株式

会社法 株式交換による新株予約権証券広告について質問お願いします。...株式

株式投資の面白さってなんですか??

株式投資の面白さってなんですか??

負けても優待。
これさえ脳みそから排除すれば勝てる筈なんだけど…

だんだんお金が増えて儲かること。
そして自分の自由を手に入れることが可能なことかな。>自分の予想を当てるのが
宝くじより簡単なことかな
それでお金儲けできるところだね
損する人も多いけど
見てると下げ相場の時の
対応が悪いように思うね>不労所得です。本業しながら出来ること。>スリルです。
それとちょこっとのお金儲けです。>妄想楽しい!
ロマンがある!>

株式譲渡の評価

株式譲渡の評価基準について

非公開株の場合、純資産を発行済株式数で割って求めることが多いと思いますよ。

株式投資初心者サラリーマンです。

株式投資初心者サラリーマンです。
現在、SBI証券で株式投資を始めました。
SBI証券で買い注文をだして約定前にロスカット注文を入れる事は出来るのでしょうか?あくまで約定した後に逆指値で売り注文を入れないといけないのしょうか?私、サラリーマンで朝仕事前にロスカットも含めて注文出来ると安心して仕事ができると思い質問させて頂きました。
サラリーマン投資家の皆さんどのようにされていますか?お詳しい方ご教授ねがいます。
補足SBI以外でそのような注文が可能な証券会社はありますか?

SBIの株式だとできません。
約定後に逆指値注文を入れることになります。
SBIでも先物取引だとIFD注文ができるんですけどね…

ざっと調べたところではマネックス、ライブスター、カブドットコムです。>当然、「できません」
ご自身でも理解されておられるとおり、逆指値は、最低でも1単元保有している方がロスカットを検討した場合に若しくは利益を獲り損ねないために注文発注可能な方法ですので、そもそも約定さえしていない段階で出そうとしても保有株数不足扱いということで注文すら出せません
余談ですが、もし約定前に、言い換えれば保有株数が無い状態で逆指値の売りを出すということは、表現を変えれば「売りから入る」ということになりますので、これは一種の空売りみたいなものです
また、状況にもよるのですがそもそもロスカット前提でカイを入れるのも個人的にはしっくりきません
カイ注文=この先中短期間では上げる、という予想の下で注文を出すわけですから、逆指値前提でのカイは少し理解が及びません(勿論、僅かな利益だけ取れたらいいということもありますが)
更に、含み損が気になって仕事に集中できないということでしたら、まずは資金管理の面やメンタル面を鍛える方が得策かと思われます
すなわち、カイ注文を入れたその日の引け時点で株価が半分になってしまっていても「ああ、今回は特に運が悪い日だったんだな」というくらいの寛容さが無いと今後株式投資をどこまで続けられるのかも疑問です
なお、ご参考ですが、私は基本的にはファンダメンタル分析を徹底的に行ってから魅力的な銘柄をドルコスト平均法を前提として端株で寄付きでのカイを入れ、その銘柄が多少下がってもそのまま買い下げることにしています
資金力が乏しいために端株でしか買えない銘柄ばかりなのでそういう買い方になっていますが、もしサラリーマンで日中は注文が出せないのであれば、日頃は本業に専念、相場暴落時にだけ財務優良銘柄を買い漁る方が精神衛生上よろしいかと思いますがいかがでしょうか>

株式保有0の代表取締役の権限はどこまであるのでしょうか?

株式保有0の代表取締役の権限はどこまであるのでしょうか?知人が株式会社立ち上げにあたり、資本金を入れなくても良いので私に代表取締役に就任してほしいとの打診がありました。
出資額は知人が250万円、共通の知り合いが150万円です。
(因みに取締役は計3名です)実情として、私自身もまだ2期目ではありますが会社を経営しており、余裕資金が無く、出せたとしても50万円くらいです。
そのことを率直に打ち明けたところ、新会社で稼いでから増資した方が建設的であると言われました。
補足として知人が代表取締役にならない理由は、以前にも会社経営をしており代表の重責と、自身の適正から補佐役に徹したいとのことです。
以上を踏まえて質問させてください。
①仮に代表取締役に就任したとして、株式保有0である私の権限(決裁権)はどこまであるのでしょうか?②借り入れの際に連帯保証人としてどこまでの責任があるのでしょうか?③もし代表取締役に就任するという前提で話を進めた場合、リスクを回避する為には今どのような交渉をするべきでしょうか?ご教示のほど宜しくお願いいたします。

①について私の知恵ノートで、M&Aについて書いたものだが、途中、代表取締役の株式保有のパーセンテージで何ができるかについて詳しく書いている。
また、株式をもたない雇われ社長の会社掌握の手法も書いている。
参考にしてほしい。
note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n170267代表取締役+オーナーであれば、何でもできるが、基本は〝株主総会と取締役会〟で決まったことを業務として執行する代表者である。
何でもやって良いわけない。
簡単に言えば代表取締役が二人いたら、ちゃんと話あうだろ(笑重要な決定は取締役会や株主総会でやるもんだ3人全員代表取締役でいいじゃねぇか(笑②について経営者保証のガイドラインが発表されて、代表取締役の連帯保証の枠組みが変わる。
極端な例では、金融機関から借り入れをしても代表取締役が連帯保証をしなくていい場合も発生するだろう。
時代は変わった。
詳しく知りたければ、これまた私の知恵ノートで申し訳ないがnote.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n239126眠くなるので注意だ(笑③について経営者保証のガイドラインを前提に考えれば極端な例をあげれば、以下のようなことも考えられる。
あなたが金融機関に対し、代表取締役として連帯保証をしていた場合において突如解任された場合を想定しよう。
あなたが■代表取締役を解任され、取締役も辞任している。
■株主として支配的な株数を保有していない■会社の業務や事業を続ける上での重要な財産や資産を個人名義で所有していない。
■会社が借入をした同じ銀行で多額の借金をしていない。
上述した4つの項目にあてはまれば、銀行は、あなたの連帯保証を原則抜かなければならない。
もちろん次の代取があなたと同等の保証能力を持っているか、又は会社が、あなたが保証した時点よりも、業績が上がっていたり、内部留保がかなり増加している、又は十分な物的担保を用意できる場合という原則がある。
この場合、あなたは、解任されたら連帯保証を抜けられる。
このことから、逆算すると主たる債務者である会社は、あなたに変わって、代表取締役を新たに選出しなければならないのだが、その新しい代表取締役は、金融機関の連帯保証をあなたに変わってしなければならない。
つまり例えば、あなたの知人である250万円を入れた者が、あなたの首を飛ばし、自分が代表取締役になれば、その人があなたに変わって、連帯保証を背負う事になる。
原則ね。
然るに取締役の不当な解任に対する損害賠償請求を会社に対して行うという以前に、連帯保証をしている方が、この連帯保証のシフトの仕組みによって、むやみな代表取締役の解任は、当然、しずらくなるだろうな。
今までと逆の時代になった(笑また、停止条件や解約条件付の金融機関との契約になれば、銀行に代表取締役の交代の報告義務が課せられる。
にもかかわらず、黙って、あなたの首を飛ばせば、即効で契約を止められ、個人保証を請求してくるわけだから、こういう借入の契約をしておけば、会社は、むやみやたらにあなたを解任はできなくなる。
上述したことから1)あなたが解任される場合は、次の代表取締役になるものが、あなたを上回る資産状況を維持している者であること2)十分な報酬を要求し、その報酬から増資の際に株式を買い増しできること。
3)2)を実行する為にストックオプションをかまして、それを買えば、知人達と同数の株式をあなたが得れるようにしておくこと。
当たり前だが、株価は知人達と同額である。
単純に言えば、あなたの報酬が400万円以上で、ストックオプションがそれ以上あれば、あなたは1年で筆頭株主になれる。
ちなみに、重大な過失を除き、解任時には、その年の報酬をもらえるようにしておき、且ついつでもストックオプション行使できるようにしておけば、その報酬全てで株を買えば良いので、事実上、あなたを会社は解任できなくなる(笑いまの株式状況ならね。
4)あなたが会社を辞める場合は、上述したように報酬で買い取った株式を会社に時価で買いとってもらって、且つ連帯保証を抜くよう最大限の努力するという条件を書いておけば、前提リスクは相当回避させられるはずだ。
後は代表取締役になるのであるから、業務執行と経営においての第三者に対するリスクは、今の時点で、取締役同士(つまり内部な)での契約でどうこうできる問題ではないちゃんと経営することが、最もリスク回避になる間違ってもしてはいけないのは、名義貸しだけのような、責任と義務から逃げるような大取だと、100%痛い目にあう。
積極的に経営し、果敢に会社のリスクに取り組み、資金調達もガっつで自分からしないと、あっという間に操り人形のマリオネットになり下がる代表取締役とは自分の意思でキチンと経営に積極的に参画していれば最強の立場だが、操り人形になると最凶の立場に逆転する。
全部責任を負わされて沈没させられるから要注意だ。

会計士です。
一番最初の方が一番正確かつ簡潔に書いていると思いますので、
それでいいのですが、実際にあなたのような方をみてきたので、
同じことですが回答します。
まず前提として、株式会社は「所有と経営の分離」という原則があって、
株主が所有者、代表取締役が経営者ということになります。
これは当然ご存知かと思います。
①仮に代表取締役に就任したとして、株式保有0である私の権限(決裁権)はどこまであるのでしょうか?
⇒全ての決裁権限(経営権)を持ちます。
ただ、決裁(経営)した結果、所有者である株主の意向と反することと
なってしまった場合、解任されるリスクはあります。
株主から見れば、あなたはただのロボットです。
扱いやすければ継続、そうでなければ廃棄。それだけです。
②借り入れの際に連帯保証人としてどこまでの責任があるのでしょうか?
⇒借入は「経営」する上での行為ですので、その責任は当然経営者である代表取締役です。
中小企業の場合は、ほぼ全ての借入に対して連帯保証しないと貸してくれないでしょうね。
責任負いたくないなら、「借入をしない」という意思決定をするか、
あなたが解任された後の代表取締役に、連帯保証人が変更されたのを確認の上でやめること。
③もし代表取締役に就任するという前提で話を進めた場合、リスクを回避する為には今どのような交渉をするべきでしょうか?
⇒何がリスクか、そもそも分かっているのですか?
分からないでリスクを回避する交渉できるわけないですよね。
取締役になること自体から発生するリスクのことですか?
株式を持たないで取締役となることのリスクですか?
書籍でも読んで、「取締役」の義務、責任
「株主」の権利、責任をきちんと勉強してください。
基本、株主が「お前やめろ!」と言ったらそれまでですし、
会社に対して行った行為の責任を負うのは経営者。
最後に。
失礼ですが、このようなことも知らないで経営者になったとしても、いいことはないでしょう。
上でも書いたように、ただのロボットだと思われてます。
ロボットから、交渉できる「人間」になれるかは、今のあなたが勉強するかしないか。
自分で道を決めてくださいね。>先の回答者の諸先輩方が適切なアドバイスをしておられますので、わたくしが感じた事だけ。
③交渉など言う余地はありません。
②代取と言うことは、全責任を負う立場であるという事です。
例え③でどんなに都合のよい美辞麗句を並べ立てて貰ったところで就任登録された代取の責任は変わりません。
①権限はありますが、他の2人を押し切ってどこまでご自分の遣りたいことを実現させられるか不透明です。
疑問に感じるのは、なぜあなたが代取なのか、と言うことです。
他のお2人のどちらかでも良いと思うのです。
ましてあなたは既に会社の代取でおられます。
ご自分の会社に全力投球されても良い時期ですよね。
あなたがご自分の会社経営が優れていて、いままでに実績を残しておられるというお話なら、その経営手腕を請われて代取にと言うお話であるのならだれでも納得できると思うのですが、その点が、何とも腑に落ち無いのです。
補足の件は、お話にならないです。
NO2であなたを意の儘に動かそうというおつもりなのでしょうか。しかもたった250万で。
再度冷静にお考えになられた方が良いと感じました。>前の回答の補足です。
①代表取締役としての権限はありますが、いつでも取締役会で代表を解任される可能性があります。
②--
③借り入れの際に連帯保証人にはならないとするか、連帯保証人になるとしても取締役全員がなるという取り決めをすることです。
また、このような話の場合、よくありますが必ず代表印は代表取締役が管理するということです。
知人が代表取締役にならない理由というのが、今ひとつ納得できません。
大昔、以前自己破産をしたことがあるという理由で、大株主が代表取締役にならない会社がありました。雇われ社長が形式的な代表取締役となり、実質は大株主が運営していたのです。
浅草の1店舗からスタートしたイタリアンは急成長してフランチャイズで店舗を増やしていきました。(吉祥寺にもありましたね)
放漫経営は最初からで、そのつけで結局その会社は倒産になったのです。
雇われ社長は同時に自己破産となりましたが、大株主は無傷だったのです。利用されたのですね。
お気をつけください。>>>代表取締役に就任したとして、株式保有0である私の権限(決裁権)はどこまであるのでしょうか?
役員会での議決した事を行使する所までは出来ます。
しかし、更に法人にとって重要案件となるようなものは総会で議決を取らなければなりませんので、そう言う時に株主らの反対等により舵取りが上手くできなくなる事が出てきます。
後、株式保有率0とか、議決権を行使して賛成反対それぞれを食い止める程の保有をしてない場合、株主等からの解任動議等が出されるとサクッとクビが飛んだりもするのが役員です。
この辺もありますから、大企業じゃ無くてその辺の吹いたら飛びそうな中小零細等で役員になると、大抵の場合は役員らが大半を占める形で株式も保有して殆ど法人を私物化しているような格好になってたりするような場合も少なくはありませんので、ワンマン経営のような所でこのような保有の面で偏りが過ぎると、何かいざこざで揉めたりしたらサクッと追い出されて路頭に迷うハメになった!><; だの、
都合良く利用されただけで用が終われば追い出された!><; 等と言うようなお粗末な結果になってしまうような人も結構見かけますからご注意下さい。
>>②借り入れの際に連帯保証人としてどこまでの責任があるのでしょうか?
基本は代表者は最低でも連帯保証をしなきゃ金を貸さないよって路線ですから、借り入れをするなら連帯保証はしなきゃいけないでしょうね。
しかし、雇われ社長の身分で連帯保証まではしちゃいけません。危険すぎます。
従って、中小零細程度の規模での代表者なら、連帯保証は避けるべきです。つまり金は借りるなと言う事です。
>>③もし代表取締役に就任するという前提で話を進めた場合、リスクを回避する為には今どのような交渉をするべきでしょうか?
交渉もクソもありゃしません。
一旦代表者になってしまえば、法人の全責任は舵取り役の役員に全て集中します。
その中で代表者は特に責任が集中してきますから、何かおかしな事にでもなった時、責任の追及を受ける事になりますからその辺を踏まえた上で、適正に法人を運営したりしなければなりません。
まぁ、もう少し事業計画を調べたり真意を探るなりして本当に貴方の経営手腕を見込んで椅子に座ってくれと思われているのか?
それとも、都合良く使い倒したら責任全て被せて俺たちが美味しい思いをする為の踏み台になって地獄みてくれ^^ 等と思われていないか? など、ちゃんと探りを入れてから返事しましょうね。^^;
参考迄に、余りにも出来すぎてる話しは返ってきな臭いし実際に危ない場合の方が普通と言う位ですから、早々良さそうな話しは転がってるモンじゃ無いと言う事は憶えておかれて下さい。
特に、、
>>知人が代表取締役にならない理由は、以前にも会社経営をしており代表の重責と、自身の適正から補佐役に徹したいとのことです。
以前どんな経営をしていたか知りませんが、少なくとも2期目の貴方よりかは経営経験があるハズです。
それなのに自分は適正が無いから補佐役? 理由としては差し障りないあたかもそれらしく聞こえる物言いですが、2期目でまだ出資で50万も厳しいよと言ってる貴方に舵取りを任せると言うのは、私に言わせれば出資金をドブに捨てるようなモンだとの認識でもあります。
その中で経験のある方が適正が無いから補佐役と言うのは、これはハナから見る目が無いのか、若しくは最初から何か悪事を企んでいるのか? と考えた方が宜しいかと思う位です。
そもそも貴方まだ自分の会社も2期目で他の面倒見ているような余裕は無いでしょ???
有る程度波に載せられており後の事は下の者に時折指示だけ出しておけば仕事が回ると言うような片手ウチワのような状態ならいざ知らず、50万程の金も簡単に出せない程余裕が無いのだから貴方はまだまだ余所見をすべきじゃありませんし、またする時でも無いとの考えですがどうでしょうか。>簡単に。
①会社の運営上の決定権は当然あります。
②借入の際の連帯保証人になることは避けられません。借金したものすべての連帯保証人にならないといけません。
③リスク回避なんてできません。代表取締役は全ての責任を取るポジションだから。
注)運営の決定権はありますが、その運営が気にくわないと株主に判断されたら簡単に解任されます。>

株式1700万円を保有しています。
これを3倍ほどの5000万円にする近道が何かないで...

株式1700万円を保有しています。
これを3倍ほどの5000万円にする近道が何かないでしょうか?(その他にも現金も所有してますが、これには手を付けられません。
)ちなみに、1700万円の内訳は、アメリカのネット関連株(グーグルやFB、アマゾン等、中国のアリババ(NYSE上場))もしくはS&P500社の×3倍ブル投信などです。
上記を解約するのは可能です。
またFXや先物は(少し怖いですが)リスクを限定してのトライも視野に入れておりますが、その辺の経験は全くありません。
リスクを限定したやり方、あるいは他の利益を増やす方法などがありましたらご教授ください。
以上、宜しくお願い致します。

近道はリスクが高い方法しかないFX信用取引デイトレードでも儲かると言う根拠や保証がないです比較的リスクが低い現物の株式投資でも最短で見ても1年でせいぜい2倍だよだから2~3年はかかりますねリスクとしては銘柄の選定ぐらいでしょうかね国内だと業績が良い銘柄は配当率が2%ぐらいだから海外の高配当銘柄にシフトしたらどうですか?米国だとロイヤルダッチシェルが6%超えだし中国株も5%超えてるところが多いよインフラ系なら赤字になる事無いから中国景気衰退で株価が低迷してるところにドカンと投資していれば株価が戻るんじゃ無いのかな1つの例で言うと華電國際電力股?有限公司が現在1株48円配当が1株0.3548元だから換算すると株5円超えになるよ資金があったら買いたい銘柄の1つです

今はテンバガーを買えば3倍どころか10倍も可能です。>年収3000万の仕事しながら極貧生活を3年やるってのが一番低リスク。
でなければすべて高リスクをとらないと3倍とかできません。ヘッジとかしてちゃダーメよ☆>>これを3倍ほどの5,000万円にする近道・・・
急げば回れ!>1700万の種があれば 間違いなく海外FX一択です。
海外ブローカーの888倍でレバレッジ掛ければ余裕だと思います。
国内の25倍レバだと勝ち目がないので注意してください。>3倍ブルを IVVやVOOに買い替えて
既存の個別株とIVV(VOO)を持ち続けるのが良いと思います>

株式分割によって株式を分割した際

株式分割によって株式を分割した際その会社が種類株式発行会社である時分割の割合で発行可能株式総数の増加には取締役会の決議では足りないのはなぜですか?

種類株式発行会社では、株式分割やそれに伴う発行可能株式総数の増加は、種類株式相互間のパワーバランスに変動が生じる可能性が高く、定款変更として扱うべきだから。
株式分割だけでも種類株主総会が必要なこともあるし(会社法322条1項2号)。
もともと、発行可能種類株式総数の変動は、取締役会だけではできないし(これも、種類株式相互間のパワーバランスに変動が生じる可能性があるから、定款変更の株主総会特別決議)。
種類株式発行会社でないのなら、株式分割とそれに伴う発行可能株式総数の増加は、既存株主のパワーバランスに変動は生じないから、取締役会だけでOKとする特例が認められる。
種類株式発行会社では、上記のように、種類株式相互間の利害調整を確保するため、特例を設けないこととしている。

ありがとうございます!また一つなぞが解けました!笑>

会社法 株式交換による新株予約権証券広告について質問お願いします。

会社法 株式交換による新株予約権証券広告について質問お願いします。
株式交換をする場合において、株式交換完全子会社が新株予約権及び当該新株予約権に係る新株予約権証券を発行しているときは、当該株式交換完全子会社は、新株予約権証券提供広告をしなければならない。
答え 誤とあるのですが、どこが誤りなのでしょうか?完全子会社が予約権提供広告をすると思うのですが、誤りの理由が分かりませんのでご存知の方よろしくお願いします。

第293条 株式会社が次の各号に掲げる行為をする場合において、当該各号に定める新株予約権に係る新株予約権証券(当該新株予約権が新株予約権付社債に付されたものである場合にあっては、当該新株予約権付社債に係る新株予約権付社債券。
以下この款において同じ。
)を発行しているときは、当該株式会社は、当該行為の効力が生ずる日までに当該株式会社に対し当該新株予約権証券を提出しなければならない旨を当該日の一箇月前までに、公告し、かつ、当該新株予約権の新株予約権者及びその登録新株予約権質権者には、各別にこれを通知しなければならない。
六 株式交換 第768条第1項第4号イに規定する株式交換契約新株予約権 四 株式交換完全親株式会社が株式交換に際して株式交換完全子会社の新株予約権の新株予約権者に対して当該新株予約権に代わる当該株式交換完全親株式会社の新株予約権を交付するときは、当該新株予約権についての次に掲げる事項イ 当該株式交換完全親株式会社の新株予約権の交付を受ける株式交換完全子会社の新株予約権の新株予約権者の有する新株予約権の内容つまり、株式交換子会社が新株予約権提供公告を要するのは、株式交換の中で親会社の新株予約権を交付することになっている場合だけです。
そうでない場合、新株予約権者には買取請求権が与えられるわけで、新株予約権証券を提供してしまうわけにはいかないからです。
設問は、一律すべての新株予約権についての提供公告を求めている点で誤りです。

よくある「ひっかけ問題」です。
会社法のこの条文をよーーーーーーーく読んでください。
=====
(新株予約権買取請求)
第七百七十七条 株式会社が組織変更をする場合には、組織変更をする株式会社の新株予約権の新株予約権者は、当該株式会社に対し、自己の有する新株予約権を公正な価格で買い取ることを請求することができる。
2 新株予約権付社債に付された新株予約権の新株予約権者は、前項の規定による請求(以下この款において「新株予約権買取請求」という。)をするときは、併せて、新株予約権付社債についての社債を買い取ることを請求しなければならない。ただし、当該新株予約権付社債に付された新株予約権について別段の定めがある場合は、この限りでない。
3 組織変更をしようとする株式会社は、効力発生日の二十日前までに、その新株予約権の新株予約権者に対し、組織変更をする旨を通知しなければならない。
4 前項の規定による通知は、公告をもってこれに代えることができる。
(以下略)
=====
株式会社が株式交換をしようとする場合、新株予約権者に対し、組織変更をする旨を【通知】しなければなりません。(777条3項)ただし、新株予約権者が余りにも多いような場合は全員に通知するのは大変ですから、これを【公告】をもって「これに代えることができる」とされています。(777条4項)
だから、「公告をしなければならない」というのは誤りです。新株予約権者が少ししかいなのであれば、公告をしないで個別に通知しても構わない訳です。
さらに言えば、「組織変更をしますよ」という旨の通知・公告を必要とするのであって、「新株予約権証券を提出しろ」という旨の通知・公告をする訳ではありません。>

-株式

© 2021 給付金とかで結構ウハウハごめんなさい