会計

会計事務所に入るタイミングはいつが良いでしょうか。 高卒27歳男、資...会計

会計士の試験勉強をするにあたって時間管理をしっかりしたいと考えています。
例え...

会計士の試験勉強をするにあたって時間管理をしっかりしたいと考えています。
例えば今日は財務会計論の時間に5時間勉強した企業法に2時間勉強したということを記録して最終的に棒グラフ等でわかりやすく管理したいのですがオススメのアプリありませんか?よろしくお願いします。

会計士です。
個人的にはアプリに入れるのもめんどくさいと思うのですが、ぱっと思いつくアプリはstudyplusかな。

公認会計士試験について。

公認会計士試験について。
自分は日本三大資格と言われるもののうち何かに挑戦したいと考えています。
ただその資格を必要とする職業に就きたいという訳ではなく、試験勉強が好きなので難しいと言われている試験に趣味で挑戦するといった感じです。
でもせっかく受けるなら受かった後にその証拠というか称号みたいなものがほしいなと思っております。
最初は司法試験なら弁護士バッジがあるなと思っていたのですが、司法修習生やら高い弁護士会費はネックですし、不動産鑑定士も研修が必要ですよね?しかし、公認会計士なら試験の合格後に登録すれば日本公認会計士協会準会員になれるという事なのですが、これは職業会計士にならなくても維持できるものなのでしょうか?会費的にも低めですし良さそうだと思ったのですが、入会の審査の段階でそういう人は拒否されますか?また他に難しい資格で合格後も資格試験合格者を名乗れるものをご存知でしたら教えて頂きたいです。
補足質問文が理解できない方が多いので簡単にまとめたいと思います。
難しく資格試験は何かないかなー、せっかくなら受かった証拠のようなものがほしいなー。
↓司法試験なら弁護士バッジがあるな。
ただ維持には弁護士会加入など実質弁護士をやる以外方法がないなぁ。
できれば終身資格がいいなぁ。
↓公認会計士準会員なら、会費がかなり安いので一番現実的なものではこれしかないのだろうか。
また、準会員になれるのだろうか。
↓ただ、結局安いというだけで弁護士と変わらないなぁ。
↓何か他にこの意向を満たせるような難しい資格試験ご存知でしたら教えてください。
結局質問文と書いてる事同じなんですが、理解できない方の為に。

日本公認会計士準会員は登録しても他人に証明できる称号のようなものはありません。
会員になればバッジをもらえますが年会費は12万円に増えます。
ちなみに準会員、会員いずれにおいても審査で職業会計士かどうかは問われません。
職業を記入する欄はありますが無職でも通ります。
他の資格でも称号的な要素があるものは高額な年会費がかかるものばかりです。
士業ではありませんがITストラテジストとか良いかもしれませんね。

回答ありがとうございます。士業でなくとも難しくて面白いならなんでもOKです。IT資格もいいですね。調べてみます。>ん?質問でわからないことがあるので教えてください。
貴方は受かったという証拠が欲しいだけなんですよね?資格試験合格者を名乗りたいだけなんですよね?
でしたら、別に登録する必要ないんじゃないですか?
試験を合格した際に送られてくる合格証書、通知書の類があれば十分ですよね?
だったら、一番難しいとされる試験受けて、それをもらうだけでいいんじゃないですか?
その職業に就く気は全くないんですよね?それで何で会費を気にしてるんですか?意味がわからないんですが…
ということで合格者である事実だけ欲しいなら、会費なんか気にせずに難しいことで有名な弁護士、会計士を含む高難度と言われる資格の試験全部挑戦してみたらどうですか?
年間費のことを考える必要がある意味が全くわかりません。
これ、真面目な質問ですか?>お前には一生かけても無理だよ。幼稚すぎるから笑>他の回答にもありますが…
正直、質問者さんが記載している資格が
質問者さんモチベーションで合格できるかどうかは疑問に感じます。
質問者さんの自由ですので合格できないとまでは言えませんが、
少し甘く見ていると感じるのも事実です。
資格取得として名乗れれば良いとおっしゃいますが
そこには何の価値も生まれません。
やはりどんな資格でも資格に価値があるのでは無く、
実際にその資格を活かして働いて患者さんやクライアントに
報酬いただけるようになって資格に価値が生まれます。
『何かに挑戦したい』というお気持ちは良いと思いますが…>税理士です。
質問者のいう資格より価値は劣りますが
税理士会の会費も高いです。
ただ、資格に合格する前から会費の金額を気にしていたり、
趣味程度の気持ちで受験する方はまず、試験に合格できないですし、
合格ラインに達するまでの道のりを超えれないと思いますので
会費については考えなくて大丈夫だと思います。
安心してください受かりませんよ。
本気度は人により異なりますが、真剣にその職業になりたいと
思っている人間が多数いる中で趣味程度の気持ちの人が
受かるはずがありません。
合格ラインに達すまでの勉強量も質問者さんの言う資格は
税理士と比較しても多いと思います。
税理士ですら軽い気持ちで受験をする人が脱落していくのも
何にも見ましたし、最初は本気で目指していた人でも脱落するのも
見ました。>弁護士も会計士も税理士もそのたぐいの文系資格は、「試験合格者」とは名乗れるけど(経歴書などに)、名刺に「公認会計士」と書け、名乗り、それを維持するためには、会計士協会に入り、毎年年貢を納める必要があります。年貢は確か年20万円くらいだったかと記憶しています。安くないですよ~。
あなたの意向に沿った資格は、「医師」ですね。これは日本の大学医学部の卒業単位を満たし、医師国家試験(2月初旬にあります)に合格し、医籍登録をすれば、一生死ぬまで「医師」を名乗れ、医師として仕事をしなくとも、法的に医療行為ができます。終身資格なので、研修も年会費も何もありません。医師会は入っても入らなくても資格には無関係です。
ちなみに医学部の学費は私立では6年間合計で3000万円~5000万円くらいです。国立なら国立大文学部と同じ学費ですが、僻地の国立医学部でも文系偏差値相当で70くらい必要なレベルですね。
がんばってくださいね!
あなたの意向を満たす、試験に受かっただけで資格を名乗れる高度なレベルの文系資格はこの世に存在しないと思います。ただ、試験合格者とはどんな試験でも名乗れます。なぜならそれが事実だからです。弁護士も「司法試験合格者」と名刺に書くのは問題ないです。もちろんそんなアホな人間は見たことないですが 笑>

仮に公認会計士試験合格時に就職難だとして、どこにも就職できない場合、数年後の...

仮に公認会計士試験合格時に就職難だとして、どこにも就職できない場合、数年後の就職環境好転時に就職できるまで待つという作戦はアリですよね?あるいは、合格後●年以内に実務経験を積まないといけないなどという制約はあるのですか?ご回答よろしくお願い致します。

公認会計士です。
合格後●年以内に実務経験を積まないといけないとかはないです。
ただ、普通は、早く実務経験を積み、修了考査に合格して公認会計士登録したいので、適当なとこに就職しますよ。
公認会計士協会の就職斡旋とかもありますから。
公認会計士登録後、大手監査法人に来たいなら転職とかが普通です。
もちろん、実務経験中でも、環境が好転すれば大手監査法人に転職する人もいますよ。

>合格後●年以内に実務経験を積まないといけないなどという制約はあるのですか?
⇒ありません>

会計検査院が一兆数千億の税金の無駄使いを指摘していますが、一応仕事っぽいこと...

会計検査院が一兆数千億の税金の無駄使いを指摘していますが、一応仕事っぽいことはしてるんですね?てっきり日がな一日死んだふりを決め込んでいる組織だと思ってましたが、息してるっぽいので驚きました。
しっかしくっだらねー仕事やってますよねー?良くそんな仕事できるもんだ。
誇りも矜持もないんでしょうね?

会計検査院の無駄の指摘なんて、本当のことを言えばズレズレの指摘なんですけどね。
積算の根拠とか、利用率の高さとか、そんなもの専門外の会計検査院が中身をわかるはずがないもの。
単に、額を積み上げたいから言い張ってるだけのことで。
そもそも国民が指摘してほしい無駄ってのとは程遠い、数字の遊びをやっているに過ぎないですよ。
(本当に無駄なものの指摘も当然ありますが)そうやって省庁の無駄や膨張の指摘をして最終的に会計検査院が狙っているものと言えば結局は会計検査院の権限拡大と予算、人員の獲得ですからね。
指摘している役所の無駄と同じことを目標にしているんですよ。

公認会計士試験の財務会計論の簿記は日商簿記1級と同じレベルですか?それとも財務...

公認会計士試験の財務会計論の簿記は日商簿記1級と同じレベルですか?それとも財務会計論の簿記が日商簿記1級の内容を全て網羅していますか?

財務会計論の簿記が日商1級を網羅しています。
一級の1.5倍程の勉強が必要です。

両方とりました。日商簿記1級は2カ月で合格しましたが、公認会計士試験の簿記はえげつなかったです。もう二度とやりたくないです(笑)とにかく、時間が圧倒的に足りない。公認会計士試験に合格してから日商簿記1級の問題を見たら簡単過ぎました。ほぼ全てを網羅していると思います。>財務会計の方が難しいですね会計士試験は日商よりさらに深い所を勉強するので財務会計で日商1級の商業簿記と会計学は網羅されていますが、工業簿記と原価計算については管理会計論で学ぶため、財務会計論だけで日商1級の内容を網羅している訳ではないです>

会計事務所に入るタイミングはいつが良いでしょうか。

会計事務所に入るタイミングはいつが良いでしょうか。
高卒27歳男、資格は数年前に取得した簿記2級のみです。
経理経験が3年程あり、現在無職にて転職活動中ですが、税理士・会計士を目指そうと考え始めました。
会計事務所で税・会計の知識を身につけながら学習しようと考えたのですが、簿記2級で会計事務所に入るのは業務への対等等を考えるとあまり得策ではないでしょうか。
税理士科目合格を1つか2つ、せめて簿記1級ぐらいは取ってから転職すべきでしょうか。
年齢もありますので、できれば今すぐにも転職をと考えておりますがタイミングは早いでしょうか。
最後までお読みいただきありがとうございます。
何かアドバイスをいただけると幸いです。

私は企業経理をお勧めします。
簿記二級で会計事務所に入って、やる仕事は、入力や書類のコピーなどの雑務ばかりです。
そんな仕事の経験をいくら積んでも、税理士の資格をとってから活きるものではありません。
会計事務所は小さな規模の事務所が多く、待遇は悪いです。
何故か勘違いする人が多いのですが、会計事務所も一般の企業と同じで、職員の人数と待遇はある程度比例します。
10人でやってる会計事務所だと、一般の企業の10人の会社と同じように福利厚生はないし、残業多いのに残業代も出ません。
休みもとりづらかったりします。
コピーと入力作業を1日12時間やって、土曜も仕事に出て月給20万円の会計事務所で仕事する。
それよりは、これまでのご経験を活かして、それなりの規模の会社で経理として働く方が良いと思いますよ。
そして働きながら、会計2科目は取りきってから会計事務所に勤めるのが良いでしょう。
会計科目は知ってないとお話になりませんが、会計科目だけでは仕事になりません。
会計事務所というのは公認会計士が所長の事務所によく掲げられていますが、実務は税務です。
会計だけでなく、税務を知らないと仕事になりません。
就職先を判断するとき、会計事務所を特別扱いしないでくださいね。
事務所の人数をみて、一般の企業だったらこの人数と仕事内容、待遇ででも入社するかどうかを判断して下さい。
繰り返しになりますが、税理士になってからの仕事と、簿記二級で入って会計事務所でやる仕事は、全く違います。

私は企業経理を勧めます。
会計事務所の仕事と税理士試験勉強は違います。会計事務所の仕事を一生懸命頑張っても合格はありえません。勘違いしない為にも就職は会計事務所以外のところが宜しいです。まず、試験に合格してそれから実務経験の為に会計事務所へ就職した方が良いと思います。試験勉強は独学より夜学・通信がよいでしょう。受験情報やテクニックの関係で合格時期が早まる方が多いです。>税理士試験合格を目指すなら、早い方が良いと思います。
仕事が終わってから学校へ行く、又は休みの土日に学校へ行く。
この時に体力根気が無いと続きませんから、若いうちのが良いでしょう。
仕事自体は簿記2級とPCが使えれば何とかなります。
税理士事務所は専用機を使っている所が多いので、エクセルやワードより簡単に操作できます。
年間のスケジュールとして
12月・1月は年末調整や法定調書の作成
2月・3月は個人の確定申告
4月はちょっと大人しく
5月は3月決算法人の申告時期
6月~11月は特にイベントなし
(法人の決算は会社ごとに違うので、毎月申告業務はあると思って下さい)
入るとしたら「受験生に融通が利く事務所」
定時退社残業なし試験休みあり→ただし給料安め(3月の確定申告時期はさすがに残業休日出勤あり)
確定申告時期にどのくらい時間が取れるか
試験時期に休みをどのくらい取れるか>税理士が目標でないのなら、早く会計事務所へ就職したほうがいいですね。簿記2級なら会計事務所の仕事は十分にできます。ただ簿記だけで全ての仕事ができるわけじゃありません。あくまでも基礎です。
あとは事務所に入ってから勉強や経験を積んでいけばいいです。
会計事務所では税務の他にも健康保険や年金の事ことなでの知識も必要です。事務所のスタイルにもよるでしょうけど・・・>9月~10月は税務が比較的落ち着いている頃なのですが
11月も下旬を過ぎれば年末調整の準備が始まるので年末から5月末までは超繁忙期になりますから今の時期から求人自体は増えてくると思います。
ただし、忙しすぎてなかなか新人の指導に手が回らないという事もありますので、内部の実務研修や業務マニュアルがしっかりしている事務所をお探しください。
自分的には4月から入社するほうがベストかなと思います。
官公庁の事業年度の区切りだし、3月決算(5月申告)の多忙さも見られます。
7月に納期特例の源泉所得税納付事務をやっておけば年末調整の足がかりにもなるから。
今の時期は求人は多いのですが、繁忙期に差し掛かるので簿記の知識だけでなく税務の知識も必要となってくるので即戦力になる人を募集していると思います。>将来、独立開業する以外はすぐ就職した方が良いでしょう。
無職の期間が長ければ就職先は絞られてきます。
税理士試験を専念して失敗して廃人みたいになる人もいます。
本当にどこの会社にも相手にされず悲惨な状況です。
税理士受験生やってましたと面接で言ってもそれが何?というレベルです。
ちなみに税理士事務所で使用する簿記レベルは2級で十分です。1級や簿記論、財務諸表論持っていてもほとんど使う場面はないでしょう。(担当持つにしても大法人などいきなり担当しませんから)
仕事に役立てる為に勉強するなら法人税、所得税、消費税あたりの基礎でしょうね。>

-会計

© 2021 給付金とかで結構ウハウハごめんなさい