経済

経済の面白い話を教えてください。経済

高崎経済大学を受けようと思っています。

高崎経済大学を受けようと思っています。
できれば前期で受かりたいです。
バンザイシステムのセンターのみだとB判定でした。
でも、記述が弱いので不安です。
国語と数学で受けようと思います。
対策とか勉強方法を教えてください!!!

高崎経済は近年いろんな問題を起こしているのでお勧めしません。
2007年には教員のアカデミックハラスメントによって学生が自殺に追いやられたとされた事件がありました。
その教員は一度は懲戒免職(クビ)になりましたが、2008年になって大学に復帰して今も教壇に立っています。
また2007年には学長が単位を不正に認定して、学長が辞任するという事件もありました。
環境も良くないです。
高崎経済の教員一人当たりの学生数は国公立でトップクラスの多さで私立大学の平均すら大きく上回っています。
さらに時間割は特定の時限に講義が集中しており、なかなか自分の取りたい講義が取れません。
ちなみに経済学部だと2017年度から3学科に増え、2年進級時に配属学科が決まるのでますます希望の学科に配属される可能性が低くなります。
また、職員の事務はいい加減で、学生とトラブルになることもあります。
私なんて時間割のミスで必修の語学と必修の基礎演習の時間が重なってしまい、演習クラスの変更を余儀なくされました。
また、大学の手違いなのに、何の救済もありませんでした・・・職員の態度もひどかったです。
間違えて何が悪いと言わんばかりの態度でした・・・私が2年の後期の必修科目の語学と基礎演習(ゼミナール)(両方再履修ではない)の時間が重なった【image02.wiki.livedoor.jp/t/i/takasakikeizai/bf63db8ad9522963...】と教務課に相談に行ったら、『必修語学』と『必修ゼミ』の時間は重ならないように設定していたつもりになっていたらしく、時間割も確認せずに「そんなはずはない!!!!お前の勘違いだろ!!!!」と罵倒されました。
「いや、重なっている」と言って職員に時間割を確認させたら、詫びもせずに「じゃあ、このゼミは無理。
他のゼミに変わって」と言われました。
急に他のゼミに変われって言われても困るから、何とかして欲しいと言ったのですが、「だからそれは無理だっつてんだろ!!!!」というばかりで結局見捨てられて、無理矢理他のゼミに飛ばされました。
私が語学とゼミの時間が重なったと言ったら、時間割も確認せずに「そんなはずはない!!!!」と言ったことや、語学とゼミの時間が重なったらどうなるかなんてガイダンスでは一言も言ってなかったことや、「経済学部ゼミナール案内」という冊子にもそんなことは全く書かれていなかったことから、2年の必修の語学と基礎演習は別々の時間に配置して、重ならないようにしていたはずだったが、何らかの手違いで重なってしまったようです。
また私が語学とゼミの時間が重なったと言った時に職員は時間割も確認せずに「そんなはずはない!!!!」と言っていましたが、職員ですらきちんと時間割を把握しておらず、勝手な思い込みで仕事をしているということになります。
こうした職員の言動からも仕事の『ずさんさ』がうかがえます。
そもそも『まともな』大学ならきちんと単位を取っているのに必修科目と必修科目の時間が重なるということはあり得ません。
もしこういう手違いがあったら、学生に迷惑にならないように何らかの救済をするか、それも無理なら学生にお詫びをするのが筋だと思います。
高崎経済ではこうした最低限の初歩的な業務すら出来ておらず、学生に迷惑をかけることがあります。
このように高崎経済大学では『非常に悪質でずさんな』業務が行われています。

わたしが滑り止めで受けた大学ですから、
勉強なんかしなくても受かります。>

経済学部 数学 必用

経済学部 数学 必用こんにちは。
大学の経済学部って数学が必用ですよね?経済を学ぶにあたって、得意な生徒が集まるものだろうと思ってます。
※ここでは私立大学を対象としています。
ですが、入試科目を覗いてみると「英語」「国語」は必須科目で、選択科目として「歴史or数学」のどちらかが選べます。
これでは、入学してから数学のできない人は大変なのではないでしょうか??大学側も、なぜ数学を学んでいない可能性もある生徒を、入学させるのでしょうか??メリットはあるのでしょうか??

「数学が出来ない人がどうやって経済学を学べるのか?」私も在学中この疑問を思っていました。
私の大学では2次試験でも数学・英語でしたので、文系でも数学得意な人や理系流れの人が多かったです。
おまけに国語が苦手で避けた人も多かったです。
入学すると『経済数学』という科目があり、それはほとんど微分です。
数Ⅱから数Ⅲの範囲、数Ⅲにもない概念もありました。
これを土台として経済学を学ぶのでした。
おそらくですが、総じて数学必須にすると志願者が減ってしまうのではないかと思います。
文系は数学嫌いな人が多いですからね。
数ⅡBまでは高校必修科目ですので、受験勉強として本気で取り組んではいなくてもちゃんと学習はしている状態であれば、「経済数学」も充分理解できると思います。
ですから一定レベル以上の大学であれば、受験で数学を課さなくてもある程度数学の土台は勉強している学生層であると見なしているのではと推測します。
一方で問題は一定レベル以下の大学です。
いわゆるFランク大学では『経済数学』が理解できるとは到底思えません。
これも憶測ですが、こういう所では「数式を用いない」経済学の授業をしているのはないか、ということです。
例えば「貨幣量が一単位増加するとどれだけ消費と貯蓄に回るか」という話をする時に、これは数式を用いれば限界消費性向という概念をグラフを用いて考えられますが、Fランク大では「お金持ちが新たに10000円を得たら〇円消費に向かう、貧乏人が10000円を得たら〇円消費に向かう。
」みたいな話で済ませていくしか仕方ないでしょうね。
ですから、高1の時から特定の有名私立の経済学部に志望を定めて、入試に必要な科目だけ必死で勉強し、数学は早々と捨てていた生徒が志望校に入学しても苦労する可能性はありますよね。
これは生物を履修してない生徒が医学系に入り込むようなものです。
長くなりすみませんが、まとめますと、・微分を中心に理解が出来ていれば大丈夫だと思います。
・受験科目として課してしまうと受験者が敬遠がちです。
・一定以下レベルの大学では数学どころではないと思います。
・必ずしも数式を用いない授業もあり得ます。

なるほど、詳しくありがとうございます!私は恐らく有名私大に入ると思うので、とても参考になりました。>別に得意じゃない人の人も多いと思いますよ
経済学部は主に文系が行くところだし
みんな大学に入ってからすうさん勉強するし
でも苦労するのは苦労すると聞いたことがあります>

経済学の教えでは、経済では、すべてにおいてトレードオフの関係が成り立っていま...

経済学の教えでは、経済では、すべてにおいてトレードオフの関係が成り立っていますがこれって他の分野でもそうですよね??学歴やスポーツ、恋愛など、、例えば小学校に英語の授業を導入すれば、その分、国語や算数の授業を減らさなくてはなりません

資源の最適配分を考えるのが経済学

経済学者がいなければ、景気はもっと悪くなっていたと思いますか?

経済学者がいなければ、景気はもっと悪くなっていたと思いますか?

関係ありません、経済学者は、景気に何の影響も与えません。
政治屋がヘンな学者のヘンな経済政策を採用すれば別です。

経済学部の大学を調べている時に国際経済という学科を見つけました。
一般的な経済...

経済学部の大学を調べている時に国際経済という学科を見つけました。
一般的な経済学科に対して何が違うのでしょうか?

英語での授業が多い場合と、単に国際経済系の講義が多い場合と大学により違うので注意が必要です。

経済に関して、門外漢なので詳しい方教えて下さい。

経済に関して、門外漢なので詳しい方教えて下さい。
(出来れば小学生にもわかるレベルで)「国の借金」というのは、早い話今までの国債の発行数だとおもうのですが、それって結局国民や企業、銀行が買ってる(お金貸してる)わけですよね?でもって、国はすでにお金使ってしまって、返すお金が無いと言ってるのだと思いますが、では仮に日本銀行が紙幣を刷って国債すべて払い戻ししたら経済はどうなるのですか?貸してた金が手元に戻って来るだけなんだから、また他の事に運用して経済良くなったりしないですか?もともと消費増税で借金返済に充てると言ってましたが貸主から税金として金吸い上げて貸主に返すって事ですよね?なんかわけが分からないんですが・・・???

原則ではなく日本の現状に即して答えるなら、深刻な経済危機を生み出す可能性があります借金を返す、それ自体は良いことのように聞こえます。
しかしそれは借り手の理屈です。
貸してる側からみればどうでしょう?日本政府に金を貸してるのは主に金融機関、特に銀行です。
銀行が国債を消化するのはビジネスのためです。
要するに政府に金を貸して利子を得る、銀行の基本業務を果たしているに過ぎませんもし日本政府が国債をすべて日銀引受で振り替えた場合(帳簿上は日銀に対する借金に形を変えて残るので、別に帳消しになるわけじゃありませんよ)このビジネスが成り立たなくなります。
貸してる金を返されてしまったら利子はそこで途切れるでしょ?それでは銀行としては困るわけです政府に貸してた金が手元に戻ってきました。
でも銀行は貸して利益を得ないとやっていけません。
政府からの利子収入が途絶えたら次の貸出先を見つけなければならないわけです。
この金は銀行のものではなく、預金として国民から借りてるものなのですから。
運用できなければ預金の利払いだけで青息吐息ですネックになるのはここです。
次の貸出先があるのか?というところです。
日本においては現状これがありません。
民間が内部留保を深刻化させ金を借りないのです。
借りる気がない相手に金は貸せませんつまり、政府が借金を返してしまったら、銀行は貸出先がなくて詰む可能性があります。
誰も借りてくれないからです。
「誰も借りてくれないから日本国債に頼って生きている」というのが銀行の実情で、それすら取り上げたら倒産に瀕する可能性があります。
銀行が倒れたらそこから資金繰りしていた企業も倒れ連鎖倒産が始まります。
これが深刻な経済危機となりますあなたの質問文における「返ってきたお金を他のことに運用して経済良くなるのではないか?」というのは、原則としてはある程度正しいのですが、日本の場合は運用すべき他のこと、がそもそも存在してないので成り立たないわけですね>国はお金をすでに使ってしまって返す金がないという理解の人は多いですが、これはいくつかの点で明らかに間違いです①国ではなく政府です。
国≠政府、国=政府+民間です。
日本政府はほとんど日本の民間から借りてます。
要するに身内の貸し借りです。
「夫が妻から借りている金」を「家の借金」とは言いませんよね?同じことで、政府が民間から借りているものを国の借金と呼ぶのは明らかに間違いです。
あれは「政府の借金」です。
国全体でいえば日本は黒字国家ですから、借金なんかありません②金は使って無くなってしまった、というのは日本人がよくやる勘違いです。
金は使っても消えて無くなったりしません。
たとえばあなたがコンビニで買い物したときに支払う1000円札は、消えて無くなったりせずコンビニのものになりますよね?コンビニはさらにそれを給与などに使うでしょう。
その過程で1000円札は消えて無くなったりしません金は使っても「持ち主が変わるだけ」で、この世のどこかに必ず存在し続けます。
政府が使った(なんらかの支払いを行なった)ということは、次の持ち主の手に金が移ったということでしかないのです。
日本の場合政府が使った金というのはほぼすべて民間に支払ってるので、民間の誰かが新しく持ち主になっているということにしかなりません。
そしてその持ち主もまた使い、次の持ち主も使い、いずれは預金されて「銀行の金庫に戻る」のです。
これが基本のプロセスです銀行→政府→民間→銀行→政府→民間→銀行……金はこうやってぐるぐる回っているだけです。
使ったから無くなった、というのは明らかにおかしいんです。
それでは「どこかの段階で金が異次元空間に吸い込まれた」と言ってるのと大差ありません。
金はあるのです、銀行から政府に移るとき、支払い(税金)ではなく国債という借金の形をとるから帳簿上赤字と黒字(銀行にとって)が発生するだけなのです金はもともと足りていて、無くなったりしません。
政府が使おうとすれば債務は増えますが、だから何かが発生するというものではありません(借金というのは返済が滞らない限りなにも起きません)増税して金を確保しなければならないのだ、というのは「財務省のついてる大嘘」です。
だって金あるから。
増税によって確実に発生する不況の悪化を体良く無視して、必要でもなんでもない増税をさも必要不可欠であるかのようにマスコミは主張しますが、金は存在しているのだから「借りて用意する」で必ず事足ります。
政府が帳簿上の赤字を抱えたらそれでいいだけの話なのに、増税しようなんて本末転倒もいいところなんです。
だってそれで景気は明らかに悪くなって、税収はむしろ減りますから(8%増税時に消費が予想以上に落ち込み税収はむしろ減ってます)政府は赤字でも破産しません。
貧乏でも餓死しません。
赤字でも痛くもかゆくもないんです。
そして政府が赤字であることは「民間に黒字を与えている」ことと同義です。
政府赤字を消すということは、民間黒字を消すということにしかなりません。
痛くもかゆくもない赤字を消すために民間の黒字を奪い去って消費を低迷させたら、日本の不景気はますます深刻化するだけ、いいことは何一つ存在しません端的に「日本政府の債務は減らしてはいけないもの」なのです。
借金だから返そう、というのは真理でもなんでもない、短絡的な素人の思い込みにすぎません。
日本政府からみれば借金でも民間からみれば稼ぎなのですから、政府の借金を減らすということは民間の稼ぎを減らして貧乏にするということでしかありません。
「政府の借金を返そう」=「民間を貧乏にしよう」です。
ほらね?真理でもなんでもないし、やっちゃいけないのがわかるでしょ?

なるほど、よく解かります。
その説明で私が得た答えは「じゃあもっと国債発行した方が金回りが良くなる、それが可能ならバラマキだろうが何だろうがバンバン借金して福祉を豊かに出来る。」です。
でも現実は、そうなりません。なぜでしょう?
”金はある”という事ですが、一体誰が一番金をプールしているのでしょうか?
個人?企業?銀行?
あと、これだけ金利が無いに等しいのに本当に利子による利益が民間の運用に役立っているのでしょうか?>

経済学でわからないものがあるので質問します。

経済学でわからないものがあるので質問します。
スウェーデン、フィンランド、デンマーク、ノルウェーなどの北欧諸国は基本的には市場を経済に任せ、政治、思想の面でも自由に意思表明ができる国家体制である。
この国家体制を何というか?というものです。
よろしくお願いします

自由主義経済じゃない?

経済活動しかしない社会、経済にしか意味を考えない人格は、人を養わないと、思い...

経済活動しかしない社会、経済にしか意味を考えない人格は、人を養わないと、思います。

逆に経済を考えない人格は人を養えないと思います。

養えますね、それが宗教だからです。>

経済学部を卒業した方はどんな職についてますか?

経済学部を卒業した方はどんな職についてますか?何が楽しくて働いてますか?

俺は経済学部卒だが、楽しく経営者やってる。
かといって、経営学部時代の知識が役に立ったことはない。
せいぜい、経営学部と合同授業だった簿記の知識ぐらいだな。

経済の面白い話を教えてください。

経済の面白い話を教えてください。

経済はeconomyの訳語として明治時代に発明された造語ですが、語源は「経世済民」です。
「経世済民」は平たく言えば「良い政治」という意味なので、economyの訳語としては明らかに誤訳です。
明治時代の文化人にとってeconomyという概念が如何に理解しがたかったか分かりますね。

なるほど!>

-経済

© 2021 給付金とかで結構ウハウハごめんなさい