会計

減損会計や退職給付会計、キャッシュフロー会計等、「○○会計」と言...会計

会計報告の項目に出産祝いはどう表記すればいいですか?

会計報告の項目に出産祝いはどう表記すればいいですか?

雑費 若しくは、接待交際費かな?

会計士試験の過去の出題分野

会計士試験の過去の出題分野補足会計士試験の過去の出題分野を各科目ごとに把握する方法を教えてください。
無料講義やブログあればありがたいです。

会計士試験の試験範囲は公認会計士・監査審査会のホームページで公開されます。
過去の出題はあくまで過去の出題であり、合格のためには今年の出題範囲を全てカバーする学習が必要になってきます。
大原やTACなどの専門学校には通っていますか?

公認会計士を目指しているんですが、ネットなどを見ると超激務でほとんどの人が辞...

公認会計士を目指しているんですが、ネットなどを見ると超激務でほとんどの人が辞めると書いてあるのですが、実際はどうなのか教えてください。

公認会計士試験に合格し、監査法人に勤務している者です。
あなたが仰ってるのは監査法人の話ですよね。
公認会計士の多くは監査法人に入所しますが、別に激務がいやなら一般事業会社に行くか独立すればいいのです。
公認会計士なら引く手あまたですよ。
激務と言いますが、何と比べるかによります。
初任給はメガバンクの銀行員の2倍程ですし、それなりに働くのは普通です。
あと、忙しいのは自分がいる担当してる企業の決算期であり、期末監査の時期です。
その2ヶ月くらいは毎日11時まで残業しますが、夏休みは2-3週間くらい取れますし、秋とかは定時帰りです。
やめる人も絶望してやめるというより、ステップアップで喜んで辞めていきます。
独立したり、もっといい待遇の会社に転職したりです。
監査法人は大変なことも多いですが、最初の数年間は監査法人で修行をして公認会計士としての能力を身につけ、旅立っていくということです。

知人から聞いた話ですが…
確かに超激務だそうです。ただし、常にその状況というわけではなく、繁忙期(クライアントの決算期?)が他の職種に比べて著しく忙しいとのことです。
あと、辞める人が多いのは事実らしいです。上の職位になればなるほど業務量が増大し、疲弊している姿を目の当たりにすると、自分の将来像に希望が見出せないなーって話してました。>

弥生会計で会社の帳簿をつけたい経理超初心者です。

弥生会計で会社の帳簿をつけたい経理超初心者です。
税理士さんには年度末に決算申告のみお任せする体制を取りたいので、毎日きちんと正確な記帳を行いたいと考えております。
弥生会計の記帳の仕方を教えてくださるようなスクールなどはあるのでしょうか?日商簿記3級などを勉強すれば、弥生会計もできるようになるでしょうか?詳しい方教えてください。

経理超初心者です。
弥生会計は振伝さえきちんと入力できていれば、あとはすべてソフトがやってくれますので(どの会計ソフトも同じと思いますが)振伝が作成できれば問題ないです。
導入時に、保守サポートに入れば操作方法などは教えてくれますよ。

質問者さんに質問です。
簿記を知っていますか? 商業高校を出た程度の簿記の知識があれば 弥生会計でも問題はありません。
ただ、日商簿記3級を合格する能力があったとしても 余談ですが 消費税の課税・非課税・不課税などの問題もありますので
質問内容より 税理士さんが関与するのであれば ある程度慣れるまで 税理士さんに相談しながら経理をやればよいと思います。
①帳票のつけ方・整理のしかた → ② 弥生会計の入力 → ③ 税理士先生へ 弥生のデーターを送信する → ④ 税理士先生が内容の確認及び 不明点等を付箋で指示 → ⑤ 仕訳の修正 ・・・ 決算処理
税理士が 弥生会計を使用していれば データーの送信で いちいち会社に来てもらうことがありません。毎月 データーを確認してもらうことで質問者様も安心です。
年1の関与は、税理士も嫌がります。経理を良く知っている経理がいれば問題ありませんが 経理や簿記の初歩の方が経理をしているとなると 決算書に 税理士の印を押せないでしょ。だって内容が不安です。
年1にしたいのは 報酬を払いたくないからだと思いますが、出された数値・内容を 1から確認する=膨大な時間を費やすなら 毎月きちんと〆てもらい 毎月 きちんとした月次損益をだしてもらうことが まず やるべきことではないですか。
経理の役目を考えて下さい。
なぜ 決算を組むの? その後に 税務調査が入ったときに 証憑の綴りがきちんとされていないとどうなるの?
たかが、入力ですが 知らない方が 年1の関与でなんて とんでもない。
他の方は、簡単だといいますが どの科目をどう使うのか 1から始めるには まず簿記の知識です。
私は、弥生会計を使用しています。元会計事務所勤務です。
経理で終わるのか、管理会計を出来るのかは あなた次第です。たかが経理 されど経理です。>会計ソフトがあれば、簿記3級の内容すべては必要ないと思います。
勘定科目と、日常的にでてくる仕訳さえ覚えておけば大抵できると思います。
「簿記」より、「経理入門」とかの実務書で学ぶほうがよいと思います。
マンガでわかる経理入門とか、知識ゼロからの簿記・経理入門とか。。。
www.amazon.co.jp/%E6%9C%AC/dp/4344900812>

減損会計や退職給付会計、キャッシュフロー会計等、「○○会計」と言われる会計は、...

減損会計や退職給付会計、キャッシュフロー会計等、「○○会計」と言われる会計は、「制度会計」とカテゴライスして間違いではありませんか?また、会計基準があるものは、基本的に制度会計だと考えてよいのでしょうか?

>減損会計や退職給付会計、キャッシュフロー会計等、「○○会計」と言われる会計は、「制度会計」とカテゴライスして間違いではありませんか? およそ「○○会計」と呼ばれるものを取り上げると、たとえば他のご回答にもあるとおり管理会計は制度会計ではありません。
また、企業会計は制度会計と管理会計とに分かれます。
他方、減損や退職給付などの個別論点を会計基準等として編纂したものやその内容を指して、「○○会計」と呼んでいる場合には、制度会計に紐づくもの、と考えて差し支えありません。
なお、ご質問例示の減損会計や退職給付会計なども、管理会計で用いれば制度会計ではありません。
>会計基準があるものは、基本的に制度会計だと考えてよいのでしょうか? 基本的にはそう考えて差し支えありません。
会計基準は制度会計のために設定されているからです。
なお、会計基準を管理会計で用いればそれは制度会計ではないことは、前述のとおりです。

単に「○○会計」とあるだけでは判断できません。
また、制度会計は法律に準拠して行われる会計であり、この法律には会計基準だけではなく会社法、金融商品取引法、税法等も含まれます。>会計には大きく分けると2つあります。
制度会計と管理会計です。このほかにも戦略会計や戦術会計など様々なものがあります。
一概にはどの会計がどういったものか、と言ったもので分けるのはその会社で変わってくるので何とも言えませんが・・・。
一般的に
制度会計・・・法律に準拠して行われる会計
なので以上に属さないものは管理会計と言っても問題ないかと思います。>

-会計

© 2020 給付金とかで結構ウハウハごめんなさい