景気

消費税10%したら景気は下がりますか?景気

今の日本の不景気はいつになったら解消されますか?

今の日本の不景気はいつになったら解消されますか?現在、アベノミクスとかやってますが実際、労働者が収入増えたなと感じたり今より経済的に余裕ができたなと思えるようになるのは何年先ですか?あまり経済に詳しくないですが、オリンピックとかは影響あるんですか?仮に経済復活してきても中国バブル崩壊とかも影響ありますよね?リーマンショックの時みたいに

政府の景気対策が迷走しているので、現状では不景気を解消できるとも言い切れません。
1991年以降の日本は失われた20年と言われ、それだけ経済低迷が続いた事になるので、政策次第では今後数十年も同じ状況になる可能性があります。
日本経済の問題点は借金不足なので、どのように経済全体で借金を増加させるかが重要です。
日本が経済成長していた頃は、以下のように全体で借金が増加していました。
1965年の政府負債:5兆6803億円、民間負債:63兆0478億円1996年の政府負債:468兆3899億円、民間負債:1638兆0468億円2012年の政府負債:1095兆6344億円、民間負債:1340兆4468億円1965年から1996年の国内合計負債増加率は年平均11.67%、経済成長率は年平均9.18%1996年から2012年の国内合計負債増加率は年平均0.47%、経済成長率は年平均-0.46%(出典:日本銀行資金循環統計、政府は地方自治体を含む)本格的な不況になるのは1997年ですが、そこから借金は増加しなくなり、経済は完全に停滞しています。
これは、貨幣が全て借金で成立するからです。
日銀が貨幣を発行しても国民に配るわけではないので、最初に流通する貨幣は誰かが借金して使う必要があります。
日銀が銀行に貨幣供給→国民が銀行から借りて経済に流通→負債者が労働を通じて経済から貨幣を回収し返済、というのが基本的な貨幣循環です。
この循環上、国民の金融資産は全て借金で、借金が増えると国民は富み、借金が返済されると貧しくなります。
また、国民は循環している貨幣の一部を常に貯蓄します。
貯蓄が発生すると貨幣循環(国民所得)は減少するので、金融機関は国民の貯蓄も貸して循環させるのですが、貯蓄以上の借金がないと国民所得は減少する一方です。
このため、経済成長する国は必ず全体で借金が増加し、借金が少ない国は不況になります。
参考に、米国における近年の負債推移も抜粋します。
2003年の民間負債:40兆0058億ドル、政府負債:8兆5872億ドル2007年の民間負債:57兆4555億ドル、政府負債:11兆6360億ドル2012年の民間負債:57兆6763億ドル、政府負債:20兆4529億ドル2003年から2007年の合計負債増加率は年平均9.19%、経済成長率は年平均5.90%2007年から2012年の合計負債増加率は年平均2.48%、経済成長率は年平均2.32%(出典:FRB Financial Accounts)米国のバブルが崩壊する2007年から状況が一変しています。
民間負債の増加で高成長していた米国ですが、バブル崩壊で民間負債が減少に転じ、政府負債を激増させました。
自己利益を追求する民間では、不景気で予想利益が低下すると借金を削減します。
借金は利益を拡大するために行うので当然ですが、そのような国民の合理的行動が経済に悪影響を与える事を経済学で合成の誤謬と言います。
この結果、経済は借金減少と所得減少の縮小循環に陥るのですが、公共組織には利益の必要がなく、国民のために借金する事が可能です。
利益を無視して借金する政府は民間から見ると非合理的なので批判が集中しますが、政府を民間と同じ理屈で考える事は出来ません。
EUのように共通通貨を採用し、各国が独自に貨幣供給できない構造では破綻する国もありますが、これは共通通貨の弊害です。
ノーベル経済学賞受賞者のクルーグマンも、独自通貨国に債務危機は存在しないと断言していて、完全雇用を実現するほどの財政拡張が必要と提言しています。
p.tl/JtG2政府の財政拡張を継続すれば民間の借金も増加し始め本格的な経済成長が実現しますが、好況になると民間は借金と投機を繰り返してバブル化するため、政府は増税・歳出削減で景気を抑制する必要があります。
バブルとは、投機が発生する事で資産価格(土地等)が急上昇し、その資産を購入するために借金も爆発的に増加する状況ですが、資産価格が暴落すると誰も借金をしなくなり、逆にバブル時代の借金を返済し始めるので大不況(バブル崩壊)になります。
日本はバブル崩壊の1991年から景気対策として政府負債を増加させましたが、国民からの批判は強く、1997年の消費税増税、2000年代の公共事業縮小など、定期的に財政再建を行いました。
特に地方を含めた公共投資は1996年の44兆5815億円をピークに、2011年には20兆6937億円まで削減され、建設業就業者数が212万人も減少しています。
不景気の最中に失業者を増加させても、長期的には国民所得減少と税収減少の縮小循環に陥るだけで、実際に失われた20年に陥っています。
東京五輪の開催は「借金で公共投資をする大義名分」となるので、これが起爆剤になる可能性もありますが、国民が借金不足の日本を借金大国と考えている限り難しいかもしれません、安倍政権では公共事業を大規模に行いましたが、財政再建を主張する勢力の影響から1997年と同様に消費税増税を決定したため、景気回復の実現が危ぶまれています。
本来、大規模な景気対策だけを継続すれば、数年の間に景気回復ができるはずです。

五輪が原因で好景気になるのは、発展途上国だけです。
リーマンショック級のショックは、アメリカの景気後退のたんびに今後起きます。
今みたいなアメリカの政治では、それもわかってないようですが
2大企業せいにしたから3位の企業が無理をしてつぶれる
前までは、3無理するのは、4だったが
失業率も実質1割をおばまがごまかしているだけ。
今アメリカ復権に必要とされるのは、共和党でもなく民主党でもない勢力の大統領です。
そして党お抱えの企業をきちんとさせることです。>

世界恐慌について。

世界恐慌について。
なぜ急激に、世界的に、景気が悪くなったのか教えてください。
↓わたしが習ったのは、・世界恐慌は、第一次世界大戦が行われて経済的に苦しいヨーロッパにアメリカが資本を提供したことから始まった。
・アメリカのみんなが異常に投資しだしたことで景気が良くなった。
・実際にものを売買するのではなく株で儲かっていた。
ということです。
でも、なぜ突然に株価が暴落したのかわかりません。
そもそも株の仕組みをよく理解していないのですが…。
わかる方がいたら、ぜひ教えてください!できれば学生レベルの説明でお願いします(> <)(> <)

景気はいつ良くなるか」に書いています。
それを読めば大体のことは解ると思いますが、それを読んで質問をください、分かる範囲でお答えします。

あなたが銀行家だとします
1)好景気では 儲かってる勝ち組民間社長が
「事業拡張したいから融資してくれ」と申し込んできますが
2)不景気では 勝ち組社長ですら苦戦して工場拡張どころではなく
「あなたの 営利銀行を 税金で運営されてる公的救済機関
かなんかと 勘違いした ゾンビ社長」たちが縋ってきます
3)あなたとしては、ゾンビ企業からは貸し剥がし
日本国債に避難したほうが焦げ付きませんね
4)しかし、不景気だと 政府の経済顧問の
経済学者たちは「金融緩和しろ 財政拡大しろ」
というから
5)中央銀行が刷ったカネで
あなたの銀行から日本国債を買い剥がし
あなたは「預金に金利を払わねばならないが
貸す所がない」状態に陥ります
6)そこで政府が新発国債をあなたの銀行に売り
水力発電ダム作ったりすると
セメント会社の社長や 重電会社の社長が
借りに来て 預貸率が改善するわけです
--------------
しかし5)の預貸率低下の状態は
銀行家のあなたにとっていやなので
あなた=銀行家は
「中央銀行は 政府&経済学者から独立するべきだ」
「中央銀行は物価安定させるべき=デフレにしろ
=中央銀行は紙幣を刷るな!
民間銀行から国債を買い剥がすな!」
と言い出します
また、不景気で政府の税収も下がって、財政赤字です
あなた(銀行家)は 政府が踏み倒すのが
心配になってきます
「私に対する元利払い以外は、政府は全ての支出を
削ってください、水力発電ダム建設ですって?
冗談じゃありません! 歳出カットと増税による
財政再建を最優先させてください」
これが、民間銀行が
「中央銀行の政府からの独立を」
「中央銀行は雇用・景気ではなく物価安定を優先せよ」
「財政ファイナンスは禁じ手」
●「不景気で狂気の金融緊縮 歳出カット増税
したがる」 メカニズムで
好景気にしたい経済学者と
国債に逃げ込んで 国に増税緊縮財政させたい銀行が
数百年 対立してきた 構図です
---------
さて、当時は 金本位制でした
1ドル紙幣は、1ドル金貨の「引き換え券」だったのです
しかし、当時、米国もドイツも
工業生産能力は物凄く伸びていたのに
人類の黄金保有量は増えなかったので
工業生産能力の増加に合わせて
紙幣を金準備の数倍も刷るという「ペテン」で
黄金不足を補っていました
当時FRBは真正手形学派が支配しており
「紙に100ドルと書いたからって
100ドルになるわけじゃない」
「ドルの信認を守れ」
などと、日本のデフレ派のような事を言い出し
プロクルステスの寝台のように
無理やり、金準備額と同レベルまで貨幣供給を
1/3強まで絞ってしまい
農地稼働率も 工場稼働率も 1/3に向かって
落下し始め 失業が激増し
また焦げ付き発生で、預金者の信用を失い
取付け騒ぎの渦中にあった、米国の銀行に
救済融資をするのを拒否したために
それが、大恐慌の致命傷になった
という説が現在有力なようです
数十年前には
「ブロック経済・通貨切り下げ競争が
恐慌悪化の原因」という説が有力だったですが
今はフリードマンの
「真正手形学派による金融緊縮」と
「焦げ付き発生で沈みかける民間銀行に
連邦準備銀行が刷って金を注入しなかったこと」
が大恐慌の致命傷という説が有力です
ただ、じゃあどうすれば景気回復できたか?
という事に関しては
政府が借りた金で、公共事業で軍事ケインズをやった
高橋財政など 政府による需要創出が有効だった
という説が有力ですね
現在の日本も 金融緩和しても
そこから先の 総需要拡大政策が弱いから
景気回復になってません>日本でも起こったバブル景気の破たん・・日本銀行&政府の金融政策のミスリードで、マネーが市中にあふれ実体のないのに投機熱が盛んになり、不動産から株式まで急騰するありさま(投資、短期投機ブーム)。銀行など担保無しでもマネーを貸し付けるありさまで、その過熱ぶりは異常であった・・だが所詮、実体のないものには限度があり、しかも、貸付金利(公定歩合と連動)のアップが続き、一転投機熱で浮かれてたものが急速に冷えていき、バブル崩壊に至った・・この現象が、かってアメリカでも起こり、空前の株式ブームを呼び、挙句の果て、市中金利(貸付)の連続上げに(加熱投機に水を差す狙い、ブレーキの役目)、ブームは天井を打って瓦解(それまでの買い手市場から売り一色)。今度はその反動で、深刻な不景気の到来となったのである。企業自身は、資本調達に、株式を公開し、その大勢の株主のマネー提供を原資とし、事業を展開するものだが、肝心の株式価値が凋落したのでは、資金調達がままならぬことになり倒産が続出するという、悪循環に陥ったのである、>ボ、ボクは小学生でしゅが・・・
利子率や資本の限界効率が一定の水準以下になると人々は資本や債券よりも、より流動性の高く持ち越し費用がかからない資産、つまりは現金の貨幣を選択するようになる流動性のワナが発生したから、換金売りでてっとり早く株式がまず最初に暴落してしまいました。長期10年一本調子に株式だけが上がりすぎて実際の景気循環からはすでに逸脱していたのです。通常の景気循環に収まらずアメリカが大恐慌に陥った原因は、預金の引き出しで不足する流動性担保の通貨の供給量が当時の連邦準備制度により絶対的に銀行に不足させてしまったこと、また1920年代に生産集中方式で独占体制を構築させた企業が不況下に自社製品の価格が下がらないよう、大規模な生産削減を行い失業者が増幅される現象を生み出してしまいました。同時にアメリカ国内で農業恐慌が発生したのも程度をひどくさせました。>その投資、です
では投資に必要なお金はどうしたかというと借金していたわけです
例えば住宅価格が上がる局面では、多少無理してでも借金して家を建てれば値上がり益で儲かるわけです
では、その住宅が暴落し、また収入が激減したらどうでしょう
収入が減っても、住宅ローンはまってはくれない
つまり少ない収入から無理に住宅ローンを支払う以上、可処分所得は収入以上に減少する
つまり消費を無理にでも減らさなければならないので、物が売れないわけです>わるくなるならといれ>

日本の経済は何故

日本の経済は何故安倍総理になって好景気になったんですか?

景気の「気」は気分の「気」。
景気と言うのは、期待があれば、実体がなくてもよくなるのです。

中学歴史について。

中学歴史について。
近現代の範囲で、特需景気と高度経済成長の違いがよくわかりません特需景気とは、景気が上向いただけで、経済は発展していないということでしょうか?教えて下さい

特需景気・・・1950年から1953年まで高度経済成長・・・1955年から1973年まで高度経済成長とは実質経済成長率が10%前後という、好景気の時期をさす言葉です。
特需景気の特需とは、朝鮮戦争がもたらした特別な需要という意味で、戦後の経済不況に苦しんでいた日本経済は、これによって一気に活気を取り戻しました。
特需景気と高度経済成長により、1950年代には、繊維・鉄鋼・機械の各工業は戦前の水準にまで回復し、そしてこれを超えていきました。

朝鮮特需景気は、1950-53年の間に朝鮮戦争物資に関係する企業が潤い、戦後のマイナスがプラスに転じたきっかけになります。
高度経済成長は、1955年以降に、1950年代後半の神武景気・1960年代前半の岩戸景気・1960年代後半のいざなぎ景気で経済が一気に発展した時期です。
それぞれの間に不景気はありましたが、次の好景気が帳消しにして、さらに発展できた時期です。
オイルショックは、いざなぎ景気すら吹っ飛ばし、高度経済成長を止めてしまいました。
神武景気を成長1ラウンドとすれば、朝鮮特需景気はそのきっかけになる0ラウンドにあたります。>基本的には質問者さんの考えでいいと思います。
他の方の回答にもあったように、
太平洋戦争が終わり、負けた日本は食べることさえままならず、アメリカの支援に頼る時期が続きました。
朝鮮戦争に参戦したアメリカから多くの注文が集中し、生産が上向き不況から脱出できたのです。これが特需景気です。ですので、そう長い期間ではありません。
その後、日本が経済大国といわれるようになるまでの道のりを高度経済成長と考えるとわかりやすいと思います。>〇特需景気とは
朝鮮戦争の勃発により米軍が使用する砲弾や爆弾等の兵器からトラックや食糧品、医薬品等を大量に日本企業に発注した事から日本が戦後の不況から脱却した。
〇高度経済成長
沿岸地域を埋立てて石油コンビナートや製鐵所を建設して日本の重工業を発展させた。>景気が上向きゃ経済も発展するに決まってるだろ>

不景気の話

不景気の話私は生まれてからバブル崩壊、ゆとり世代、失われた20年と社会によってかってにコンプレックスを押し付けられている世代の人間です。
私はこの20年の政権に対して恨みを持っています。
どうして20年も全く前進せずに今日にいたっているのでしょうか。
経済成長というのはGDPが増えることですか?だとしたらなぜデフレなのに消費税増税して消費を押さえようとするのか、公共事業削減するのか、公務員削減するのか、外国人労働者とかいれて私たちの賃金を下げるのか、教えてください!国債が何兆あるかしらないけど国民を豊かにしないで国のこと考えるのはやめてもらいたい!政治経済は疎いので的外れなこといってたらすみません。
みなさんの景気改善策を教えてください!

それはやはり甘い汁を吸い続けたい官僚や一部の政治家のせいですね。
麻生財務大臣は野党時代にこんなことを言っていました「経済成長はGDPが増えること、GDPが増えるには、1個人消費が増えること、2企業が設備投資を増やすこと、3政府が財政出動すること、今はデフレで1と2が伸びないから3で引っ張ってGDPをあげるしかない」私はこの当時の麻生さんの意見に賛成ですというかそれしかないんですよ。
つまりこの時点で、1が縮小する消費増税、3を削る民主時代パフォーマンスでやっていた事業仕分けなど、真逆の政策ばかりわっているわけですよ。
麻生さんもあんな良いこといって政権戻ってから政府支出削減とかプライマリーバランス黒字化とかとにかく3を減らしとるやんってことばかり。
ではなぜそうなるのか?日本がいつまでも成長せずに強い政治を生まないようにしているのが財務省です。
あそこは旧日本軍の大本営と全くかわらないですね。
財務省をつぶさなければ日本の景気はよくなりません。
そして、国債暴落だーハイパーインフレだー、デフォルトだー、公務員無くなれー、農協はつぶれろーとかまさに財務省にとって都合の良い国民がこの20年間そだっているわけです。
私もそうでした。
景気をよくするにはとりあえず消費税減税、公共事業を増やすこと、地方の法人税免税して、地方に人口を分散させることが私の景気対策です!

人は後ろを見ると誰かにぶつかる。
下を見ると暗いアスファルトしか見えません。
景気とは他人事でも何でもありません。
自分を含めた上を向く人の数です。
若い方ほど、政治に上を向け!下を向け!と指図されて動く人にはなって欲しくありません。不景気だなと思うなら自分から前を向ける人に上を向ける人になって欲しい限りです。やり方は簡単ですよ。今と逆を考えれば良いのです。政治も人も簡単に見えるマイナス面を取り上げるのではなく、ちょっと努力してプラス面を見れる力を手に入れれば良いのです。
それだけで青空は見えます。>

消費税10%したら景気は下がりますか?

消費税10%したら景気は下がりますか?

景気が悪くなるのは 当たり前です。
増税は消費税だけではありません。
消費増税5%→8% 所得税増税 住民税増税 相続税増税 固定資産税増税 贈与税増税 退職金の住民税控除廃止 年金支給0.7%減額 国民年金料引き上げ厚生年金保険料引き上げ高齢者医療費負担増 診療報酬引き上げ(医療費値上げ) 国民保険料高齢者引き上げ40-64歳介護保険料引き上げ児童扶養手当減額 石油石炭税増税 電力料金大幅値上げ高速料金大幅値上げ ETC割引縮小 自動車重量税増税 軽自動車税は1.5倍に値上げ タバコ5%増税 NHKの受信料UP 公務員給与減額停止 消費税8%→10% 配偶者控除見直し法人税減税 財源に配当や売却にかかる税率の引き上げ年金支給開始年齢の引上げ企業側の非正規雇用規制緩和(実質賃金の低下) 移民1000万人受入れ(安部首相による強い検討指示) これで節約せずに志願して貧乏になりたい人いると思いますか?消費税8%ですら 5月の消費は大幅に冷え込んでいるのですよ。

-景気

© 2021 給付金とかで結構ウハウハごめんなさい