資産運用

投資金100万円で資産運用する事について 現在投資金100万円で FX...資産運用

今までコツコツ貯金するだけでしたが、資産運用をしようと考えています。
資産運用...

今までコツコツ貯金するだけでしたが、資産運用をしようと考えています。
資産運用についてのネット記事や初心者向けの本を少し読んでみましたが、どう運用していけば良いか悩んでいます。
アドバイスをお願いします。
ご閲覧いただきありがとうございます。
現在25歳の独身女です。
今までは毎月定額をメガバンクの定期預金に入れていくだけでしたが、金利の低さを知り、もう少し資産運用というものを考えねばと思うようになりました。
現在のスペックです。
・定期預金口座に280万円(就職後自分で貯めた分)、大和MMFに200万円(親が子供用に貯めていた+貰ったお年玉等を貯めてきた分)・メーカー総合職、2012年の年収は440万(手取り300万)・毎月5~7万円+夏冬ボーナスを定期に入金・会社の寮に住んでいるため、家賃+光熱費は不要・諸事情により結婚できないので、自分で老後の資金をどうにかする必要がある・今から15~25年後に、都内に2LDKのマンションが買えればなぁと妄想している・老後の資金として3000万円~5000万円は貯めたいと妄想している考えているプランです。
・まずは大和MMF全額+定期のうち80万円を積立投資信託にあてたい・ノーロード、信託報酬の安い投資信託で、国内株式・国内債券・海外株式・海外債券と分散して購入(購入と言うんでしょうか)する予定・分散する比率は国内株式・国内債券・海外株式・海外債券を各25%ずつか、国内株式・国内債券・海外株式・海外債券を各30%、国内債券を10%にする予定悩んでいる・気になっている部分です。
・大和MMFに入っている200万を、どのように他の投資信託へ回せばよいか(大和MMFに入れっぱなしで、毎月数万ずつ解約→投資信託購入 なのか一気にMMFを解約して証券口座に入金、そこから毎月数万ずつ投資信託購入なのか他になにかうまいやり方があるのか)・投資信託の銘柄の選び方は「ノーロード・信託報酬が安い」以外に何を考えればよいか。
(国内株式だと、日経平均やTOPIX連動型のものにしようと思っています)・国内株式・国内債券・海外株式・海外債券それぞれはどんな比率にするのがよいか。
・海外でも先進国と新興国があるが、そこも分散した方がよいのか。
リスクは?思いつくまま挙げていきましたが、これらの内容についてアドバイスをいただけますと幸いです。
よろしくお願い申し上げます。
※「若いからもっと遊んだ方が良い」「結婚すればいいじゃん」等の回答はご遠慮させていただきます。
また、自慢しようという気は全くありません(むしろ将来の不安だらけ)ので、もしご不快に感じた方がいらしてもご容赦ください。
補足ご回答ありがとうございます。
投資信託に対しての認識は「投資の中では低リスクで、定期預金よりちょっとマシな金利がつく」程度のものでした。
認識が甘かったかな、と思っています。
定期一本でもいいかなと思うものの、インフレ時には資産価値が下がるとも聞きますし一ヵ所に集中させておいていいのか?と気になるところです。
少しだけ外貨を持っておくべきか?でもFXは素人には危なそうですし、悩むところです。

>・大和MMFに入っている200万を、どのように他の投資信託へ回せばよいか積み立てでも、一度に全部でもどちらでも。
ですが、投資をしたことがない、ということであれば、積み立てで徐々に増やしていく方が変動リスクは少ないのかな、と思います。
質問文から、慎重な方、と感じたもので。
>・投資信託の銘柄の選び方は「ノーロード・信託報酬が安い」以外に何を考えればよいか。
わかりやすいもの、情報の多いもの、シンプルな仕組みでコストの安いもの、くらいが目安ではないですかね?日経平均ならテレビでも確認できるし。
なぜ上がるのか、なぜ下がるのか?くらいの原因がわかるようなもの。
中には非常に複雑な仕組みの投信があります。
こういうのは避けるべき。
>・国内株式・国内債券・海外株式・海外債券それぞれはどんな比率にするのがよいか。
ある意味一番のキモの部分だと思いますが、たくさん減るかもしれないけど、たくさん増やしたいのなら株式を多め、確実にしっかり増やすなら、債券多め、その債券の場合、金利を取りに行くのなら海外、もっと元金の安全性を高めたいなら国内多め、そんなイメージ。
先進国より新興国の方がマーケット規模が小さいため、新興国は値動きが一方的になりやすい、のが特徴。
大儲けも大損にもなる。
山っ気たっぷりなら、新興国多め、そこまで求めない、のなら先進国。
わかりやすいものから徐々に増やしていくのがいいのでは?その間もマーケットは動くので、見通しを多少なりとも考慮できるようになればいいのですがね。
最終判断はご自身でお願いします。
上記の説明はイメージです。

文章から察するに賢そうな方なのでまともにアドバイスしたいと思います。
私は23歳の時、将来に不安を感じ、資産運用を始め途中でリーマンショックをまともに喰らいながらも10年経過しましたが、資産は3400万円くらいです。
おそらく貴方が、これからまともな資産運用を本格的に初めても老後に3000万円以上の資産形成というのは楽勝で達成できると思います。
ただし、独学ではかなり難しいと思います。というかまず無理でしょう。
の回答程度の情報量で理解できるほど資産運用の世界はあまくありません。
ではどうすれば、いいかというと資産運用に成功している個人投資家にお金を払って彼らの投資セミナーで勉強すればいいです。
彼らは資産は持っていますが、会社員として仕事をしていないので収入が不安定で結局、投資セミナーをして収入を得ています(笑)
しかし、内容はかなり真面目で貴方のような素人でまともな資産運用を検討している方にとっては、適していると思います。
こういう人のセミナーで何年間か勉強してトータルで数十万円ほど支払えば、数千万円程度の資産形成なら十分可能だと思います。
(逆に何億も稼ぎたいならこの人のやり方では不可能です。かなり稼いでいる個人投資家からは馬鹿にされていたりします)
www5f.biglobe.ne.jp/%257Edream3/>去年の今頃は、投資〔株・投信〕が8割ぐらい、あとが預金でした。
今は、投資〔株・投信〕が1割以下、あとが預金ですね。
もうすでに、最期のババを掴んでくれる、素人さん大募集といった所と読んでいますが。>定期預金の280万円とMMFの200万円はそのままキープのほうがいいかも。これらはアセットアロケーションでいうところの『国内債券』に該当するので、毎月の積立額(5万円~7万円)と夏冬のボーナスで他のアセットアロケーションであるところの『国内株式』『海外株式』『海外債券』を積み立てていけばいいと思います。
毎月の積立額(5万円~7万円)と夏冬のボーナスの合計が年間120万円だとすると、『国内株式』『海外株式』『海外債券』のカテゴリーに分類されるノーロード投信に年額40万円(毎月約33000円)づつ投資できるように投信積立を行えばいいと思います。
『海外債券』は投信ではなく外貨現金でもいいかと。米ドル&スイスフラン&資源国通貨を2:1:1の比率で。円転せずに外貨で引き出せるorデビットカードで使える方がいいです。できれば海外口座でその国の預金保険の庇護下で積み立てられるのが理想。オフショアじゃなくてもいいですが、政情の安定した先進国の銀行がいいです。(預金先も分散する方が安心)
勤務先によりますが確定拠出年金が可能な立場なら積立額maxまで制度を利用すると節税になります。
将来購入したいとおっしゃってる都内のマンションは、できれば首都圏直下型地震(30年以内に70%の確率)が過ぎてからの再開発に乗る方がいいかと思います。エリアは皇居の西側、小田急線より南側で建物の基礎の下限が海抜60mより上にあれば理想的。最近はゲリラ豪雨の降水量が半端じゃないので高台がいい。知らないより知っている方が有利なので、南極大陸とグリーンランドの氷床について調べてみてください。海面より上の氷床の体積を海洋面積で割ると驚愕の数字になります。また都内には某国の人が大量に流入している地域があります。そのようなところは治安面で避ける方が賢明です。>以前証券業界におりました。
銀行が投資信託を扱うずっと前に辞めておりますので
古い情報での考えかもしれませんが読んでいただければ嬉しいです。
運用の割合は好みにより大きく違います。
投資信託は正直おすすめできません。
当たりハズレがあるのはもちろん、儲からない場合が多いです。
ただ質問者さまの好みで選ぶのだからアリなのかなぁ?
投信のスポット買いではなく毎月の積立ては少しはリスクダウン
するとしても一度下がるとなかなか価格が回復しないように思います。
将来に不安もあるようなのでなるべく安定運用で短期中期長期と
期間を分けて運用されてはいかがですか?
ネット銀行だと低いながらもいくらか利率の良い商品(www.kirayaka.co.jp/netkirayaka/)、パワーステップアップ預金、2週間満期(www.shinseibank.com/powerflex/yen/)他いろいろありますし。
マンション希望のようでしたので運用も兼ね先日テレビでみた不動産投資
成功例(自宅併用なので住宅ローン利用できるという内容でした)
(president.jp/articles/-/8815)もちょっとおもしろいですね。
株式ですが自分にかかわりのある会社、株主優待や配当が
自分の生活スタイルにあったものを数社にしぼって買うのが
良いと思います。デイトレが好きならこの選択はないと思いますが・・・
保険兼ねた貯蓄として前ほど率は良くないですが
分散という意味で養老保険、個人年金(控除対象なども考え)もありますね
以上安定志向の意見ですが
マンションの部分だけは実際経験がないので
情報のご紹介という事でお願いします。
割合ですが株や投信は0でも文句は言えませんので最高で30%
元本保証やそれに近い商品で70%でしょうか。
----------------------------------------------------
補足をみました。
FXは1秒といわず変動しますのでおすすめできません。
リスク承知でならよいかもしれませんが・・・
気疲れするかもしれませんよ^^;>今のまま預金を継続されることをお勧めします。種銭が少ないこともあり素人が手を出すと大やけどします。どうしてもやりたいなら100万円でFXか株をしていけそうだと思えば少しずつ増やして行けばいいと思います。100万円すったらきっぱりやめましょう。資金の2割程度なら諦められるかもしれませんが、全財産を半分にしてしまうと取り返そうとして泥沼にはまり文無しになるってしまうものです。勝っても負けても100万円以外の残り380万に手をつけてはいけません。100万円とここから増えた分以外は絶対に投資してはいけません。これからもらう給料はこれまで通り貯金して下さい。
[補足を見て]
「素人には危ない」この認識を忘れないで下さい。その上で資産の1~2割を外貨預金にしてもいいかもしれません。アベノミクスが続く間は円安が続きそうなのでいいと思いますがやめ時を常にウオッチしておくことを忘れないで下さい。>

義父が今年亡くなりました。
証券の類いは、義母が相続します。
義父は、資源ファン...

義父が今年亡くなりました。
証券の類いは、義母が相続します。
義父は、資源ファンドというものを持っていました。
南アフリカ?でつぎにブラジル?をほかの証券を売って買うように勧められているといいます。
義母は、農家の気のいいおばあちゃんですし家族に投資に詳しい者は、いません。
ちょっと検索してみるとハイリスクハイリターンの商品とも書いてあります。
このまま証券会社の人のいいなりでいいのでしょうか?

資産運用は年代によって違います。
20代、30代の方は、株式投資信託で資産の増加を図るのが通例ですが・・・・義母様のように60代、70代(?)ともなれば、欲を掻かず、安全な資産に投資するのがベターです。
従って、資源株ファンドのようなものは大至急解約してキャッシュにすべきです。
投資するなら「個人向け国債・変動金利10年満期型」を買うのがいいでしょう。
toyokeizai.net/articles/-/105752

NISAでの海外ETFの購入についてご意見をお願いします

NISAでの海外ETFの購入についてご意見をお願いします投資信託で資産運用を始めたばかりのものです。
投資金額1000万円のうち、NISA枠5年で600万円をETFのVOOに、残り400万円でセゾン投信のセゾンバンガードを買い、毎月2万円の積み立てを考えています。
ETFを色々調べているうちにVYMも魅力的に思えてきました。
そこで、①セゾン投信のスポット買いをやめて、その分でVYMを購入する(セゾン投信は積み立てのみ)。
②NISA枠内で半分ずつ(300万円ずつ)VOOとVYMを購入し、セゾン投信も購入する。
③最初に考えていたとおりVOOとセゾン投信を購入する。
ETFはNISAが終われば買い足すことは考えていません。
売却せず保有し続けるつもりです。
投資期間(保有期間)は18年~22年を考えています。
やはり、ETFのみでは危険でしょうか(しかもVOOとVYMのみ)?もっと分散して投資したほうが良いのでしょうか?すでにNISAで60万円分VOOを購入済みでセゾン投信の積み立てを始めています。
①~③以外の方法なども提案して頂けたらうれしいです。
みなさまのご意見をお聞かせください。
よろしくお願いします。

分散と言ってもかたやS&P 500、もう一方が米国高配当株ということで、どちらか一方買っても、両方買っても、投資対象が同じ国の株式ですから分散という観点からは大して意味のない行動でしょう。
(意味が全くないことはないと思いますけど)分散したいならVOOとVEAとかVXUSなど別の地域と組み合わせた方がいいような気がします。
もしくはVTやACWIのような全世界株ETFを買うのも良いでしょうまたセゾン・グローバルバランスにはこのVOOと似た投信が含まれていますから二重に買うのもなんか手間を増やしてるだけのような気もしますが、世界分散はセゾングローバルバランスに任せているからETFでは米国のみでというならそれはそれで良いように思いますさて三つのうちのどれが良いかと言いますと、累積投信は金額指定で自動積立が可能なことが大きな利点ですので、セゾンは積み立てのみにしてスポット購入はETFのみにするのが良いと思います。
ただETFの占める割合が圧倒的に多くなってしまわないように気をつけた方が良いでしょう(分散の観点から)ETFのどの銘柄を選ぶかは人それぞれ考えや好みがあると思いますので、どれが正しいとも言いづらいところですが私なら変に条件を限定しないVOOもしくはVTIのみでも良いのではないかと思っています。
※セゾン投信は米国籍のETFではなくアイルランドの籍の非上場投信に投資するって何度も何度も指摘されてるのにどうして嘘を教えようとするのかな?しかも内容は自分のブログの宣伝。
確定拠出年金とか小規模企業共済とか今関係ないでしょ。

あなたのお金なので、あなたが良いと思うように投資すれば良いのです。
その結果、儲けても、損してもあなたのもの。
頭がしびれるぐらい考えて決めてください。>貴方の 判断。管理 しきれます?>バランス型のセゾン投信のグローバルバランス・ファンドに投資するより 直接バンガードのETFを 買った方が、効率はいいです。(セゾン投信は主にバンガードのETFに投資)
ですが VOOとVYMのみですと、ほとんど危険分散にはなってません。米国株のみで通貨もドルのみになります。
投資関係の本を2-3冊買ってこられて、分散とか資産配分について しっかり勉強なさってから 配分を決められたらいいと 思います。下記も参考になると思います。
波乱に負けない分散投資 積み立てでコツコツ
style.nikkei.com/article/DGXMZO90941110V20C15A8PPE001/
長年の投資を考えておられるようですので、ここで少し時間と労力をかける事をお奨めします。少し学ばれたら、投資しながら(後で軌道修正も可能) 勉強されると、習得も速くなります。
あと確定拠出年金を 利用されてないのでしたら、100%活用される事を お奨めします。60歳まで下ろせませんが、老後の為には非常に有利な制度です。小規模儀行共済も 利用可能でしたら、強くお奨めします。>1でいいでしょ
「為替リスクが~」と例のカテマスが文句をつけてきそうですけど、売却しないのなら何の問題もありません
ETFだけで投資先の分散は完了しているので大丈夫です>

投資金100万円で資産運用する事について

投資金100万円で資産運用する事について 現在投資金100万円で FXランド円の利息で 月1?2万円貰っています少し少ないなと個人的に思ってるのですがもっと効率の良い資産運用の仕方がありましたらどなたかアドバイス頂けないでしょうか?FXに限らず 株の配当金など詳しい方いましたらどなたか教えてくださいよろしくお願いしますm(._.)m

やっぱり仮想通貨ですかね。

-資産運用

© 2020 給付金とかで結構ウハウハごめんなさい