会計

連結会計の持分法で質問です 持分法特有の勘定科目、持分法による投資...会計

公認会計士・税理士の仕事ってインターネットの技術が進歩すればなくなってしまう...

公認会計士・税理士の仕事ってインターネットの技術が進歩すればなくなってしまうんでしょうか…?公認会計士・税理士の今の就職率ってどうなんですか?補足なくなるとしたら、どれくらいでなくなるんでしょうか?

公認会計士はともかく、税理士は開業系の資格なので就職率なるもので測れるだけのデータがそもそもないと思います。
そもそも税法は人間が作っており、細かい改正が毎年かなりのボリュームで行われます。
その情報をAIがどんだけ素早く学習し、どんだけ計算結果に反映できるかだと思いますので、まだまだ先です。
ただ、AIよりも危惧すべきは、自主的学習者のお客さんが増えていることだと思いますよ。
それは、すなわちプライドが高いだけで、適当なアドバイスをしているつもりなだけで、ミスしても顧客にウソついてケツもってもらえばいいやとカンタンに考える税理士先生が多い現実が後押ししているので、自業自得なんですけどね。


やはり丁寧に仕事や助言をしている先生たちに、前記の怠慢税理士は駆逐されていくと思います。

いつもまでも、だませると思うな関与先を。です。>現在でも適当なアドバイスすら出来ない専門家ばかりなので、
簡単な事務処理がAIで出来るようになると、
資格を取ってもそれだけではほとんど食えないと思った方がいい。>仕事が無くなるというよりも、減少する!
が正しいでしょう。
会計データの入力、簡単な税務申告の業務はAI(人工知能)によって行われる事になるので、業務は減ります。
その代わり、税務や会計のアドバイスが出来る専門家が残っていく時代になるでしょう。
税理士や会計士の中でも、更に専門性の高い人が求められる事になると思います。>赤字隠しを指南する公認会計士と脱税を指南する税理士の仕事はなくなりません。>そうですね、最近特に士の付く「士業」は仕事が今後は
どんどん無くなっていくと言われていますね。
最近では年間の会費が高いために会計士や税理士、行政書士に司法書士、
これらは資格を持っていても仕方が無いとまで言われています。
弁護士なども大手でやっている場合はともかく個人で開業すると
食べていけない人もいると聞きます。
さらに歯科医師なども田舎ならともかく都会では食べていけない人が
増えているそうです。
保険点数は変わらないのに都会だと家賃等の経費が掛かりすぎるからと
いう事で、歯科医師の中には年収300万円程度という人も
増えているそうです。>公認会計士や税理士の仕事がなくなっている時は、殆どの仕事がなくなっているということです。会社は経営者だけ。
会計ソフトや税務申告書を作成するソフトはずいぶん昔に作られて活用されてます。でもこういった仕事がなくなったということはありません。>

財務会計の起源と会計の起源のちがいについて 教えてください(*_*)

財務会計の起源と会計の起源のちがいについて 教えてください(*_*)

財務会計というのは、財務諸表を主体とした会計測定を意味するものでしょうが、それは全て複式簿記からくるものです。
複式簿記の誕生は中世イタリアの商業都市としか伝えられていないのです。
つまり、商業の発達が経済主体の経済事象を測定し伝達する情報システムを必要としたために複式簿記という会計システムが萌芽したというものです。
そして、複式簿記が資本主義の発展に役立ったと、W・ゾンバルトは喝破したのです。
複式簿記すなわち会計なのです。

公認会計士に関することについて質問です。

公認会計士に関することについて質問です。
自分は保険の意もこめて税理士から公認会計士になろうと考えています。
税理士からだと会計?と租税法?が免除になりますが、他にも税理士試験と会計士試験でかぶるところがあると思います。
そこで質問なのですが、会計士試験のボリュームは何割くらいになると思うのかだいたいでよろしいので教えてください。
また、税理士試験合格後も会計士試験合格後も二年間の実習がないと税理士、会計士なれませんが、両方になるには2年と2年の四年間実習が必要ですか?それとも、2年でも大丈夫ですか?長くなってしまい申し訳ございません。
m(_ _)m

公認会計士です① 自分は保険の意もこめて税理士から公認会計士になろうと考えています。
⇒あなたの現在の位置がよくわかりません。
単なる税理士試験受験者か、科目合格者か、5科目合格者か、実務も満たし税理士資格者かそれから、保険という真意がよくわかりません。
両方の資格が欲しかったら公認会計士試験に特化すればいいですよね。
公認会計士は無試験で税理士になれますから。
②税理士からだと会計?と租税法? が免除になりますが⇒簿記論・財務諸表論合格者または税理士となる資格を持っている者が、短答式の財務会計論免除税理士となる資格を持っている者が、論文式の祖税法免除③他にも税理士試験と会計士試験でかぶるところがあると思います。
⇒他にはかぶっているところは無いと思います。
④そこで質問なのですが、会計士試験のボリュームは何割くらいになると思うのかだいたいでよろしいので教えてください。
⇒単に勉強する量は、僕は税理士の税法3科目は全部はとってませんからあくまでも私の印象ですが、税理士試験の6割が公認会計士試験くらいかな。
でも、そんなことを問題にしてもあまり意味がありません。
税理士試験は科目合格制で、公認会計士試験は科目合格制ではありません。
公認会計士試験は、たくさんの科目を同時に仕上げないといけないので、合格する人は2.3年で合格できるけど、合格できない人は永久に合格できません。
⑤また、税理士試験合格後も会計士試験合格後も二年間の実習がないと税理士、会計士なれませんが、両方になるには2年と2年の四年間実習が必要ですか?それとも、2年でも大丈夫ですか?⇒公認会計士になるための実務は普通は監査法人で行いますが、これは税理士になるための実務に認めてもらえます。
税理士になるための実務は普通は税理士事務所で行いますが、これは公認会計士になるためのに実務となりません。

会計事務所に就職を考えています。

会計事務所に就職を考えています。
質問なのですが、会計事務所に就職する方は税理士を目指している方が多いのでしょうか?また、仮に目指していなくても、休日や会社から帰宅した後など勉強しないと業務についていけないでしょうか?私は経理の実務経験はほぼなく、資格の簿記2級しか持っていません。
税理士科目も1つも持っていません。
私自身、税理士になりたいという願望はありません。
それでも仕事をこなす為には、やはり休日などに勉強は必須でしょうか?よろしくお願いいたします。

会計事務所に就職する方は税理士を目指している方が多いのでしょうか?→はい。
また、仮に目指していなくても、休日や会社から帰宅した後など勉強しないと業務についていけないでしょうか?→いいえ。

会計士です。
>会計事務所に就職する方は税理士を目指している方が多いのでしょうか?
⇒そうですね。
>休日や会社から帰宅した後など勉強しないと業務についていけないでしょうか?
⇒未経験であれば、何らかの勉強は必須だと思いますが・・・
ただ仕訳を入力するだけで、その他のことはやりたくない。ということであれば、そこまで勉強はいらないでしょう。
>仕事をこなす為には、やはり休日などに勉強は必須でしょうか?
⇒別に会計事務所に限った話ではなく、任された仕事で分からないことがあれば、誰かに聞くなり自分で勉強するなりということは必須だと思いますよ。>

連結会計の持分法で質問です

連結会計の持分法で質問です持分法特有の勘定科目、持分法による投資損益というものがありますが、非支配株主に帰属する当期純利益などは違って使う時と使わないときの違いがいまいちわからないんですが、持分法による投資損益とは具体的に何を表しているんでしょうか

非支配株主に帰属する当期純利益と持分法会計の持分法による投資損益の勘定を比較していますが両者は違う性質のものであり比較する物でもありません。
計算してると思うので分かると思いますが、のれんの償却や子会社の利益の按分の時に連結上は投資勘定を使って表現しようと言うのが持分法による投資損益勘定です。
ですが、連結上と同様純資産に対するインパクトは同じなので子会社に対する利益の変動に対して表現するだけです。
※補足の内容を説明します。
まずこの未実現利益の実現仕訳はアップストリーム前提の仕訳なんです。
質問者様が書いた仕訳ですが。
なぜなら去年の未実現利益の消去の時に 持分法による投資損益/商品 と仕訳を切るからです。
逆にダウンストリームなら、売上/投資有価証券 ですよね。
まず質問者様が書いて頂いたアップストリームの仕訳ですがこれは連結会計ではなく持分法会計なので連結貸借対照表を作る上で被投資会社のBSを合算しません。
なので性質的にいつもの連結上している仕訳をきれなくなります。
借方売原にしたいところですがこれは子会社(被投資会社)の利益の調整の意味ですが合算しないのでこのまま売原にしてしまうと通常の商品売買のPLの売上総利益がマイナスされていまいます。
これって変ですよね。
合算しないので余計にマイナスなっているだけです。
なので持分法ではアップストリームなら投資会社の在庫にある商品を持分比率だけ外部購入価格に近づけようという趣旨であのような仕訳になります。
ダウンストリームは投資会社が売却しているので投資会社の売上を持分比率だけ消去。
残りは非支配株主持分がいるのでそこはさすがに利益の実現でいいんじゃない?ってなったので持分比率だけ利益を消しにいきます。
最後に迷はないコツですが。
アップストリームの場合、投資有価証券/商品 って仕訳を切ったらおかしいですよね。
資産減らしてるのに投資有価証券でまた資産あげています。
これでは商品を減らして持分比率だけ外部購入価格に近づけた仕訳の趣旨に反します。
なので借方に持分による投資損益を計上してあげます。
ダウンストリームの場合は、売上/持分法による投資損益 これもおかしな仕訳ですよね売上で利益を持分比率だけ消去してあげたのにまた収益を貸方で戻してます。
これも趣旨に反します。
なので売上で利益を消しにいったので貸方には投資有価証券で資産も減りましたよってことを表すために投資有価証券を計上します。
つまり持分法会計上どう表現したいのか?を考えれば迷うことはないと思います。
つまり、持分法会計なので投資会社側を優先して消去しにいっているので連結上とは違う仕訳になります。
ダウンストリームなら投資会社の売上を消しにいきたい。
アップなら投資会社の商品を消しにいきたい。
ただこの論点マニアックなので暗記している人も多いと思います。
頑張ってください。

コメントありがとうございますちなみに未実現利益の実現仕訳で利益剰余金/商品商品/持分法による投資損益と仕訳をきるのがよくわからないんですが持分法による投資損益のところを投資有価証券にしない理由がよくわからないです。それと投資有価証券と持分法による投資損益の使い分けの決定的な違いがわからないので問題を解く時につまってしまいます>

-会計

© 2021 給付金とかで結構ウハウハごめんなさい