経済

経済成長っての何なのか 経済学部とか行かれた方にお聞きしたい。 G...経済

経済が停滞すると、

経済が停滞すると、韓国や中国批判が増えるという話は本当ですか?

ウソです。
日本経済が停滞する原因は、主に「円高」なのです。
韓国や中国を批判しても、円高是正はされませんし、日本経済は回復しません。
韓国や中国から見れば、自動車にしても家電にしても、ほぼ全ての分野が日本と競合するのですが、日本から見れば、競合する分野はごく一部に過ぎないのです。
簡単な話、日本の産業分野をベン図で書けば、日本は「大きな円」で種々雑多で様々な分野があります。
素材部品分野・伝統産業分野・観光分野・高級乗用車分野・知的コンテンツ分野・膨大な金融資産と投資分野・・・、韓国や中国に無い分野が沢山あるのですが、韓国や中国はその円の中の「小さな円」に過ぎないのです。
競合する産業にとっては死活問題かもしれませんが、日本人は冷静に「だったら真似されない技術を開発し、知的財産権で囲い込んでおけよ」と言われてお終いです。
なので、「日本経済が停滞すると、韓国や中国批判が増える」ということは全くありません。
なお、「韓国や中国批判が増える」のは、韓国や中国が、傍若無人の振る舞いをしたり、ウソを吐いたり、裏切ったり、約束を反故にしたり、騙したり、謂れのない批判をしたり、天皇陛下を侮辱したり、旭日旗を貶めたり、竹島や尖閣列島に侵略したり、と、「日本人として許せない」と思った時と、文明人としてあり得ない蛮行を働いた時が大部分です。
「相手を貶めれば、自分の株が上がる」という考えは、幼稚な考えとして軽蔑の対象になり、他国批判は「潔しとしない」「無様」「醜い」と言われるのが日本という国で日本人という国民なのです。
最後に、円高を放置し日本経済が停滞したら、日本政府への批判が上がるだけです。
ただそれだけです。

貧困に陥ると差別的になり、
何かターゲットを見つけて攻撃したくなる心理が働く。
という話は聞いたことがあります。
>これは日本に限ったことではありません。
むしろ、どこの国にも見られる傾向です。
内政がうまくまわらないときは、外に敵をつくり、内政から目をそらす。
中国や韓国に反日世論が高いのは、数十年前にそれぞれの国の内政が不安定で、反日教育が強かったからだと言われています。
今の北朝鮮もそうですよね。
日本でも経済が低迷すれば、政策に不満は高まるでしょうが、それ以上の脅威が国外にあれば、そちらに目が向くでしょう。>ある意味正しいかも。
日本が円高で輸出に苦しんだ時は、それをしり目にあちらの輸出が盛んでしたからね。
そういう時は、お前らが好況なのは日本が苦しんでるおかげだろ、と文句の一つも言いたくなるものです。>

経済学部、野球

経済学部、野球この2つのキーワードから就けそうな職業はなにかありませんか?

経済学研究者経済評論家経済アナリストプロ野球選手プロ野球球団経営者プロ野球球団従業員スタジアム運営会社経営者スタジアム運営会社従業員スタジアム運営会社アルバイトスポーツインストラクタースポーツ評論家スポーツジャーナリストテレビ局アナウンサー新聞社記者新聞社従業員新聞社経営者プロ野球選手エージェント各種トレーナー高校野球部指導者体育教師独立リーグ従業員独立リーグ経営者韓国、台湾プロ野球選手韓国、台湾プロ野球球団従業員その他企業従業員自営業公務員

はい。塗装工です。(失笑)>

経済学部においてミクロ経済学やマクロ経済学は必須でしょうか?

経済学部においてミクロ経済学やマクロ経済学は必須でしょうか?経済学部1年ですいちよ履修したのですがつまらない上に難しいので別に必須でなければ他の教科で単位を取ろうかと考えています将来的に、履修しなかったことで後悔したりすることはあるのでしょうか?

ミクロ経済学、マクロ経済学、統計学(計量経済学)は、経済学部ではコア科目となっているかと思います。
財政学、金融論、国際経済学、都市経済学などの応用経済学を学ぶ際に、それら科目の理論的な知識や経済学的な考えた方(モデル分析)は、基礎知識として前提とされますので、履修しないと、あとあと理解に大変苦労すると思います。
数理的な分析とかが多く興味を持たれないのかもしれませんが、他の入門的な現実の具体例などのある本を読んでみると関心が高まると思いますよ。

回答ありがとうございます経済に詳しそうなので是非聞きたいのですがオススメの本などはありますか?>マクロ経済学はともかく、ミクロ経済学は理解しておかないとそれ以外の経済学の分野を理解できないと思います。
というのも、1980年代以降、あらゆる分野(マクロ経済学、マルクス経済学、経済史なども含む)はミクロ経済学として発展してきたからです。
レベルの低い大学の場合、1980年以降の学界の流れを知らない先生がコネで就職している場合が多いので、ミクロ経済学を理解していなくても理解できるような授業も多いかもしれませんが、中堅以上の大学なら、ミクロ経済学を理解せずに経済学部を卒業するのは難しいと思います。
ミクロ経済学に関しては
入門書なら『ミクロ経済学入門の入門』(坂井、岩波新書)
学部標準レベルの教科書なら『ミクロ経済学の力』(神取、日本評論社)
辺りが分かりやすいです。
経済学部を卒業するなら神取さんの『ミクロ経済学の力』を8割程度理解しておいた方がいいと思います。
そうでなくては、他の科目の単位を自力で取得するのは難しいと思います(もちろん、経営学科がある大学や、中堅未満の低レベルな大学なら話は別です)。>

経済理論と経済原論の違いはなんですか?

経済理論と経済原論の違いはなんですか?

経済理論とはこうしたら社会が回るという理想を展開することなのですが経済原論とは現在経済の状況を説明しながら展開してるものということです理想と現実という風に分けていけば理解しやすいでしょ

経済学についての質問です。

経済学についての質問です。
あるマクロ経済学の本に「豊穣の中の貧困」と言う言葉が出ていました。
経済学的にどうゆうことなのか教えてください。
補足ケインズの経済政策のところで出てきた言葉です。
日本のバブル経済に関連していると思われるのてすが

どういった場面で出てきた言葉かによって意味は変わってきますが、例えば、経済学では、単に物質的・量的な豊かさは必ずしもその人の豊かさになっていないと言う学者がたくさんいます。
補足について。


ちょっと私には判断できないので、他の方の回答を待ったほうが良いかもしれません。
すみません。
ケインズ経済学と言っても、多様で、ちょっとわかりません・・・。
バブルに関係しているとしたら、「バブル」は簡単にいうと政府と日銀の構造的な失敗なのですが・・・↑本当は十分に対策はできたのです。
それは数多の経済学者がずっと指摘していたのですが、その指摘を政府(政治家の集合)は無視してしまったために、不況が長引いてしまっているのですね。
各国では、日本の二の舞を踏まないようにいろいろ努力をしています。
(見た目は豊かになっているのですが、)その時の状況を経済学や金融と言った面でみると、決して「豊か」とは言い難い状況なのです。
もしかしたら、それを指して比喩的に、「豊穣の中の貧困」という言葉を使っているのかもしれません。
すみません。
これ以上の説明ができないです。


力不足で・・・m(__)m

「豊饒の中の貧困」。
農民が、農地、農機具、その他、耕作に必要とするものが全てありながら活用されず、貧困が生み出されて行く状態を云う。>

経済が成長するのと、国民生活が楽になるのとは、あまり関係がないと聞きました。
...

経済が成長するのと、国民生活が楽になるのとは、あまり関係がないと聞きました。
本当ですか?

経済が成長するとは、GDPが拡大するという意味です。
GDPとは国内総生産の事です。
日本が高度経済成長期にあったころは、カラーテレビや冷蔵庫、電子レンジなど、新しい物が次々と開発され、消費に対する意欲も強くありました。
メーカーもどんどん新商品を出し、生産を拡大しました。
その結果、会社が大きくなると共に、従業員の給与も増えていきました。
消費の拡大 → 生産の拡大 → 給与の増加 → 消費の…という、拡大のスパイラルがありました。
保守政党である自民党の古い議員には、未だにこの経験則が正しいと思い込んでいる人が多いようです。
しかし、今の日本では…製造メーカーの工場は海外に移転され、国内での生産は縮小傾向にあります。
輸出で儲けている企業はありますが、従業員への配分は低く、給与は上がっていません。
目新しい商品もなく、消費に対する意欲も薄くなっています。
環境意識の高まりから、捨てる事への罪悪感も高まっています。
生産の縮小 → 低賃金の増加 → 消費の縮小 → 生産の…という、負のスパイラルとなっています。
現政権は経済が成長していると言っていますが、今のGDPは20年前より低い値となっています。
下がった中で、少し上がっただけです。
質問に対する答えとしては、今の日本では、経済の成長が、国民の生活を楽にするとは言えないと考えます。

それはありません。インフラを整えるのにも社会保障をするにも経済力が必要です。>そらそうだ。
いくら白黒テレビがカラーテレビになっても、それが当たり前になれば楽になったという感覚はなくなる。
昔はたらいで洗濯してた。
今は全自動洗濯機だがそれで感謝の言葉が出るかといえば、誰からも出ない。
人間は裕福になれば、誰もがその状態に慣れてしまう。
今の生活は昭和後期や平成初期のバブル時代と比べれば遥かに良くなっているはずだが、それを自覚している人間は誰一人いない。
それどころか、「実感を感じている人は誰もいない」なんていう始末。
それこそバブル時代真っ盛りだって「実感を感じている人は誰もいなかった」だろうね。>経済成長は国の為、国民生活とは関係ないでしょう。
一般的に
経済成長や国力は国のGDPが参考になり
国民生活の裕福さは個人のGDPが参考になるそうです。
日本は国のGDPは世界3位ですが
個人のGDPは世界24位ぐらいです。
だって経済成長して物価があがろうと、新幹線や高速道路が増えようと
個人にはあまり関係ないですよね。頻繁に旅行に行く人や出張が多い人なら
恩恵あるけど。逆にいえば大学なども経済成長と共に増えましたが、
今となれば増えすぎて7割以上が定員数も集まらない事から補助金で
維持している状態です。
国民生活が楽な国は天然資源が豊富で人口が少なめで社会インフラがしっかりしている国ではないですかね。>

経済学部を目指している方、現在経済学部の方に質問です。

経済学部を目指している方、現在経済学部の方に質問です。
なぜ法学部ではなく、経済学部を志望したのか教えてください。
私は公務員を目指しており、法学部ではなく経済学部を受けたいと思っています。
理由はそこの大学ではそこの経済学部でしかしかできないことを学びたいとおもっているからです。
他の方で公務員を目指していて、なぜ経済学部を志望したのか教えてもらえませんか?

経済学部所属で公務員試験を今年受験したものです。
面接でなぜ経済学部かと聞かれて答えたことは私が経済学部を志望した理由は生きて行く上で経済というものは常に関わっていくものだと考えていたので、漠然とではありますが、どういったことを基準に経済が動いているのかを専門的に知ってみたかったからです。
って答えて軽く専門的なことを聞かれて適当に答えたら受かりました笑

回答ありがとうございます!合格おめでとうございます!参考にさせていただきます!公務員を目指しているのですが、試験のことなど、面接のことや、大学での成績を教えてもらえませんか?>大学名が大事だよ。日本全国の経済学部の偏差値です。
経済学者や法曹界を目指さないなら、文系なら、どこも一緒だよ。

経済学部の経済学科か経営学科迷っています。

経済学部の経済学科か経営学科迷っています。
それぞれどんな人が向いてるのか教えてください。
あと内容も教えて欲しいです。

経済学科では経済学、経営学科では経営学と商学を中心に学ぶことになります。
学問としての「経済学」「経営学」「商学」は、いずれも経済活動や経済現象を研究対象にしていますが、研究の切り口や焦点のあて方が異なります。
経済学は、世の中の経済活動や経済現象を原理的に、あるいは総体的に解明することをめざす学問です。
市場経済のメカニズムや経済法則の原理を研究する理論経済学、経済理論を使って様々な分野(経済現象)を研究する応用経済学(具体的には、労働経済学、農業経済学、国際経済学、都市経済学、公共経済学他いろいろあります)、国や自治体の財政の在りようを研究する財政学。
また市場に対する政府の政策介入も研究対象です(経済政策論、金融政策論など)。
研究手法としては数理モデルを使った理論研究や統計データを活用する研究の他、歴史研究や思想的な研究もあります。
最近では、応用数学の要素の強いゲーム理論や心理学の研究成果を取り入れた行動経済学が注目されています。
経済学のベースとなる理論としてマクロ経済学、ミクロ経済学の分野があり(マクロは国民経済全体が対象、ミクロは個々の経済主体の行動が対象)、高校レベルの数学が苦手な人は苦労するかも知れません。
経営学は、研究の切り口が、ビジネスの主体である企業に着目します。
経済学に比べると、実務的、ビジネス色が強い学問です。
企業の組織の在りようを研究する組織論や経営管理論、企業行動を研究する意思決定論や経営戦略論、より具体的な経営の管理手法を扱う生産管理論や人事労務管理論などの分野があります。
企業経営に不可欠な会計学や財務分析等の研究も経営学のなかで扱われます。
また最近では、企業経営のみならず自治体経営(公共経営)やNPOのような非営利組織の運営も研究テーマになっています。
商学は、市場経済における商取引(商売)≒事業について研究する学問です。
経営学同様、ビジネス色が強く、商業学や流通論、商品販売を効果的に行うための市場調査・消費者心理・広告活動などについて幅広く学ぶマーケティング論、商取引を円滑に行うための運輸・倉庫、保険・金融、外国為替などの仕組みの研究などの分野があります。
また企業財務などの会計学といった分野も商学のなかでも扱われます。
経済学科と経営学科の就職状況については、民間企業への就職に関してはほとんど差はないでしょう。
公務員志望者は経済学科がやや多く、公認会計士や税理士などをめざす人は経営学科で会計学を専攻することが多いと思います。
たとえば池上彰さんのニュース解説番組が好きな人は経済学科向き、「プロフェッショナル」や「ガイアの夜明け」のような新規事業開拓や新製品開発などの人物群像を描いた番組が好きな人は経営学科向きだと言えるかも知れません。

経済学の問題です

経済学の問題です (1)市場における交換利益を、消費者過剰と生産者過剰を使って説明しなさい。
グラフを描くこと(2)消費者による、ある財の需要曲線を、無差別曲線、予算制約権などを用いて導き出しなさい。
グラフを描くこと。

経済学の問題には、必ず定義と出展とが詳しく書かれています。
君のは、かれていないからそれは、経済学の問題では、なく経済歴史学の問題だと思われます。
よってカテゴリーは、世界史です。

経済成長っての何なのか

経済成長っての何なのか経済学部とか行かれた方にお聞きしたい。
GDPがマイナス成長だったらしいけどそれってどのくらい大変なことなのか分からないのです。
日本の全てを揺るがすほど大変なことなのですか?企業減税を行い経済を活性化させてやがては庶民にまでお金を回すそんな作戦は本当に必要なのでしょうか?或いは多少のマイナス成長が続いたとしても企業に課税して消費税を上げない個人消費を優先した政策を行うって言うのは経済学上は明らかな間違いなのですか?そのような政策はこれまでことごとく失敗したとか?また経済ってのは常にプラス成長でなければならぬってのは鉄則なのでしょうか?当方素人なので、出来れば分かりやすく教えて頂ければ幸いです。

「何を経済政策の目標にするのが望ましいか」は「どういう社会であってほしいか」によって違って来ます。
* アメリカのように貧富の差が激しく犯罪の多い不安定な社会に向かう政策を排除したいと私は思っております。
『経済政策の背後にある価値観』を見抜くことが大切です。
「自分さえよければいい」という考えで投票する人が多いのが現実ですけど。

あともうひとつ、
マネーゲームに国民を巻き込む政策も
排除したいと思っております。>

-経済

© 2021 給付金とかで結構ウハウハごめんなさい