景気

景気が良くなるというのは幻想? 皆さんは実感ありますか?景気

景気後退と不況って一緒ですよね?

景気後退と不況って一緒ですよね?

景気後退が続くと不況になりますが、一時的な景気後退では不景気だとは言いますが、不況とは言いません。
不況と言うと不景気の悪化や長期化のイメージがあります。

違います
景気後退とは、今景気が絶好調で波の頂点にいますが、それが下り始めることを言います
不況とは、波の後退が急激に落ちてきて底近くまで行ってしまったことをいうので

景気の波は、山の頂点と谷の底を交互に繰り返すのです
時代とその時々の経済的背景により、山の高さと谷の深さが違ってくるのです
ブラックマンデーとかリーマンショックなどは、底の代表です
バブル景気などは、山の頂点の代表です
もう一度来ることを心から願っているのです
今現在は、山の頂点に向かっている途中なのです
安倍晋三政権が、必ずや山の頂点に導いてくれるでしょう
これが民進党政権だったら谷の底に突き落とされることは、火を見るより明らかなことであり、絶対に避けなければならない事実です>「景気後退(recession)」とは友人が失業する事で、
「不況(depression)」とは自分が失業する事だ、と言ったアメリカの偉い人がいます。>

景気回復と人口減少が比例しているのはなぜでしょうか?

景気回復と人口減少が比例しているのはなぜでしょうか?ここ数年は年に数十万づつ人口は減りだしたのに比例して景気も回復してきましたけど。

よく人口が多ければ需要が高まるように言われますが、人口が多くても中間層以下が多数を占めれば、人口が多さが障害となり景気が伸び悩み国力は衰退します。
モナコやシンガポール、ドバイなど人口が少なくても裕福な国は世界に多くあります。
人口と景気は関係ありません。
資源が豊富であったり、金融の中心地であったり、国によって景気が良い理由は異なります。
ちなみに日本は株価が上昇し景気が過去最長期間良くなったように言われてますが、株価が上がっているのは、アメリカが好景気で車の販売が伸びているのと、円安で企業収益が増えたからです。
反対に国内需要が減っているので、好景気の実感がないのはそのためです。
企業は海外需要が伸びても賃金に反映させません。
なぜなら業績が良くても円高に傾けば一気に収益が悪化するからです。
反対に国内需要は業績が伸びれば収益もそれに応じて伸びる安定的なものです。
そのため大企業は国内需要が伸びなければ賃金に反映させません。
株価が上昇しているのに大企業が賃金にあまり反映させないのはそのためです。
政治は少子化と騒いでいますが、ただ人口無作為に増やしても国力が衰えるだけです。
戦後の人口計画の失敗が人口バランスを崩し現在にそのツケがまわってきています。
子供が少数でも精鋭であれば国力は豊かになります。
そのためには国が責任を持って、子供それぞれの能力を最大限に引きだす教育を行うべきですが、日本の政治家は目先のことしか考えておらず、現在の詰め込み教育に疑問すら持っていないので、このまましばらくは人口減少と共に国力は衰退していくと思います。
輸出に依存している日本は為替で株価も企業業績も左右される経済構造で、国内需要が高まる要素が殆どありません。
せいぜい観光ぐらいだと思います。
そのため景気が良くなった実感もなく賃金に反映されないまま株価だけが上昇する・・この状態がじばらく続くかもしれません。

人口の増減と景気に因果関係がないという証拠です。>

景気を良くするために自分達ができることはなんですか?教えてください。

景気を良くするために自分達ができることはなんですか?教えてください。

とりあえず景気を良くしたいなら国民の購買意欲が必要不可欠なんです。
後は就職意欲とかね。
自分達なんていう小さいグループじゃ景気は良くならん。
国民次第さ。

景気が良い、悪いという言い方ありますよね。

景気が良い、悪いという言い方ありますよね。
それって人によって感覚が違うんでしょうが、どういうところから思いますか?今って、大企業勤務や投資家なんかからしたら景気が良い、中小・零細企業勤務の人たちからしたら、そんなの全然思わない、むしろ悪い、みたいな感じですか? 社会人の人たちからしたら、いくら世間が景気よいと言っても、それが自分の給与にはね返ってきて、そう思う感じですか?

そんな感じです。
ちなみに「景気」に相当する語彙は欧米にはありません。

景気回復してるのに実感が薄いのは何でしょうか?

景気回復してるのに実感が薄いのは何でしょうか?

そもそも景気が回復して居ると言うのは『国内総生産(GDP)が常に増え続けて居る事』を言う訳で、更に言えば『供給に対して需要が増え、且つ、国民の総所得が増え続ける事』を言います。
ところが現在は、言ってしまえば『デフレ型経済成長』とも言え、分子の名目GDP以上に分母の物価上昇率(GDPデフレータ)が下落して居るが故に景気が回復して居る様に見えて居るだけにしか過ぎません。
そして、その殆どが、海外からの訪問者による外需便りになって居ます(福祉と介護分野は除いて)。
『失業率が低水準』にしても、労働人口の年齢比率が変わり、今まで前線で働いて居た人達が退職した故に企業が人手不足に陥り(職種を選ばなければ)、雇用の受け皿が有るに過ぎません(そういう意味では日本は極めて希有な事例とも言えます)。
とは言え、幾ら雇用の受け皿が有ると言っても、その実態は、正規雇用から非正規雇用にシフトして居ます(実際に非正規雇用の割合は年々増えて居ます)。
これでは、国民の総所得が増えないのも道理で有り、国民が景気回復を実感出来ないのも至極当然とも言えますね・・・。
『国民総所得が減ってるにも関わらず搾取される税が増えて、景気が回る国など未だかつて見た事が無い』と、言うのが現実です。

平均1%のGDP成長が長く続いて景気回復と報道されてます。去年より1パーセント良くなっても小さ過ぎて実感は湧きませんよね。>それは出来上がった所を歩いているからです。
整備された道路、交通網完璧に近い社会整備コンビニ
等々の買い物の自由さ。
景気が回復したと言われても実感が湧かない。
一部の業種のみの景気回復だからです。
バブル期の景気は自動車、電機産業が先頭で未舗装の
道路工事ビルの建設ラッシュ新幹線の拡張工事等々
国民全員が景気回復基調は肌で感じられた。>回復してないから>自分の財布が寂しいから・・・・
◎政府の扇動とか・・・◎・・・>数値の一部は例えば就職率ですかが、少子化だからです。長期的には大問題です。箱物補助金主体自民党では少子化の邪魔です。>

景気サイクルでみて世界の相場終了だと思ってるのですが、違いますか。

景気サイクルでみて世界の相場終了だと思ってるのですが、違いますか。
値を保ってるのがわからないのです。

景気サイクルは長期指標だからすぐには反応しない。
経済指標はいい国もあるし悪い国もある。
ついさっきイギリスの雇用経済指標が発表されたけど、週賃金は前年比で予想値よりよかった。
そのせいか転職市場も活発になってる、世界の金融国家イギリスは景気いいよ。

「景気対策」って何なんですか?

「景気対策」って何なんですか?選挙の演説で「景気対策をやります!」とか、インタビューで「景気対策をやって欲しいです」と言っている人の映像を目にすることが多々ありますが、景気対策ってそもそも何なんでしょうか?また、ほんとうに景気は悪いのでしょうか?補足>↑質問者とこいつは同一人物です。
????

乱暴に言えば失業者が「路頭に迷う」状態が景気が悪いとき。
失業者が「もっといい仕事を探してる」とか言える状態が景気がいいときです。
あなたの周りの失業者(仕事にあぶれたパートのおばちゃんでもいいです)はいかがですか?なお、景気が悪くなると治安その他に大きな影響が出ますし、社会保障費に多大な支出が必要となります。
このことからも景気がいいほうがいいことがわかりますね。

↑質問者とこいつは同一人物です。>

好景気・不景気における職員増員について

好景気・不景気における職員増員について「景気の良し悪しで給料が上がったり下がったりする」という話をよく聞きますが、景気が良い→予算がでる→職員増員という可能性は普通だったらどの程度だと思いますか?また、景気が良くても予算が付かず次年度の職員募集が全くなく、就業している職員のみ給料が上がるだけで新規採用につながらないということもありえますか?景気が悪い場合の話もお願いします。
補足求人が毎年定期的にある場合、好景気だからという理由でその年に求人を出さないという可能性はどの程度でしょうか?また、大きい企業の場合、儲かっているのにその年の求人は出さないとなると印象があまり良くないように思いますが、景気に合わせて毎年募集をかける可能性の方が高いと思いますか?それとも低いと思いますか?

景気が良いというだけで、正社員を増員するところはあまりないと思います。
まず、現有の社員で残業する(その意味では賃金アップ)、それで回らなければ派遣社員やパートタイマー等の増員になります。
一時的ではなく、恒常的に仕事が増加したと考えられる場合のみ、正社員の採用を検討することになるでしょう。
景気が悪くなった時はその逆です。
まず、残業を減らします。
それで足りなければ一時帰休(従業員を休ませる)、その次に非正規社員の雇止め、最後に正社員の整理解雇の順になるのが普通です。

大手企業の場合、新卒については、多少景気が悪くても採用をゼロにすることはめったにないくらいですから、好景気ゆえに採用を見送るなどということはありえません。むしろ増やす可能性の方が高いです。
ただし、仕事量が去年の3割増だからといって、人員を3割増やすことはありません。
また、増えた仕事をさばくために、遠くに新工場を建設する計画がある場合などは、現在の工場での採用は控えることがあります。>

景気を底辺までよくするためには、ヘリマネは良作だど思いませんか?国民1人当たり...

景気を底辺までよくするためには、ヘリマネは良作だど思いませんか?国民1人当たり30万円くらい配るとかどうですか?日銀はお金刷れますし!

30万じゃ全然足りん。
毎月30万だ!景気が良くなるまで毎月30万配ったほうがええ

景気が良くなるというのは幻想?

景気が良くなるというのは幻想?皆さんは実感ありますか?補足質問に対して答えてください。
わかんないけど?なら回答しないで頂きたい。

私は地方に住んでいるのですけれど、景気が良くなった実感はありません。
テレビなどではデパートなどで、高級品の売れ行きがいい等と言っていますが、近所のスーパーの特売日などは開店前から行列です。
やはり収入の増えた人と、そうでない人の差が広がっているのではないでしょうか。

今の生活に不足は無いね。むしろ金より自由な時間のほうが大切ですわ。>政治の結末は10年経たないと結果が見えない。とある経済学者が言ってるが、このアホノミクス発案者の安部氏の先見は該当しないと判断している。>

-景気

© 2021 給付金とかで結構ウハウハごめんなさい