会社情報

旅行会社の航空券予約システムと航空会社のサイトから直接予約する空...会社情報

会社がAdobeのIllustratorとPhotoshopのアカデミック版を購入したのですがかなり問...

会社がAdobeのIllustratorとPhotoshopのアカデミック版を購入したのですがかなり問題があると思うのですが…個人情報の扱いに詳しい方、Adobe製品の規約に詳しい方に質問です!会社が個人情報を勝手に使用し、従業員を通信制パソコンスクールの会員にし、そのスクール経由でアカデミック版を購入しました。
かなり問題があると思うので、自分なりに調べてみたのですが分かりにくくて…私を含む数人は個人情報をそんなことに使いたくないので拒否したのですが、何人かの従業員は個人名義で登録させられています。
さらに私の情報に至っては合意なしで勝手に使用されていました。
キャンセルをするよう要求し、キャンセルしておく、との回答を社内の担当者から得たのですが全く信用できません。
教えていただきたいのは以下の点です。
●アカデミック版を名義は個人であっても法人の会社のパソコンで使用することに問題はないのか?●勝手に従業員の名前を利用し、パソコンスクールの受講生にするのは法律に違反していないのか?以上です。
長文で分かりにくいかもしれませんがどうぞよろしくお願い致します。

経営者が法人の代表として自覚が全くないですね。
全て違法行為です。
そういう代表がいる会社なんて経営もいい加減だし、また日頃から雇用者の待遇に対してもそういう悪質な策略を常に考えているでしょう。
だれかアドビーに通報したら、違約金が発生することは間違いありません。
いわゆる詐欺そのもの。
現在、あなたも他の従業員の方もその会社に在職されているので、非常に立場的には難しいとは思いますが、法人で使用するのであれば、代表に正式なライセンスを取得したものを使用するように働きかけてみては?(もっともそのような姑息な事を考える人間には“めかに釘”だと思うけど)>●アカデミック版を名義は個人であっても法人の会社のパソコンで使用することに問題はないのか?>●勝手に従業員の名前を利用し、パソコンスクールの受講生にするのは法律に違反していないのか?勿論、違法そのもの。
裁判沙汰になっても仕方がないでしょう。
摘発されても、そのような代表だったら従業員が勝手にやったとも言い兼ねないですね。
そのような代表が経営している会社は早く辞めた方がいいでしょう。
あなた自身スキルがあってもそのような会社に居続けたら将来の夢まで壊されます。
デザイン会社は腐る程知っていますが、そのような会社は今まで見た事もないです。
それにしてもいい加減な会社だね。

●アカデミック版を名義は個人であっても法人の会社のパソコンで使用することに問題はないのか?
ー問題あります。
学生・教職員個人版は 使用許諾書 の範囲内で商用利用が可能です。 ただし、学校や会社所有のPC にインストールは認めていません。 ご自身で所有するPCにインストールしてご使用ください。(Adobeサイトより)
●勝手に従業員の名前を利用し、パソコンスクールの受講生にするのは法律に違反していないのか?
ー違反していると思います。
社員の情報も個人情報保護法で守られています。詳しく細かい部分でどこが引っかかるかはわかりませんが、「勝手に」は完全にだめでしょうね。
コンプライアンスについて認識の薄い社員が混じっていらっしゃるようですね。
どのような業種の企業なのかはわかりませんが
今の時代、企業として知っておかなくてはならない事があると思います。
余計なおせっかいですが、体制を改善するように働きかけるか、
無理であれば転職を視野に入れておかないとちょっと怖いですね。>なんか、やばそうな事が書かれてますね・・・。
まずこちらに連絡して相談するのが良いと思います。
5. 教育機関向けプログラム
学生・教職員個人版製品、
指定校ライセンスプログラム、 コンカレントライセンス
アカデミックコールセンター(混雑状況)
03-5350-7133
9:30 ~ 17:30 (平日) *>

<NTT9432>日経会社情報DIGITAL。

<NTT9432>日経会社情報DIGITAL。
…に載っている「業績」を見ると、A:「2016/9連s=配当 / 1株=60円」B:「2017/3連s=配当 / 1株=120円」と書いてあります。
①上記の「s」って、どういう意味ですか?②上記Aは、9月の中間決算は、配当が60円。
上記Bは、3月の期末決算は、配当が60円、なので、 中間決算と期末決算の配当を合わせて120円。
…、ということなんですか?③中間決算と期末決算を合わせて180円、ということでは無いんですよね?(冷や汗)お詳しい方、教えてください。

中間が60円、期末が60円あわせて年120円ってことです☆

交通事故の被害者です。
加害者側の保険会社に個人情報を第三法人へもらされました...

交通事故の被害者です。
加害者側の保険会社に個人情報を第三法人へもらされました。
どうしたらよろしいでしょうか。
補足どこへ訴えたらいいのでしょうか。
慰謝料はどうなるのでしょうか。

損保会社で人身事故の担当者をしています。
>どうしたらよろしいでしょうか。
ご質問者様に具体的損害が発生しているのであれば、その損害を立証して、保険会社に損害賠償請求を求めるということになると思います。
保険会社が損害賠償請求に応じない場合には、最終的には訴訟する(つまり、裁判所に訴える)ということになります。
具体的損害が発生していないのであれば、ご質問者様にできることは、「今後、適切に個人情報を取り扱うよう求める」ことだけだと思います。
【追伸】私の回答は保険会社よりになっている可能性がありますので、他の方の回答も参考になさってください。

<加害者側の保険会社に個人情報を第三法人へもらされました。
どうしたらよろしいでしょうか。>
何もする必要はありませんよ~
普通に考えて「第三法人」っていうのは事故関係で必要な情報を連絡して当然の相手でしょうね。
その具体的な名称を教えて下さい。 そうすれば不当行為かどうか判断できます。>個人情報を漏洩されたことにより被った損害はどの様なものがありますでしょうか?それにより慰謝料も変わります>

旅行会社の航空券予約システムと航空会社のサイトから直接予約する空席情報は異な...

旅行会社の航空券予約システムと航空会社のサイトから直接予約する空席情報は異なるのですか?12月にシンガポール経由でカンボジアの旅行をしようと思っており、何社もの旅行会社に航空券の空席照会を電話でしましたが、帰りのカンボジアからシンガポールが希望の日程だといっぱいだといわれました。
どこの旅行会社にかけても、その日はビジネスまですべて席がうまっていると言われました。
どうやって空席情報を確認しにいってるのか聞くと、直接航空会社のシステムにみにいっていると言われたのですが、自分でシンガポール⇔シェムリアップをフライトしている「シルクエアー」のサイトで空席確認をすると予約できるように空席がでてきます。
旅行会社では予約出来ないけど航空会社のサイトだとあいていることがあるのでしょうか?航空会社と旅行会社がどういった仕組みで予約システムを行っているか詳しくわかる方がいればお願い致します。

航空会社の仕事には航空券を販売することがありますその中には、直接自社で販売する席数と、旅行会社に販売する席数さらにその中には個人用と団体用、最後に緊急用の予備席などいろいろに区別しています当然ここに料金が異なるわけで、直接販売するものは一番儲けも多いわけです。
しかし反面売れ残りの場合も考えなければなりません。
売れ残りを防止するために、旅行会社に価格を下げて販売しているわけです。
不通の旅行社であれば、この枠内をまず探すはずです。
直接販売の枠を売っても会社に利益は出ません。
航空会社は期限が迫ってくると、売れ残りそうな自社割り当ての席を旅行会社に押し付けてくることが良くあります。
そのときは当然価格も下がると言うことです。
このタイミングで旅行会社に電話をかけたとすると、割り安で席が確保できるときがあります。
これは航空会社に仕組みと言うか、経済の仕組みですね

これは、2つの理由があるからです。
一つ目の理由は予約クラスが関係しています。
航空券のクラスには大きく分けてファーストクラス、ビジネスクラス、エコノミークラスの3つですが、それ以外に更に細かく予約クラスが分かれていてクラス毎に発売座席数が決まっているのです。
この予約クラスとは同じ座席クラスであっても航空券をいくらで発売しているかのランクを意味します。またマイレージのフライトマイル積算率(区間マイルに対して何マイルもらえるか)の基準にもなっています。
ホテルも同じ考え方で一部屋をいくらで発売するかで一人当たりの単価を決めて料金ランクを決めています。
普通料金がラックレートと言い、一般向けの割引料金、常連客・長期滞在者・企業向けの割引料金、旅行会社向けのプロモショーン料金やパック旅行用のシリーズ料金と料金ランクが分類されて発売ルーム数も決められています。
なので、同じ航空会社の同じクラスの航空券であっても旅行会社で予約するのと航空会社で予約するのでは空席状況が異なってくるのです。(ただし、普通運賃と航空会社が発売するANAのエコ割等の正規割引航空券はどこから予約しても空席状況と運賃・料金は平等です。)
2つ目の理由は特にジェットスターやエアアジアなどのLCCと呼ばれる格安航空会社は販売コスト削減の観点からネット予約による一般客への直販を優先して販売手数料のかかる旅行会社は最低限のお付き合いしかしない事もあります。
証拠としてジェットスターの場合は取り扱っている旅行会社がHISとかネット系の旅行会社くらいで限られていて、発売座席数も限られ運賃・料金も安い一般航空会社と遜色ありません。
こういった所です。
それから、空席があって現地の国内線や国際線をで予約したい時には「イニシャルキャリアー」と言って最初に利用する国際線の航空会社から予約するのが基本ですが、空席あってやろうと思えば直接ネットでオンライン予約すれば簡単にできます。
また、航空会社へ電話で予約する場合は「現地から搭乗する」旨を伝えて現地の関係先の電話番号を伝えれば問題ありません。
航空券はノーマルの場合、前日までに購入すればOKです。>簡単に言うと、旅行会社のシステムには、その旅行会社が売れるチケットの席が出るし、個人が航空会社で席を調べれば、個人が帰る席が出るだけのことです。(どちらも買えない席は実際に売れているかどうかは別として「満席」として表示される)
見ている席が違うので、結果が違うのは当然です。>

-会社情報

© 2020 給付金とかで結構ウハウハごめんなさい