会計

会計士の方、あるいは会計士として監査法人に勤務経験のある方どうか...会計

【財務会計】企業会計原則注解10について、商品評価損は営業外費用に表示してもよ...

【財務会計】企業会計原則注解10について、商品評価損は営業外費用に表示してもよいというのはまだ有効でしょうか。
現在では無効でしょうか。
最近、企業会計原則は改定されず、また、現在は使われないものもそのまま載っているということを知りました。
そこで、テキストと食い違っているかもしれない、商品評価損についての記載について質問させてください。
テキストまたはインターネットによると、商品評価損は通常は売上原価の内訳科目にのみ記載が可能で、大規模な場合(通常でないもの)にのみ特別損失に(のみ)記載が可能だということです。
しかし、企業会計原則注解10には以下のようにあります。
[注10] たな卸資産の評価損について(損益計算書原則三のC及び貸借対照表原則五のA)(1) 商品、製品、原材料等のたな卸資産に低価基準を適用する場合に生ずる評価損は、原則として、売上原価の内訳科目又は営業外費用として表示しなければならない。
(2) 時価が取得原価より著しく下落した場合(貸借対照表原則五のA第一項ただし書の場合)の評価損は、原則として、営業外費用又は特別損失として表示しなければならない。
(3) 品質低下、陳腐化等の原因によって生ずる評価損については、それが原価性を有しないものと認められる場合には、これを営業外費用又は特別損失として表示し、これらの評価損が原価性を有するものと認められる場合には、製造原価、売上原価の内訳科目又は販売費として表示しなければならない。
これによると、商品評価損は通常の場合でも計上したければ営業外費用に計上可能で、大規模な場合でも計上したければ営業外費用に計上可能だとなっています。
テキストやインターネットの記載が間違っているのでしょうか。
現在は他の基準や法律によって営業外費用に計上することは禁止されているのでしょうか。
確かに、記載場所が2種類あるとすると、他社との比較が難しくなるので、1つの場所のみに記載した方が良いのかもしれません。
ご教授よろしくお願いします。
補足mozabopさんt22102137さんこちらもご回答誠にありがとうございますmozabopさん詳しい資料のご提供誠にありがとうございますそれについて1つだけ確認させてください67項(22ページ)が該当するのかもしれませんがこの資料には商品評価損、棚卸減耗損という区分がなく(必要がないそうですが)これだけ見ると商品評価損も注解10のように営業外費用にも計上可能なのかと思ってしまいますやはり可能なのですかお手数をおかけいたします

棚卸資産の評価について、現在は下記の企業会計基準第9号が適用されるので、企業会計基準注解10は実質的に無効になっています。
www.asb.or.jp/asb/asb_j/documents/docs/tanaoroshi/tanaorosh...(補足)この記載は、従来はこうだったという説明です。
従来は営業外費用でも良かったけれど、この会計基準を適用したら営業外費用への計上は認められないが、適用初年度だけ特別損失に計上できる場合もあるという説明です。

企業会計原則は昭和24年に企業会計制度対策調査会が公表したものです、商法、税法を考慮し商習慣を基準にして要約されたもので法律的に強要されるものではないのですが、全ての企業が従わなければならないものになっています。戦後の経済が膨張するにつれ各種の修正案が公表され改定もされました。昭和38年に商法の一部が改正され、その内容が企業会計原則に反映されたものもあるようです。その後商法の一部は会社法制定〔2007年〕と共に改定になり、会社法に移転されて現在に至っています。企業会計は経済が国内だけではなく、海外との取引が拡大し、世界経済との関わりに広がると、その会計基準も国際的にならざるを得なくなります。したがって、企業会計原則だけでは対応できない部分がでてきますから、新しい会計基準が策定されます。その上で、現代の経済に必ずしも合致しているとのとはいえない部分が有ると言われてはいますが、企業会計原則は、公認会計士が、会計監査をなす場合に財務諸表の適正性を判断するさいの判断基準となる、一般に公正妥当と認められる企業会計の基準を構成するひとつの原則であることに違いは無いのです。>

会計学について質問です。

会計学について質問です。
固定費を削減すると損益分岐点が下がるとあるのですが何故ですか??解説していただけると幸いです。

損益分岐点というのは、利益か損失かという分岐点のことですから上がったり下ったりはしません。
損益分岐点を図表で表すことができますがその場合に変動費もかねた総費用線をつくり売上高線と同じ原点から売上高に比例して線を引いた場合に総費用線と売上高線が交る点が損益分岐点になりますがその場合に、売上高が低い場合は売上高線は当然低くなり損益分岐点は低くなるのです。

売上から変動費を差し引いて固定費と等しくなる状態が損益分岐点です。固定費は『売上の増減に関わりなく一定額発生する』ものです。よって固定費が下がれば損益分岐点は下がります。>え、費用が減ってんだから利益が出やすいじゃん。>

会計士の試験範囲はいつ頃発表されますか?

会計士の試験範囲はいつ頃発表されますか?

公認会計士・監査審査会のホームページで過年度の試験範囲発表がいつごろなされているのかを確認することができます。

会計事務所、税務署で働いてる人は法人税申告書は新卒入社3年目には完ぺきに作れま...

会計事務所、税務署で働いてる人は法人税申告書は新卒入社3年目には完ぺきに作れますか?2年目でも作れる必要があるのでしょうか。
細かい付表がたくさんありますよね。
特別償却関係の各種明細書付表9とかいろいろです。
税務署の仕事は申告書を作るというよりは、領収書と合っているかなど確認するのが仕事なのでしょうか。
確定申告書や消費税申告書と比べて法人税申告書は難しいですね。
税務署メインで教えて下さい。
教えて下さい!

申告書って、稼いだ所得と納税額を伝えるために作るものです。
法人でも個人でも無いし事業をやってるわけでもない税務署が、申告書を作る意味って無いですよね。
税務署の仕事は色々ありますが、法人税課はそれぞれの所轄地区の法人を相手に税務調査をし、正しく税務処理が行われているかをチェックすることです。
法人税の申告書を作るだけなら会計ソフトが自動で計算してくれるので誰でもできます。
ただしその申告書が正しいか間違っているかは別の話です。
3年目なら完璧に作れますかというより、たぶん1年目からすでに担当持たされて完璧に作れって言われると思います。
もちろん事務所によりけりでしょうけど。
特別償却とか、どの制度を利用できるのかそれはたぶん所長税理士も職員も誰も教えてくれません。
あなたが自分で判断しろって言われるでしょう。
というか、会計事務所というのは基本的に何も教えません、自分で調べてどうにかしろって事務所が大半です。
税務署なら税務大学校で1年間?くらい研修があるみたいなので、そこで色々と教えてもらえるかもしれません。

会社の種類やその時の状況、法改正によって必要な書類も
変わってくるでしょう。
だからそれらすべてを把握して 誰に対しても完璧に・・ということは
まずないのではないでしょうか。
税務署の法人部門の方に
わからないことがあって尋ねに行ったら
税務署の方も調べながら教えてくれたりします。>3年で完璧で作れないと思います。
だいたいの会計事務所で法人税申告書のソフトが入っていますので
そちらで計算させます。
後はソフトがいろいろ教えてくれるって感じですね。
特別償却とかは納税者に有利な申告書なので
その制度を知っていないとできないですね。
納税者に不利な部分っていうか調整が必要な部分は
ソフトがワーニング警告を出してくれます。
税務署は領収書とあっているかなんか見れません。
それは税務調査に行った時にすることなので
売上漏れや架空経費・税務上認められない経費とかないかが
主な仕事でしょうね。
確定申告書って所得税も話ですよね?
法人税申告書と個人の確定申告書を比べると
個人の確定申告書の方が難しいです。
所得の種類別に分類して計算しないといけないので
非常に面倒くさい。
法人は一色単に計算するので実は計算は簡単です。
なんか難しそうな申告書なんで難しいって思ってしまうだけです。>

町内会の会計を担当して3年となりました、今年も先日3月9日に会計監査(2名)...

町内会の会計を担当して3年となりました、今年も先日3月9日に会計監査(2名)を行ってもらい承認署名と捺印をもらいました。
これをコピーし来る4月8日の総会議案書に監査報告として添付します。
質問ですが、3月末決算なのですが、本来3月末日もしくは4月初めの日に監査をしたほうがよいのか?月末は忙しいので私の都合で早めの監査なのですが、年度末までの収支がはっきり確定しているので早めでもと思い毎年このようなかたちなんですが、一部役員からも指摘があるのですがはっきりわかりません、よろしくお願いいたします。
もう一つ総会の出欠で委任状がありますが、必ずしも受任者名を書かなくてはいけないものなのですか?

決算に対する会計監査は、決算期日の翌日以降から着手します。
現預金ともに監査対象になるかと思いますが、極端な話、決算日(3月末日)の深夜12時までの全ての取引が対象となります。
例えば、預金がある場合。
銀行から3月末日の残高証明を取るとしたら、発行は早くても翌日(4月1日)になりますよね。
現金も同じです。
あくまで可能性の問題ですが、深夜ギリギリまで出納があるかもしれません。
なので、仮に3月9日時点で、3月末までの現預金の動きが全て把握出来ていたとしても、それは確定的な「予想」であり、「確定」ではありません。
預金残高も「確定」していないし、現金出納帳も「締め切る」ことは出来ません。
したがって、3月9日の時点で、3月末日の会計を監査承認することは出来ません。
尚、出席委任状の件ですが、町内会の規定で、決議に必要な出席人員数とか決められていませんか?白紙委任状にするというのは、あまりお勧め出来ない様に思えますが。
追記カテマスターさん、hoory1960さん。
小生が間違っていたら御免なさい。
地公体への助成金申請の際に、会計報告書ってかなり厳密に調べられるんじゃなかったでしたっけ?住んでる処で、民間企業に準じる様な作成指導を受けたという話も聞いたことがあったもので。

「コミュニティ団体運営の手引き」~自治会、町内会、その他地域活動を行うグループの皆さまに~
www.soumu.go.jp/main_sosiki/kenkyu/community_governance/2732...
1.表紙 (367 KB)
2.目次・はじめに (479 KB)
3.コミュニティ団体の運営とお金の管理 (394 KB)
4.実務編(表紙) (66 KB)
5.会計の考え方<基本編> (525 KB)
6.会計の考え方<発展編> (586 KB)
7.監査の考え方 (541 KB)
8.決算報告書の読み方 (490 KB)
9.コミュニティ団体の運営に関するお困りごと相談所 (420 KB)
10.コミュニティ団体関連用語集 (394 KB)
11.【参考1】参考様式集(表紙と解説) (484 KB)
12.【参考1】参考様式集(様式) PDF版 (444 KB) エクセル版 (495 KB)
13.【参考2】会則について (398 KB)
14.協力団体・委員名簿 (211 KB)
以上を参考にしてください。>町内会の会計と、会社の会計と監査方法を一緒に考える必要は有りませんよ。町内会の会計は、町内会会則で決まるものですから、会社のように考え、年度内に出来ないから4月にするとかは出来ません。町内会の総会は、株主総会とは違います。混同してはいけません。よくこのカテに質問が有りますが、それも間違いです。町内会の前任者に聞かなければこのカテの回答者の意見は参考程度にしかなりません。それでも解らない時はその地区の行政に問い合わせてください。>実務を考えると、3月末や4月初旬の監査は困難です。
従って前倒しの監査が一般的です。
ただし、質問者さんの様に、
監査日がかなり前倒しの場合には、
監査手続きは3/9で実施し、
月末段階で、監査人3/9以降発生の証憑確認と現預金残高確認をしてもらいます。
さらに、総会時の口頭申し添えとして、監査人より以下の発言を貰います。
「3/9会計監査にて、当年度の記載内容・証憑・現預金残高の確認を行い問題の無いことを確認致しました。
なお申し添えですが、3/9以降の証憑・月末現預金残高については
月末に再確認を行っており、こちらも問題なしと認識しております。」
総会の委任状について
受任者(一般的には町内会長名を印刷)名は必要です。
町内会によっては、委任状に委任する相手名を記入式にするケースもありますが、
混乱するので、受任者名を書くより、「町内会長○○に委任します。」
という形式が一般てきです。
また、個人名の無い
「議決件を委任します。」
「議決件を町内会に委任します。」
は好ましくありません。
紛糾する議案が生じた場合、委任状の票の扱いが不明確になるからです。>

会計処理の勘定科目についての質問です。
去年、飲食店を開店しました。
開店費用を...

会計処理の勘定科目についての質問です。
去年、飲食店を開店しました。
開店費用を帳簿上、どのように処理したらよいかわかりません。
飲食店の開業費用(店舗内装工事、コールドテーブルや家具などの購入、食器類の購入など)を、どう処理したらよいのかわかりません。
会計ソフト「やよいの青色申告」を使って処理したいのですが、開店費用は開業日に「開店費用」として入力するのでしょうか。
開業するにあたり、銀行から450万の融資を受けたのですが、融資金額の振込みが開店日以降になってしまったので、開店するためにかかった費用(約600万)は、全て私が現金で立て替えて払いました。
開店費用の600万は、私の口座から現金で支払っていたのですが、現金帳簿に「事業主借」として、600万入力してから、現金帳簿上に工事代金や購入したものを記録していくべきですか?それとも、その600万は「元入れ金」に相当するのでしょうか。
また、融資金額が振り込まれた後、かかった600万をお店の口座から、自分の口座に戻しています。
その場合、「事業主貸し」に相当するのでしょうか。
会計・経理については全くの素人なので、質問もわかりずらくなってしまっているかもしれませんが、なんとか回答をよろしくお願いします。

店舗内装工事、コールドテーブルや家具などの購入、食器類の購入などの中でも「1ケ当たり」、あるいは「1工事の単価」が20万以上のものなら資産に、15万以上20万未満なら一括償却資産に、また15万未満のものなら全部費用で落とせます。
日常使いの食器は全部費用で落とせる値段だと想像します。
ん~、株式会社で建物を建てたら、まずは一切を建設仮勘定として計上し、その後、正しい資産・費用科目に全部振替ます。
当社はPCA会計で二つの株式会社があるのですがやよいの青色申告のソフトを実際に使用した事がないのでどういう勘定科目があるのか(科目も追加できるのでしょうが)今一つわかりません。
やよいの青色申告のサポートセンターがあると思うので電話で問い合わせてみては如何でしょうか。
開店するのに要した費用600万円分を貴方が立て替え、お店の口座から後日、自分の口座に戻したとのことですから立て替えた時の貸方科目は「事業主借」でOKで借方は上記の通りサポートセンターに問い合わせみて下さい。
店の口座から自分の口座へは振り込みで返しましたか?現金で返しましたか?振込の方がベターだと思いますがその際はお店が「事業主借」を返済したことになりますのでお店にとっては負債を返済した事になり、借方が「事業主借」、貸方が「現金」もしくは「普通預金」などどなります。
融資を受けたお金がお店の口座に振り込まれた時は借方「普通預金」:貸方「借入金」です。
今後のためには(もうないのかもしれませんが)自分の口座から現金で支払う(立て替える)ことはやめて口座から振り込むスタイルを取った方が記録が残り後から処理をするのには良いと思います。
事業主からお店に貸付ける場合も振り込みで。
勿論、請求書は大事です。
取引銀行がインターネットバンキングを取り扱っているのならとても便利なので利用すると良いと思います。
当社は月額使用料は5千円ですが利用頻度、銀行へ出向く、待つ時間のロスを考えれば元はとれていますし振込手数料を当社が負担しなければならない場合も手数料が安いのでメリットがあります。

開業に当っての「元入れ金=資本金」はおいくらなのでしょうか?
所謂、個人(会社?)事業主の元手資金のことです。 それに、開業資金の不足分を銀行融資450万円で賄ったのですよね。
あなたの前もって支払った600万円はまた自分の口座に戻そうとしているのですから、それは「元入れ金=資本金」の性格を有するものではないと云う前提で回答しています。 (※事業主としていくらかは元入れ金として開店資金、運転資金として入れるべきと思います。)
ご質問の内容で仕訳を作成しますと以下のようになります。
①開店前:XX月XX日
[貸方]現金 600万円 / [借方]事業主借 600万円
[貸方]工事代 200万円 / [借方]現金 200万円 (200万円は一例)
②開店後:XX月XX日
[貸方]現金 450万円 / [借方]借入金 450万円
③その後、
[貸方]事業主借 600万円 / [借方]現金 600万円
ご参考まで。>

会計事務所の面接の際に、履歴書を持ってきてと言われたのですが、その時に、協会...

会計事務所の面接の際に、履歴書を持ってきてと言われたのですが、その時に、協会からの検査用に事実を記載するよう頼まれたのですが、協会からの検査ってなんのことでしょうか??嘘を書くつもりはさらさらありませんが、どなたか心当たりある方教えてください。

全国会計事務所協会なのかなと思います。
どんな職種でも、必ずと行っていいぐらい、「~~協会」みたいな仕事をする人を守る団体があります。
そこに、人を雇ったということで提出するんだと思います。
ちなみに、わざわざ事実を記載するように言ったのは、履歴書の内容を詐称する方が多いからです。
勤務してから採用を決められればいいのですが、実際にはそういうわけにはいかず、どうしても面接で判断せざるを得ません。
それを狙い、履歴書に嘘を書く人が多いですし、実際に裁判になったことがあるみたいなんですが、会社などに損害を与えていなければ、詐称しただけではほぼ罪には問われません。
だからといって、それを今から面接に来る人に言うのも失礼な話だとは思いますが、もしかしたらその詐称が原因で、その会計事務所は多大な迷惑を被ったことがあるのかもしれません。

なるほど!ありがとうございます!!>

会計士受験生の方か会計士の方に質問です。
独学が不可能と言われてる中、Twitterな...

会計士受験生の方か会計士の方に質問です。
独学が不可能と言われてる中、Twitterなどでは独学の人は結構いますよね。
なぜなんでしょうか?奨学金制度もあると言うのに… でもふと思いましたが独学で一番困るのは市販では売っていない会計士受験生用のテキスト。
これさえ手に入ればなんとかなる。
独学が不可能と言われている理由はテキストがないとのこと。
ですが最近だと東京cpa会計学院さんがテキストを売っているのでそれを購入すればまんざら通信生と変わらなくないか?と思います。
独学はしたことないのでわかりませんが今の日本の現状で独学は不可能か可能かを聞きたいです。
独学が無理。
と言われている理由がよくわかりません。
テキストあるのに… まぁテキストないなら無理ですが。
今はcpaさんで買えるので。
解答お待ちしております。
補足もしもテキストが今の予備校と同様のが市販で販売されているのなら独学の人が増えてしまうから市販では出さないってことなんですかね。

2015年論文合格者です。
独学の人っていまたくさんいるんですかね?私も受験生時代twitterで多くの会計士受験生をフォローしてて情報収集などしてましたが独学の人ってそんなにいないイメージです。
どこまでを独学というのか線引きが難しいところではありますが。


独学=市販のテキスト、問題集のみ揃えて勉強と定義するならば、超天才な人を除き普通は独学では受からないという感覚を個人的には持ってますし、独学で始めたけど結局予備校通ったって人はそこそこいたきがします。
現在監査法人勤務ですが、同期や先輩後輩で独学で合格した人に出会ったことないです。
ですので、独学で会計士論文まで合格は不可能ではないが一部の超天才な人を除いて普通の人は不可能だというのが個人的な見解です。
独学が不可能な理由にテキストがないというのは確かにそうかもしれませんが、それ以上にアウトプット教材である答練がないこともでかいと思います。
会計士講座に入れば大原でもTACでもlecでもCPAでも計算の答練、短答答練、論文答練全部あわせたら100とか余裕で超えます。
(200近いかも?)その答練で時間配分などのアウトプットの力を養っていきますが、こちらの答練も市販されていないのでテキストだけCPAで揃えてもきついでしょうね。
オークションなどで、答練を出品している人はいるのでそこで大原なりTACの答練を買えばまだわかりませんが、あまりに答練が多すぎて結局金はかなりかかるし、最新の法改正や試験委員対策などまでは網羅できないでしょうね。
あと、論文は相対試験なのでみんなができるとこ(大原やTACの論文答練で出題されたもの)を市販の教材だと網羅できておらずに解けず、偏差値をがくっと下げることになるなどいう点からも独学での合格は難しいかと思います。
補足について予備校にとっては講座に受講してくれた方が1人の受講で60万とか入ってきますし独学が無理という風潮がありますし受験生も少なくニッチすぎるので出さないんじゃないんですかね。
テキストは過去な試験傾向なども含めてその講座の試験に対するナレッジが集約されている、いわゆる企業秘密的なところもあるので市販されないのかもしれません。

会計処理で、5年の商標登録したときの支払い報酬は長期前払費用になりますか?

会計処理で、5年の商標登録したときの支払い報酬は長期前払費用になりますか?因みに、登録免許税は全額租税公課ですね

税務的には、長期前払費用にする必要はありません。
商標登録手続きというサービスは既に受けてしまっているので、下記の通達で明らかなように《損金の額に算入される販売費等》に該当するからです。
ーーーーーーーーーーーーーーーー(債務の確定の判定)2‐2‐12 法第22条第3項第2号《損金の額に算入される販売費等》の償却費以外の費用で当該事業年度終了の日までに債務が確定しているものとは、別に定めるものを除き、次に掲げる要件の全てに該当するものとする。
(1) 当該事業年度終了の日までに当該費用に係る債務が成立していること。
(2) 当該事業年度終了の日までに当該債務に基づいて具体的な給付をすべき原因となる事実が発生していること。
(3) 当該事業年度終了の日までにその金額を合理的に算定することができるものであること。
ーーーーーーーーーーーーーーーー会計的に考えれば、5年分の費用なので、登録税を含めて長期前払費用にする余地はあります。

会計士の方、あるいは会計士として監査法人に勤務経験のある方どうかお助けを!

会計士の方、あるいは会計士として監査法人に勤務経験のある方どうかお助けを!会計士志望の大学生です!会計士の仕事は専門的で、1人で作業のできる空間を確保できるということを聞き、お世辞にも人付き合いの得意でない僕には向いているのではと思い目指し始めたのですが・・・実際には会計士はチームで監査を行い、一日中他の人と一緒に作業をし、昼食も大抵は一緒にとる。
ということでした。
これは僕にとってかなり苦痛です・・・特に昼食、3人以上の人間と食事をするというのが苦痛で仕方ない上に、休みの時間は1人の空間を確保できないと苦しくなってしまう僕にこの仕事は向いてないでしょうか・・・後、実務補修とはどんなものでしょうか?なんでも泊まりこみまであるとのことで、割と恐怖です。
ディスカッション等もあるようで、人付き合いが苦手だとつくづく生きづらいと思います・・・会計士には同じく人付き合いの得意でない方も多くいると聞きましたが、会計士生活を送ってきた方で、会計士の一日がどんなものなのか、そして僕のように閉鎖的な傾向のある人間はどうすれば生きていけるか、どんな些細なことでもぜひアドバイスをお願いいたします・・・!結構頑張って勉強してきたので諦めたくはないんです。
わがままで申し訳ないです・・・

公認会計士です。
監査法人でも働いてました。
コミュニケーションの不足は、公認会計士には向きませんよ。
コミュニケーション得意になって下さいと言いたいとこですが、苦手なものはしょうがないとこもありますね。
ま、私の見てきた感じでは、コミュニケーションが苦手な人も就職すればだいぶ改善されるはずです。
あとはですね、大きなクライアントで大きなチームだと、あなたの苦手な感じになると思うんです。
ただ、小さいクライアントもたくさんあります。
特にファンドやSPCの監査って、インチャージ一人、スタッフが一人とか二人だったりします。
だいぶ気楽じゃないですか?よって、そういうことをやりたいと言って、そういう部署に行けばいいと思いますよ。
そういう小さいクライアントは、往査日数も少ないです。
証憑突合だけ往査して、あとは事務所でやるとかが多いです。
事務所ということは、ランチとかは自由ですよ。
一人で行ってもなんら問題ないです。
次は実務補習ですね。
泊まり込みやディスカッションが確かにありましたね。
ただ、補習所は友達を増やす場所ですから、サークルの合宿ノリで楽しいですけどね。
たくさん友達を増やしておくと、もう完全に食いっぱぐれはなくなりますよ。
ここは、我慢して、友達を増やして下さい。
会計士の一日ですか。
これは、時期やチームによりますが…。
そもそもアサインがない日は、プラプラしてて大丈夫ですね。
ま、J1、2なら暇なら、勉強しておけばいいと思います。
アサインがないということは、上司はいませんから、好きなことをしてていいですよ。
アサインは、あるけど事務所の日は、ま、疲れてればよく寝てちょっと遅刻していって、午前中は殆どメールチェックとその対応じゃないですかね。
11時半くらいから飯にいって、13時ころ戻ってきて、15時くらいまで頑張ります。
私は喫煙者ですから、15時からプカプカタイムで15分くらい休んで、定時までまた頑張ります。
特にスケジュール通り進んでれば、インチャージには何も言わず、すーと帰ってましたね(笑)ま、その途中で他のインチャージに捕まって、残業とかはありますね。
スタッフのころは。
期末監査で往査してるときは、こんなにノンビリしてられません。
朝もキッチリいって、休憩も少なめ。
残業という感じですかね。
私がいた部署がそもそも緩いということもありますが、監査法人は、ちゃんとスケジュール通りに仕事ができてれば、締め付けは殆どないですよ。
私はインチャージもやりましたが、仕事は1週間単位でお願いして、後はご自由にという感じにしてました。
仕事中に寝てる人やお散歩にいく人がいましたが、期限通りに仕事が終わるなら、特に何も言いませんでしたね。
特に今は、業界としてダイバーシティが大事とか言ってますから、あなたも何ら問題ないですよ。
そのまま勉強を続けて合格して下さい。
とりあえず、合格することが大事です。
受かった後のことは、今、考えなくていいです。
頑張って下さいね!

こんにちは!
このたびは私の情けない質問にとても親切にアドバイスを
していただき、本当にありがとうございました・・・!
丁寧で温かい一言一言に大変励まされました!
まず小さいクライアントだと少ない人数で仕事をする
ということで、これはとても参考になります!
そういう部署にいくには面接で言えばいいのですかね?
ちょっと言い方に悩みそうですが・・・笑
あと実務補修は友達を増やす場と(メモメモ・・・)
私の場合、仕事でするようなビジネストークは恐らく
難なくこなせるんです。初対面の相手でも普通に
話せますし、お互い一歩引いた立場での会話は
普通に得意なので。
・・・苦手なのはプライベート的な会話でして・・・
友達ちゃんとできるかな。大学でもよく話す友達は
2人しかいなくて(泣)
あと会計士の仕事には波があるとは聞いてましたが、
よもやこれほどとは・・・
決算期はやはり忙しいようですが、それ以外は
わりと自由なのですね。ちょと憧れます
>監査法人勤務の者です。
基本的に作業は一人で行いますが、意外にもコミュニケーションが多い仕事です。
とくにインチャージ以上になると会社の人から会社のことを聞き、会計士としての意見を求められることが多くなってきます。場合によってはスタッフからそういったことが求められることもあります。まあ、これはいきなりやれといわれるわけではないですから徐々に慣れていくことができますので心配いらないとは思います。
また、社内でという観点からはおっしゃる通りチームで動きますから、オフィシャルなことですと監査チームでの討議などは監基法でも求められてますよね。日常でもこういった場合ってどうする?みたいな会話は普通にあります。また、オフィシャルじゃないような昼食時なども基本的にはチームで行きますので一人だけ別行動というのはよろしくないです。まあ、昼食は30分程度でパッと食べてそのあとの30分はネットみたり、散歩に出たり、コンビニ行ったり自由にできますよ。
確かに、補習所も泊り込み研修が2回、ディスカッションも結構ありますが、そんな肩肘張らないでも普通に会話ができればよいです。
私も人間関係が煩わしいと思う方の人間なので気持ちはわかりますが、結局のところそれは避けようがないので慣れていくしかないですね。
まあ、働く以上はどんな仕事でも人間関係は多かれ少なかれあるのでそこで悩んでも仕方がない気がします。>

-会計

© 2020 給付金とかで結構ウハウハごめんなさい