会計

会計と経理はどう違いますか?会計

公認会計士、税理士ともに試験に合格し登録を受ける際に実務経験が必要になると規...

公認会計士、税理士ともに試験に合格し登録を受ける際に実務経験が必要になると規定されていますよね?この実務経験について質問させてください、公認会計士の実務経験とは会計事務所の監査を指し、税理士の実務経験は会社の経理や税理士事務所の実務を指すという意見を多く見かけたのですがこれは事実でしょうか?また実務経験の例をいくつか教えていただきたいです。

会計士の実務要件は 監査法人での監査の他 上場会社の経理なども含む。
税理士の実務要件の理解は概ねそれで良い。
www.fsa.go.jp/ordinary/kouninkaikeisi/#1-1www.nichizeiren.or.jp/prospects/entry/howto/

意見とかでなく
どちらともホームページに書かれてます
公認会計士の方は公認会計士・監査審査会
税理士の方は国税庁>

公認会計士を目指している高1のものです。
僕は大学付属校に通っているので受験があ...

公認会計士を目指している高1のものです。
僕は大学付属校に通っているので受験がありません。
そのため進学校の生徒さんたちが受験勉強をしている間、僕は公認会計士の夢を近づけるために勉強をしたいのですが、何から始めればいいのかわかりません。
どなたか教えてください。
よろしくお願いします。

公認会計士試験合格者です。
付属校に通っている人で高校のうちから公認会計士の勉強をする人は結構います。
将来のために良い選択だと思います。
早く受かることは多くのメリットをもたらすでしょう。
公認会計士試験は受験資格がありません。
望むなら今年受けることだって出来ます。
公認会計士試験に合格するためには予備校に通う事が事実上必須となっています。
予備校とはTAC、大原、東京CPAなどです。
どこでも受講料は70万円程度です。
早く受かればキャッシュバックをしているところもあり、そういうのを使えば30万円程度に抑えることも可能です。
公認会計士試験を受けることを固く心に誓っていて、全く迷いがないなら上記3つの予備校に話を聞きに行き、最も自分に合うところに申し込みましょう。
それが最も効率的に会計士試験に合格する方法です。
もし会計士を受けるかまだ迷いがあるなら、上記予備校がやってる会計士の体験講義などを受講してはどうでしょう。
簿記3級レベルまでを無料でやってくれるところもあります。
また、直ちに会計士を受けるか迷いがあるなら、簿記2級を独学してみるのも手だと思います。
簿記2級はいいテキストが市場に溢れているので、勉強も簡単です。
あと試験範囲が会計士に完全に含まれているので無駄になりません。
しかし簿記1級まで独学はやめた方がいいです。
それは簿記1級の試験形式が会計士試験とは必ずしも同じではなく、直接会計士試験に役に立つのか疑問だからです。
あと簿記1級の市販テキストはイマイチなのが多く、それよりは予備校の会計士講座のテキストを最初から使った方がいいです。
予備校と高校の両立は可能です。
付属校なら高校の勉強はたかが知れてるので(公認会計士試験と比べればカスのようなもの)、気にすることありません。
あと周りに会計士試験は高校生ができるものじゃないとか言ってくる人がいると思いますが、無視しましょう。
頭がいい人は若くても必ずできます。
凡人の思想に惑わされてはいけません。
夢に向かって頑張ってください。

まずはチャンと高校の勉強をしろ。受験資格はないがそもそも基礎学力がないと、監査論、租税法、会社法、選択科目の学習に支障が出る。、>ryotos13さん
公認会計士試験には受験資格はありません。
日商簿記1級をとれば受験資格になるとなっているのは税理士試験です。
質問に対する回答
ベストは、資格予備校に入って公認会計士試験の勉強を開始することです。>公認会計士の試験を受けるには、たしか簿記一級を取得してないと受験資格が得られないって商業系の大学にいった友達が言ってた気がします。なので、簿記の勉強とかをして見たらどうですか?>

公認会計士でも、お酒の力が入ると人格が豹変し、JKにもお酒を飲ませて

公認会計士でも、お酒の力が入ると人格が豹変し、JKにもお酒を飲ませてワイセツな行為に及んでしまうこともあるのですか?

会計士とて特殊な人間の集団でないので、3万人もいたら酒癖が悪い人間はいる可能性はあります。

それはTOKIOの山口達也。>おらおらもっともっと中傷投稿あげろよ
どんな笑える馬鹿な投稿をするか楽しみなんだよ。
今日のノルマは30個。>

公認会計士の資格を取得しようとしています。

公認会計士の資格を取得しようとしています。
24歳男性の社会人です。
公認会計士また監査法人の方やこの業界に詳しい方に質問です。
今の仕事を辞めて公認会計士の資格を取得できる学校に通う予定をしています。
収入がなくなるのて次の仕事をしながらと思っています。
次の就職先は、公認会計士が実務経験、補助が2年(合格前か後)必要なので 財務経理か監査法人と考えています。
求人を見ていたら公認会計士試験の支援採用している監査法人がありました。
支援採用は合格に繋がるものなのでしょうか?また資格学校と両立はできるのでしょうか?詳しくわかる方いたら教えてください

監査法人勤務の公認会計士です。
みなさんが言われるように科目合格は必須です。
もしくは高学歴、かつ、経験があるとか、都銀勤務の人などです。
はっきり言って申し訳ないのですが、仕事しながら合格するのはごく一部の選ばれた天才だけです。
超難関大学の人が朝から夜中まで自習室にこもっても半分以上が落ちる試験で、一般人となると合格率は恐ろしく低いです。
仕事してる人の合格率の参考にして欲しいのですが、税理士崩れではない5科目合格者の本物の税理士の合格率は1?2%です。
朝から晩まで勉強して5科目に合格した税理士が、朝から晩まで税理士業務をしてきて、なお、1?2%しか合格しません。
そんなに詳しいのにもかかわらずです。
これは公認会計士試験の合格者調べに記載があるので見てください。
ちなみに、諦めた人はこの割合に含まれていません。
諦めた人はこの何倍では足らないでしょう。
否定的な話ばかり書きましたが、公認会計士試験は努力で取れる試験です。
あなたが本気で朝から夜までやれば2年で十分合格します。
金のことを言っているうちは無理なので、本気なら金を貯めるなり借りるなりしてはどうですか?今なら確実に大法人に入れます。
頑張ってください!

皆さん、否定的な意見ですが確かに現状では難しいでしょう?質問者様がやる気で、且優秀な人材なら可能でしょう!
「公認会計士試験の支援採用している監査法人がありました。」確かにあるのは事実です。しかしながらそこは企業です。受かりそうでは無い方には門戸は開かないでしょう!
13年勉強し会計士論式合格者がいらっしゃりますが、法人には入れなかったみたいです。覚悟と根性あるのであれば、一度チャレンジされたら?それからでも会社を辞める判断は遅くないと思います。>今までの学歴や職歴が重要です、少しは経理や会計に絡んでいましたか?
全く無縁でしたら、まず不可能です。
また財務経理や監査法人への就職も無理でしょう、支援採用と言うのは科目合格をして居る様な人が対象です。
今働いている仕事に関連する資格を目指される事を、お勧めします。>精神科に行って診断書を貰い、生活保護を受給しろ。。。>働きながらは不可能とは言いませんが、まぁ睡眠時間次第ですね。質問者様は1日3時間睡眠を最低2年間続ける自信はありますか?無理なら諦めた方がいいです。そんな働きながらできるほど甘い試験ではありません。ですが睡眠時間次第では可能になります。ほとんど寝ないつもりで死ぬ気で2年以上続けれるのなら可能と言い切れます。ですが現実的にはそんな生活してたら身体を壊します。それと同時に夜中に勉強しても効率的に勉強出来ません。勉強は昼間するものです。夜は基本的に睡眠時間です。人間にはごく稀にほとんどの睡眠時間を必要とせず生活していける人もいますがそんなのごく稀です。わたしは8時間たっぷり寝たいので無理です。睡眠時間も勉強なんですよ。と、ちょーリスキーになります。仕事の時間は専念の人は勉強して、夜は息抜きだったりたっぷり睡眠時間を確保します。そうすることによって勉強のモチベーションや健康が維持され、ベストの状態で会計士試験も受験出来ます。ですが仕事をしながらだとその仕事の時間を勉強の時間にあてることが出来ません。非常に無駄な時間です。娯楽や睡眠時間をしてた方がいいです。仕事の時間が無駄になり、その分勉強時間も確保しないといけません。しかもリラックスも睡眠時間も確保出来ません。受験する上で睡眠時間とリラックス娯楽は大事な物です。ですが仕事は ハッキリ言って価値のない無駄な時間です。結論からいうと、睡眠時間をなくすか多い時でも2時間 3時間の生活を2年間以上出来るのならやってみる価値はあります。ないなら仕事はやめましょう。>やめとけ。昔みたいにに美味しい仕事ではない。>

「公認会計士が消える」について

「公認会計士が消える」について現在会計士を目指し簿記から勉強中の大学生です公認会計士の仕事が機会にとってかわり激減するだろうという予測についてどう思われますか?しかしながら、今は会計士の合格者数が減っていて目指すにはいい機会だとも聞きました将来消えるとささやかれますが、それでもなお目指すべき資格でしょうか?

企業がある限り消えません。
なぜなら、公認会計士の基本的な役割は変わらずとも、常に社会の変容に合わせてサービスを提供し続けることを重視しているからです。
システムを司るのは人間です。
人間による不正が行われる可能性がゼロにならない限り、会計士の存在意義は失われません。
また、企業の数と規模が激減しない限り、会計士の数は減りません。
第三者性は公認会計士にのみに許された特権です。

「機会」ではなく「機械」ね。会計士試験ではどちらの「キカイ」も書く事あるから要注意っす(笑)
さて、その話、キャリアガイダンスでよく言われる話ですよね~。アメリカの偉い大学教授が「機械化IT化により30年後には今ある仕事の半分が無くなっているだろう…」ってやつね。僕は会計士は無くなる事はないと思っていますが、それは僕自身が公認会計士も持っているからだけかもしれません。
でもね~、もし無くなるとしても、会計の知識は無駄にならない・会計って楽しいなという考えが全くない人は会計士を目指すべきではないと思うよ。 損得で考えたら現状ですでに信念がないなら楽しい大学生活を捨ててやることではなくなってますよ。>ITが進化すれば監査業務はいつか消えるでしょうね。ただ、今公認会計士になることのメリットは十分にありますよ。監査業務を通じて学べる事が非常に多いです。監査法人のおよそ8~9割の会計士はサラリーマンと化していて、与えられた業務をそつなくこなす事や、効率的な監査の手法の研究ばかりです。ただし、監査とは制約のない質問、資料の依頼という特権を与えられた仕事です。この特権をうまく使えば、色々な会社のビジネスの知識、業務の知識、経営の知識、勿論経理の知識も体系的に学べます。そして学んだ知識、経験を監査法人以外で生かせる仕事は公認会計士だけではないでしょうか。ここは有機的なつながりのあるところなのでITでは代替できないと思います。ただ、上記の自分が興味がある事を突き詰めるという仕事?自体は監査法人内では評価につながるわけでもなく、自分の仕事を増やすだけでもあるので、ほとんどの会計士はサラリーマンになります。。資格はいつか将来消えると思いますが、今なら公認会計士は目指すべき資格ですよ。>発言者が会計士の仕事を理解しているのか疑問ですね。
会計士は単純な計算をする仕事では無く、複雑な知的作業が必要になる仕事です。
機械化がもっとも難しく、機械化されるのが一番最後になるのは複雑な知的作業です。
技術の進歩に際限はありませんから、遠い未来にはすべて機械がやれることも当然にあるでしょう。
よって、あなたが死んだあとの遠い未来には、機械にとってかわられ、会計士の仕事が消滅することは必然です。
しかし、その時にはすべての仕事が機械化され人間は働く必要は無くなっているでしょう。
そうであれば、あなたが死ぬまでの間は消滅することはまず無いし、消滅したなら働く必要が無いのですから考えることすら無駄です>機械的に物事が判断できる物と、出来ないものが有ります。
士業の仕事は、後者です。
公認会計士が減っているなら尚の事 取るべきです。
しかも公認会計士の資格が有れば、税理士も登録出来ますから、損はないです。
ただ資格を活かすも、殺すも 貴方次第ですよ。
資格はお金を造ってはくれませんが、貴方の知識をお金に変える事をしてくれます。>開き直って考えると、上場企業に監査法人のハンコが必要という法律的なシステムが存在する限り、公認会計士がなくなることはないでしょう。まぁ、これも一つの既得権益みたいなものです。>

公認会計士について。
大学1年で公認会計士の資格を取るために専門学校にも通って...

公認会計士について。
大学1年で公認会計士の資格を取るために専門学校にも通っています。
いわゆるダブルスクールと言うやつです。
私は地方から上京して大学に通っていて、大学卒業後は地元に帰らなければなりません。
と言うのも私が長男だからです。
会計士の勉強を始めるときは東京で就職すると決めていたので良かったのですが、ここ最近長男は地元に帰ると言うのを耳にしたのでこのまま勉強を続けていても地元に監査法人がなければ意味がないのでは?と思うようになって来ました。
そこで質問なのですが、地方にも会計士の資格を活かして就職出来るところはあるのでしょうか?監査法人以外にもあれば教えてください。
よろしくお願いします。

一般企業に就職も良いのですが、合格されても「公認会計士試験合格者」として扱われます。
公認会計士で無い今、無資格と同じでは?システムは十分ご存知だと思いますので省略致しますが、大学に通いながら非常勤で勤務されている方もいますし、並行して実務補習所に通われています。
大学生でも合格されているなら、卒業後2年で終了考査の受験資格を得られ、合格後は「公認会計士」として仕事が出来ます。
公認会計士なら、登録すれば「税理士、行政書士」等の業務が出来、地方での就職、開業も出来るのではないでしょうか?ご両親と今一度お話され、大学卒業(在籍中)後監査法人に就職されて資格を取られても地元に戻るのも選択肢して下さい。

今時、卒業と同時に地元に帰らないといけないなんて時代錯誤です。
なので、君が将来何をしたいかで選べばいいです。
会計士の資格はどの企業でも活かせますよ。会計が不要な企業なんてありえないので。>会計事務所なら地方にもいっぱいありますよ。>地元に本社のある上場企業。>大手監査法人の支店を狙ったら>

公認会計士について。
大学二年の男です。
公認会計士になりたいと考えて自分なりに...

公認会計士について。
大学二年の男です。
公認会計士になりたいと考えて自分なりに勉強もしてきました。
ですが家族からは反対されています…。
確かに公認会計士がかなりの難易度である事も分かっていますし、不合格が続けばその分費用も時間もかかってしまいます…。
もし独学だけでなく予備校などに通う場合はかなり費用もかかるのでその部分もネックではあります。
家族に負担はかけたくないですし、もしこのまま公認会計士を目指す場合、全て自分負担になります。
公認会計士を目指している人や公認会計士に合格出来た方など、色々な意見が聞けたら助かります。

公認会計士です。
家族から反対されるというのは厳しいですね。
でも、公認会計士試験合格のためには、予備校とのダブルスクールは必須です。
よって、親にお金を出してもらうか、自分で稼ぐか、諦めるか以外に選択肢はないです。
私の知人も親の支援なしで、働いて予備校にいき、合格した人がいます。
本試験直前まで働いてたようですが、大したものだと思います。

公認会計士試験については、合格するにしても諦めるにしても3年程度
親からお金を借りるあるいは自分でバイトをするなりして何とかお金の調達を画策しましょう。
この試験い若い人向きで、この学生時代ぐらいやっとかないと、なかなか中年とか挑戦しても難しい。>公認会計士は確かに難易度が高いですし、ご家族の気持ちも少し分かる気がします。ですが公認会計士はひと昔前よりは合格し易くなって来ているみたいですよ。参考になりそうなブログがあったので時間がある時にでも見てみて下さい。ameblo.jp/nishiuraisao/entry-12252636870.html 私はやりたい事を諦めて挑戦しなかった事があって、後悔している部分があるので、よく考えて、本当になりたい気持ちが強いのでしたら頑張ってみた方が私は良いと思います。参考になる回答になったか分かりませんが、応援しています。>こんにちは。ご家族からの反対の理由は何でしょうか?あと、今の生活で勉強時間に充てられそうな時間は何時間くらいありますか?日商簿記2級取得の有無も教えて頂けたら幸いです。>

公認会計士試験の受験生に勇気ある撤退を勧めて就活するように勧めている回答者は...

公認会計士試験の受験生に勇気ある撤退を勧めて就活するように勧めている回答者は実は会計士受験生だったりしますか?

大体会計分野の連中は利権争いばかりしとるからね。
金融庁の会計士が財務省の税理士から独占業務などを奪うために、自作自演で問題を埋め込んだ可能性があるね。

公認会計士試験は大学入試とかと違って定員があるわけではない。一定率者を合格させるものなので、脱落者が出ることで自分が合格しやすくなるわけでない。逆にこういう動揺者はむしろ受験してもらった方がいい。>その可能性は極めて高いとおもいます。
ライバルは一人でも「消したい」でしょうからね!
安易な撤退は後悔するとおもいますよ。>

会計士 とは?

会計士 とは?公認会計士を略して会計士と言ったりしますか?それとも、単なる会計士って存在するんですか?

会計士 → 公認会計士及び会計士補(現在では無くなった資格)の総称。

無知でスミマセン会計士補とは、公認会計士の補佐的なものですか?資格の名称ではなく、業務ことですか?>

会計と経理はどう違いますか?

会計と経理はどう違いますか?

会計と経理の違い?会計とは、経理や財務を包括したものです。
会計の中の一部分が経理です。
●会計と経理という言葉が並ぶと、お店などの会計とは、意味が全く違います。

-会計

© 2020 給付金とかで結構ウハウハごめんなさい