景気

景気がいいように感じませんが実際のところどうなんでしょうか?景気

景気回復!

景気回復!低賃金で激務のアルバイトはデフレの象徴でした。
そのビジネスモデルがすき○、わたみ○ちで、崩壊しつつあるのは、景気回復の象徴だと思いませんか?

【円建て資産の価値を喪失せしめる政策で日本の景気回復は未来永劫来ない】今のアベノミクスは個人金融資産をすり減らすものでしかなく、政府が「官僚の権益は守っても国民には宵い越しの銭は持つな」と言っているようなもの。
従順さはただの馬鹿ですよ。
日本で財産を築けるか対案を出すべきです。
これから国民の負担をどんどん増やしていく自民党の政治を考えたらできるだけ節約賢明ですし消費切り詰めや節税は当然するべきです。
ただし、預金で将来に備えるのは感心しません。
アベノミクスは紙幣を刷り散らかして日本円の価値を下げる政策ですので外貨かGOLDなどで資産を構成することを考えたほうが良いです基本方針は①アベノミクスは日本円の価値を下げる政策なので 日本円の資産は望ましくない②銀行口座、証券口座など マイナンバーで捕捉される資産は望ましくない(②を避けるにはタンス預金も該当しますが①の理由のため日本銀行券でない方が良いです) 対策をしない人は確実に転落人生一直線じゃないですか? 消費税率は14年4月に現行の5%から8%に引き上がる。
消費増税に伴う家計負担は年収300万円未満世帯の年間で平均5万7529円、年収1000万円以上世帯で14万2174円増加する さらに2015年10月に、税率が10%に引き上げられた場合の負担額は年収300万円未満世帯で平均19万1764円、年収1000万円以上世帯では47万3823円にのぼるという税金の負担増はそれだけではない。
東日本大震災の復興に充てるための復興増税は、復興特別法人税を廃止するが、復興特別所得税は2037年12月末までの25年にわたって所得税額に2.1%が加算され続ける。
復興増税は「所得」に課税されるので、給与だけではなく退職金にもかかるし、株式の配当金や預貯金の利息にもかかる現行で年500円を上乗せしている復興特別住民税も、14年6月からは年1000円に引き上げられる年収1500万円超のサラリーマンに認められている一律245万円の給与所得控除は、対象となる年収を1200万円超に引き下げたうえ、控除額を230万円に減らす。
その分、年収1200万円超のサラリーマンは所得税と住民税が増える株式の配当金や運用益などにかかる所得税や住民税は、個人の金融資産を株式市場に誘導する狙いで2003年から10%の優遇税率が適用されてきたが、14年1月からは11年ぶりに本来の20%(復興税分を除く)に戻る。
増税による株式などの配当金や運用益を非課税にする少額投資非課税制度(NISA)があわせて始まるのだが、NISAはこれまで保有している株式などは非課税の対象にならない。
富裕層にとっては、相続税の増税は痛い。
2015年から、基礎控除額が「3000万円+600万円×相続人の数」になり、現行よりも控除額が約4割減る。
さらには現在50%の最高税率が55%になるという、ダブルパンチなのだ。
その結果、税金を払う人はかなり増えそうだ。
さらには自動車税については、購入時に減税があるが、継続保有の場合には自動車税も、車検時にかかる自動車重量税も増税。
中古車への負担が増すことで、新車に買い替えやすくしようという狙いがある。
ちなみに、エコカー減税も2年延長された。
一方、自動車メーカーが「弱いものイジメ」と反発していた軽自動車税は、2016年4月以降、現行の7200円から1万800円に引き上げられる。
もちろん、年金保険料の値上げは2014年もまだ続くし、健康保険料の値上げも多くの健康保険組合で実施されることになりそう。
ちなみに、消費税増税も慣れるはずもなし。
橋本政権の時に消費税増税が慣れたのは、相続税の減税と個人所得税減税で消費税増税分を差し引いても可処分所得は増えていたのですが、安倍政権はオール増税です で、これだけ負担が増えているので財産を守るために節約しようにも、アベノミクスで預金の価値は落ちるわ、溜めても相続税増税が襲ってくるわで、日本で普通に過ごして資産を築く道は閉ざされており財産を守るためにはドル建てにするか、金銀プラチナに資産を移すかして(相続税増税やマイナンバーなど危険要素があるので口座などで把握される財産は危ないということです)、腐った時代が通り過ぎるまで消費を抑えて息を潜めているしかないです。
一部の大手企業がベースアップしているのは消費税が増税されればされるほど輸出戻し税で税金が還付され儲かるのでそれが見込めているから賃金が上げられるのです。
政治献金とベースアップで大手企業と自民党と事実上取引しており、自分のところの賃金をベースアップすれば自民党がさらに景気回復の理由として消費税を増税してくれるからなんですね。
反面輸出企業として海外シェアを持っていないのならば円安でコスト高になるだけなのです。
今まで通りしていたらどんどん家計が苦しくなるのは目に見えています

景気の自動安定化装置、ビルト=イン=スタビライザーとは何かと説明する場合、

景気の自動安定化装置、ビルト=イン=スタビライザーとは何かと説明する場合、累進課税や社会保障制度を導入することで、景気が自動で安定化すると答えた場合○になりますか?それとも、これだけでは説明不足ですか?

解答欄の大きさにもよりますが①景気安定させるための制度には何があるか。
②①の制度はどのように景気に作用して安定化をもたらすか。
③そもそも景気を安定させるのは何故か。
不安定ではいけないのか。
このくらい押さえておくといいと思います。

景気上昇が芳しくないようですが、今年の12月には消費税10パーセント確定も確...

景気上昇が芳しくないようですが、今年の12月には消費税10パーセント確定も確実になるでしょうか?政治家は消費税を上げたいみたいですが、、、、消費税5パーセントから8パーセントに上げるときも、景気が良くなってないのに、上げると敢行して、駆け込み需要などの経過から、結果として景気が良くなってるような雰囲気になってましたが、、、、、今回も、そういう風潮を見越して増税に踏み切るのでしょうか?

おそらく官僚は上げる方向に向かうと思いますが現実には難航するでしょ。
www.esri.cao.go.jp/jp/stat/shouhi/2014/201407shouhi.htmlこの図を見るとずっと下がってます。
つまりこれ以上やると生活貧困レベルになり危険信号が出でいます。
3%程度ぐらいしか収入が良くなっていなく逆に97%はダウンですから厳しいですね。
本来他国なら暴動が起こっていてもおかしくないレベルだと思います。

申しわけないが上の回答者さん正解率9%ってある意味ワーストギネス
じゃないの?(嘲笑)ここまで成績が悪い人は滅多にお目にかかれません。
軌道修正するのはあなたの方でしょ。>政治家より財務省だと思いますが>

4~6月期GDP下方修正、日本の景気はどうなる? 消費増税は?

4~6月期GDP下方修正、日本の景気はどうなる? 消費増税は?*増税は決まってるでしょう。
4~6月期が悪いほどに、増税の口実が出来ると言うものだ。
マスコミの報道も少しくらい勉強した人間が記事を書けよ!・・・と言いたくなる。
どこまで、クダラナイ事を報道で問いかけているのでしょうか?これだから、日本国民はどこまでも阿呆になるのではないでしょうか?<記事>内閣府は4~6月期の国内総生産(GDP)の改定値を発表しました。
前回から下方修正となり、景気がさらに落ち込んでいることがはっきりしてきました。
日本の景気はこれからどうなるのでしょうか。
(THE PAGE)・・・安倍政権では次の7~9月期におけるGDPの結果で消費税の10%増税を判断するとしています。
今回のマイナス幅が大きかったことから、7~9月期についてはその反動でプラス成長になることが期待されています。
また公共事業の発注も景気を下支えしそうです。
しかし、設備投資の低迷は当分続くことが予想されますから、プラス成長といっても劇的な回復にはならないと思った方がよいでしょう。
頼みの綱は個人消費ですが、春闘による賃上げで名目上の賃金は増加しているものの、物価上昇によって実質賃金はマイナスが続いています。
消費増税の反動による消費落ち込みが予想以上だったことから、こちらについてもあまり急回復は望めません。
7~9月期の数字が悪かった場合には、急場の対策として、補正予算で公共事業を追加する方法などが考えられます。
しかし、公共事業のやり過ぎで日本は人手不足になっており、思った程の効果はないかもしれません

景気が良いなどと情報操作している奴は 増税で巻き上げる目的の奴と だまされる馬鹿に二分されます。
このままでは滅びの道まっしぐらです。

>>4~6月期GDP下方修正、日本の景気はどうなる? 消費増税は?
日本の景気は浮き沈みが激しく、8%の消費税で少し下降しましたが、為替は円安兆候ですし、株価も15000円死守です。日本の経済の問題点として、米国のようなベンチャー企業が育たないことです。米国はシリコンバレーが強みでしょう。もっと起業精神がないと、日本経済は上昇しないのでは?と思いますね。慶応なんかベンチャーが活発みたいな記事を見たのですが、もっと大学からベンチャー企業が育つ土壌を作るべきだと思いますね。米国が今景気が良いのはIT(アップルやMS、更にはGoogleなど)が以前世界でもトップクラスと言うのが好景気の原因だと思いますね。>駆込み特需の1~3月期とほぼ相殺される落ち込みだって
知らないの! 今後は回復されるばかりだよ...>

これからの国内景気はどうなりますか?

これからの国内景気はどうなりますか?補足大型補正予算10兆円で景気浮揚が見込まれますか?一時的でなくある程度の期間の景気回復を期待できますか?

景気循環ja.wikipedia.org/wiki/%E6%99%AF%E6%B0%97%E5%BE%AA%E7%92%B0#...これによると2016年2月が谷で、今は景気拡大期入りしている可能性が高いって感じかな

もう日本人の頭では、どうにもならんでしょう。>景気は横ばいが精一杯だと思います。
大手や一部の好景気は、国民のほんの一部の恩恵でしかありません。
多くの人は節約志向で、安い物を好んでいますし・・・。
セコセコとポイントなど稼いでいること、円単位で安物を探します・・。
好景気なら、時間が惜しいので面倒なことはしません。高い物を好みます。>素人考えですが、景気は良くならないと思います。大手輸出関連企業は安倍政権以降に過去最高の利益を計上したニュースは珍しくありませんが、その企業で働いている社員の収入は微かな上昇だけで利益配分など行っていないのが現状です。大手企業は多額の利益を外国企業の買収や競争力を付ける為の内部留保にしているので
所得向上は見込めない安倍首相が経団連に所得を上げる様に言っているが企業側は他人事でこんな状態なのでまして中小企業社員は上がることが無い。企業経営者の殆どが会社存続が第一で社員の変わりはいくらでもあるとういアメリカ的考えになっているのでこれからも収入が増えずまして世界経済に連動しているので景気が良くなると思えません。国内消費で商売にならないから海外で商売して儲けないと会社が成り立たない様な状況が問題なのではないかと思う。>

景気回復を実感している:20%

景気回復を実感している:20%安倍政権の経済対策を支持するか:53%これはいったいどういうことなんですか?景気回復を実感している人が、全員経済対策を支持しているとしても支持はするけど、景気回復を実感しているわけではない人が、33%。
国民の3人に1人となりますが、彼らはどういうおもいなんですか?「よくわからないけど、経済対策をしているらしい」で支持???

支持しているのは公務員の方が多いのではないでしょうか。
給与の8%減額措置撤廃、議員歳費の全額復活、復興税の廃止等で自分たちの給与がアップしたので景気回復したと勘違いしているのでは。

仕方がないからでしょ。
他にないから。
他にあれば他を支持するということでしょ。>あらゆる企業が売り上げを伸ばし、上の方から徐々に景気が回復しているので期待感の現れではないでしょうか>

景気が上がってきたと、

景気が上がってきたと、実感されている方いますか。
地方企業に就職されている方、どうでしょうか。
私は一切感じていません。
将来が不安だ~(ToT)

ないです。
よく行く飲食店は売れないので値下げです。

首都圏在住ですが無いですよ。一部ボーナスが上がったなんて言われてますが、上げ幅よりも増税や便乗値上げによる負担増も大きいです。
また、贅沢もせず貯蓄にまわっているので市場経済は潤ってません。
国を揚げてインフレ政策してますし、店舗なども消費増税をチャンスとばかりに何の拘束力もないので、便乗してきましたが、正直その流れについていけない消費者。
つまり、再びデフレに戻るんだと思います。
デフレそのものが悪いんじゃなくて、デフレになるような政府の政策が悪いんです。>

景気が良いと嘘をつく悪逆非道の輩について

景気が良いと嘘をつく悪逆非道の輩について天下りする資金欲しさに財務官僚が消費税増税をしたがっていますが実質賃金が安倍政権でマイナスになったり貯蓄率が下がったり国民の貧困化が進んでいるにもかかわらず財務官僚の味方をして「(現在のようにスタグフレーションでも)デフレでもマシ」と言ったり「景気が良くなっている」と嘘をつく悪逆非道の輩が民間にもいる限り日本の沈没は確実だと思いませんか?にもダニ 悪逆非道の輩がいますよね???

もう日本経済の沈没を覚悟した方が良いのではないでしょうか?官僚達が調整インフレと増税を組み合わせで国民の財産を奪い取ろうとしているときにそれを手助けする人間が一般国民の中にいれば明るい結果など出るはずもありません。
「アベノミクスは間違っていなかったけれど、消費税増税は間違っている」と言っている人で2013年10月より前に安倍首相が消費税8%決めることを事前に予測していた人や軽減税率の展開を的確に当てていた人は見たことがありません。
これだけで見通しが完全に誤っていたのは明白でしょうね。
(参考までに2013年当時の私の予測は返信として追加しますが、2014年の衆議院解散を除いてほぼ予測通りになっています)アベノミクスを決めるのも消費税増税を決めるのも財務官僚や安倍政権が決めることでありの回答者ではなくあたかも自分が政治権力があるかのように自分勝手な理論を展開するなど有害でしかありません。
そして財務官僚や安倍政権は2つをセットにして国民の財産を奪い取るつもりでいることは明白です。
事実昨年11月に安倍首相が選任した日銀黒田総裁は「10月の追加金融緩和は消費税増税の後押しをするためにやった」と言っていますし、今までの経緯を考えても安倍首相自身が増税論者であるのは明白です。
2013年の参議院選挙 2014年の衆議院選挙どれをとっても国民の目を欺きながら確実に消費税10%への道筋を付けています。
民主党転嫁するやり方は何も見えていないか悪質な情報操作かのどちらかです。
detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1014623530...それに2000年に経団連が財務省と検討した内容を経団連が勝手に暴露してしまったことはあります。
(これは歳出構造を見直さないシナリオですが)・消費税率は段階的増税で 25.5%・基礎年金給付は賃金スライド実施。
報酬比例部分の給付水準は既定路線を維持(5%抑制)・基礎年金国庫負担割合は2分の1に引き上げ ・厚生年金保険料率は段階的に34.5%にまで引き上げ ・一人当たりの医療費は毎年前年比4%ずつ増額していく ・高齢者医療費は自己負担2割・医療保険負担は現行制度を前提とした負担増の1.4倍・その他所得税増税などで国民負担率を72%~80%超にまで引き上げる。
この大増税(普通に考えるなら皆財布の紐を固くする)シナリオでも名目経済成長率を3.5%と設定しています。
つまり、目的のためには手段を選ばず消費税増税によるデフレ要因を相殺して余りある金融緩和をして増税路線を維持すると言っているわけです。
・日本の国債の約95%が国内で消化で銀行預金なども大半が国債購入に充てられている ・日本の個人金融資産の85%は預金、保険、債券などであり調整インフレを起こせば価値が下がる。
ここで金融緩和と増税の組み合わせで国民の資産は大打撃を受けることになります。
ちなみに、歳出構造を見直し 特殊法人などを徹底的に整理した場合は国民負担率は47~48%で済ませられる試算も出しています。
現在が約4割ですのでほとんど増えないことになります。
にもかかわらず 構造改革 行政改革を一切せずに 全てを国民負担にすべく 自民党 財務省 日銀 経団連などが一体になって行動しているのです。
勿論、国民負担率を72%~80%の大増税シナリオは見ての通り高福祉など逆行した低福祉となっています。
元々消費税は目的税ではないのでこれを「全額社会保障に使う」「高福祉を目指す」なんて言っている人達も悪質な嘘つきと言わざるを得ません。
detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1214634266...

2013年の消費税と軽減税率について私の予測は以下の通りでほぼその通りになりました。

景気がいいように感じませんが実際のところどうなんでしょうか?

景気がいいように感じませんが実際のところどうなんでしょうか?

一部以外の地方は景気は良くなっていないと報道されています。
東京都の都市部は、自動車は足代わりじゃ無い世帯が一般的で、大企業の正規社員も多いですし、以前にだいたい戻っているという報道で、私も5月中ごろから、前と同じと思いました。

-景気

© 2021 給付金とかで結構ウハウハごめんなさい