景気

景気が悪くなってくると 長いこと続いてきた三十ぷんより長い枠のテレ...景気

景気がよくなっても色んな店の商品が安くなるとは違うんですか?

景気がよくなっても色んな店の商品が安くなるとは違うんですか?給料が上がるだけ?

景気が良くなると色んな店の商品が「高く」なります。
それに伴って給料も上がるはずです。

就職は景気の影響を受けるのですか?

就職は景気の影響を受けるのですか?

景気が良ければ採用は増え…景気が悪いと…採用は控えますから…もろに影響を受けます!

もろに影響を受けます>

景気が良いと言っている奴は増税する魂胆でデマを流しているんだよな?

景気が良いと言っている奴は増税する魂胆でデマを流しているんだよな?転載しておくよ悪くなりました。
インフレは起こせばいいと言うものではありません。
景気回復して自然インフレなら良好なインフレですが 物価上がって実質賃金が目減して貯蓄率も下がる現在のスタグフレーションは景気回復とは言いませんから。
それもそのはずですよ。
rh-guide.com/data/kojin_sisan_hikakuworld.html半数以上が預貯金・現金で保有されています。
世界の先進国では、預貯金は大体2~3割程度ですから、日本だけ飛び抜けて高い比率です金融緩和はそれだけ日本の貧困を招きます。
景気が回復して貯蓄と言う余剰資産ができて自然インフレなら良いのですが今の自民党政治は景気回復しないのに強制インフレで国民の財産を奪い(借金踏み倒し)、かつデフレ脱却の理由で増税しようとしているのですから国民の財産を奪うだけの政治。
景気が良くなるわけがありませんね。

国の借金が増えたのは 国民が我儘を言ったからではなく官僚が横暴を極めたためそれを国民のせいにして取りあげる責任転嫁論です。
とことん国民を舐めているんです。
この理念を代弁したのが↓の回答者なんですね(笑)

皆が貯金してお金を使わないので国が代わりに使ってきたのです。だから国が借金すればするほど国民の預貯金が積み上がってきたのです。ただ輸出より輸入が上回ればどんどん海外にお金が出ていきますので国の借金だけが膨れ上がります。(消費が増えれば消費税は増えますが借金に追い付きません)インフレと増税は今までの借金の国から国民への強制返済の様なものです。国が借金して国民のために使ってきたのですから。お金って日銀の負債ですから皆が思っているほどその価値は強固ではありませんよ。負債なんだから価値あるうちに(受け取ってくれる人がいるうちに)さっさと他人に渡す(物やサービスを買う)のがお金を有意義に使う方法です。負債だと知らずにその価値が強固だと思って預貯金してきた人が馬鹿をみることになっただけです。>

投資信託で、アセットロケーションするのは割合を変えるわけですよね。
景気のいい...

投資信託で、アセットロケーションするのは割合を変えるわけですよね。
景気のいい今は、国内株式や外国株式のファンドの割合を増やして、景気が悪くなれば債権のファンドの割合を増やすのがいいかなと考えてます。
一つ目の質問は、こういうのはタクティカルアセットロケーションと言って、あまり効果がないとのことですが、何もしないよりは大分マシだと思うのですが、違うのですか。
それに私が考えているのが積立だから、下がっていくだけの株式のファンドを買うより、株式ファンドはゼロにした方がマシだと思うのですが。
いつかは上がるかもしれませんが、元に戻るのに5年も10年もかかるなら、生きている内に間に合いません。
ここで疑問に思ったので、二つ目の質問です。
積立投資信託のアセットロケーションの内、あるファンドをゼロにした場合は、それまで買っていたファンドは売る事になるのですか?それとも償還日まで保有することになるのですか?

「景気のいい今は、国内株式や外国株式のファンドの割合を増やして、景気が悪くなれば債権のファンドの割合を増やす」リバランスの真逆の行為ですね。
バランス壊してどうするんですか。
あとあなたが言いたいのは「Asset Allocation 」です。
「Asset Location」は特定口座とNISAの使い分けなどの話なります。

下がっていくだけの株式ファンドというのが良くわかりませんが、償還があるということから、ひょっとして証券会社の言うままに買ってきたということですかね?
日本も世界も、リーマンショック以降は株式インデックスファンドで見れば順調に上がっていると思います。リーマン以前に回復するのにダウは4年、TOPICSは6年掛かりましたけれども。アクティブファンドは、順調に上がっているとは言えません。
アセットアロケーションの目的はリスクとリターンのバランスを取ることで、株式のアセットクラスが一番リスクもリターンが高くて、債券のクラスはリスクもリターンも低いので組み合わせて、リスクを抑えることだと思います。
先のことは誰もわからないので、配分比率をなるべく変えないようにすることが、リスクを抑えることになります。いろんな例でみると、暴落の後の上昇期の最初の1週間、1か月間を逃すとリターンは相当落ちます。そのためには、保有していなければ、話になりません。
年金の運用もほとんど比率を変えないようにしていますが、目標リターンが得られないので、近年株式の比率を20%から50%にアップしました。
私の場合は、配分比率を年に一度見直していますが、それでも最大数%程度です。
投信は、私はコストの安いインデックスファンドで償還がないものを選択して、積立で累積投資をしているので、リバランスのとき必要ならば売るだけですね。評価額が一定額に達したら積み立てを止めて、後は自然に増えてゆきます。外国債券の場合は、為替の影響が大きいので、売り時を考えて売っています。>まず一つ目の質問ですが、最初に決めた資産配分(アセットアロケーション)で運用を続けて、その後の運用状況で偏りが出てきた場合に、元の配分に近づくよう調整(売買するか購入量を変化させる)ことをリバランスと言います。
株債券の個別ファンドを組み合わせて購入している場合は、それなりに効果があるという考えもありますが、あくまでも投資家のこだわりの面が大きいと思います。
「俺はこのアセットアロケーションが好きなんだ、だからリバランスする」といった感じです。株のパフォーマンスが良かったから株式ファンドを増やそうとか、金利が騰がったから債券ファンドを増やそうというのは、あくまでも過去の結果ですから、今後もその状態が続くと限りません。
質問者様がおっしゃる通り、何もしないよりはしたほうが多少は結果が良くなり程度だと思います。
二つ目の質問ですが、例えばJ-REIT(国内REIT)のパフォーマンスが悪くなって来たので(まさに現在の状態です)、評価損益がマイナスになる前に撤退したいと考えた場合、全部を売却(現金化)すれば利益確定となってアセットアロケーションから国内REITの配分は0%になります。
売却せずに保有(償還日または将来的に売却する時まで)し続けるということは、アセットアロケーション上は全体の何%かの配分で残ることになります。>

景気、不景気と個人の幸せは関係ないんでしょうか?

景気、不景気と個人の幸せは関係ないんでしょうか?

いい気付きですね。
幸せな人はどんな状況でも幸せですし、不幸せな人はどんな状況でも不幸せです。

景気が悪くなってくると

景気が悪くなってくると長いこと続いてきた三十ぷんより長い枠のテレビ番組やラジオ番組が終了しますが2015ねんかみはんきでは、ぜんぜんテレビもラジオもニコニコも終了していないことから景気は、もはやgdpでは、図れなくなってきているっという証明では、ないですか。

証拠を出せ。



そうでしょうか。
manabow.com/hayawakari/hayawakari12_3.html>

-景気

© 2020 給付金とかで結構ウハウハごめんなさい