経済

経済学で質問です。 大学の推薦入試で論文があり、経済学部の推薦なの...経済

経済学について詳しい方に質問です。

経済学について詳しい方に質問です。
経済学は異なる学派というものが存在しますよね?そこで、なぜある学者はこっちの学派で、なぜある学者はあっちの学派なのか、ということを私が考えるには、実は単に、「どの先生に師事したのか」ということが非常に大きいのではないのか、ということです。
そう単純に学派、というので分けられないとするなら、経済政策的な「傾向」でもいいです。
誰を先生としたのか、ということが非常に影響が大きいのではないか、と思うのです。
そして、勿論、自分で先生を選んだ、ということもあると思いますが、そうではなくて、たまたまその先生のゼミに入った、とか、そういうこともあるのではないか、と思ったりするわけです。
この考えはどうでしょうか?そうではなくて、先生とは違った方向にいく学生もたくさんいるのでしょうか?

経済学に限らず、確かに影響を受ける部分は大きいと思います。
しかし数学の様に絶対的な答えがある訳ではない為、仮に同じ学派内でも微妙に考えは違うと思います。
なのでその違いの度合いによっては、師事した先生と違う方向に進む生徒も当然出てきます。
政治の世界に例えるなら、同じ政党でも意見の違いは多分にあり、その度合いによっては党を離れる人がいるのと同じかと・・・ですが、やはりアナタの仰る通り師事した先生の影響は大きいので、違う方向に進む方の方が少ないとは思います。

経済学部の方、経済学に詳しい方教えて下さい。
経済学を勉強するにあたって覚えて...

経済学部の方、経済学に詳しい方教えて下さい。
経済学を勉強するにあたって覚えておくべき法則、学説、主義を教えて下さい。
例えば限界効用逓減の法則などです。
簡単にどんなものか書いて下さると助かりますが、単に重要なものを3つくらい列挙してくださっても大丈夫です。

「経済学を勉強する前に、知識のエッセンス的なものが欲しい」ということでしょうか?どれが覚えておくべきか分からないので、そのように解釈して回答します。
①金融政策に対する古典派とケインズ派の見解の違い拡張的金融政策について「物価は上昇する」という意見は一致するものの、古典派は「無効」と主張し、ケインズ派は「有効」と主張しており、見解が異なる。
②比較生産費説(リカード)各国がそれぞれ、比較優位にある財を生産することで利益をもたらす。
③乗数理論投資をすると、投資額以上に国民所得が増えること。
例えば、政府支出を100億増やすと、国民所得は150億増えるなど。
租税乗数と政府支出乗数だけおさえれば良い。
④ライフサイクル仮説消費は今期の所得ではなく、生涯所得に依存するとする仮説。
家を買うときに今期の所得だけでは決められないなど。
⑤相対所得仮説消費は過去や周囲の消費水準に依存しているとする仮説。
例えば、バブル崩壊後、バブル期の人がなかなか消費水準を下げる事が難しかったり(これをラチェット効果という)、周りが高級車ばかりだと自分も欲しくなるなど。
体系化すると、相対所得仮説は空間的相対所得と時間的相対所得に分けられ、空間的相対所得からくる効果をデモンストレーション効果、時間的相対所得からくる効果をラチェット効果という。
⑥厚生経済学の第一定理誰かの効用を上げると、必ず他の人の効用を下げる状態をパレート効率的という。
効用とは、満足度のことである。
「完全競争市場を実現する状態はパレート効率的である」ということを「厚生経済学の第一定理」という。
⑦限界消費性向所得が1単位増えた時の消費の増加分。
例えば、所得100万円のうち40万を貯蓄、60万を消費に使う人の限界消費性向は0.6となる。
所得が120万に増えた場合、消費は120×0.6=72万、貯蓄は120×(1-0.6)=48万となる。
ちなみに、1-0.6は限界貯蓄性向という。
⑧クラウディングアウト財政政策による国民所得の増加が抑制されること。
経済が流動性のわなにあるときや投資の利子率弾力性がゼロの場合はクラウディングアウトが発生しない。

物凄く助かります。正にこういうものです。ありがとうございます。>

経済学部経営学科と普通の経営学部とでは違いはあるのでしょうか。
前者だとやはり...

経済学部経営学科と普通の経営学部とでは違いはあるのでしょうか。
前者だとやはり経済的要素が入ってくるのでしょうか。

経済学部経営学科はあくまで経済学部にある学科なので、経済学とその派生科目(金融論・証券市場論・経済政策論等)を履修させられる比率も、経営学部と比較して高いと思います。
ただ、厳密に言えばそうだというだけで、どちらも似たり寄ったりでしょう。
ご参考までに。

経済学って、結局何なんですか?リーマンショックも予想できず。

経済学って、結局何なんですか?リーマンショックも予想できず。

既に他の回答者様が述べているとおり、経済学も役にたたないわけではないのですが、一般人の期待値が高すぎて役に立っていないように思えるのです。
経済学を駆使した経済予測を関東地方の天気予報にたとえると、6月は雨、9月は台風、12月は乾燥くらいの精度なのです。
一方でリーマンショックを予想するというのは「10月の体育祭!晴れるかな?!」という質問に答えるようなものなのです。
当たるも八卦です。
経済学が本当に役に立たないと思うのでしたら、まともな経済学がなかった時代(絶対王政あたり)の経済の悲惨さを物語る書物がたくさんありますので、それらをお読みになられれば、ああこういう時代よりはだいぶましになったんだな、役に立ってはいるんだな、と思えるでしょう。

たしかタレブは予想して 儲けたんじゃ…
そのタレブも 経済学を皮肉ってるが ww
経済/市場は 複雑系/非線形/開放系
古典力学/線形/閉鎖系では
不確実性/アノマリーに対する説明や予想は困難
台風や地震も 単純な事象じゃない
微少な初期値/入力が指数関数的に増大する カオス理論
だが 確率/頻度的に表現できる 精度は低いが…
まだ経済学は そこまで至っていないだけ
市場は変数/経路が多すぎて 平均に回帰しない (;^_^A>グーグルが儲けるために使っている広告オークションシステムもVarianなどの一流の経済学者をエンジニアとして雇って運営されている。ヤフーも同様。
9割以上の収益が、経済学者が設計・実装しているオークションアルゴリズムによって生まれているんだってさ。
つまりグーグルやヤフーがビジネスとして成り立つのも経済学のおかげ。
経済学が無かったらakaginaoさんが
「経済学って、結局何なんですか?リーマンショックも予想できず。」
という質問をすることも出来なかったし、black_joker_the3rdさんがこの質問に対して
「マヌケな学者が机上の空論を振りかざしているだけだ って見方をすれば 、つまるところ 経済学は迷信だ。」
というマヌケな回答をすることも出来なかった。
そう考えると経済学は少しは社会の役に立っているのかもしれませんネ。>マヌケな学者が机上の空論を振りかざしているだけだ って見方をすれば 、つまるところ 経済学は迷信だ。>「自然科学って、結局何ですか?東日本大震災も予想できず。」
「気象」や「地震」は物理現象であり物理学法則に従うはずです。
実際、物理学には「大気物理学」や「地球物理学」という分野があって気象や地震が物理学的に研究されています。
こうした物理学/自然科学の分野には経済学よりもはるかに多くの研究予算が投入されています。
にもかかわらず、物理学や自然科学は明日の天気すら満足に予想できません。
しかし、
「経済学って、結局何ですか?リーマンショックも予想できず。」
と言って経済学を無能呼ばわりする人はいても
「物理学って、結局なんですか?今日の天気も予想できず。」
と言って物理学を無縁呼ばわりする人はあまり見かけません。
彼らは物理学/自然科学を宗教のように信じているから、
経済学に対しては「カルト」とか「異教」のような不愉快な印象を受けるのでしょう。
大半の物理学者が東日本大震災を予想するために物理学(地球物理学)を研究している/していた訳ではないのと同様に
大半の経済学者はリーマンショックを予想するために経済学(景気循環論)を研究していた訳ではありません。
しかも、景気循環論は「研究主体と同様に理性を持った人間が引き起こす現象」ですから、「気象」や「地震」のような単純な現象よりもはるかに複雑です。
「地震」や「気象」すらまともに予想できない現代文明が「恐慌」を予想できると考えている人がいることに私は驚きます。
「経済学って、結局何ですか?」
少なくとも景気を予想するための学問ではありません。物理学が天変地異を予想する学問でないのと同様に。
↓似た質問を見つけたので、参考に。

経済に、詳しい方に質問です。
当方18歳です。
社会人の方で、月刊の経済誌を購読さ...

経済に、詳しい方に質問です。
当方18歳です。
社会人の方で、月刊の経済誌を購読されてる方で、おすすめの経済誌を教えてください。
若いときに読んでおいたほうがよい、経済書などあったら、よろしくお願いします。

経済学を専攻しているものです。
最初は入門的なものから始めることをお勧めします。
私のお勧めは最新版今までで一番やさしい経済の教科書著者 小暮太一です。

私は日経新聞で間に合ってます。経営しろとの意見も散見されますが、それは''経営''です。経済にマーケティングや経営戦略はありません。>経済学びたいんだったらなにか商品を売ってみたら?どうやってお客さんをゲットするのか、商品価値をどうやって高めるのか、販売はどこでするのかーとか考えていく。すぐに学べるし、小遣いも稼げる。経済の仕組みがよくわかりますよ。>なんで経済の本が読みたいかの理由によります。
普通に社会常識として知りたいなら全国紙の新聞で充分です。
株など個人投資をしたいなら簡単な経済の入門書を読んで、日経新聞を読むのを勧めます。
経済は日々変化するので新聞が一番です。足りなくなったら雑誌を読んでも良いと思います。>

経済学で質問です。

経済学で質問です。
大学の推薦入試で論文があり、経済学部の推薦なので論文の内容が経済の内容なのでその知識がなければいけません。
そこで経済の知識がほぼゼロのとこから読むべき本はありますか?また、TPPなどの現代社会の問題が出やすいのでそこらへんの本の紹介もできればお願いします。

経済の知識が0で、緊急性を要しているのなら、池上彰でしょうね。
笑あと、大竹文雄「競争と公平感」は経済学そのものがどんな学問なのかを素人にもわかりやすく説いてくれているのでわかりやすいです。
その辺読んで自分なりに気になった分野を掘り下げて行くのが一番ですよ。
あとは毎日、新聞読むと情報量がかなり違ってきます。
学問に王道は無し、というように地道に一つづつやって行きましょう。
ちなみに、数学も数2くらいまではやっといたほうがいいですよ。

-経済

© 2020 給付金とかで結構ウハウハごめんなさい