株式

去年、株式投資で大幅な損失をしたので、「上場株式等に係る譲渡損失...株式

株式トレードをしたいのですが、仕事をしていてパソコンやスマホを見ていられる状...

株式トレードをしたいのですが、仕事をしていてパソコンやスマホを見ていられる状況ではありません。
おすすめのスタイルやトレードで方法がありましたら教えてください。

株の短期売買は日中の時間を必要とされますので、日中、お勤めされている方にはお勧めできません。
配当目的で長期保有されるほうがよろしいのではないでしょうか?銘柄も今上昇しているものではなく今後、上昇しそうなものを選好(テーマ株を選ぶ)していくのがよろしいのでは?それでも短期売買をされるのであれば日経平均に使われる日経225採用銘柄を売買されるのがいいのではないでしょうか?新聞やテレビで毎日報道されますので比較的情報を得やすい特徴があります。
ちょっとした空き時間でもスマホやPCで証券会社の情報が得られます。
寄与度の高い日経225採用銘柄の大型株を購入し、前もって利益確定や損切りの注文を入れておくと良いでしょう。
ただし、利益確定や損切りルールをきちっとしておくのが大事です。
大きく取る事を考えない事も大事です。
一度に大きく取れる株を探すのは極めて大変ですが、ルールを守る事は比較的容易です。
株式投資はリスクを伴う事ですから、まずは時間とお金を掛けてチャートの読み方を勉強しチャートをしっかり調査することです。

放置
仮に 百銘柄 買い付け
1銘柄化ける。
66銘柄倒産 33銘柄 チャラ
損益通算で清算
保有優等生 買値の四倍に近づいて 変動…
1株258万円 期待して♪♪♪>そんなんじゃ、損しますよ、環境からダメダメですw
都合のいい方法なんて、有るわきゃ、ないじゃあーりませんか。www>株式の保有期間が2日から1週間くらいのスィングトレード。>おすすめのスタイルは現物を長期保有し配当を得ることです
もっと景気悪いときの方が良いですが>

株式会社ハローズさんの評判を教えてください

株式会社ハローズさんの評判を教えてください

ハローズのことは知りませんが、きっと大丈夫

「株式会社○○○○御中 (担当者の名前)○○○○様」というように、「御中」と「様」を併記...

「株式会社○○○○御中 (担当者の名前)○○○○様」というように、「御中」と「様」を併記する人がいますが、間違いですよね?

間違いです。
こういうのは言葉の意味とセットで覚えてしまえば今後迷うことがありません。
「御中」というのは「中の人へ」を表す「中」に丁寧語の「御」がついたものです。
「株式会社東京商事 御中」というのは「東京商事の中の人へ=そちらの組織に所属する人なら誰でもいいから読んで下さい」ということを表しています。
複数の職員、スタッフが所属する何らかの団体に宛て、読む人を特定しない場合、誰が開封しても目的が達成出来る場合に用います。
よく「御中は企業などの団体に対する敬称」と説明されることがありますが、正確には「中の誰か様へ」というような意味であくまで人に対する敬称です。
個人を宛先としている場合は「御中」は使えません。
「中の誰でも言い誰かが読めばそれでいい」わけではなく、宛先となる個人を想定しているからです。
従って「御中」は不要。
御中と様は併用できません。

併記は有り得ません!なぜなら、御中は誰でも良いですの意味で、様や殿は、特定の人物を指すからです。>

法人税の自己株式の取得、譲渡についてなのですが

法人税の自己株式の取得、譲渡についてなのですが自己株式取得時の会計上仕訳自己株式2000/現金2000税務上仕訳資本金等の額1500/現金2000利益積立金額500/この自己株式のうち、10株を3000円で譲渡した。
会計上仕訳現金3000/自己株式2000 /その他資本剰余金1000 F税務上仕訳現金3000/資本金等の額3000 E修正仕訳自己株式2000/資本金等の額1500 A /利益積立金額500 B利益積立金額500 C/資本金等の額500 Dこのとき、EがAになる理由・自己株式の譲渡は発行会社が取得した自己株式を譲渡したときは、①税務上の仕訳の理由はその現金収入をすべて資本金とすることからEとなっている。
しかし、修正仕訳では、Eの資本金等の額3000を、資本金等の額1500と、利益積立金額1500に分離させて修正仕訳上の勘定科目としている②。
③ ②のように、資本金等の額を資本金等の額と、利益積立金額に分離する理由は、「株主法人という立場からみたら、収入金額のうち、資本金等の額を超える部分の金額は、みなし配当という将来の利益積立金額になるということから、発行法人である自己株式譲渡法人を、収入現金という視点から、株主(自己株式の株主)が株式を譲渡したという視点に切り替えたから、株主という立場であるから、譲渡により得た現金を資本金等の額と利益積立金額に分離した④。
また、その他資本剰余金を利益積立金額に勘定科目を修正した理由は、(FからB)、その他資本剰余金という会計上の勘定科目は税務上では利益積立金額となるから⑤。
また、最終的に、その他資本剰余金を利益積立金額に勘定科目を修正した額と、税務上の仕訳の資本金等の額Eのうち分離したところの利益積立金額との差額であるところの利益積立金額Bを、最終的に資本金等の額Dに勘定科目を修正した理由は、やはり、税務上の仕訳に従って、発行法人が自己株式を譲渡したとき、その現金収入は全額資本金等の額と認識するという理由に戻るG(税務上仕訳では、もともとはGという理由だったものの、一旦、株主視点での資本金等の額Eを資本金等の額と利益積立金額に分離したところから戻るという意味です)からということになるのでしょうか?⑥④⑤⑥についての認識はこれでいいのでしょうか?また、なぜ自己株式は税務上にはない勘定科目であり、自己株式の取得の際は資本金等の額と利益積立金額に修正仕訳では分離しているのに、譲渡の際は、修正仕訳の際に、資本金等の額と利益積立金額に分離しないのでしょうか?⑦④⑤⑥⑦についてお願いします補足単純に、自己株式の取得の際に税務上で現金収入の認識を資本金等の額と利益積立金額として認識し、別表4,5に転記したので、譲渡の際は、自己株式の取得を引き継いで、別表4,5の修正が必要だから、一旦利益積立金額を発生させたということになるのでしょうか?

<自己株式取得時>*税務仕訳自己株式1500/現金2000みなし配当500*税務調整仕訳みなし配当(利益積立金減)500/自己株式(資本等増)500よって別表4の記載加算:みなし配当500(加算流出)減算:配当流出500(減算留保)=みなし配当による利益積立金の流出額を明確にするため、別表4をとおしている。
別表5(1)利益積立金自己株式(みなし配当)_____△500__△500資本等の金額自己株式____________△2000_△2000利益積立金_____________500__500(税務調整仕訳自己株式)<自己株の譲渡>*税務仕訳現金3000/自己株式1500____/その他資本積立金1500*税務調整仕訳自己株式(資本等)500/その他資本積立金(利益積立金振替)500別表調整・資本等取引のため別表4での調整なし別表5(1)利益積立金自己株式__△500_△500________0資本等の金額その他資本剰余金________1000_1000自己株式__△2000_△2000_______0利益積立金__500___500_______0他資本積立金___________500_500自己株を譲渡した場合の資本等の金額については、法人税法施行令第8条第1項第一号に次のように規定があります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(資本金等の額)第八条 法第二条第十六号(定義)に規定する政令で定める金額は、同号に規定する法人の資本金の額又は出資金の額と、当該事業年度前の各事業年度(以下この項において「過去事業年度」という。
)の第一号から第十二号までに掲げる金額の合計額から当該法人の過去事業年度の第十三号から第十九号までに掲げる金額の合計額を減算した金額に、当該法人の当該事業年度開始の日以後の第一号から第十二号までに掲げる金額を加算し、これから当該法人の同日以後の第十三号から第十九号までに掲げる金額を減算した金額との合計額とする。
一 株式(出資を含む。
以下第十号までにおいて同じ。
)の発行又は自己の株式の譲渡をした場合(次に掲げる場合を除く。
)に払い込まれた金銭の額及び給付を受けた金銭以外の資産の価額その他の対価の額に相当する金額からその発行により増加した資本金の額又は出資金の額(法人の設立による株式の発行にあつては、その設立の時における資本金の額又は出資金の額)を減算した金額イ~リ(払込みを伴わないやや特殊な自己株式の交付の例を規定)ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーこの規定により自己株式を譲渡した場合に払い込まれた金額は、全て資本金等の額になるのです。
会計上の自己株式2000(純資産の△)は、税務上では資本金額等からの控除額1500(2000-500)と利益積立金の△繰越500からなっています。
この関係を明確にした上で消却するために、自己株の譲渡時に自己株式2000/資本金等の額1500 A________/利益積立金額500 Bの税務調整仕訳をいれているのでしょう。
私の税務調整と別表記載は、上記の調整仕訳そのままです。
(④に対する答え)その他資本剰余金は原則として資本金等の額を構成します(⑤に対する答え)。
⑥についてはお考えのとおりと言えます。
税務上は自己株の譲渡により払込まれた金額は全て資本金等の額になるからです。
⑦別の質問で回答したように、税務では自己株の取得について定義があります。
譲渡により払い込まれて金額は全て「資本金等の額」を構成すると定義されているからです。

株式譲渡書類について

株式譲渡書類について株式譲渡契約書株式譲渡承認請求書これらは個人実印ですか??

株式譲渡契約書 実印を押印する法的な根拠はないと思います。
慣習として押印しているケースがほとんどかと・・・。
株式譲渡承認請求書 会社に届け出ている株主印を押印します。
株主印が押印できない場合は、実印押印し印鑑証明書を提出します。

株式会社ベネシード について教えてください

株式会社ベネシード について教えてくださいもうすぐ会社設立し化粧品関係の事業を展開すると聞きましたがどうすればお取引できるのでしょうか?

法人取引だったら株式会社とか合同会社とか・・・ほかに個人事業主登録していることが最低限必要だと思うけどしっかりした取引が出来れば自分の会社規模とか関係なく営業を頑張っていけばいいかと思うんだよね。

㈱ベネシード は法人向け化粧品販売が中心だと聞いたことがあります。
確か4月か5月から事業を開始するらしいです。>

株式相場、目先は底打ち?

株式相場、目先は底打ち?

AIによって相場が形成される時は関数を用いて分析しましょう。

アメリカ5連騰
日本2連騰
底打ちとみて良いと思います>アメリカさんの出方次第。>

株式会社ニコの女性限定オーディションの一次を通過したのですが株式会社ニコはど...

株式会社ニコの女性限定オーディションの一次を通過したのですが株式会社ニコはどんな会社ですか?危ない感じの会社ですか?応募してから改めて見たのですが本当かどうか不安になってしまったので。

の株式会社ニコで検索したら出て来るよ。

私も一次審査に通過し、
二次審査は音源審査と言われました。
少し怪しいと感じましたが、
一次審査に通過した以上
ありがたい話だと思い音源を送信しました。
他の通過者の人にも聞いてみたところ
大丈夫だよ!と言われたので
大丈夫だと思われます!
一次審査通過おめでとうございます
一緒に頑張りましょう(^ω^)>不安ならやめときゃいいじゃん。
あなたのほうが危ない感じですよ。。>

去年、株式投資で大幅な損失をしたので、「上場株式等に係る譲渡損失の損益通算及...

去年、株式投資で大幅な損失をしたので、「上場株式等に係る譲渡損失の損益通算及び繰越控除」の規則により確定申告をしようと考えています。
譲渡損失の繰越について教えてください。
国税庁のホームページによると譲渡損失の繰越は3年となっていますが、例示されているのは、譲渡損失の繰越期間中の3年間すべて譲渡益が発生するケースです。
しかし、今年、去年の損失の申告をして、不幸にも今年の株式投資についても損失をした場合、来年の申告での繰越損失の扱いはどのようになるのでしょうか? 今まで何回も損失の年がありましたが、申告を見送ってきました。
今回は多額の損失のため、申告しようと考えています。
繰り返しますが、譲渡損失の繰越期間中に発生した損失の扱いはどのようになるのでしょうか? ご教示よろしくお願いいたします。

質問内容は、確定申告書の記入の仕方ではなく、「上場株式等に係る譲渡損失の損益通算及び繰越控除」の考え方をお尋ねしてるのですよね? そうならば、下記の通りの考え方となると思います。
>例示されているのは、譲渡損失の繰越期間中の3年間すべて譲渡益が発生するケースです。
A:www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1474.htm No.1474 上場株式等に係る譲渡損失の損益通算及び繰越控除 の例示の事ですね。
配当金は有りますよね。
>今年、去年の損失の申告・・・今年の株式投資についても損失をした場合、来年の申告での繰越損失の扱いはどのようになるのでしょうか?A:例えば、●<平成25年分取引> 譲渡損失320万円、譲渡益50万円、税引前配当金30万円、損益通算240万円(320万円-50万円-30万円)の損失、○<平成26年、確定申告時に於いて> 「上場株式等に係る譲渡損失の損益通算及び繰越控除」として240万円を計上します。
◆<平成26年分取引> 譲渡損失110万円、税引前配当金27万円、損益通算83万円(110万円-27万円)の損失、◇<平成27年、確定申告時に於いて> 「上場株式等に係る譲渡損失の損益通算及び繰越控除」として83万円計上。
すると、25年分の損失240万円と26年分の損失83万円、合計323万円損失を計上した事になります。
▲<平成27年分取引> 一度も売却取引しなかった、税引前配当金28万円、△<平成28年、確定申告時に於いて> 「上場株式等に係る譲渡損失の損益通算及び繰越控除」として配当金28万円計上。
{323万円(25年分損失240万円+26年分損失83万円+27年分損失0円)ー27年分配当金28万円}=295万円が繰越控除となります。
■<平成28年分取引> 譲渡損失80万円、税引前配当金29万円、損益通算51万円(80万円-29万円)の損失、□<平成29年、確定申告時に於いて> 「上場株式等に係る譲渡損失の損益通算及び繰越控除」として51万円計上。
損失134万円(26年分損失83万円+27年分損失51万円)が繰越控除となります。
損失繰越は3年間だけです。
従って、緊急の入用がない限り、先の3年間の配当金を考慮しながら損失確定した方が良いと思います。

てゆうか、もう株はやめとけって。>次をご覧ください。
事例5
www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tebiki2013/kisairei...
p32の下が25年申告分で、p33の下にある平成24年申告書控えからコピーしてきます。
p32の下を見ると一番上の45万円が平成23年分損失残で、その下の30万円は24年分損失残です。そしてその下の80万円が昨年25年分損失残です。
つまり、下から順に書いていくのです。>新たに損失を繰越する事になります。
利益が出た場合は、古い損失から損益通算を行う事になります。>損失がたまるってことです。
1年目 -100 2年目 -200 だと 3年目は 300まで益があっても、損益通算ができる
ということです。>

-株式

© 2021 給付金とかで結構ウハウハごめんなさい