会社情報

土地売買の個人情報について インターネットで不動産会社が出している...会社情報

教えてください

教えてください会社の情報システム部門の方が突如急病で倒れてしまい他に対応できる者もおらず、運悪く現在進行中の案件を任命されました(私はまったく情報システム関連の人間ではありません)自分で調べてみてある程度DNSとはなんぞやという部分は理解できたですが、自力でたどり着くことができず、よく理解できませんどなたかご教示いただけますでしょうか■案件内容現在DNSサーバを内部・外部で使用しており、外部DNSはDMZに配置、内部DNSはイントラネット上に配置。
他社ベンダーから、現状DMZは外部DNSサーバだけが置いてあり、外部DNSの為だけにDMZを維持するのは無駄とのことで外部DNSをキャリアのアウトソーシングサービスへ移行すべきとの提案①通常はどういう構成がベストなのでしょうか? 環境による、というのは理解してますがそういうとすべての物事はそれで片付けることができるので こうならばこう、という形で例をいただけるとありがたいです②この提案で移行することのメリットは何でしょうか?③アウトソースすることのデメリットは何でしょうか?④現状アウトソースしないとすれば何をしなければならないでしょうか?まだ必死に勉強してますが・・・テクニカルな部分は理解できても他にどのような選択肢があるか、どうすべきかというのはまだまだ自分では導き出せません・・・お手数ですが、ご教示よろしくお願いします

情シスさんの管理者さんがいると思いますので、たとえ代理でも、即答(自分でかってにきめて、YES/NOの返事の判断をしてはいけない内容)にみえますが・・・。
ついでに、情シスの該当担当者がたおれても、情シスが1人だけとは限らない。
全くの担当者じゃないあなたが代理をするよりも、情シス部の他の人に、先に相談すべきです。
情シス部の部長もおらんのか?ってことですよ。
(決定権限をもっている人)※社内全体のことにかかわることだし、ついでに、外注に出すなら出すで、経理も発生する部分だし、ちゃんと稟議書とか通さないとダメなんじゃないのでしょうか?が、理由は、案件内容にすでに書いてあり、>>>現状DMZは外部DNSサーバだけが置いてあり、外部DNSの為だけにDMZを維持するのは無駄とのことでが、もう一つ問題なのは、こう指示を出してきている相手ってのは、どんな立場のやつなのじゃ?ってことです。
ベンダーといっても、社内LANを改善する担当を依頼されている立場なのか?とか。
それぞれの企業によってポリシーは異なりますから、あえて外部用DNSサーバーを置いている場合もあるだろうし、意味なく過去からそうだったから・・・という理由でおいている場合もあり、ベンダーのおっしゃる通り・・・という場合もあるだろうし・・・自運営するのと、外注に出すのと、どっちがコストがかかるんじゃい?みたいな部分も含め、やっぱり、稟議とか通さないとまずそうじゃない?

ちゃんとわかる人が来るかあなたが理解できるようになるまでは変更などしない方が良いでしょう。特にDNSと言うのは未経験者がいじると面倒な事になりやすい。
もしどうしてもやるなら方法の伝授はできます。>ネットワーク構成や現在の運用が良くわからないので、アドバイスしづらいですが、その他者ベンダーの提案が弱い事は伝わります。
私なら、なんでダメなの?と聞いてみると思います。
セカンダリを外部に、マスターを内部に置くというのは、良くある構成だと思います。
セカンダリが外部にあるので、外部の名前解決は問題ないでしょうし、近場にサーバーがあると障害時に物理的に近いのは楽ですし。
他者ベンダーの狙いは、監視や保守のランニングを取りたいのでしょう。
ならば、サービス品質で提案してくれた方が、あなた方も運用計画のイメージが付きやすいモノを、無駄があるから、こうすべきとか顧客を混乱させるような提案をしてくるのは、ちょっと品質に自信が無いのかしら?と心配になります。
ベンダーの提案を受け入れるとして、その後の運用が、どう変わるかイメージつきますでしょうか?
例えば変更依頼をして、対応に何営業日かかるか?とか、24/365でSLAがどの程度保証されるかとか、またコスト面とか、稟議とか請求とか支払いです。それに、DMZを廃止するわけですが、その場合のネットワーク設計など見直しすべき事も出てくるでしょう。
(ご存知とは思いますが、年間4日止まっても99%の稼働率になります。また、保守で停止があっても、最低数ヶ月前に通達が無いと計画が立てられないと思いますので、長期計画がしっかりしている所でないと、危ないです)
これまで、倒れた担当者一人で、システムを見ていたとなると、障害時のリスクを一人ど背負っていたわけで、外注した場合は、今後の変更計画とか、窓口対応と、イントラの保守に集中できるわけです。それは組織としてもメリットがあると思いますが、保守サービスをしているベンダーは幾つもありますから、何社か見積りをとって、判断した方がよろしいと思います。>

土地売買の個人情報について

土地売買の個人情報についてインターネットで不動産会社が出している条件の良い土地を見つけ、検討したいと申し込みをしました。
売主の方と値段交渉をしていただいたのですが、話が二転三転して少々不安を感じていましたが、条件がとても良かったので契約しようと思っていた矢先、突然売主の方が直接家に来て、不動産屋に話が通じない!もう売る気はない!と言い、主人宛に、不動産屋と話が合わないから直接会って話したいという内容の手紙を置いていきました。
主人も不在でとても怖い思いをしました。
もうやめようという話になり、(というより買えないので)不動産屋に連絡を取り状況を説明したところ、直接会いに来るなんて普通では考えられないルール違反なのでうちも手を引きます。
と言われ、手紙を取りに来て謝罪されました。
どのように住所を知ったのか聞くと、値段交渉の申し込み用紙を渡してあるので。
と説明されました。
確かに申し込み用紙には氏名と住所を記入しましたが、個人情報をそんな簡単に渡してしまうものなのでしょうか?不動産屋さんは、また家に来たら不動産屋を通してくれ!と伝えてください。
何かあったら連絡ください!と言っていましたが、そんな話が通じるような方だったら直接家に来ないと思います。
もう関係なくなったとはいえ、家を知られているのが怖くて仕方がないです。

まず個人情報保護法との関係ですが、原則として不動産業者は受付時にお客様から『個人情報の利用に関する同意書』への同意を求める事になっていまして、第三者への提供に対する先の一つとして「売買の相手方(売主又は買主)』との記載があれば開示された事について不動産業者に保護法違反を追求する事は難しいと思います。
次に、直接尋ねて来られた売主様ですが、今までの経験から申し上げますと、俗に言う「いやらしい」売主様は取引相手の連絡先がわかった時点ですぐに業者を飛ばして交渉に来ます。
持ち掛け方としては「仲介手数料が勿体無いから直接取引しましょう」という感じで、かつ物腰も柔らかいのが特徴。
ただ、今回のケースは話が二転三転した挙句、仲介業者との信頼関係が破綻したのでというものなので、売主様としては何が真実なのかわからなくなって、でも売却はしたい。
どうしようと途方にくれて直接尋ねて来られたような気がします。
仲介業者が1社で双方の取引に関与している場合、対応の仕方によってはお互い相手方に悪い印象を持ってしまい円滑に進まない事が稀にあります。
質問者様が、この土地を気に入っておられるなら、もう一度業者を通して仕切り直して交渉されては如何でしょうか。
不動産はご縁のものですし、有りそうでそう沢山ご縁が無いのも不動産です。

不動産、相談オフィスをサイト開設しています―――――――――――
あなたの内容は、
―――ネットでアップされていた物件を「購入申し込み」したところ、
売主が直接、あなた宅を訪問し、直接取引を持ちかけた―――ように
読み取りました。
これはハタから不動産業界人が見れば、完全に売主の「業者はずし」です。
同様の事を仮に仲介業者が行えば、「ヌキ行為」となり、業者のモラル違反となります。
そこで、業者が「不動産屋を通してほしい」旨を売主に伝えるように、
あなたに依頼したのは当然のことでしょう。
そして「個人情報」ですが、これは不特定多数の一般人に伝えたのでは
なく、利害関係者に購入者の「裏付け」となる書類提示をしただけですから、個人情報・・・・・には該当しないはずです。
あなたも急速にその物件には心を離したようですが、それで正解だと
思いますよ。
そのようなよこしまな行動をする売主では、購入後にいかなる災難が
降りかかってくるかも知れません。
不動産は世に唯一無二とされ、「ご縁もの」とも称される存在です。
物件は正常な取引で関係者全員が祝福できるような手法で取引されることが最善の方策です。
その物件は、あなたにご縁がなかったのでしょう。
そしてもう、あなた宅へは接触がないとは思われますが、万一、接触してきたら「もう別に買いました」と返答すれば良いです。
以上、参考になれば幸です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
返信されるなら「回答リクエスト」(4千字可)の方が詳細な回答ができますよ「返信」(4百字)。リクエストは直接、当方に受信されます。
開くなら上記の公開IDからプロフィール左上の写真部分下をクリックで 可能です。(再回答は翌日以後になる場合があります)>不動産屋です。
買付願書を売主に不動産屋が提出したんでしょうね。
オイラは、場合によっては、提出したり、しなかったりです。
価格の乖離がひどい場合は、まず提出しません。
人様の財産を値切るには、提出した方が、効果があるとは
思いますが、この判断は、今でも難しい処です。
提出した方が、冷かしでない旨が、伝わると思ってますが、
これまた、難しい処ですね。
この場合、売主と不動産屋の間に何があったのかは、分かりませんが、
売主の行動は、不動産屋として、好ましくありませんね。>

-会社情報

© 2020 給付金とかで結構ウハウハごめんなさい