経済

経済学部の大学の面接を控えているのですが、最近読んだ本について質...経済

経済学は難しいですよね?

経済学は難しいですよね?

そんなことはありません。
とても面白いですよ。
私は学生時代、経済にのめり込んでましたね。

理論及び科学的推論が成立しない学問は
学問とは言えません
そう言う意味合いにおいては
経済学は無意味な学問です>

経済学についてのオススメの本を教えて下さい。

経済学についてのオススメの本を教えて下さい。
自分は来期から理系大学生の2年生なのですが、教養で経済学の授業を受けてから興味を持ちました。
ただ授業で扱う教科書は文章が長ったらしくて読み込むのが少し難しいです。
経済学の法則を計算式やグラフ、その法則が生まれた経済学者の経緯や時代の背景などのエピソードによって解説された本を探しています。
出来ましたらミクロ経済学、マクロ経済学の2種類出ている本を教えて下さい(複数可)。
それと株式投資についても上文のような本を探しています。
投資で儲かる仕組みや法則、世界恐慌やリーマンショックなどの時代ごとの投資者達(ジョセフケネディやジェシーリバモア等)の動きなどを元にした、マネーゲームの解説本のような物が欲しいです。
なので質問は以下の2つになります。
①ミクロ経済学マクロ経済学を、計算式やグラフを重視しながら解説してくれる本(もしくは教科書)について②株式投資について、歴史上の投資家達の動きやその経緯で生まれた数学的な法則や仕組み、財産を守るためにどのような動きが必要かを解説している本についてご存知の方、宜しければ教えて下さい。

②は知りませんので、①のみでご容赦下さい。
石川秀樹「速習マクロ経済学―試験攻略入門塾」(中央経済社)茂木 喜久雄 「らくらくミクロ経済学入門」(週間住宅新聞社)「らくらくマクロ経済学入門」(週間住宅新聞社)前者は「フリーラーニング」というサイトで、後者は「茂木経済塾」というサイトで、それぞれ詳細な講義動画が視聴可能です。
いずれも無料かつ会員登録不要です。

経済学部で偏差値60もしくは60以上ある私立大学を教えてください!

経済学部で偏差値60もしくは60以上ある私立大学を教えてください!個人的なイメージだとmarch、関関同立、早稲田、慶応、上智、学習院、成蹊など、この中、もしくはそれ以外で順位をつけたらどれくらいか、日東駒専の経済学部は60以上あるのかその他各大学の評判など、知ってるいる人は教えてください!

私立大学の経済学部の3大模試の平均値は、以下のサイトに載っています。
daigakujyuken2.boy.jp/zenkokukeizaigakuburanking.html偏差値60以上は、高い方から、早稲田、慶應、上智、明治、立教、同志社、青山学院、中央、関西学院、学習院、成蹊、法政、立命館 ですね。

予備校によって偏差値は異なるので、なんとも言えないです。gmarch関関同立を60として考えます。そうすると、個人的なイメージは、70 慶應経済、早稲田政治経済68 早稲田商66 上智経済64 立教経営63 立教経済、明治政治経済、明治商62 青山学院経営、明治経営61 青山学院経済、学習院経済、中央経済、中央商60 法政経済、法政経営59 成蹊経済これは、どこの予備校でもなく、個人的な偏差値です。>

経済学でゲーム理論をやってます。
シャープレイ値のところでコアをやりました。
提...

経済学でゲーム理論をやってます。
シャープレイ値のところでコアをやりました。
提携合理性を満たす範囲をコアと言い、実際にその領域を求めたりしましたが、現実世界でコアの外側になることってありますか?

経済学部の教授に聞いた方が

個々人が自発的に行動した結果がコアの外側になることは多々として
あります。代表的な例が「囚人のジレンマ」です。>

経済学部国際経済学科を志望する者です。

経済学部国際経済学科を志望する者です。
面接で志望動機を答えるときの文を考えていたのですが、直した方がいいところを教えてください! 将来海外に関する仕事をするため経済という視点から他国との国際的な経済の流れを学び、世界のことを深く知り、グローバルな視野を磨きたいとおもったので、○○や○○など、さまざまなことに挑戦できる機会が整っている貴学では自分の可能性を引き出し、伸ばせることができ、将来の夢へ近づけると思ったからです。
どうでしょうか?○○のところにはその大学のアピールしている制度が入っています!よろしくお願いします!

かなり甘い様な気がするけど。
「国際経済学」って、大雑把で乱暴な云い方ををすると、多国間の貿易・投資(為替を含む)・労働力分配についての学問だよ。
【他国との国際的な経済の流れを学び、世界のことを深く知り、グローバルな視野を磨きたいとおもったので】というのは、まだ踏み込みが足りないと思えるのだけどね。
例えば、「最近のEU諸国のソブリン債の問題や米国の雇用指数、或いは中国の不動産投資の減衰などの報道を観ているうちに、経済規模の大きな諸国が他国の経済活動に及ぼす影響に、関心を持つ様になりました。
貴校に於いて、日本1国の経済活動から他国との様々な関係について、色々な経済学を学ぶことにより、身近で密接な問題であることを認識・理解していきたいと思います。
また、その積み重ねが、私が希望とする、貿易など海外取引に関する職を手にする基礎になると考えております。
」みいな感じでは如何でしょうかね?色々と模索して下さい。

経済学のオススメの本を教えてください。

経済学のオススメの本を教えてください。
年末に大学の受験があり、そこで小論文を書かなければならなく、出題される内容は経済学的な事柄が多いです。
諸事情により先月までなにも準備をしていなくて、今になって小論文の書き方から必死に勉強しています。
経済学の知識は池上彰著の[優しい経済学]を二巻読んだくらいのモノです。
そこでみなさんのお力を頂きたいと思いました。
ずばり今の私でも理解できそうな、きちんとためになるオススメの経済学の新書を教えて頂ければ幸いです。
知恵を借りる質問でなくてすみません。
よろしくお願いします!補足ごめんなさい。
新書だけでなく、単行本でもオススメがあれば是非教えてください。
よろしくお願いします。

う~ん、マークシートのテストを受けるだけなら普通の経済学のテキストでいいんじゃないの?って気もしますが、小論文だとかなりじっくり経済概念を理解しないといけないんじゃないですかね?経済理論はこういうのがあるんだ~ってのをざっと理解するには、公務員試験の問題集スーパー過去問ゼミ「ミクロ経済学」「マクロ経済学」がいいんじゃないかと思います。
あと内容をじっくり理解するならスティグリッツの「入門経済学」歴史を追って経済思想を理解するには根井著「経済学の歴史」マジメな本ばかりじゃ疲れるからひたすら読みやすいのがいいな~と思ったらやはり細野真宏さんの「経済のニュースがよくわかる本」(これは経済学の解説じゃないかな~?)なんかいいんじゃないか、と思います。
まあスティグリッツがこの中では一番標準テキストみたいな感じじゃないかな~

マルクス経済学には間違っていないところも多いですよね?

マルクス経済学には間違っていないところも多いですよね?たとえば唯物史観など、考えるに値する内容があるのに、なぜ大学の講義ではマルクス経済学が軽んじられてるのですかね?

「マルクス経済学」が「経済学」の枠に収まり切れず、「資本主義の分析による批判」に及ぶからではないでしょうか。
特に19世紀後半のイギリス経済をモデル化しているため、その後急激に発展したアメリカ型経済の実態を把握することができません。

そりゃあこの世に無駄なことなんて一つも存在しませんよ。
しかし時間は有限ですから、有益なものから順に学んでいったら、有益性の低いマルクス経済学を学ぶ時間がなくなってしまうのですね。
機会費用という概念を復習しましょう。>

計量経済学で研究するための基礎知識

計量経済学で研究するための基礎知識当方、高校以来の生粋の文型です。
大学院で計量経済学を使って研究したいのですが、いきなりテキストを読むとちんぷんかんぷんでした。
『マンガでわかる微分積分』を読んでみても、なかなか難解でして・・それ以前のレベルのような気がしております。
1、????(数1) ↓2、線形台数・微分積分(数2?) ↓3、統計学 ↓4、計量経済学といった形になるかと思うのですが、1のレベルで分かりやすいテキストなどありますでしょうか。
よろしくお願いいたします。

僕自身文系出身で経済専攻の院に所属しています。
おそらく、微分を学習する上で必要な前提知識と言うのはほとんどありません。
(面倒なことを言えば、微分と言っても高校より難しく定義することが大学だと多いです。
それでさえ、和差積商と論理記号の扱いさえできれば大した前提知識は要らないです。
)もし理解できない場合は、本との相性が悪いか、読み込みが足りないか、練習問題に取り組んでいないかだと思われます。
特に学部レベルの経済学だと、計算問題を除けば、因数分解を用いることも多くないですし、まして三角関数なんてほとんど出てこないと思います。
なので、個人的には、数学をあまり高校でやってなかった人は数12等の教科書、解説書、問題集をやるより経済数学のテキストを使った方が良いと思います。
私のおすすめは、・水野勝之「テキスト経済数学」(入門と書いている物も書いていない物もレベルに大した差はないはずです)・尾山・安田「経済学で出る数学」です。
しかし、いきなり全部やるより、ともかく微分の計算を習熟することに集中すべきだと思います。
計算だけであれば、微分に前提知識はほとんどいりません。
もし分からない単語があればググってみるだけで事足りると思います。
根気よく何度も読んで、計算問題を解いてみてください。
統計学に関しては、微分よりも、和の演算、特にΣの使い方と積分がよく出てくるので、その計算にも注意して練習した方が良いと思います。
もっと言えば、基本的な微分、例えば、べき関数(f(x)=ax^n aとnは0以外の実数)対数関数(f(x)=log(f(x)))の微分と偏微分、積の微分、商の微分、合成関数の微分さえ計算できるようにすれば、大分変わります。
あとはラグランジュ未定乗数法を使えるようになれば、学部の経済学を勉強する上でだいたいのことは何とかなります。
積分とΣの扱いも慣れです。
特に最初は理解できずとも計算が出来ればなんとかなるので、計算方法だけ覚えて練習問題を解くのが一番だと思います。
線型代数はある程度のレベル(学部上級~院)の計量経済学で使いまくるのですが、初めは不要です。
あまり先んじて学んでも忘れると思うので、必要になってからで良いと思いますよ。

中国経済が崩壊したら日本経済にも影響がありますか?

中国経済が崩壊したら日本経済にも影響がありますか?アベノミクスも終わりますか?産経新聞の上海支局長が貴重な情報を発信してます。
sankei.jp.msn.com/world/news/130526/chn13052608260001-n1.htm【日曜経済講座】中国「7月バブル崩壊説」 深まる債務の「闇」上海支局長・河崎真澄2013.5.26 08:16 (1/3ページ)[中国] 「中国の経済危機は2013年7月か8月に起きる」と予測した国務院発展研究センターの内部報告が、専門家の間に静かに出回っている。
同センターの李佐軍研究員が湖南省の母校、華中科技大学で2年前に内部向けに行った報告で、胡錦濤政権時代の経済政策のツケが今年3月の習近平政権発足後、数カ月で噴出し、民間企業や銀行、地方政府が相次ぎ経営破綻に追い込まれる、と見通した。
その根拠となるのが巨額のデフォルト(債務不履行)懸念だ。
李氏の報告では直接触れていないが、貸借対照表(バランスシート)に反映されない「シャドーバンキング(影の銀行)」という銀行の資金運用。
さらに李氏が指摘する地方政府の債務で、この2つは密接に結びついている。
08年9月のリーマン・ショックを受け、中国の胡政権は同年11月に4兆元(現在のレートで約66兆円)の緊急経済対策を打ち出して、世界最速で金融危機から脱出した。
だがその過程で、銀行や地方政府が不健全な資金流通を肥大させる副作用が生じ、胡政権は顕在化を強権で抑えてきたフシがある。
一方、習政権は「負の資産」を引きずり続けることができず、3、4カ月内にデフォルトなど処理を進めるというのが李氏の見解。
市場関係者の間でささやかれている中国「7月バブル崩壊説」の根拠といえる。
中国社会科学院が4月25日にまとめた報告では、銀行による簿外の資金運用規模は明らかになっているだけで、12年に14兆5710億元に達している。
同年の名目の国内総生産(GDP)に対して約29%の規模だ。
2年間で約2・6倍に膨れあがっている。
このうち約半数は、銀行が年利10%など高利回りをうたって個人投資家らに販売している「理財産品」と呼ばれる金融商品が占める。
だが、この金融商品は裏付けとなる資産が不透明で、地方政府による地上げなどグレー資金に回されている可能性が高い。
銀行は簿外で「資金池(プール)」という信託会社などを経由し、中央政府の中国銀行業監督管理委員会などの規制や監査をすり抜ける手口を編み出した。
ただ、昨年暮れには中堅の華夏銀行が理財産品の期日に元利金を支払えなくなり、個人投資家が上海で座り込む騒ぎを起こした。
高利回りが保証可能な資金運用先は乏しく、地方政府などの融資先が補足さらに、4兆元の緊急経済対策などで、財政支出を求められた地方政府が資金調達機関の「地方融資平台(プラットホーム)」を通じて集めた債務残高が、同委員会の調べで12年末に9兆3千億元に達したことが分かった。
理財産品などの資金が流れ込んだ可能性が高いが、債務残高のうち37・5%にあたる約3兆4900億元は16年までに返済期限を迎える。
しかし、返済へ財政的余力のある地方政府がどこまであるか疑問だ。

中国経済は既に崩壊してるんだと言う人もいるが、それが事実なら、dadao.kt.fc2.com/houkai2.htm粉飾操作で国際的金融財閥から中国経済が守られている事になる。
それは「ユダ金」?では、中国経済の崩壊をいつにするかも自由自在だろうが、崩壊すれば日本アベノミクスどころかアメリカ・ユダ金にも影響は計り知れない。
米中有事などで米資本の退却がない限り、先ずそんなことはさせないだろう。
ただ、アベノミクス効果でアメリカ経済が脅かされる事態が有る様なら、中国金融経済を使って、再度の「アベノミクス副作用」と称し、株価暴落の大口操作をユダ金が仕掛けることぐらいはするのかも・・。

中国経済が崩壊したら、、日本経済が終わりってこと間違いない!>>中国経済が崩壊したら日本経済にも影響がありますか?
もちろん日本にも世界にも影響はあります。
>アベノミクスも終わりますか?
終わる理由がありません。
第4の矢、第5の矢が出てくると思います。>

経済学部の大学の面接を控えているのですが、最近読んだ本について質問されたとき...

経済学部の大学の面接を控えているのですが、最近読んだ本について質問されたときのために、やはり経済系の本を読んでおいた方がいいんですかね。
最近読んだ本というと小説(「君の膵臓を食べたい」)なんですけど、経済学部を受けておいて、全く関係のない小説の話をするのはタブーですか?(._.)

キミスイでいいと思うよ。
感想とか聞かれても答え易いでしょ。
面接官は経済のプロ、へたに経済の本の感想聞かれて稚拙なこと言うよりいいよ。
てか、面接官も今時の高校生はどんな本を読んでるのかな?ってことも知りたいんだよね。

そうなんですね!ホッとしました。ご回答ありがとうございます(^_^)!>マルクスか、アダム=スミスの本とかはいかがですか?
流石によくわからないタイトルの本を述べられても、面接官としては困りますよね。>

-経済

© 2020 給付金とかで結構ウハウハごめんなさい