景気

“いざなぎ景気”と言われていますが、古事記のイザナキノミコト、を...景気

景気が良くなるとは思わないのに経済政策が支持されるのはどうしてでしょうか

景気が良くなるとは思わないのに経済政策が支持されるのはどうしてでしょうか世論調査で、・景気が良くなると思うか→思わない・経済政策を支持するか→支持するこんな結果がずっと続いているようです。
ちっとも景気が良くなると思っていないのに、政策だけ支持されるのはどうしてでしょうか。
景気が良くならないのが実感にあって、良くなろうがなるまいが、お偉い人の言うことは絶対だからでしょうか。
補足ご回答ありがとうございました。
本当に謎ですね。

ありえない景気回復を盲信している人が支持しているんでしょ?戦後のGHQのアンケート調査では 東京大空襲で10万近い人間が焼死したにもかかわらず1945年4月時点で日本の勝利を確信している東京都民は4割もいたそうです。
今も 当時のように国民が愚民化しているだけ。

景気が良くならないのは、実感で、経済政策は期待感があるのではないでしょうか?
経済政策は多分一般の人にはわからないので、阿部さんの景気の良い話に、期待しているのだと思います。
阿部さんは期待感だけで政権を取ったのだと思います。
現実に期待はずれだということになってきましたので、政権維持は難しくなっていると思います。>「好景気=住み良い暮らし」ではありません。経済の安定も重要ですが、前政権のように意味不明な中国・韓国優遇策を取らないのは支持されるでしょう。
また人気取りのような女性登用推進も、現状を変えていこうという姿勢は評価できます。>

景気が悪いのに景気が良いと言って消費税増税を目論む奴は馬鹿だよな?

景気が悪いのに景気が良いと言って消費税増税を目論む奴は馬鹿だよな?転載しておくよはっきりいってアベノミクスは完全に失敗しています。
金融緩和政策で市場に大量の資金を供給しましたが、その結果はというと一部の業界、特に富裕層だけが潤っただけだったのです。
その為に日本円はどんどん安くなり、国際的に見た日本人の労働対価はどんどん下がっていったのです。
ニュースでもやっておりましたが、英国でも日本のアベノミクスは失敗のようだと報じられているそうです。
いまだにアベノミクスを信じているのは暢気な日本人だけかもしれません。
2四半期連続のマイナス成長には世界が衝撃を受けています。
内容的にも内需の柱である個人消費が足踏みしたままなのが大きい状況です。
アベノミクスの完全な見込み違いです。
スーパーや百貨店もいまだに前年割れが続いています。
もはや言い訳無用の状況です。
アベノミクスの失敗の最大の要因は低所得者層の収入を増やしていない点です。
そしてその層の拡大に歯止めを掛けようとしていない点です。
元々富裕層は買いたいものはいつでも買える人達です。
ここにアベノミクスでお金を流しても、消費のペースは変わりません。
増えた分は貯蓄に回るだけです。
もし、本気で内需拡大を考えるのなら低所得者層にお金が流れるような政策が必要なのです。
いまや1/3といわれる無貯蓄世帯・・・この層は欲しいものがたくさんあるのに買えない人達です。
自民党の格差拡大政策でこの層が本当に増えています。
ここにお金が回る政策を打てばすぐに内需は拡大します。
世界的に見ても打つ手はいくらでもあったのです。
例えば政策としては世界でも多くの国が採用している勤労所得税額控除の導入などです。
勤労意欲も高まるこの制度を何故導入しないのか?不思議でなりません!

実需層がなければ経済の活性化はありえません。
その意味では自民党の中間層を根こそぎかっさらう政策は確実に経済を衰退の方向に追いやります。
富の偏りを示すジニ係数が高い国は既に経済は回らなくなりつつあり日本もその仲間入りをしようとしています。
自民党の金融緩和と財政出動は数年前にアメリカや中国でやっています。
結果公共事業が人手不足と資材不足を招きコストが向上します。
しわ寄せは零細企業にかかります。
一方増税や雇用形態が変わり非正規雇用が増えるなどしたため格差社会では中流階層が没落します。
経済力がある階層が激減するためマンションやビルができても「実需」があるわけではないのです。
今までの中流階層が不動産購入をするときには将来の安定した収入を見越してローンを組みますが、今後は将来不安で組める家庭は限られるため 不動産売買は富裕層の現金払いが増えてくると思います。
「良いビルができたし 日銀がマネーサプライを続けているのでたぶん景気が良くなるだろう(思い違いですが)。
実需がなくても今のうちに確保してしまえ」と言う考え方です。
中国のケースでは人口の1%が富の60%を握っていると言われており、金融緩和と財政出動を政府が繰り返した結果、需要を無視した買い付けや過剰設備や過剰生産となり、コーストタウンが出現し使われない道路や港湾が激増。
過剰生産からくる在庫の増加は倉庫に入りきれず野晒しにされているケースもあるそうです。
日本も同じことになる可能性がありえます。
日本の場合中国より条件が悪いのは、低金利政策を長期にわたって続けたため本来淘汰されるべき大企業が淘汰されず彼らが我田引水の法制度を要求していることです。
低金利は利益率の低い事業でも企業はやっていけることを意味します。
つまり経営は無能なくせに政界に介入して庶民の生活を顧みない人たちが生き残っているのです。
官僚にしてみれば天下り利権を守り国債の利払いを抑え増税したいために彼らと癒着しているわけです。
結果官僚の世界では天下り利権が維持され国家財政を逼迫させ、経済界では柔軟な経営戦略が取れず本業の利益率が低いのに法律の力による弱肉強食の社会を自分の有能さと勘違いする大企業の経営者がはびこります。
しわ寄せは全て中小企業の経営者や庶民がかぶることになります。
結果中流階層は没落し 実需は減退しそれが企業を結果的に過剰投資、過剰設備、過剰生産に追い込んでいく。
こうなった場合どんな結末を迎えるか想像はできますよね?このような政策をすべて否定して 増税と天下り利権を撤廃して国民負担を軽くする政策をするならまた日本に救いはありますが、現実は逆の方向に突き進んでいますので自分を守る手段を考えないと自分で自分を追い込むだけになります。

好景気を批判する人は、なぜ好景気になるのを批判するのでしょうか?確かに、物価が...

好景気を批判する人は、なぜ好景気になるのを批判するのでしょうか?確かに、物価が上昇するのは問題だと思います。
しかし、私の周りにいる人でバブル期を否定的に捉える人は皆無です。
全員が、「バブルの頃は良かった」と言っています。
好景気になるのは良くないことだと思いますか?不況が長く続いている日本を好景気にすることは、政策さえ誤らなければ可能だと思うのです。
もっとも、アベノミクスが迷走している昨今では絶対に好景気にはならないですが。

あくまで個人的な推測です。
バブルの頃の日本は1億総中流といわれるほど貧富のない国でした。
しかし今は景気がよくなってもまったく恩恵を受けない人たちがいて、景気がよくなるほど格差は広がります。
景気がよくなることは一見良いことですが、格差社会においては単純には喜べません。
またバブルのころより経済のグローバル化が進んでおり、たとえ政策が正しくても海外の経済状況が悪化すれば景気は腰折れします。

景気の回復は実感できますか?

景気の回復は実感できますか?本当に景気良くなってるんですか?

景気回復なんて全然感じないし、良くなんかなっていません。景気悪いよの声なら何度も聞くが。

景気の質問です。

景気の質問です。
韓国が景気が良い時間を時期っていつですか?補足お?!変だ!!韓国は景気が、いい時期って、ありましたか?だね!

文章が変だぞwwwww

景気を悪化させた安倍政権を持ち上げる理由はありますか?

景気を悪化させた安倍政権を持ち上げる理由はありますか?

ずっと気になっていたのですが、こういう阿呆みたいな質問をすると野党様から何円くらいのお給料が貰えるんですか?

ずっと気になっていたのですが、こういう阿呆みたいな質問をすると野党様から何円くらいのお給料が貰えるんですか?>

近年はいざなぎ景気を超えてるらしいです。
景気がいいという実感が無いって人が多...

近年はいざなぎ景気を超えてるらしいです。
景気がいいという実感が無いって人が多いと思うのですが、当時は無いものを買わなければ、かなりの物を買えるって感じでしょうか?

好景気の実感がないのは、景気回復の効果が主に雇用の拡大という形で現れているためと思われます。
これは不況下で休眠状態にあった労働力が、景気回復を受けて働き始めたことに起因します。
2012年の政権交代から現在までで、雇用者数は229万人増加しました。
雇用者数は2017年10月時点で過去57か月間連続で増加しています。
増加が始まった時期と第2次安倍政権発足の時期はほぼ一致します。
労働力は無尽蔵ではありませんから、景気拡大が継続すればいずれ労働力の枯渇が起こります。
すると労働生産性の低い企業の人手不足による倒産が増加します。
その後、労働生産性の高い企業へ労働力が移動することによる、本格的な賃金の上昇が始まります。

「いざなぎ景気」とは東京オリンピックが終わった翌年から始まりました。
日本の高度経済成長の真っただ中でした。
経済成長率は11%以上、実質賃金は年率8%以上の伸びでした。
現在(2012年から始まった)の過去2番目の景気拡大では、経済成長率は1%、実質賃金の伸びはほぼゼロです。
同じ景気の拡大でも、中身が全く違うのです。
実質賃金の伸びがプラス2%くらいにならないと、庶民の景気の実感は出てこないでしょうね。
www.yukimatu-value.com/entry/2017/09/27/070000>

“いざなぎ景気”と言われていますが、古事記のイザナキノミコト、を意味してると思...

“いざなぎ景気”と言われていますが、古事記のイザナキノミコト、を意味してると思うんですが景気上昇局面に、いざなき景気 いざなみ景気、神武景気だとか、日本神話にでてくる登場人物を、名付けるになにか、神様的な意味がるんでしょうか?

有史以来の好景気を例えるときに、初代の神武天皇の名前を早々に使ってしまったので、神武景気よりも良い景気には、日本の史書である古事記を遡って命名しています。
つぎの好景気は「アヤカシコネ」かな。

-景気

© 2020 給付金とかで結構ウハウハごめんなさい