株式

自己株式の会計処理について 自己株式は株主に対する払い戻しの性格を...株式

株式はと社債の違いって何ですか?

株式はと社債の違いって何ですか?

株式は、株式会社が事業を行うために発行する債券のひとつですが、株式を保有するということは、その会社に対して株主として議決権を持つということ、すなわち会社の経営に対して意見なり提案なりができるということで、株主総会がその機会です。
社債は、株式会社が資金調達のために発行する債券で、会社が事業を継続または拡大するときに発行されるものです。
社債はある一定期間が終了すると返還義務があるため、長期にわたる金融債務と言えるでしょう。
但し、社債のなかでも、一定の条件の下で株式に転換できるものや、株式を一定の値段で引き受けることができるものなどもあります。

社債は返済の必要のある資金調達手段で、株は返済不要の資金調達手段です。>社債は債券ですが、株式は出資です。
だから、前者には返済義務がありますが、
後者にはありません。>

株式投資で、様々な個別銘柄に詳しくなるにはどのような勉強をしたら良いでしょう...

株式投資で、様々な個別銘柄に詳しくなるにはどのような勉強をしたら良いでしょうか。
四季報を毎日読み進めるとかしかないでしょうか。
どなたか良い勉強法、おすすめの書籍を教えて下さい。

私は直球勝負だね。
企業の展示会で、根掘り葉堀り聞きまくる。
データを得るのに、経済雑誌を年間購読してますよ。
来月に、株式関係のセミナーにも参加します。
四季報は、私は買ってないね。
証券会社の配布してる、マーケットスピードを、見てるくらい!株式セミナーでも、濃い情報は入りますね。
色々な会社の提携関係が判る。

企業の展示会ですか!思いつかなかったです。回答ありがとうございます。>まずは四季報読む。四季報は基礎とキーワードしか出てないので、それで引っかかった会社はそこのHPをみてどういう会社か研究する。付随して証券会社のレポートがあればそれ読む。
展示会とかセミナーとかは気晴らしにはなって楽しかったりするけど、こういう研究を作業とみなすと費用対効果は高くない。
雑誌の情報は手軽に読めるけど、それはそこまでの情報ってこと。予備情報として横に置いとくくらいならいいけど、そろうとはそれに踊らされちゃったりするのであんまお勧めしません☆>自分の興味や知識がある業界から入っていくとわかりやすいです。>四季報読破は、上級者でないと難しいです。
月刊誌の、ZAi、日経マネー、ネットマネーがいいです。
今月号の、ZAiは500銘柄診断ですのでオススメです。>まず一社を・・・
その後 順次増やす。>

株式の課税で特定口座(源泉徴収あり)と国民健康保険料の件について、ご教示願い...

株式の課税で特定口座(源泉徴収あり)と国民健康保険料の件について、ご教示願います。
収入は年金収入2件で370万円あります。
(厚生年金=230万円と企業年金140万円)今年度当初から、株式の課税を源泉徴収なしから、源泉徴収ありにしました。
企業年金の控除税率が8%と、高い税率で控除された金額が振り込まれるので、これまで確定申告して6万円位、還付を受けておりました。
併せて、株式の源泉徴収なし、でしたので株についても確定申告しておりました。
今年度は、皆様と同じように市場の環境が良く、株式の売却益の享受しています。
気が早いのですが、来年は年金収入についてのみ、確定申告して6万円位の還付を受けようと思っています。
(申告の書式をA書式にして)株式については、源泉徴収ありに、変更したので申告しません。
単純に上記の考えで、確定申告して、年金の還付を受けることについて、問題点があるのでしょうか。
(還付の申告をすると、株式の譲渡益について追及されたりするのでしょうか。
)以上、よろしくお願いします。
補足補足。
確定申告した場合、国民健康保険料について、何らかの問題が生じるのでしょうか。
株式の譲渡益を問題視されるのかが、不安です。

特定口座の源泉徴収ありですから利益が出ている時は税が徴収されますから確定申告はする必要がありません。
損失が出て次の年に繰り越す時は確定申告をします。
企業年金については確定申告をして還付を受ければ良いです。
国民健康保険料については株式を源泉徴収ありにしているので確定申告をする必要は無く、問題有りません。
源泉徴収なしで利益が出て確定申告をする場合には影響が出ます。
(収入が増えるので保険料が高くなる。
)

失礼ですが、理路整然の文で判り安い・・・かなり儲けていますな
リーマン時代と同じで株も所得も合算で試行すれば宜しいと思います
住基カードとカードリーダーが有れば書類では無く自宅から出来ます(eタックス)
此だけの知識が有れば楽勝です
別に源泉有りでも申告すれば戻ります・・・生命保険・扶養・保険料・・etc・・・年末に書類が来ます、それ以外(障害など)
来年の申告シーズンに不慣れなら税務署で派遣のバイトが試算して呉れます・・・余分に負担が有れば株は申告しない
有りの口座は10%プラスが最初から引かれてます・・・不利益なら申告しなくて大丈夫(金持ち優先分離課税)
儲けて余分な税金は払う余地なし・・・国民・介護保険の負担も考慮されます
取り敢えず、今年の目標を高く今、現在は損はしない相場ですが・・・貴殿なら大勝ち・・少し下さい>

株式について教えてください。
4つ質問があります。
勉強している最中です。
よろし...

株式について教えてください。
4つ質問があります。
勉強している最中です。
よろしくお願いいたします。
1、自己株式数というのはその会社が保有している株式のことを言うんでしょうか?2、その会社の発行済株式総数はどこで確認ができますか?(楽天証券使ってます。
)3、米国株式の値段がわかりません。
日本円でいくらなんでしょうか??どこを見てどのように判断すれば良いのでしょうか?値 USDってなんなんでしょう?4、売上高予想?(百万円) 131300と記載されていると言うことは、1千億313億円と言うことですか?よろしくお願いいたします。

1.自己株式とは、当該株式会社が発行した株式です。
仰るような「保有している株式」という表現ですと、その中に自己株式が含まれているのかどうか不明です。
2.発行済株式総数は、楽天証券マーケットスピード、「投資情報」の左端から「会 社四季報」を選択すれば、載っていますよ。
例えば、住友化学(4005)ですと、1655446千株です(1月31日現在)。
3.米株の価格ですが、今日あたりですと、ざっくり、110円を掛ければいいと思い ます。
あなたが、ドル建のみならず、邦貨建で記録を残したければ、銀行の「仲値」を 使ってみたらどうでしょうか。
三菱は、わが国トップクラスの外為専門銀行を統合しています。
www.bk.mufg.jp/gdocs/kinri/list_j/kinri/mb2_koujisouba.html 今日の米ドル仲値は、110.18円ですね。
この銀行は、リアルタイム・レートも、参考までに掲出しています。
www.bk.mufg.jp/gdocs/rate/real_01.html 「値USD」というのは、あまり聞いたことがないですね。
USDは「米ドル」のことですから、米ドルの仲値でしょう。
4.「1313億円」です。

1 自己株式とは自社の株式を消却するなどの為に保有している株を指します。市場に出ていないので、資本の部で資本から差し引かれます
2 有価証券報告書にあります>

サイト登録者様

サイト登録者様株式会社 いつきデータ【TEL】03-6758-9623【顧客担当】森本 和之当方はサイト運営会社様より、依頼を受けご連絡させていただきました、株式会社 いつきデータと申します。
運営会社様によりますと、お客様が有料情報番組の利用登録をなされた後、1週間の無料期間中に退会処理が行われておらず、現在も延滞損害金が加算され続けている状況になっております。
お忘れなのか、故意なのかは存じませんが、このままですと、発信者端末電子認証を行い、電子消費者契約法に基づき、訴訟を行う為の身辺調査(訴状を送付するための住所の調査、給与差押え手続きのための勤務先の調査、代払い依頼の為のご家族の連絡先の調査等)に入らせていただくことになります。
そうなりますと、滞納料金に、訴訟のための弁護士費用、身辺調査費用等が加算され請求が行きます。
身辺調査、訴訟、各信用情報機関への滞納情報の登録、勤務先への給料差し押さえ手続き、ご家族への代払いの依頼等に移行する前に滞納料金のお支払い、退会処理等、双方にとってより良い解決に向かうためのご相談に乗らせていただきますので、早急に本日営業時間内までにお電話でご相談ください。
尚、登録した記憶がない、何かに登録した覚えはあるが滞納料金を支払う前に退会処理だけ先に行いたい等のご相談でも構いませんので、放置だけはなされないようお願い致します。
今現在は訴訟準備中となっておりますが、この通知を最終通告とし、放置されますと、近日中に身辺調査後、訴訟に入る事となってしまいますので、早期解決のため早急にご連絡お願い致します。
株式会社 いつきデータ【TEL】03-6758-9623【担当】森本 和之【営業時間】8:00~19:00 時間帯によって繋がりにくい場合がございますので、その際は恐れ入りますが、再度お掛け直し頂きますようお願い致します。
こちらのメールアドレスは送信専用となっておりますのでご返信いただいてもお受けすることができませんとこのようなメールが来ましたが、どうすればよいでしょうか?無料のアダルトサイトはみたりしますが、登録などはした覚えはないです。

「株式会社 いつきデータ」という調査会社としては「偽の調査会社」ですから、何も連絡等はしないで無視でOKです。
これは迷惑メールの1種の「「架空請求」詐欺メール」と言います。
実在する調査会社を装った詐欺行為であり、料金不正請求の「架空請求詐欺」メールです。
ただの詐欺メールであり、「調査予告通知」や「法的手続き予告通知」ではありません。
「株式会社 いつきデータ」は架空請求詐欺師(業者)ですが、本物の調査会社では無いです。
今回、送られたメールのメールアドレスを確認してください。
メールアドレスのドメイン部分が「@docomo.ne.jp」であれば、詐欺メールの可能性は高いです。
正規の会社であれば、この様な重要なご連絡を携帯電話からのメールでお知らせすることはありません。
※ほとんどがメールアドレスのドメイン部分が「@docomo.ne.jp」です。
※「@softbank.ne.jp」から送信も有る様です。
詳しくは「東京都調査業協会」の説明を参考にして下さい。
探偵ニュース・架空請求にご注意下さい!!/東京都調査業協会www.tochoukyou.jp/news/news65.html「発信者端末電子認証を行い、電子消費者契約法に基づき、訴訟を行う為の身辺調査・・・・・。
」は出鱈目です。
このメールに重要なお知らせであるにもかかわらず受取人の宛名が無いです。
ということは、このメールの送信者(詐欺師)にはメールの受取人(御質問者様)の特定が出来ていませんが、不特定多数の方に同様のメールを一斉送信で送っている証拠です。
メールの内容については「ただの詐欺メール」であり、「身辺調査」や「法的処置」ではありませんので、無視で構いません。
※メールの内容は全て「出鱈目」です。
どの様にメールアドレスを取得したかと言いますと、アダルトサイトや悪質な出会い系サイトや悪質な占い系サイトで詐欺に引っ掛かり、焦って退会処理をするのに、退会メールをしてしまったのが原因です。
※勝手に登録されても、「電子消費者契約法」という法律により、契約的にも無効ですから、わざわざ退会処理をする必要はありませんが、請求されても架空請求ですから、料金を払う必要はありません。
このメールの詐欺師は個人情報を聞き出す目的としていますので、詐欺ですから絶対に電話をしないことです。
このメールは詐欺ですから、無視して削除しても構いません。
以上です。

私にも来ました。
担当 内田 英明 なる偽名と思われる詐欺師から
私も、全く身に覚えがありません。
ただの振り込め詐欺ですよ!めんどくさいので、電話は絶対しないこと!
貴方が、時間と電話代に余裕があって、暇つぶしに電話するなら別ですが、
かなりめんどくさいです。(他で経験あり)
暇つぶしでしたら、
①一円も払う意思はない事伝える。
②訴えるならどうぞ訴えてください。
③自分の個人情報は一切出さない。
脅してきたり、優しくしてきたり、泣き落としてきたりで、
かなりめんどくさいので、お勧めは出来ません。
ストレスマックスになります。(怒)
しかもその後、数週間かけて、迷惑メールが恐ろしく増えてきて、
毎日昼夜問わず、大量に届きます。
携帯全く使用不能(汗)
メアド変更する羽目になりました。>「どうすれば良いでしょうか ?」 … 何もする必要ありませんね。無視をして下さい。このような内容は、架空メールですので相手にしない事です。>これは、迷惑メールです、登録されていません。
未承諾の広告メール、未承諾メルマガと言います
二回も電話番号が記載していますね
これは、電話で番号通知するように強制しています、
絶対に電話はしないで下さい。
「メールリスト販売」を検索すると、わかります。
不正にメールアドレスが売買されていて
タダ同然でメールアドレスが流通しています。
迷惑メール受信拒否設定をするか、アドレス変更をしましょう。
設定方法については
携帯会社のホームページにサポート情報があります。>

自己株式の会計処理について

自己株式の会計処理について自己株式は株主に対する払い戻しの性格を有することを論拠に、純資産の控除項目として処理すると習ったのですが、換金性を有する財産としての側面から資産として認識する考えもあると習いました。
自己株式等会計基準では前者の資本控除説を採用していますが、なぜ後者の資産説は採用されなかったのでしょうか?また諸外国の処理なども教えていただけると嬉しいです。
専門の方、詳しい方アンサーよろしくお願いしますm(_ _)m

資本控除説の根拠は、自己株式を取り扱うのはすべて資本取引(利益・損失に関係のない取引)である、ということです。
税法上でも、自己株式の取得、処分(再発行)は、差額が出ても損益とは見なしません。
たとえば、利益を株主に配当することを考えてみてください。
資金は社外に流出しますが、損金(経費)ではありません。
自己資本(剰余金)と現金等の流動資産が両方とも減るだけの行為です。
株式を発行、売却するのは、言い換えると「自社に投資してもらう」行為です。
自己株式を自社で取得してしまうと、「投資してもらった額をわざわざ自分で減らしてしまう」ことになります。
自己株式が社内にある場合を考えてみましょう。
配当を行うにしても、自分が自分に対して払うわけですから意味がありません。
議決権の行使についても、株主が自分なので、行使のしようがありません。
(会社そのものには「意志」はありません。
「意志」を持つのはあくまで「株主」です)ですので、発行済み株式のうち自己保有分については、配当および議決権の対象から除外されます。
すなわち、自己株式の取得は、「発行済み株式を減らす」行為となります。
別の角度からいえば、「発行済み株式の無効化」という側面を持つとも言えます。
極論ですが、発行済み株式を全部自社保有してしまったら、株主の存在しない、借金だけの会社になってしまいます。
そのため、自己株式の保有には一定の制限があります。
かつての日本では、自己株式の取得に強い制限があり、取得した場合にはただちに消却(無効化)するか、再交付することが求められていました。
そのため、資産説に基づく計上でも大きな支障がなかったものと考えられます。
2006年の会社法施行によって制限が大きく緩和され、長期保有する状況も考えられるようになったため、実態をより反映する資本控除説での表示が求められるようになったもの、と考えます。

質問されている事項は、「自己株式及び準備金の額の減少等に関する会計基準」の30項、31項に記載があります。>

-株式

© 2020 給付金とかで結構ウハウハごめんなさい