アジア、米国、ECでも同じです。
中国の上場企業なら内藤証券辺りが企業概要に詳しいと思います。
なお、私は下記を時々利用しています。
1.Dun & Bradstreet(ダンアンドブラッドストリート)が軸となり全世界で最大となる企業調査会社のネットワーク、D&BWWN(D&B Worldwide Network)が結成されています。
中国には「華夏 D&B China」があります。
2.コンパスは世界最大規模の企業間取引情報提供会社 www.kompass.jp/4beginners/index.html3.Mergent Manual 企業年鑑サービス www.mergentjapan.com/?language=2#--/ct2l

勤めている会社は

勤めている会社は生産管理は、トヨタ方式か、カンバンシステムですか

会社情報、業界市場リサーチなんかすごいカテで質問しているけど意味分かっているのかな?>トヨタ方式か、カンバンシステムこれも分かっていて質問しているのかな?

-市場リサーチ

© 2021 給付金とかで結構ウハウハごめんなさい