会計

会計士を目指そうと思っている27歳です お恥ずかしい話ですが、私は中...会計

管理会計の確認の範囲について

管理会計の確認の範囲について毎月、システムに入れたデータをCSVで落とし、勘定科目どこの費用か集計をして、(支店の)各事業別に損益計算書を作成しています。
あくまでも、月にいくら売上て、何にいくら使ったのか。
それらを報告するための資料です。
・伝票を起票するのは、私ともう一人です。
・本業の部分についは、別のシステムに各課で入力後、データを連動しています。
伝票を起票していたもう一人の先輩が退職し、貸借?なにそれ?みたいな方が後任になりました。
先輩が退職されてから2か月。
起票している伝票の確認をしているのですが、勘定科目で気になる点がいくつかありました。
・1枚の請求書で、代行手数料・消耗品費・補修費等で分けるのを全て補修費にしている。
・一括で(5月に)支払したを自動車税と、新車を購入した時の自動車税の勘定科目が違う。
他にも突っ込みどころ満載なんですが・・・・・・・・何分、経理知識ない&自分で調べることもない&勉強する気もなさそう&自己主張は強めな方です。
・分からない時は、私に聞く。
・1日に何度も同じ人に質問の電話をしている(←メールじゃなくて即電話) ・本人から簿記の本読んで、わかんないから仕事してたら分かるようになるかなぁ~と言われた。
(当方、高校で全商簿記1級までは取ったけど、大学では簿記はやってません。
就職して、支店スタッフになり、本業以外は全て業務範囲です。
そのため、経理業務に必要と思い日商簿記2級をとりました。
それでも知識も足りてないし、実務経験も足りないと日々実感しています。
)システム化が進んで、様々な人が伝票を起票している会社もあるかと思います。
入力時に間違いがあると、データを落として資料を作成しても、動いているお金はともかく、費用の明細は勘定科目等で違ってくるかと思います。
皆さんはどこまで確認されるのでしょうか? ・すべての請求書と上がっている勘定科目や金額・税金等みますか? (自分が処理している分については、確認していますが、他の方が処理している分についてはどう でしょうか?) ・すべて見て、検証しようとすると時間が足りません。
(本業の請求書の内容については請求書の金額と計上額に間違いなければOKと、各課の課長から言われました。
勘定科目は1本なので、内容についは各担当者の責任とのことでした。
)そうはいっても支店経理も担っている以上、支店として出した数字には責任があると思っています。
対外的に気を付けるべき交際費や固定資産等の部分については、必ずみるようにしていますが、消耗品費か補修費か。
通信費かシステム費用かなど経費としては一緒な部分についてはどこまで確認するべきなのでしょうか?こうすれば楽に確認できるよってこともあれば教えて頂ければと思います。
(大学は情報系だったので、簡単なシステムは組めます)

「管理会計」とは何か?何のためにやるのか?この思想が曖昧なのではありませんか?会計ソフトはお使いなのでしょう?細かく管理しないのなら会計ソフトからの出力で十分ではありませんか?システムとか効率良く(楽に)とか言う前に、「何のための管理会計か?」をもう少し検討するのが先ではないのかな?と感じた次第ですが。

ご回答ありがとうございます。
>「管理会計」とは何か?何のためにやるのか?
この思想が曖昧なのではありませんか?
社内での経営判断に必要な資料と認識しています。
経費としては一緒な部分については、何がどの勘定科目か共通の認識があればいいと思います。
会計ソフト・・・上位はSAPで、下位に(給与・各事業・伝票起票等)複数のシステムがありデータを連動させています。
システム入力時点でそもそも計上月や勘定科目が違っていたら?
SAPから出力したものだけ見てても分からないので、
どこまで確認するべきなのか。
確認するにしても時間が足りないので、
何か効率的にできる方法がないかと思ったのですが。。。
>=システムに入れたデータをCSVで落とし・・・・一体何のことなのかさっぱり分からない。理論的なようで非論理的なのです。情報学部出でありながら会計のシステム構成が何であるか分かっていないでしょう。コンピュータ簿記のシステムをつくるのに、インプットデータ・アウトプットデータ・フォーマット(仕訳帳)の勘定科目が分からないでは、システムは組めないでしょう。>その後任の方の教育はしっかりやって頂くとして、どこまで確認するかというと全てです。全て貴方一人でチェックする必要はありませんが、どの伝票も必ずダブルチェックを入れてください。特に、計上日、勘定科目、税区分、金額は財務会計に影響しますので確認して下さい。伝票がノーチェックで財務諸表に流れるとミスが発見できないばかりか横領などの不正の機会を作ることになります。消耗品費か補修費か通信費かシステム費用かこれも付属明細書を作っている場合、区分が重要になるので気を配った方がよいです。作っていなくても管理会計上もこれらの区分は影響ありませんか?システムが得意なら各科目の推移表を作ると増減とかで異常値が分かりますが、それでも伝票は必ず入力者とは別の人のチェックが全件必要です。>

公認会計士試験の勉強をするにあたって、六法を持っている場合、

公認会計士試験の勉強をするにあたって、六法を持っている場合、企業法の法令基準集は購入するべきでしょうか?なお、会計学と租税法と監査論は購入予定です。

企業法の法令基準集はできれば買ってください。
ちなみに会計法規集は会計士試験の論文式試験の勉強をするのには不向きです。
六法を持っているのでそれで普段の答練は受けられるし、各条文の後ろに関連する条文が載っていて便利なんですが、本番で参考資料として配布される法令基準集には載っていません。
恥ずかしい話ですが、私は六法を使ってずっと勉強していて、載っている関連条文を参考にしていました。
しかしながらいざ本番を迎えたら関連条文の記載はなく、かなり焦った覚えがあります。
幸い論証練習のおかげでナビがなくても条文を探せたので良かったですが・・初めのうちは効率的に勉強するために六法のナビを使っても良いと思いますが、そればかりに頼ってしまうと本番で失敗します。
最終的には法令基準集を使った論証ができるようにしたほうが良いと思います。
購入予定のところ申し訳ないですが、会計学の法令基準集は必要ないです。
勉強中も使わなかったし、本番でも全然必要なかったので。

詳しくありがとうございます。
ちなみに、租税法と監査論の基準集はどうでしょうか?>とりあえずは、「会計法規集」か「会計諸則集」のどちらか一冊買えばOKのはずですけど。>

会計事務所の職員の方たちは、働きながら税理士を目指している場合が

会計事務所の職員の方たちは、働きながら税理士を目指している場合が多いと思うのですが、なかなか5科目に合格できないときは、そのまま定年と言われる年齢になるまで、その事務所で働き続けるということになるのでしょうか?

いろんな人が居ます。
会計事務所でも無資格でできる作業も沢山あります。
私の担当は50才くらいで無資格ですが、ちゃんと勉強されてますから仕事はキッチリしてくれるし、質問すればすぐに返答してくれます。
稀に解釈が複雑な事案は税務署へ確認してくれます。
その担当はもう受験はしてません。
たぶん、定年まで勤めると思います。

会計学の精算表について。
画像の精算表の赤い枠で囲った部分は、残高試算表の金額...

会計学の精算表について。
画像の精算表の赤い枠で囲った部分は、残高試算表の金額がそのまま貸借対照表の同じ所に記入されている(対応している)ということで囲ってあるのですが、残高試算表に記入した金額で貸借対照表に同じように記入できるのって何をもって分けられているのですか?言い換えれば、例えば、画像だと、残高試算表の現金から資本金までが貸借対照表に同じく記入されていますが、なぜその下の受取手数料からは損益計算書に対応して記入されているのですか?その区別の方法が分かりません。
教えてください。
補足ちなみに、画像の下の損益計算書と貸借対照表が空欄かと思いますが、ここに関しても何を記入すれば良いのか分からないので、教えて頂けると幸いです。

会計の基本は、簿記からだけれど!会計学って簿記を知らなくっても通用するの ???????????残高試算表から、資産勘定、負債勘定、資本勘定及び収益勘定、費用勘定に分解します。
資産勘定は貸借対照表の借方に、負債勘定と資本勘定は貸借対照表の貸方にまた、収益勘定は損益計算書の貸方に、費用勘定は損益計算書の借方に移記します。

税理士会計事務所の顧問契約&記帳代行やめて、自分でクラウド型会計ソフト導入予...

税理士会計事務所の顧問契約&記帳代行やめて、自分でクラウド型会計ソフト導入予定です。
個人事業主ですが、現在は税理士に記帳代行と確定申告をお願いし顧問契約をしています。
事業規模が小さく月100万程度の売上です。
売上、経費もほぼ一定です。
仕訳も40~50仕訳程度で仕入れが発生していないので在庫もありません。
ただし、機械装置や土地と借入金が大きいです。
毎月の顧問料負担が大きく、会計処理や確定申告や償却資産の申告も自分ででそうなので今年からMFクラウド会計のソフトを導入して自分ですべて行いたいと考えています。
そこで質問です。
①会計事務所から過去2年間の保存が必要な法定帳簿データを提供してもらい導入する予定のMFクラウド会計にインポートしたいと思っていますが、データは何のデータをどんな形式でどのように送付してもらったらよいか?(例えば、仕訳帳データをCSVファイルにてメールで送ってもらう)会計事務所が使っているソフトは何かわかりません。
(TKCかも?)②TKCだったらインポートできないので、過去データは決算分毎に紙ベースの法廷帳簿(残高試算表、仕訳帳、総勘定元帳、固定資産台帳等)を送ってもらい保管し、今年度分からは新たにMFクラウド会計へ勘定科目を設定し、前年度末残高を入力してから、売上、経費等を入力を開始するで良いでしょうか?新たに導入するMFクラウド会計へは残高のみ入力で過去の仕分等の入力は不要ですか?その場合はどのような不都合が生じますか?③会計事務所の顧問契約&記帳代行を終了するにあたって、2年間の会計処理データを移行してもらわないとなりません。
顧問先へ聞いても詳しく教えてくれそうもないし、めんどくさいことはやってもらえそうもありません。
顧問契約をやめる時に提供してもらえる資料としては基本的に要求できる資料にはどのような資料があるか教えてください?よろしくお願いします。

結局会計事務所の使っているものとかその事務所の考えかたでも異なりますので、税理士に聞いてくださいとしか言えません。
手を切るなら資料なんて出さないよ。
と言われたらそれまで。
有料なら出すかもしれないし、親切に全部出してくれるかも。

商売なので文書提供は有料なんですね。ぼったくられそうです。
ありがとうございました。>事務所によりますが、基本的には会計データを提供することはしないケースが多いです。税法上は文書保存が原則なので、それを満たす総勘定元帳、仕訳日記帳などの文書を提供するのみです。そもそも過去データなんて必要ですか?>

責任会計と責任センターと事業部制のかかわりについて

責任会計と責任センターと事業部制のかかわりについてお世話になります。
現在事業部制と予算管理についてやっているのですが、事業部制の業績評価は利益センターや投資センターなどから事業部長や事業部などの評価対象を決めますが、頭がこんがらがって文章がうまくまとまらず困っています。
①事業部制は責任会計を使って事業部や事業部長を評価するのですか?②評価する人間とは企業内の誰なのでしょうか?③責任センターという単語の意味を簡潔に書くとしたらどうすればいいのでしょうか?④責任会計や責任センターについては事業部制にとって何なんでしょうか?文章がまとまってなくて申し訳ございませんがよろしくお願いします。

①事業部制は責任会計を使って事業部や事業部長を評価するのですか?事業部制は組織構造のひとつであって、会計とは直接関係ありません。
事業部制組織だけど評価には会計を使っていない場合もありえます。
責任会計とは、会計数値の変動を特定の人に責任を持たせるものなので、事業部制会計を使って事業部を評価するならば、その会計手法は責任会計ということになります。
②評価する人間とは企業内の誰なのでしょうか?管理会計は企業内部の経営者・管理者が利用する会計ですので、企業内の、当該センターの責任者の上司ということになります。
③責任センターという単語の意味を簡潔に書くとしたらどうすればいいのでしょうか?「1人の管理者が、その責任範囲内における経営活動の遂行上、 特定の会計数値の範囲において結果責任を負うべき、経営組織上の構成単位である」こんな定義でどうでしょうか。
④責任会計や責任センターについては事業部制にとって何なんでしょうか?事業部制は組織構造上の概念、責任会計や責任センターは管理会計上の概念です。
「事業部制組織において事業部を責任センターとした責任会計」が事業部制会計です。
事業部制組織であっても、事業部内の営業部のみを収益センターとした責任会計もありえます。

公認会計士試験の勉強について悩んでいます。

公認会計士試験の勉強について悩んでいます。
現在2018年8月の合格を目指して勉強しています。
2016年8月から今年の6月頃までは勉強していたのですが、6月に母親が亡くなってそこからうつ状態のようになり、今日まで全く勉強出来ていませんでした。
そのため、現段階で講義すら残っています(残りは企業法の1/10、監査論の1/5、財務会計論理論の1/3程度)もちろん復習なんて出来ておらず計算問題も簡単なものしか解けませんし、理論科目も基礎中の基礎しか分かりません。
答練も解いたことがありませんが、そこまで解ける感じではないです。
まずは残りの講義を全て受講してしまうのが良いと思いますが、それが普通ですよね?今年の12月に短答式試験を受験しますが、このような状態では5月に向けて計算問題を固めて、理論科目は3月頃からにした方がいいでしょうか?それとも、理論科目を勉強して少しでも12月に合格出来る可能性を上げるべきでしょうか?母の死を言い訳にして勉強しなかった自分が悪いですが、今後は12月の試験まで勉強します。

公認会計士です。
大事なお母様を亡くされて大変だったことと思います。
お悔やみ申し上げます。
またそれでうつ状態になったとのことで大変でしたね。
私も同じような経験があるので、何も手につかなくなってしまうことはよく分かります。
それは誰にでもありうることなので、ご自分を責めないでください。
現在はうつ状態は良くなったのでしょうか。
これが良くならないことには勉強しても頭に入って来ないので、まず大前提として試験云々よりも体調を元に戻されることをお勧めします。
その上で勉強ですが、個人的には講義の受講が一通り済んでいなくてもカリキュラム通り答練なり短答対策なり、問題を解き進めていくことをお勧めします。
最初は全く解けないかもしれませんし、苦痛だとは思いますが、2回3回と同じ問題を解いていくうちにだんだん頭に入ってきます。
講義で一通りインプットすることはもちろん大事なのですが、講義の中にも重要なところとそうでないところが混在しており、短期的にポイントを抑えるという意味では平板な感じで講義を受けるよりも問題を解き進めながら覚えていく方が効率が良いです、問題を解いて行く上でどうしてもわからないところは講義(テキスト)に戻る、という使い方で良いと思います。
とりあえず短答試験が迫っていますので、短答対策をされてみてはいかがでしょうか。
短答は小問ばかりなので大問よりもとっつきやすいですし、何回も解くうちに知識の向上にもつながりますので、論文式対策にもつながります。
また短答対策は比較的短期間で成果を上げやすいです。
今回は試験まであと1か月少々なのでなかなか厳しいところはあるかとは思いますが、まずは受けてみることも大事です。
そこで今の実力もわかりますし、試験の雰囲気もつかめますし、また仮に合格できるレベルになかったとしても落ちるとやはり悔しいもので、その先のモチベーションにもつながります。
簡単な試験ではないので、少々遅れようが周りよりできなかろうが、なんでも糧にしてくらいついていく姿勢、そしてあきらめないことが大事です。
私の周りを見ても、すべて順風満帆で合格した人はほんの一握りで、だいたいは紆余曲折ありながらなんとか合格した人たちです。
私もそんな一人です。
質問者様のご健闘をお祈りしております。

英語で会計のとき何と言えばいいのか

英語で会計のとき何と言えばいいのか私は服屋でアルバイトしていますが外国の方がよく来ます私は英検準1持ってますし英会話も好きなんで 接客はほとんど問題ないのですが お会計のときの何と言えばいいのか曖昧です具体的にお聞きしたいのは「お会計4200円になります」「5000円お預かりします」「800円のお返しです」「ポイントカードお作りしますか」「現金払いですとお会計1000円ごとに1ポイント押しております」「今回は4ポイントになります」どれも英語で伝えること自体は難しくありませんが、店員の言葉としてふさわしく、違和感のない言い方を教えてください実際に英語圏の国で会計の際にどういうのかということです長文失礼しました補足お二人とも迅速で博識な回答ありがとうございますBAはもう少し検討させてくださいませ

「お会計4200円になります」The total is 4200 yen./The Total comes to 4200 yen.「5000円お預かりします」OK. 5000 yen./Out of 5000 yen.「800円のお返しです」Here's your change of 800 yen.「ポイントカードお作りしますか」We can make the shopping points card for you. Would you like it?「現金払いですとお会計1000円ごとに1ポイント押しております」In the case of cash payment you can earn one point per 1000 yen purchase.「今回は4ポイントになります」You earned four points this time.以上でどうでしょう?

「お会計4200円になります」
The total comes to 4200 yen.
「5000円お預かりします」
(少なくともアメリカではこの様な事言いません)
「800円のお返しです」
The change is 800 yen.
「ポイントカードお作りしますか」
Would you like to have a point card made?
「現金払いですとお会計1000円ごとに1ポイント押しております」
If you pay in cash, you receive one point for each 1000 yen.
「今回は4ポイントになります」
It would be four points this time.>

会計士志望(女)で、大手監査法人就職を希望してます。
今住んでいる所は、都会へ...

会計士志望(女)で、大手監査法人就職を希望してます。
今住んでいる所は、都会へのアクセスはいいけれど田舎です。
私には東京で1人暮らしをしたい、という夢があります。
華やかで、洗練された生活に憧れているからです。
人生で一番楽しい20代という時間を、そんな空間で過ごしたいというのがあります。
心配なのは費用です。
普通のアパート(シェアハウス不可)でいいのですが、貯金が難しいのであれば、使い道が比較的自由な実家暮らしの方が得な気もします。
会計士は30で年収1000越え、副業も問題ないとききました。
それで東京暮らし(贅沢は望まない)の場合、どの程度の生活が送れるのでしょうか。
また、年いくらくらい貯金ができますか?

公認会計士の年収は、大体、690万円です。
30歳で1000万円には、届かない。
930万円だろう。
これも1000万円かも知れないかも。
1000万円を超えるのは、50歳前後になるみたい。
それと、1000万円を超えるには、並大抵の苦労があると思う。
信用・実績などを伴えなければ無理だろう。
私の友人が某金融機関に勤めています。
特殊部門に勤務。
出来高制ですが、30歳で5000~6000万円の年収を得ています。
それなりに努力・能力が必要とされていると思われる。
銀行の頭取より多い年収。

あんた、別の質問で男って言ってるけど、こんな釣り質問して楽しいわけ?アカウントには一貫性を持たせろ、そうでないと見苦しいだけ。>まず就職が決まったあとに考えましょう。
まず就職できなければ、今考えるのも無駄になってしまいます。
年収1000万!
いいですね!がんばってください。>先ずは会計士になられて就職してお給料が決まってから考えましょう。
30歳で年収1千万はかなり優秀で無いと無理かと思われます。>

会計士を目指そうと思っている27歳です

会計士を目指そうと思っている27歳ですお恥ずかしい話ですが、私は中卒です卒業後ずっとイタリアンレストランで働いていまして、今は副料理長をしておりますですが、この仕事もこの先ずっとやっていくことに不安を覚え、退職しようと思っていますそこで、学歴などの問題関係なく入り口が広い(受けるだけなら誰でも受けられるという意)会計士というものの存在を知りました無謀は承知です調べるだけでも難関、無謀、そのような言葉が多く見受けられますですが、私はやってやれないことはない、ということで挑戦してみたいと思いました前振りが長くなりましたが、数点質問いたします1.前述のような私が会計士を目指すのはどれほど無謀か 目安として 試験合格基準が10 大学在学の会計士志望者が0 私がマイナスいくつか 2.今の仕事を辞めるにあたり、あと半年待ってほしいと言われ、すぐには辞めないつもりです そこで、いまからでも始められる勉強はなにがあるでしょうか 簿記2級などは元から知っていたので、それに加えて後に予備校に行った時にも過剰な予習にならな いような、今からでも始められる数をこなすだけでも損はないようなものを教えていただきたいです3.オススメの参考書を教えてください 簿記関連、前述のような予備校前に独学で学べるもの、全体を通して役に立ったもの、0から学べる シリーズのようなもの できれば簿記関連と0からシリーズがまずは欲しいです会計士の方や会計士を志している方がこの質問を見ると、軽い気持ちでなに言ってんだこいつ やお前みたいな奴がなれるわけねえだろ などイラつかれる内容かもしれませんですが、私は今の状況を変えたいと思い、けっして軽い気持ちではありませんなので、何卒アドバイスをお願いいたします長文で読むのが疲れるかもしれませんが、よろしくお願いします

レストランの副料理長、結構すごいことなんじゃないでしょうか。
全く関係のない分野ということで、ちょっと勿体ない気がしますね。
10年位でしょうか、その経験とキャリアを活かした方向性の方が安定を求めるにしても良い気がします。
(そちらの業界をあまり知らないのでちょっと無責任ですが)前から会計や経済、ビジネスに興味がある、ということであれば、まだ20代ですし、有りかもしれませんが。
そういった興味なく、ステータスや安定性をということでしたらオススメはできません。
仮に合格できたとしても、そう言ったことに興味なく生活してきた10年のディスアドバンテージがあるため、正直しんどいと思います。
合格したら終わりではなく、合格してからの勉強の方が大変です。
仕事辞めるまで常に勉強ですから。
1.そう言ったことも踏まえた上での覚悟を持った挑戦であれば、無謀だとは思いません。
覚悟の分、大学生がなんとなく目指しているよりは可能性ある気がします2. 半年ということで、とりあえず簿記2級を徹底的にやるところから、ですかね。
あとは、経済ニュース、企業のニュース(日経新聞)等を読んで興味を持てるようにしておくことですかね。
新しい知識は自分の今の知識や経験と結びつけることで効率的に身につきます。
授業で学んだ事を具体的にイメージできるかでかなり差がつきますので、今まで、ビジネスの世界にあまり接点がなかったことを考えると急がば回れだと思います。
予備校に通う前、勉強漬けになる前のこの半年の間にどれだけ、会計士の仕事の分野に興味を持てるかで決まると思います。
3.すみません、だいぶ昔の受験生なので分かりません。
他の方に。
質問とは少しずれ、水をさすようなコメントもしてしまい、申し訳ありません。
冒頭に全く関係のない分野と書きましたが、逆にどちらもモノにした人であれば、思いがけない強みになったりもします。
覚悟が決まったら、一直線頑張ってください!

ご回答ありがとうございます
今回、料理長が新たに店を出すにあたって、今の店を任されるという話で進んでいたのですが、給料の話であまり高くない額を提示されました
これ以上は出せないと言われ、ああやっぱり雇われというのはどんなにキャリアがあっても限界があるのだなと悟りました(自分の能力の問題と、店の規模的に という理由もあります)
結局調理師において時間、金銭面、どちらにおいても独立する以外に成功と言われるぐらい満足に得られないというのが現状です
独立しても5年以内に店を畳むケースが8割以上らしいですのでリスクもありますし
まだ色々書くことはありますがこのぐらいにしておきます
2つ目の文に関してですが、会計の世界に本当にド素人でなにも知らないため、やはり安定という面で考えていました
経済のことも全く触れずに今まで過ごしてきたため、そこもマイナスです
続きます
>はい。確かにイラつく内容です(笑)
ちょっと調べれば、会計士の勉強を独学じゃ絶対に無理だってことはわかるはず。
さて、会計士を目指すには、確かに退職をして十分なお金と時間と若さを積んで挑む必要があります。
とりあえず簿記2級に合格し、心が折れていなければ予備校の会計士コースを100万円弱払い受講します。それで受かれればいいですが。
半年あれば仕事をしながらでも簿記2級をとれます。というかそれで簿記2級が受からなければ会計士を志すのはやめた方がいいです。それぐらい難しい試験なので。
会計士試験の受験資格はないですが、簿記2級を持っていないと会計士試験の講義についていけなくなります。>夫が会計士です。
大学で経済や経営を勉強していましたが、
それでも受験するにあたって
専門学校に通ってました。
中卒で独学ではかなり遠い道のりだと思います・・・
まずはLECかTACの資料請求してみてはいかがですか?
今の仕事が昼間だとして、夜に通えるクラスもあると思います。
通信で受けるコースもあります。
どうしても独学からはじめるなら、まずは簿記1級を目指したら
いいと思います。>

-会計

© 2020 給付金とかで結構ウハウハごめんなさい