経済

経済学部は数学ができないと入ってから大変ですか?経済

経済学を独学で勉強したい…

経済学を独学で勉強したい…経済学を独学で勉強したいんですがどのようにすればよいですか?社会人なので、来年から聴講生などを利用して週に一回だけ行けるかもしれませんが…神戸大で計量経済を受けられかも。
経済原論については武隈ミクロ(黄色の本の)ならなんとか理解できます。
マクロは国Ⅱレベルの公務員試験なら解けます。
数学や統計、計量はどのように勉強すればよいですか計量なら山卓ですがなかなか読んでると理解できない部分が多いので白砂の計量を読んでいます数学や統計学はどの程度勉強すればよいですか数学に関しては線形代数など耳慣れない言葉もあったので…とりあえずドウリングの経済数学を上下をして、チャンの上下をしようかと思います。
ちなみに最終的には労働経済を勉強したいです失業についてとか雇用システムの経済学的効果とか実証研究を中心にするの?とか理論を中心に?とかはなんとなくはわかりますが、実感ができません。
実証ならデータを使ってとか?(学部二年生とかでもそんな感じですよね?たぶん、)

経済学を勉強している大学生です。
学部生なので突っ込んだ内容に関しては少し間違いがあるかもしれませんが、経済学の勉強に関してはご意見できると思います。
以下、①経済学の勉強②数学の勉強③労働経済の研究に関して記述します。
①経済学の勉強ご存知だと思いますが、基本的に経済学部(研究科)で必修となっているのはミクロ経済学、マクロ経済学、計量経済学です。
これらは、応用(特に質問者様の挙げられている雇用システムの経済学的効果)を行うにあったって必須だと思います。
なので、できるだけ高いレベルまで勉強されるのがいいと思います。
目安としては、ミクロでは武隈、マクロでは浅子、レベルが最低ラインです。
当方としては、ミクロでは奥野(新しい方(古い方もオススメですが))、マクロでは斎藤誠の新しいマクロがおすすめです。
前者ではゲーム理論、後者では動学的マクロ、マクロのミクロ的基礎づけ等経済学の比較的新しい話題に触れており、質問者様の興味である労働経済に繋がりやすいと思います。
勉強法としては、すでに基礎的な部分は理解されているとのことでしたので、このまま上記の本に当たられては如何でしょうか。
計量経済に関しては、山拓が理解できればひとまずOKだと思います。
計量分析はできてなんぼな所があると思いますので、、、更に上級の本では、ミクロではマスコレル、マクロではサージェント、計量ではハヤシ等が有名で一般的に学部上級、大学院ではこれらを用いていますが、それぞれ、分量が多く質問者様の関心分野に直接関係がない内容も多いと思うので必要に迫られたときに理解されればいいと思います。
②数学の勉強数学に関しては経済学で用いられるのは、微分積分、線形代数、統計学の3分野が殆どです。
なので、それぞれの基礎的な内容は理解する必要があります。
とは言うものの、経済学特有の用い方をする部分も多いので、経済数学の本で勉強されることをお勧めします。
また、統計は計量経済を学ぶための前座的な役割なので、計量経済学を学ばれていて分からない所があればその都度参照されればいいと思います。
まとめると以下です。
・高校の数3、C、統計の基礎レベルは必須・チャン等の経済数学の本を用いる・それ以外は勉強していく中でわからない箇所を補強③労働経済の研究まず、理論と実証についてですが、理論は仮定に基づいて経済モデルを構築し理論的な結論を導き出す研究です。
一方、実証は過去のデータを用い理論上の結論が実際の経済で成り立っているかを検証する研究です。
次に、「失業についてとか雇用システムの経済学的効果とか」に関して書きます。
失業についての研究は、サーチ理論等でなされていると思います。
また、雇用システムの研究に関してはメカニズムデザインという分野でなされていると思います。
これらはざっくり言うとミクロ経済学の分野で、ゲーム理論の応用分野です。
一方で、これらの経済学的効果(経済的効果でしょうか?)となると、国家全体に与える影響となるのでマクロ経済的な分析が必要です。
つまり、「雇用システムの経済的効果」を理論的に研究するためには、ミクロ経済的な雇用システムの分析を行った上で、それをマクロ経済的なモデルの中に導入し、国全体の経済的効果を図る必要があります。
更にそのモデルから導かれる結論が正しいかどうかを検証するのであれば計量経済学を用いる必要があります。

経済学者ケインズについて4000字のレポートが課されました。

経済学者ケインズについて4000字のレポートが課されました。
うまくどう構成して書けばいいかわかりませんもし意見など提案あったらお願いします。

ケインズの経済政策は有効需要政策です。
大恐慌でアメリカ政府は景気後退に伴う税収不足に対応した緊縮財政政策を採用しました。
民間は不況でお金を使わない。
緊縮財政で政府もお金を使わない。
これでは誰もお金を使わずいつまでたっても景気は良くならない。
そこで大恐慌から立ち直るためには政府は税収不足でも国債を発行してお金を遣い景気回復のための需要を創設しようと云うのがケインズの有効需要政策です。
ケインズは株式投資を美人コンテストに例えた理論で自らも株で大儲けしています。
人妻のロシア人バレリーナにひと目惚れして毎日花束を持って劇場に通い口説き落とします。
離婚させて結婚。
彼女の為に劇場経営に乗り出し、自らの大学の講義終了後は学生を連れて妻のバレーを観賞していたそうです。

経済思想史を勉強したい場合、専攻は経済でしょうか?それとも現代思想等でしょう...

経済思想史を勉強したい場合、専攻は経済でしょうか?それとも現代思想等でしょうか?

どちらもありえますが、特長は異なります。
経済学専攻(「経済専攻」ではない!)の場合、20世紀以降の主流派経済学の理論的枠組みも学び、それを踏まえた上で経済思想史を学ぶことになるでしょうね。
数学的に定義された現代経済学の概念は「経済学」専攻の素養がなければなかなか理解出来なさそうです(実際「哲学」とか「マルクス経済学」出身の思想史家が頓珍漢な解釈に基づく批判をしていることは多いです)。
経済学専攻なら、現代経済学の理論との比較を通して過去の経済思想を解釈することが可能でしょう。
哲学専攻の場合、哲学史の背景を理解した上で、哲学史の文脈から経済思想史を理解することが可能でしょう。
古典文献を読解する訓練などは経済学専攻よりも遥かに哲学専攻の方が向いていると思います。
スミスやマルクスといった「古典派」は現在economicsと呼ばれている学問よりも哲学や倫理学ですので、哲学史として彼らの思想を勉強・研究するのは極めて自然だろ思います。
ただし、数学的な理論の勉強をしておかなければ20世紀以降に生まれたeconomicsと呼ばれる学問とそれら思想との関係を正確に把握出来ないのは痛いかもしれません。
私見では、経済学専攻出身で経済思想史を研究されている先生の方が多いです。
しかし、一流の先生を除く大半の経済思想史家は経済学専攻出身にも関わらず経済理論を理解していないようで、一方で哲学史の素養も浅く、的外れな批評をしているような印象を受けます。
経済学部で経済思想史や経済学史を選択する学生は数学が苦手で理論科目を避ける形でそちらの道に進む方が多いせいかな、と個人的には思っています(もちろん「一流」の経済学史家の方々は大学院レベルの理論を理解されていますが)。
経済学専攻出身の経済思想史家で優れた方は、20代中盤以降まで理論の研究をしていて途中から経済思想史に転向した、という方が多いと思います。
ですから、最初から経済思想史に関心があるなら経済学部よりも哲学科で文献読解の能力と哲学史の素養をつけながらの方が良いと思います。
要約・経済学専攻出身(途中まで理論志望)→現代の経済理論を通して経済思想を解釈・評価できる・経済学専攻出身(最初から経済思想史志望)→理論も知らなければ哲学史の素養も浅い・哲学専攻出身→哲学史の素養を通して、文献読解力や語学を駆使しながら経済思想を解釈・評価できる

経済的に余裕のない自分の彼氏が35万円するケーキを買ってきたら、どう思いますか...

経済的に余裕のない自分の彼氏が35万円するケーキを買ってきたら、どう思いますか??

経済観念と金の使い方のセンスがゼロな人間だと判断して冷めます

経済的付加価値と残余利益の違いを教えてください。

経済的付加価値と残余利益の違いを教えてください。
補足違いはなんでしょうか。
関連はないのでしょうか。

経済的付加価値 は 利益に生産要素への分配 つまり支払利息 地代及び 人件費 などを加えたもの。
残余利益は 利益から配当コストを差し引いたもの。

経済的付加価値は 経済活動によって付加された価値の大きさを示す指標 で 残余利益は事業評価の指標 なので本来は次元の違う話だ。しかし残余利益を 会社あるいは事業が生み出した付加価値である と 捉えれば、会社や事業 自体も生産要素の一つであり 残余利益は経済的付加価値の一部 という事になる。>

東京経済大学、大阪経済大学、松山大学、福岡大学、福知山公立大学、高千穂大学、...

東京経済大学、大阪経済大学、松山大学、福岡大学、福知山公立大学、高千穂大学、北海道大学水産学部、神戸大学海事科学部、水産大学校の世間での評判はどれぐらいのものなのでしょうか?たとえば就職の有利不利や入試難易度とか。
どれも旧制専門学校の流れをくむ大学で歴史はありますが。
補足東京海洋大学も追加してください。

東京経済大学難易度 日東駒専に肉薄就職 日東駒専に肉薄中堅私大レベル。
並イメージ シンデレラ畠山大阪経済大学難易度 産近甲龍に肉薄就職 産近甲龍に肉薄中堅私大レベル。
並イメージ ジャパネットたかたの社長松山大学難易度 最近レベルが上がってるらしいが大東亜レベルのイメージが強い就職 四国では香川大、愛媛大…国立に次いで強い。
ただ四国に大企業が少なく地方なので大企業への実績は少なめ。
イメージ 特にない福岡大学難易度 日東駒専産近甲龍と同じ就職 西南学院大の次。
九州では割と強い。
がこれも地方なので大都市圏の大学よりは微妙。
イメージ 博多華丸大吉福知山公立大学難易度 底辺公立、正直産近甲龍より劣る。
摂神追桃よりはいいか…就職 悪い。
元々Fラン私大の成美大学を公立大学化しただけ。
評判は知れている。
関西以外の地方に行けば公立大学だから人事が勘違いしてくれるかも?イメージ 野球で有名な福知山成美高校の元付属大学高千穂大学難易度 Fラン就職 悪い。
百貨店や大量採用の大和ハウスや積水ハウスでも大勝イメージ 早稲田のパチもん北海道大学、神戸大学前者は旧帝国大学。
どちらも10本の指に入る国立大学。
説明不要。
就職は相当強い。
どちらも全国的に通用する。
水産大学校難易度 日東駒専に肉薄だが、単純に比べられない就職 水産関係。
水産庁、日本水産、極洋、中央魚類などイメージ 意外と賢くなくても入れる3教科。
東京海洋大学難易度 成蹊成城とかその辺、就職 良い。
水産大学校と比べ、水産関係以外の大手企業も多い。
イメージ さかなクン高千穂と元Fラン私立の福知山公立は避けるべし。

難易度
北大≧神戸大>>>海洋大>>福岡大≧水産大学校≧東経大≒大経大≧松山大>福知山公立>>高千穂
就職
北大≧神戸大>海洋大>>>水産大学校≒東経大≒大経大≧福岡大>松山大>>>高千穂≒福知山公立>福知山公立大学は箸にも棒にもかからない超低偏差値+経営困難私大に巨額の税金をつぎ込んだ大学。地元の高校生でさえ見向きもしないよ。福知山で就職し、福知山で骨を埋める気ならどうぞ・・・・・>神戸大学=北海道大学>東京海洋≒大阪経済>東京経済≒東京水産>松山>

経済史的な意義 とはどういうことですか?

経済史的な意義 とはどういうことですか?

「経済史」と呼ばれる学問分野における評価では、ということです

経済学で総需要を表す数値をなんというのですか?

経済学で総需要を表す数値をなんというのですか?

経済学で総需要を表す数値なんてありません数値とは1とか10とか100であって総需要を数値であらわすとはいいません

経済学部と経営学部の具体的な違いがよく分かりません、その違いと日東駒専でのお...

経済学部と経営学部の具体的な違いがよく分かりません、その違いと日東駒専でのお勧めを教えて下さい!!

経済学→社会構造をヒト、モノ、カネの動きでとらえる学問。
経済全体の仕組みを解明します。
景気、為替、資産、賃金、国の財政など、大きな観点から学ぶ。
資本主義経済だけとは限りません。
経営学、商学→資本主義経済下における企業活動、金融、消費者、貿易、物流、マーケティング、会計学、観光学等、具体的な利潤の追求に関わる実学を学ぶ学問。
日東駒専なら、社会科学分野はどちらも、専修大学でしょうね。
駒大、東洋大は人文科学が強く、日大は理高文低。
おすすめは、ありません。
同じくらいなら分野を絞って、食料経済学に強い、東京農業大学国際食料情報学部食料環境経済学科がお勧め。
www.nodai.ac.jp/economics/もう少し上だと、理科系の経済学を学ぶ東京理科大経済学部ビジネスエコノミクス学科。
www.tus.ac.jp/fac_grad/fac/keiei/bis.html経済学も経営学も数値データは扱います。
数学と言うより、統計や株価の上がり下がり。
売上、粗利、営業利益、経常利益。
バランスシートが読めないと経営学は意味がない。
特に会計学は数字。
大丈夫。
百分率と二次関数くらいわかれば可能です。
数Ⅰレベル。
理科大経済学になると数理経済学でビッグデータなどを解析します。
数学が苦手でも営業マンにはなれます。
日東駒専に行き幅広く学び、結局、教養しか身につかないなら、農大で、食料経済学やったほうが専門性が高くていいですよ。
文系から受けられますし、なかなか目利きの受験生になれます。
農業実習も受けられるしね。
実学、ですよ。
農大は。

どちらの分野にしても数学は必須科目ですか?>

経済学部は数学ができないと入ってから大変ですか?

経済学部は数学ができないと入ってから大変ですか?

経済は数学ではないので大丈夫です

-経済

© 2020 給付金とかで結構ウハウハごめんなさい