経済

経済学の質問です。急いでいます! 花子さんはダイビング体験ツアーに...経済

経済効果なんてインチキな数字に騙されてない?

経済効果なんてインチキな数字に騙されてない?2020年の東京オリパラの費用が3兆円になるとか言われてますよね?この3兆円って数字もどう算出した数字なのか知らないけど、東京のオリパラでの経済効果は30兆円とも言われてます。
ワイドショーなど見ていると、「3兆円かけて30兆円ならいいんじゃないの?」くらいのことをMCやらコメンテーターやら平気で言ってるんだけど、アホかこいつ等って思わないの?ここに疑問を持つ奴はいないの?経済効果の意味わかってんのかね?まぁ国とか都の収益もあるだろうけど、ほとんどは民間企業などの収益での経済効果でしょうが。
国と都で3兆円の費用をかけるなら3兆円を回収する計画とか見積もりを出さなければいけないはずなのに、30兆円が国とか都の利益になるとでも思ってんのかね?仮に費用が3兆円かかったとして、都は4千万円しか出さないらしいから、残りの2兆6千万円は国の負担だから国民の税金になるわけでしょ。
道路とか国有地とか元々予算が付いているとか言う話しがあっても、国は2兆6千万円以上の収益を上げる計画を出さなければいけないし、都は4千万円以上の収益を上げる計画を出さなければいけない。
せめて30兆円の経済効果で税収が○兆円になるって数字くらい出ていればいいけど。
まぁ30兆円なんて数字も甘々な数字だろうし、どんな計算で出した数字かも、どんな根拠で出た数字かもわからないから、この数字にケチ付けても意味無いんだけど。
(個人的には東京都が勝手に五輪招致したんだから東京都が全額負担しろって思っていますが。
)小池さんに変わらなければ、おとなしく3兆円でも4兆円でも費用がふくらんでただろから言いにくいけど、都民ファーストとアスリートファーストは必ずしも一致しないからね。
おまけに都の負担額が4千万円が上限だとするなら、都民ファーストだけで済む話しじゃなく、国民ファーストも入れてもらわないとね。
仮に国民の負担額が多くなるのなら国民ファーストになるはずなんで、予算第一でやってもらいたい。
あと、オリパラでどの程度の採算取れる見込みがあるのかも出して欲しいな。
予算押さえるよう努力してくれてはるけど、小池さんは状況の把握とか理解とか切り分けがちゃんとできる人なの?豊洲の問題にしても優先順位が違ってる気がするし、最近ちょっと不安・・・補足費用分が回収できないと借金になるだけなので。
いままで国とか地方がやってきた甘々な採算やら見通しやらが現在の借金。
そもそも日本でオリンピックなんてやってる場合か?って立場だったので、借金作って平気で増税言える政治家やら官僚やらの神経がわからない。
そりゃぁ金がかからないならオリンピックでも何でも一時的なお祭りは楽しくて盛り上がるし嬉しいでしょう。
でも結果的に借金になって税金って形で生活にのしかかってくるなら祭り事なんていらない。

経済効果なんて、どうにでも計算できますからいい加減なもんですよね。
思惑によって都合の良い数字ばかりが羅列されていますよね。

経済、経営を学ぶ大学に行く際、高校で政治経済の授業を選択しなかったんですが行...

経済、経営を学ぶ大学に行く際、高校で政治経済の授業を選択しなかったんですが行けますか?

全く問題ありません。
高校の「政治経済」未履修が大学で問題になるようなら、受験科目で政治経済を指定しています。
国立大学の二次で政経は受験科目ですらありませんし、私立の政治経済学部でも選択科目として用意されているくらいです。
私大政治経済学部では最高峰とされている早稲田の政経は来年度から政経をはずします。
ちなみに経営学では高校の政治経済は関係ありません。
大学の経済学部ではむしろ数学の方が大切です。
私大は数学抜きでも受験できますが、国立はほぼ2次でも数学があります。

特に支障はありませんが、政経を選択していた方が入った後に幾分か楽に授業を受けられましたね。>

経済学について教えて下さい。

経済学について教えて下さい。
比較静学で、名目賃金率が上昇した場合、代替効果により余暇が減少するのはなぜでしょうか。
また、いつも減少するとは限らないとの事ですが、基本は減少する、とのことでしょうか。
経済学初心者なもので、ご存知の方ご教示ください。

経済学では、人々は労働に負の効用があると見做すと考えます。
したがって、人々が労働に勤しむのは、それによって得られる利得が負の効用より大きいからです。
利得-負効用の合計が最大化されるポイントは、追加の労働によって得られる利得が、ちょうど発生する負の効用以下になる時点になります。
ここで、賃金率が引き上がれば、労働負効用に対する相対的な利得が上昇し、もっと労働時間を増やしても効用が増える⇒もっと余暇を減らすということが起きるわけです。
時給900円で夜勤はやりたくないが時給1500円ももらえるなら睡眠時間を削ってもやりたがる、という風なものだと思ってください。
ただし、余暇に対する選好が強くなる場合は話がややこしくなります。
例えば、賃金率(勤務時間あたり所得)の高い医者ほど、労働時間は却って短くなりがちだと言われています。
これは、労働量追加による所得増加よりも余暇の効用を強く評価することで起こります。
こういう場合、賃金率増加がむしろ労働供給を減らすので、労働供給曲線の後方に右下がり部分が生まれます。
後方屈曲型労働供給曲線といわれます。

一見、余暇の価値より給与の価値が高くなるからじゃないですかね。ただそれは勘違いなので、最終的には元に戻ります。>

経済学のセンスを磨く 大竹文雄

経済学のセンスを磨く 大竹文雄を読みました。
私は高校生なのですが、何を伝えたいのかよくわかりません。
経済学の中でも行動経済学に重きを置いて書いているようですが、突然、幸せが寿命をのばすやら、軽い子供ほど、死亡率は低いとか、もう意味が分かりません。
どなたかぜひ教えてください。

経済学は、実は、学問では、ないし公理が否定された

経済学について相談です。

経済学について相談です。
ゼミのテーマとして、教育の経済学について(教育分野について経済学的に分析)研究していきたいと思っています。
できれば、ゲーム理論を使えるような研究テーマを考えています。
どのように焦点を絞って研究していったらいいでしょうか。
いろんな考えを募集しています。

経済のカテゴリーでの質問をお勧めします

経済学は英語ではなんて言うのですか?

経済学は英語ではなんて言うのですか?

経済学: economics関連経済:an economy経済学者:an economist経済的な:economical経済上の:economic

経済学部の大学生の方へ質問です。
大学の講義は難しいですか?

経済学部の大学生の方へ質問です。
大学の講義は難しいですか?

経済というのはお金にかかわる物すべてを意味していますたまにでもニュースを見ていたら経済学部で勉強する知識はもう持っているでしょうなので授業受けていても聞いたことある言葉が多いと思います

経済が苦手な学生です。

経済が苦手な学生です。
授業でパレート最適について学びました。
これを実現させるには、どのような政策が有効なのでしょうか?経済得意な方、ぜひ回答よろしくお願いします!

あのね、パレート最適、というのは、あくまでも「各経済主体というのは自分自身の選択において、どの選択がどの選択より好ましいかを理解しており、それぞれの生産関数も把握しているのでそれをベースに自由な交換・生産を行えばそれぞれ最も効用を最大化できる最適点(ほかの人の効用を犠牲にすることなく、自分の効用を最大化できる点)が存在している」ということを観念的に示しているだけのことに過ぎないんですよ。
それはそれで意味がないとか言いませんけどね、、、でも、実際にこれを生活の現場、生産の現場に置き換えたとき、具体的にはいったい何を意味しているのか、曖昧すぎて、さっぱり理解できません。
これは、経済学というものの性格に依るんですけれど、例えば「価格=限界費用となる点に生産量を決定する」という命題ひとつとっても、現場での企業の生産活動における参照系としては何を言っているのやら意味不明なんですよ。
「生産量(供給量)」というけれど、生産量を決定(計画)するには必ず期間というものがあります。
今日1日の生産の話をしているのか、今年1年の話をしているのか現在の材料在庫を消費しきるまでの話か、生産物のライフサイクル次元の話か生産設備のライフサイクル次元の話か、そうしたことが定義されていない「生産量」には意味がないんですよ。
しかも、そのどれをとっても「限界費用」なんてのは(もっと言えば明確に定義される費用曲線も)定義なんかできないんです。
経済の現場においては生産も投入も、すべてロット(バルク)単位で決まってしまいます。
観念的に言うなら、余剰材料の廃棄費用まで含めて考えると、費用曲線は連続というよりは階段上、しかも一段上がると緩やかに右下がりになりそしてまた一段上がるとまた緩やかな右下がりとなり、、、結果として全体としては右上がりになるようなそんなイメージです。
「微分可能性」など意味ありません。
そして、経済学の麗しい世界とは違って実際の企業活動においては費用節約とは、単に生産技術の向上だけではなく、如何にして自分のコストを外部に転嫁するかという、ある種の政治的闘争も含みます。
「ある経済主体の意思決定が他の経済主体の意思決定に干渉することはない」など夢のような仮定なのですが、しかしそのような麗しい世界は少なくとも現場のビジネスではありえません。
これが「長期」の理論になってくるとたとえば現場で包絡線定理のようなことを言っている人がいたら、これはもう「ちょっとお医者に見てもらったほうがいいのでは。


」というレベルの話になってきます。
他の条件は何一つ変化することなく、ただ設備投資だけは自由に決定できる時間的スパンで生産量を決定する、、、、もはや正気の沙汰ではありません。
実は現場での選択可能集合というものは明確に定義できる輪郭を持っているわけでもないし稠密でも連続でもなくコンベックス集合ですらありません。
輪郭のぼんやりしたスイスチーズ(しかし空間の方がチーズの部分よりはるかに多い)のようなイメージの方が、はるかに適切です。
パレート最適始め、経済学の命題が成立する条件など何一つ満たしていないのです。
逆に経済学で使われる概念は、経済学内部では明確に定義されたことになっているのですが実際の現場の立場で見れば、余りにもあいまい過ぎて、何を言っているのかわからないのです。
現場で「生産量」とか「消費量」という場合には「いつからいつまで、どれだけのペースで」ということでなければ意味がありません。
そしてその間、「他の条件にして同一」などということはないのです。
材料価格や仕入・販売ロット、消費者の選好や新技術の登場、条件がさまざまに変化しうる、その中で、最低限、投資した資金は利子つきで(借り入れた資金に対する金利のことで経済学でいうところの資本収益とは全く別物)回収しなければならない、そして、願わくば一定の最低許容税引後利潤を挙げなければならない、さらに、いくら大きな利益が上がる生産計画であっても資金繰りが伴っていなければ結局は実現不可能である、と、そういうことなのであって、まったく条件が変わらない中で(ご都合主義的にアレンジされた「不確実性」はある)資金繰りを考える必要もなく決まる「最適な」生産量や消費量を「厳密に」決定することにはなんの意味もありません。
つまり経済学の課題と生活や生産の現場の課題はまったく別なのです。
当然、「パレート最適」を実現するための政策などあり得ません。
ただいえることは大雑把な観念的な話として通商が自由な方が様々な規制があるより多くの人の効用をよりよくすることができるだろう、という程度のことです。
(パレート命題の根本的な問題とは「初期資源賦存状態」と「交換後」の二つの状態、さらに政府が「再分配」した後の状態なるものが存在していることです。
いったい、今、我々が現に生きているこの瞬間は資源の初期賦存状態なのでしょうか、交換後の状態なのでしょうか。



丁寧かつ分かりやすい説明ありがとうございます。
大変勉強になりましたm(__)m>

経済とは哲学的にはどういうことですか?

経済とは哲学的にはどういうことですか?

経済というのはぶっちゃけ金銭のやりくりのことで、一般には哲学とは次元が異なる、というよりある意味では真逆のものだろうと思います。
おっしゃるご質問が何を目指しておられるのか、その意味がよくわかりませんが、哲学が問題にする、より人間の真実に近いまじめな生き方と金儲けはとかく相反した価値観でいわれるものです。
金儲けにいそしめば人間性が毀損し、哲学にのめりこめば金儲けがばからしくなるというようにですね。
もちろん経済そのものを哲学の次元で考えることは可能です。
金(かね)とは何か、生活の中で貨幣などはどんな意味を持っているかなどを考えていく哲学もあり得ますが、そういった現世での身すぎ世すぎの現実から離れて経済はありえません。
そういうものを結びつけて妥協へ導くのが政治ではないでしょうか。

哲学的には消費だよ!
生きる=消費=それが齎す効果ね!!>

経済学の質問です。
急いでいます!

経済学の質問です。
急いでいます!花子さんはダイビング体験ツアーに3泊4日か、4泊5日で行こうと考えています。
目的地までの交通費は3万円で専用のウェアの購入に3万円かかる。
宿泊費は一泊1万円です。
また食事代や装備のレンタル代などで一日一万円程度かかる。
このとき3泊4日にするか4泊5日にするかを決める際にどの費用について考慮する必要がありますか?またそれはなぜですか?これがわかる方、教えてください。
お願いします。

経済学については分からない者ですが、自分がその花子さんの立場だった場合は1番は費用よりも予定が付くかどうか、4泊5日もダイビングをして疲れで楽しみが減らないかどうか、その疲れで帰ってから影響が出ないかどうか、について考慮します。
次に4泊5日も潜って飽きないか(それだけポイントがあるかどうか)を調べます。
それもクリアするのなら日数当たりの交通費が低くなるため、長くいる方を選びます。
費用全然関係なくてすみません。

-経済

© 2021 給付金とかで結構ウハウハごめんなさい