経済

経済学部経済学科の大学に通っています。 最初は、金融関係、銀行員に...経済

経済力<軍事力

経済力<軍事力ですか?

どちらでもありません、要は金と力のバランスと政治力です。
石油を多く産出して経済が豊かなクェートは軍事大国のイラクに蹂躙されました。
古くは、経済力がローマに勝るカルタゴは軍事力を傭兵に頼り、軍事的天才のハンニバルをもってしても軍事力と忠誠心のある兵士を屈服させる事が出来ませんでした。
それに極端の話、相手国に借金して軍事力を蓄え、その軍事力で相手を責めて借金をチャラにする方法もあります。
日本が経済大国だから攻められないというのは絶対でなく、また将来まで維持できるとは限りません。
また軍事力に特化しすぎると北朝鮮のように国民が飢えます。
ソ連を中心にしたワルシャワ条約機構の国々も西側の経済力に勝てず軍事力が国家の経済力に耐えきれず破綻しました。
結局一番いいのは「富国強兵」です。

経済力=軍事力です金があっても装備が貧弱なら意味がありませんし、装備が良くても金が無ければ使えません韓国がいい例ですね破産寸前なのにいい装備ばかり買って弾が無い>日本くらいの経済大国になっちゃうと、マトモな国なら攻撃や侵攻なんて掛けられないです。
日本経済を破綻させたら、世界恐慌が起きちゃって、自分の国もダウンします。
経済>軍事です。>お金がないとまともな装備が整えられないので、
経済力≧軍事力
だと思います。
経済力<軍事力
だと赤字で、そのうち立ち行かなくなるかもしれません。>たぶんそうでしょう
軍事力で何とでもなる>

こんにちは、経済学部一年生のものです。
自分は社会選択で試験を受けて入ったので...

こんにちは、経済学部一年生のものです。
自分は社会選択で試験を受けて入ったので数学の勉強をまったくしておらず、ど文系なのでほとんど数学がわからないのですが、経済学部では数学を多く使うと聞いたので、夏休みの少し前から勉強を始めました。
石川秀樹先生の、「経済学と数学がイッキにわかる!!」という本をとりあえず一周やってみて、簡単だと思ったので、次にもう少し難しいものをやってみようと思い、大学の図書館にあったACチャンという人の本を借りて読んでみていたのですが… はっきり言ってほとんどわかりませんでした。
序盤の部分は石川先生の本でもやったものでわかったのですが、進むにつれて石川先生の本でやったのと同じところのはずなのに借りてきた本の方の問題が解けなくて驚きました。
石川先生の本の同じ内容の問題は解けるのですが… やはり基礎的な数学ができていないから解けないのでしょうか、あまりに解けなくて今は高校の頃に買った白チャートの数1aから解いていて、このあと数2bと進んでいくつもりなのですが、この勉強の仕方で大丈夫でしょうか? 数学をあまり使わなくても卒業できるという話ですが、私はできれば数学を使う経済学の講義も受けてみたいと思ってるのでアドバイスをいただきたいです。
よろしくお願いします。

『経済学で出る数学 高校数学からきちんと攻める』という本がちょうどいいレベルのテキストだと思います。
ちなみに、下の回答者が「経済学にベクトルは出ない」と言っていますが、ベクトルは頻出分野です。
経済学を勉強したことがないのでしょう。

ご回答ありがとうございます。紹介していただいた参考書も、実を言うと前にやっていたのですが、途中から解説がわからなくなってしまってやめてしまいました。やはり、わからない分野の部分だけ白チャートでやったほうがいいのでしょうか?>経済学に、三角関数やベクトルは関係ありません。微分や統計確率分野を重点に置いて勉強するのがいいでしょう。>>やはり基礎的な数学ができていないから解けないのでしょうか
まあそうといえばそうなんですが、全分野攫う必要はありません。
なんの分野が関わってるお題かはその本に書いていますか?
書かれていたらそこだけ白チャートでやればいいし、
書いてなくても「経済 データ解析 四分位」みたいな感じで関連ワードで検索すればそれっぽいページが出てきます。
いい意味で意識の高い学生さんのようなので、出来るだけ効率よく勉強できるよう
総当たりよりも一点一点疑問を潰していった方がいいかと。>

経済学の質問です。

経済学の質問です。
経済学で長期と短期があることはわかります。
長期と短期で経済影響はどのように違うのでしょうか?まったくわかりません。

経済見通しのことでしょうかね。
1年は短期、3年、5年は中期、10は長期のような区分けです。
薬の効果と同じようなものです。
すぐに効くか、じわじわと効いてくるか、政策により効果も期待も、役割もちがってきます。

開発経済に魅力を感じなくなってきています。

開発経済に魅力を感じなくなってきています。
開発経済を1年間学んだ大学2年です。
あと2年間ゼミで学びます。
今までのゼミで教育格差やリプロダクティブヘルスや水問題について学んできましたが、それを解決する方法が本で読んだ一元的な考え方しか思いつかず紋切り型の答えしか考えられないので分かることが増えていく一方、勉強していて非常につまらないです。
その知識の乏しさも解決しないといけないんですが、どうしたら今までやって来た開発経済を好奇心持って取り組めばよいかわかりません。
向いてなかったと片付けてしまえばそれまでなんですが、、どうしたら開発経済を面白く取り組めますか?これをに投稿したのは今のゼミの先生の開発経済のアドバイスは役に立つものの何か物足りなく感じていて他の先生でも信頼のおける先生がアンチ開発経済だからです。
色々な方に意見聞きたいです。
また今面白い開発経済のニュースとかお知りになるかたがいましたら、教えてください。
上手く日本語が伝わっていなかったらすみません。

私は開発経済について学んでいないので話半分でお願いします。
教育格差や水問題とは途上国における問題のやつですよね? 単純な感想ですが、これらも含むとは開発経済って範囲が広いですね(私は国際問題で学んでいました)・違う角度から考えてみる→「なぜ、発展しなかったのか」を考える(宗教的理由? 民族的伝統? 歴史的経緯?等)、「なぜ、アンチ開発経済なのか聞いてみる」そして、そう言う視点で開発経済の良さを考えてみる。
例えば飲酒運転を減らすには厳罰化よりも道路整備の方が良いのではないか、とか。
・違う分野の考えを持ち込んでみる・とりあえず、(屁理屈でもいいので)定説に反論してみる(あまりやり過ぎるとよくないですが)できれば、その先生のアドバイスも書いてほしかったです・・

貴重なご意見ありがとうございます。ゼミでは社会開発も経済開発の視点で取り組むことがあるので範囲は広くなります。信頼のおける先生は豊かなものが富まずして貧困層は救えないという考えです。ゼミの先生は何と言えばよいかわからないのですが、社会開発に関して(特に衛生問題や教育問題)知識がないので教科書に書いてある知識そのままという感じです。>

立正大学経済学部経済学科と東洋大学経済学部経済学科を蹴って神奈川大学経済学部...

立正大学経済学部経済学科と東洋大学経済学部経済学科を蹴って神奈川大学経済学部経済学科に進学することにしました。
父と母に相談して決めたのですが少々不安です。
最大の理由は神大が家から一番近く通学時間で大分差があるからですが通学時間を犠牲にしてまでも人気のある立正大学や東洋大学にした方が良かったのでしょうか?父や母はそんなに差は無いと神大を勧めていましたが実際のところ人気程大学に差はあるのでしょうか?みなさんならどこを選びましたか?ちなみに家は東京都町田市です。

経済ということなので、立正大は無しです。
神大と東洋大のどちらかとなりますが、偏差値的には東洋大の方が少しだけ上となります。
しかし正直なところ学生のレベルは変わりませんし、就職にしたって大きく変わるわけではありません。
誤差の範囲だと思います。

全く差はないので近い方が良いかと。>合格おめでとうございます。
給費生試験で、一般入試免除でした。入学金支払済。
神奈川大学・人間科学部を蹴って、不本意な結果でしたが、東洋大学社会学部社会心理に進学します。
通学時間は、短い方が良いので。>東洋大学の方が良いと思います>東洋大学が良いと思います>

経済学部と経営学部ってどこが違うの?

経済学部と経営学部ってどこが違うの?高校3年生の息子がいます。
進路について相談しています。
「大学名よりも何学部に行って何をしたいのか考えよう。
」というと「経済学部と経営学部ってどこが違うの?」という質問になりました。
私もよく分かりません。
ちなみに私は文学部国文学科卒です。

視点が違う経済は、全体な感じ経営は、会社中心な感じ

それぞれの学部のシラバスをみれば
何をするか分かりますよ。
国文科出身なら少しくらい難解な
日本語でも読めるでしょ?>

経済成長率、実質経済成長率 について

経済成長率、実質経済成長率 について①実質経済成長率=名目経済成長率?物価上昇率②実質経済成長率は物価水準の変動を考慮したもの上記二つがわかりません泣それか間違って教わったかもです…資料を読んでも『物価水準の変動を考慮したらプラスになるのでは…』てなります。
よろしくおねがいします!

名目経済成長率は物価変動を“含めた”経済成長率、実質経済成長率は物価変動を“除いた”経済成長率です。
『実質経済成長率は物価水準の変動を考慮したもの』の“考慮”は“除く”(名目経済成長率から物価変動を除く)という意味なので、プラスにはなりません。
①の式が近似なのはsaiphysさんが仰る通りですが、おそらく質問者さんの疑問とは別の話なので、『近似って何?』ってことはあまり気にしなくていいと思います。

単純な話、名目は「金額」、実質は「量」を表したものです。
量(実質)に単価=物価を掛けたものが金額(名目)になります。
なので
名目成長率=実質成長率?物価上昇率
という式が本当です。
ただし、計算が面倒なのでそれぞれの数字が1に近い時(1%2%くらい)
名目成長率=実質成長率+物価上昇率
という式に近似できます。
現実的に調査で出てくる数字は名目成長率と物価上昇率です。
この2つから上の式を使って実質成長率を計算しますので、
実質成長率=名目成長率÷物価上昇率
という式になります。>名目経済成長率とはGDPの増加率と考えて良いです。GDPの増加は賃金の推移に近似します。
では、前年度に対して今年名目GDPが1%増えた。しかし、物価も1%上がった。この場合、給料は1%増えたけど物価も1%増えた。だから実質的には豊かになってない=実質成長率は0%というわけです。
もっと言うと、名目GDPが1%増えたけど物価が3%上がったとしたら、実質的にはに約2%生活は困ることになりますよね?ですから実質成長率は約マイナス2%となってしまうわけです。
物価が上がること自体は生活や生産活動を圧迫するという視点から、物価が上がればあがるほど実質的な成長はマイナス圧力とみなす、というのが実質経済成長率の考え方です。>

経済の問題です。

経済の問題です。
利用可能な代替財がおおければ、需要の価格弾力性が高いとかいてあるのですが、商品Aの値段があがれば、代替財B、C、Dなどへ需要がうつるので、弾力性がたかくなるということですか?これなら代替財がらすくないほうが、弾力性が高いとおもうのですが、どおゆうことなのでしょうか?わかりやすく、教えてください。

>経済の問題です。
経済の問題ではなく経済学の問題です。
>利用可能な代替財がおおければ、需要の価格弾力性が高いとかいてあるのですが、商品Aの値段があがれば、代替財B、C、Dなどへ需要がうつるので、弾力性がたかくなるということですか?そうです。
>これなら代替財がらすくないほうが、弾力性が高いとおもうのですが、なぜそう思うのか理解不能です。
代替財が少なければ財Aの価格が上がっても財A以外の財に需要を移すことができなくなります。

解答ありがとうございます。
複数代替財B,C,Dがあれば、3つに需要が分散されるとおもうのですが、代替財が一つしかないなら需要は一つに集中するのでその代替財の価格弾力性がたかいといえるのではないですか?>代替財が他に無ければ、独占??と言うのでは?
弾力性が無いとも言う。
弾力性が多いなら、選択肢が多いので、選り取りみどり。>

高崎経済大学と成城大学文芸学部マスコミではどちらのほうがマスコミ関係に強いで...

高崎経済大学と成城大学文芸学部マスコミではどちらのほうがマスコミ関係に強いですか?経営を勉強すれば幅広いと思い高崎を受けましたが、やはり私学でも成城のほうが都内での就職を考えると名前は強いのでしょうか、どちらもいまいち世間的な評判がわかりません

高崎経済大学は1980年代に非常に難易度が高く、優秀な受験生が集まりました。
その割に就職は厳しく、公務員になる割合が高い傾向にありました。
就職先にマスコミ系は極めて少なく、たまに地方紙に入社している例が有ります。
成城大学のマスコミ学科はテレビ局、新聞社、出版系などの就職が多く、ちょっと異色の学科として昔から有名でした。
成城出身のアナウンサーとか新聞記者が意外に多いのはここの出身者がかなりの割合を占めると思われます。
どちらが有利かと聞かれると「成城の方が有利と思われる」「と言う程度の回答しかできません。

基本的にわかってほしいのは、
大学は最初のエントリーだけです。
そこから説明会などに要請あれば後、内定までの過程は貴方が全てです。
グループでテーマに付いてのエントリー者とのディスカッション、直接個人面接で監視する、評価する担当者がこの人採用と思える様な発言が出来るか?否かはあなた次第です。
大学の力、学部は第一段階だけと言う事を知ってください!
大学はそんな事より楽しく勉強してください!
そして四年間でどれだけ大人になれたか?
四年間A.B評価を常に取れたかが就職に重要ですよ!
遊ぶな!(笑)>高崎経済大学の経済学部ですか?地域政策学部ですか?>

経済学部経済学科の大学に通っています。

経済学部経済学科の大学に通っています。
最初は、金融関係、銀行員になりたいと思い入ったのですが、最近は、将来、明確に何をしたいというのがなくなってしまいました。
なので、もっと自分にあった職業を見つけていきたいと思っていますが、経済学科からは、どんな仕事に就けるか教えて欲しいです。
やりがいがあり、ずっと続けていける仕事に就きたいです。
あと、今、2年生なのですが、取っておいた方がいい資格や、こんなことをしといた方が良いよということも教えてもらえたら嬉しいです。

経済学部生って、ある意味オールマイティなんですよ。
特定の資格がないとできない専門職種以外、割って入っていける領域が他の学部生より広いんです。
というのも、世の中の事業所のほとんどが経済の大原則の流れに沿って運営されており、しかもその流れに大きく左右されていく面もあるから、そういう「ものの道理」を少々なりともわきまえている人の方が、社会に出てから理不尽さに打たれ強い、と解釈されたりもするんです。
ただし「やりがい」って、特に目標や狙いがあっての就職活動にならない場合、目的にしてしまわない方がいいんです。
「結果としてそうなればいい」レベルの願望として胸に秘めておくべきで、仕事を始める前から「やりがいを」というなら、それには自分が何をやりたいか、どういう仕事ならやりがいを認め続けられそうか、あらかじめ自分自身で見当をつけておくべきなんです。
なお経済学部生にはオールマイティ性が備わるぶん、資格の勉強によって就活への職域範囲を限定させてしまわない方がいいと思います。
しいて挙げれば、TOEICまたはTOEFULの高得点化とMOS、また日商簿記2級程度で、こういう資格もまた範囲を狭めないうえで多くの学部生にオールマイティな分野と言えます。
将来の「やりがい」を見い出すためには、いまのうちからどんな事象にも好奇心で取り組むことだと申し上げます。
好奇心がないことには、決して良質な仕事はできないんですよ、文系理系に関係なく…

-経済

© 2020 給付金とかで結構ウハウハごめんなさい