景気

景気が回復したら税収が増えて、なぜ法人税や所得税は増えるんですか?景気

景気が悪く生活苦が増えても

景気が悪く生活苦が増えても 官制相場による 株価の上昇が異常です。
会社の業績や価値に関わらず上がっています。
主たる原因は日銀、年金等による官製相場ですが、 海外からの投機的資金を呼び込み完全にバブル化しています。
1980年代末のバブルは、金利上昇と土地取引の総量規制で潰れましたが、アベノミクスでは膨大な赤字国債で金利を上げられないため、 行き着く先はとんでもないことになりますね 岸元総理もA級戦犯でしたが、 総理だけでなく戦犯まで世襲なのでしょうか。
これでは永久戦犯ですね。

アメリカのFRB議長が金融引き締めを明言する中で日銀が消費税増税のための金融緩和。
これで為替が円安になると言うことは外国人は為替損リスクを常に背負っているわけです。
むしろ国民の生活苦が進んで株価買い支えが限界に来て株価が下降トレンドになると怒涛のように円建て資産を売れば大儲けができる下地が整いつつあります。
また上場企業、特に日経平均採用銘柄である225社は特に円安で恩恵を受けると言われている企業に偏っており、しかも円安で円資産の価値が目減りしているから帳簿上業績が良くなっているように見える企業ばかりです。
detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1313795877...日本経済を反映していない株高に過ぎません。
今後は国民と国家が一体化していると思っている人は財産を身ぐるみはがされて潰され、自分と日本は違うんだとドライに割り切り身の処し方を考える人が助かるのです。
経団連と財務省に引きずられた安倍政権が暴走すればほとんどの中流階層が没落すると思います。
TPPにより生き残れない農家は確実に増えます。
イギリスを例にするならば、集約農業の結果、失業した農民は都市の毛織物工場で働くことになります。
土地を追われた農民が今で言う ワーキングプアになったりブラック企業で働かないと食っていけない状況に追い込まれたわけです。
日本でもTPPによって土地を追われた農家が都市に出て被雇用者になる可能性があります。
更に、法人税減税の財源を消費税増税と赤字企業への課税に求めるそうです。
ちょっと話が脱線しますが、財務官僚は自民党を操って大増税の方針を固めています。
財務省が歳出見直しをせず(つまり天下りなど完全温存)全てを国民負担に押し付けるシナリオとして国民負担率(租税負担率と社会保障負担率を合わせたもの)を8割にまで引き上げて(封建時代の表現では8公2民です)ようやくプライマリーバランスを保つ試算を出しているそうですが、その中で消費税25%~30%近くにするとの内容になっているそうです。
余談ですが歳出構造を徹底的に見直しして天下りなど潰しまくった場合は国民負担率は5割以下で抑えられる試算も出しているんですよ。
現在の国民負担率は4割程度ですので霞が関あたりにはびこり酒池肉林を楽しんている団体を掃除すれば国民負担はほとんど増えないことになります。
しかし天下りを逆に拡大しようとしている安倍政権は完全にこの方向性を放棄したのでしょう。
detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1313516987...負担増は何も消費税や所得税、あるいは保険料負担増だけではありません。
他にも様々な負担増の計画があります。
① 1997年に当時の大蔵省で預金封鎖の計画検討が練られ、個人金融資産の元本を捕捉や預金封鎖するときに国会審議を不要として内閣総理大臣に権限を集中する法整備が進んでいます。
もし日銀の金融政策がうまく機能せず長期金利急騰や国債の信用不安が高まれば預金封鎖をして預金の5割強制カットなど民間の資産を吸い上げるため(マイナンバー、預金保険法改正、銀行法改正、ゲートキーパー法、外為法改正、決済性預金の創設など)。
detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1010439523...②日本人の個人金融資産は8割以上が預金や保険などであり、景気回復とは無関係に金融緩和でインフレと円安を起こせば、資産価値が目減りしてしまいます。
その一方で国の借金も目減りします。
(アベノミクスがまさしくそれです。
雇用拡大とか理由をつけていますが本当の目的はインフレを起こして消費税増税の反対を封じるため)③雇用面では、解雇規制緩和、移民、残業カットなどで賃金を削ります。
これで、今まで「働けば報われる」と将来に備えて一生懸命働いている人達は賃金を下げられ、増税され、かつ必死に耐えながら貯めようとしている貯蓄資産もどんどん価値が下がります。
人生のゴール地点には相続税増税が待っており、死亡消費税が追加させる可能性があります。
下手をすると預金封鎖でごっそりカットもあり得ます。
働いていも働いても豊かになれる見通しが立たなくなります。
これを見越して低賃金労働者として甘んじるのを潔しとせず独立開業して一旗揚げようとすると、赤字企業にも課税で経営が成り立たなくなり(起業して成功するには信用などを蓄積しないといけないので黒字転換には歳月を要するのが一般的です)起業すら断念せざるを得なくなります。
結果低賃金労働者に逆戻りとなります。
こうやって個人はまごまごしていると収入源、支出増、資産価値目減りでどんどん国に財産を召上げられていきます。
結局個人で生き残るのは消費抑制と円資産の目減りと預金封鎖に備えてマイナンバーの捕捉対象外の財産に早急に移した人になると思います

景気はよくなったといっていますが

景気はよくなったといっていますが安部ミクスのおかげですか?

世界の景気がよろしいためです。
先日もニューヨークダウは史上最高値を更新して17000ドル台に到達しました。
news.yahoo.co.jp/pickup/6121891kabutan.jp/stock/chart?code=0800いまの時代は海外と経済が密接にかかわりあってますからね。
国内のことより海外の経済の影響の方が大きいです。
逆に世界の景気が悪い時はいくら金融緩和しても駄目でしょう。
中国がバブル崩壊したら日本の株も沈みます。

景気は悪くなる一方ですね?

景気は悪くなる一方ですね?

どんどん悪くなってますなw

景気は良いことが前提でなければいけないの?その理由は何なの?

景気は良いことが前提でなければいけないの?その理由は何なの?

「景気が良い」ということでいえば、「単純に給料増えたら嬉しいでしょ」というレベルの話です。
「経済成長しなければいけない」ということなら、これは社会を維持するための前提の条件です。
金融資産と負債は勝手に上昇していくものなので(もらった金を全部使い切ることなんて、そうそうないといえばわかりやすいでしょうか)、経済成長しなければ、相対的に負債額の重みが増していき、いつか崩壊します。

不景気だから節約する!

不景気だから節約する!って、余計不景気を助長させてないですか?まず生きていく上で絶対に必要ではない娯楽やお洒落、外食からカットしていきます。
また、必要あるけれど高い買い物、つまり家の購入や車の買い換えを見送ります。
で今では節電ブーム。
そうするとメーカーやサービス業が集金できなくなりますよね。
そうなると外食産業や飲み屋がキツくなります。
今度、外食産業や飲み屋の人たちは必要最低限ギリギリのお金しか使わない、いやお金がないとなります。
負のスパイラルじゃないですか?高度成長期に始まり、昭和末期には日本を代表する企業が設備投資等でジャブジャブお金を使い国内が潤っていた時代(バブル)はもうないのだから、次なる手はないのでしょうか?大企業が財布のヒモを結んでしまったら、景気は上がらないでしょうね。
そうならないためにもやはり政府がシャキッとしないとダメですかね?

「余計不景気を助長させてないですか?」「負のスパイラルじゃないですか?」「そうならないためにもやはり政府がシャキッとしないとダメですかね?」>>まさに、その反対を考えれば今の資本主義国家、経済の本質が見えてきますよ。
「余計不景気を助長させてないですか?」「負のスパイラルじゃないですか?」>>逆に今までが全てバブルだっただけでは?ここ100年程の「通貨基準」「株式」「国債」などの資本主義的クレジット(信用)主義により、あるべき姿以上の経済になっていませんか?あなたも実質1000万円ほどの借金を抱えていますけど。
日本の累積赤字国債を30年後の日本国民数で割ってください。
単純計算でも消費税も22-23%は必要になっています。
「そうならないためにもやはり政府がシャキッとしないとダメですかね?」>>いわゆる経済先進国と言われている主な資本主義国家の全てが借金(赤字国債)だらけですけど…。
しかも年々悪化してギリシャ、スペイン、アイルランドは実質的には国家破たんしてますけど…。
(現在、EUやIMFが金を貸して誤魔化している段階です。
) まあ、というか資本主義国家ですので、普通選挙権がありますので、あなたが一部の政府の意志でもあります。
国家破たんしても政府は一切の責任はとりません。
それは選挙権のあるあなたの責任ですから。
「次なる手」とはさらにバブルを助長させる手ですか?それともソフトランディングで世界大恐慌や国家破たんを防ぐかどういった構想を指しますか?まずは既存の考え方を直さないと「失業率25%で消費税いきなり10%アップで、なおかつ年金カット」とかなりますよ。
これは資本主義国のギリシャで起こった実際の話でですよね。
スペインも同様になりつつあります。
次はポルトガル、イタリア、アメリカ、日本…。
国家の財政破綻=国家破たんです。
そうなれば不景気どころか、あなたの基本的生活の保障もないです。
今起きている世界経済同時不況は物事の本質で捉えないといけないと思います。
現在、それを本気で思って考えている人が少なすぎます。
ほとんどの人が本質が見えていません。
本質とはなにか。
国債発行しまくりのバブル的裕福な生活ですか?それとも、ある程度食べれて、電気も少しは自由に使えて裕福ではないけど仕事がある生活ですか?単純にアリとキリギリスです。
あなたは今のところキリギリス派の考えの様です。
ですが私もこの世界同時不況や国家財政危機をどうすればいいか答えは持ち合わせていません。
まずはひとりひとりアリ的な考えに少しづつ転換するしかないようですよ。
せめてソントランディングして世界大恐慌が起きないように願っています。
「新資本主義」とも言える新たな思想がないと駄目だと思います。
「株」「国債」の存在が今起こっている危機の起源となっていますよね。
「株」>3年前のリーマンショック(=世界的クレジットバブル)。
「国債」>ギリシャ問題(=先進諸国の国家財政問題)。
それに少し気づき始めていますが「欲」が邪魔をしています。
「欲」は誰でもあります。
だって動物だもの人間だもの。
みつお。
でも私の欲は「全ての人がある程度食べれて、電気も少しは自由に使えて裕福ではないけど仕事がある生活」です。
でもそうなると社会主義に偏ることになり、答えは今でもでません。
まあすぐに答えが出てれば今の世の中も変わっているはずです。
まあ、 体制の崩壊はありますし、戦争もあります。
そして元に戻っていくのだと思います。
そしてその繰り返しだと思います。
今の資本主義はその体制の崩壊期の始まりにかかっていると思います。
だからみんな本能的に節約するのだと思います。
私も節約して将来に備えていますし、財政も緊縮してほしいです。
もし備えていれば今より生活は貧しいですが恐慌は起きないと思います。
解かっているこれからの試練と、 解からず備えもなく一気に恐慌にいくか どちらを取るかは世界ひとりひとりの意志にかかっています。
もし世界大恐慌になっても精神的にも資産的にも私は備えていく様に生きています。
そして平等な考えも必要です。
少しの食べ物と少しのエネルギーがあれば生きてはいけます。
今は世界が資本主義発展により「欲の増大期」で本質が見えていません。
第2次世界大戦期の「欲」は「国家による他地域の植民地化」でした。
今言われている人権もクソもない卑劣な行為をほとんどの当時の先進国がやっていました。
もう少し昔はアメリカは本来インディアンもものです。
そのアメリカが今は高らかに人権を謳っています。
その資本か植民地かの違いはありますが、その状態に近い状態です。
裕福な生活のためなら他人はどうでもいいのです。
株を51%取得できればその会社を支配できます。
失業して食えなくて死んでも個人の責任です。
それが資本主義です。

今回の不景気は
日本の国内消費の落ち込みが原因ではなく
世界経済の縮小が原因ですから
輸出を増やして世界から富を集められない限り
いくら国内消費を刺激しても
景気は回復しないと思います
補助金や助成金は国民預金の供出であり
隣の家のお金が他の家に移ったとしても
輸入により
日本国内の富が減り続けることに変わりが無ければ
景気は回復しません>そうですね。
日本人のメンタリティーの問題もあるんでしょうね。
お上の言うことに真面目に従う、世間の目を気にして羽目を外さない、節約は美徳と考える…
なんか、政府や官僚の思惑に、見事にのせられてる感があるのは、考えすぎでしょうか。>経済には素人ですが肌で感じるものとしてはもうこのあたりで成長を止めても良いのではないかとおもっています。物もサービスもかなり充分だし、際限ない欲望に振り回されるのは終わりにしたいです。
物だって次から次に買ってゴミにするし、生活保護や老人介護だって昔はこれほど手厚くはなかったです。だから昔の帰れとは云いませんがもっと「満足」とか「感謝」とかあっても良いのではないかと思っています。バブルの再来を望むより、そんなにお金を使わなくても暮らしていける方法を模索した方がいいです。ブータンが幸福度ナンバーワンと言うけど日本だって意識さえ変えればナンバーワンになれます。>その負のスパイラルがデフレスパイラルといって、デフレの恐ろしいところです。
デフレの中では節約こそがミクロ経済合理的な判断であり、家計や企業の節約指向を責める事はできません。民間の力では絶対にデフレからは立ち直れません。
だから家計でも企業でもない、政府が進んでお金を使わなければいけないのです。
日本が貿易を必要とせず、エネルギーも食料も自前で何とかなるなら経済成長は必要ありません。
しかし実際には、経済を豊かにして外国から十分な資源を輸入できなければ国民の生活を維持できません。>今の政府になにいっても無駄ですよ。自分の事しか考えてないんだから
公務員削減?国予算はとらなくていいから削減出来ます。ここまでしか考えてないんですよ
公務員に慣れたかもしれない人は民間にいくしかないんです。民間が余った人採用するはずないんです?失業者増える
失業者?生活保護申請するしかない?規制を厳しくして生活保護申請そう簡単にできないようにする?自殺者や餓死者が増えるだけです。 さらに生活保護費削減するとか寝ぼけた事言ってるし
健康人はとりあえず働けば生きていけるから生活保護いらねーだと言われても就職先がない
子供手当?増税で社会保障強化します。 なんで年収800万とかある人が国から補助受ける必要あるんでしょうね
支給された人はいいでしょう。政府に感謝できるのは 子供手当もらってる人だけなんです
給料低すぎて結婚すら出来ない人がさらに増税で生活困難に陥らせてるだけです。独身者に限らず子供いないか家庭とか
こんな負の部分政府は全く考えてないです。というか頭にもないでしょう>

景気が悪いのに 市場操作だけで ごまかしをしている

景気が悪いのに 市場操作だけで ごまかしをしているアベノミクス・バブルがはじけると共に、世界経済危機が訪れると言われていますが(リーマンショックの三倍)今やっておくべきことは何でしょうか?

実質賃金が下がり 増税して 年金カットして株価を市場操作しているだけだからの景気回復しているなどのデマは右傾化思想のバカばかりだよ右傾化思想は国民生活無視 増税で国民の財を奪い取って軍事費増強って思っていますからな自分の財産を隠して節約した方がいいかもしれんこのままでは日本は破局しそうだからね

バブルとは資産価格に関する概念です。
アベノミクスという資産はありません。>

景気、全地域で「回復」=18年ぶり―財務局経済報告らしいですが、今後はどうなると...

景気、全地域で「回復」=18年ぶり―財務局経済報告らしいですが、今後はどうなると思いますか?

国民の意識次第です。
相変わらず国民は、物価が安く成ると云う「デフレ」を望んで居ます。
そう成ると、企業も値上げをし難く成るので、賃金への反映もし難く成るので、景気は停滞から下落と成るでしよう。
しかし、一部の人の中から「給料が上がったから、旅行へ行ったり物を買おう」という「消費マインド」の兆しが見え隠れして来ているので、マスコミが其れを採り上げ。
その様なマインドが増えてくれば景気回復の弾みと成るでしょう。

更に賃上げが続くのでオリンピックに向けて景気は上向くでしょう。>

景気が回復したら税収が増えて、なぜ法人税や所得税は増えるんですか?

景気が回復したら税収が増えて、なぜ法人税や所得税は増えるんですか?

法人税は 法人の利益を(収入)をもとに 計算されていますし 所得税は所得に応じて決められています。
景気が回復して お給料が上がったり 会社が成長し利益を前年度よりあげれば 当然上がります。
ので 税収も増えるわけです。

まず、今は好景気です。
収入に対して、課税しているからです。>

-景気

© 2021 給付金とかで結構ウハウハごめんなさい