株式

株式の単価?について 元有限会社で出資金300万円の会社が、ずいぶん...株式

株式市場とはなんですか?

株式市場とはなんですか?ある文章で天然資源を除いて浄水や授粉のような生命維持のプロセスは値段を付けるのが困難であるがしかしこれは変わりつつある。
たとえばあるオーストラリアの団体が株式市場に上場される最初の環境保護団体となった。
この会社は観光事業、野生動物の販売から収益を上げる一方でその土地の野生の動物や植物を買ったり復元したりしている。
とあったんですか?①株式市場とはなんですか?②市場に上場というのもわかりません③投資って会社にお金を貢ぐ行為ですよね?どういう意図で投資する人はこのようなことをやっているんですか?

「株式市場」とは、株式投資で売買される株券が取引される市場のことです。
株式市場で株券の売買が行われていますが、株式投資する為には、証券会社を仲介して行うことになります。
上場とは、株式市場で株券を売買する為に、株券を発行している企業は、各証券取引所に登録をする必要があり、その登録の事を「上場」と呼びます。
「投資」とは、その企業が成長することを目的に資産を投じ、将来的に収益(インカムゲイン)を上げるための資産運用の手段です。

会社は沢山の人からお金を集めてそれを資本金として運営されます。
利益が出れば出資した人に配当を払います。
株式会社では出資した人を株主と言い、その証拠として株式をもらいます。
株主がお金が必要になってその株式(以下単に株という)を売りたいとします。その場合は自分で買いたい人を探さなくてはいけません。
証券取引所では、株の売り買いの仲介をします。売買注文は証券会社を通して行います。
証券取引所で株の取引をするためには、その会社はその取引所に上場しなければいけません。
その会社の価値が上がると思えば、買いたい人が増え、株の価値が上がります。そこで株価が上がります。買った時より売ったときの方が株価が上がれば、差額は売買利益となります。(逆に損をすることもあります)>

株式会社ネクスト レベルの声優オーディション(アルバイト)に応募した人いますか...

株式会社ネクスト レベルの声優オーディション(アルバイト)に応募した人いますか?声優オーディションは今までも受けてきてるのですが、声優のアルバイト募集は初めてです。
株式会社ネクスト レベル(NEXTLEVELとも書いてあります。
)という会社は、よく知らなかったのですが、大手のネット配信の配役オーディションなどもあるようなので、受けてみたいと考えています。
審査過程がよくわからなくて、アルバイト募集とオーディション募集だと、審査の基準も変わるのでしょうか?それとも、エキストラのようなものをアルバイト募集しているのでしょうか。
教えてください。
私が見たのは、ツイッターでのアルバイト募集で、オーディションの募集ではなかったですが、応募したメールには、オーディションのような内容が書かれていました。
オーディションサイトなどに、開催の広告などは見かけたことはありません。

株式会社ネクスト レベルのホームページを見ると、人材募集という欄で声優さんのアルバイト募集をしていると書かれていますね。
next-le.net/%E4%BA%BA%E6%9D%90%E5%8B%9F%E9%9B%86/ネクスト レベルのページには、オーディションをやっているように書かれてはいませんが、アルバイトとオーディションいずれも、声優である以上、最低限のナレーションスキルなどは、オーディション審査基準として、求められるのではないでしょうか?一般的な事務所の声優オーディションですと、ナレ録り・サンプル録りなど実技審査で行われる事がほとんどです。
もし、気になられるようだったら、ネクスト レベルの採用担当の方にオーディション審査基準について、お聞きしてはいかがでしょうか?

株式分割の流れについて教えて下さい。

株式分割の流れについて教えて下さい。
当方楽天証券を利用しているのですが、株式分割で持ち株が二分割される場合どのような流れになるのでしょうか?分割の権利確定日まで所有していれば持ち株が分割されるのは分かりますが、証券会社もしくは株を購入している会社から何か通知がくるのでしょうか?また、通知はオンラインでの通知か何か書面が郵送されてくるのでしょうか?このような経験は初めてなのと家族に内緒でやっているので分割前に処分した方が良いのか悩んでおります。
よろしくお願いします。

株式分割の権利を得た株主に対してその企業ではなく、その企業の「株主名簿管理人」(概ね信託銀行が受託している)が郵便はがきか封書で「株式分割手続き完了のお知らせ」を株主に郵送しています。
因みに私の分ですが、「リクルートホールディングス」が2017/7/1に割り当て比率1:3の分割を完了しましたが、ハガキの到着は7/25でした。
余分ですが内緒と言うのは如何かと思いますよ。
参考まで。

証券会社に関係なく企業の株主名簿管理人から送られてくると解釈すればよろしいでしょうか?またどこの企業でもお知らせは郵送するのでしょうか?よろしくお願いします。>通知が来ることへの懸念がおありようですが
そもそも口座開設時の通知はどうされたんですか?>ボクが保有している銘柄は、ここ2~3年で4銘柄ほど株式分割されましたが、全て株式分割に付いてのお知らせが企業から送られて来ました。家族に内緒でという事ですが、株主総会の案内や配当金のお知らせ等はどのようにしているのですか?毎回、権利が確定する前に売却をしているのですか?>楽天証券は郵送物はありません。
電子メールのはずです。
会社からは何も来ません。>

リカオン株式会社の顔認証システムについて聞きたいことがあります。

リカオン株式会社の顔認証システムについて聞きたいことがあります。
こないだ、大手の本屋でバイトしている友人からリカオン株式会社の顔認証システムを設置したという話を聞いて見にいってきました。
テレビやヤフーニュースなどで話題になっていたので、気になってしまったからです。
思っていたよりかなりのインパクトがあり、万引き犯にとってはかなり脅威だと思いました。
もともと万引きが多いことで有名なお店だったので、思い切って導入したのだと思うのですが、友達の情報によると設置してから1ヶ月で万引きが少なくなったとのことです。
導入したばかりなので、新しいカメラに警戒があるのだと思うのですが、正直凄いなと思いました。
私の地域ではまだ、友人のバイト先くらいしか導入店は知りませんが、他の導入店の実績も気になります。
リカオン株式会社のサイトにも詳しい実績がのっていなかったので、導入店の実績や成果など知っている方いましたら教えて頂けませんか?

リカオン株式会社の顔認証カメラバイト先が設置していますよ。
有名な小売店でバイトしているものですが、しっかり設置済です。
確かに存在感凄いですね。
僕はバイトなので、万引きに関する成果などは分かりませんが、設置後、万引きなどは減ってきたと思います。
何よりもシステムに直接触っていない僕自身も万引きなどの抑止についてかなり意識があがったのが驚きました。
自分がバイトしている店に最先端のシステムが入るというのは中々良いもんですよ。
質問者さんの参考になるお答えができなくてすいません。

株式についての質問です。

株式についての質問です。
株の売買は投資者間で行われるものですが、これだと企業は損しませんか?例えば5000円で株が売買された場合、この5000円を手に入れるのは売った投資者ですよね?それなのにこの5000円に見合った配当を企業が投資者に払っていたら、企業は損していませんか?なんとなく疑問に思いました。
回答よろしくお願いします。

株式の一株には決められた額面があります。
一株百円、五百円~一万等です。
配当金は額面金額に対してのものであります?株式の取得金額と時価の差が見なし利益=儲けになります。
企業も個人も同じです。
堀江ホリエモンが財産を作ったのも起業し株式公開して株価が挙がったからです。
ゲイツも同じです。

本質を捉えた回答ありがとうございます!
つまり株価ではなく、株の額面の値段に対して配当が支払われ、株価は関係なく、多く株を所有している人は多くの配当を得られるという理解でよろしいでしょうか?>株価と配当は何も関係無い。配当は利益の一部を還元してるだけだ。>株は企業を細かく分けたものなので
株主に配当を払うのは当然なのでは?
みんなで金だして土地を買うとしますよね
人を雇って耕してもらう
出来た野菜は市場で売る
やとった人に給料を払った残りを
みんなで分ける ←これが配当
土地が会社で 耕す人が従業員や雇われ社長で
トラクター買ったりが設備投資で
残ったものを所有者で分け合ってるだけです
土地が 今の権利者に配当を払うのは損するだけじゃね?
って考えはおかしいわけです
細かくわかれてるのでその権利を売ったり買ったりできるのが
証券取引所です
ま、現実には
企業というのは人間ではないので
損したなーとか思わないわけです
いっぽうで経営者は
起業した人は株をたんまりもってるわけなので
株価の高騰は資産の増大を
配当の増加は収入の増加を意味するので
彼らにとっても高配当は好ましいわけです
雇われ社長にとっては業績や株価が成績表ですから
株価が騰がれば高い給料もらっても株主から文句がこないし
好景気に株安とか責められるので
これまた株高や高配当は彼らの目指すところと一致します>株の売買は取引所を通してやります。株価5,000円でも株数をかけますから、投資金額は5,000円ではありません。単位株(取引する最低株数)が決められています。単位株100株なら、5,000×100=50万円くらいになります(手数料等除く)。>企業は創業したときに、大儲けしている
のです。株を買ってくれた人に配当金を
払うのは当然です。損じゃありません。
資金調達のコストは銀行から借り入れる
よりも、はるかに安い。しかも無担保
ですし、倒産したときは、返済を免れる
のです。
株が下がって来た時はピンチです。企業
は資金繰りに苦労する状態です。銀行に
融資を申し込んでも、高い金利でしか
貸してくれません。そこで、企業は株価
が上がるよう、いつも努力しています。>企業はその時点の所有者に対して配当を支払うので、売買があってもなくても同じことなのです>

株式分割、増資、自社株買いの企業と投資家の目線からのメリット・デメリットを教...

株式分割、増資、自社株買いの企業と投資家の目線からのメリット・デメリットを教えてください。
少し解説を加えていただけると嬉しいです。
回答どうかよろしくお願いします。

基本的に株式の価格は企業の時価総額を発行済の株式で割った値です。
つまりその会社の全部を買う時に1000万円かかるとします。
その1000万円が時価総額です。
時価総額は業種によっても違いますが大体1年に出す利益の10~20倍ぐらいです。
(バブルの頃は60倍ぐらいでした。
)なので資本金と時価総額は全く違います。
例>資本金1000万円で1年に1000万円の利益を出す企業と資本金1億円で1年に1000万円の利益を出す企業なら資本金1000万円の企業の方が効率がいいので資本金が低いのに株価は高い(同じ発行株数の場合)。
なので額面5万円の株式を1株50万円、500万円、5000万円で買うということが起こる。
未上場株式が夢のように語られるのはそう言った部分。
会社立ち上げに出した5万円が1億円に化けるのも珍しい話ではない。
その会社が発行している株式数が100株なら1株10万円です。
(1000万円割る100株)これが株式分割の場合2分割なら発行済み株式総数が200株になるので1株5万円になります。
会社の時価総額は1000万円のまま変わらないので単純に1000万円割る200株で5万円になります。
1株持っていた人は持株も2株になるので、基本的に損はしません。
これが上場株の場合単価が下がるので買い手が増える可能性が高いので、株式の価値は変わらなくても株価が上がることがあります(未上場の場合は関係なく損得なし)。
ただ、100分割など極端な場合、会社の株主の管理費も格段に上がるので基本的な会社の価値は下がると考えてもいいと思います。
(微々たるものですが・・・。
)例>株主報告書の発行も単純に考えると印刷の数が100倍になる。
株主総会の場所も巨大な会場が必要になってくるなど。
未上場の場合も同じ。
)増資の場合は新たに株式を発行するということになります。
今まで100株発行していた会社がさらに25株増やした場合、1000万円の会社を125株で分けるので1株8万円になります。
これは新たに株式数が増えその分新しく株主が増えるので、持っている株の価値が下がることになるので損したことになります。
しかし、増資を行う理由によっては得することもあります。
減資などを避ける為に資本を増強する増資は会社の価値が変わらないので損しますが、新しい事業に乗り出す為の増資はその新しい事業が元の事業より効率がいい場合株価は上がります。
例>増資分の25株8万円=200万円で会社の価値を1000万円上げるような新事業を立ち上げるのであれば、会社の価値は2000万円になり、125株で割ると1株16万円になり得をします。
自社株買いは買い取った株を償却してくれるとして、100株ある内の20株を会社が買い取って消してくれたとします。
会社自体の価値は変わらないので1000万円の価値で株式数が80株になるので1株12万5千円となりほぼ例外なく得をします。

下がることが多いケース
増資
地雷を踏んだ気分。株式の希薄化を嫌気して下がる。最近の例では、5233太平洋セメント
上がる事が多いケース
自社株買
買い手が増える事を好感して上がることが多い。
株式分割
最低必要資金量が下がるので、一般投資家の裾野が広がる。>

株式会社エリナの化粧品はどこで購入できるのでしょうか。
販売店があれば教えてく...

株式会社エリナの化粧品はどこで購入できるのでしょうか。
販売店があれば教えてください。
たぶん本社から購入はできませんよね?友人にエリナの化粧品を使っている人がいて、おすすめされたのでせっかくだから試してみようかなと思っています。
調べてみたのですが、どこで販売しているのか、どういう風に購入すればいいのかよくわからず…話に聞いただけなので公式ホームページも見つけられていない状態です。
普段あまりパソコンを使わないので調べるだけで一苦労でした。
初歩的な質問ですみませんが、株式会社エリナの販売店について教えてください。

株式会社エリナは全国のエリナ販売店を通して商品を販売するシステムをとっているようです。
エリナ本社では直接販売を行っていないので注意してください。
平日9時から17時半まで電話で問い合わせれば、お近くの販売店を紹介してもらえます。
詳しくは直接問い合わせてからわかると思います。

www.erina.co.jp/faq/
このサイトですね。URLは質問ページのものなのですが、販売や問い合わせについても書いてあります。
エリナは説明会というのも行っているようです。目的の商品以外の商品も気になるなら、説明会に行ってもっと詳しく商品について知ることができます。
おそらくそのためにはエリナの会員になっている必要があるともいます。会員に登録しておくとエリナの商品を少しお安く購入できるようです。一度商品を購入してみて、今後も続けて使っていきたいのであれば会員登録する…というのがいいと思います。>

株式売却益の税金について

株式売却益の税金について株式で得た利益を、そのまま住宅ローンの返済に充てた場合の税金を教えて下さい例)株式 買:200万円 売:1000万円住宅ローン返済 800万円よろしくお願い致します

株式で得た利益は、株式で生じた損失としか、相殺ができません。
800万円、儲かったのだから、約160万円納税するだけです。
それに住宅の購入は、前後で損は発生しません。
債務は損金ではありません。
借金して、住宅という現物資産に変化しただけです。
お金持ちが、相続税対策で、借金して、アパートを作るのは、アパートの評価額が借金の金額より低く、購入することで資産額が減ることを利用したものです。

『そのまま住宅ローンの返済に充てた場合』っていう資金使途の前提はどうでもいい!何に使おうがその人の自由だし住宅ローンの返済に充てたからって株の利益の税金が安くなるわけでもない!
800万の利益なら×20.315%!税額は1625200円!>通常と同じ20%です。なので160万円納税です。>

1,株式公開をするとなぜ会社にお金が入るのでしょうか??

1,株式公開をするとなぜ会社にお金が入るのでしょうか??2,上場した会社はなぜ株価があがるように頑張るのでしょうか??:初歩的な質問ですいません。
ただ単に興味での質問となります。
まず、上場したら会社にお金が入るという仕組みは以下の理解で良いのでしょうか。
↓↓例えば100株あって、50株を会社に残し、残り50株を市場に出して上場させたとします。
その50株を最初に市場に売った時点でお金が入る。
↑↑もし上記の通りであれば、上場したときの最初の値段分が会社に入るお金で、その後値段が上がっても下がっても、会社に入るお金は変わらないということでよろしいでしょうか??そうなるとなぜ、上場会社は上場後も株価をあげようと頑張るのでしょうか。
上場後いくら株の値段が上がったとしても、別に自分の会社にお金が入る訳ではないし、どんなに株の値段が下がっても、別に下がった分を保証する必要はないので、上場した会社が一生懸命株価があがるように努力しなくても良いと思うのですが・・株価が上がると、資産が増えることになるため、信用ができ、銀行からお金をかりやすくなるということでしょうか。
それとも、会社は上場後もちょくちょく、自社株を市場に売却しているのでしょうか。
もちろん株主への責任みたいなことはあると思うのですが、なんかそれだけのことをやり続けるのは、何かピンとこないのですが。
教えてください。
補足誰かすっきりする回答ください。
上記の考え通りなのでしょうか。
もしくは、何か根本的に間違っているのでしょうか・・

あくまでも基本原則だけ説明します。
そもそも株式を公開するというのは、会社の株式を不特定多数の投資家に買い取ってもらう、ということです。
つまり、身売りするわけです。
で、何が得なの?というと、自社の株式を売って得た資金で、会社を拡張できます。
つまり、資金を得ることができるわけです。
ゆえに、株式をいったん売ってしまったなら、その株価が上がろうが下がろうが、会社そのものの経理には一切関係ありません。
たとえば自社株を公開した、つまり売った当初、100円だった株価が1000円になろうと、別にもう自分たちが所有している株ではないのですから、その会社自体にはまったく関係ありません。
でも、会社の経営者にとっては、株価が上がるよう、ある程度、努力する義務が生じます。
なぜかというと、以下の理由です。
そもそも、会社というのは、誰のものだと思いますか。
社長のものですか。
会長のものですか。
経営者のものですか。
いずれでもありません。
会社とは、会社の所有者のものです。
は?会社の所有者って、誰?と思ってらっしゃるでしょう?会社の所有者というのは、株式を持っている人のことです。
つまり、その会社の株式を買った投資家、つまり株主のことです。
株価が低迷していたら、会社の所有者、つまり株主は怒りますよね。
当然です。
自分が1000円で買った株が500円になったら損でしょ?株主総会で社長など経営者をクビにする権利を有しています。
それが怖いので、会社の経営者は一生懸命、株価を上げようと努力するのです。
せっかく苦労して会社を作ったのに、株式を投資家に売ってしまった、つまり株式公開してしまったばかりに、株主の奴隷となってしまう…。
バカみたいでしょ?だから、会社経営者の中には、株主に売った株を全部買い戻して、みずから上場を廃止、つまり、株式公開を取り下げる場合もあります。
利口な経営者は最初から株式を公開したりなどしません。
たとえば、サントリーなどは株式を公開していませんよね?あと、もうひとつだけ、株式が下がって困ることがあります。
株価が下がってしまうと、安いものだから買い占められて、会社を乗っ取られてしまう危険性があります。
だから、ある程度、株価は下がらない方がいいのです。
他にも理由はあると思いますが、とりあえず主な理由を述べました。

薄っぺらな質問をしても、だれも答えようとはしてくれませんよ。
経済活動というのは、人間生活上必要だから行っているんです。
社会に出て、苦労をすれば、 すべてはわかってくることです。>

株式の単価?について

株式の単価?について元有限会社で出資金300万円の会社が、ずいぶん前に法律が変わった事により今は発行株式総数3000株の株式会社になっています。
非上場の小さい会社なので株価はあってもないようなものかもしれませんが、税理士さんに株式評価をしてもらったら株式評価は約3000万円でした。
計算がややこしくなるので、数字は正確ではありませんが、例えばこの場合だと、次のように考えるのは正しいですか?・出資金300万円を単価1000円で株式に転換した→・株式単価1000円の株が高くなって今は10000円になっている株や法律の事はよくわからなくて、どのように解釈したら良いのか解りません。
間違っている場合は、どういうことなのか教えていただきたくて投稿しました。
どうぞよろしくお願いします。

=有限会社は、会社法施行により、持分を株式と読み替えることになりました=こんな間抜けな回答をするカテスマがいること事態に、呆れてしまうのです。
会社法では有限会社はなくなっているのです。
つまり、会社法では会社は、株式会社、合名会社、合資会社又は合同会社しかないのです。
今残っているのは会社法制定以前からある有限会社で特定有限会社として継続している会社で必ず、特定の商号をつけなければならないのです。
一時期、有限会社の最低資本金は300万円で設立できたのです。
その時代株式会社の最低資本金は1,000万円だったのです。
会社法の施行で有限会社から株式会社に変更する場合は、1000万円に増資しなければならなくなったのですが、増資をしないで有限会社のままの商号の場合は、特定有限会社と商号を改める必要があったのです。
現在は最低資本金は1円でも株式会社とすることが出来ますから、最低資本金の枠はないのです。

>出資金300万円を単価1000円で株式に転換した
いえ、違います。
有限会社は、会社法施行により、持分を株式と読み替えることになりました。
「出資金300万円を単価1000円で株式に転換した」のではなく、出資による「持分」を「株式」と読み替えただけです。
>株式単価1000円の株が高くなって今は10000円になっている
おおむねそのとおりです。「単価」というよりも評価額ととらえるのがいいでしょう。
出資時は株式の評価額が出資額どおりで、1株(当時は持分1個)当たり1,000円の評価額でした。これが、経営活動により、現在では1株当たり10,000円の評価額になっている、ということです。>適当な回答が、、、
もう、法律が改正されました。
全部「無額面株式」です。
1株***円と言う概念はなくなりました。>それは、転換時の株式価値次第です。転換時に会社価値が300万円だったのであればおっしゃる通りです。なお、税法上は、転換時の価値は無視されて、みなし譲渡所得への課税はなされません。>

-株式

© 2021 給付金とかで結構ウハウハごめんなさい