資産運用

資産運用を考えていますが、投資信託、株式投資のどちらがお金が増え...資産運用

最近知り合った人なのですが、資産運用を進めてきます。

最近知り合った人なのですが、資産運用を進めてきます。
一度は断ったのですが、話だけでも聞いて欲しいと言われました。
やんわり断っても、聞くだけとか、聞いてから判断して良ければ入れば問題ない等しつこいです。
プライベートでも会う可能性があるので、あまり事を荒げずに断る方法はないでしょうか?よろしくお願いします。

きっぱり断ってください。
その人と縁をきるつもりで。
あなたによい影響をもたらす人とは思えません。
はっきりいって詐欺とかマルチの話である可能性が極めて高いです。
実際に投資をするひとはリスクを理解しているのでむやみに他人に勧めたりしません。
しつこく誘ってくるのは裏がある証拠です。
金がないとかあまいこといってたら消費者金融と契約させられますよ。

●話聞いて面白そうなのでやってみたいのですが、今、全く貯金がないんです。
何かお金稼げるバイトないですか?
と聞いてみて下さい。
・お金がないと言う部分で引かれると思いますし、
・バイトでお金稼いでも微々たる金額なので、そのお金を使うと言われても美味くもなんともない。
と思われ、去ってくれる確率アップ。
去り際に、やる気満々に、バイト紹介してくれれば、そのお金で・・・と追い打ちかけるのも良。
仮にバイトを紹介されても、
・とんでもないバイトを言ってきたら、「信じられない、人をバカにしているの!」と、上から話すことができ、相手は、そんなつもりはなかったと受け身に。>ないですね。根負けするまで付きまとわれます。お金支払ったら返金はなしか、借金が残ります。金の切れ目が縁の切れ目に。誰か味方をつけといた方がよいのでは。>何か弱みを握られているんですか?
相手が売り側ならば、資産運用という商品を売ってナンボの世界ですから、貴方には拒否権があります。
それ以外の何かの縁がある仲間ならば、そこはお互いの共通点で競いあったらどうですか?
自分だったら○△□◆≒で勝った方が王様~
自分が勝者ならばそいつに建て替えさせて、おまえがやってみろと言いたいですね。>話を聞いていないなら、ちゃんとわかる人で気が強い人に同席してもらうのはどうですか?話聞いた上で断ればあきらめるとおもいます。>資産運用。お金持ちなんですね。もしくは、相手にお金持ってると思われてるんですね。「金がないんでごめんなさい」理由を言うと食い下がられるので、それだけ言い切ってしまえば?話だけでも聞いてしまったら、後々しつこい気がしますー>

資産運用会社とは何ですか?

資産運用会社とは何ですか?

以下ネットより参考抜粋投資信託は、主に3つの会社が関係してきます。
1つ目は、販売会社です。
こちらは、テレビでもおなじみなので皆さんなじみが深いでしょう。
2つ目は、運用会社です。
運用会社は、ファンドマネージャーと呼ばれる運用担当者が、調査にもとづいて運用の指示を出していきます。
3つ目は、信託会社です。
信託会社は、投資家から集められたお金を分別管理します。
そして、運用会社の指示に従って、株や債権の売買の処理を行います。
実質的に 投資信託で利益が出るか出ないかの決め手になるのがこの2の運用会社にかかっています。
1は販売店,3は金庫番のようなものです。

15歳で資産運用会社を設立する場合証券会社に法人口座の年齢制限などはどうなるの...

15歳で資産運用会社を設立する場合証券会社に法人口座の年齢制限などはどうなるのでしょうか?もちろんリスクが低い株式取引、金、投資信託などだとは思いますが。
両親などを取締役などにする必要があるのでしょうか?もちろん両親の許可も入りますよね?資本金は両親、親戚と自分を合わせて4500万円用意してあります。
私は株式投資、投資信託歴5年です。
父は株式投資、FX、先物歴23年です。
母は株式取引、FX歴11年です。
父の母が株式取引歴30年です。
全員損はしていません。
1日1万円の利益を普通に出すほどの実力があると思っています。
上記のメンバーで設立しようと考えています。
母は現在主婦、父の母は自営業、私も学校に許可をもらってます。
父は会社員ですが退職予定です。
父が宅地建物取引士、父の母が調理師免許、簿記二級、母がアパレル専門学校卒なので、事業拡大も考え中ではあります。
最初は資産運用メインで行こうと思うのですが上記の質問の回答よろしくお願い致します。

15歳ですか…夢があるね~でもね、もうちょっとしっかりと学校の勉強をやってから社会に出ても遅くないと思うよ。
家族にもこの文章を見てもらって、もう一度相談し直してはどうだろうかね。

回答ありがとうございます。いいえ、中学卒業した後に社会へ出るのではなく高校、大学と通うつもりです。私が忙しい際は父がいますので。>資産運用会社を設立する目的は何ですか?下記のやり取りを見ると、自己の資産を運用する為の様ですけど、未成年が代表者の場合については、次の過去質問ご参照qa/question_detail/q148236101...ご両親も出資者(発起人)ならば、未成年のご質問者様が代表になる意味は何でしょうか?各種法人取引をする際にも、取引先企業は代表取締役について色々と審査しますので、条件やハードルが高くなることが容易に想像出来ますご両親など成人が代表の方がラクだとは思いますけど...ご質問内容は、法人口座の年齢、って意味が分からないですけど、先述の通り代表取締役に関するコンプラチェックなど法人取引に係る各種審査等という意味なら、各証券会社次第ではないでしょうかその他にも、事業拡大するなら、銀行から借金しづらい等もよく聞く話ですそれらを今後一つ一つ質問するつもりですか?もう少し未成年による起業を調べてから、ご質問された方が良いと感じましたご質問が、いきなりピンポイント過ぎるという意味です>申請>

資産 2000万の運用につて質問です。

資産 2000万の運用につて質問です。
定期預金 1500万グローバルソブリン(毎月型) 200万(購入金額)DITケイマンJ 100万(購入金額)三井住友 豪ドル債ファンド 200万(購入金額)現在の時価で計算すると、トータルで30万ほど損が出ています。
なにかアドバイスがあればお願いします。
ちなみに、使う予定はしばらくありません。

運用をしているという自覚があるのならば、リバランスを定期的にすることをお勧めします。
開始当初 安全資産75%、 投資信託25%現在 安全資産76.2% 投資信託23.8%ファンドがプラスになったときには償還して安全資産に、逆の場合は投資信託の買い付けを行う方針を守るのがアセットアロケーションの考え方です。
気になるのは選んだ投資信託の組み合わせが豪ドルに偏っている点です。
大問題ではありませんが利回り重視の投資として割り切っているならFXで買い付けた方がコスト面でかなり有利だと思います。

資産運用という場合、通常は資産3分法で、銀行預金、有価証券と不動産で3分の1づつ運用するのが賢明と言われています。
定期預金に4分の3も振り向けているということは、あまりリスクを取りたくないという運用方針だと思います。
投信の評価損額が30万円なら、既に受取った分配金を含めた評価損額はまだ少額でしょうから、何も問題はありません。
既に受取った分配金を含めて評価損率が10%を超えれば損切りを検討するタイミングとも思いますが、投信でちょっとでも損をするのが嫌なら即刻すべて売却し、定期預金にした方が心配の種がなくなっていいでしょう。>定期預金をくずして、
FXにあまりレバレッジをかけずに投入するのがよいかと思います。>今かなりの円高ですから、為替変動の影響を受ける商品を
購入された方は皆さん損失が出ていると思います。
逆に30万円で済んでいるのは、そこそこ円高の時に買った
のではないですか?
積極的に増やしたいのであれば、
定期預金の何割かを国内債券などリスクが低い商品に、
グロソブを豪ドルやエマージングなどのより高金利な商品や
ハイイールド債券の為替ヘッジ付きなどの商品に切り替えた方が
良いかと思います。
グロソブははっきり言って投資効率悪いです。>円高の今 20万程度の損益なら
全然気にする必要は無いと思います。
定期預金が1500万というのがアレですが、
積極的に増やしたくない、減らすのはもっと嫌というなら
タンス預金だと思って、定期に入れておくのも悪くないと思います。
増やしたいと思うなら 定期預金は 普通選択肢にはならないと思いますよ。
もう少し積極的に運用しても良いのではないでしょうか?(増やしたいと思うなら)>

資産運用の見直しを考えております。
投資信託、外貨建てMMFなどの積立を行なってき...

資産運用の見直しを考えております。
投資信託、外貨建てMMFなどの積立を行なってきましたが、現在マイナス130万円となっております。
良きアドバイスをよろしくお願い申し上げます。
ファンド名 評価額 評価損益①インデックスファンドTSP 122万 -34万②年金積立インデックスF海外株式 92万 -13万③日経225ノーロードオープン 134万 -22万④トヨタ・バンガード海外株式 91万 -16万⑤日興MMFEUR 86万 -21万⑥日興MMFUSD 86万 -23万自分なりに勉強してから、2008年1月から3年半ほどかけて積み立ててきました。
余剰金400万円で口座開設をして、①と③を毎月7.5万、それ以外を毎月5万という積み立てをスタートして、2009年5月からは、これまでの1/3から1/4の金額で積み立てを行い、昨年末以降は仕事が忙しくなり面倒になって積み立てもしておりませんでした。
2年前に結婚し、その他の金融資産は、個人向け国債50万、現金800万です。
保険などは一切入っていません。
共働きで合わせて年収1200万円(税込)程度です。

・まず、これまでの積立ポートフォリオを分析しますと、日本円(①③):外貨(②④⑤⑥)=15:20=3:4、株式(①②③④):短期債券(⑤⑥)=25:10=5:2、日本株(①③):外国株(②④)=15:10=3:2となっています。
・低コストの国際分散投資を定期積立するという、教科書通りの理想的な方法です。
・色々検討の上で積立を始めたとのことでもあり、この比率自体に大きな問題はありません。
投資比率の微調整は個人の価値観の範疇となります。
・従って、現状で含み損がありますが、想定の範囲内の動きであり、もし、この程度の損失が大きなストレスになるのであれば、全体の投資額を減らすことをお薦めします。
その上で、次の点を再検討してみてはいかがでしょうか。
(1)投資資金の全体額(2)積立の再開(3)為替変動リスクの取り方(4)積立商品(1)ご結婚間もない30代男性でしたら、今後住宅取得を考えられるのではないでしょうか。
その場合は投資資金総額はよく検討してください。
例えば、不動産価格が下がった「買い時」には景気は悪く、投資でも含み損が出ている可能性が高いです。
その時には投資商品を損切りして住宅の頭金を捻出することになります。
従って、5年以内に住宅取得をお考えであれば、投資に大きな資金を振りむけられません(最大限5割程度)。
逆に 10年以上は住宅取得を考えないのであれば、しばらく生活するに最低限の預金を残して全て投資に振り向けても問題ありません(あとはリスク許容度があるかどうかです)。
(2)定期積立は必ず再開すべきと考えます。
収入水準から見るに毎月相当額の預金が可能かと思いますので、例えばその半分を積立投資にあてるなら、過剰投資にはならないと思われます。
大事なのは毎月一定額を投資し続けることです。
損が出ているから、忙しいから止めるのは得策ではありません。
30代ですので当然仕事が忙しくなります。
会社員なら今の頑張りが今後の昇進、収入に直接つながる大事な時期です。
投資はネット証券の自動積立プログラムを利用し、普段の生活では仕事や自己投資だけを考えるべき時期かと思います。
相場を見る必要もありません。
(3)外貨商品への投資比率を高めに取るのは個人の価値観の範疇なので特に問題ありません。
ただ、表面利回りは外貨が常に高く見えますが、中長期的には為替レートが円高となることで、実質利回りに優劣がなくなります。
その点では、外貨MMFは短期債投資ですので、短期的な為替リスクを取る割にリターンが見込めない商品です。
為替リスクを取るのであれば、MMFではなく経済成長を取りこめる株式で取る方がよいと考えます。
(4)株式に投資されている商品はいずれも、株価指数に連動したインデックス投信であり、この選択は正しいです。
ただ、この3年間で保有コストの低い商品が色々と出てきているので、投資商品は変更を検討してください。
特に現状の日本株のコストはかなり高いようです。
具体的には、三菱UFJ投信の運用するeMAXISシリーズで揃えれば問題ありません。
保有コストだけ考えると日本株をETF(例:証券コード1306)で行うことも可能ですが、ETFは自動積立ができませんので、毎月投資タイミングを考え、実際に買付指示をする手間が発生します。
これはかなりの負担になるでしょう。
今、保有している商品を新しい商品に乗り換えるかですが、面倒でなければ乗り換えてしまっても良いかもしれません。
投資商品の種類は少ない方が管理し易いことは間違いありません。
ただ、今損切りした場合、損失繰越は3年間ですので、その間に売却益と相殺することを忘れないようにします。
もし、まとめて乗り換えするのであれば、日本株の乗り換え分だけはコストが低いETF(コード 1306または1321)とすることをお薦めします。
色々書きましたが、仕事に忙しい貴方には以下の運用プランををお薦めします。
ご参考にして下さい。
・(日本株)eMAXIS TOPIXインデックス 50% (信託報酬0.42%)・(外国株)eMAXIS 全世界株式インデックス 50% (信託報酬0.63%)※この場合30%程度の下落リスクがあります。
投資総額の検討時に考慮してください。
※日本株はTOPIXのほか日経225も入れたければ、それぞれ25%としても良いでしょう。
※外国株は日本以外の外国株価指数に連動します。
先進国だけでなく、新興国の成長も取り込める設計です。
※日本円と外貨の比率を半々としていますが、外貨に重点を置くのであれば、40%:60%に比率を変更しても良いでしょう。

それだけ為替の影響を受ける海外投資の比率が高ければ、今の円高の影響ははかりしれないでしょう。
余裕があれば、買い増しする準備をするくらいは考えてもいいのかな?と思いますが、円高が仮に続くとすると、海外モノの比率を落として、国内への投資比率を高める必要性も出てくるかもしれません。よくお考えください。
確かに保険は掛け捨てでも入っておいた方がいいような気がしなくもないけどどうだろう??
最終判断はご自身で。>今の相場その程度は仕方がないのでは?
あと共済ぐらいは入ったほうがいいと思います。>まず、今のこの時期に評価額における損益を計算しても
マイナスになるだけのことはご承知の通りです。
国内外に分散されたポートフォリオかと思います。
その他の流動性資産や世帯年収を考えた際に
性急にリバランスする必要はないかと思います。
ただ、ランニングコストが気にかかるのであれば
投信に関しては解約をして、損失の繰り越しを確定申告することをお勧めします。
解約する一方で、ETFによる運用にお切り替えになってはいかがでしょうか。
損失が確定した向こう3年に関し、損失繰り越し額に応じた
利益の出たETFを売却し、納税を回避します。
売却したETFをその場で買い戻すことを行えば
アセットアロケーションを大きく変えずに資産を保有しすることができます。
おいくつかは存じませんが、世帯年収1200万円は大変に立派なものです。
現金収入が多い今こそが資産見直しの絶好の機会でしょう。
いじらずともよし、あるいは若干の手直しでよろしいかと存じます。>基本的に投資信託は長期的な資産運用には向いていません。
日本の投資信託の設定からの平均年数は6,5年です。(アメリカは25年)
つまり長期的に運用したいと思っても、その投信は10年後に存在していないことが多いのですよ。
これは業者の販売方法にも問題があります。
新発売当初は宣伝費をかけて大々的に広告しますが、しばらくすると新しい投資信託を発売するため古い投資信託は
忘れ去られていきます。
宣伝もしないので新しくお金も入ってこないし、投資家も少し価格が上下しただけでも、すぐ売却するため総資産額は激減します。
御存知ない人が多いのですが、最初設定された総資産額を下回れば強制解約となるのです。(けっこう多いですよ)
数少ない10年超えの投資信託も総資産額はかなり少ない場合が多く、いつ強制解約になるかわかりません。
業者は強制解約になる前に、他の投資信託に買い替えさせることも多いのですが。
価格の上下で右往左往し、いつ強制解約になるかわからない投資は精神衛生上よくないですよ。
私も投資している、あなたにぴったりの商品を紹介しましょう。
それは、沖縄の軍用地です。
沖縄では自衛隊基地、那覇空港、嘉手納基地、普天間基地のかなりの部分は私有地ですね。
そこの地主は国に土地を貸し地代を受け取っています。
普天間基地は返還予定なので、自衛隊基地、那覇空港がよいと思います。
沖縄では全部の不動産屋があつかい、一般の人も持っている普通の不動産です。(私は県外ですが)
利回りは3%前後と高くないのですが、地代が安定している{毎年1,5%前後地代上昇)、管理しなくてよい、
建物のように古くならないがメリットです。
500~600万円から投資できますので、私なら投資信託を全部売って軍用地を買うのを選択しますね。
500万投資すれば地代は年15万円、固定資産税等は年1万円です。
地代は確実ですし不動産はインフレにも強いですから老後の年金にぴったりです。
買いたい人が多く競争になりますので、売ろうと思えば売りやすいですね。>

500万円あったら、どんな資産運用しますか??

500万円あったら、どんな資産運用しますか??

円高になったら、米ドルと豪ドルにして海外投資で運用する。

株式投資は、上昇トレンド中は、全員がWIN WINです。
FXは、レバレッジを低くすれば遊べますが、所詮半か長かの博打です。
勝ち人と、負け人で回数重ねれば、スプレッド分必ず負けるようになっています。
胴元勝ちです。
株式投資もデイトレだと、情報を敏感に察知しなければ、やはり負けやすいでしょう。
個人の強みは、キムチ漬けにも最悪できる所でしょうから、気長に現物取引をしつつ、
成長率の高そうな銘柄で勝負です。
2196 エスクリ
ここは、他の銘柄と違って、ブライダル企業ですから、1年先の売上が読めるのです。
結婚式を挙げた方なら理解できると思いますが、最低でも6ケ月以上前から、手付を打ち、
招待状の準備や、衣装、式の段取りなどを決めていきます。
ですから、売上予想がそのまま実績につながります。
去年発表した、予想は勿論増収増益です。今年の決算発表も増収増益です。来季予想も増収増益です。
また、上場してまもないので、成長性が抜群なのと、主要駅のそばに式場を運営し来客者が
来場しやすいように配慮されています。これは、新郎新婦にとっても良い事で、
お車代が安く、しかも遠方からの来客者は、道に迷いにくくなります。
ご祝儀が、景気に左右されにくく、3年前の相場とほぼ今も変わりがありません。
さらに、来客者へあまり質素な料理や、引き出物をお渡しするわけにもいきません。
なぜなら、ご祝儀を頂いて式を挙げてるからです。
さらに、今回5月4日に、大阪梅田のノースゲートビル最上階に出店しております。
話題性抜群です。取材もあちこちから引き合いがあっているようです。
これにより、認知度も上昇します。
また、出店ラッシュにより、売上は間違いなく上がるでしょう。
問題なのは、利益が来季取れるかだけです。
為替にも左右されずらく、とても良い銘柄です。
震災の影響は、なしとの事です。
騙されたつもりで、買って見てください。>2196のエスクリに全額投資ですね。
上昇トレンド中は、皆が利益を取れますし、急成長株です。
為替にも影響しずらいです。
早く買わないと、どんどん上がっちゃいますよ。
ちなみに今は、お買い得価格です。>

資産運用を考えていますが、投資信託、株式投資のどちらがお金が増えますか?

資産運用を考えていますが、投資信託、株式投資のどちらがお金が増えますか?

どっちも減ります。
って答えたら、恨まれそうだわね。
ここで自分の投資を、他人にどうすればいいか聞いているうちは、何年もの間継続的に投資で儲かる人にはなれません。
(運よく一時儲かる事は誰でもある)自分の頭で自分の投資運用を考えられる程度に、金融リテラシー(投資運用の基礎知識)を身に着けたほうが良いです。
そのためには、まず、自分への投資。
投資関係の本や雑誌を買って読んだり、セミナーを受けたり。
自分の知識を深めるために、まずはお金を使いましょう。
自分で運用を考えられるようになって、その先に、「自分にはこれっ」て言える、得意技(自分にぴったり合った、優位性があって上手に出来るストラテジー)を身に着けたら、継続的に儲かる投資家になれますよ。

失礼ですが、投資信託というものがどういうものか?ご存じないようですね。
投資信託には「株式に投資する」投資信託、「債券に投資する」投資信託、「不動産に投資する」投資信託、「金や原油などに投資する」投資信託・・・・があるのですよ。
質問者の質問文を正確に書き直すと・・・・
「株式に投資する投資信託」と「個別銘柄に投資する株式投資」ではどちらの運用成績が良かったですか?・・・ではありませんか?>どちらのほうがお金が増えやすいか、というと株式投資です。
一方、どちらのほうが元本毀損の可能性が低いか、というと投資信託です。
出来るならば、元本を毀損させずして最大の利益を目指したいですよね。
誰もがそのように思い、様々な手法で試行錯誤して市場に挑んでいます。
ご質問者様もぜひ資産運用の世界に飛び込んでみてください。
ご参考になれば幸甚です。>投信にもいろいろあるし、株にもいろいろと売買の方法があるので単純に比較できないけど、傾向としては、投信は短期に大きく増えないし、大きな損もしない。株は短期に大きく増える事もあれば、大きく損をすることもある。>

-資産運用

© 2020 給付金とかで結構ウハウハごめんなさい